« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の記事

2008年2月29日 (金)

巣箱作りちゅw

 思い立ったが吉日・・・とばかりに、巣箱作りし始めた中の人。材料は・・・昔、センタースピーカー用ラックを作った時、余ったコンパネ900×300×11→1枚。
 昔、何かを作る・・・つもりで買ったまま・・・今日まで至るベニヤ板900×300×5.5→2枚・・・寸法の単位は㍉で・・・ note
 材料費は・・・板代は全部で500円ほど。ネジ釘代入れても700円くらいぢゃないかしら note お財布と自然に優しい合板製デシ note 
 誤解の無いよう注釈入れておくと、コンパネもベニヤも、900×1800のを買い、お店で300㍉にカットしてもらってます happy01 ちなみに、こちら2枚で1800円ほどデシたかな・・・ dog
 もちろん、お金 dollar を潤沢に持ってる人は、合板ぢゃなく、インコに優しい一枚板で作っても良いデシよ chick 巣箱一つ、2000円ほどで作れるはず happy02
 
 さて、巣箱を作る際、一番大切な事は・・・? paper はい、鳥カゴに入る寸法にする事 note カゴに入らないと、これほど役に立たない代物もありませんからなぁ smile
 それと、産座がそこそこ大きい事。産座というのは、巣箱の中でメスが卵を産み、温める部分の事デシ。この部分を大きく作ると、卵を多く産んでくれます・・・たぶん note
 
Photo Photo_2 Photo_3  以上の事を踏まえ・・・と言っても二つだけデシけど bleah ・・・のこぎり片手に、大まかに切り出したのがコレら notes
 んで、切断面を整えるためにカンナなどかけてみたり・・・さらに削りが悪いので刃を研いでみたり・・・ナニ屋だ、ボク sign02 happy02
 ま、普通ベニヤ板にカンナなんかかけ無いのでしょうが、そこはソレ、素人のする事、笑っPhoto_4 Photo_5 Photo_6 て見逃してちょ・・・あっははは happy02  ザマミロ、先に笑ってやった bleah
 
 そして、さらに各パーツに切り分け、穴を開けたのがこっち♪ なお、最初に言っておく、PROXXONの糸鋸は、か~な~り使えん sign03
 今回、4個穴を開けたのデシけど、その間、刃が8本折れちゃいました・・・11㍉のベニヤPhoto_7 ならまだしも、5.5㍉のまで・・・ shock
 以前、巣箱を作った時は、そんなの感じなかったのデシけどねぇ・・・インコの出入り用と、中の人の観察用の2個だったから我慢出来たのかなぁ・・・。
 あ、肝心な事忘れてました。中の人ってば、イヤな事は速攻で忘れる主義デシたわ・・・それで覚えてないんだ・・・ wink
 
 とまぁ、ぼやいてみた所で、巣箱が完成する筈も無く・・・黙って作業を進めましょ・・・って、予想外に穴開け作業に時間食っちゃったので、続きは明日 happy01 paper

 

| | コメント (0)

2008年2月28日 (木)

アイスラッガー、ぢゅわっっ!(来たっっ)

 ズッシリ重厚感のある、アイスラッガー型ペーパーナイフが・・・ キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゚(≧∀≦)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!
Iceragger  ステンレス製、1/2プロップサイズだそうで・・・ところで、「プロップ」て、どういう意味? ラグビーのポジション? coldsweats01 ・・・ま、中の人式尺度で言えば1/3サイズ・・・ sign02 ほっとけ sign01
 
 ところで、アイスラッガーにはステンレスと刻印されてたのデシけど、どう見ても鉄+メッキ・・・の質感なのだけど・・・ coldsweats01
 錆びるかどうか、水にさらして放置してみようか・・・と、チラッと考えましたが、勿体ないから止めました・・・ smile
 どうせなら「ウルトラ合金(ウソ)」位の刻印してくれてたら、鉄でもステンレスでも文句言わないのに・・・ bleah
 まぁ、鉄だから焼き入れして研いだら、切れ味は増すよなぁ・・・なんて物騒な事を考えつつ、ダーツバーでアイスラッガー投げたらウケるかな・・・とか考えてみたり happy01
 
 ウルトラアイよりはシンプルなデザインなので、1/1ヒューマンスケールのも作れなく無いなぁ・・・と、妙な工作意欲がモヤモヤと・・・ happy01
 寸法さえしっかり測れば、後はホームセンターで、それ相当のステンレス板を買ってくれば、正味ステンレス製のアイスラッガー作れるやん・・・みたいな smile
 
 卒業制作にどうかな・・・なんて・・・って、一体何から卒業するつもりだ・・・てか、そもそも入学してないだろっっボク sign02
 

| | コメント (0)

2008年2月27日 (水)

やばい、肥えてる・・・

 今朝、意を決してナナクサの爪を切りました。軍手の上に厚手のゴム手袋はめて・・・これくらいしないと、本気噛みするナナクサには対抗出来ませんの・・・ coldsweats01
 いつもより動きが鈍いのを良い事に、比較的短時間で捕まえられたのデシけど、その時の第一印象が「やばい、肥えてる・・・」だったのデシ・・・。
 
 この一年、巣箱を入れっぱなしにしてたので、運動しなかったのかもしれません・・・。巣箱に馴染んでくれてるのはありがたいのデシけどねぇ・・・ハァ・・・ despair
 ま、取り敢えず巣箱を取り出し、今日から暖房も控えめにして・・・てか、入れず、しばらく様子を見ようと思ってマス。
 
 さて、インコの爪切りで重要なポイントは、如何に捕まえておくか・・・に尽きると、中の人は考えてるっぽい。
 すなわち、緩すぎるとすぐ逃げ出しちゃったり、ジタバタして切りにくかったり・・・、逆にキツイと圧死させちゃう恐れがあるので、握る頃加減が難しい・・・寿司職人か sign02 smile
 そうそう、今回は爪切りの代わりにニッパーを使いました note 工務店の人が使うような本格的なのではなく、ホビーニッパーとか、クラフトニッパーとか呼ばれてる、小型のヤツデシ happy01 握りの部分にバネが入ってて、常に開いた状態のがあればベスト note
 
 左手で押さえつつ、右手で爪を切るのデシけど、「あぁ、腕が4本欲しい・・・」と毎回思うのは中の人だけ・・・? bleah
 何しろ肥えて、肉がミュクミュクしてるので、力の入れ具合が非常にシビアなの・・・結局弱めに掴んでましたが、その分ジタバタして、爪を切り終わった後はお互いグッタリ・・・ coldsweats01 手乗りでなくて良かったヨ・・・ shock
 
 何とか2羽とも爪を切り終わったら、小一時間も経ってましたわ・・・。手乗りだったらストレスで離れて行っちゃうかも・・・って感じ。
 この悪戦苦闘の様子は、是非とも撮っておきたかったのだけど、両手が塞がっててそれどころぢゃなかったのね・・・あぁ、ホントに腕が4本欲しい・・・3本でも良い・・・ wink
 
 でも、まぁ、これでお互い交尾しやすくなったろうし、抱卵する時も卵を引っかけたりしないだろうし、後はナナクサ’ズの腹が少しでも引っ込めば・・・と思いつつ、ぢっと自分の腹を見つめる中の人・・・ウン、ま、無理せずガンガレ happy02
 

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

巣箱でも作ろっかな・・・

 えぇ、ナナクサ用の巣箱が、かなりくたびれてきたのでね・・・。繁殖期に入る前に新調してやろうかな・・・と note 
 実は、今の巣箱はオモチャ状態に成り下がっていて、引きこもってるのは良いのデシけど、繁殖・・・と言うよりは、くつろぎの場になってるみたいな・・・ coldsweats01
 
 なので、心機一転させ、何とか繁殖してもらおうと、重い腰を上げる気になりましたの・・・w 市販の巣箱でも良いのだけど、縦型はナナクサには微妙に小さい・・・んで、横置きのはカゴのサイズに合わず、中に入んない smile
 まぁ、セキセイサイズのロングカゴを2ヶ、くっつけて使ってますのでね・・・ナナクサクラスのインコの繁殖用カゴは、かなり高価なのデシよ、バカでかくなっちゃうので・・・巣箱もカゴに合わせて自作するしかないのね。
 
 で、設計図を書き始めたのだけど・・・製図法忘れてる・・・ coldsweats02 格好良くブログにアップしたかったんだけどなぁ・・・残念 smile ま、出来上がったら、写真は撮っておきますわ、「こんなん出来ましたぁ」って good
 
 巣箱作って、ナナクサのツメ切って、エサにヒマワリやら麻の実やら、カロリー高いエサを多めに混ぜて発情促して、だいたい中の人の出来る事は終わり。
 後はナナクサ’ズ頼み・・・気楽っちゃぁ気楽 bleah でも、これが結構ヤキモキしちゃうのね・・・ wobbly でも、へんに干渉すると発情しませんから、「ジッと我慢の子」 sleepy
 

| | コメント (0)

2008年2月25日 (月)

祝!収穫・・・そして胃袋へ・・・w

 神戸では今、午後4時前くらいから『白い巨塔』が再放送されてるのデシけど、内容が重いだけに、絶対に・・・ではなく、見たり見なかったり・・・。
 今日は4時半過ぎくらいに見始めたのね・・・忘れてた訳ぢゃないのだけど、母が別の番組見てたから、それでいいや・・・って感じだったので。
 で、『白い巨塔』を見終わるや、一緒に見ていた母が「ちょとしか見られなかったやん・・・もっと早く言ってくれれば、こんな所で終わらんかったのに・・・。」と、こぼす事しきり・・・。
 
 母よ、『ちょっとしか・・・言ってくれれば』までは正しい。日本語としても、表現としても正しい・・・。
 だが、最初から見てても、終わり間際に見ても、終わる箇所は同じだ・・・。今日の放送はそこまで・・・だ。
 見始めた時間でエンディングがコロコロ変わっていたら・・・・・・んsign02 それはそれでオモロイか・・・ happy01
 
 さて、我が家の温室では、小松菜と大根菜がスクスク育ちまして・・・note それもこれも、ナナクサ’ズがあまり食べてくれないから・・・ coldsweats01
 いや、その、ナナクサのヒナが欲しくてね、毎年挑戦しているのデシけど、卵産むところまでは持って行けるのだけど、中々そこから先に進まなくて・・・。
 それで、今年は好物の青菜類を絶やさず与え、より自然に近い食生活で体調を整え、来たるべき出産シーズンに備えよか・・・とnote
 
 完全無農薬だし、肥料も最初から土に配合されてた物以外入れてない、非常に健全な菜っ葉なのデシけどねぇ・・・市販の小松菜は菜差しに入れて、5分ほどで食い散らかしてたのに・・・。
 農薬や肥料がピリリと効いた、スパイシーな小松菜でなきゃ食べてくれないのかな・・・中国産でも食わせるか・・・ダメダメ、刺激を通り越して死んじゃう coldsweats01
 
Nappa1  てな感じで、ナナクサの食い終わりを待ってる間に、店売り出来るくらいの大きさにまで育って来ちゃったので、世代交代せねば・・・と、急遽収穫しちゃいましたnote 結構ボリュームあるように見えて、お浸しにしたら微々たる量なのでしょうねぇw
 これで小松菜は当分収穫出来ませんが、大根菜が順番待ちしてますので大丈夫w ただ、キャツ等もそろそろ菜っ葉の枠を超え、大根へとひた走ってるので要、注意 smile
 

| | コメント (0)

2008年2月24日 (日)

確定申告に右往左往・・・

 昨日お話ししたK君、NTT時代は経理をやってまして、そう言う方面には強い人なのデシ。だから、確定申告について相談を持ちかけてみますと、「判らん事あったら、直接行って聞いたらえぇねん。親切に教えてくれるで・・・。」
 
 ほむ・・・でも、「判らん事」がどこか判らん・・・状態なのだけど・・・それでも、まぁ、家で悶々と書類相手にニラメッコしてても事態が好転する訳もなく・・・。
 K君と会った翌々日、早速出掛けたのは、垂水漁港の近所、水産会館の二階。ここで臨時の確定申告相談所が開かれてまして・・・♪
 どうなる事やら・・・内心ドキドキしながら扉を開けますと、そこには溢れんばかりの爺様や婆様が・・・ここは病院の待合室かっっ?!
 
 「三月になったらかなり混むから、今のうちに行った方が良いで・・・」て事で出掛けたのにこの人数・・・ううむ・・・確定申告おそるべし・・・w
 しばらく待った後、案内されたのは十人ほどが座れる長テーブル。このテーブルに一人の相談員が付いてくれて、判らない部分を教えてくれるそうな・・・。
 で、判らない事だらけの中の人、早速手を上げて質問・・・しようにも、中々来てくれない・・・w いつ以来だろう、手を上げて指されるの待ってる・・・なんて事したのはw
 
 で、ようやく順番が来て・・・てか、見付けてもらって、アレコレ聞いてみるも、要領を得ない中の人・・・それでも根気良く尋ね、向こうも根気強く答えてくれ、ある程度道筋が見えて来始めた頃、この場では答えられない問題が発生・・・。
 会場によって、答えて良い質問と答えられない質問があるらしく、流石はお役所仕事、杓子定規には定評ありますw
 結局、判らない物は書けないので、会場を後にしました・・・「都会の相談所は不親切なのかな・・・?」の感想を残して・・・。
 
 翌日、須磨の税務署に直接乗り込んだ中の人、ここも前回と同様ジジババがイパ~~イw ま、中の人位の年だと、会社任せだったり、税理士頼みだったりしますワナ・・・w
 前日同様、長テーブルに着いて手を上げると、それほど待たずに、相談員がやって来てくれ、昨日指摘された源泉徴収票をみせ、「この書き方で合ってますか・・・?」とw
 相手が全身で「?」マーク出してたので、会社を解散した経緯などを話し、全く初めて確定申告しに来た事を知るや、「ちょっと待ってて・・・」と、奥に引っ込み、待つ事数分、「こんな感じで行けるんちゃうかな」と、全部パソコンで書いて来てくれて・・・♪
 
 激しくお礼を言いながら・・ん?w・・・添付する領収書の話になり、小規模共済の掛け金のが無い事を指摘され、
「退職金のはあるのデシけど・・・」と、おずおずと差し出すと、
「なんや、これもあったんなら話は別や。また作り直さな・・・」
「えっ?! でも、税理士の先生からは、こっちは何もしなくて良いと言われてたのデシけど・・・?」
 ひょっとして、更に税金かかって来ちゃうのかな・・・と、退職金の源泉票を見せた事を後悔しながら言いますと、
「いや、これがあったら、もう少し還付される金額が増えるかも・・・」と、我が耳を疑うような、驚くべき発言をしてくれまして・・・♪
 
 更に待つ事数分、新たに書類を書き直してくれて、「これに領収書添付したら、そのまま提出できますよ。」と、何から何まで書いてくれまして・・・♪
 いや、もう、凄まじくお礼を言って、税務署を後にしましたw 帰宅して家の中を探し回り、何とか共済の領収書を探し出し、ぺたぺた貼り付けて確定申告完成♪
 
 K君、都会の税務署もとてもとても親切だったワw ナイスなアドバイスに感謝感謝w ・・・ま、アドレス教えてないから、このブログ読む事無いだろうけど・・・w
 

| | コメント (0)

2008年2月23日 (土)

旧友来訪♪

 今週の火曜日デシたかな、大学以来の友人が、所用で神戸に来た帰り、中の人の元に顔を出してくれました♪
 彼も中の人と同じ、兵庫県・・・の「小野」って所で農業を営んでいるのデシけど、年に1~2回、組合の連絡会とか何とかで、神戸まで集まるのだとか。なので、時間が合えば遊びに寄ってくれるのデシ♪
 
 近所のファミレスで夕食を共にしたのデシけど、最初のうちは話が噛み合わず・・・で、向こうは中の人が仕事を辞めた事を知りビックリ、中の人は今まで話してなかった事にビックリ・・・w それからは約一年ぶりの再会から思い出話に花が咲き・・・w
 
 出会った当時、彼はNTT、中の人は父の仕事を手伝ってました・・・えぇ、二人とも、夜間の大学生・・・ま、無事卒業出来たので昼も夜も関係ありませんワナ、こう見えて、国立大学卒業w
 彼とは大学の部活で知り合いまして、すぐに意気投合して今日に至る・・・と言う、典型的な青春モードの付き合い・・・って感じ?w
 ただ、「部活」と言っても、夜学の卓球部のこと、当時はかなり地味デシたなぁ・・・w 先輩方も二人しかいらっしゃいませんデシた。
 中の人達の同期が4人も入部して、「これで団体戦にエントリー出来る♪」と喜んでいただけたことを、今でも覚えてます♪
 
 大学生・・・新入部歓迎コンパ・・・と言えば、先輩方から無理矢理お酒を勧められ・・・が定番だった頃、中の人達はそんな目に遭わされることもなく、和気藹々としてましたなぁ・・・♪
 一番上の先輩が、あまりお酒を召し上がらなかった上、二人で六人分の支払いをして下さってましたので、無理強いはご自分の首を絞めかねなかった・・・てのが、実情だったかもしれませんが・・・w
 でも、まぁ、最終的には中の人以降の後輩を含め、十人以上に膨れ上がりましたからなぁ・・・夜間の卓球部にしては珍しく・・・それでも、飲み会ではかなりの額を負担していただいて、今でも頭が上がりません・・・♪
 
 さて、そんな恵まれた環境で、一番ホッとしてたのがこの友人K君デシたわ。何しろコップ半分のビールで泥酔・・・てか、酩酊・・・てか、リバースモード発動・・・てか・・・w
 とんでもなくお酒に弱かったので、酒を強要しない先輩方をありがたがってましたw 中の人を含め、他の三人はかなり強かったので・・・大学対抗の後の飲み会では「魔のトライアングル」と囁かれてましたw
 
 いえ、ああ言う宴会では、勧められたら飲んで返杯・・・が基本でしょ? そのK君の代わりに中の人達が代わる代わる飲んで、返杯するものだから、酔い潰すつもりが返り討ちにあって・・・w
 
 しかもその三人、ピッチが速い上に、お酒の得意分野がそれぞれ違ってましたからなぁ・・・中の人は日本酒、T君は洋酒、H君はオールマイティー・・・って感じでw
 学生の宴会だから、洋酒はあまり出ませんデシたが、日本酒は用意されてたので、中の人にビール勧めたら日本酒で返杯・・・それも、「無理しないでね・・・」と言いながら、コップぢゃなくお猪口に注ぐものだから、却って断り切れず・・・で、席に戻ったしばらく後、リバースモード発動・・・みたいなw
 
 でも、お酒が強くても、何の得にもならない・・・と、骨身に染みて学習したのもこの頃デシたわ・・・w 酔い潰れた連中の介抱に回らなきゃならないでしょ? ケロッとしてちゃ・・・w
 だって、せっせとガードして殆ど飲んでない筈のK君、最初の乾杯で時限スイッチオン・・・しばし燃料補給&スリプルモード突入・・・終了する頃にはリバースモード全開・・・w
 
 お店の中にいる時は良いの、すぐ、トイレに駆け込めるから・・・w 店を出て、歩き回ってる時は良いの、植え込みの陰とか、道路の隅っこでお好み焼き焼いてれば・・・ほぼ、迷惑かからないw 問題は、乗り物に乗った時・・・電車は急には止まれない・・・w
 
 そんな下戸のK君が、今ではかなりの酒豪なんだとか・・・w 朝早くから農作業は始まるので、酒で体を奮い立たせてるんだとか・・・そう言えば、学生の頃と殆ど体形変わってませんわ・・・いあ、むしろ痩せてる?・・・相当キツイのね・・・。
 「今度、飲み比べしようか・・・?w」と、言ってみますと、「止めとくわ・・・」と、つれないお返事・・・「味方やから安心して見ていられたけど、あのハイペースに巻き込まれたら危険過ぎる・・・」んだとかw
 
 ともあれ、思い出話や将来の事、何でも話せる気の置けない友人のお陰で、良い気分転換になりました♪ 久しぶりに楽しい一時が過ごせました♪ 
 

| | コメント (0)

2008年2月22日 (金)

復活の兆し・・・妙な夢見た♪

 パットさんの日記をドンドン発表するに当たって、あのような出し方にしたのは、半分は気持ちを落ち着けるための時間稼ぎ、もう半分は、写真の編集が辛すぎて・・・。
 日記部分も、写真も毎日書いたり撮ったりしてました。なので、日記はそのままコピペしたらOKなのだけど、写真はブログ用に縮小したり、コメント入れたりしてたので、手が空いた時に処理してたもので・・・。
 
 ホント、こんな事なら、撮った当日に写真の編集すれば良かった・・・生き生きしたパットさんを見るのが、こんなにも辛い作業とは思わなかった・・・ま、それもこれも、全て中の人の責任なのデシけどね・・・。
 
 
 さて、今朝目覚めたら、何処かの会社の寮にいて・・・えぇ、もちろん夢の話デシw・・・そこの社員が「この会社、頑張れば自給3桁行くヨ♪・・・」等といきなり話しかけてきて・・・。
 「3桁って・・・w」と、よくよく話を聞きますと、「入社3ヶ月で、先月家建てた・・・」などと宣うその社員A・・・「3桁って、ン百万ってこと・・・?」w
 
 急いでボクも着替え、職場らしき場所に案内されると・・・そこは巨大なデイトレードセンター・・・あ、なるほど・・・って、夢ながら納得しちゃったりw
 で、もちろん、チンプンカンプンなので部屋を出ますと、そこは壁から天井から一面「元ライブドア」の堀○被告の写真が飾られた、趣味の悪~~い部屋・・・w
 
 どうやら、この会社の社長室で、社長がファンなんだとか・・・で、ファンが高じて整形手術までして、そっくりさんになって腹芸を披露する始末・・・ま、夢なので許してw
 で、SPに見守られながら裸踊ってる最中、ゴルゴ13に射殺されちゃって・・・そこで目が覚めました・・・w
 何故ゴルゴ13かと言うと、「ビシッ!」と額を打ち抜かれた後に、「ターーン・・ターーン・・・ターーン!」と、こだまのような銃声が聞こえたから・・・こりゃ、相当遠距離から狙い撃ってるな・・・みたいなw
 なにより、それまで普通の映像だったのが、そのシーンの瞬間だけ、劇画調になってましたもので・・・w
 
 悲しみに明け暮れるなか、こんな夢を見るとは・・・どこまで突拍子もない事を思い付くんだ・・・と自分自身に驚くやら何やら・・・。
 それでも、こういうおかしな夢を見る・・・って事は、少しずつ自分の中で悲しみを乗り越えようとする力が働いているんだな・・・と、思いました。
 
 昔、父の四十九日法要で、落ち込んでた母を見かねたご住職が「あんまり深く悲しみすぎると、故人もその思いに縛られて、成仏できなくなりますよ・・・」と、言っておられた事が、未だ鮮明に残っている中の人。
 だから、悲しむだけ悲しんだら、後は成仏できるよう、気持ちを平静に保つよう心掛けてます・・・切り替えるのは難しいんだけどね・・・。
 

| | コメント (0)

2008年2月21日 (木)

昭和TVに癒されて・・・

 パットさんが死んでからも、時折左肩に暖かさを感じる中の人・・・えぇ、もちろん気のせいデシけど、まだ、感覚が抜けきらないのね・・・。
 パットさんは満腹になると、左手から逃げ出し、左腕を伝って肩までよじ登り、一息ついて捕まる・・・と言うのが定番だったから♪
 頭より大きな胃袋・・・が基本だったせいか、セーターの左腕部分はいつもエサまみれの、ヨレヨレでガビガビ・・・これでフンを引っかけられた日にゃぁ・・・ま、フンは大抵、手の平に落としやがって・・・もとい、落としてましたが・・・。
 
 一日の殆どの部分をパットさんの世話に使ってたため、心だけでなく、時間的にもポッカリ穴が開いた気分なのデシ・・・。
 
 昔から、限度を超えて辛かったり悲しかったり、嫌な事があった時、睡眠時間が極端に増えてた中の人、例に漏れず、今もかなり睡眠時間が増えてます・・・w
 きっと「全部夢だったらいいのに・・・」とか思って、夢と現実の区別が付かないようにするために寝てるんじゃないかな・・・?
 
 そんな中、何とはなしに見ていた「昭和TV」が、妙に気に入ってる感じがする・・・w そう、「月光仮面」と「怪傑ハリマオ」に癒されてる感じがする・・・w
 どちらも2時間ドラマで済む話を、「月光仮面」は5ヶ月ほど、「ハリマオ」は3ヶ月かけて進めているのだけど、その「のんべんだらり感」が今は愛しい・・・w
 画像も汚いのよ、当時のフィルムの保存状態が悪い上に、ストリーミング再生のレートも低いから、油断してたら何を映しているのか判らなくなる事もあるほどw
 
 ストーリーも相変わらずツッコミ所満載だし・・・今回、「月光仮面」では子供が誘拐されるシーンがありましたが、爆笑しましたw
 「ハリマオ」では、彼と縁がありそうな女性がさらわれ、助け出されたものの、彼と合流するために渡された地図に爆笑・・・等高線に道+「×」印のみ・・・宝探しかよっっw
 案の定、女性は「・・・ここはさっき通った道・・・」と、迷ってるしw とにかく、ストーリー展開とは別の意味で目が離せません♪
 
 こんなどうしようもないドラマを、見るでもなく、ぼぉ~~っと眺めてると、ほんの少し心が安まります・・・。
 

| | コメント (0)

2008年2月20日 (水)

さよなら、パットさん

Hina1_7  パットさん、お前との別れが、こんなに早く来るとは正直思わなかったよ。けれど、ここ一日、二日の衰弱の仕方を見ると、いずれ覚悟をしなけりゃ・・・という不安な気持ちも、何処かで生まれていたんだ。
 
 パットさんが、必死で朝まで頑張ってくれたお陰で、お前の最期を看取ることが出来た。悲しいけれど、キチンと別れが出来て、本当にありがたかったよ。パットさんは最後まで父親思いの良い子でいてくれたね
 
 パットさんとの最後の時間、それまで閉じていた瞳を開いて、首を上げてくれたね。お互いジッと見つめ合うだけだったけど・・・。
 それで、必死の笑顔を作って、「よく頑張ったね。今日までありがとうね・・・。」と誉めてあげた。
 もっと一杯励まし続けたかったけど、声にならなかったよ・・・どうしても感情を抑えきれなかったから・・・。
 
 「弱気になっちゃいけない」と思う一方、自分の力不足を詫び、「苦しませてご免ね、もう、楽になっても良いんだよ。」と謝り続けていた。
 「今日はずっと側にいるから、もうどこにも行かないから、安心してお休み・・・」パットさんは静かに聞いていたけど、やがてゆっくり羽を広げ、尾っぽを動かし・・・数回、呼吸を乱した後、静かに旅立っていった。
 
 小さな体は手の中で、あっと言う間に冷えていき、嫌でもパットさんの死を実感させられた。もっともっと、楽しい事をさせてあげたかった。一緒に遊びたかった。
 
 
 パットさん、本当にごめん。命を救うつもりで連れて帰ってきたのに、こんなにも早く死なせてしまうなんて・・・本当にごめんね・・・。
 パットさんの事は一生、心に刻みつけるから・・・大丈夫、ちゃんと覚えているからね。一羽で心細いかもしれないけど、安心して天国に旅立って行ってね。
 今は涙が止まらないけど、悲しむのは、なるべく早く止めるようにするね。そうしないと成仏出来なくなるそうだから、必死で止める。
 
 せっかく小うるさい父親から離れられたんだ、これからは天国でノビノビ自由に暮らしておくれ。もうお前はどこまででも飛んで行けるんだから、お父さんの事は忘れ、楽しく過ごすんだよ。
 パットさん、短い間だったけど、本当に楽しかったよ、素晴らしい一時をどうもありがとう。そして、助けられなかった事、本当にごめんなさい。
 またいつか、どこかで出会える日が来ることを、心から祈ってるよ。だからそれまで、さようなら。
 

| | コメント (0)

2008年2月19日 (火)

第二十四日目のパットさん

Hina1_6  朝早く起き、パットさんの様子を見に行く。辛うじて息をしているものの、最早時間の問題・・・出会った頃以上に弱り切っている。朝食も殆ど喉を通らない。
 それなのに、最後の力を振り絞るかのように、よろよろ動き、肩の上に登ってくる。ヒンヤリ軽い体を抱き、マスカゴに移す。
 こんな筈じゃなかった。弱々しいヒナを救うヒーロー物語を作る筈が・・・自分の未熟さをさらけ出す、無様な告白記になるとは思っても見なかった・・・。
 
Hina2_8  一時間ほどしてもう一度朝食を暖め直し、パットさんに食べさせようとした。さっきのエサが消化され、少しでも元気が戻ってくれれば・・・と思っての事だったが、うずくまったまま、動けずにいる・・・。
 悲しくて悔しくて、涙が止まらない・・・自分の力不足を痛感させられた・・・。命を救うために引き取ったはずなのに、こういう結果に終わって、パットさんに申し訳なくて一杯だ・・・。
 
 もうダメなのか?・・・もっと生きてくれないか?・・・そう問いかけても、パットさんHina3_8は固く目を閉じ、小さく息をしているだけ・・・何でいつもいつも、大切なものは手の平からこぼれ落ちるんだ・・・くそ・・・。
 
 パットさんは二月十六日、午前十時三十二分、天国に旅立った・・・我が家に来てから二十四日しか生きられなかった・・・飼い主の責任で・・・頭が真っ白で・・・。
 
 
Hina4_7  少し落ち着いてから、過去の日記を見ている・・・どこでおかしくなった? 何がいけなかったのだ・・・?
 二十日目くらいから、体調が落ち始めている。その時は単に一人餌に慣れてないだけだろう・・・との認識だった・・・これは、あながち間違いではない。
 大抵のセキセイは、初めての一人餌には戸惑うものだ・・・そして、戸惑いながらも自分なりに挑戦してクリアしていくものだ・・・主に空腹に耐えかねて。
 
Hina5_6  ただ、パットさんはそれが出来なかった。挿し餌で蓄えた体力を削ってしのいでいたのだ・・・その事に気付かず、強引に一人餌に持ち込もうとした二十一日目、体調を完全に崩させてしまったか・・・?
 この時点でもう一度獣医さんに相談しに行くべきだった。落ちているとは言え、まだ診察に耐えられる体力は残っていたから・・・夜食の食べっぷりの記述を見ると、まだ間に合ったのだ・・・。
 
 いや、違う。それよりもっと前、この環境に慣れ、挿し餌をガツガツ食べ始めた頃から、一人餌の練習をさせていれば良かったのだ。
 床にまいた皮付き餌を、退屈しのぎのオモチャに使えるようにしていれば、自然と扱い方も覚え、あそこまで拒否反応を示さなかったに違いない・・・全て飼い主の不注意が原因だ。
 そして、マスカゴから鳥カゴに直接移すのでは無く、真冬の寒い時期なのだから、その間に保温性の高い水槽に移すべきだった。
 そうしておけば、明かりは十分入るし、従って、床のエサをオモチャにして遊べたのだ。マスカゴでは透明なビニールカバーでも掛けない限り、明るさが確保出来ず、床のエサが見えない恐れがある。

 
 それから、空を飛べるようになって、「ヒナ卒業」と、体重を量らなくなったことも悔やまれる・・・量っていれば、明確な数字となって判断材料になった筈・・・単に大人体型に移り行く課程なのか、何か不都合が起こっているのかの・・・。
 
 それに、シード類も最初は皮むきタイプを用意するべきだったか・・・さらに言えば、パウダーフードと同じ製造会社の、セキセイ用ペレットを用意しておけば、ひょっとしたら口にしてくれたかもしれない・・・みんな後の祭り。
 自分の飼育スタイルにこだわってしまった飼い主の責任だ・・・果たせなかった責任の代償を、全てパットさんに背負わせてしまった・・・本当に申し訳ない・・・。
 
 日記は今日でお終い。今日まで読んで下さった方々には感謝してます。とんだ結末になってしまいましたが、敢えて最後まで発表しました。
 この日記を参考に、飼育し始めようという人がいたら、同じ失敗をするかもしれない。だから、これから急いで日記を発表していこうと思う・・・。
 
 そうそう、パットさんの死で、これまでの飼育指南に疑問を持たれた方も多いかもしれない。当然のことだと思う。
 偉そうに講釈たれて、図に乗ってたバカなヤツ・・・と、思われた方も多いんじゃないかな・・・自分でも痛切にそう思う。
 
 だから、これまで眉唾で見てこられた方は「それ見たことか・・・」と、思ってくれたらいいし、真剣に参考にしてくれてた方は、こんな失敗はしないよう、十分に注意して、大切なインコと楽しく末永く暮らしてもらえたら・・・と、切に願う。
 

| | コメント (0)

第二十三日目のパットさん

Hina1_5Hina2_7   今朝も弱々しいパットさん。本当に、この二、三日で激痩せだ・・・昼に実家に行き、体重を量ってみると僅か二十一グラム・・・背筋が凍るとは、この事だ・・・。
 ヒナの時分、満腹時で四十五グラムあったのが遠い過去のようだ・・・一週間足らず前の話なのに・・・。
 挿し餌以外食べていないのが原因なのだろう。更に、体質的にそろそろ挿し餌を受け付けなくなる時期でもあり、こういう結果に・・・。
 
Hina3_7  挿し餌の内容を、栄養価の高い物重視にする。昼食は二グラムほどでギブアップだ・・・。先日病院でもらった胃腸薬を与えてみる。
 そして、気付け薬に薄めのコーヒーを一杯用意した。獣医さんから教わったのだが、コーヒーのカフェインが食欲増進に良いらしい。
 ニオイを嗅がすだけでも効果があるそうなので、まずはマスカゴの隣に置き、ニオイが籠もるよう、膝掛けで覆った。
 
 セキセイにも色んな個性があって、それはそれで面白いのだが、シードを受け付けない個性は厳しい・・・一生パウダーフードしか食べない・・・と言うなら、それでも良いのだが、体は段々大人仕様になっていく・・・。
 獣医さんに相談するか・・・でも、もう少し体力を回復させないと、診察時のストレスで、逆に危うくなる可能性もある・・・今はそっちの方が高い・・・打つ手が無くなった・・・。
 夕食の食べ具合を見て、元気加減を見て、もう一度獣医に診せるかどうか判断するか・・・ここが正念場、飼い主が不安になれば、パットさんも気付いてしまう。弱気に活を入れ、共に乗り切るしかない。
 
Hina4_6  夕食時はコーヒー効果か、少し元気が戻ったが、その割りに食事が進まない・・・ヒナのエサは、体がもう受け付けなくなったのかもしれない。
 オカメと違い、セキセイはある時期を境に完全に大人のエサに移行する・・・だから、世話が楽なのだが、それもこれも大人用のエサを食べればこその話・・・何を与えれば食べるのか・・・こんなケースは初めてだ・・・。
 
 九時の夜食の時、薬を与えた。食欲はあまりない。十二時前、深夜食を食べさせた。これまた、あまり食べない・・・。明日はポンプで強制的に食べさせるか・・・?
 

| | コメント (0)

第二十二日目のパットさん

Hina2_6Hina1_4  昨夜の大食いに安心していたのだが、今朝は殆ど食が進まない様子・・・フンの様子を見ると正常なのだが・・・大人のフンに似ているな・・・もう、パウダーフードは受け付けなくなったのか・・・?
 実家に行った後も、微妙な元気加減・・・昼もあまり食べない・・・。ヒナの時に比べ、みるみるやせ細っていくのが判る・・・。
 カゴの中には多めにエサをまいているのだが、あまり啄んでいないようだ。手に乗せて、直に食べさせようと試みたが、ポロポロこぼすばかり。
 
Hina3_6  どうやら、皮付きエサは苦手かも知れない・・・急いで近所のホームセンターまで皮むきエサを買いに行く。ついでに塩土も買った・・・ビタミン&ミネラル補給+消化力アップを狙って。
 ニワトリの消化不良には、砂を食べさせるのが手っ取り早い。それを真似してみようと思った。舌触りとか、口当たりとか変わって、食が進むかもしれない・・・口当たり・・・は、分かんないか、クチバシだし・・・。
 
Hina4_5 Danbou  塩土をガリガリ削り、パウダーフードに混ぜて与える。微妙に塩味が利く程度でよい。ガラッと味が変わると、却って食べなくなる恐れがある・・・経験則より・・・。
 だが、夕食も小食・・・夜食もそこそこ・・・元気なのか弱ってるのか、判断に迷う・・・医者に連れて行こうにも、食が細い程度では・・・。
 てか、食欲はあるのだ、ただ、受け付けにくいだけなのだ・・・しかも、生後一ヶ月以上立ってる今、パウダーフードを口にしなくなる事自体は、成長の証であり、至極当たり前の事なのだ・・・だから、踏ん切りが付かない。
 
Hina5_5  取り敢えず、塩土効果に期待して、明日まで様子見よう。保温は・・・せっかく買ったヒーターは使わず、これまで通りの保温システムで・・・コード短くて、コンセントに届かん・・・。
 その分、オイルヒーターの真ん前に鳥カゴ置いて、様子を見てみる事にした・・・。本当に手間のかかる子だ・・・出来れば、そう笑って思い出せるように、今は頑張るのみ・・・と言う事をパットさんに伝えたいのだが・・・言葉の壁が分厚い・・・。
 
 ここしばらく、毎日が「人事を尽くして天命を待つ」状態・・・あぁ、早く春にならないものか・・・温暖で穏やかな気候になれば、少しは事態も好転するだろうに・・・そう切実に願う、今日この頃になってしまってる・・・。
 

| | コメント (0)

2008年2月18日 (月)

第二十一日目のパットさん

Hina1_3  今朝、鳥カゴの様子を見に行ったら、パットさんが衰弱中で・・・・・・・。これまで膝掛け二枚使って、鳥カゴを覆うようにし、夜は寝かせていたのだが、昨夜から一枚にして、明るくなったらエサが判るようにしたのだが・・・。
 パットさんに一日でも早く自立してもらいたい・・・、一人でエサを食べられる用になって欲しい・・・との親心から、手を変え品を変え工夫しているのだが、冷え込みのせいで裏目に出たようだ・・・。
 
Hina2_4  自力で動けないほど衰弱しきってたので、迎えに行って手の平に乗せると、体温はかなり低かった・・・。人の区別もつかないのか、指に噛みつく・・・割と痛いので一安心する。
 握力も少し低下したくらい。良かった、滑り込みセーフ・・・と言ったところか。急いで朝食を与える。少し落ち気味だが、食欲もある・・・ヤレヤレだ。
 改めてカゴの中を覗くと、使い捨てカイロが命をつないだ・・・と言うことがよく分かった。その周辺がフンまみれなのだ。
 
Hina3_4  今日は体力回復に努めよう。実家に着いても少し元気はない。鳥カゴに入れてもジッとしたままだ。ここでも保温に努める。
 昼食、夕食は望むまま、腹一杯食べさせた。一人餌の練習はお休みだ。実家を出る頃には・・・マスカゴに移し替える頃には、ほぼ元気を取り戻した・・・今日はこのままマスカゴで眠らせよう。
 
 久しぶりに夜食もたらふく食べさせた。食欲は絶好調、もう心配ない。明日になれば元通り・・・を期待しよう。
 

| | コメント (0)

第二十日目のパットさん

Hina1_2  今、不意に思い出した。動物病院に連れて行く時の心構えを・・・。ホント、今さら・・・と言う気がしないでもないが、また、以前、どこかで話した気もするが、取り敢えず、思い立ったので書いておく。
 
 まず、伝えるべき事は、普段どのような環境で、どういう飼い方をしているか。そして、何時から体調を崩しだしたか。その症状はどんな具合か。
 食欲はあるか、便の固さはどうか・・・ザッと挙げてこんな感じ。どんな獣医さんも、最低限これくらいは尋ねてくるはずなので、メモを取っておくなりして、スラスラ答えられるようにすると良いかも。
 
Hina2_3  今回の件を例に出せば、「ヒナの間はこのマスカゴで育ててましたが、二日前に鳥カゴに移しました。そろそろ一人餌の練習をさせるためデシ。」
「昨日の夕方辺りから、羽を膨らませてジッとしている時間が長くなりました。フンの状態はまだ正常デシ。食欲も旺盛デシ。」
「ストーブの前に置いたり、カバー被せたりして、保温には十分注意したつもりデシけど、まだ、足りなかったかもしれません・・・少しそのうが固いので、消化不良を起こしているんじゃないかと思うのデシけど・・・?」
 
Hina3_3  てな感じで、獣医さんに説明すると、「確かに消化不良かもしれませんねぇ・・・食滞気味です。それに、環境が変わった事でストレスを感じているかもしれませんよ。」
 との診断で、抗生物質と消化薬を三日分出してもらった。なお、寄生虫が付いてないか調べるため、フンの検査をするので、病院に連れて行く前には、下敷き・・・キッチンペーパー等・・・は、新しいモノに交換しておいた方が良いかもしれない。
 
 
Hina4_3  さて、相変わらず自分でエサを食べないパットさん。ヒナの頃の体格が思い出せないほど、痩せ始めた。挿し餌もそろそろ受け付けなくなるのに、どうなる事やら・・・頭が痛い。
 今のところ、一日四回だった挿し餌を、夜食を省いて三回にした。昼を少なめに与えて、明るい間は自力で食え・・・と図ってるのだが、誰に似たのか、中々強情だ・・・。
 思い切って、朝夕二回にしようか・・・とも思っているのだが、踏ん切れない。パットさんのためには絶対にそっちの方が良いのだが・・・判っているのだが、万一を考えると強気になれない・・・。
 
Hina5_3  今は元気にカゴの中で暴れ回っているが、この状態が何時まで続くか・・・そうは持つまい・・・カゴを見つめると、「出してもらえる・・・」と、ますます暴れ具合に拍車がかかるので、しばらく見ないフリしていよう・・・。
 

| | コメント (0)

第十九日目のパットさん

Hina2_5  パットさんの体調はすこぶる良い。三日分・・・と言う事でもらった薬も、二日で終了させた。早めに医者に診てもらうと、大抵あっという間に治ってしまう。
 だから、自力で何とかならんか・・・と、後手後手に回り、医者に診せた時には手遅れ・・・となる・・・。より高い診察費、薬代払ってるにも関わらず、命を救えない・・・そんな悲しい事は無くなって欲しい・・・特に、この日記を読んでくれた人には、切にそう願う。
 
Hina3_5  さて、病気は治ったが、食事を一人で取ってる様子がないパットさん。今朝も挿し餌をガツガツ喰らってる・・・。
 そして、そこそこ腹が膨れると、あちこち飛び回り、着陸した地で身震いし、体に付いたエサを落としている・・・かなり迷惑・・・。
 そろそろ挿し餌の回数減らし、本腰入れて切り替えるか・・・でも、余ったパウダーフードは他に使い道無いしなぁ・・・在庫終了まで与え続けるか・・・それで体調崩す事もあるしなぁ・・・難しい・・・。
 
Hina4_4  そんな飼い主の気も知らず、今、パットさんはカゴの中のブランコで昼寝中。目が覚めると運動なのか暴動なのか・・・区別の付かない行動をとり、外に出たがる。
 出すと一目散に駆け寄り・・・あまり飛ばないのだ、パットさんは・・・肩に乗ったり手に乗ったり・・・手の中で寝たり・・・何がしたいのか判らない・・・。
 
Hina5_4  パットさんは、ホントに良く寝る・・・手の中で・・・かなり邪魔でウザイのだが、本人は・・・インコなのだけど・・・お構いなしだ。
 ヒナの時分、殆ど寝させて育てても、ここまでベタベタにまとわりつく。だから、これから育て始める人は、安心して大きく育てて欲しい。
 
 ヨレヨレ状態で出会ったパットさんでさえ、空腹時三十五~六、満腹時四十五グラムを記録したほど大きく育ったのだ。
 健康状態の良いヒナなら、初心者でも楽に超えられる数値だと思うので、「食っちゃ寝」で育てて欲しい。ヒナの時の体力貯金は、将来、体調崩した時にモノを言うはずだから・・・崩さないのが一番だけど・・・。
 

| | コメント (0)

第十八日目のパットさん

Hina1  昨日の雪交じりの天気から一転、今朝は洗濯日和な日曜日。けれど、未だ挿し餌をねだるパットさんのために早起き。
 消化不良はもう治ったみたいで、そのう近辺はホッソリしている・・・てか、自分でエサを食った形跡が・・・無い・・・ヲイ・・・。
 一時はあんなに太っていたのに、今は胸骨がハッキリ触れるほど痩せている・・・。まぁ、体調は非常に元気になってきたので、自分でエサをついばむようになれば、体重はHina2 Hina3 戻るだろうが・・・ついばむ気、あるのか・・・?
 
 パットさんは最初からベテランのような飛び方をした・・・良く言えば、空間認識能力が高い。悪く言えば・・・スタミナ不足・・・すぐに息切れして着地してる・・・。
 しかも、お迎えを強要する・・・その場を動かない・・・。良いか、飛んだら、戻ってこい・・・自力で・・・。戻る気無いなら、飛ぶな・・・。
 
Hina4  毎回、手乗りを部屋で放す度思う事は、「掃除しなきゃ・・・」「整理整頓しなきゃ・・・」「かじられたり、フンを引っかけられたらヤバイものは片付けなきゃ・・・」て事。
 それに、迂闊に写真も撮れないからなぁ・・・今のままじゃ・・・。少し本腰入れて、片付けるか・・・時間はある事だし・・・良し、もう少し暖かくなったら、考えよう・・・「考えた」時点で結果が見えてるな・・・。

Hina5
 

| | コメント (0)

2008年2月17日 (日)

第十七日目のパットさん

Hina1_10  今日は朝から雪がチラホラ・・・積もりそうで積もらない・・・出来れば積もらない方向でお願い・・・。寒い一日になりそうだ。
 パットさんは昨夜から自宅の鳥部屋で寝泊まりさせる事にした。夜の間だけ暖房入れてるので、自宅では一番暖かい部屋なのだ。
 オイルヒーターなので、ゆっくり暖かい。安全性も高い。その側にパットさんのカゴを置けば、そう凍える事もないだろう。それでも寒ければ使い捨てカイロに寄り添っているだろうし・・・。
 
Hina3_10  それに、この部屋に入れておけば、誰に教わるとも無しに、一人餌を覚える筈。周りの連中はエサ入れから、好きな時に好きなだけ食べているのだから・・・。そう言ったお手本が身近にいれば、すぐに見様見真似で覚えてくれるだろう。
 とは言え、今日のところは、まだ自分からエサを啄む(ついばむ)様子はない・・・。挿し餌も段々受け付けなくなってきたのか、食が細くなってる。
 これが自然の姿なのだが、一人餌の練習が進んでない今の状況では、体重が落ちる一方だ・・・まぁ、飢え死にするか、一人で啄むか・・・究極の選択をさせなきゃならないかもしれないHina2_7 な、荒療治だけど・・・。
 
 そんなわけで、いよいよ発表するか・・・と言う気分になってきた。流石にもう容態の急変は無いだろう・・・との読みから・・・。
 それに、三足の草鞋(わらじ)は流石にキツイ。ブログに飼育日記に小説の三足は・・・。特にブログと日記は、無意識にリンクしてしまいネタバレしそうになる事も多々あったし・・・。
 ふむ、丁度ブログ的にネタ切れしてるから、今日から発表してみよう。で、今日が何月何日か・・・と言うと・・・「推して知るべし」とだけ言っておこう。
 
 Dassou1 ところで、何時までこの日記を続けようか迷ってる。パットさんが育つまで・・・のつもりなのだが、Dassou2 それだと、もうそろそろ終わりなのだが・・・。
 と言うか、この先は書くべきエピソードは手に入り辛いのだ・・・ほぼ同じような毎日が続くので・・・また病気や怪我でもしたら、話は別だが・・・しないような細心の注意はこれからも続けるので・・・どうしようか・・・。
 
 

| | コメント (0)

第十六日目のパットさん

Hina1_9  ここ二、三日、パットさんの体調が気がかりで、眠りが浅かったのだが、昨夜はグッスリ眠れた・・・これで昼寝せずに済む・・・。
 
 獣医から薬をもらったお陰で、パットさんの体調は少しずつ上向いているようだ。しかし、この時期に来て体調を崩すとは・・・。
 「この時期」と言うのは、もちろん季節ではなく、パットさんの成長課程の事だ。普通、羽の開きHina2_6 切らない幼い時期が、最も注意すべき時期なのだが・・・。
 飛び回れるようになり、ボチボチ一人でエサを啄もうか・・・と言う今、体力的にも余裕があるはずなのだが・・・。
 
 昨日、獣医さんと話して、示唆されたのは、マスカゴから鳥カゴに移した事による気温と環境の激変で、ストレスがかかってしまったのではないか・・・と言う事。
Hina3_9  なるほど、確かにそうかもしれない・・・と思った。そして、これからの飼育プランも見直さねばなるまい・・・と思った。
 セキセイはオカメと違って、自ら挿し餌を卒業してくれる。だから、鳥カゴに移し、挿し餌の回数を減らし、自分でエサを食べる事を覚えさせるわけだが、パットの場合、それまでに、まだワンクッション置かないと体調を崩すかもしれない。
 
Kame   ただ、このまま狭いマスカゴに入れ放しでは、別の意味で体に悪い・・・なので、マスカゴより広く明るく、鳥カゴより保温性の良い容器に入れて育てた方が良いか・・・と思って、かつて使っていた水槽を探した・・・カメが入居していた・・・。
 まぁ、無理もない、水槽が必要なほど大量に・・・もしくは、厳しい季節にヒナを育てたのは・・・忘れようにも思い出せない・・・。
 
Hina4_3 と言う訳で、昼からイソイソと近所のホームセンターへ。ペットコーナーで水槽を探す・・・あるにはあった・・・が、希望していたよりサイズが小さく、且つ値段が高い・・・。
 仕方ないので、タッパや工具入れなど、使えそうな容器を片っ端から調べてみたが、どれも帯に短したすきに長し・・・これは、「鳥カゴを有効利用せよ・・・」と言うお告げか? 結局、梱包用の発泡シートと、使い捨てカイロだけ買って帰宅。
Kago  
 まぁ、薬のある間は、多少調子を落としても、カバー出来る。このまま鳥カゴで一人餌の練習をさせよう・・・仙豆で回復しながら特訓した孫悟空のように・・・少し違うか・・・ダイジョブたぶん・・・。
 

Hina5_5 Hina6_4 

| | コメント (0)

第十五日目のパットさん

Hina1_8  午前四時・・・ふと目が覚める。パットの調子が調子なだけに、マスカゴの中の様子を見、ついでにトイレに・・・。
 マスカゴの中では、パットさんはカゴに貼ったカイロに寄り掛かり、うとうとしていた。何となくホッとしてベッドに戻る。
 まさか、ここに来てつまずくとは思わなかった・・・。一人餌の最中で体調を崩すとは・・・手を抜いたわけではないが、やはり、どこかで安心してしまった面があったのだろう・・・つくづくそう思う。
 
Hina2_5  朝になり、他のインコのエサ交換などを早々に済ませ、動物病院に連れて行く。これから先は医者の領分だ・・・そう判断して・・・。
 何年振りだろう・・・かつては毎週のように通っていたのだが、ある日を境にプッツリ途絶えてしまった・・・愛犬チャビーを17歳で亡くしてしまってから・・・。
 
 病院の受付で、パットの容態を話す。全く新顔の看護婦さんだった・・・ま、無理もないか、それだけ病院から遠ざかっていたのだ・・・でも、知った人なら、説明を省けたのだが・・・。
 看護婦に状態を説明する・・・おそらく獣医の前で、もう一度繰り返さねばならぬ事を・・・。知っHina3_8 た人なら、こちらの言う事をそのままダイレクトに伝えてくれるのだが、間に素人が入ると、かみ砕いて説明せねばならず、かなり面倒・・・。
 
 獣医さんとの第一声は「お久しぶり」だった。それから先は早かった。フンの検査の結果を教えてもらい、それから、こちらの希望通り、消化不良と、抗生物質の両方を投与してもらい、終了。
 薬をもらい、診察料を支払う段になって、看護婦さんから、セキセイの性別判明について質問された・・・おそらく獣医さんに吹き込まれたのだろう「彼はプロだ・・・」と・・・。
 
 質問の内容は、「ろう膜が青から茶色に変わる事って有るのか?」と言う事。ご存知の通り、セキセイはろう膜の色で雄雌の区別をする。
 だから、彼女の質問を要約すれば、「セキセイは雄から雌に変わる事はあるか?」と言う事・・・・・・人間じゃあるまいし・・・w
 「第十四日目のパットさん」の中で話したような事を、更にかみ砕いて説明する。そして、「セキセイの事ならどんな事でも聞いて下さい、ただし、病気以外でw」と、言ってやった。
 
Kusuri_2  今回の出費は全部で三四六五円・・・保険が利かない・・・てか無いので仕方が無いっちゃぁ仕方ない・・・。高いがその分確実に効く、そしてキツイ・・・なので投薬は指示通りで。
 ペットショップなどで売られている薬は、栄養補助剤だから効き目は薄い。でも、与えすぎても害になる事は少ないので、臨機応変に使い分けるのがベストだと思う。
 
 ただ、ホントに病気だった場合は、いきなり獣医に診てもらった方が、結果的に安上がりで、確実に助かる。見極められなければ、即、病院に行くと良い。
 栄養補助剤で様子を見て、いたずらに時間を浪費した挙げ句、獣医に診てもらう頃には手遅れ・・・と言う情けない経験を、何回かしてしまった者の言葉だから、信用してもらって良い。
 

| | コメント (0)

第十四日目のパットさん

Hina1_7  環境激変から一夜明けた・・・。特に体調を崩す事もなく、パットさんは健やかだ・・・今のところは・・・。寒くなければ、もっと気楽にいられるのだが・・・。
 
 今朝の朝食は普段通り、腹一杯食べさせた。昼食は少し減らした。足りない分は自力で確保すればよい・・・筋肉ぜい肉、引っくるめて四十グラムオーバーまで持ってきたんだ、少々体重落ちても平気・・・てか、それが普通。
 
 さて、パットさんの性別だが、実は未だに不明だったりする・・・。セキセイの雌雄の判別は、Hina02 Hina03 鼻・・・正確にはろう膜を見て判断するのだが、ヒナの間は同じ色をしているため、プロでも間違えるのだ。
 ちなみに成鳥になるとオスは青色か、地肌に近い赤紫っぽい色になり、メスは白か白に近い水色、もしくは茶色になる。
 経験から言えば、発情期を迎えると、メスは茶色になる事が多い・・・白っぽいのは若いうちだけ・・・と思って良いかもしれない。
 
 パットさんはかなり囀る(さえずる)のでオスかもしれないが、鼻の穴周辺が微妙に白っぽく見えることがあり、まだ確信を持って言えない・・・。
Hina3_7  ま、繁殖目的で育てたのではないので、性別は別にどっちでも良いのだけれど・・・挿し餌を切り上げると書く事が激減してくるから・・・ネタ作りに・・・と思っただけ・・・。
 
 夕方辺りから、パットさんのコンディションが下がってきた・・・。うずくまるようにウツラウツラ眠ることが多くなってきた・・・。
 温度の急変、そして、食生活の急変から、消化不良でも起こしてしまったか・・・? フンの調子も少し水っぽい・・・。ソノウには昼食が消化し切れてないのか若干エサが残っているようだ・・・。
Hina2_4  取り敢えず、マスカゴに移し、夕食抜きで保温に努める。今、胃の中に入ってる物を全部消化させないと、困った事になってしまうからだ。
 
 自宅に戻り、様子を見たが、相変わらず元気がない・・・それでもソノウは少し凹んできてたので、夜食を早めに与えてみる・・・ガツガツ食った・・・少し安心。
 単に腹が減って元気がなかっただけか・・・と思ったが、食事の後はまた、ジッと大人しくなっている・・・微妙だ・・・足温器の温度を上げ、今夜は様子を見る事にしよう・・・。
 それで、明日もこんな調子なら、獣医さんに相談してみるか・・・。
 

| | コメント (0)

第十三日目のパットさん

Hina1_6  散々悩んだ末、今日から鳥カゴで一人餌の練習を始めさせる。と言っても、やり方は極簡単だ。挿し餌の量を減らし、鳥カゴの底に皮付きエサを撒いておくだけ。
 腹が減ったら自分で落ちてるエサを啄む(ついばむ)。二、三日続ければ、次第に挿し餌は食べなくなる。過保護なくらいの手厚い世話から、一転してスパルタ飼育に・・・。
 
Hina3_6  パットさんにしてみれば、かなり戸惑う事ばかりだろうが、これも自然界の定め。逞しく乗り越えて欲しい・・・そのための基礎体力は付いているのだから。
 
 さて、今のところパットさんは、広々したカゴの中で、せっせと羽を繕って(つくろって)いる。鳥カゴをストーブのすぐ側に置いているため、それほど寒がっていない。
 それでも、寒さには敏感で、少し冷えると鼻水をプシュプシュ言わせている。かなりきめ細かな対Hina6_3 応が必要みたいだ。
 
 ところで、懸案の初フライトだが、食い意地が張ってるせいか派手に飛び立てないらしい。何度か「飛び移る」と表現した事があったが、それがどうやら初フライトだったらしい・・・。
 セキセイにしては、中々飛ぼうとしないパットさん。キチンと飛び回れる事を確認してから羽根切Hina5_4 りしようと思っていたのに・・・飛ばないので切れない・・・なんだか切ない・・・。
 
 

| | コメント (0)

2008年2月16日 (土)

第十二日目のパットさん

Hina1_5  パットさんに朝食を与える。待ちくたびれていたせいか、暴れ方が半端ではない・・・いつの間にこんな元気に・・・と、感心するやら呆れるやら・・・。
 そうなるように育てたのは誰だ?・・・と言う話は置いておいて、どうやら、今日がXデーとなりそうだ。もう少し引っ張って・・・原稿のストック増やしてから発表したかったのだが・・・セキセイの成長は早い・・・。
 
 在庫の鳥カゴを探してみるが、どれも荒れ放題・・・死んだり売れたりしたまま、何年も放置プレHina3_5 イしていたのだから無理もないか・・・。
 それもあるし、繁殖や多数飼い用にカスタマイズしたものが殆どなので、使うに使えない・・・ものも多い・・・。市販のノーマルタイプのカゴは現役活動中だから・・・。
 一つは何とか掃除して復帰させた。実家用には見場の良いカゴを購入するか・・・この先、ネタ切れの際のインコ頼み用に・・・。
 
Kago1  てな訳で、購入してしまったカゴがこれだ。千六百八十円なり。見場を優先に考え、丸カゴにしてみた。カゴの中でノビノビ飛ばせるには角カゴの方が良いのだが、パットさんは放し飼いの時間も長かろうし、丸カゴでも運動不足にはなるまい・・・。
 ただ、インコは囓る(かじる)小鳥なので、金網は無塗装が好ましいのだが、最近のペット事情では選択範囲が狭い・・・それでも敢えてこれを選んだ理由は、止まり木とブランコに木が使われていたから。
 
Hina6_2  プラスティック製の止まり木は、メンテナンスは楽なのだが、小鳥の足や爪にはあまり良くない・・・木で出来たものも、自然の枝のような凸凹があった方が、健康面には良いのだけれど、滅多に出会わないし、高い・・・。
 犬猫も良いが、小鳥用のアイテムも半分で良いから増やしてもらえないものか・・・小鳥愛好家としての魂の叫びだな・・・有っても買えないのが現状なのだが・・・。
 
Hina5_3  昼食時、パットさんは腹が膨らんでくると、飛び立つ・・・と言うよりは、飛び移る・・・と言った方がピッタリ来る行動をとり始めた。
 三十センチほど羽ばたいて、マスカゴからテーブルの端に着地・・・そんな感じの行動を二回ほどとった・・・これを初フライトと言って良いのかどうか、悩む・・・。
 普通は闇雲に飛び立っては、壁や天井にぶつかって落下・・・と言うのが定番なのだが、満腹になってしまって、上手く飛び立てなかったのか? それとも、まだ、その程度の育ち具合なのか・・・?
 
Hina4_2  まぁ、一人餌の練習もまださせてないし、気温も低い事だし、慌てて鳥カゴに移す事もないか・・・いや、体力的にはもう十分成長させた筈だし、そろそろ巣立たせる準備に入った方が自然じゃないか・・・いやいや・・・考えが堂々巡りしている。

| | コメント (0)

第十一日目のパットさん

Hina1_4 考えてみれば、パットさんも我が家に来て既に十一日が経つ。店売りに出されるのは生後二十日前後だとして、パットさんもそろそろ一人餌の練習をさせねばならない。
 気候が温暖であれば、鳥カゴに移し、底網を取り外して成鳥用のエサをばらまき、拾い食いさせれば勝手に覚えるものなのだが・・・今の時期は保温をどうする・・・?
 
Hina3_4  保温優先に考えて、水槽を代用する・・・方法もあるが、しかし、時期を同じくして飛ぶ練習も始めるだろうし・・・鳥カゴにビニールシートでもかぶせて、床暖房を高めにして熱を逃がさないように工夫するか・・・。
 
 そんな飼い主の悩みなど露知らず、パットさんはマイペースで進化を続けているようだ。今にも飛び立ちそうな雰囲気をプンプン匂わせながら、忙しなくエサをねだっている。
Hina5_2  一口食べたら場所移動。もう一口食べると見せて脱走・・・食事時以外、暗いカゴに追いやられているので、遊ぶのと食べるのを同時にせざるを得ないのだ。
 それが判っているだけに、捕まえるのは忍びない・・・と思うが、捕まえてしまうと大人しく手の中でジッとしている・・・ひょっとして、狙いはこっちか?!
 

| | コメント (0)

第十日目のパットさん

Hina1_3  今朝、いつもと同じような元気な声で、パットさんがエサをねだっていた。一安心して朝食の準備をする・・・パットさんの。
 気配を消してマスカゴに近付き、耳をすます。顔を見せるとジャージャー五月蠅いので中は覗かない。パットさん、クシャミはしていない。呼吸音からも異音は感じられない。
 食欲旺盛、フンの調子も良好、クシャミも治まってて、今のところ状態は良好。握力もあるし、体温も平熱。よって、栄養剤は与えず、エサに中型インコのパウダーフードを混ぜるだけにする。
 
 ヒナを強く育てるには、細心の注意を払いつつ、余計な手を加えてはいけない。常日頃から栄養剤を与えていると、いざと言う時、期待する効果が得られないかもしれない・・・との判断から。
 
Hina3_3  また、パウダーフードについては・・・セキセイは粗食を好む・・・と言うか、贅沢に育てるとすぐ太ってしまう・・・観点から見れば、与える必要はない。
 ただ、ヒナの間は体を作らねばならないので、少々カロリー過多になっても大丈夫・・・と思う。明確な根拠はないが、これまでの経験から・・・。
 
 昼食を与えた後、手の平から脱走を図る際に、僅かに飛ぶ素振りを見せたパットさん。「今日がXデーか!?」とドキッとしたが、パンパンに膨れ上がったそのうを抱いて飛べる筈もない・・・。
 グラインダーのように・・・削ってどうする!?・・・グライダーのように一瞬だけ滑空し、ピタン・・・いや、タプン・・・ベシャ・・・ドシャ・・・何とも表現し辛い着陸音と共に胴体着陸・・・。
 
Hina2_3  昨日の心配が勘違いだったかのような、活発な動き。本人も元気さをアピールして、遊んで貰いたがってるのかもしれない・・・が、念のため、カゴに押し込んで眠らせた。
 自分でも、少し大袈裟すぎないか・・・と思うが、一瞬の油断で、とんでもない事態に進展し、ビックリするほど出費する羽目になるくらいなら、大袈裟と笑われても構わない。
 
 とは言え、こうやって悩めるのもヒナのうちだけだろうから、それもまた楽しい。そして、試行錯誤しながら世話して巣立ったセキセイは、十二分に頑健に育って、長い間良いパートナーになってくれるだろうから。
 

| | コメント (0)

第九日目のパットさん

Hina1_2  急激に行動範囲を広げるパットさん。尾羽も長さが五センチ近くになり、思ったより早く飛び立てそうな気がする。もう体調の急変・・・とかは無さそうだな・・・日に日に逞しくなっている感じがする。
 
 食前、食後、パットさんと戯れる(たわむれる)時間が増えていく。何をされても、されるがまま、可愛いもんだ。
 ただ、時たま尾羽をプルプルッと振る時がある。その時だけは緊張感が走る。急いでマスカゴにHina2_2 戻し、しばらく様子を見ていると、景気良くウコンが・・・失敬、スペル間違った・・・。
 
 それから、セーターの感触が不思議なのか、手の平から上って来ようとする。それは良い。毛玉に興味を示し、オモチャにしようとする。それも良い。
 おもむろに顔を埋め(うずめ)・・・るような仕草で、顔をゴシゴシ・・・それは止めて欲しい・・・ティッシュで拭いてやっているのだが・・・止めて欲しい・・・。
 
Hina3_2  パットさんのクチバシの回りから喉にかけて、エサがガビガビに付いている。最早、固まってしまってるので、取るには羽ごと・・・になってしまう。季候が良ければ風呂にでも入れて洗い落としてやれるのだが、今の時期は自殺行為だ・・・。
 
 夏場に入院していた時、看護婦さんから「風呂に入らなくても死なへん、入って死ぬ人はおっても(いても)・・・。」と、慰められた事を思い出した。
 
 初フライトと共に、この飼育日記を公開しようと思っているのだが、Xデーはいつ頃になるのやHina4 ら・・・。この日曜(二月三日)辺りを睨んでいるのだが・・・。
 今は飛び立つ瞬間を、如何にして写真に納めるかを悩んでいる。カメラは何時でもスタンバッているのだが、フレーム内に収まる前に壁か天井にぶつかって終了・・・になっていそうで・・・。
 
 ところで、夕食後辺りから、プシュプシュと、少し気になるクシャミを連発するパットさん・・・。体もしっかりしてきたことで、カバーを少し開け、明かりが入るようにしたのだが、それが裏目に出たか・・・?
Hina5  自宅に戻って、夜食を与える際にもプシュプシュ鼻水音がしていた・・・油断した訳ではないが、ブランクもあり判断を誤ったか・・・。
 
 夜食を与えた後、マスカゴを定位置に戻す。その際、足温器の設定を僅かに高くする。カバーも全体を覆うようにして、保温に努めた。一時間くらいして静かにマスカゴに近付くと、中から「カカカカ・・・」と、荒い息。
 中を覗くと暑かったのか、羽を広げていた。急いで温度を下げ、中の空気を入れ換える・・・この急激な温度変化が拙い・・・と一瞬思ったが、暑すぎるよりはマシか。
Hina6  更に一時間ほどして、そっと様子を見に行くと、静かに眠っているようだった。時たま「プシュ」っとやってるが、間隔はかなり開いていて一安心。
 
 風邪にかかったか・・・とも思うが、幸いにも食欲は旺盛で、行動範囲も広がっている。杞憂に終わればいいのだが・・・一応、明日から栄養剤を与え、エサにも中型インコ用のパウダーフードを少し混ぜ、栄養価を上げよう。
 寒暖の差が原因でクシャミが出たのなら、これで治まるはず。今のところ、症状はクシャミだけだし、医者へ連れて行くのは・・・もう少し待とう。
 

| | コメント (0)

第八日目のパットさん

Hina1  一日一日、グングン成長しているのが実感出来る。そろそろマスカゴのカバー一部解禁して良いかも・・・。羽も随分開いてきたことだし。
 
 エサの時間に少し触れ合う時間を作ってみる。この二、三日、カゴを開けるとイソイソとよじ登って、手の平のお迎え待ちするので、必然的に手の平に乗せたままエサを与えることになる。
 それだけ足腰がしっかりしてきたのだろう。来た当初は蹲って(うずくまって)ばかりだったから・・・Hina2新しい環境への怖さや緊張感もあったのだろうが、肉体的にも立ち続けるには無理があったのだ。
 
 そうそう、今日、初めて体重を量ってみた。空腹状態で三十五グラム、満腹時四十一グラム・・・第一段階クリア・・・て感じか。少し嬉しい・・・実は、とても嬉しい。
 
 このままの調子でいけば、初フライトする頃には、空腹時でも四十グラム近くになるかも。空を自由に舞えるようになれば、体も引き締まり、体重も落ちていくだろうが、それでもガッシリタイプでいられるだろう。
 
Hina3  あぁ、その日が来るのが楽しみだ・・・楽しみだが、何か忘れている気がする・・・あ、パットさん用の鳥カゴが無い・・・。新調してやりたいが、予算がない・・・。
 古いカゴを掃除するか・・・かなり面倒臭いな・・・新しいのを買った方が、楽で早いよな・・・宝くじでも買うか・・・。
 

| | コメント (0)

2008年2月15日 (金)

ハニーバレンタイン♪

Photo 今、パットさん事で色々忙しい中の人、その合間を縫ってFFに行く理由・・・それはもちろん・・・バレンタイン・・・FF的に言えば、「ヴァレンティオン・デー」だからw 
 いあ、もう、軽い自慢になりますが、我が麗しのハニーから、毎年もらえちゃって、ありがたいやら、申し訳ないやら・・・でも、やっぱり嬉しかったり♪
 愛情たっぷりのチョコは、勿体なくて食べられない・・・って感じ♪ だから、飾るだけ飾って、まんべんなくカビが行き渡ってから食すように・・・してないしてないw 鋼鉄の胃袋だけど、してないw
 
Photo_2  今年は特に、色々おまけも付けてくれてましたなぁ♪ ハニーのニオイ付コブラ装備一式にぃ、一瞬送り返されたのか・・・と錯覚しちゃった「天球儀」w
 これって・・・クリスマスの仕返し・・・もとい、お返し?・・・等と、盆と正月一緒に来たような舞い上がりよう・・・取り敢えず落ち着け、ボク! そして、深呼吸だ・・・あぁ、そこはかとなく薫るハニーのニオイ・・・w
 
 へ?! ニオイは気のせい・・・? そんな夢のない事言ってちゃ、立派なフェチになれませんぞw 部屋の芳香剤代わりに飾って、くんくん嗅いだり、毎日す~は~~深呼吸三昧なのデシ・・・我ながら、をゐ!w
 
 ともかく、装備にしても、「天球儀」にしても、ボクのために一所懸命がんがってくれたか・・・と思うと、ホワイトデーが来るのがこあい・・・ぢゃなくて! 幸せすぎて、こあい・・・デシた♪
 

| | コメント (0)

第七日目のパットさん

Hina1_2  食事の時間を待ちきれず、「ジャージャー」催促するパットさん。マスカゴのふたを開けるなり、ヨタヨタとカゴをよじ登り逃走を開始する・・・外食したいのか・・・?
 ただ、マスカゴのすぐ側には、エサを保温するための熱湯が小鍋に入れられているので、体が触れないうちに慌てて確保する。好奇心旺盛なのは良いが、目を離せない・・・良い意味でも悪い意味でも・・・。
 
Hina2_2  お昼のエサを与えた後、マスカゴに戻し夕方まで眠らせる・・・が、初めて中で羽ばたく音が聞こえる・・・少し鳥らしい仕草に思わず頬が緩んだ。
 巣箱の中では、出入り口から差し込む微かな光を頼りに、ヒナ同士じゃれ合ったりする時期、1羽だけで真っ暗な中、放置するのは少し心が痛むか・・・。
 
 もう少し遊んでやる時間を作ろうか・・・ここが思案のしどころ。何しろ、最低の出会い方をしてしまったのだ、慎重にならざるを得ない・・・。
 今与えてるエサを体温維持のために使わせてはならない、体を強く大きく逞しくするために使わせよう・・・今日のところは・・・。
 
 
Hina3_2  色々と蘊蓄(うんちく)を傾けてきましたが、ネタ切れ・・・では無いのだけど、必要以上の事を披露してきたような気がしてますw
 それだと、何となく日記ぽく無いぢゃないデシか? 自分で読み返してみてもそう思うのw なので、写真をメインに・・・と思っても、食っちゃ寝ばっかりだからなぁ・・・w
 一日中、ベッタリ寄り添ってシャッターチャンス狙うのも・・・狙おうにも寝てばっかだし・・・少し遣る瀬無いデシからねぇ・・・。
 ま、取り敢えず日記らしくするために、このブルーなトコは気が向くまで休憩って事でw
 

| | コメント (0)

第六日目のパットさん

Hina3  最近、腹が膨らむと、マスカゴから脱走を試みるパットさん。自分の名前はまだ覚えてないようだが、飼い主の顔と声は覚えたらしく、抵抗感無く手の平に乗る。
 手の平が火照って、暖かいときは良いのだが、この季節、かじかんでる事の方が多いため、断腸の思いでカゴに戻す・・・。
 戻してもすぐ出ようとするので、頭を撫でたり、クチバシをさすったり・・・と、ささやかなスキンシップを取り、動きが鈍く・・・腹一杯でウトウトし出したら、フタをして寝かせる。
 Kago1
Kago2  少し神経質かもしれないが、今が勝負のしどころなので油断大敵。逆に、保温さえしっかりしてれば、ヒナは一日一日成長し、生存率も上がっていく。
 今日よりも明日、元気に逞しく育ってくれれば、今はそれで十分・・・誰に言うでもなく、そう言い聞かせた・・・。
 
 
Hina1  昨日は「作り置きしててもOK」と言いつつ、自分は毎回作ってる中の人w もう、体が覚えてますからねぇ、大体の食事量は・・・♪
 保温用のお湯で容器を洗えるのもポイント♪ 寒い時期にお湯で洗えるなんてステキw てか、人間様のモノは水で洗ってるのでね、余計お湯がありがたいような、使わないと損なような・・・w
 
Hina2  それに、食が細ければ、細いなりに対応しなきゃならないでしょ? 容器でふやかせるより、腹の中でふやかせた方が良いかな・・・と。
 お粥は消化に良いけど、すぐ無くなっちゃう・・・ご飯は腹持ちがよい・・・体調崩しているわけで無し、少しでも多く食べさせたい親心・・・ってトコでしょうかw
 

| | コメント (0)

2008年2月14日 (木)

臨時 サルベージ♪

 いつものように実家に行きますと、テーブルの上には「じゃがりこ」が山のように・・・文字通り山のように置いてました・・・。
 何でも、スーパーの特売だったそうで、自分やボク、甥っ子姪っ子の分、引っくるめて10個あまり・・・それにしてもご無体な・・・w
 「熱でもあるんぢゃ・・・?」と、手を伸ばしてやりますと、調子に乗ってオデコを出す始末・・・えぇ、ちゃんと測ってやりましたよ・・・・・グーで・・・。
 
 さて、火曜はのんべんだらり・・・が基本のボクデシけど、日曜のサルベージが急にお休みになったので、順延・・・でもないのだけど、お手伝いしてきました♪
 中止の原因はY氏夫婦のリアル用事・・・ま、これは如何ともし難い事ぢゃないデシか、現実社会あってのゲームデシからね・・・だったのでね、でも、同じLSのゴッドファーザーとしては、どげんか(ry・・・w
 えぇ、こう見えて責任感は結構強い方なの♪ ま、腹は黒いんだけど・・・だから、どんな悪辣非道な真似も、地道にコツコツ成し遂げる・・・って、をゐ!w
 
 てな訳で、今回、行ってきたのはアラパゴサルベージ・・・たぶんw しかもメインヒーラーとして参加・・・なんて命知らずな・・・いあ、ボクぢゃなくてみなさんがw あれ? 前にも書いたような・・・?w
 だからと言って、『それぢゃ、他のジョブでお願い』等とリクエストされても、75あるのは青と白だけなので・・・お手伝いなのに、案外、使い勝手が悪いボク・・・ほっといてちょ!
 
 ともあれ、白はボク一人・・・て事で、かなり忙しく働きましたわ♪ 途中、歯車に袋叩かれ昇天しちゃうほどに・・・w
 ちゃんとスニークして移動してたのデシけどね・・・何故か見付かっちゃった、テヘ♪・・・「♪」付けてる場合ぢゃないな、そのせいで予定してた時間が足ンなくなり、ラスボス倒し損ねたからなぁ・・・○rz
 
 それでもね、途中のNM戦では「マッハコート」だったかな? かなり良いモノらしいのだけど、それをゲット出来て、みなさん驚くやら大喜びしてくれて、ボクも頑張って出した甲斐がありました・・・って、どっち側の人間だヨ!? いあ、ボク、タルタルだったワ・・・w
 

| | コメント (0)

第五日目のパットさん

 エサを与える前に、マスカゴのカバーをずらし、「ご飯にしよか」と声をかけてから準備をするようになる。真っ暗な中からいきなり、こうこうと明るい部屋に移動して食事・・・てのは、心の準備もままなるまい・・・と思ってw
Hina1  そのせいかどうか分からないけれど、少し食が進んでる気もする。出来るだけそのうを膨らまさせて、大きく育てたい♪
 
 
 エサをなるべく多く食べさせるコツ・・・それは・・・あればボクも聞いてみたいw 中の人が気を配ってるのはペースト状になったエサの濃度デシかね。
 水っぽくなり過ぎても、ドロッとし過ぎても、微妙。前者はすぐお腹減っちゃうし、後者は中々喉を通っていかない・・・。
Hina2  中の人的イメージは、お茶漬けのさらさら感かなw セキセイのヒナって、文字通りガツガツ食べるぢゃないデシか・・・物凄いアップビート利かせてw
 
 あの、電動歯ブラシを思わせるような振動で、エサを喉に流し込んでる・・・ってイメージがありますの。なので、少しゆるめのペーストにして、スムースに喉に流れ込むように調整しています。保温用の鍋のお湯は、濃度の微調整に使えますしね♪
 オカメインコクラス以上の大きさのヒナには、フードポンプ使えば楽勝なのだけど、セキセイのヒナには少し可哀想かな・・・と、中の人は使いません。
 
Hina3  その昔、全然エサを食べないヒナがいましてね・・・ポンプも使えないほど小さなヒナで・・・食欲はあるのだけど、スプーンを拒絶する・・・ってか、口を開けてくれないの・・・。
 みるみる痩せ細っていくヒナに、自分の力の無さを見せ付けられた中の人が取った最後の手段・・・それは、エサを自分の指で摘み、親鳥よろしくヒナの口元に持って行ってやりましたの。
 クチバシをこじ開けるような感じで、エサをグイグイ指の隙間から押し出してやると、ようやくエサを飲み込んでくれました♪
Hina4  結局、自力でエサを食べられるようになるまで、その子は中の人の指からしかエサを食べませんデシたw 毎回エサまみれになりながらも、今では良い思い出デシ♪
 もし、どうしてもスプーンで食べない・・・食べてもすぐ嫌がる・・・様なヒナで困ってる方、一度、お試しあれw コツは、親指と人差し指を親鳥のクチバシに見立てることデシ♪
 

| | コメント (0)

2008年2月13日 (水)

第四日目のパットさんw

 今日は中の人の自宅で初めて一日中過ごす。日曜というのに、朝八時過ぎに起き出し、エサの準備をする中の人。規則正しい生活は、ウィークデー限定にして欲しい・・・と、切に願いつつも、機嫌良く食事をするパットさんの姿を見ると、ついつい目尻が下がる・・・。
Hina1  ヒナ相手に親バカも無いもんだ・・・と思う心とは裏腹に、やっぱりガツガツ食べてる姿を見るのは良い。出会いが出会いだっただけに、余計に嬉しい気分になる。
 
 パットさんもボチボチ新たな環境に慣れてきたのか、お腹一杯になると、マスカゴからゴソゴソ脱走を企てようとする・・・が、まだ許さない。寝て育て。
 
 
Hina2  エサを準備するとき、理想は1回食べきり・・・なのデシけど、そうすると食事が微妙なラインで切り上げ・・・みたいになったりします。
 かなり満腹ぽいのだけど、もう一口二口入りそう・・・でも、今から追加で用意するには二の足を踏む・・・場面、よくあります、中の人もw
 
 そんな時は、躊躇(ちゅうちょ)せず、継ぎ足して作ってやって下さい。余ったらラップでも被せて、冷蔵庫に保管してもらえば1日くらいは保ちますから♪
 中の人は1日4回挿し餌してますが、朝と夜9時は自宅で、昼と夕方は実家にいるので、1日2回交換・・・みたくやってます。
 昼作って余ったらラップして夕方まで保存。夜9時の分は翌朝まで保存。ちなみに、保存した物はレンジで2~30秒チンしたら、熱々になりますw
 で、それに追加分を入れ足して熱湯注いで、よくかき混ぜて出来上がり♪ 冷蔵庫保存してた分は、程良くふやけて見るからに消化に良さそう・・・って感じになってますヨw
 
 それから、マスカゴの床下暖房には、人間様仕様のおこたや足温器を使ってますが、マスカゴに貼り付けてる使い捨てカイロ、あれ、貼るタイプのヤツは14時間なのよね、持久時間が。
 なので、使い始めの時間をマジックとかで書き込んでおくと、交換時間が判って便利デシよ♪ えぇ、3日目に気付いた・・・てか、思い出したのだけど、3日目分は大方書き上げてたので今日のに回しましたw
 貼らない24時間タイプのヤツは、時々揉みほぐさなきゃいけないでしょ? 貼るタイプは時間短いけど放っておけるので中の人はそっちを使ってます♪
 
 我が家に来てからヒナを見続けてる母が、「今度のヒナは元気そうヤン」と宣い(のたまい)ました・・・w 門前の小僧・・・もとい、オババ習わぬ経を・・・w
 えぇ、我が母も蘊蓄(うんちく)たれますw 中の人が仕事でガレージから離れてるとき、お客さんが来たら勝手に相手になっておりましたw 頼みもしないのに・・・中の人を呼ぶのも忘れて・・・w
 

| | コメント (1)

2008年2月12日 (火)

第三日目のパットさん

 我が家に来て三日目、まだ、環境に慣れてないのか、パットさんは遠慮気味に食事してる気がする・・・バクバク食ってくれた方が安心するのだが、まだ、そこまで信頼関係を築けていないせいか、気持ちが十分伝わらない・・・。
 
 
Hoon1 Hoon2  初日の夕方こそ、中の人がほくそ笑むほど満腹になったパットさんなのデシけど、それ以降は余り食が進んでないってか、思惑通りに食べてくんないってか・・・。
 心配するほど小食ぢゃないの。おそらくお店にいた時よりは食べてるはず・・・ただ、並外れて大きく育てたい中の人から見れば、少し量が足りなさげ・・・。
 
 やっぱ、ライバルがいないからかな・・・複数ヒナがいると、自分はお腹一杯でも、他のヒナが食べてたら、負けじと食欲復活するものなのねw
Hina1  店では時間の関係もあり、エサの関係もあり、適当に切り上げちゃうのだけど、家で飼うにはそんな事関係なく、ソレこそ吐くまで・・・歩けなくなるまで食べさせる事が出来ますw
 腹一杯与えると、そのうで腐って・・・と書かれた本もありますが、ソレは後の保温の仕方が悪いだけ。そして、本の作者がソレを知らないだけ。
 食事の後、手に乗せて遊んだりせず、暖かめに保温したマスカゴに戻し、暗くしてやるとぐっすり寝て育ちます♪
Hina2  何度も言いますが、人の手はヒナの体温を奪うだけで、ある意味凶器とも言えます。可愛がるのは巣立ってからで十分・・・てか、巣立ってから自立するまでが勝負・・・と思って下さい。
 
 さて、ヒナの間、どれだけ食べさせられるか・・・で、巣立った時のセキセイの大きさに違いが出ます。中の人は気付かなかったのデシけど、買いに来たお客さんがその大きさに驚いてましたw
 「これ、ホントにセキセイインコ?」と、聞かれた事もありました♪ 黄色や白は膨張色でもあり、Hina3「錯覚ぢゃ?」と、中の人が謙遜気味に言っても、「いあ、確かにデカいw」と笑ってましたヨ。
 下痢でガリガリになったセキセイを病院に連れてった時、体重測ったら標準体重オーバーしてた事があって、「あぁ・・・」と納得しましたw
 
 そうそう、昨日は「小指に暖かみを感じるくらい」等と言いましたが、正確に言うなら42~4℃・・・くらいでしょうか。
 セキセイの体温が平均42℃前後なのデシよ。親鳥は一度食べた物を吐き出すようにして、ヒナに与えてますのでエサの温度はそれくらいに♪

 


| | コメント (0)

2008年2月11日 (月)

第二日目の名無しさん

 冬場の朝寝ほど極楽なものはない。夏場は七時には目が覚めてたけれど、今の時期はいくらでも寝ていられる・・・胸を張ることでもないのだが・・・。
Esa1  それなのに、あぁ、それなのに、ヒナは待ってくれない・・・朝も早くからジャージャー鳴く・・・名前も無いくせに・・・あ、それはこっちが悪い・・・そう、名前をまだ決めてない、焦ることはないが、いつまでも名無しはアレか・・・。
 
 
 ヒナを飼いだして、何が変わるって、中の人の生活態度が、ものすごく健全に・・・w 朝も8時前には起き出し、イソイソとエサを与えた後、二度寝・・・ヲイ!w
Hina1  さて、そのヒナデシけど、店で見かけた時は、あまりそのうが膨らんでなくてね、それも心配のタネだったのデシけど、いざ自分の手で与えてみると、食うわ食うわw
 
 ヒナが満腹になるのと、食欲が落ちるのは、似て非なるモノなのデシ。食べなくなったから満腹か・・・と言うと、そうぢゃ無いのねw
 エサの温度が下がると、ヒナの食欲は落ちます。もちろん、火傷するような高温で与えちゃいけませんヨw 目安は小指を入れて、ほんわか暖かい・・・くらいかな、中の人が与える時の温度は♪
Hina3  それくらいの温度をキープして与えると、文字通り吐くまで食べてくれますw そのうが頭くらい膨らんだら満腹だと思って結構w
 動きが鈍くなってきて、コックリコックリし出したら、フタをして暗くしてやりましょう、次の食事まで・・・♪ 寝る子は育つ、店の子より育つ・・・w
 
 さて、いつもならヒナの様子を見てれば、名前などパッと浮かんでくるのデシけど、ブランクが長かったせいか、中々・・・しかも、外から来た子デシしねぇ・・・。
Hina4  自家繁殖の子は、ず~っと「ピーチ」もしくは「ピーチ○号」デシた。以前にも書きましたが、生まれ変わって、また出会えることを信じて・・・ね。
 
 おっと、例によって話が脱線しました・・・。実は書いてる間も悩んでたり・・・w 名前なんて後で決めても支障は無いのだけど、決められるものなら決めてやりたいのが親心w
 なんで今回はパパッと決まらないんでしょ・・・こうしてブログに載せてるからかな・・・みなさんに見られてるので安易な名前や、ウケ狙いの名前はマズいか・・・とか、無意識に思っちゃってるのかな・・・。
 
 ぢゃぁ、もういいや、パッと思い付かないんだったら、昔のリストからパッと決めちゃおう、命名「パット」で・・・w
 オスだったら「パトリック」メスだったら「パトリシア」が正式名でお願いしますぅ♪ こんな決め方しちゃって、人の子なら怒るよな・・・良かった、セキセイの子で・・・w
 

| | コメント (0)

2008年2月10日 (日)

アサルト4連戦♪

 今日はちゃんと「仮面ライダーキバ」見ました・・・当日録画した分デシけど・・・♪ まぁ、起きられませんワナ、日曜の朝は・・・w
 まだ、コレと言った展開もなく、少し人物相関が見えだし始めたか・・・程度、可もなく不可もなく、面白くもなく・・・の動きデシたw
 
 そうそう、キバのライダーキックは、番場蛮(ばんば ばん=侍ジャイアンツ)のハイジャンプ魔球を彷彿させマスオw
 封印された片足をあげ、お助けキャラが封印解いてジャンプ、そしてキックするのデシけど、片足は上げたまま、もう片方だけで空高くジャンプしますのw
 アレでボール投げたらそのまま「ハイジャンプ魔球」やなぁ・・・なんてw もし、体を反らせたら「エビ投げハイジャンプ」やなぁ・・・と、テレビの展開を忘れ、ノスタルジックな気分に浸ってしまいました♪
 
 さて、土曜の夜、いて来ました♪ Y氏とR夫人の3人で♪ マムの秘密何タラ・・・ってヤツw えぇ、アサルトの戦績以外に、そこはかとなく経験値も手に入るのでw
 
 部隊編成はボクが青忍、Y氏忍戦、R夫人詩白。とは言え、実は2週間ぶりの青だったりする・・・まぁ、無事に終わった事だからコクッておきますが・・・w
 ここんトコ、色々忙しかったのでねぇ・・・子育てに追われて・・・いあ、ヒナなんだけど・・・w それに小説もそろそろ書き始めないと、9月に間に合わないので・・・w
 
 だから、青魔法のセットに戸惑っちゃって・・・必要最小限の構成は覚えてたのだけど、それ以外、何をチョイスしてたのか・・・PTではどう組み替えてたのか・・・とか、全然覚えて無くて・・・でも、まぁ、無事に(ry・・・w
 今回は4連戦♪ Y氏とR夫人が交互にリーダーやってましたw と言いますのも、ここの戦績を使ってサルベージに行くからデシ。
 ボクは日曜だけなのデシけど、お二人は週2回行くので少しでも多く稼いでもらわないとね・・・と言っても、1割り増しなだけなのデシけどw
 
 戦い自体は危なげなく、毎回残り10分を切るくらいでクリアしましたおw 時間的に見たら際どいのデシけど、3人で行ってますのでね、まぁ、こんなモンか・・・とw
 コレでボクは、再来週のサルベージまでノホホンとしていられますわw それぢゃ「篤姫」見て、FFにインしてきまっさw
 

| | コメント (0)

第一日目、名無しさんとの出会い。

 興味半分でホームセンターのペットコーナーに足を運ぶ。その場にいれば良し、その場にいなければ・・・誰か勇気のある人が連れて帰ったと思おう・・・。
 そんな中途半端な気持ちで行ったものだから、ヒナがまだケースに入れられてるのを見ても、決心は付かなかった。
 
 それに、ケースにはこの前いなかったルチノーのヒナが、人懐こくこちらを見ている・・・こっちは少し育ちすぎ・・・の感が否めないが、その分育てやすそう♪
 辺りに人がいないことを確認し、「お前、ピーチか?」と、声をかけてみる。ルチノーのヒナに通じたかどうか、ジャージャーとエサをねだる声を出してこっちを見てる・・・分からん・・・ピーチかどうか、分からん・・・当たり前か・・・。
 
 で、ペットコーナーを三十分以上行ったり来たりしながら、脳内会議が開かれる。最初の計画通り、弱って見えるヒナを買って帰る。
 それとも、ピーチの生まれ変わりかもしれないルチノーのヒナを、買って帰る。
 もしくは、両方連れて帰る・・・この方が、お互い生存率は上がるな・・・と思って。
 
 ただ、ルチノーのヒナは大きく育ちすぎて、面白味に欠ける気もする・・・弱って見えるヒナを育て上げられたら、良いネタになるかも・・・万一しくじったら、公表しなければ何の問題もない・・・あぁ、自分の腹黒さが狂おしく愛おしい・・・。
 
 
Hina4  あれだけ不安視しながら、それでも買って来ちゃいました、セキセイのヒナ♪ 以前のブログで話したとおり、もう一度様子を見に行ったら、懸命に生きてたのでね・・・「よく頑張ったねぇ・・・」と、中の人の心が動きました♪
 
 でも、病鳥を買う気にはなれませんので、念入りにチェックしましたよ。それでも問題無さそうだったし、何より、中の人の心に「これならダイジョブ。絶対育て上げられる」と、確信が持てたのデシ。
Hina3  セキセイを飼う上で最も大切な事は、飼い主が強い意志を持つ事デシ。普段はそうでなくとも、セキセイが病気や怪我した時、相手の心が不安な時に、飼い主まで「大丈夫かなぁ・・・助かるかなぁ・・・」等と弱気になってしまっては、助かる命も手からこぼれ落ちます・・・。
 「死ねるもんなら死んでみぃ!」くらいな強い心で世話してやると、セキセイも「あ、助かるんだ・・・助けてもらえるんだ・・・」と、持ち直す事があります。
 セキセイはあの小さな体で、必死に飼い主の事を理解しようと努めてます。だから、飼い主がどう思ってるか、ある程度考えてる事が判るんデシ♪
 
Hina2  中の人も手にとって健康チェックしてるうちに、意外としっかり指を掴んだりしてくれた事に「おっ♪」と、安心感を持てたみたい♪
 その後はトントンと進み、店の責任逃れ用の書類にサインして、無事、我が子になりました♪ キチンと世話してたら、自信があったらあんな書類は必要ないのデシけど・・・ま、最近は客の中にもおかしな行動取るヤツがいますからなぁ・・・どっちもどっちデシかねぇ・・・w
 
Hina1  で、コートの中に隠すように入れ・・・と言っても、支払いを終えた後デシよw 家に辿り着くまでの保温のためデシよw セキセイ1羽万引きして運試し・・・なんて、スリル味わいたいとは思ってませんのでw
 家・・・実家に帰り、まず、マスカゴにキッチンペーパーを敷き、貼るカイロを2ヶ所貼り、ヒナピーに出て来てもらいます♪
 んで、まず、床下暖房用のおこたを調達し、ご飯の準備にかかります♪ セキセイのヒナ用のエサをミルミキサーでパウダー状にしました。
Esa2 Esa6 Esa5  粉砕具合は、ヒナの体格に合わせて下さい。大きくなってきたら、5分、8分と弱めにしていってもらえたら良いデシ。
 面倒臭ければ、店で与えてるようにそのまま与えても良いデシよ。ボクの育て方は、かなり自己満足も入ってますのでw でも、ボクの育て方だと、店で育てたより、2回りほど大きく育ちます・・・と、さり気なく自慢しておくw
 
Esa4 Esa1  開いた瓶にでもパウダー状のエサを入れ、栄養添加剤なんかも一緒に入れ、フタしてシェイクw このエサが無くなる前に、新たに粉砕したものを継ぎ足す・・・って感じでw
 この時、大きめに粉砕すると、5分とか8分とか、簡単に調整出来ます・・・別に、キチンと測って・・・なんてしなくても良いのデシから・・・ボクのモットーは、あくまでも「手抜き」デシ♪
 
 この日は連れて帰ってきたばかりなので、5時半頃だったかな、最初にエサを与えたのは・・・。警戒心を抱いたヒナも、空腹には勝てませんからねw
 そりゃあもう、バクバク食ってましたよ♪ 店の人曰く、「12時頃にエサを与えました」とか言ってましたから、普通だったら4時間後くらいに与えても良かったのデシけどね・・・ま、ボクも暇ぢゃないので・・・こう見えて・・・w
 
 食べないからと言って、無理矢理口をこじ開けて・・・等せず、時間をおいてもう一度チャレンジしましょう。最後の食事から48時間、飲まず食わずでもセキセイは大丈夫デシから。
 不安だったら、夕方にお迎えして、一晩エサを与えず、明くる朝、与えるようにすれば、比較的簡単に食べてくれますよ。それでも嫌そうにしてたら、お昼まで待って下さい。
 それくらい飼い主が余裕を持って接すれば、ヒナの警戒心も自然と解けます。一度心を許してくれればこっちのモンデシからw
 
 ただし、心を許し過ぎると、甘えるヒナは夜泣きしますので覚悟して下さいw キャツ等、鳥目の分際で夜泣きしやがる・・・しやがります・・・敬語になってない・・・w
 人間様だから対応できるけど、親鳥はどうしてンだろ・・・と、思っちゃいますよねぇ?w 鳥目だから、真っ暗な中では何も見えないはずなのに・・・w
 

| | コメント (0)

2008年2月 9日 (土)

あれから実は・・・

 今日は朝から雪が舞い降る神戸デシ。いあぁ~寒いw てか、冷たい。雪になったり、みぞれになったりする空模様VS雪化粧を阻止する大地。
 ガンガレ地面。凍るな地面。今日は寒さに負けて、車に乗ってるから・・・w
 
 さて、1月24日のブログ、「実はずっと・・・」で少し話したセキセイのヒナの事、覚えてます? そう、「死相が出てる気がして・・・」みたいに書いてた弱々しいヒナの事。
Dassou1 Dassou2  
 アレが今ではこんな感じに・・・♪
 
 後日談・・・てか、飼育日記をこれからちょくちょく公開して行きまっさw 初めてセキセイを手乗りで育てようか・・・と考えてる人には、丁度良いタイミングで読んでもらえるかと♪
 3月になるとヒナの誕生ラッシュを迎えるわけデシが、全く初めて育てる・・・方は、気候が安定してくる3月後半から4月くらいが安全かもw
 ま、待ちきれなければ何時でも良いデシけど・・・w その時は保温をしっかり考えて下さいねw 熱すぎてもいけないし、低いと即、死につながりますので。
 
 でも、ボクのブログを見てもらえば、それほど難しくないな・・・とも思ってもらえるはず♪ そう、ポイントさえキチッと抑えておけば、誰でも育てられますから (^_^)v
 

| | コメント (0)

2008年2月 8日 (金)

ようやく流れが掴めた♪

 近所のホームセンターに、ちょっとした買い物に出掛けました。その途中、生け垣にカラフルな手袋が引っかけられていました♪ 大きさからして小さな子供用に思えました。
 その時、不意に風が吹き、手袋がポトンと地面に落ちてしまい、拾い上げて、もう一度生け垣に引っかけようとしましたら・・・靴下デシた・・・w
 慌てて辺りを見回しましたが、クツは落ちてませんデシた・・・もちろん、靴下は新品ぢゃないデシよ・・・どう言った経緯(いきさつ)で、靴下だけがここに・・・謎w
 
 さて、現在構想中の表題未定な小説、お陰様で、大筋でまとまって来まして・・・♪ 原稿用紙500枚を目標にする事にしました♪
 最初は主人公の少女と、サポートする大人二人のドタバタ物語(竜退治含むw)だったのデシけど、キャラ設定を明確にしていくうちに、勝手にキャラ自体が動き出してしまい収拾が着かない状態になっていました・・・(^_^;)
 
 以前、言ってましたでしょ、第2弾とか、スピンオフとか・・・でも、それってどの程度か判らない実力を、出し惜しみしているようにも取られかねないな・・・と、冷静に判断しまして・・・。
 現状の戦力を全て使い切らねば、受かるものも受かるまい・・・なら、それを集約するにはどうすれば・・・と、悩んだ挙げ句、それらを「章」単位で区切って並び替え、適当に関連性を持たせれば、一本に納まるか・・・と言う結論にw
 
 まぁ、500枚目指して書けば、途中でくじけても300枚くらいは書けてるだろう・・・との思いもあるのデシけどね・・・w
 それくらい気楽な気分を維持して書かないと、ボクらしい文章が書けないので、心の余裕だけは持ち続けようと思ってます♪
 
 あ、そうそう、発表の時期は少し遅れそうなのね。今日辺りから下書き開始なので・・・まだ、各設定も依然として膨らみ中だし・・・ま、笑う準備だけして待っててちょw
 

| | コメント (0)

2008年2月 7日 (木)

仮面ライダーまとめ見たw

 今日は折からの懸案事項があって、朝から忙しくウロチョロした中の人。そのうち詳細を話せる日が来るかもしれませんので、お楽しみに・・・w 
 あ、そう言いながらも計画自体がポシャッてしまう可能性もあるので、忘れ去って下さいw 今のところ発表出来る確率は五分五分・・・ま、そんな大した事でもないので・・・w
 
 さて、先々週から始まった「仮面ライダーキバ」。この前、2週まとめて見ました♪ その方が物語の背景とか全体像とか掴めるか・・・なんて思ってw
 でも、まだ謎が多かったデシ・・・w 主人公がライダーになった経緯とか、怪人出現の・・・とか・・・。
 それに、話が現代と過去とを行き来してて、少々判り辛いのデシけど、それは追々解消されるのでしょう・・・見てる方も慣れてくるだろうし・・・w
 
 そう言えば、2話では「斬鬼」さんと「みどり」さんが出てましたなぁ・・・しかも、みどりさんは怪人役で♪ えぇ、二人とも「仮面ライダー響鬼」に出てた人デシw・・・って、そう言う見方しか出来ないのな、ボクってば!?w
 まぁ、気付くと言っても、守備範囲は極めて狭いのでねぇ・・・仮面ライダーとウルトラマン、後は時代劇くらいかな、判るのは・・・w
 
 同じ特撮物でも、戦隊シリーズは嫌いだから見てませんのw ボクのヒーロー定義は「一人気高く、孤独に戦う人」・・・よって、集団で戦う戦隊物はボク的にヒーローでは無いの。何より気高くない。
 そりゃぁ、昔はゴレンジャーやら、ジャッカー電撃隊なんかは見ましたが、その辺りで卒業しちゃいましたわ、子供ながらに違和感感じて・・・w
 
 だって、いくら強いからって、一人の悪党に集団で襲い掛かるなんて、ヒーローとしてあり得ないぢゃないデシか・・・ヒーローなら、鍛えろヨ、自分を!w
 ボク的な極論デシけど、今のいじめシステムは、こうした戦隊物がベースにあるんぢゃないかしら。時にコミカルに、時にダラダラと戦ってる感じが、今のいじめっ子集団に当て嵌まってる気がするのだけど・・・。
 
 ほら、自殺した子に送り付けられたメールを公開したりしてますけど、「自分の連れがどうたら・・・」とか、「自分のバックには・・・」「みんなで家に押しかけるぞ・・・」とかばかり・・・。
「ぢゃぁ、お前、一人で何が出来るんだヨ?」と、言ってやりたくなりますw バッカぢゃないの。
 これぢゃ、一人で耐えてるいじめられっ子の方が、よっぽどヒーローぢゃん・・・て思っちゃう。いじめられっ子もその事に気付いて、反撃すればいいのに・・・。
 
 ボクも結構いぢめられてましたが、必ず反抗してましたよ・・・ま、いぢめられ無くなった替わりに、仲間外れ・・・てか、無視されるようになりましたが・・・w
 でも、「ヒーローは一人孤独に戦う人」だから仲間外れだろうが、無視されようが、全然、苦になりませんデシたがね♪ 要は気持ちの持ち方次第w
 
 いじめられっ子のみなさん、少し踏ん張って、ヒーローになってみませんか? 今ならセブンXのDVD限定版の在庫、まだあるみたいデシよ。あの、ウルトラアイが付いたヤツw アレを使って真のヒーローに・・・なれたらいいのにねぇw
 

| | コメント (0)

2008年2月 6日 (水)

は~るよ来い♪

 ほぼ毎日歩いて移動しているせいか、心なし、ベルトに隙間が出来たような気がしてる中の人。それでも母は「また、腹出て来たんとちゃうのん?」等と、言いたい放題。
 「これでもなぁ、毎日歩いてるお陰で、ベルトに余裕が出来つつあるねんゾ。」と言ってやりますと、
 「ベルト、伸びたんとちゃう?」
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ちゃうわい!
 
 さて、冷蔵庫の牛乳より、水道水のが冷たく感じる今日この頃。今年は例年になく春を待ち望んでいる中の人・・・そんな時に限って、寒さが堪えるのよね・・・w
 
 と言うのも、今、我が家には少し体調を崩したセキセイや、季節感無視して水浴びする猛者がいたりして、結構ハラハラさせられてるから・・・なのデシw
 今日も、夕方になり、エサを交換してガレージから屋内に入れようと思ったら、元祖ピーチがビショビショで・・・○rz
 普段の状態なら「カバ・・・」で済ますのデシけど、体調が体調なだけに、背筋がゾッと・・・卵は2個産んだだけで落ち着いてますが、下腹部に微妙な膨らみが感じられる今日この頃、体を冷やすのはどうか・・・と思うのだけど・・・ねぇ・・・?
Dryer  頭来たから、直接ドライヤー攻撃しましたわw 普通ならタオルで水気を取って、遠目から弱めのドライヤー攻撃なのデシけど、今、へんに体に触るのは鬼門だから・・・ま、どっちゃにせよ、ドライヤー攻撃は免れないのデシけどねw
 
 そして、もう一羽は風邪なのか鼻をグシュグシュ・・・。他のインコにうつった様子はないので、ただの鼻炎かもしれませんが・・・グシュグシュ・・・。
 仕方ないので隔離して、保温しつつ市販の栄養剤を飲ませて様子見中。最初の頃は弱々しくて、心配してましたが、最近は少し持ち直してきてます♪
 
Kakuri1  とは言え、最年長のセキセイさんなので、予断は許しませんがね。この子は出戻りクンなので、イマイチ記憶が定かではないのだけど、スマス君のお父さんと同世代か、その上と・・・。
 獣医に診せようか・・・とも思ったのデシけど、年が年だけに・・・恐らく11~2歳以上になってる筈・・・犬猫メインの病院では、検査にせよ投薬にせよ、微妙な問題が起こりやすいのでね、この状態なら自宅で安静にした方が良いのかな・・・と。
 
 市販の栄養剤は、経口1~2滴、水入れに10滴ほど入れてますかな。ひよこ電球のヒーターを入れて、ゴミ袋で覆って温室状態デシ♪
 今のところ、食欲も落ちてないし、フンの調子も良いし、このまま春を待つように、ゆっくり良くなってくれないかな・・・と期待してるのだけど・・・天寿が近い気もしないでもない・・・ちょと複雑・・・。
 

| | コメント (1)

2008年2月 5日 (火)

久々のFF

 最近「中華」が「中毒」に見えるちゃびデシw みなさんの周辺はダイジョブデシか? 我が家にも、食べかけの何かがあったらしく、母が処分してました・・・半分喰ってダイジョブなのだから、残りを食べても平気なんぢゃ?・・・とは思っても口に出さない中の人w
 でも、中の人は小さい頃から殆どのレトルト食品が苦手デシて・・・国産、中華に関係なく・・・従って廃棄とか、あまり被害は出なかった模様♪
 味付けが微妙に濃かったりするぢゃないデシか、レトルト食品て・・・そこがどうも苦手なのね・・・それよりは鰹節や味付け海苔でご飯を済ませた方がマシ・・・みたいな、粗食体質なのだw
 
 さて、この土日、久々にFFって来ました♪ 土曜はLSのみんなとK氏の「移送の幻灯」開通ツアー♪ 難関な場所2ヶ所をこじ開けてきましたわw
 Y氏からの通達でお手伝い参加したのデシけど、何せ昔の事・・・そして、「金魚のフン道」師範のボクの事、道順なんか覚えてるはず有りません! 幸いな事にR夫人もお手伝いに来てくれてたので、全ては彼女任せ♪
 
 アトルガン白門から船に乗ってナシュモに渡り、そこから始まる今回のツアー・・・なのだけど、最近報告されてるバグのお陰で、出航と同時にナシュモ到着w
 「これがバグかぁ・・・w」とか、「釣りする暇もなかったねぇw」みたいな会話の後、「それぢゃ行くか・・・」となって、人数点呼したら・・・。
 
 一人、本当に一人、船旅を楽しんでるK氏が・・・w
 
 バグの影響を諸共せず、取り残されてしまったK氏・・・本当は彼が真っ当なのだけど・・・ワロタw 悪いけど、ワロタw
 ボクやY氏もたいがい運が悪いのだけど、その上を行っちゃったね、K氏♪ 船がナシュモに着くまでの間、言われ放題デシたなぁw あんまりアレコレ言い過ぎたので、ここで書こうにも思い出せないw
 
Tyabijiro:「ナシュモ石、持ってないんぢゃ?」
K:「・・・持ってないけど、それ、何?」
Tyabijiro:「いあ、ボクも知らないw」
 
Tyabijiro:「船長さんに、到着するかどうか聞いてみれば?」
K:「後5分で着くって言われたw」
Tyabijiro:「ぢゃあ、5分経ったらもう一度聞いてみ、また同じ事言われるからw」
 
 思い出せたのは、こんなとこw 「ナシュモ石」の話は、テレポ石に引っかけてますw PT組んでテレポ魔法唱えると、各地に瞬間移動出来るのデシけど、その際、目的地のテレポ石を持っていない人はその場に置いて行かれるのデシw
 
 さて、10数分後、K氏が定刻通り・・・ん?・・・到着した後、いざ、開通の旅へ♪ でも、ま、メインイベントはK氏の船旅中だったぽくて・・・w
 多少道に迷ったり、モンスタに絡まれたりしましたが、サクッと開通する事が出来ました♪ 全所要時間1時間30分ほどデシたか・・・いあ、プラスK氏の船旅10数分あったw
 
 んで、日曜日のサルベージ。その日のラスボス戦もボクは「秘密のまま、使わず終いの秘密兵器」の予定だったのデシけど、それではR夫人が弱体やリフレ回せない・・・との事で、参加して良い事に♪
 ラスボスに辿り着くまでは、アレコレ忙しくガンガリましたよ、ボクなりに・・・ま、役に立ってたかどうかは微妙な線ではありますが・・・w
 サルベージは時間との戦いデシからね、モタモタしてたらすぐ終わっちゃうの。でも、全身封印状態で突入して、装備や魔法を開放しつつ・・・それも事前に決めた順番通りに・・・その確認に結構手間取ってたりする・・・主にボクだけ・・・w
 
 結構、場数は踏んでる筈なのデシけどねぇ・・・慣れませんなぁ・・・未だにワープゾーンがドコにあるか知らないし・・・ま、覚える気が無いのが一番の原因なんだろうけど・・・?w
 
 それでも、今回も見事、ラスボスの戦車を倒せましたヨ♪ アイテムも2個ゲット出来た模様♪ でも、あまりみなさん喜んでなくて・・・既に持ってるブツばかりだったみたい・・・w
 ボクはそもそも欲しいモノなんて無いのでケロッとしてましたがねw 結局、「レベラゲにでも・・・」と、引き取られていきましたわw 今度から、ウソでももっと、喜んでみませんか?w
 

| | コメント (0)

2008年2月 4日 (月)

再びのセルフ♪

 最近は日曜の夜しか・・・それも実家へ夕食に行って戻る・・・くらいしか車に乗ってない中の人。なので、ガソリンの減りは少ないのデシけど、バッテリーが・・・w
 あちらを立てればこちらが立たず・・・困ったものデシw と言ってばかりもおれず、月曜なのだけど、車で出歩いてきました♪
 近場のホームセンターが改装中だったので、少し遠いホームセンターでペット用品などをば・・・。微妙に安くて助かりました♪ でも、ガソリン代や渋滞した時の時間のロストを考えると・・・どうなんでしょ?w
 
 んで、昼からは銀行に振り込みに行って・・・実はこのための車だったりする・・・その後、ガススタンドでまたセルフ給油♪ 今日はプリカ使ったので、より安く給油出来ました♪ 事務所みたいなところに行って、色々説明してもらって・・・。
 別に大した事してる訳ぢゃないのだけど、やる事なす事、全てが初めての経験で、結構新鮮な気分になって、楽しかったりw
 
 ちなみに、中の人が使い始めたのは「キャッシュプリカ」ってヤツ♪ 先にカードにお金を入金して、ガソリンはそのカードで買う・・・ってタイプ。カードの残高が少なくなったら、また入金すればOKみたいな♪
 今日は5000円分カードにチャージして、リッター155円で20リットルも給油しちゃった♪ 残高1900円なりw 
 前回が6リッターほどだったから・・・一気に3倍くらい進化しちゃった・・・って感じ? ・・・って、何が?どこが?w
 

| | コメント (0)

2008年2月 3日 (日)

言葉って大切にしなきゃ・・・ね

 小説って、言葉が商売道具ぢゃないデシか。なので、間違った使い方してないかどうか、調べながら書かなきゃならないので、手間取るのよね・・・。
 自分が当たり前のように使ってた言葉遣いも、調べてみたらちょっと違う・・・みたいな事もちょくちょくあって、「調べて良かた~」とか、「恥かかずに済んだ~」と、人知れず胸を撫で下ろす事も・・・w
 
 まぁ、「汚名挽回」「名誉返上」クラスの間違いぢゃなくて、微妙なニュアンスだったりするのデシけどねw ごく最近では「蘊蓄(うんちく)を傾ける」だったかな。
 中の人は「蘊蓄(うんちく)をたれる」・・・と思ってたのね。だから、念のために電子辞書で調べてみたら「蘊蓄を傾ける」が正解らしくて・・・♪
 更に念には念を入れて、自宅の岩波国語辞典を調べてみたら、同様デシたわ・・・ま、出版社が同じなのでねぇ・・・w
 最後は紙の辞書に頼る辺り・・・それも高校時代のだから20年物・・・? 中の人の頑な(かたくな)さが出てるなぁ・・・なんてw そもそもワインぢゃないんだから、辞書を年代物にしたって、何の得にもならないのだけど・・・w
 
 きっと「蘊蓄」って、昔は知恵や知識の詰まった、大きな容器・・・ぽいイメージだったのかも。だから、傾けて中から知識を取り出す・・・てか、披露してた・・・ンぢゃないのかな?
 なんて、アレコレ想像を巡らせてみたりして・・・♪ 以前にお話ししたと思いますが、小説家を目指すために、脳内思考回路をソレらしく改造せねば・・・と、変革を進めた結果、ようやく小説家っぽい思考回路になってきましたw
 何か心に引っ掛かる「お題」が手に入ったら、イメージがブワッと広がっていくのデシ♪ ちなみに上の赤字の「蘊蓄」は、中の人の妄想デシw 勝手にイメージ膨らませて適当に書いたものデシ。
 「なるほど・・・」と思われるのは光栄デシが、それを人前で披露して恥をかいても、責任は負えませんので悪しからずw
 
 真面目な話、中の人は日本語大好きでね・・・と言って、国粋主義者ではないのだけどw 日本人なんて絶滅したって、別に屁とも思いませんしw
 でも、日本語を無くすのは惜しいかな・・・。美しい言葉がいっぱいあるぢゃないデシか。響きと言い組み合わせの妙と言い・・・素敵な言葉が綺羅星の如くあるぢゃないデシか。
 この時期、パッと出るとしたら「小春日和」・・・あ、これは初冬の頃か・・・なら、「風花」とか、「氷雨」とか? 「飲ませて~下さい~もお少し~~♪」・・・結局、歌いたかっただけかよ・・・。
 他にも、お礼の「ありがとう」はもちろん、食事の時の「いただきます」や「ごちそうさま」は素晴らしい・・・と思いますし、「お陰様」とか、「木漏れ日」とか、「五月雨」とか・・・ま、あまり列挙しても「五月蠅い」か・・・w
 

| | コメント (0)

2008年2月 2日 (土)

悩みの種が来た・・・

 今日の自宅から実家へ向かうテーマは「仮面の忍者 赤影」より「忍者マーチ」・・・だっけ? 曲名うろ覚えだけど、メイン主題歌ぢゃない方w
 「シュッシュシュシュシュ~♪ そ~らを飛ん~で~~♪ あ~かいか~げがやって来た♪」・・・ま、中の人らしいっちゃ、らしい選曲♪
 何故、今頃こんな曲を・・・と言えば、「怪傑ハリマオ」に、すごく若き日の「白影さん」が出てるから♪ ハッキリ言って、ハリマオの出演者で、知ってる役者さんはこの人だけデシたわ・・・w
 
Komatuna1 Komatuna3  ベランダに置いてあるプランターから、小松菜を間引いてみました♪ 何となく気が引けたのデシけどね、ただ、何となく・・・w
 摘んだ小松菜は、さっと泥を落としてナナクサの元へ・・・w 完全無農薬なのできっと喜んで食べてくれるでしょう♪ そして、今年こそはヒナの顔を拝ませておくれw

 
 
Komatuna2  それはさておき、中の人の元へ「確定申告」なる書類が送られてきまして・・・。ハッキリ言ってチンプンカンプン・・・。
 今は全く収入無いのだけれど・・・でも、去年は5月までは仕事してて、お給料も貰ってたから・・・それでなのでしょうねぇ・・・。
 
 父の仕事を手伝っていた頃は会計士の人が・・・。中の人が会社を立ち上げてからは、会計士の紹介で税理士の先生に丸投げしてたもので・・・。
 税理士の先生から「もう少し勉強せな、私が不正しても分からへんで・・・。」と言わしめるくらい、税金の事には疎かったデシ・・・w
 会社畳む際にも、後々面倒が起きないよう、念を入れてお願いしてたのデシけど・・・もう少し早めに送ってくれてたら、相談に乗ってもらえたのに・・・去年の6月くらいに・・・w
 
 おそらく、中の人の場合は追徴課税・・・ぢゃなく、過払いで還付・・・なんぢゃないかな・・・とは思ってるのデシよ、不正に隠そうにも先立つモノがありませんし・・・w
 会社を途中で解散しても、税金は1年分払い続けてるわけで、それが幾ばくか帰ってくるような気がしてるのデシけどね・・・キチンと書類を提出出来れば・・・最大の問題点は、出来る気がしない事・・・でしょうか・・・w
 
 書類が届けられてから、しばらくはオタオタしてましたが、「命までは取られまい」とか、「間違えたら書き直せばいいんぢゃ?」とか思い直し、ダメ元で書き始めよう・・・と思ってます。
 

| | コメント (0)

2008年2月 1日 (金)

臨時・インコの飼育指南~巣引き編:その三~

 ここだけの話、「昭和TV」見てますねんw 以前、ツッコミを入れた「月光仮面」、「怪傑ハリマオ」、「光速エスパー」を・・・w
 いや、もう、作品の出来自体をどうこう言うつもりはないのデシ。ただ何となく・・・w 「月光仮面」なんかドラマの内容・・・と言うよりは、背景の映像に心奪われてる・・・てか、舞台になってる場所が都会なのに、かなり殺風景で、妙に牧歌的に感じられる・・・みたいなw
 
 ただ、ハリマオの主題歌が第2話から男性コーラスグループに変わってるのよね・・・画面も白黒で・・・そこがちょっと物足りない・・・かなw やっぱ三橋さんは偉大だわw
 それに台詞の端々に、敗戦から立ち直ろうとしてる日本人の誇り・・・みたいなものが感じられ、「頑張ってたんだ・・・」と、居住まいを正したくなったりw
 
 そうそう、ドラマが始まる前にCMが入るのだけど、その映像の美しいことと、役者さん達の演技が自然なことに感心しきりw 
 セブンXの時は、番組中にCM挟み込んでたけど、昭和TVは始まる前だけ・・・きっと、合間に入れたら、どっちが本編か分かんなくなるからデシねw 演技技術も随分進歩したのねぇ・・・♪
 
 さて、話を少し・・・巣箱の取り付け位置の説明に戻します。ヒナを巣箱から取り出すタイミングは、親鳥が2羽とも巣箱から出ている時に限られます。では、何時出て来るか・・・と言えば、当然、ヒナにエサを与える時・・・デシよね?
 なので、巣箱をエサ入れから離れた場所に設置する事で、親鳥が巣箱に戻るまでの時間を稼ぐわけデシ♪ カゴの近くでその時を待ち、2羽とも出たら、サッとカゴに手を突っ込んで、巣箱の中を確認出来ます。
 
 親鳥達はバタバタ飛び回りますが、素早くヒナの様子を確認して、取り出すなり、もう少し親に任せるなりの判断します。
 大体1~2分ほどで作業を終えます。そうすれば、親鳥達の警戒心もさほど高まりません。いくら手乗りでも、巣箱の中に入っている時に覗いたら、パニック起こして卵やヒナを踏み潰す事があります。
 
 取り出す時は、手の平に包み込んで、親鳥達の目から隠すようにして、ヒナを取り出します。取り出すのは1日1羽で良いでしょう。セキセイが卵を産むのは1日1個。
 1日おきに産むか、2~3日に1個産むか、それはメスの体調次第・・・デシ。そして、メスは初卵から暖めるため、同時に孵化する事はありませんw
 
 ちなみに、メスが一度に産む卵は、巣箱の大きさ、産座の大きさ、そして、年齢と経験によって違いますが、5~8個くらいデシ。でも、最初の1~2個は無精卵の場合があり、孵化するヒナは少し減る事もあります。
 これは、オスとメスの発情度合いの差が原因だと思われます。オスが先に発情したら無精卵の数は少なくなりますが、メスが先に発情した場合、交尾しなくても卵を産み始めるので、無精卵の個数は増えます。
 
 なお、飼育本の中には、「孵化のタイミングを同じにするため、最初のうちは卵を偽卵と取り替えろ」とか、「ヒナの数が減ったら、親鳥はショックで育児放棄するので、ヒナは全部、同時に取り出せ」等とデタラメ書いたものもあるので注意して下さい。
 ハッキリ断言しておきます。デタラメデシ! 巣箱に籠もってるメスから卵を抜き取るなんて、繁殖の自滅行為デシ。
 そして、セキセイもオカメもナナクサも、ヒナの数が減っても気にせず子育てします。てか、最後の1羽になっても、親鳥達は一所懸命、子育てします。
 
 逆に、同時に取り出すと、一番小さなヒナが落鳥する危険もあります。一番小さなヒナの発育に合わせて全部取り出したら、一番年上・・・てか、日上?w・・・の子はあまり懐きませんし・・・w
 
 それに、コレが肝心な事なのデシけど、取り出してすぐのヒナは、当然の事ながら初めて人間を見る訳で、人間とは安全な巣箱と親鳥から引き離した怪物な訳で、そんな怪物からすぐにエサを食べる筈がないのデシ・・・。
 最低でも12時間くらいは恐怖と混乱のため、挿し餌を食べません。根性の座ったヒナは40時間以上食べなかったりします。
 
 自信過剰気味な中の人でさえ、生まれて初めて自家繁殖したヒナを取り出した時、あまりに食べないので、不安になってヒナを巣箱に戻したくらいデシ・・・w
 もちろん、親鳥はそんなヒナも分け隔て無く育ててくれましたヨ♪ ヒナ達はひっきりなしにエサをねだるので、親鳥達は余計な事を考えていられないのデシw
 
 でもね、1羽でも挿し餌を食べるヒナがいれば、巣箱から出したばかりの子でも、見様見真似で同じように食べてくれるのデシ♪
 1羽ずつ巣箱から取り出す・・・って言うのは、そう言う深い意味も含まれているので、これからヒナを取り出す方は参考にして下さいね♪
 
 こうして大きなヒナから順に取り出し、セキセイの巣引きは終わります。最後のヒナを取り出す際は巣箱ごと取り出すようにして下さい。
 さもないと、すぐに次の巣引きを始めてしまいますw 親鳥の体力は、全てのヒナを巣立たせて終わるようになってます。
 それなのに、手乗りにするから・・・と、片っ端からヒナを取り上げていくと、親鳥達の体力に余力が生じるのデシねw だから、2回、3回と巣引きを繰り返すのデシ。
 
 ブリーダーしてますと、1シーズン2回の巣引きは当たり前・・・親鳥達の年齢にもよるのデシけど・・・でも、普通のお宅でそこまで増やしても・・・ねぇ・・・w
 中の人の経験で言いますと、セキセイ4羽で始めたブリーディング、1シーズン終わる頃には20羽超になってました・・・売ろうにも、中々捌け(さばけ)ませんデシたよ・・・w
 
 部屋中セキセイだらけにして、飛び回る姿、仲間同士で遊ぶ姿を見たい・・・と言うなら、話は別デシけど、それはそれで、後の掃除、大変デシよ・・・フンと羽とハウスダストの・・w
 それに、セキセイが増えると、それだけ1羽を世話する時間が少なくなる・・・って事で、殆どの場合、手乗りから荒に戻っていきます。
 
 そこら辺を踏まえて、巣引きは慎重且つ真剣にお考え下さい♪ そして、親鳥から引き離されたヒナの悲鳴、ヒナを懸命に探す親鳥の魂の叫び・・・己の無慈悲さ、罪深さに恐れ戦き(おののき)、ドップリ鬱(ウツ)に浸りながら、可愛い手乗りを育てて下さい・・・って、どないやねんw
 なお、隣近所、親戚、友人等に、無理矢理譲って喜んでもらえるのは、ベタ馴れの手乗りを渡せた時のみ・・・デシよw
 
 以上で「巣引き編」一巻の終わり・・・デシw 書き忘れた事は無いはずデシけど・・・あったらゴメンナサイw それと、質問は何時でも歓迎してますので、遠慮無くコメント欄にでもw
 

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »