« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の記事

2007年11月30日 (金)

「学者」始めました・・・

 新ジョブ景気にあやかろうと、スキル上げを兼ねてバスに籠もり、せっせと「金粉」作りに精を出していたちゃびデシ・・・。
 デシが、好事魔多し、あれよあれよと言う間に「金粉」の競売価格は暴落・・・これまで作った「金粉」をどうする、ボク!?
 
 以前から、ボクの裏メインジョブは「漁師」で、裏サポ「農夫」と公言してきたのデシけど、最近になって、どうやらそうぢゃ無さげな気がしてますの・・・。
 ひょっとしたら、ボクの裏メインは「貧乏神」なんぢゃないかしらって・・・裏サポはおそらく「疫病神」あたりかと・・・。
 
 次の次辺りのバージョンアップで、「踊り子」に「金粉」実装出来るようにしてくれないかな・・・出来れば「胴装備」にでも・・・w
 このまま売れ残り続けると、微妙に赤字になりそうなのデシよね・・・他に使い道があれば良いのだけど、今のところ使えるのは、学者様ジョブ御用達の「ベラム」のみデシからね・・・。
 
 さて、その学者サマなのデシけど、これがまた、微妙にレベル上げづらい・・・。使える武器も防具も少なくて、探すのに苦労してます・・・w
 今、サポは白でソロってますが、レベル1桁のうちは、サポ黒にして精霊でごり押しした方がまだマシかもしれませんねぇ・・・。
 青魔道士してた時は、魔法使いにしては前衛よりの戦い方が出来たのデシけど、学者サマは攻撃力も防御力も、白魔と黒魔の間に位置している気がします・・・。
 中間と言うよりはむしろ、黒魔に毛が生えた程度・・・な感じかな・・・「どんな毛?」とは聞かないで、答えようにも考えてないので・・・w
 

| | コメント (0)

2007年11月29日 (木)

新エリア・・・てか、旧世界探訪ちゅw

 「ガリレオ」かなり面白いデシね♪ 原作を読んでたので楽しみになり、テレビの配役を見て少し違和感を感じ、それでも、実際見てから判断しようとドラマ開始を心待ちにし、最初のうちはFF中で見損ね・・・w
 途中参加で見始めたものの、楽しく拝見させてもらってます、オープニング曲もエンディング曲も格好いいし・・・はい♪ 一話完結なので、スッとドラマに入り込めましたw
 多少・・・てか、かなり、テレビ映えするように、キャラクターを濃いめに味付けてますが、それが今回は良い方向に活かされてる気がします♪
 ボク的にはDVDボックスが発売されたら、「買っちゃおうかなぁ~~」レベルの出来の良さ・・・と、しておきましょうか、今のところ・・・w
 
 話はガラッと変わって、、ぶちぶち文句言いながらも、毎日のようにFFにインしてるちゃびデシ♪ ま、払ったお金の分は意地でも消化しないとね、負けてられまへん、関西タルだものw
 今は、過去への入口を拡張中なのデシ。取り敢えず、どこからでも、そして、どこへでも行けるようにしておかないと、みんなと遊んでもらえなくなるのでね・・・♪
 
 攻略系HPをプリントアウトして、ハラハラドキドキしながら、駆けずり回ってますわw ソロでテケテケしてるので、モンスタに絡まれるとかなり危ないのデシけど、そこは伊達にズルズルとゲームし続けてませんわなw
 いつでも逃げ出せるように、強化魔法でダメを抑え、その間にテレポで脱出・・・が基本線てか、生命線デシ♪ もっとも、弱いモノいぢめは得意なので、勝てそうなモンスタなら戦いますが・・・何か?w
 
 オンラインゲームとは言え、基本はソロで楽しみ、気が向いたらPT組んで・・・てのがボクの理想なので・・・てか、プリストンテールで学んだ楽しみ方なのデシ。
 だから、過去への入口を増やしながら、その道中にこなせるクエはこなして・・・と言う今の状況は、わりと好き♪
 もっとも、この一人旅が済んだら、新ジョブ「学者」のレベル上げを予定してるので、そっちはかなり苦戦しそうな予感・・・w また、鬼のような形相でスクエアの悪口をワープロで叩く日が来そうw
 

| | コメント (2)

2007年11月28日 (水)

トラウマとの戦い

 機嫌良くガムを噛んでたら、コロン・・・て、歯に詰めてたモノが・・・。昔は散髪屋さんで大人しく座ってた御褒美にポンカン飴をもらい、それを食べてて、何度も詰めたのが取れた事があったのデシけど・・・いつの話だ、ボク!?w
 それは幼心にも、散髪屋と歯医者は裏で結託してるに違いない・・・と思わせるのに十分過ぎる衝撃がありました・・・。
 そして、二度とポンカン飴は口にすまい・・・と固く誓ったものの、「認めたくないものだな、若さ故の過ちとは・・・」と、何度も何度も取れた詰め物を見ながらクールに呟くボク・・・w
 
 ま、いつまで幼き日の痛い思い出に心を馳せてもしょうがない・・・と現実に戻り、取れたブツを持ってトボトボ歯医者に・・・。
 『昔と違って、医学は進歩してるんだ・・・』『外れたブツを、もう一度詰めるだけだから・・・』『もう、いい歳した大人だ、うろたえるな』等と、心の中で言い聞かせながら、治療席につきました。
 
 「これは・・・虫歯が原因で隙間が空いて、それで外れたみたいですね」等と言われた時も、「虫歯を削って、もう一度樹脂で土台を作り、それから被せましょか・・・」みたいなことを言われた時も、大人らしく『はい、お願いします』と、落ち着いて答えられました・・・が・・・。
 
 「痛かったり、苦しくなったら左手上げて下さいね」と言われても、『大丈夫デシ』と、余裕をかましていました・・・が・・・。
 
 口を開けて、耳元で<キュイイィィ・・・・>という音を聞くや、沸き立つ鼓動・・・リオのカーニバルを思わせる、ビートの利いた心拍数に緊張のレベルが鰻上り・・・。
 平静を装ってはみるものの、全身から流れる嫌な汗や変な汗に、『ここは誰? 私はドコ?』のぷちパニックw
 別に痛くも痒くもなかったのデシけれど、何故か過呼吸気味になったり、生唾が当社比40%多めに出てみたり、咽せたら(むせたら)恥ずかしい・・・と思いつつ咽せたり、年相応に振る舞えないボク・・・w
 
 小学生の頃から診てもらってて、二十歳過ぎても小学生と一緒に鏡の前に立たされ、歯磨きの練習させられた事が走馬燈のように・・・。
 そう言う無意識の縛り・・・みたいなものがあるのでしょうか・・・? へ? 単に歯医者が苦手なだけだろって・・・?
 そうなのかなぁ・・・過去のトラウマが今になって、猛威を振るってる・・・ってのは・・・? え? 怖くなきゃトラウマなんて出ない・・・と? なるほど♪
 

| | コメント (0)

2007年11月27日 (火)

「アルタナ~」ようやくスタート・・・

 日曜の早朝5時頃、オシッコに起きたついでに拡張ディスクの登録にチャレンジしたちゃびデシ・・・。30分ばかり擦った揉んだした挙げ句、何とか登録出来ましたが後味の悪いこと悪いこと・・・。
 前の晩からY氏が何度かメールを送ってくれてたのだけど、リトライ祭り中のボクに気付ける余裕もなく・・・。
 ま、気付いたとしても、とてもぢゃないけど、人様と(人の皮を被ったケダモノ・・・もとい、Y氏を含む・・・あれ? どこか表現、変?)普通に話せるほど冷静さは持ち合わせてなかったので・・・結果オーライ・・・?w
 
 思えば、金曜の夜に拡張ディスクをインストールして、登録出来たのが日曜の早朝・・・ある意味詐欺デシよね、買ってすぐ使えないゲームソフトって・・・。
 訴訟大好きな外人プレーヤーはどうしてるのかな・・・「拡張出来ないのに拡張ディスクなんて言うな」等と訴訟でも起こさないかな・・・。
 それとも、提訴しかねない外人プレーヤーは優先的に登録出来るようにしてるのかな・・・多分そうデシね、これまでの国産プレーヤーに対する、ぞんざいな扱いを見ても・・・。
 
 そう言えば、スクエアの傲慢な姿勢に気付いてからは、スクエアのゲームソフトだけは買わなくなったなぁ・・・ゲームの中で「愛」だの「思いやり」だの唱えても、実際はプレーヤーのことは二の次で、自分達の都合の良いように操作するゲームバカが作ってると判れば・・・ねぇ・・・。
 社会の常識や教養が欠如した連中の言葉は、そんなバカ自身がご都合主義で作ったゲーム世界でも、浮いて見えるのデシよ・・・ま、バカだから、自分に酔って気付けないのだろうけどw
 
 さて、日曜の夜、「点と線」の後編を見ながら、彫金スキルでも上げて、少しギル儲けしよか・・・と思ってたら、Y氏夫婦に誘われ、急遽、新ジョブ&新エリアの旅に出ることになりました。
 実は、土曜の夜に本来行くはずだったのだけど、ボクは登録出来ず、「点と線」前編見ながらリトライ祭り・・・ドラマのお陰で、怒りが分散されて・・・ありがたく思え、スクエア。
 なので、先に2人だけで行くように言ってたのデシけど、「途中で挫折した・・・」等と臭い言い訳で、実は待っててくれたのね♪
 ボクが散々文句言いながらも、FFを辞めない最大にして唯一の理由がコレだったりする・・・w 出来損ないのゲームで、みんな歯を食いしばってプレーしてますからな、友情と言うか、絆が結ばれちゃうのかな♪
 せっかく誘ってくれてるのだから・・・ボクもTVは録画することにして、慌ててビデオテープを用意して・・・メカフェチなのに未だビデオ? と言われても、壊れないのだ、ビデオデッキw 平均して一週間に一時間くらいしか使ってないのでね♪ 壊れようにも動いていない・・・w
 
 R夫人のアドバイスを受け、新ジョブに向けての下準備を済ませ、Y氏の微妙な道案内で新エリアを進み、様々な新モンスターを見物してきました♪
 一番笑ったのがジャイアンツカラーの虎がいたこと・・・センスが無いってか、ゲームバカの本領発揮って感じw 
 その他は・・・感想を言うほど真剣に観察してませんw 変に興味をそそるレポートして、FFしたくなったら気の毒でしょ?w
 
 もうね、今回の一件でスタンス変えましたの。FF-XIに不幸な仲間は増やさないって・・・えぇ、そう決めましたw 
 

| | コメント (0)

2007年11月26日 (月)

インコの飼育指南~イヤ事編~

 さて、何回かに分けて、勝手気ままに書き連ねてきました「インコの飼育指南」も、これで一応終了デシ♪ 書こうと思えばいくらでも書けるのデシけど、何をどう書いて良いやら判らなくなってきたので・・・w
 一応、市販の飼育書の隙間を埋めるつもりで書いてきましたので、本とこのブログを併用してもらえば、ヒナの選び方から巣立つまで、網羅出来てると思います。
 今後は、コメントに質問書き込んで下されば、随時ブログにアップしたいと思います。ボクに判ることであれば、喜んでお答えしますので、遠慮気兼ねなくドンドン質問をお寄せ下さい♪
 
 では、最終回のイヤ事編デシ・・・長い間、インコと一緒に過ごしていれば、怪我や病気、ツメや羽根の手入れまで、飼い主として面倒見てやらねばなりません。
 そこで注意したいのは、「イヤ事は手早く済ませる」事デシ。傷の手当てや薬を飲ませる事、ツメ・羽根切りをモタモタしていたら、インコに過大なストレスがかかってしまいます。
 
Tori01  ボクが毎回用意するのは、軍手・タオル(全てに)、ハサミ(羽根切り用)、人間様の爪切り・ニッパー・線香(ツメ切り用)、スポイト・箸・綿棒(投薬用)。
 なお、スポイトはおそらく獣医さんが用意してくれるので、常備する必要はない・・・と思います・・・もし、出してくれなければ、おねだりしましょうw
 箸や綿棒に薬を含ませ、クチバシの隙間から少しずつ流し込む・・・と言うのも一つの方法デシ。綿棒なら噛みつかせても良いでしょう、噛んだ拍子に薬が流れ出て、そのままゴックン♪ も有りかとw
 
 全ての作業は軍手をはめ、タオルでインコを確保したところから始まります。軍手をはめる一番の理由は、インコに素手と区別させるため。
 鳥って目が良いのデシよ・・・犬の鼻みたいに。だから、素手でイヤ事すると、最悪の場合、手に乗らなくなります・・・。
 そうならないため、軍手をはめて「いつもとは違うんだよ・・・」と言う事を、インコに認識させるのデシ・・・我が家の噛みつきインコのパルも、素手の時はボクの側に寄ってきて、カゴ越しにスキあらば・・・と噛む準備してますが、軍手をはめると途端に逃げ腰になりますw
 
 さて、インコが保持出来たら、いよいよ作業開始デシ。ツメは血管が透けて見える場合はその手前で切るようにして下さい。血管が透けて見えない場合は、少しずつ切っていって止まり木をすんなり掴める程度・・・やや長めでもOKデシ。
 万一切り過ぎて出血した場合は、予め火を付けておいた線香を傷口に一瞬当て、血が止まるのを確認したらそれでOKデシ。線香の火で止血と熱消毒するのデシ。
Tori02  キズ用の塗り薬を獣医さんからもらっていて・・・と言う人は、それを使ってももちろんよいのデシよ。ただ、ツメは早く止血しないと、傷口を止まり木に擦りつける事になるので、ボクは線香使ってます・・・てか、今は使わずに済んでますがw
 
 羽根切りは最初は風切り羽を左右2枚、切って様子を見ます。ボクの私見では羽根1枚で5~10%飛翔力が落ちるように思えます。
 なので、左右2枚、計4枚だと最大40%落ちる事になります。もちろん、個体差があるので「そのくらい、屁でもないサ・・・」と、普通に飛び回ってる剛の者もいますが・・・w
Tori03  ま、そんな時は、更に切る枚数を増やして・・・ボクは最初の羽根切りの時は、バッと飛び立って2~3メートルくらいで軟着陸する程度まで切ります。そうする事で、インコの精神的自立期に、手元に置きやすくなりますので♪
 巣立ってしばらく・・・飛び方が安定するまでは・・・最初は直線的にしか飛べませんが、そのうち旋回出来るようになり、ホバリング出来るようになります・・・そうなったら何時切っても大丈夫デシ。
 
 「せっかく飛べるようになったのに・・・」と、思ってる人もおられるでしょうが、おそらく、「せっかく切ったのに・・・」と思うほど早い時期に、初めての換羽は訪れます・・・w
Tori04  前にも言いましたが、ヒナから大人の羽根に生え替わる、最初の換羽は生後3~6ヶ月の間に始まります。つまり、早いインコだと、飛び始めて1ヶ月もすると、換羽が始まっちゃうのデシw
 
 なお、飼育書の中には、片方の羽根だけ切れば良い・・・と書かれたのもありますが、ボクはその意見に反対デシ・・・。
 飛翔時のバランスが取りにくくなるので、無闇に飛び立たなくなる事を狙っているのでしょうが、身の危険を感じて飛び立つのは鳥の本能なのデシ。
 パニクって物凄い勢いで飛び立って、自分でもコントロール出来ないまま、あらぬ方向に飛んでいって激突・・・なんて事になったら、悔やんでも悔やみきれないので。
 それに、筋肉の付き方も歪んでくるでしょうしね、ボクは左右同じ枚数切る事を、強くお勧めします。
 
 さてさて、以上を持ちまして、飼育指南は終了デシ。今後の予定は・・・「こんぱまる」から連絡が入り次第、ヒナを迎えに行って、まったり系の飼育日記でも書こうかな・・・とw
 ブリード用に、オカメのメスも頼んでるので、来春にはオカメの巣引き日記も書けるかも・・・ただし、気が向いたら・・・w もし、それ以前に巣引きに関して質問あれば、コメントなり、メールなりで質問して下さい。
 オカメとセキセイは答えられます。ナナクサは・・・一回成功しただけだから、何ともよう言いませんw そう言えば、昔の日記を見て思い出したのデシけど、そのナナクサの名前、「セリ」って付けてましたわw
 新たな飼い主の元では「ナナ」ちゃん・・・と呼ばれてましたが♪ 何故「セリ」か、正しく説明できた方には1000ジェトンw
 
 あ、巣引きで思い出した! セキセイもオカメも、背中が発情のスイッチになってます(特にメス)w
 手乗りになって、「どこもかしこも撫でて~~」とインコがすり寄ってきても、背中だけは撫でないように♪ メスの死因の「卵詰まり」・・・結構上位にあったような・・・。
 
 以上、「インコの飼育指南」全編終了デシ♪ 最後と言うことで、アレコレ詰め込んだ気がしないでも無いのデシけど、ま、ボクのブログなので、ダラダラは覚悟の上・・・デシよね?w
 

| | コメント (0)

2007年11月24日 (土)

「アルタナ~」来たけど・・・

 ボクが・・・中の人が・・・生まれて初めてオンラインゲームしたのは2002年の事デシた。「プリストンテール」と言います♪
 そこで現在消息不明中のS氏と出会い、彼の紹介でY氏と出会いました・・・て事は、Y氏とはカレコレ5年くらいになっちゃうのか・・・ちっっw
 「プリ」は本当に楽しかった♪ システムは単純だったけど、それが楽しかった♪ 何より、プレーヤーが自由に遊べた♪ 今思い返してみても、あの頃が一番楽しかった気がしますw
 武器や防具も、レベル上げも、一人でもPT組んでも楽しめたし、何より制作者が出しゃばらないところが良かった♪
 それに比べ、押しつけがましく「サルベージ」だの「リンバス」だの「デュナミス」だのに縛り付けて、出る当ての無い武器や防具をちらつかせる、スクエアの品性下劣さときたら・・・もう少し、恥を知る頭を持って欲しい。
 
 ところが、「プリ」のサーバーが故障がちで中々イン出来なくなり、それと同時にFFのサービスが正式に開始されるようになり、S氏、Y氏が相次いでFFに移り、ボクも後を追いかけて、この泥沼に・・・。
 
 ホント、スクエアエニックスも、もう少しプレーヤーの事を真剣に考えた方が良い。辞めちゃった人を必死で呼び戻そうとするより、今いる人を大切にしないと・・・。
 ようやく拡張ディスクが届いても、未だに登録出来ませんねん・・・何回、拡張ディスク発売してるねん・・・頭悪過ぎ。
 だから、ドンドン他のゲームにお客さん取られていくんだわ・・・ざまみろw ボク的には友人との腐れ縁でここまで何とか続けてますが、この先どうなるかは判りませんな・・・。
 
 ま、昨夜、R嬢から久々に無事の便りをもらい、彼女が「踊り子」の衣装に釣られて復帰する事を期待して、もう少しだけ続けよかな・・・と今は・・・♪

 

 話はガラッと変わりますが、関西地方の「ウルトラセブンX」デシけど、今日からしばらく、午前3:30開始となります。ビデオをセットしてる人は、時間を変更しましょうね♪
 

| | コメント (2)

2007年11月23日 (金)

インコの飼育指南~コミュニケーション編・その3~

 手乗りインコを買って下さったお客さんから、しばらく経ってから受ける相談に『1羽じゃ可哀想で・・・』とか『この子のヒナを取ってみたい・・・』のようなものがありました。
 気持ちは判るのデシけどねぇ・・・。そう言うお客さんには、必ず太く長い釘を刺してました・・・「今いる子が『手乗り』じゃ無くなっても良いデシか?」と。
 
 手乗りとして育てられたインコは、基本的に自分のことを「インコ」とか「小鳥」だとか認識してません。あくまでも人間の仲間・・・として認識してます。
 だから、寂しそうだから・・・と、別のインコを宛がって(あてがって)も戸惑うことが多くて、最初は、飼い主を横取りしようとする敵(ライバル)・・・として認識することも多いのデシ。
 
 また、飼育書の中には、「手乗りと一緒に飼っていたら、それまで手に乗らなかったインコまで手に乗るように・・・」等と書かれたものもあります。
 確かに、可能性は0ぢゃありません。が、それは、あなたが思っているより、遥かに濃密なコミュニケーションを取らねばなりません。それこそ、寂しさを感じるヒマも無いくらい・・・w
 
 1羽で寂しそう・・・と思うのなら、もう少しインコと遊ぶ時間を増やしてやれば良いし、時間が取れないのであれば、インコ用のオモチャも販売されてますので、それを何種類か用意して、週替わりか月替わりでカゴの中に入れてやれば、結構楽しそうに遊んでますよ♪
 オモチャに飽きたら昼寝したりして、飼い主が心配するよりも案外、時間の使い方は上手いのデシよ、ああ見えて・・・どう見えるんだ・・・?w
 ま、そう言う時間があるから、飼い主は引け目を感じる分、愛おしさが増したり、インコはカゴから出してもらうのが楽しみになり、遊んでくれる飼い主がもっと好きになり・・・と言うことがあるのかもしれません♪
 
 それから次は・・・「ヒナが欲しい」か・・・人間で言う、「孫の顔が見たい」という感じデシかね?w 自分にこんなに懐いたインコのヒナだから、さぞかし可愛かろう・・・と思っちゃうのよね・・・。
 確かに、生まれてくるヒナは可愛いのだけど、「こんなに懐いたインコ」は、いなくなりますよ・・・せいぜい、「人を怖がらないインコ」か、「手に乗りそうで乗らないインコ」が残るくらい・・・。
 脅かすつもりはありませんが、人に懐かせる事は野生の本能を出来る限り消す事。子孫を残す事は生物としての究極の本能・・・正反対の位置にあるって事だけは理解して下さいね。
 
 セキセイもオカメも、仲の良いペアになれば、巣引き(=繁殖)させてヒナを取るのは簡単なのデシ。ただし、生まれた後の事を予め考えておかないと、少々困った事になりますからねw
 巣箱の大きさにもよりますが、一度の巣引きで、セキセイなら平均5~8羽、オカメで3~6羽位生まれてきます。可愛いのが1羽欲しくても、そんだけ生まれてきますw
 隣近所、もしくは親戚、はたまた購入した店等と相談して、引取先を決めておかないと、世話に追われて大変デシよ・・・1回で巣引きが終了するとは限らないし・・・w
 
 ちなみに、生まれたヒナを全部自分で育てるとして、全部ベタ馴れの手乗りにするには、ヒナの数だけ鳥カゴが必要になり、なおかつ、個別に遊んでやらねばベタ馴れにはなりませんので、覚悟して下さいw
 
 なお、大きなカゴにまとめて入れて、同じ止まり木にズラッと並んで、お互い羽根を繕ったり・・・てな光景も微笑ましくてステキ・・・と思ってるあなた、鳥同士仲良くなるって事は、人とは距離を置く・・・って事デシから、悪しからずw
 
 結論、どうしても複数飼いたいなら、違う種類のインコを飼いましょう。で、別々のカゴに入れ、別々に遊んでやれば、それぞれ、程良く懐いてくれますわ♪ カゴ越しのコミュニケーションならケンカする心配もないし・・・しても被害は出ないしw
 同じ種類のインコを、同じカゴに入れて飼うと、どうしても、人の手を離れていきます。一緒にいる時間の長さが影響しますので・・・。
 
 そして、ヒナを取りたいなら、巣引きが済んだら手乗りには戻らない・・・と、割り切る事。それほどまでに、真摯に一所懸命に子育てするのデシよ、あの小さな体と命をギリギリまで削りながら・・・。
 一度でもセキセイが産卵、育雛するシーンを見たら、その凄絶さに息を呑む事でしょう・・・一日中、のべつ幕無しに巣箱にエサを運び続けるオス。ヒナのために自分の羽毛を気前良く抜いて、保温に努めるメス。
 たぶん、親子でインコが子育てする様子を観察し続けたら、世の中から児童虐待する人とか、親不孝する人とかいなくなるんじゃないでしょうか・・・♪
 そう思えるほど、一心不乱に力を合わせてヒナを育ててますの・・・ん・・・あれ? 巣引きを押し留めてるのか? 推し進めてるのか? どっちなんだ、ボク!?w
 
 でも、まぁ・・・そこまでして親鳥達が育てているヒナを、途中から横取りするかのように、親鳥から掠め取ったうえ、売り払うなんて・・・ボクって悪魔? 鬼? それ以下?w
 

| | コメント (0)

2007年11月22日 (木)

いよいよ来ましたな、「アルタナ~」

 11月20日のバージョンアップで、これまで使ってたマクロが20倍に増やされまして・・・w 一気に増やさずに、小出しで良いからもっと早い時期に増やして欲しかった・・・w
 それもこれも、全ては22日に発売される拡張ディスク、「アルタナの神兵」に向けてのもの。みなさん、手配は宜しいか?♪
 ボクも予約は既に入れました。後は手元にブツが届くのを待つばかり・・・w 新たに追加されるジョブは「学者」に「踊り子」・・・FFがどんどんドラクエ臭くなって来てるような・・・w
 そのうち「商人」とか「遊び人」とかも追加されたりして・・・あ~~「正義のそろばん」振り回してぇ~~w
 
 とか何とか言いながら、ボクの手元にはまだ「アルタナ」届いてません・・・。アマゾンで予約入れたものの、22日発送デシって・・・。
 「アトルガン」の時は、発売日に届けてくれたので、今回も同じように予約したらこの体たらく・・・悲しいやら悔しいやら・・・。
 
 自分の足で買いに行って、そのお店に売ってなければ、まだ諦めもつくのデシけど、前もって手を打ってコレだと・・・それに、ボク同様予約してる人の中には、今日手元に届いてる人もいるわけで・・・。
 今度から、「ここ一番」て時は、別の手段を執ることにしましょ・・・この、持って行きようのない腹立たしさは、拗ねて不貞寝する事でチャラにするか・・・出来るのかな・・・w

| | コメント (0)

インコの飼育指南~日々の生活編~

 ヒビノ ミライ・・・と言えば、ウルトラマンメビウス♪ メビウスと言えば・・・この前のセブンXに、ミサキ女史がエイリアン役で出てましたなぁ・・・♪
 恋人を守るために、両手に銃を持って活躍してましたが・・・恋人も仮面ライダーゾルダなんだから、守られるより、変身すればいいのに・・・と思ったのは・・・w
 そう言えば、こういったコラボがちょくちょく見られますねぇ・・・仮面ライダー電王にもテッペイ隊員出てたし・・・ミライ君はカブトとイケパラに・・・て事で、続け、マリナ&コノミ隊員’s、ミサキ女史に~~w ・・・って、何を話すつもりなんだっけ、ボク!? 
 そうそう、巣立った後のインコの世話について、少々お話しておこうかと・・・でも、無いなぁ・・・話すべき事・・・w
 パタパタと自由に飛べるようになったら、これと言って注意すべき事は・・・あった。部屋を自由に飛べるのは良いのだけれど、タンスやテレビの裏側に落ちていく事が多い? ので、入れないよう隙間をふさぐか、入っても迎えに行けるよう準備しておいて下さいw
 迎えに行けないほど狭い所に入り込んでしまったら、懐中電灯なんかで出口まで道案内してあげて下さい。光はインコに当てるのではなく、通り道を照らすように。
 そろそろクリスマスの準備を・・・と思っているご家庭でも、まさか、タンスの裏まで電飾で飾ってはいないでしょ?w
 小鳥は全般的に目が非常に良いのデシけど、それもこれも、昼間・・・明るい場所・・・での話。夜(暗い所)は鳥目で見えません・・・フクロウ等を除く・・・w
 
 それから、エサデシけど、セキセイもオカメも、あまり贅沢品は好みません。特にセキセイは粗食の方が体には良いみたいデシ。
 変にオヤツとか与えると、太って体調を壊します。「飛べない鳥はただのエサだ・・・」と、ポルコ氏も言ってますので・・・ってアレは豚の話かw
 ボクは市販の皮付きエサのみ与えています。んで、気が向いたらカトルボンや塩土、青菜を与えています。青菜はキャベツ、ほうれん草以外の、その時安めの・・・希望小売価格100~198円くらいなw・・・菜っ葉デシ。
 換羽(羽根の生え替わる時期)に、青菜を多く与えると、次に生えてくる羽の色が良くなるそうデシよ♪ お試しあれw
 
 カゴを置く場所について・・・デシけど、あまり騒がしい所はNG。急激な温度変化もNG。セキセイもオカメも、基本的に体は丈夫デシ。
 生まれて最初の1年は、多少気を配ってやらねばなりませんが、それ以降は、自分で適応できるようになります。
 我が家のインコは、真冬でも昼間は鳥カゴを外に出してます。風が通りにくいガレージの中で、さらにカゴにはビニールシートで覆ってますが、その程度の防寒で、雪が降ろうが冷蔵庫並みの気温になろうが、平気な顔して過ごしています♪
 インコ・・・には限らないのだろうけど、甘やかしたら、ドンドン体は弱くなりますが、普通に四季を過ごさせていれば、自ら逞しく育ってくれますよw ・・・とは言え、セキセイもオカメも南国出身なので、インコとじっくり相談しながら・・・お願いしますw
 
 書く事無い・・・と言いながら、結構頑張って書いたな、ボクw 何か質問があれば、コメントを寄せて下さいね? なるべく分かり易く説明しますので♪
 

| | コメント (0)

2007年11月21日 (水)

インコの飼育指南~ちょっと休憩~

 季節の移り変わりまでも、デジタル化されたように、パッと変わっちゃうのって困りますよねぇ・・・。体調崩してませんか? 真冬装備の準備OK? ボクも長袖のシャツを通り越して、一気にラクダのシャツ&パッチ装備に変えましたよ、えぇ、えぇ・・・w
 
 さて、今日は少し趣向を変えてみようかな・・・とw あまり一気に詰め込んでも、しんどいでしょ? ・・・・ボクが・・・w
 
 インコは物真似が得意・・・とは、この前も言いましたが、それもこれも、好奇心が旺盛なためでしょうねぇ。
 あのつぶらな瞳で、『何してるの・・?』と言う表情でこっちを見られた日にゃぁ、何もして無くても「言葉の一つでも教えるかぁ・・・w」と言う気にもなろうか・・・ってもんデシ♪
 
 ボクは言葉より、口笛で歌を教えることが多いかな・・・と言いますのも、男の濁声(だみごえ)で教えても、セキセイやオカメとは、声のトーンが違いすぎて、真似しにくいって言うか・・・。
 それに、オカメの地声って伸びやかで、澄んだ笛の音のように美しいので、それを活かさない手はないな・・・と思ってね♪
 で、教え込んだのが「と~れとれ、ぴ~ちぴちカニ料理~~♪」・・・そ、カニ道楽のCMで流れるテーマ曲デシw
 一度に教え込む長さは、これくらいが丁度良いみたい・・・我が家のオカメちゃん達は・・・♪ 最初はWFのカメちゃんに教えてたのデシけどね、いつの間にやらもう1羽のオカメ、ちびちゃんまで歌えるように・・・w
 ・・・んでも、ボクってそんなに音痴?!・・・てか、オカメって、自分に都合良く覚えますので、ご指導は根気良くね・・・と、ボクの名誉のために言っとこ・・・。
 
 そうそう、物真似・・・と言えば、昔々・・・初めてセキセイの繁殖に成功した頃・・・だったかな、親鳥のいるカゴは、他のカゴとは離して置いてたのね。
 んでも、親鳥達の奮闘ぶりは他のセキセイ達にも判りまして・・・巣箱からジャージャーとヒナがエサをねだる鳴き声を出す度、慌ててエサを巣箱に運ぶ姿も見ていたのね。
 そのうち、ヒナが鳴き始めると、他のセキセイまでが真似るようになって、エサ入れに殺到するようになりましてねぇ・・・。
 
 ヒナにエサを与える訳でもないのに、ガツガツ食うもんデシから・・・えぇ、無駄に肥えましたよ、他のセキセイ達は・・・w
 

| | コメント (0)

2007年11月20日 (火)

インコの飼育指南~健康診断編~

 季節が階段を下りるような進み方をしている今日この頃、体調を崩してはいませんか?
お互い十分気を付けたいものデシね♪
 
 さて今日は、獣医さんやペットショップの人では不可能な、それこそ飼い主にしか出来ない、簡単で確実な健康診断のやり方をお教えしましょw
 健康診断と言うと大仰に聞こえるかもしれませんが、至って簡単、おそらく飼い主のほぼ全員が毎日無意識にしてる事デシw
 
 まず、用意して欲しいのは・・・飼い主さんの指w これにインコをしばらく留まらせて下さい。以上、終わりw
 
 いあいあ、冗談でも何でもなくてw これで何が判るか・・・と言いますと、インコの体重の変化、握力、体温デシ♪ 
 人間の指というのは最高のセンサーなのデシよ。毎日インコを指に留める事で、飼い主には微妙な変化が手に取るように判るのデシヨ・・・「指」だけに「手に~」かw お~~い山田君、ボクに座布団1枚♪
 
 普段通り元気に遊んでいるように見えて、実は体調を崩しかけてる・・・時、インコの握力は弱まってきます。そして、指に伝わる体温も下がっているのが判ります。
 これはまさしく、毎日手に乗せて遊んであげてる飼い主にしか判断出来ない、究極の健康診断なのデシ。
 いつもよりヒンヤリした足で、掴む・・・と言うよりはむしろ、乗ってるだけ・・・みたいな状態の子に出くわすと、背筋が寒くなりますよ・・・本当に・・・。
 でも、この時点で見付けられたら、非常にラッキー。静かなところで保温して安静にしていれば、すぐに良くなってくれます。
 この後、症状が進んで、止まり木にジッとしている事が多くなり、羽を膨らませ始めてウツラウツラし、息も次第に荒くなり・・・になると、もう手遅れなのデシ・・・。
 
 この時、食欲が落ちているようでしたら、アメリカンコーヒーを更に薄めたものを1滴、飲ませてみて下さい。香りとカフェインの効果で食欲が増進するそうデシ。
 もし、2~3日経っても容態が変わらなければ、獣医さんに診てもらって下さい。早く診せれば、それだけ早く、確実に良くなりますが、躊躇している間に容態は悪化し、結果、高い治療費払っても手遅れ・・・になる事が多いデシ。
 
 人間の1日が、インコには5~7日に相当します。だから悪くなるのも、治るのも早い生き物なのデシ、インコって。
 
 あれ? 健康診断編の筈が、応急処置編になってます?w ま、良いか、切り離して説明するより段取りスムースか♪ 話があっちこっち飛ぶのはボクの真骨頂デシからねぇ・・・諦めて?w
 

| | コメント (0)

2007年11月19日 (月)

インコの飼育指南~コミュニケーション編・その2~

 前の土曜、近所のホームセンターに足を運んでみましたら、オカメのヒナが2羽、新たに売られてましたわ♪ こんぱまる風に言えば「ノーマルルチノー」かな?
 日の丸印・・・全身白地に赤ホッペの・・・ま、要するに白オカメデシw 今回はの、まだ育ってないのに、13800円ナリ♪
Cimg0019  ボク的に触手がワサワサ動いたのデシけど、残念、もう、こんぱまるに取り寄せてもらうよう連絡した後w リクエストしたのはWFルチノー・・・アルビノーと言った方が分かり易いかな?
 全身真っ白でホッペも真っ白w 赤いのは瞳の色だけ・・・♪ 色素欠乏で生まれてきた突然変異を固定化させた品種デシ。
 
 へ? ルチノーとアルビノーの違いは・・・って? はて? オカメではどう説明して良いのやら・・・。
 セキセイだと、全身黄色一色で、瞳が赤いのが「ルチノー」。全身白一色で、瞳が赤いのが「アルビノー」。どちらも色素欠乏から生まれた品種なのデシけどね。
 
 セキセイの原種は、黄色と緑に黒の鱗状の模様があるものと、白と青に黒の鱗状があるものがあります。
 おそらくは、黄色と緑のセキセイから、黄色の色素が抜けたのが、白と青の原種と言われるものだろう・・・と、ボクは推測してるのデシけどね。
 んで、間をスコーンっと飛ばして・・・呆れるほど大ざっぱだな、ボクw・・・原種から青と黒の色素が抜けたのが「ルチノー」。さらに、黄色の色素まで抜けたのが「アルビノー」で、間違いない♪
 ちなみに、ボクん家のセキセイは殆どルチノーかアルビノーデシ♪ 特に理由はありません。ただ、好きだからw
 てか、「ハルクイン」や「オパーリン」「ウイング」等と言った、セキセイを代表する品種は柄の出方が本当に千差万別なので、ややこしすぎて手に負えない・・・って感じw
 それに、親と同じ色を・・・と思って繁殖させても、思うようにいかないしね・・・まぁ、それが繁殖の醍醐味。楽しいっちゃ楽しいんだけど・・・w
 
 さて、今日は少しばかり「しつけ」の話を・・・。何故、「少しばかり」かと言うと、ボク的に苦手・・・てか、ほぼ放置状態だから・・・w
 聞き分けが良さそうに見えて、基本、「自己中」がインコの特性デシw 人間様が如何に頑張ろうとも、向こうさんがその気にならない事には・・・w
 
 それでも、「しつけ」られるものならしつけたい・・・。これ以上、噛まれたくない・・・w そう、「噛み癖」のあるインコは少々扱いづらいデシよね・・・。
 ただ、噛み癖を付ける原因の多くは人間の方にあるので、そう言うシチュエーションにならないよう、気を付けなきゃいけません。
 伝票の計算中に、じゃれてきたインコに「対戦ゲーム♪」とばかりに、ボールペンでちょっかい出して噛みつかせてはいけません・・・って、ボク?!
 
 ヒナの中にもね、ごく希にエサやりの時、スプーンに噛みついてエサをねだる子がいました。そう言う子には少し強くクチバシをつまみ、身動き出来ないようにしたまま、真剣に、毅然とした態度で「ダメ!」とか「こら!」とか、短い言葉で叱りました。
 叱り終えたら、すぐに離してやって下さい。これを噛まなくなるまでやり続けます・・・とは言え、ワザと噛むようにし向けちゃいけませんよ、逆に、噛む前にスプーンを外すようにしましょ♪
 また、つまむだけでなく、少し捻るようにしても良いみたいデシ。これは飛べるようになってからも同じデシ・・・って、本とかペットショップとかで聞きましたw ここで肝心なのは、真剣になる事。
 なお、「そんなことしたらダメでしょ~~」と、上滑る言葉で言い聞かせても無駄デシ。キョトンとしても、インコには理解出来ません・・・。
 
 「オウム返し」と言う言葉がありますように、インコの仲間の殆どは物真似が得意デシ。だから、言葉を覚える事はありますが、それは文字通り「オウム返し」するだけ。意味が分かって話すのではありません。
 大型のインコになれば、ある程度言葉を使いこなす事が出来る子もいます。が、セキセイやオカメくらいのサイズのインコには、自分の名前や「おいで」「だめ」みたいな単語は幾つか理解出来ても、それを組み合わせたり使いこなす事は無理デシ。
 
 ただ、言葉は分からなくても、その分、飼い主の心の動き・・・みたいなものは良く判ります。心を読む・・・と言えば言い過ぎかもしれませんが、そんな感じw
 だから、遊ぶときは心底楽しむように、叱るときは心を鬼にして怒り・・・自分の喜怒哀楽をしっかりインコに伝えてやる事が大切デシ。
 

| | コメント (0)

2007年11月17日 (土)

インコの飼育指南~コミュニケーション編~

 ボクが仕事の合間を縫って、ガレージの片隅でセキセイのブリーダーをしていた頃、お客さんの中には「こんなに懐くインコは、初めて・・・」と言う人や、「何でそこまで判りますの・・・?」と言う人が、ちょくちょくいました♪
 
 前者は、前回お話ししたとおり、ボクの手柄・・・と言うよりはむしろ、新しく飼い主になった人の頑張りが、あってこその話なので、ボクとしてはこそばゆい感じで一杯になったものデシたw
 中にはわざわざ菓子折を持って、お礼を言いに来て下さる律儀な方もいましてね、これは流石に恐縮するやら困惑するやら・・・w
 
 後者は、インコが病気や怪我、体調不良になった時、病院に行く前に相談に来られた方から、良く言われました。
 病気や体調不良はボクの専門外なので、獣医さんが診断しやすいように、「いつからか?」「保温や安静はさせてるか?」「どこにカゴを置いてるか?」「他のペットの有無」等々、病院で質問されそうな事を、予め予想して答えられるようにアドバイスしました。
 怪我の場合は、インコの状況と、飼い主の態度などから「○○△△□□な飼い方してませんか?」と聞くと、冒頭の答えを言われましたw
 
 インコをカゴから出して遊んでやる場合、ある一定のルールを決めて出すようにしないと、自分で自分を傷付ける事があるのデシ・・・これはセキセイよりも、オカメに多い気がします・・・。
 初めはカゴの中で騒いで、自分をアピールして出してもらおうとする。それを無視しきれず出してやると、インコは騒げば出してもらえる・・・と、学習してしまう。
 何度も騒いでいるうちに、飼い主も対応しなくなり放置気味になると、より一層暴れ、時に、カゴの隙間に羽根を挟んで取れなくなり、無理矢理引き抜いて出血・・・飼い主、慌てて駆け寄り、カゴから出して手当する・・・インコは羽根を抜けば出してもらえる・・・と、学習してしまう。
 
 てな事を、適当に端折ると「○○~・・・」な言い方になり、言われた方はビックリしてボクを敬う・・・かどうかは別にしてw・・・ボクの忠告に耳を傾けやすくなりましたw
 解決法としては、一番初期の段階で大きめのカゴに移し、中にオモチャを入れてあげる・・・退屈しのぎに・・・。
 んで、飼い主がインコと遊んでやる時間を決めたら、それ以外は泣こうが騒ごうが知らぬ顔でスルーする。ま、中には言葉や歌を教え込んで、上手く歌えたり喋れたら、決めた時間以外でもカゴから出す・・・人もいましたなぁw
 これは案外良いアイディアかもしれませんね・・・まさに「芸は身を助ける」か・・・こう言う時には使わない?・・・あ、そうなの・・・?
 
 さて、セキセイは初フライトから2~3ヶ月の間に、人の手から離れよう・・・とする時期が来ます。ボク的に勝手に「自立期」とか「独立期」「反抗期」とか言ってますが、つまりそんな感じ。
 どういう感じか・・・と言いますと、これまではカゴから出しても、飼い主にじゃれついて、あまり飛び回らなかった子が、ある時から部屋中をグルグル飛び回り始めた・・・とか。
 バタバタ飛び回ってても、声をかけたら手や肩に止まったり、呼ばなくてもしばらくしたら戻ってきた子が、戻らなくなった・・・とか。
 
 要するに、体が先行して大人仕様になってたものに、精神面が追い付いてきた・・・と、ボクは解釈しているのデシけどね。
 精神的にも大人に近付きつつあるこの時期、実は非常に重大な時期だと、ボクは思っています。
 この時期に、多少無理強いしても、しっかり手元で遊んでやる事で、並の手乗りで終わるか、ベタ馴れの手乗りに育つか・・・が決まってしまうのデシ。
 
 セキセイはヒナの頃から人の手でエサを与えられ、人=親と言う「刷り込み」が行われ、結果、人に懐くのデシ。
 ところが、心身共に成長すると、親元から離れていきます・・・近親交配を避けるための、自然の摂理と言えますね・・・。
 なので、今度は人のポジションを「親」から「遊び相手」「友達」に変える必要があるのデシ。だからボクは「羽根切り」して、あまり遠くに飛べないようにしてベッタリ遊んでやりますの♪
 
 この事は、買いに来てくれたお客さんにも説明しますので、ボクの意見を取り入れてくれた人は、自慢かたがたお礼を言いに来てくれる・・・訳デシw
 ボクもそう言った自慢話を聞かされるのは大好きでね、嬉しいというか、ありがたいというか・・・大切に育ててくれてる証拠デシからね♪
 んで、気付けば1時間くらいお客さんと話し込む・・・本業の仕事が遅れて、夜遅くまで仕事する羽目になり、後で泣く・・・事も良くありましたなぁ・・・w
 

| | コメント (2)

2007年11月16日 (金)

振り込め詐欺、来た~~~~W

 とうとう、ボクの所にも、振り込め詐欺の手紙が届きました!♪ これって、有名人の証?w 
 
 ありがたいことに?! ボクの所には、封書で届いたので、こうしてブログに発表出来ますぅw 写真をアップしてるのデシけど、多少見えにくいかも・・・一度、破いちゃったし・・・w
 
Sagi  ボクの所へは、罪状認否報告書・・・みたいな形で届きました。中身は・・・と言いますと、(株)田中企画なる所が販売していた裏DVDを、ボクが以前通信販売で買っていたんデシってw
 で、その「田中企画」が警察に検挙されて、家宅捜索した結果、ボクの名前が購入者名簿に載っていて・・・w
 それで、ボクも共犯で刑事責任を負わねばならないんだとか・・・♪
 
 すごいぞ、ボク!!w って、何がすごいんだ、ボク!?w
 
 で、以上の事を、渋谷区道玄坂にある「安部綜合法律事務所」なる所から、通告されたわけデシが・・・なんで、警察からでなく、弁護士?w 順序、逆ぢゃない?w
 最初はこの文面を読んで、あまりのバカバカしさに呆れ、ビリビリに破って捨てたのデシけど、中にはこういう文書を送られて、買った記憶もないのに不安になって電話して・・・って、人もいるかもしれないから、ブログに発表する気になりました。
 
 ボクはもちろん、そんな会社からDVD買った記憶ありませんし、ブログで発表した後は放置&忘却プレイデシよw こういう奴らには、自分の情報を与えない事が最善の防御策デシからね♪
 
 そして、この綜合法律事務所の住所や電話番号も発表してやろうか・・・と思っていたのデシけど、万が一、この弁護士に対する新手の嫌がらせだったら・・・と思い直し、渋々ながら、この辺で勘弁しておいてやるか・・・とw
 
 ま、とは言え、警察には届けておくけど・・・ねw みなさんも、努々(ゆめゆめ)ご油断召されませんようにw
 

| | コメント (0)

2007年11月15日 (木)

インコの飼育指南:番外編~羽根切りの是非その2~

 さてさて、昨夜の続きデシ♪ 何処まで話してましたっけ・・・って、白々しく呟いてみるw 思うに任せて書き連ね、いざ、ブログにアップしよう・・・と読み返してみたら、思いの外、これが長かったw
 んで、仕方ないから急遽2パートに分けた・・・と言うのが、真相だったりするのデシけど・・・w なので、いきなり本題突入w
 
 の前に・・・てか、念のために言っておきますが、「羽根」と「翼」の違いは判ります・・・よね? ボクが「切る」ように指導してるのは「羽根」デシよw
 「羽根切り」については後日、「~イヤ事編~」で写真を添えて説明しようと思って
います。飼育本をお持ちでない方は、それまで待ってて下さいw
 
 さて、手乗りインコは、猫やカラスが目の前に現れても、喰い殺される瞬間まで、また、車が行き交う道路に降り立っても、ひき殺される瞬間まで、それが危険な存在だとは知りません・・・。
 ま、日頃は飼い主が側にいて、危うくなる前にフォローしてる筈なので、知りようがないと言えばそれまでなのデシけどね♪
 かく言うボクにも、痛い思い出はありまして・・・直接ボクに降りかかってきた災難では無いのデシけど、それだけに無念というか、何というか・・・。
 
 かつて、初めてナナクサのヒナを取ることに成功し・・・今のところ、それが最初で最後のヒナなのは悲しい秘密・・・自分用に手塩にかけて育てたのを、「どうしても・・・」と懇願され、知り合いのご夫婦に譲ったことがありました。
 
 何度も懇願して、2万もの大金払って・・・売るのが嫌で、ボク的に吹っ掛けたのだけどw でも、店で買うと、倍近いのデシよ・・・ボクの名誉のために言っておきますが・・・・w
 そこまでして手に入れたので、とても可愛がってくれまして、その人のお店に寄せてもらう度に、見せてもらったりしましたが、とてもノビノビ幸せそうに暮らしていて、ボクも一安心だったのデシよ。
 ナナクサインコは人に慣れても、ある程度距離を取りたがるタイプなのデシけど・・・孤高と言いましょうか、気が向いたときだけ飼い主に寄り添う・・・みたいなのが多いのデシ・・・。
 でも、その子はオカメインコ並みにベタ慣れ状態デシた・・・「ナナクサって、こんなに慣れるものなんですねぇ・・・」と、ボクに会う度感心され、お礼を言われたものデシた♪
 けれど、それはボクも同じで、「ここまで懐くようになったのは、店長の愛情の賜デシよw」と、恐縮するご夫婦を誉めたものデシた♪
 
 確かに、人に懐くよう育てたのはボクデシけど、新しい飼い主の所に行った後は、その飼い主さん次第で、より懐く子もいれば、人から離れてしまう子もいます。
 だから、ボクは謙遜でも何でもなく、インコの様子を見て、素直な気持ちでご夫婦を誉め、愛情を注いでくれた事に感謝したのデシた。
 
 ところが、そこまで懐いていた子でも、お客さんがいないのを見計らって、いつものように店の中で放されてたある日、不意に郵便屋さんが店内に入ってきたのに驚き、店の外に飛び出していってしまったのデシ・・・。
 慌てて追いかけたものの、中々見付からず、2~3日後、ようやく見付かった時には見るも無惨に変わり果てた姿で・・・。
 しばらくして連絡を受け、ボクがお店に行った時、事の顛末を話されて、ご夫婦揃って頭を下げられました・・・奥さんの方は、見てるこっちが痛々しく思えるほどやつれ、泣き崩れてました・・・亡くなってから毎日、泣き暮らしていたそうな・・・。
 流石のボクも責める気にもなれず、「今いるオカメを大切にしてあげて・・・」と言うのがやっとデシた・・・。
 
 テレビのニュースで、ごくたまに、「逃げ出したインコが戻ってきた・・・」と出ることがありますが、誤解しないで下さい。滅多に起こらない事が起きたから、ニュースになるのデシ。
 日常茶飯事にインコが戻っていたら、ニュースなんかになり得ません。インコがいくら上手に自分の名前や住所を話せても、猫やカラスには通じません・・・。
 ちゃんとしたお世話をしたら、セキセイインコで13年、オカメインコは20年弱くらいは生きる小鳥なのデシ。中には30年近く生きたオカメもいたとか・・・。
 ボク等も頑張って天寿を全うさせてやりませんか? 何も難しいことはありません。ちょっとした気配りでそれは可能なのデシから・・・。

| | コメント (0)

2007年11月14日 (水)

インコの飼育指南:番外編~羽根切りの是非その1~

 ボクはブリーダーしてた頃、手乗りに育てたインコを売る時は、羽根切りして売るようにしてました・・・てか、売れる、売れないに拘わらず、自由に羽ばたけるようになったら切ってましたわ・・・w
 具体的な方法は、後日、説明するつもりでいますが、今日は表題通り、「羽根切りをすべきかどうか」それについてお話ししたいと思います。
 
 ボクの持論は「手乗りは羽根切り、荒は切らず」デシた・・・「荒」と言うのは手乗りじゃない鳥(=野生のまま)の事を言います。
 手乗りだったインコが、段々人の手を離れて、近寄らなくなったり、警戒し出すようになることを、「荒に帰る」と言います。
 
 ボクはあまりインコの飼い方に、アレコレ口を出すのは好きじゃないのデシけど、世の中、「羽を切るのは可哀想」とか、「自然のままの姿で飼いたい」とか仰る、バカな・・・失敬、気の毒な・・・もとい、無知無教養な人が・・・あぁ、どう言っても傷付けちゃうか・・・w
 
 「自然のまま・・・」と仰る人、インコを日本で飼うこと自体、自然じゃないことはご存知? インコの原産国はオーストラリアとか、南アジアの方なのだけど・・・それに、自然のままのインコが、人に懐くと思います? 
 「羽を切るのが・・・」と仰る人、羽を切らない手乗りインコの寿命が、野生に棲息するインコに次いで短いこと、ご存知? そっちの方が可哀想だとは思いませんか?
 ところで、初フライトしたインコが、どういう飛び方するかご存知? ほぼ100%、壁か天井に激突して落下するってご存知?
 まだ、ヒナの弱々しい力で飛ぶから、「あらあら・・・」で済みますが、体が出来て、飛ぶ力が強まったインコが、パニクって飛び立って、壁や天井に勢い良くぶつかったら、良くて骨折、悪くてショック死します・・・。
 
 インコは人間様の思いもしない、実にささやかな刺激でパニックに陥り、我を忘れて飛び立つ生き物デシ。リビングが何千畳、天井の高さも何百メートルもある部屋で放し飼い・・・と言うなら話は別デシけど、万一のことを考え、常に先手を打つように気にかけて・・・と、ボクは思っています。
 それに、インコの羽根は、生後3~6ヶ月までに全部大人の羽根に生え替わり、その後、半年に1度くらいのペースで、死ぬまで生え替わり続けるのデシ。
 だから、ボクにしてみれば、何の勉強も観察もせず、ただ「可哀想・・・」と仰る人が、可哀想な人・・・なのデシねw
 
 どうしても切りたくないのであれば、インコの性格が判り、インコも自分の置かれている環境を理解するまでの1~2年、羽を切って様子を見て、大丈夫そうならそれ以後切らない・・・と言うのはどうでしょう?
 てか、ボクも「全く飛べないほど羽根を切れ」と言ってるのではありません。パニックで飛び立ってしまっても、壁にぶつかる前に、家の外に飛び出す前に、失速して、軟着陸するようにしなさい・・・と言っているのデシ。
 んで、放す時は窓や壁には、カーテン貼ってショックを和らげてやれば、かなり安全に遊ばせてあげられるでしょう。
 
 ま、それでも、悲劇は起こるのデシけどね・・・手乗りインコが野外に逃げ出して、即日死亡・・・てか、殺される確率は極めて100%に近いからなぁ・・・。
 飼い主がいくら注意してても、不意の来客はあるもので・・・。何かの弾みで表に飛び出しちゃう・・・てのも、良く聞く話デシ。
 手乗りインコの何が危ないって、アナタ、恐怖心や警戒心が限りなく無いところが・・・w ま、そうしないと、人にも懐かない訳デシけど・・・w

明日に続くw

 
 

| | コメント (0)

2007年11月13日 (火)

インコの飼育指南~エサやり編~

 セキセイのヒナは1日4回ほどエサを与えます。オカメも同じような感じで与えてましたかねぇ・・・ただ、オカメはいつまでも挿し餌をねだるので、注意しないといけないのデシけど・・・。
Tenori1  エサの温度は40度位をキープして下さい。写真はボクがエサを与える時のものデシ。最初は小鉢にエサを入れ、沸騰した熱湯を注いで暖めます・・・ま、熱湯消毒デシね。
 んで、ふーふーしながらエサを与えて、小鉢のエサが冷めてきたら、熱湯の入った鍋に浮かべるようにし、温めながら、ヒナに与えます。
 
 この前相談を受けた本屋さん・・・に限らず、ブリーダーをしていた頃から、「子供が欲しがってるので・・・」と、相談しに来られる方は多くてね・・・。
 ボク的には、我が子同然に育てているインコの行く末を案じ、「最後は親御さんが面倒見る羽目になりますよ・・・」と釘は刺すものの、実は親御さんの方が鳥好きで、子供さんは出汁・・・みたいなこともあり、ホンにこの世は摩訶不思議w
 で、学校に通う子供さんでも面倒が見られるよう、エサやりのタイムスケジュールを考えて、お教えするようにしていました。
 
 朝、7時半~8時くらいにエサを与え、昼12時半~1時頃にエサを与え、夕方5時前後にエサ、夜9時くらいにエサ・・・で、様子を見るよう指導しました。
 これだと、昼だけ親御さんが面倒見て、後は小学生の子供さんでも、無理なくエサやりが出来るんじゃないでしょうか。エサを与えた後は、保温しつつ暗くしてやれば、ぐっすり眠りますので手間はかかりません♪
 なお、空腹で夜泣きすることがありますので、その時は夜中でも起きて与えて下さい。エサをもらえるまで、結構辛抱強く、泣き続けますので・・・w
 
 何度も言いますが、インコとベタベタ遊ぶのは、羽根が全部開いて、ヒナが羽ばたく仕草を見せてからデシよ。それからでも十分人に懐きます。
 てか、店売りのセキセイより、ボクん家のセキセイの方が一回り以上大きいのは、エサとこれのせいだと思います・・・以前、下痢して痩せたインコを病院に連れてったら、それでもセキセイの標準体重より重かったデシ・・・見せたかったデシよ、その時の獣医さんの顔w
 
 そうそう、羽根が全部開いたら、マスカゴから普通の鳥カゴに移しても大丈夫デシよ。底網は外しておいて下さいね。
 そして、足温器+カイロは引き続き設置して下さい。んで、今与えてるヒナ用のエサや成鳥用のシード(皮付きエサ)を床に少量ばらまいておいて下さい。
 羽ばたき始めたら、そろそろ自力でエサを啄み(ついばみ)始めます。セキセイは自分から乳離れしてくれますので、その頃から、挿し餌は朝夕だけにします。
 お腹が空いたら、自分で落ちてるエサを食べなさい・・・と言う親心デシ。今まで口元に運ばなければエサを食べなかったヒナが、自分でエサを啄む瞬間は感動ものデシよ♪
 これくらいになったら、時間を見付けて、一緒に遊んであげても大丈夫。むしろ、遊んであげてw 
 
 初フライト成功したら、巣立ちまではあと僅かデシ。挿し餌は朝夕だけで良いデシが、床への撒き餌は少なくして、いよいよ、エサ入れと水入れをカゴの中に設置しましょう。
 そのうち、挿し餌を口元に持って行くと嫌がり出します。そうなったら、祝!ヒナ卒業デシ♪ なお、オカメの場合、与えている間はズ~~ッと食べ続けます。
 なので、頃合いを見計らって挿し餌を切り上げるようにしましょう。さもないと、病気になることもあります・・・かなりの高確率で・・・。
 大丈夫、どんなに甘えても、暴れても、エサをもらえないと判れば、自分で食べ始めますから・・・それだけ甘えん坊な気質なのデシね、オカメってw
 
 今、こんぱまるにオカメの予約を入れてますの。到着次第、随時、飼育日記を公開しますので、楽しみにしていて下さいw
 

| | コメント (0)

2007年11月12日 (月)

インコの飼育指南~お迎え編~

 この土日、LSの友人達のご厚意に甘えて、無事、片手棍のWSクエをクリアし、本命の片手剣WSクエにチャレンジすることが出来たちゃびデシ♪
 ま、片手剣の方は、これから潜在外しに出掛けるのデシけど、F氏がスキル上げがてら手伝ってくれたお陰で、半分くらいは進んでいるみたいなのね♪
 
 そう言えば、『土曜も日曜も仕事だ・・・』と、宣ってたY氏が、律儀にも仕事の合間を縫って・・・もしくは仕事の手を休めて・・・あるいは仕事を抜け出して・・・おそらくは仕事をさぼって・・・うん、この表現が正確かもしんないw・・・何度かコメントを寄せてくれてました♪
 
 Y氏よ、せっかくのコメント、とてもありがたいが・・・仕事しよ・・・。おまいさんがスチャラカしている間も、おまいの上司や同僚・・・そして、数少ないうえ、絶望的に「運」と「将来」に見放された、おまいさんの部下は、涙目で仕事しているお・・・。
 
 会社に密輸武器の横流しがバレ・・・確か、「闇の商人」デシたよね、おまいさんの仕事ってば?・・・おまいが路頭に迷おうが、途方に暮れようが、闇から闇に葬られようが、ボクはせせら笑うだけなのデシけど・・・ん?!
 おまいさんに振り回されるR夫人の嘆きと悲劇を思えば、ボクもおまいの会社にある事無い事、密告る手を緩めざるを得ない・・・え?!
 
 さてさて、本題に入りましょw セキセイインコ、もしくはオカメインコを飼う・・・それもヒナを・・・と決めたアナタ、まず準備しなくちゃならないのは、育てる環境と、エサデシね。
 これらはヒナを買いに行く前に準備して下さいね。もし、ヒナもエサも入れ物も、一度に揃えたい・・・と考えてるのであれば、ヒナは帰る直前に買うようにしましょ。
 ヒナ・・・に限らず、小鳥を移動させる時のストレスって、とても大きいのデシよ。また、家に帰った後も、新しい環境に慣れるまで、時間がかかるかもしれません。だから、なるべく静かな場所で育てるようにしましょ。
Toriesa 上の写真は、ボクがオカメインコのヒナを育てるときに用意しているものデシ。セキセイなら、真ん中に写っている箱のエサは、無くても結構デシ。
 右の袋入りのエサを基本に、ヒナが小さい頃はミルミキサーで粉末状にして、他の栄養補助剤を適当に混ぜて与えています。
 補助剤は与えなくても、特に問題は出ません。少しでも大きく、丈夫に育って欲しい・・・と思う、親心から入れるだけw 「バカ親」上等w
 
 で、家に連れて帰ってきたばかりのヒナは、エサを食べようとしないかもしれません。でも、大丈夫。ヒナとは言え、48時間くらいは飲まず食わずでも死にません。
 重要視すべきは温度管理デシ。急撃は寒暖の差は、即、落鳥(=死ぬこと)につながります・・・。保温はしっかりとボクはしています。
Tori1 下の写真は、ボクがヒナを迎える時の基本装備? デシ♪ マスカゴの下に敷いてるのが人間様用の足温器w 温度は最低で結構。足下が冷たくなければそれで十分デシ。
 マスカゴの底に敷いてるのは、キッチンペーパー。ティッシュより厚みがあって、吸水量も多いので愛用してます。
 キッチンペーパーは湿り具合によって・・・セキセイ1羽なら、1日1回交換で間に合いますが、オカメのヒナだと・・・朝夕2回くらい交換してるかな・・・。
 
 マスカゴの壁2面の白いのは、人間様用の貼るカイロ(24時間タイプ♪)。全面に貼らないのは、ヒナ自身で温度調節をさせるためデシ。
 寒いとカイロに寄り添え、熱いとカイロから離れられるように・・・ボクの飼育経験からの知恵デシw 
 これでも寒そうだと・・・見分け方は、羽を膨らませて丸っこくなって、うずくまってます・・・足温器の温度を少しだけ上げるようにしてます。
 
 これで、食事を与える時以外はフタをして、新聞紙などをかぶせ、熱が逃げないようにしてます。ヒナの基本は食っちゃ寝・・・デシから、暗くしておいて正解デシw
 てか、巣箱の中は、殆ど真っ暗なのでね、より、自然体でスクスク育ちますw この時期、ベタベタと触って遊びたい・・・でしょうが、我慢しましょう。
 
 

| | コメント (0)

2007年11月10日 (土)

潜在、外せた!・・・でも・・・

 Y氏には心配してもらいましたが・・・たぶん、面白半分で・・・昨夜、無事、潜在外せました♪ ただし、一回昇天のオマケ付きで・・・○rz
 
 と言うのもね、潜在外しの前に、フェローさんの限界クエをこなしたのデシけど、オズ城に乗り込んだ時、目的地に向かう最中に、サングラス狙いの人達がNM退治してまして・・・。
 そのNMを倒すと、削れるクリスタルにボーナス付くとかで、4,5人くらいで叩いてたの。でも、かなり強敵だったのか、救援サイン出してまして・・・。
 通り道・・・ではなかったけど、すぐ近くで戦ってたので、ここで逃げては男が廃る(すたる)・・・ウソw・・・見物がてらボクも参戦することにしました。
 強化魔法をかけ、ディセバーメントに、F.リップ、ヘッドバットにバーチカルグリーヴ、そしてまた・・・と、立て続けに打ったらタゲがボクに・・・w
 ヘッドバットでNMを怯ませ、その間にマジカルフルーツでHP回復したのだけど、とても追い付かず・・・NMの「羽根吹雪」って、異様に強力デシたわ・・・。
 それでも、一歩も引かず、ノーガードで果敢に責め立て、お互い@1ミリ強のところでNMにクリティカルヒットが出て、ボクが先にダウン・・・。
 その後、他の人達がトドメを刺して、何とか勝てたものの、昇天中のボクにはボーナス入らず・・・ボクが参加してからは、ほぼNMとガチンコして3/4近くHP削ったのに・・・。
 
 ま、戦いようによっては、青75ソロでも勝てそうだと判っただけでも収穫かな・・・と、自分で自分を慰めたりして・・・でも、もう、行かないだろうけど・・・w
 で、なんとかレイズかけてもらい・・・来ていた連中、さっさとクリスタル削ったら帰っていって、『功労者は放置かよ・・・』と、内心ドキドキしてたのは秘密w
 
 衰弱中に目的地まで移動して、そこで全回復した後、本来のガチンコ勝負に突入w これはあっさり、サックリ勝ちまして、無事、フェローさんは限界解除・・・ただし、55まで・・・って、何かバイクの免許みたいデシねぇ・・・w
 
 それから、ウルガラン山脈まで行って潜在外しをしまして、昨夜の予定、全て終了・・・経験値2100ロストしてまで手に入れた伊達眼鏡、「命中+2、夜間命中-20」て・・・メガネ返すから、経験値戻してくれない・・・?w
 

| | コメント (1)

2007年11月 9日 (金)

潜在外しの筈が・・・

 もうそろそろ潜在外れても良い頃・・・と思いつつ、外れてくれないボクの片手棍・・・。FFにはスキルを上げれば勝手に覚えるWS(=必殺技・・・みたいな感じ)と、クエストをこなして覚えるWSなどがあります。
 ボクも随分前に、片手棍WS用のクエストは受けていたのデシけど、未だ潜在を外しておらず、最終試験を受けられない状態・・・w
 
 最近ナイトを上げてたF氏が、つい先だって片手棍のクエを受けて、即、潜在外したと聞き、それじゃボクも・・・と重い腰を上げる気になりました♪
 ホントは片手剣のクエを受けたかったのだけど、棍棒のクエをクリアするか、破棄しないと受けられないため、仕方なく・・・みたいなw
 
 片手棍のクエは、他の武器のと違って、練習以下相手でも、MP回復のWSでポイント稼げる・・・って事を風の噂で聞いてたので、多少は貯まってると思ってたのデシけどね・・・。
 この日はフェローさん連れて、ウルガラン山脈でウサギ狩りしたのデシけど、これがまぁ、中々上手く連携できないの・・・w
 75で経験値入る相手・・・って事で場所を決めたのだけど、ボクのフェローさんはレベル48・・・だから、あまり攻撃が当たらないの・・・。
 当たらないって事は、TPが貯まらない・・・って事で、WSが打てない・・・って事。仕方ないから、ボクが単発で2回ほどWS打って、3回目にフェローさんと連携しようと思ったのデシけど・・・。
 
 フェローさんてば、WSでトドメを刺すんだもん・・・連れてきた意味無いぢゃん・・・w 潜在外しのポイントは、単発で1点、連携決めて2~5点入るのね。
 だから、フェローさんのWSに合わせて、ボクがWSで連携決めるとポイントが早く貯まるのデシ・・・なのに、あぁ、それなのに・・・。
 なんか、気付いたらフェローさんてば自分ばっかレベル上げて、50になっちゃってたヨ・・・。仕方ないからセルビナ飛んで、フェローさん用の限界突破クエを受けさせられちゃいました・・・。
 
 きっと、今夜はあちこち飛んで、フェローさんのクエをクリアしてから、潜在外しに出掛けるんだろうなぁ・・・一体、いつ外れるんだろ・・・。
 

| | コメント (1)

2007年11月 8日 (木)

インコの飼育指南~選び方~

 昨日、インコの話題を出して、超久々に「こんぱまる」のHPを見てきました♪ このお店は知る人ぞ知る、インコとオウムの専門店だったりw
 こんぱまるのオカメインコは、一見さん・・・てか、一般のお客さんには安いのか高いのか判断が付きにくいでしょうねぇ・・・ボクもよく躊躇しますw
 と言うのも、一般のペットショップで売られている、並オカメとか白オカメと言われるオカメインコは、こんぱまるでは安く買えるのデシ。
 ただ、それ以外・・・羽根の色が違ってくると、珍しさに応じて値段が跳ね上がりますの・・・インコって、物凄く色の種類が豊富でね・・・。
 どれだけ種類が豊富かは、一度、HPをごらんあれ。ただし、無性にインコを飼いたくなっても、ボクは責任持てませんが・・・w
 
 さて、インコが飼いたくなったアナタ、どういう基準で選びましょうかねぇ・・・? 基本は・・・自分の好きな羽根の色や模様のを選んで正解。
 次に体調を診るのデシけど、これが少し悩ましいw 病を隠すは野生の本能・・・デシからね♪ 殊にセキセイやオカメは捕食される側の代表・・・みたいなものだしw
 ま、どの飼育書にも同じようなことを書いてあるので、一冊でもそれを読んで参考にすれば問題ないかと思います♪
 
 手乗り用のヒナも、同じような要領で選んでもらえば、大きな失敗はありません。すなわち、目がパッチリしてるもの、クチバシや足の指、ツメに欠損が無いもの。体躯が大きく、活発に動いてるもの。肛門付近が汚れてないもの・・・etc
 
 目がパッチリ・・・とは、少し抽象的デシが、目の回りが腫れたように充血してたり、目をしょぼしょぼさせてなければOKデシ。
 クチバシや足の~・・・は、殆どが外傷的なものデシけど、たまに遺伝的に障害を持って生まれることもあります。
 体躯が大きいの・・・とは、食欲があり、よく食べて大きく育ってる・・・と言うことで、育ちすぎてる事ではありませんw
 その見分け方は、羽根の筆毛の開き具合で判断できますおw 小鳥の羽の生え方というのは、新品の筆の穂先のようにツンと尖ったトゲのように出て来ます。
 それが徐々にほころんで開いていき、あのような羽根になります。幼いヒナはトゲトゲのハリネズミ状態だったりするw
 
 ちなみに、ボクがブリーダーしてた時、ヒナを親鳥から引き離すタイミングは、羽根の開き具合で判断してました。
 もう後何枚か開いたら・・・とか、これだけ開いたら、もう人の手に渡っても大丈夫・・・とか。最初は飼育書を参考に、慎重に取り出してましたが、最後の方は独自の判断で適当に・・・w 
 
 最後は肛門付近が汚れてないもの・・・これは、体調壊して下痢すると、肛門の回りが常に濡れたように汚れてきます。もしくは、脱糞直後のヒナもたまにw
 ヒナは成鳥と違ってペースト状(=水分の多い)のエサを与えられてるので、どうしても便がゆるみがち。でも、健康なヒナは便の切れも良いので、少し湿ってる・・・程度デシ。
 
 もし、お尻が汚れていて、羽を膨らますように丸っこくなってるヒナがいたら、間違いなく病気デシ。他の鳥に感染している可能性もあるので、ボクは他の店で買うようにします。
 
 以上、ザッとではありますが、思い付くままに書き並べてみました。宜しかったら参考にw もっと詳しく知りたければ、質問して下さい♪
 前にも言いましたが、どんな小さな疑問にも答えられる代わりに、何がどう判らないかが判らない中の人なのデシw
 

| | コメント (0)

2007年11月 7日 (水)

ふと思い立ってみたものの・・・

 前日に引き続き、昨夜も3人で「マムージャ~」に行き、無事、75に上がったちゃびデシ♪ 昨夜はY氏とR夫人と共に、2戦してきました♪
 要領は前日に覚えたため、また、R夫人の手前、良いところを見せておこう・・・と、昨夜は2戦とも片手剣装備で行きましたw
 結果は・・・当然2連勝w Y氏は忍者、R夫人は赤、ボクは青と、それぞれ十八番のジョブで参加したので、勝っても当たり前田のクラッカー♪
 
 さてさて、話はリアル方面にコロッと変わりますが、この度、ふと思い付いて、新たに手乗りインコを育ててみるか・・・と言う気になりまして・・・w
 友人でもある本屋さんが、子供にねだられ「セキセイインコって飼うの難しいですか?」と、この間配達の際に質問されたのがきっかけデシた。
 
 セキセイとオカメインコに関しては、並のペットショップなど足元にも及ばない程、経験値の高い中の人。どんな質問でも答えられる代わりに、素人さんは何が判らないのか? どう難しいのか? ・・・が判らなかったりする・・・w
 だから、いちいち説明するのも面倒だし、いっそ、飼育日記みたいなのを公開して、それを参考にすれば失敗も少ないだろう・・・なんて思いましてね♪
 仕事の合間を縫って世話してたときに比べ、今は時間がたっぷりありますので・・・てか、ヒマなので、ベタ馴れしたインコを育てようかな・・・なんて♪
 
 で、早速、近所のホームセンターに様子を見に行ったら・・・ここだけの話、本屋さんには正規のペットショップで買うように勧めたのデシけど・・・ホームセンターのヒナは出所不明で危ないから・・・w
 ホームセンターなんかは、世界中からヒナをかき集めてきますからなぁ、危ないのデシよ、すぐ死んで・・・。
 外国のヒナが弱いんじゃないのデシよ、その、運搬方法に問題があるだけで。手荷物扱いで飛行機の貨物室に入れられて、飲まず食わずで1~2日・・・生きているのが不思議なくらい、過酷な条件で日本に輸入されてきますの・・・。
 初めて買う人は、悪いこと言わないからペットショップでお買いなさいw たとえ輸入されたヒナでも、多少は状態が良いはずデシ。
 そう言えば、店売りのヒナを買うのは何年振りだろ・・・最初の5~6羽くらいで、後は全部その子達のヒナだから・・・10年以上か・・・w
 
 実は先週の土曜日だったか、小鳥のエサを買いに行ったついでに、ナマモノコーナー・・・「生き物」と言え、ボク!?・・・立ち寄ったら、可愛いのがワンサといて、それを覚えてたのでね・・・。
 ところが、今日立ち寄ってみたら、殆ど出払っていて、残っているのはボク的に「成長し過ぎ」なヒナばかり・・・初心者にはこれくらいが丁度良いのだけど・・・。
 仕方ないから、今日はあきらめて帰ってきました・・・そう言えば、土曜日19800円だった育ち過ぎのオカメインコのヒナが、今日は更に育って13800円で売られてましたわ・・・もうそろそろヒナと呼べない程、成長してましたねぇ・・・w
 
 そうそう、ボクがヒナを選ぶポイントを書いておきましょか? まず、目がパッチリ・・・てか、長くなるかもしれないから、また今度にしよか・・・ネタ切れの時にw 
 

| | コメント (0)

2007年11月 6日 (火)

アサルトでハラハラドキドキ♪

 昨夜はPTには誘われず、「ガリレオ」見てました♪ そうしたら、ボク同様誘われないY氏が、@(=あと)6000で75に上がる『ボクのために・・・』と、経験値の入るアサルトに行こう・・・とF氏を誘いましたw
 その陰に『サルベージの戦績代が足りねぇんだよ・・・』と言うY氏の呟きが、聞こえたかどうかは、敢えて確認せず、3人で「マムージャ兵訓練所急襲」に行くことに♪
 
 F氏は忍者、ボクは青、Y氏が赤に着替えて出発デシ。どうせなら・・・と、ボクは潜在外しの片手棍を装備・・・これが非常にエキサイトな展開になるのデシw
 1回目、片手棍の影響で、明らかに火力が下がってるボクと、知性と教養を併せ持たないY氏の魔法っぷりに、懸命に堪え忍ぶF氏の図・・・w
 何とかマムージャを全滅させたものの、残り時間@1分。全員必死の形相でゴールに走り、@30秒で宝箱を開けロットイン・・・するのか、ロットw・・・@10秒で脱出そしてクリア♪
 
 2回目3回目は、ボクが片手剣に持ち替え、回復をY氏に任せ、攻撃に集中することで火力が復活し、マムージャを殲滅する速度も上がり、制限時間5分前にはマムを全滅出来ました♪ 
 そして、余裕を持ってゴール&クリアしたのデシけれど・・・待てよ・・・何か忘れてるような・・・そう言えば、訓練所にはマムの他に、プークという飛竜のモンスタもいるのだけど・・・。

 確か、ボクのレベル上げ=経験値稼ぎで、ここに来たのデシよね・・・? を~~い、プーク倒すと経験値もらえますよ~~~・・・。
 

| | コメント (0)

2007年11月 5日 (月)

捜し物は何デシか~~♪

 見付けにくいモノでも、夢の中まで行かなくても、ありそうなモノなのデシけどねw 最近・・・と言うわけでもないのデシけど、ボールペンを探しています♪
 実家から車で10分弱のダイエーや、歩いて10分弱のホームセンターにも、文具コーナーがあって、色々売っているのデシけど・・・色々買っているのデシけど・・・。
 
 ボクが欲しいボールペンは、書き味が滑らかで、最後の一滴まで掠れず、途切れず書けるボールペン・・・デシ♪ 残念ながら、まだ出会った事がないのデシけど・・・w
 文章書く時の集中力は、自分でも呆れるほどの高さなので、書けたり書けなかったり・・・のボールペンじゃストレス溜まって大変なの・・・何本粉々に砕いたことか・・・w
 たまに希望に近いボールペンに出会えた時は、替え芯を買ったり同じのを買ったりするのデシけど、期待外れなことが多いデシねぇ・・・。
 
 そうそう、替え芯と言えば、ダイエーでもホームセンターでも、売られてはいるのデシけど、売られてるボールペン本体とは合わないモノが多いのよねぇ・・・w
 種類が多く出回っているのが原因なのでしょうけど、自分の店で売ってるボールペンと替え芯くらい、合わせられないものでしょうか・・・?w
 それとも、ボクが偶々気に入って買ったモノに、合う替え芯が無いだけ・・・? 今、お気に入りで使ってるのはパイロットのDr.GRIPと、セーラーのセラピカ(3色)なのだけど・・・。
 どっちも握り心地が良く、インクも割と気持ち良く書けるので好き♪ でも、パイロットの替えインクは当たり外れがあるのと、グリップのゴム部分が使ってるうちにベタベタしてくるのが減点・・・。
 セーラーのは替えインクが・・・売ってないのが減点w ま、似たようなサイズのを詰め替えて使っているので問題はありませんが・・・もはや、「セーラー製」と言って良いのやら・・・w
 
Bool  そんな今日、新たに仲間に加わったのが、三菱ユニのPOWER TANK。インクを3000hpa(ヘクトパスカル)の圧縮空気で押し出すそうなw
 1本945円なりw ボク的には高額なボールペンデシた。でも、うたい文句の一つに「宇宙空間OK」てのがあり、それが購入の決め手になりました・・・ウソデシ♪
 あ、ウソ・・・と言ったのは「購入の決め手」デシよ。「宇宙~」てのは、ちゃんと書いてあります・・・写真では見辛いかもしれませんが・・・宜しければ、文房具屋さんにでも行った際にでも、探して確かめて下さいw
 

| | コメント (0)

2007年11月 4日 (日)

凹むこと、凹むこと・・・

 ただいま完全無欠の凹み中・・・。どれくらい凹んだショックが大きいかって、アナタ、その空しさや悔しさは、口に出すのも憚られるほど・・・。
 そう、例えるなら、便座を上げずにオシッコしちゃって、慌ててトイレ掃除する羽目になっちゃった・・・ってくらい空しく・・・。
 そして、片面2層DVDをバッタモンコピーしたら、容量が5GB程しかなくて、それならいっそ、メーカーの努力で圧縮して、片面1層の4.7GBまで押さえてくれたら、出費も300円→50円で済むのに・・・ってほど悔しく・・・。
 
 あ、そう言えば、何に落ち込んでるのか、まだ言ってませんデシたねぇ・・・。あのね、ウルトラセブンXをね、録画し損ねたの・・・ビデオテープの残量不足で・・・。
 ボクとしたことが、一生の不覚・・・あ~~もう・・・○rz
 

| | コメント (0)

2007年11月 3日 (土)

何の因果か・・・青魔法探しの旅~勘違い編~

 「三丁目の夕日」を見ながら、誘われ待ちしてたら、運良く拾ってもらえまして、バフラウのマムージャ退治に行ってきました。
 火山の入口近くに陣取り、かなりハードなサバイバル戦を展開しましたヨ・・・w 75目前のPTにあるまじき皆さんに揉まれ、強制的に一回り大きく成長させていただきました・・・w
 戦/忍(タルリーダー)・ナ/戦(ヒュム)・侍/シ(エル)・青/忍(ボク)・詩/白(エル)・白/召(ミスラ)・・・デシたっけかな・・・。
Hb1  この日はこれまでの反省を踏まえ、魔法の組み合わせで「物理攻撃力アップ」「物理命中率アップ」になるよう、青魔法をセットし、「ディセバーメント」と、「F.リップ」の与ダメアップを狙ってみました♪
 どちらも魔法攻撃・・・ではありますが、属性が「物理」なので、そう試してみました。結果は・・・微増・・・かなり、微妙・・・w
 ま、侍/シのWSが1000オーバーするのを見ていたら、300や400の与ダメは霞んで見えますわなぁ・・・シフ上げるか・・・。
 
 そんなこんなで11時半位にPTが終了しまして、お礼とお別れをして白門に戻りますと、「H.バラージ」と「テールスラップ」を覚えるツアー募集が、シャウトで流れてきました。
 「テールスラップ」は既に覚えてるし、「H.バラージ」はその上位互換とも言える「ディセバーメント」覚えてるので、どうしようかなぁ・・・と、ぼんやり考えてましたの。
 寝るには少し早いかなぁ・・・てのもあって、人数の集まり具合を見て、お手伝いがてら、あわよくば・・・程度に考えてました。
 
 んで、このエリアをサーチしてますと、Y氏を偶然発見しましてね。それが偶々ツアーの人数増えたと同時に、Y氏もPT入った表示に変わって・・・。
 こりゃ、覚えに行く気かな・・・なら、ボクもコソッと参加して、冷やかし半分で手伝ってやるか・・・と、そこそこ人数が集まった時点で、「お手伝いしましょか・・・?」と、参加しました。
 
 ところが、アライアンスのメンバーにY氏の名前が無いの・・・「あれ? ひょっとすると・・・」と、全域サーチして、Y氏の行方を捜したら・・・呑気そうにレベル上げに出掛けてました・・・
 なんたる偶然・・・てか、思い込み激しすぎ? ボク!? でも、今さら抜ける訳にも行かないだろうなぁ・・・と、トボトボ付いていく羽目に・・・。
 
 総勢10人、イルシシ監視哨からアラパゴに出て、殲滅戦でラミア、メロー狙って進み、割と順調に武器を壊せ、魔法も覚えられたのデシけど、終盤近くになって修羅場が一杯w
 移動中、イカデビルに絡まれたメンバーを助けて戦ってるうちに、追い付いてきたメンバーが別のイカデビルに絡まれ・・・生き残ったのは、ボクを含めて3人デシた・・・。
 その後、メンバー中たった一人の白さんから全員レイズ3をもらって・・・一人か二人、「自分は1で・・・」とか、「2で・・・」とか言わないものかなぁ・・・と思ってましたが、言いませなんだなぁw
 
Hb2  ダラダラと最後の一人が衰弱治るのを待って、NMラミアに挑戦しに行きました。バトルの最中に、戦闘不能者に反応して湧くNMラミアが、ガイコツ引き連れて襲い掛かってきて、今度こそ全員撃沈・・・。
 ボクは白さんの手を煩わさないよう、リレゴル(=リレイズ2)で素早く蘇生しましたが、他の人はさっき同様・・・白さん大活躍・・・でも、ちょっと可哀想。
 で、時間もそろそろ午前2時・・・「眠くなってきました」と、ボクが抜けるのと同時にツアーも終了となりました。
 
 結局、ボク的に「H.バラージ」は覚えられなかったけど、どさくさ紛れにイカデビルから「マインドブラスト」はゲト出来ました♪
 転んでも、タダでは起きないのがボクの本性デシw
 

| | コメント (0)

2007年11月 2日 (金)

ワイド画面にて・・・

 季節外れの・・・てか、すべり込み・・・もしくはシーズン最後の蚊に刺されまくりで、身悶えするような痒み(かゆみ)に襲われてるちゃびデシ・・・w
 最初の5分、痒みを辛抱出来れば自然と治るものを、つい、うっかりポリポリしちゃったものだから・・・ま、敵ながら天晴れ・・・とでも言っとこか・・・。
 
 太ももの付け根から膝の方まで、万遍なく刺されててね、昨夜もベッドにもぐり込んでウトウトし始めたら、思い出したように痒みがぶり返してきてね・・・きっと、体温が上がってきたせいでしょうね・・・。
 仕方ないからキンカン塗ったら、何がどう流れてきたのやら、ツ~~ッとお稲荷さんにまで辿り着いちゃって、いや、もう、あなたw オカマになっても良いから、取り外したい~~~~って感じw
 ・・・日頃、何かにつけ虐げられてるR夫人、ここだけの話、今度夫婦ゲンカした時は、ダンナが眠っている隙に、お稲荷さんと言わず、ナニと言わず、キンカン塗りたくってやんなさいw
 塗られたお稲荷さん以上に、気分がす~~~っとしますヨ♪ ダンナがパニクって洗い流そうにも、却って水が染みて、泣き出すこと必至・・・ゲッヘッヘ・・・w
 
 さて、22インチワイドの大画面、流石・・・デシ♪ これで映画とか見たら、すごい迫力だろうな・・・と思いつつも、ゲーム特化した我がパソコン・・・ファンノイズが大きくて、鑑賞どころの騒ぎぢゃありませんの・・・w
 で、ゲームは・・・と言うと、なんかね、横にビロ~~ンとなっちゃってるのw 三頭身はあったろうボクのプロポーションが・・・と言っても、劇的にHPを回復するポーションぢゃ無いデシよ、スタイルの事ねw・・・只今、二.五頭身・・・
 画面サイズをどう変えても、ビロ~~ンなのよねぇ・・・FFのコンフィグではどうしようもないのか・・・そう思って、ゲームにインしてそこのコンフィグ調べたら・・・ありました、サイズの変更が♪
 1600X1000にしてみたら、もとの三頭身に復活!w ・・・も少しスリムに出来たのだけど、それだと縦長の三頭身だからなぁ・・・四頭身になれば考えたのだけど・・・w
 
 てな感じで、御機嫌モードで視野の広がった白門を闊歩してますと、PTへのお誘いが来まして、喜んで参加させてもらいました♪
 その日のメンバーはナ(エル)・暗(ガル)・侍(タル)・青(ガル)・青(ボク)・赤(猫)デシた。こりゃ、今日もヒーラーか・・・と、「サポ白が良いデシよね?」と聞いたら、『コリブリ叩くからサポ忍でも良いですよ。』だって♪
 
Koriburi1  ちゅう事で、ナイズル経由でバフラウのタンジャナ島に行って来ました。マムージャの目を盗んで下段に降り、コリブリとウィヴル(サイのモンスタ)の待つ狩り場に到着。
 ・・・ウィヴルって、ノンアクだったのねぇ、知らなかったヨ・・・ポケモンでも(=闘獣場の事ねw)ちょくちょく出てるから、写真撮った人、勇気あるなぁ・・・って思ってたんだけど、とんだ早とちりデシたw
 
 しばらくは先にいたPTとコリブリの争奪戦してたのだけど、そのPTが帰ってからは独占状態で快適にレベル上げ出来ました♪
Koriburi2  ただねぇ・・・最近、自分の火力の低さにブルーになる事があって・・・この日みたいに同じ青さんと組んだときなんか、数字でハッキリ表示されるのでね、凹む事凹む事・・・。
 ディセバーメントとか、F.リップだと、100~200↑与ダメに差が出たりして・・・やっぱ、装備にも目を向けないとダメなのかなぁ・・・なんて・・・。
 ま、そこそこ削って目立たず騒がず・・・でも良いか・・・タゲが来たら、あっと言う間に昇天だもんね、ボクなんか・・・でも、MP半分のガルさんに魔法で負けるのは、タルのプライドがなぁ・・・あ、そう言えば、ドコに片付けたっけ、ボクのプライド・・・w
 

| | コメント (0)

2007年11月 1日 (木)

良いなぁ・・・値上げ出来て・・・

 神戸も大阪並みに運転マナーが悪くなってきましたねぇ・・・。昨日、液晶モニタ買いに家電店に車を走らせた時、路地から左右の確認もせず、当たり前のように&強引に割り込んできた車がありました。
 何となく嫌な予感がしたので、車の速度を落として身構えてましたら、案の定・・・って感じで・・・。こりゃ、思い知らせてやらないと・・・と、ボクがされたのと同じように、鼻先を掠めて割り込んで急ブレーキしてやりました。
 これで、少しでも目が覚めてくれたらよいのデシけどねぇ・・・あ、でも、危ないので、普通のドライバーは真似しないでね♪
 ボクはこう見えて、大阪の問屋街に何度も配達に訪れて、危険な割り込み、無謀運転で危機一杯な経験をしてきてるので、ある程度見切れるのデシ・・・。
 
 でも、いくら経験値高いとは言え、無茶な運転した後は自己嫌悪に陥るものデシて・・・愛車を危険に晒すのはねぇ・・・それでなくとも、ボク的には、もう後が無いのだから・・・。
 あ、相手の事はどうでも良いの。あんな無茶やってたら、遅かれ早かれ事故るのは目に見えてますもの・・・だから、『こんな運転してちゃ、いつか死ぬヨ』って思いを込めて、ボクが神様に代わって警告してあげただけだから♪
 
 それにしても、ガソリンの値上げデシよ・・・羨ましいデシよね、適当な理屈付けて値段を釣り上げられるのって・・・。
 ボクが会社してた時、切実に値上げの相談したら、仕事打ち切られました・・・。ちなみに、ボクの父が仕事してた昭和40年前後、ネクタイ一本作る工賃は200円前後デシた。
 それが、平成の今、一本180円弱・・・安いところは150円前後で作ってるのね・・・それでも「高い!」と値切られるんだから、この業界って・・・。
 それもこれも、競争相手が外国だから・・・根本的に物価が違う国と価格競争したって、勝てるはずありませんからねぇ・・・。
 中国じゃ、原材料込みで絹100%のネクタイが一本250円ほどで作れるのデシよ・・・日本じゃ、機織る(はたおる)だけで500円ほどかかるのデシ。
 
 ま、こうやって「構造の空洞化」ってのが進むのでしょうね・・・ボクから見たら、過保護なほど保護政策とられてる農業でも、小麦の高騰化で続々と値上げラッシュになりますし・・・。
 国内の産業従事者の声を無視し続けて、少しでも安物を・・・と、外国に目を向けたバチが、いよいよ当たり始めたのでしょうかねぇ・・・そのうち、アパレル関係もそうならないかな・・・あ、でも、もう間に合わないや、ボクw
 

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »