« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の記事

2008年11月30日 (日)

愛は燃え尽きぬ~改訂版~04

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ・・・デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 

 熱で頭がボォ~ッとしているせいか、考えが上手くまとまらない……。
 ボクがそんな取留めのない事を考えながら、おじやを食べ終わると、
 「えらいえらい、残さずに全部食べたねぇ。」
 母さんは誉めてくれ、空になったお椀を持って部屋から出て行った。
 お腹が膨らむと、少し元気になったような気がした。
 でも、それ以上に眠くなり、ボクはベッドに潜り込んで、うつらうつらしていた。

  
 夢の中で母さんが、何度かボクの様子を見に来てくれ、その度に、オデコのタオルを交換してくれた。
 それが夢じゃないと気付いたのは、オデコにタオルが乗っていたからだ。
 それも、いつ触っても冷たいタオルが……。
 喉や頭が痛いのも、体が重怠いのも嫌だけど、父さんや母さんを独り占め出来るなら、風邪を引くのも悪くないかな……と、思った。
 
 次の日も、その次の日も熱は下がらず、ボクは一日中、ベッドでゴロゴロ寝てばかりだった。
 流石に退屈してきて、ボクは何度かリビングに下りて行ったけれど、すぐに部屋に追い返された。
 「まだそんなにフラフラしてるのに、起きて来たらダメ!」
 父さんも母さんも、まるでボクを見張っているかのようだった。
 ボクがどんなにソ~ッとリビングに忍び込んでも、テレビに辿り着く前に見付かって、部屋で寝てるように怒られた……テレビ見たい……。
 
 三章 金曜のこと
 
 二日間、たっぷり体を休めたお陰で、今日はかなり調子が良かった。
 まだ少し鼻声だけど、熱は下がったみたいで、頭も体も痛くない。
 (金曜は見たいアニメが一杯あるからなぁ……良かった、間に合って……。)
 
 「おはよう。」
 なるべく元気な声を出すようにして、ボクはリビングに入った。
 入った途端、妙な違和感を感じて、それが何なのか……考えていると、
 「お、今日は元気そうだな。」
 そう言って、父さんも母さんも笑ってくれた……と言っても、巻かれた包帯のせいで、目元しか見えなかったのだけど……。
 (これで、今日はリビングでテレビを見ても、怒られないぞ。)
 ボクはホッとすると同時に、心の中で小さくガッツポーズをした。
 
 夕食後、ボクがリビングでテレビを見ていると、
 「やっぱり年には勝てなくなってきたのかなぁ。」
 そう父さんがボソリと呟いた。怪我の治りが遅いせいか、昨日から父さんも母さんも包帯でグルグル巻きだ。
 父さんは母さんを、母さんは父さんをお互い包帯でグルッグルにするので、母さんの包帯は、所々だぶついていた。
 
 今にもずり落ちそうな所を見付け、ボクが直そうとすると、母さんはスッと身を引き、
 「良いのよ、これはこれで。」
 父さんは勝ち誇ったように、豪快な笑い声を上げた。
 「ケントも結婚する時は、母さんみたいな気立ての良い人をもらうんだぞ。いくら美人でも、気立てが悪かったら、すぐ嫌になる……。」
 
 (余計な事を……。)
 
 ボクがそう思った瞬間、母さんの目がスッと細くなった……。
 「やっぱり、巻き直してもらおうかな!」
 そう言いながら、ボク……ではなく父さんの鼻先に、シュッと腕を伸ばした。
 母さんのグウは当たらなかったけど、たわんだ包帯は勢い余って、父さんの顔にペシャッと当たった。
 「……はい…………。」
 
 一触即発の、焦臭い緊張感が漲る中、ボクが二人の間に割って入る前に、父さんはしおらしく、母さんの包帯を巻き直した……。
 やっぱり、どこかおかしい……。日頃は亭主関白で、冗談でも母さんがそんな事をしたら、トンでもない雷を落とす筈なのに……。
 それに、母さんも母さんだ。父さんの心無い冗談に、睨んだり拗ねたりする事はあっても、あんな反撃した事はこれまで一度も無かった筈……。
 (二人とも……ひょっとして、ひょっとしたら…………ボクの風邪が移ったんじゃ……。)
 
 ボクはこの雰囲気を変えようと、さっきから気になってる違和感について口にした。
 「この部屋……何だか臭うような気がするんだけど……」
 父さんも母さんもハッとして顔を見合わせ、そして、首を傾げた。
 「……そうか? 臭うか? 特に変わったニオイはしてないと思うけど……なぁ?」
 「えぇ、私も別に……。ケント、どんなニオイがするの?」
 母さんにそう聞かれ、どう表現したら良いかすぐには分からず、ボクは言葉に詰まった……。
 「……どんなニオイって言われてもなぁ……何か、父さんのオナラを百倍キツくしたような……。」
 
 父さんも母さんも爆笑してしまった。しばらくの間、二人とも腹を抱え、蹲るように笑い転げた。
 「ケント、あんた、まだ熱が下がってないのと違う? お父さんのオナラの百倍臭いニオイって……そんなに臭かったら、誰も生きてられないわよ。」
 「そうとも、ワシはオナラで人を殺せる男だからな。」
 父さんはそう言って、またもや豪快に笑い飛ばした。
 
 そりゃ、確かに、父さんのオナラは普段から、目に染む程キツイ……。
 でも、この部屋に漂う空気は、それ以上に臭う気がするのだけど……。
 ただ、父さんも母さんもケロッとしているし、ボクも段々気にならなくなって来たし……やっぱりボクの気のせいだったのかもしれない……。
 
 その後、何となく気まずい空気が流れ、ボクはテレビを見るのを諦め、『お休みなさい』と、自分の部屋に戻った。
 ベッドでゴロゴロしていたけれど、中々寝付けず……そりゃそうだろ、丸二日、食っちゃ寝し続けたら……。
 
 どうしても眠れず、布団の中で寝返りを打つのにも飽きたので、ボクは仕方なくリビングに下りる事にした。
 何か温かい飲み物でも飲んだら、眠くなるかもしれない。
 それに、父さんの機嫌が良ければ、眠くなるまでテレビを見せてもらえるかもしれないし……。
 
 ボクは期待と不安でドキドキしながら、リビングの扉を開けた……。
 ところが中は真っ暗で、父さんも母さんもいなかった。
 「あれ? 誰もいないの……?」
 ボクは電気をつけるのも忘れ、誰に言うでもない小声でそう呟いた。
 我が家ながら、真っ暗なリビングは少し不気味な感じがした。
 
 暗闇に目が慣れてくると、リビングの奥の、カーテンで仕切られた仕事場から、僅かに光が漏れている事に気付いた。
 「何だ、仕事してたんだ……。」
 ボクは急に安堵感で一杯になった。
 それというのも、この所の父さんは、仕事もせず、のんびりリビングで新聞読んだり、テレビ見て過ごしてばかりだったから……。
 
 たぶん、普段の父さんなら、『パートさんや内職さんを休ませたら悪いから……』と、仕事が途切れる前に、次の仕事を手配していた筈……。
 (そっか、急ぎの仕事が来るので、ワザと予定を空けてたのか……)
 
 子守もそうだけど、三年生になった頃から、ボクは父さんの仕事も手伝うようになっていた……割と強制的に…………。
 もちろん、まだ子供だから、大した用事が出来る訳じゃないけど、父さんが電話で話してるのとかを聞いてるうちに、仕事の請け方とかも大体分かるようになっていた。
 でも、そんな自分は、かなり不幸な小学生かも……と、思ったりもしていたけれど……。
 
  
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                      ・・・・・・・・次週をお楽しみに(毎週日曜、午後6時に更新ちゅ♪)・・・(^_^)ノ
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月29日 (土)

行き先は、竿に聞いとくれ……w

 せっせと魚釣りに出掛け、せっせと海串焼いては……返品されてる…………ちゃびデシ…………値段なら、いくらでも相談に乗るから、買っておくれよぉ~~。
 『もう、貧乏タルとは呼ばせないっっっ!』とばかりに、スキルアップも兼ねての週5ペースでの魚釣り……無尽蔵に増え続ける海串の山……山……山…………。
 
 
 
 いくら値段を下げても、需要が無いため売れません…………。
 
 
 
 て事で、売れない海串に見切りを付け、今度は売れてるタブナジアタコスにシフトチェンジ……えぇ、先日もお話しした『グリモナイト』を使って作る料理デシw
 これだと材料の『グリモナイト』とフリントキャビア……の親玉、『煌魚』でスキルが上がりますの……釣りのw
 
 さて、『煌魚』から『煌魚の腹子』は4個取れ、『煌魚の腹子』から『フリントキャビア』3個作れます……て事は、『煌魚』から『フリントキャビア』は12個作れる計算になりますw
 ただし、『腹子』にはHQ品が存在し、数がより多く取れることがありますw ま、スキル上限が80以上なので、そう滅多に拝めるモノではありませんが……w
 
 
 そして、タコスでお料理スキルも上がり、一石二鳥……と浮かれてましたら、いつかのバージョンアップで、上限下げられてましたゎ、タコス……w
 せっかく元手要らずでお手軽にスキルアップ……と思ってましたのに…………ま、その分、料理のHQ品は出来やすくなる訳で……痛し痒し……と言ったところデシかw
 
 で、手持ちの材料でタコスを作り、ジュノで若干叩き売り、キャビアが品切れになったので、仕入れにボスディン氷原へw
 の前に、サンド出たトコの川でヒカリマスを釣り、それでエサとなるマス団子を7ダースほど準備して、OPテレポしました♪
 
 飛んだ先に丁度池がありまして、そこで糸を垂らしてみたら……かなりの豊漁で、ボクビックリ……w
 何年か前は、中々釣れなかった記憶があったのデシけどねぇ……いあ、スキルは似たようなものデシたょ……72~3だったかな?……釣りスキルって、それだけ上がらないモノなのデシょ……。
 
 だから、写真にありますように、連続で釣れるなんて思っても見ませんデシたわ……モンスタばかり釣れてた記憶があるだけでw
 えぇ、エサを7ダースも用意したのは、その内5ダース分はモンスタに喰われても良いように……みたいな?w
 
 ただ、ダース釣ってもスキルは上がらず……カバンはパンパン……で、一旦モグハウスに戻り、キャビアの前段階の腹子に調理することにしましたw
Imgp0003  写真見てもらって判るように、煌魚はスタック出来ない大型魚なのでねぇw 雷クリで捌いて(さばいて)、数を持てるようにしないと……w
 
 
 ところで、ヴァナには『伝説の……』とか、『幻の……』とか言われる魚が、呆れるほど数多います……w
 
 
 
Imgp0005  それから、少しでも有利にスキルアップするために、ウインに飛んで、昇級試験を受けてきました……試験用の『三眼魚』は、忘れたくとも……思い出せないほど昔に釣ったものデシw
 これで残すは『師範』のみ♪ さぁ、がんがって、釣りまくるぞぉ~~w てか、偏ってるなぁ~ボクのスキルw
 
 
 なんか、貧乏人丸出しの上げ方になってますなぁw
 
 
 釣りと料理スキルは食費を浮かすため、木工も『メープルシュガー』作りだけで23まで上げました……魔道士系はスィーツが主食なのw
Imgp0002  んで、錬金術は薬品代を浮かすため、彫金は……彫金は…………ハニーへの愛? ポッ(*^_^*)
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月28日 (金)

欲しいモノ無くても、釣り……w

 当座の目的を果たしまして、またもFFから足が遠のく……と思いきや、釣りスキルがこの度78に上がりまして……今度はそっちに、情熱が移りゆく気が汁ちゃびデシw
 リアルでは全く釣りなんかにゃ興味ない中の人デシけど、何故かボクは弟子を2人抱える釣り名人……w
 
 
 もっとも、二人の弟子……K氏とF氏には、とうの昔に追い抜かれちゃってるのデシけどね……w
 
 
 でも、まぁ……それもこれも、ボクの的確な助言があったればこそ……と、勝手に解釈してますが……何か不都合でも…………?w
 FFで元手要らず系で稼ぐには、釣りは格好の手段…………と言っていいのかな? 今でもヴァナの各地……てか、海や川や池、湖の底には、ボクの竿やルアーやらが無数に……。
 
 全国各地、津々浦々……アトルガン地域を除くw……釣りして回りましたのでねぇ、釣り系HPに劣るとも勝らない知識が……って、負けててどうするっっっ!?w
 生きたデータ……てか、HPには無い、具体的で細かなデータを持ってましたのでね、我が弟子共に、請われるままに教えていましたら…………追い抜かれちゃったw
 
 
 てな訳で、昨夜は海蛇の洞窟に行って来ました。目的は、ネビムナイトだったのデシけど……えぇ、船の上で釣るより、安全且つ、時間に縛られませんからw
 ここには以前、グリモナイトという貝を狙って籠もったことがありましたが、今回はライバルもいなくて、ノンビリ釣りが出来ました♪
 
 グリモナイトはここでしか釣れず、しかも、ナイト御用達の食事の材料として、重宝されてましたので、当時はライバルがウジャウジャいたのデシけどねw
 アトルガンが拡張されて、そこで釣れるブツでも同じ料理が作れるように、レシピが追加されまして、それで人が減った模様w
 
 
 ここ、高レベルでないと、生きて戻れませんからねw
 
 
 昨夜も73から見て『丁度良い強さ』のモンスタを釣り上げ、カー君と一緒に何とか倒しましたょ…………釣りぢゃなく、両手棍のスキル(=戦闘スキル)が2も上がっちゃったw
 アトルガンの方が、少しは楽に釣れるのかも知れませんが、ボクのダウンロードしたデータは、それ以前の物なので……料理しようにも分かんないw
 
 今更、新しいデータをダウンロードするほど、情熱もありませんし、良い塩梅で釣り人が分散してる……と解釈して、こっちでゴソゴソ上げますゎw
 
 
 釣りスキルも、お料理スキルも…………棍棒スキルも……w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月27日 (木)

パソコンは順調……なれど

 DVDの再生、ストレス無く出来るようになった、ちゃびさんのメイン機デシw 当たり前の事が当たり前に出来るって、かなり幸せな事なのよねぇ……♪
 その昔、交通事故から復活して、杖無しで歩けるようになった時の事、走れるようになったときの事……等の嬉しさを思い出しましたぉw
 
 
 失うまで気付けない、『当たり前に出来る事のありがたさ』……人間って、愚かな生き物なのデシね……。
 
 
 ま、ボクらしからぬ、哲学的な話題はこの辺にしておいて……えぇ、すぐに底が見えちゃうので……『浅薄』と言う字に、手足が付いてるようなのがボクデシからw
 取り敢えず、自力でドライブ交換して、普通に再生出来るようになって、上機嫌でいる……って事だけ判ってもらえれば…………w
 
 ……いつの頃からか、DVDドライブの気分次第で、再生出来たり出来なかったり……してましたのでねぇ……。
 それも、同じDVDでもその時々で、見られなくなったりして……ホントに厄介な状況だったのデシよ……それだけに、喜びも一入(ひとしお)……みたいなw
 
 で、FFの方も、昨日は落とされる事も無く……と言っても、魚釣り三昧(=回線が混み合ってない場所)デシたから……w
 ただ、それでも、FFにインする時のBGMに音飛びがあったり、釣り中もコマ落ちするような動作があったり……と、万全ではないみたいデシたけどねw
 
 ま、週末にはカンパニエ行きますし……それまでに誘ってもらえたら、PTにも出掛けますが……それで、大体の状況が掴めるかと思ってますw
 今のところ、コレと言った目的がある訳で無し……買い物済ませたので、惰性モード復活……て感じデシから、何が起ころうと……w
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月26日 (水)

パソコンいぢり♪

 久々に旧型機を起動して、バッタもんDVDでも焼こう……と思いましたら、あまりの放置プレイでメイン機以上に働かず……w
 仕方ないから、もう1台のサブ機にソフトをインストールし……こっちはまだ動いてくれましたw……DVDは無事焼けたのデシが。
 
 このまま、オブジェとして旧型機を置いておくほど、ボクの性格は穏やかではないので、早速使えるパーツを取り出し、使えない物は処分する事にw
 と言っても、たぶん具合の悪いのはマザーボードだけだと思うのデシけどね……それも、ボタン電池を交換すれば、何となく直りそうな予感もするのデシけどねw
 
 
 ま、直したところで、そう滅多に使わないから……w
 

 
 この旧型機のDVDドライブは、メイン機よりも新しいヤツを入れてたので……どういう事情でそうなったかは聞かないでちょ……聞かれても、答えられません……忘れちゃってて……w
 丁度良い機会だから、このDVDドライブをメイン機に入れ替えよう……と、朝、ガンダムの再放送を見終わった後、ゴソゴソと旧型機を分解し始めた中の人w
 
 分解……と言っても、外装はネジ5本で外せ、中はガランドウ……みたいな自作機w 開いてみて『随分奮発したパーツを使ってる♪』……と、他人事みたいにハシャぐ中の人w
 DVDの他にも、電源も新しそうだし、HDDは2台あるし、なんか得した気分♪ ……って、同じ財布から出てるのだけど……w
 メイン機で不安なのはDVDと電源なので、取り敢えず今日は、その二つだけ外し、メイン機のと交換する事に。
 
 が、電源は容量的に少なく、断念。今の世代のパソコンなら、これでも十分足りるのでしょうけど、省エネを無視した世代のパソコンなので、メイン機w
 DVDだけ交換しましたら、BIOSを変更するまでもなく、あっさり認識してくれ助かりました♪
 
 で、DVDを見よう……と思いましたら、時間は既に12時ちょい前w 勿論、お昼の……デシょw 久々だったので、少々時間が掛かっちゃいましたかw
 これで、順調に動いてくれたら嬉しいのデシけどね……特にFFw ソロだと誰にも迷惑かかん無い……って言いましたが………………結構かかってます、ボクにw
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月25日 (火)

買い物上手♪

 カンパニエバトルで、そこそこ雑魚を倒し、いよいよボスキャラを倒せるか……って時に落とされ、それまでの頑張りが全て無になった……ちゃびデシ…………。
 このタイミングで落とすか……と、怒りを通り越して、笑っちゃいましたょ、マッタク…………30分ほどの時間と、1500近い経験値がパァ~w ってw
 
 
 さて、スコハネ+1が50万ギル……って話は以前にしましたよね? 取り敢えず、お金をせっせと稼いでたのデシけど……イカ釣って、寿司握って……w
 目標額に近付いた頃、ふと、このまま貯め続けて、バミクロ+1(ロイヤルクローク)買って、手持ちのバミクロ売ったお金で買った方が……と思い立ちましてw
 
 
 いあ、どうしても……って訳でも無かったのデシけどね、何か目標があった方が、やる気が出るぢゃないデシかw
 
 
 で、この度、75万ギル貯まったので、競売に走りますと……倉庫キャラでw……丁度、ロイヤルクロークがその値段辺りに落ちて来てて♪
 迷わず購入しちゃいましたょw んで、速攻でバミクロを競売に出したら、56万で売れまして……えぇ、丁度在庫切れだったので、高く売れました♪
 
 その後はスコハネ+1を50万で落札し、余ったお金で、青用の装備を何某(なにがし)か買いました……青のAFはお気に入りなのデシけど、やはり、世間様の目も気になりますしw
 今回は中々良い買い物が出来ましたw 何より嬉しかったのは、54万で買ったバミクロが56万で売れた事♪
 
 
 『儲かった~~w』と言うよりは、『損せずに済んだ~~♪』って気持ちが大きいのは…………何故?w
 
 
 レベルシンクの導入で、高レベルの装備のまま、低レベルPTに参加出来るようになったからデシかねぇ、ここまで装備品の値段が下がった訳は…………?
 ホント、一昔前までは……てか、出来て6周年ほどなんだけど、FFw……こんなに暴落するとは想像もしませんデシたわw
 
 
 
 ロイヤルクロークもスコハネ+1も、天文学的な数字デシたから……落札金額……。
 
 
 
 あ……ボクの名誉のために言っておきますが、貧乏が取り柄の……失敬な!……貧乏自慢の……するなっ自慢!……ボクだけが天文学的に高く見えた訳ぢゃないデシよw
 そこそこお金……てか、ギル……持ってる人でも、そう簡単に買える金額ぢゃなかったのデシょ……桁が1つも2つも高かったんだからw
 
 
 ソレが今では……こんなボクでも買えちゃうのデシから……その当時、苦労して手に入れた人達の無念を思うと…………なむぅ……w
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月24日 (月)

連休なんて、関係ないワナ……

 ここんとこ、FFにインすると、必ず2回は回線落ちしてるちゃびデシ…………。最近はパソコンの電源を、完全に落とさないようにしてるのデシけどねぇ……。
 FF以外は普通に動いてるのデシけど……DVDドライブは故障中デシけどw……それ以外は順調なのに、FFだけ…………。
 
 ま、PT組まなきゃ良いだけで、ソロで活動する分には、誰にも迷惑かけませんからね……それも、インして30分の辛抱なので、まぁ、我慢してます。
 
 
 でも、そんな時に限って、誘われちゃうのよね、PTってw
 
 
 土曜日はカンパニエってる予定だったのデシけど、ネビムナイトが予定してた数に届かず、急遽、釣り曜日に変更して、セルビナで船に乗り込みましたら、PTのお誘いが掛かりましてw
 軽く躊躇しつつ、『あい、喜んで』……習慣とは怖いものデシねw 無意識にそう返事して、準備に戻りましたわw
 
 白門で合流して、狩るモンスタがインプと聞き、これまた急遽モグハウスに、やまびこ薬を取りに戻ろうとしたら、回線落ち…………。
 画面がフリーズしたまま動かず、仕方ないからリセットボタン…………。パソコンが再起動する間、おトイレに駆ける中の人……w
 
 
 ま、焦っても、戻れないものは戻れませんからw 
 
 
 FFにインし直し、誘ってくれたリーダーを捜してましたら、向こうから声をかけてくれまして……ひたすら謝って、カダーバの浮き沼に現地集合w
 『もう落ちてくれるなよ……』と祈りつつ、もう一度PTに誘ってもらいました♪ 今日も今日とて、ケアルタンクデシた……w
 
 この日のPTは盾がタルナイトで、戦士と青魔道士が前衛、コルセアが釣り役で、ボクと赤さんが後衛……の布陣デシた。
 この日、何が凄かったって、インプの殲滅速度w メリポPT?……ってくらいの回転の速さデシたw 普通に6チェしてましたモンw
 
 ソレよりも凄かったのが、ボクのMP回復量w ジョブアビのオートリフレシュ+バミクロで、回復量3秒に+2が標準に持ってきて、コルセアさんの何とかロール+赤さんのリフレで、MPが5とか6とか回復してんのw
 インプと言えば、怖いのはガ系くらい。ソレは叩いたり青さんが止めたり出来ますから、ボク的な仕事って、ケアルとサイレナくらいで済むぢゃないデシか…………MP余る余るw 
 
 だから、この日は遠慮する事無く、召喚獣に70の履行技を撃たせましたょw 当たると、かなりダメ出ますなぁ……w
 もっとも、その半分以上は、インプのアムネジアで封印されてましたが……w ボクの方が先に仕掛けても、インプの方が先に終えちゃってしまうんだもん……何たらタンタラ……w
 
 
 ところで、召喚獣の攻撃魔法って、アビ依存なの? アムネジアされたから、替わりに魔法撃たせようとしたら、構えるだけで、撃った形跡無かったものだから……。
 
 
 それとも単に、レジられちゃっただけ?w
 
 
 でも、ま、そんなこんなで終わってみれば、4万近く稼げたかな、経験値♪ もっとも、皇帝の指輪2回、アニバーサリリング2回使いましたがw
 スゴイデシよ、経験値500とか600の世界w レベル70代なのに、危うく1日に2レベルも上がっちゃうところデシたw
 
 
 前の日、シーホラーに倒されてなかったらなぁ…………上がれてたのに…………w
 
 
 カバカバ、カー君にガンガらせ過ぎた、ボクのカバ…………w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月23日 (日)

愛は燃え尽きぬ~改訂版~03

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ・・・デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 ちなみに、母さんの実家は広島で、母さんのお父さん達……ボクにしたらお爺ちゃんなんだけど……は、母さんの弟夫婦と一緒に暮らしていた。
 叔父さん夫婦には子供が二人いて、上の子のアケミちゃんはボクと同い年なのに、遊びに行くといつもお姉さん気取りで命令するので困る……。
 確かに、ボクは十月生まれでアケミちゃんは四月生まれ。お姉ちゃんと言えなくはないのだけど……。

 
 「でも、今頃どうして和歌山に行ったの? ねぇ、ボクも行って来たい。丁度、学校も休みだし……?」
 「お前はダメだ。休校と言っても、いつ再開されるか分からないだろ? それだったら、いつ始まっても良いように、しっかり勉強しろ。」
 「父さんまで……でも、それだったらリョウタだって……。」
 「それに、今年の夏は『ボク等だけで行きたい……』と言って、リョウタとユウコに留守番させて、アケミちゃん達と和歌山行っただろう……?」
 「……そりゃ、そうだけど、アレ言い出したのはアケミちゃんだよ……。」
 「それはお前の都合だろうっ! 大人には大人の事情があるんだ! 今回はお前が留守番。判ったかっっっ!」
 「…………はい。」
 父さんの雷が落ちた……。こうなると、誰が何を言っても聞いてくれない……。
 でも、大人の事情って何だろ……和歌山のお爺ちゃん、父さんに何言ったんだろ……。
 
 「ほらほら、そんな所でボーッと突っ立ってないで、早く部屋で勉強してなさい。後でオヤツ持って行ってあげるから。」
 「ホント? なら、勉強してくるよ。」
 日頃はボクが頼んでも、オヤツを中々出してくれない母さんが、今日に限って自分から言ってくるなんて…………一人っ子って、こんな感じなのかな……?
 
 やたら水っぽいプリンを食べ、それでも、ボクは上機嫌で夕方まで勉強した。
 途中、休憩時間にマンガを読んだりしたけど……休憩時間と勉強時間が同じくらいだったって事は、内緒だけど……。
 
 さて、有意義な時間を過ごし、夕食のためにボクがリビングに下りて行くと、もう、料理は並んでいた。
 ガスの調子でも悪いのか、おかずの野菜炒めも少し焦げが入ってた。
 ま、こんな日もあるのかな……と、黙って食事を済ませ、しばらくテレビを見ていたら、お風呂に入るよう母さんに言われた。
 四年生になってから、一人で入るようになったんだ。
 何だか、少し大人になったみたいで嬉しかった……でも、一人で寝るのは、まだ少し怖いのだけど…………あ…………。
 
 ところが、服を脱いで風呂場に入ると、湯舟の水は冷たいままだった……。
 大声上げて、母さんに様子を見に来てもらったものの、
 「ボイラーの調子でも悪いのかなぁ……。明日にでもガス屋さんに連絡して、見に来てもらおうか……。」
 そう言うことになり、今日はお風呂には入らず終いになった。
 ボクはパジャマに着替えると、父さん達に『おやすみ』と声をかけて、自分の部屋に戻った。
 
 やっぱりガスの調子が悪かったんだ……だから、今日のご飯もあんな具合になっちゃったんだな……。
 そんなことを考えながら、ボクはベッドに潜り込んだ。
 やばい……裸でドタバタしたせいか、朝より喉のイガイガが酷くなっている……せっかく学校が休みになったのに……。
 ボクはベッドの中で、朝までにこのイガイガが治りますように……と、お祈りした……神様か仏様に……。
 
 二章 火曜のこと
 
 次の朝は最悪だった……。
 お祈りの仕方が悪かったのか、喉は痛むし鼻は詰まるし、頭も痛いし体が重怠い……。
 学校が休みになって、遊ぶ事ばかり考えてたのでバチが当たったのかな……。
 そんな事を考えながら、フラフラとリビングに下りていった。
 
 「ぼばよ……。」
 鼻詰りのうえ声も嗄れ、自分でも誰が喋ってるのか判らないような声で、ボクは『おはよう』と言った……つもりだった……。
 ボクの声に驚いて、駆け寄った母さんの顔を見て、ボクの方が驚いてしまった。
 昨日より、火傷が酷くなっている気がしたからだ。
 赤く腫れ上がっていた所が、少し、青黒く変色してきている……。
 
 「……があざ……びやざないど……。」
 「あんたは自分の事を心配しなさい!」
 少し怒った口調で、母さんはボクのオデコに手を当てた……ハッとするほど冷たい手に、
 「……があざ……で……づべだい……。」
 聞き取りにくいボクの声に、母さんは呆れたような顔で笑い出した。
 「あんたのオデコが熱いんでしょうが。」
 「どれどれ、見せてみ……。」
 父さんも側に寄って来て、ボクのオデコに手を当てると、
 「こりゃダメだ。」
 そう言うと、父さんはボクをヒョイと抱き抱え、そのままボクの部屋まで連れて上がってくれた。
 
 父さんの体も、とても冷たく感じたけれど、それはきっと、ボクの体が火照っていたからだろう。
 それより何より、父さんにこんな風に抱っこしてもらうなんて、生まれて初めてかもしれない。
 そっちの方が嬉しくて、ボクはコッソリ風邪に感謝していた。
 
 ボクの物心がつく前にリョウタが生まれ、ユウコが生まれる五つの頃には、ボクはもう、リョウタのお守りをしていた……。
 父さんと母さんは、日曜も祭日も無く、朝早くから夜遅くまで働いてた。
 だから、ボクには父さんや母さんに、構ってもらった記憶がない……。
 それでも、休み無く働く父さん達を見ていたボクは、進んで弟達の面倒を見ていた。
 ユウコのオムツの交換も、ボクの方が父さんよりも早くて上手かった。
 『これで安けりゃ、牛丼屋だなぁ』と、父さんが負け惜しみに言った事を、ボクは今でも覚えている。
 
 「……ケント、大丈夫か? しっかりしろ……。」
 心配そうに、ボクの顔を覗き込んだ父さんは、包帯の上まで血が滲んでいて、『お前こそ、大丈夫か?』と言いたくなる。
 どうやらボクは、部屋に運ばれる途中で眠っちゃったみたいだ。
 そんなに大きな家でもないのに……きっと、階段をトントンと昇る心地よさに、つい、寝ちゃったんだ。
 そして、ボクが急にフニャッとしたものだから、父さんも慌てたんだな、きっと。
 
 ボクが目を開けると、父さんは心底ホッとした表情で、
 「学校が休みになる程の、キツイ風邪らしいからな、熱が下がるまでウロウロしたらダメだぞ。」
 そう言って、ボクのオデコをポンと叩いて、父さんは部屋から出て行った。
 「ありがど…………。」
 殆ど掠れて聞き取れない声でお礼を言うと、父さんは『ガッハッハ』と豪快に笑った。
 
 それからしばらくして、母さんが雑炊を持って来てくれた。
 ボクはノソノソ起き上がり、雑炊の入ったお椀を受け取った。
 『あ~~ん』とか言って、食べさせてもらおうか……とも思った。
 だけど、そこまで甘えると、風邪が治った時に何を言われるか判らないので、我慢した。
 カツオの出汁が利いた卵雑炊は、冷めていたけど、それが火照った体には、却って心地良かった。
 
 そう言えば、昨日から温かい食事をしてない気がする……。
 その割りに、焦げた物ばかり出て来る気も……。
 あ、そうだ、ガスの調子が悪いんだった。
 それでお風呂に入り損ね、ボクまで風邪を引いちゃったんだ。
 
 熱で頭がボォ~ッとしているせいか、考えが上手くまとまらない……。
 ボクがそんな取留めのない事を考えながら、おじやを食べ終わると、
 「えらいえらい、残さずに全部食べたねぇ。」
 母さんは誉めてくれ、空になったお椀を持って部屋から出て行った。
 お腹が膨らむと、少し元気になったような気がした。
 でも、それ以上に眠くなり、ボクはベッドに潜り込んで、うつらうつらしていた。
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                      ・・・・・・・・次週をお楽しみに(毎週日曜、午後6時に更新ちゅ♪)・・・(^_^)ノ
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月22日 (土)

忘れた頃に届いた通知♪

 めっきり寒くなって参りましたねぇ……。手が悴んで(かじかんで)、マジシャンには辛い季節の到来デシね…………って、いつからマジシャンに?!w
 
 
 てか、室内で手を悴ませてるのもどうょ…………って話デシょw
 
 
 季節の移り変わり相応に、気温が下がっていくのは平気なのデシけどね、今年みたいにカクンカクン……一気に上がったり下がったりしますと、ちとキツイw
 暖房は12月の声を聞いてから……が心情のボク的には、ここが堪えどころ……まぁ、やせ我慢して風邪ひいちゃ、何もなりませんが……w
 
 
 で、今年からストーブ点火までの繋ぎに、湯たんぽを導入することに♪
 
 
 いやはや、中々快適デシょ♪ 帰宅と同時に湯を沸かして、ジョンジョロリ……と湯たんぽに満タンに熱湯を入れると、翌朝までたぷ~~り楽しめますなw
 洗面器にぬるくなったお湯を入れ、残ったお湯はヤカンに戻せば、水も節約出来ますしねぇ……ボクは日曜にしか洗濯しないのでw
 
 今更ながら、先人の知恵は大切にしなきゃ……と実感しました♪ 足温器や電気あんかも良いけど、消し忘れる事が多くってね、ボクってばw
 湯たんぽは忘れても、水になるだけだし……顔洗う前に気付けるしw うっかり屋さんのボクには良い選択デシたw
 
 
 さて、昨日の事デシが、出版社から葉書が届きましてね……すゎっ、早くも結果が出たのか…………と、ビックリしました。
 でも、受かってたら、葉書1枚……って事は無いよなぁ……案内のパンフレットやら、学費や寄付の振り込み用紙やら、どっさり書類が届く筈……。
 
 
 
 って、そりゃ合格通知やがなっっっっ!
 
 
 
 よくよく読んでみれば、応募した小説は、編集部で確かに預かってます……的な通知だけデシたゎ…………w
 いやはや……郵パックで送ったぢゃないデシか、原稿。なので、発送した次の次の日には、受取証が返送されてましたのでねぇw
 
 それにしても、9月末に送った原稿が、その存在を確認されるだけで、2ヶ月近く掛かるのか……よっぽどノンビリしてるんだなぁ…………ぢゃなくっっっ!w
 応募数が多かったんだなぁ…………こっちデシね?w 失敬失敬w 喉元過ぎれば……ぢゃないのデシけど、この時間差にピンと来ませんデシたわw
 
 この葉書に寄りますと、結果は来年5月、小学館文庫の巻末で発表されるのだとか……一気に発表せずに、一次審査とか二次審査……みたいな形で発表してくれたら、良いのにねぇ…………?
 
 
 そうしたら、名前無かったら、すぐ別の出版社に応募出来るぢゃないデシか…………って、落ちる気満々だな、をゐ…………w
 
 
 いあ、ウソでも謙虚なところを見せておかないと……をゐw
 
 
 
 面白く書いた自信はありますぉw それが受けいれられるかどうかは別にしてw てか、不安だらけの作品を、ダメ元で投稿する……って、ソレは審査してくれてる人に失礼な話でしょ?
 だから、せめて自分だけでも作品を信じて、正々堂々としてないと…………って、結局、自信あるのか無いのか、どっちなんだ、ボクッッッ!?w
 
 
 
 

| | コメント (0)

レンズの交換に……2w

 いぁ、ケンカ売ってるわけぢゃなくてw みなさんをおちょくって……もとい、言葉遊びをしたかっただけデシw
 少しはビックリしてもらえたかしら? たまには、こんな感じも良いデシ?w とは言え、この時間差を楽しんでもらえるのは、ホントに限られた人だけなんだろうけど……w
 
 
 自分で言うのもなんデシが、頻繁に更新している訳で無し、毎日チラ見してくれてる人は稀で、殆どの人は、何日か置きに覗きに来てくれてる……のが、現状デシからねw
 それでも、ありがたい事デシょ♪ だから、何年に一度かは、不意打ちをしてみよう……って気になりますw
 
 
 年単位かょ…………w
 
 
 さてさて、このまま今回も終わってしまいそうな雰囲気に、なっちゃってました、ボクってばw 本題の「ほ」の字も語ってないのにw
 
 ボクが行ってきたのは「メガネの愛眼」……の、名谷店♪ 別に行き着け……では無いのデシけど、当時、車で立ち寄れるのは、そこが一番近かったのでw
 今はあちこちに出来てますが、別に不都合、不快な思いを感じた事が無いので、そのまま何かあると出掛けてますw
 
 それに、いつ行っても閑散としていて……失敬、待つことなく、速やかに対応してくれるので、意外と短気なボクにはありがたかったりw
 今日はレンズの交換と、それをしてもらってる間、替わりのメガネが必要なので、フレームが歪んだメガネを持って行きました……w
 
 
 えぇ、良く……いあ、たまにかな……ケンカするのデシょ……別に、お互いその気は無いのデシけど、出会い頭系……て言うか……壁や柱と……w
 
 
 そこそこの歪みは、自分で矯正するのデシけど、何度もやってると、どれが正しかったか判らなくなっちゃって……w
 まぁ、2つあるから良いや……と、放置してたのデシ、4年ほど……w 店員さんがボクの来店記録調べて判りましたw
 
 しかも、最後に視力測定したのは、1997年て言うぢゃないデシか……w なので、今日はアレコレ調べてもらって、ボクの目に合ったレンズを選ぶ事から始めましたw
 ぶっちゃけ、視力測ると、近視の進み具合が判るぢゃないデシか? それがイヤでワザと避けてた嫌いはあるのデシけどねw
 
 で、調べてもらいますと……幸いな事に度は進んでおらず、ホッと一安心♪ 今まで使ってたレンズも、「随分よく見えてる」そうで、これも一安心w
 てか、何をどう答えても、誉めてくれますの、この店員さんw ボクの言う事言う事、全て肯定して、「でも」とか「しかし」みたいな、否定の接続語も使いませんデシたわw
 
 
 余程、練り上げられたマニュアルを使ってるのね……w
 
 
 不自然な日本語……てか、敬語も使わなかったし、ファーストフード店のマニュアルに見習わせたいくらいデシたw
 ただ、あんまり誉められるとねぇ……何か用事を言いつけられそうな気がして来ちゃって……えぇ、ボクの母は誉めた後必ず、用事を繰り出してくるのでw
 
 それに、ボクは近視の乱視なのデシけど、『これは良い乱視ですねぇ~』と言われた日にゃぁ……返す言葉が見付からず……w
 年相応の自然な乱視で、強く矯正せずに済む……と、言葉の端々から判断して、そう理解出来るまでには、随分誉められ続けましたょ……w
 
 で、検査が全て終わり、レンズを選ぶ事になったのデシけど……極薄レンズ、3万円なり…………2枚で…ね。
 
 
 誉められて、乗せられそして、買わされて         ちゃびじろー、魂の一句w
 
 
 溜息が出ますなぁ……この時ばかりは、安い量販店で……と言う考えもチラッと頭をよぎりましたが……でも、ボクくらい度が進むと、そう変わらないのよね、値段w
 だから、安かろう……って高を括って量販店に入ると、なんだかんだ言い訳され、専門店並みの値段を提示される事も……w
 
 ま、軽い近視の人や、ファッション重視でTPOに合わせ、幾つも必要としてる人には良いのでしょうが……。
 近視だけぢゃなく、乱視も入ってますからねぇ……ボクw それに、安いメガネは安いだけあってレンズが分厚いし……ビン底メガネはイヤァ~~w
 
 
 

 

| | コメント (0)

2008年11月21日 (金)

レンズの交換に……

 長らく使っていたメガネの話デシが、最近レンズのコーティングが禿げてきましてね……UV浴び放題……みたいなw
 それだけぢゃなく、レンズも磨りガラスみたいに透明性が悪くなっちゃって……白内障の予行演習してる感じ。
 
 やぱし、「曇り無き眼(まなこ)で確かめたい」ぢゃない?w 「何を……?」とは聞かないで、単に思い付いた台詞を言ってみただけw
 
 
 立て、立つんだ! アシタカのジョ~~!!w
 
 
 更に無意味なおやぢギャグでスンマセン……思い付いたら、考えるより先に口が滑っちゃうタイプで……w
 
 で…………何の話デシたか……アシタカの話? ま、それはもののけ姫を見てもらって、自分で解決していただくことにして、ボクはメガネの話を……w
 えぇ、判ってるなら、話をサッサと進めろ……って事デシね? 了解了解、サッサと片付けちゃいましょう。
 
 
 眼鏡屋行って、レンズを交換してもらってきました……めでたしめでたし♪
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月20日 (木)

嬉しくも、謎の変更……

 えぇ、FFの話なんデシけどねw 12月のバージョンアップで、ジュノで出品する際の関税が撤廃されます。
 今更……って感じがプンプンしますが、それは良い♪ 無意味な出費が減るのは、貧乏タルとしてはありがたい事デシ♪
 
 で、次の変更点が少々ナゾw 今度からAFや地図取りのための宝箱は、すぐに見付けられるようにするんだとか……。
 誰が賞金稼ぎで、誰がAF取りなのか……どうやって区別するのでしょ?w サチコメとかに書くとか…………?w
 
 例えば、どこかの洞窟にAFの宝箱を探しに行く場合、その人がAFをゲットするまでは、やたらと宝箱が出まくる……って事?w
 もしくは、色違いとかで、専用の宝箱が設置されるとか……? あるいは洞窟にNPCを設置して、それに話し掛けて宝箱を出してもらうとか……?
 
 
 まぁ、現段階では情報が少なすぎて、妄想のしようがありませんなw
 
 
 どちらにせよ、こんな事もあろうかと、召喚士のAF、1個しかないボクがいるw
 
 
 71にもなって……てか、@3000足らずで72なんだけどw……60装備も無いのデシけど、順番待ち状態なのでね、AF…………w
 召喚士を終わらせない事には、赤と黒のAFクエが受けらんないのw まぁ、どちらもレベル的には40ちょちょい……最初のしか受けられないんだけど……w
 
 
 それもこれも、全てはズボラなボクの性格のせいw 洞窟に籠もって、箱探すのって面倒臭いんだもん…………良い時代になりそw
 それに、何より後衛ジョブは、前衛ジョブより装備はアバウトで行けますからねぇ……タルだからMP困らないしw 装備より、魔法の有無が問題になったりしますw
 
 なので、後回し…後回し……している内に、AF卒業のレベルに……w 今は、AFよりも、どちらかと言えばAF2とか、陰陽師浄衣の方が欲しかったりするw
 まぁ、どちらもソロでは取れないので、「欲しいけど要らないモノリスト」に入ってます……そのうち「欲しかったけど忘れちゃったモノリスト」に載る予定w

 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月19日 (水)

DVDに、へこたれちゅ……

 外人さんが先生のDVDを見てるのデシけどね……マジックの本場だけあって、痒くなくても手が届く……みたいに豊富に出てるのデシけどね……。
 全編英語なのよね……ま、それは良いの。こういったHow-Toモノは専門の知識がいるので、英語ペラペラの通訳さんや翻訳家さんでも、判らないだろうからw
 
 
 この年になって、真剣に英語のヒヤリングをさせられようとは……ま、頼まれても何でもないのだけれど……w
 
 
 てか、同じ外人さんでさえ通じないンぢゃないかなw 「ディーリングポジション」とか、「ビドルグリップ」なんて言葉、日常会話でも、そうそう出て来ないだろうしw
 ちなみに、上の二つの単語は、左手(ディーリングポジション)と右手(ビドルグリップ)でカードを持つ時の、基本的な持ち方を示しています……w
 
 他にも色々……トリック以前に、カードの扱い方(いわゆるテクニック♪)にも名前が付いてまして……そこら辺りは、必死で聞き耳立ててますから、そこはかとなく理解出来ますのw
 それに、親切な先生は割と滑舌良く、ハッキリ発音してくれますので、言いたい事は伝わってきますの、漠然としながらもw
 
 それより何より、ゆっくり実演しながら話してますからね、その手練手管を見ていれば、言葉はそれほどハンデになりません♪
 カメラワークも、正面からだけでなく、胸元に入り込んで、自分の手で実際に演じてるかのように撮影されてるのもあり、非常に親切なの♪
 
 
 でもね、凹んぢゃうの…………。
 
 
 先生はカードに触れるか触れないか……くらいの軽やかな技術で演じるのに比べ、ボクと来たら、唇とんがらせて……集中して来ると、無意識に口元がヒョットコみたいになっちゃうの、ボク……w
 どう贔屓目に見ても、『素人がイカサマしてまっせぇ~w』的ににぎごちなくて……あれ? 以前にも、このフレーズ書いた記憶が…………?w
 
 まぁ、もちろん、一朝一夕で上手くなれるとは思ってません。一段一段、階段を上って行くように、マイペースで練習はしていくつもりなのデシけど……。
 
 
 
 何万段上ったら、上手に演じられますか? 何十万? それとももっと?
 
 
 
 DVDを見て、その驚異のテクニックを目の当たりにする度、いくら練習しても、この領域には辿り着けまい……と、ぢっと手を見る今日この頃なのデシょ……w
 自分では、手先は器用な方だと思ってたのデシけどねぇ……上には上がいますなぁw いあ、比べるのも烏滸がましい(おこがましい)……って話デシね、失敬失敬w
 
 
 ところで、知っているようで知らない英語の話。英語で『セカンドフィンガー』って、何指かご存知?w
 
 
 答えは………………気が向いたら、またw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月18日 (火)

久々に見た夢は……

 さて、昨日から関西地方……てか、TV大阪で、ファーストガンダムが放送され始めまして……起きるともなく見ているちゃびデシw
 しかしアレデシねぇ……アテレコしちゃってますな、ボクw 自分でも呆れるほど、台詞を覚えてるっぽい……w
 
 リアルタイムでは、最初の方は別の何かを見てたのデシけどね、途中から……ランバ・ラル辺りか、カイ・シデンの恋物語辺りか……それくらいから見出しましたw
 その後、何度も再放送されて、物語的にも記憶的にも補完され……台詞的にも補完され…………w 現在に至ってますw
 
 
 それはさておき、昨夜……てか、正確に言えば今日の未明……になるのでしょうがw 2度ほど……自分の笑い声で目覚めてしまいましたw
 真夜中に文字通り『ウハハハハ!』と、自分でも驚くほど……一軒家の一人暮らしで良かったょ……心底そう思いましたw
 
 ここまで笑わせてくれたのだから……と、一応メモっておきました♪ えぇ、何かネタが浮かべば……と、枕元にはノートとボールペンを、いつも置いてますのでw
 で、どんな内容か……と言いますと、今ここでお話ししても、その状況やら経緯やら……そんなところから話さないと通じそうにないので……w
 
 
 何より、寝ぼけ眼で書き殴ってるので解読出来ない……
 
 
 ま、世の中こんなもんデシ…………w
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月17日 (月)

FF漬け……?w

 先週はほぼ毎日、FFに顔を出していたちゃびデシw と言っても、月~金は釣り三昧……土曜はビシージとENM、日曜カンパニエ少々……みたいなw
 FF食傷症候群のボク的には珍しく……ボクもそんな事が言えるほど、FF離れしてきたのデシかねぇ…………?w
 
 
 FF中毒……とか、FF禁断症状が出てた頃が、懐かしい……w
 
 
 さて、そんな土曜日のビシージ後、サルベージ仲間だったK嬢を見付け、お休み前の一イタズラ……でもないけど、軽~く恥をかかせてあげまして……w
 ボクのマクロには、たまに毒を含んだモノもあり……気のおけない友人限定で、発動させる事があったりする……w
 
 らくださんやY氏がいない今、丁度良いオモチャ……もとい、イケニエ……て言うか、実験台? その筆頭候補に挙がっているようないないようなw
 K嬢は、ボクがまだ人見知りモードの、出会って間もない頃から、いぢらずにはいられないような、天然ボケをカマしてくれてた逸材なのデシ♪
 
 
 
 何がどう、逸材なんだっっ sign02
 
 
 
 ま、敵もサル者ひっかく者……サルぢゃなく、ネコなんだけど、K嬢w……人が寝るって言ってるのに、アレコレ話し掛けて来て、気付いたらENMのメンツに入れられてて……w
 フルアラ=18人で、言って来ましたょアットワENM♪ ……人数集まらず、解散する方に50ジェトンほど賭けてたんだけどなぁ、心の中で……w
 
 
 トーテンタンツ……だったっけ? トータンテンツ?…………ま、そんな感じのヤツw
 
 
 山登りから始める……って事で、中々集まらなかったのデシけどね、12時近くになり、PTを諦めた人達が急に集まりだし……w
 ボクはアットワENMのキーアイテム、『防毒面』は既に持ってたので……いつ山登りしたのか忘れるほど前に取りましたw
 
 なので、山登りには参加せず、みんながキーアイテムを手に入れたところで、一緒にENM会場に行こう……と思ってたのデシけど……何故か置いてきぼりにされちゃって……。
 一人半ベソをかきながら、地図も持ってないアットワを駆けずり回りました……迷子になって迷惑かけちゃうかなぁ……と思いながら。
 
 たぶんこんな感じ……で走り続けてましたら、何となく見た事あるような……ま、どこもそう…っちゃぁ、そうなんだけどw……そんな景色を彷徨いながら、気付けば無事、会場にたどり着けてましたsign03note
 一時は毎週のように通った時期がありましたので、頭は忘れてても、体……てか、指使いは覚えてた………のかしら?w
 
 これがPOKIPOKIのみんなと一緒だったら、驚かれたりツッ込まれたりするのでしょうが、ほぼ寄せ集めの野良アラPT……ボクも叫びそうになるのをジッと堪えてましたょw
 ボクが意気揚々と、会場で他の人達を待ってましたら、総リーダーであるK嬢から、山登りに挫折してメンバーが一人、文字通り脱落したとの知らせがありました。
 
 さらには、いざ、BC突入……の段になって、何故か外人の侍が入れなくなるハプニングもあり……どうなる事やら……と、不安がよぎったのデシけど。
 実際は、ほぼ瞬殺w 時間にして6分弱……内5分は作戦会議だったりw いきなり侍がいなくなっちゃったのでねw
 
 6~7人くらいはいた黒さん達が、時間を合わせてサンダガ3を撃ち、ソレに合わせて前衛陣が特攻、ボクも召喚獣に突撃させ、即アストラルフロウ。
 火曜日だったので、イフリート召喚して突っ込ませたのデシけど、アスフロ発動して、履行技を探してる間に終わってました………………バトルw
 
 ログ見たら、辛うじて一発だけ殴ってましたゎ、イフリートさんw
 
 大山鳴動して鼠一匹……的バトルが終了し、それでも経験値3500、戦利品……今回はゴミだけデシたが……12000ギル相当のブツをゲット出来ました♪
 PT解散してモグハウスに戻った時、K嬢から「お疲れ~」メールが届き、ボクもお礼言ってようやく寝る事にw
 
 毎回思うのデシけど、レポートだけでなく、写真も撮っておくべきだったなぁ……とw でも、ソレに気付くのって、だいたい今……ブログ書いてる時なのよねぇ……w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月16日 (日)

愛は燃え尽きぬ~改訂版~02

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ・・・デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 さて、壁の時計を見ると、そろそろ八時半になろうとしていた。
 ボクは慌ててランドセルを掴むと、玄関に駆け出した。
 「行ってきまーす。」
 クツをケンケンして履きながら、ボクは玄関から飛び出した。
 「行ってらっしゃーい。」
 母さんも大きな声で、いつものように送り出してくれた。

 
 鉄筋三階建ての我が家から、ボクとリョウタの通うタカカミ小学校までは、走って十分の所にあった……今日は歩くと遅刻するので……。
 また、自宅の建物とは別に、ガレージの上にも後から増築されていてた。
 ボク達家族は区別するため「ガレージの二階」「~三階」と呼んでいた。
 
 そうそう、鉄筋三階って言うと、お金持ちの家……みたいに思われるかも知れないけど、ボクん家は筋金入りの貧乏だ……。
 それに、自宅と工場、倉庫を兼ねているので、実際はそれほど大きくも広くもない。
 自宅の一階半分とガレージの二、三階が工場の部分で、自宅の二階と三階が家族の暮らしている所だ。
 
 ここだけの話、父さんや出入りの大工さんに言わせると、ボクん家は違法建築と言う建て方をしているらしい。
 「どういう意味?」
 以前、そう尋ねた時、父さんは豪快に笑って何も答えてくれなかった。
 仕方がないから、ボクは辞書とかで調べて、もう一度父さんに、
 「違法建築って、建てたらダメな建物なの?」
 「よく調べたなぁ、大したモンだ。」
 父さんはまたもや豪快に笑って、誉めてくれた。
 
 「大人になったらなったで、色々『大人の事情』があるんだよ。お前もそのうち判ってくるだろうけどな……。」
 そう言って、ボクにウインクして見せた。
 あんまり似合わない仕草に、ボクが『ウゲッ』って吐く真似をしたら、父さんにグウで殴られた……。
 
 息急き切って校門を走り抜け、ボクは校内に駆け込んだ。
 そして、四年三組の教室に入ると同時にチャイムが鳴って、入学以来、無遅刻の記録は辛うじて更新する事が出来た。
 ただ、教室の中を見渡すと、半分くらいしか席が埋まってない事が気になった。
 
 ランドセルを机の横に引っかけ、ボクは隣の席にいたタケヤンに聞いてみた。
 でも、タケヤンも首を傾げるばかりで、何も知らないようだった。
 やがて、担任のニシヤ先生が入って来た。
 先生は教室の中だと言うのに、頭がすっぽり隠れるようなニット帽を被り、大きなマスクもしていた。
 
 「急に冷え込んだせいか、風邪でお休みのお友達が一杯出てしまいました。なので、今日から一週間ほどの間、学年閉鎖する事になりました……。」
 そう言うニシヤ先生の声も、いつものダミ声に加え、かなり嗄れた声になってもいた。
 出席してたボク達は、遠慮しながら歓声を上げた。
 「はい、静かにする! 今も熱が下がらず、寝ているお友達もいるのだからね。みなさんは学校から連絡があるまで、自宅で自習しているように。」
 そう言うと、ボク達は授業も受けず、早々に学校から帰された。
 
 帰る間際、いつもならさっさと教室を出て行くニシヤ先生が、戸口で生徒一人一人の頭を撫でながら、サヨナラしてくれたのには驚いた。
 でも、それはそれで嬉しかったので、僕の番が来て先生にそう言ったら、
 「せっかく学校に来てくれたのに、一緒に勉強出来なくなったからなぁ……ゴメンな……。」
 先生がしんみりそう言うものだから、ボクも何だか急に悲しくなって、
 「先生、それって『大人の事情』って言うんでしょ? 判る、判るよ。」
 そう言ったら、ニシヤ先生はプッと吹き出し、
 「どこで覚えたんだい、そんな言葉……。」
 と、ボクのオデコをコツンと小突いた。
 
 何にせよ、いきなり学校が休みになるのは、それも、一週間も休めるのは嬉しい限りだった。
 風邪で寝込んでいる友達には悪いけど、思いっ切り遊ぼう……と思った。
 でも、その時ふと、父さんや母さんのケガの事を思い出し、ボクは寄り道するのも忘れ、家へ駆け出していた。
 息を切らせながら家に戻ると、父さんも母さんも、リビングでボーッとしていた。
 「あれ? 今日は仕事してないの?」
 仕事熱心な父さんと母さんの事だから、ケガでも仕事してる……と思って、慌てて帰って来たのに……。
 
 「あぁ、急ぎの商品は、この前全部送ったからなぁ……。今日は一服。」
 「……へぇ……珍しいなぁ……。」
 「お前こそ、さっき出掛けたと思ったら、もう帰って来て……忘れ物か?」
 「ううん、風邪が流行ってるみたいでね、学校が一週間お休みするんだって。」
 「そうか、それは儲かったな。」
 そう言うと、父さんは豪快に笑い飛ばした。あぁ、やっぱりボクは父さん似か……と思うと同時に、ふと、将来の体形を考え、ブルーになった。
 
 「でも、遊んでばっかりはダメよ。今から早めのお昼にするから、それ食べたら夕方まで勉強しなさい。」
 「え~~~~~~。」
 「し な さ い !」
 「……はい……。」
 
 ボクは二階の自分の部屋に、ランドセルを置きに上がった。
 この春、四年生になったことだし……と、父さんに頼み込んで、それまで物置として使っていた三畳の間を、勉強部屋に改造してもらった。
 そのせいで、父さん達の部屋に、母さんのお嫁入り道具で持って来た箪笥二竿が、引っ越しする羽目になっていた。
 きっと母さんは、その事を今も根に持っていて、ボクに意地悪言うんだ……。
 
 ボクがリビングに下りて行くと、もう、お昼ご飯が用意されていた。
 と言っても、昨夜のカレーの残り物だったのだけど……。
 カレーも冷めていて、どこか焦げ付いた感じがしたのだけど、黒焦げでベシャベシャのトーストよりは、遥かに美味しかった。
 
 そして、カレーを食べ終わる頃、ようやく弟達がいないことに気付いた。
 「あれ? リョウタとユウコは? どこ行ったの?」
 父さんは新聞を広げながら、
 「……あぁ、二人だったら、さっき迎えが来て、ちょっと遠い所に行ってる……。」
 「遠い所って……あ、ひょっとして和歌山のお爺ちゃんの所? そう言えば、この間電話かかってたよね?」
 「…………。」
 「良いなぁ……僕も一緒に行きたかったなぁ……」
 母さんは少し困ったような顔で笑っていた。
 和歌山のお爺ちゃんは父さんのお父さんだ。
 海に近い町に住んでいるので、お盆やお正月に遊びに行くと、新鮮なお刺身を用意して歓迎してくれた。
 でも、母さんは生魚が苦手だったので、それで、あまり和歌山には行きたがらないんだ。
 
 ちなみに、母さんの実家は広島で、母さんのお父さん達……ボクにしたらお爺ちゃんなんだけど……は、母さんの弟夫婦と一緒に暮らしていた。
 叔父さん夫婦には子供が二人いて、上の子のアケミちゃんはボクと同い年なのに、遊びに行くといつもお姉さん気取りで命令するので困る……。
 確かに、ボクは十月生まれでアケミちゃんは四月生まれ。お姉ちゃんと言えなくはないのだけど……。

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                      ・・・・・・・・次週をお楽しみに(毎週日曜、午後6時に更新ちゅ♪)・・・(^_^)ノ
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月15日 (土)

やりたい事と、やるべき事と……

 いやぁ、まいった、まいった。投資信託の評価額が、半値近くまで落ち込んじゃってる、ちゃびさん的台所事情デシ……あまりの事に、現実味……ってか、悲壮感すら湧かないw
 願わくは、中の人の預金が底をついて、そっちを切り崩す前に、少しでも立て直してくれたらありがたいのデシけどねぇ……でも、悲観主義のバカばっかりだからw
 
 経済的に厳しくなる一方の状況下で、まるで他人事のようにカードマジックに現(うつつ)を抜かし、気楽に生きてる中の人。
 やりたい事と、やるべき事……完全に取り違えてますなぁ……w ま、それでも生活していけるのなら良いのデシけどねぇ……現実は…………。
 
 
 ふと、我に返ると、背筋に冷たいモノがタラ~~リと…………。
 
 
 で、あんまり怖くなって、またもや現実逃避……w
 
 
 やるべき事……それは、小説を書く事。そして、投稿して採用される事。これ程具体的にして明確な目標がありながら、最近は筆が進みませんの……。
 原因は……判れば苦労しませんw 急にアイデアが枯渇しちゃった……って感じかな? 言葉が降りて来ない……と言うべきかしら…………。
 
 そんな悶々とした中で、ふと出会ってしまったのがカードマジックで……そっちに夢中になっちゃった……えぇ、逃げ足の速さには自信がありますの……現実からw
 
 いや、最初は、手先の作業をすれば、脳も活性化して、アイデアも出始めるだろう……と言う期待から手を染めたのデシけどね……ミイラ取りがミイラにw
 今は簡単に動画でお手本が見られますからなぁ……取っつきやすいって言うか、お手本=マジックショーぢゃないデシかw
 
 どんな初歩のマジックも、プロが演じると、お金が取れる『芸』なのデシよ。だから病み付きになる……てか、「練習次第でボクも……」とか勘違いしちゃうのデシよw
 
 
 そう言や、昨夜の『流星の絆』で、バイスクルのカードが使われてましたなぁw アレ……ひょっとしたら、二宮君の私物では?w 
 
 
 ちなみに、青裏のノーマルデックに見えましたが……定価630円(税込み)也♪ マジックショップを幾つか検索すれば、最安340円くらいで買えますw
 プロ仕様なのに、この値段ってステキデシ? ま、消耗品デシからねw 機会があれば、一度手にされたら良いデシよw 何故プロが選ぶか……触れば一目瞭然デシから♪
 
 
 そして、ボクがコレクターしたくなった気分も判ってもらえるかも…………無理かもw
 
 
 相変わらず、話があちこち飛びますなぁ…………思い付いた事を思い付くまま書き殴ってますと、大体こういう感じに……w
 文章が千々乱れてますなぁ……内心の葛藤、焦りはなるべく隠し、努めて飄々としているつもりデシが……根が小心者なだけに…………w
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月14日 (金)

食べられちゃった…………

 月に一度……くらいの割合で、インコ達のエサを買いに行ってるのデシが、昨日が丁度その日に当たり、ジェームス山のホームセンター、コーナンまで車を走らせましたの。
 歩いて行けるアグロにも、小鳥のエサは置いてあるのだけど、種類が少なくて微妙に高いので敬遠してますw
 
 が、そこでヒマワリの種を探して驚いたのは……値段がね、すごく上がってたの……小麦やトウモロコシぢゃあるまいに……w
 ひょっとして、代替燃料にヒマワリの種が使われ始めたの……? ってくらいの値上がりの仕方デシたわw
 
 それまで買っていたヒマワリの種は1.6キロの袋入りだったのデシけど、昨日のソレは値段そのままで容量が1.1キロに…………。
 何気に1/3近く減らされてるやん…………w ペットのエサだからと思って、なんたる仕打ち……もちろん、別の会社のを買いましたょ……w
 
 ソレでなくても、ペット用……って事もあるのか、機械で大雑把に選別してるのでしょう……1.6キロと言っても、食べられない茎とか萼(がく)の欠片や小石なんかが100グラムくらい、平均して混ざってるのにね。
 
 
 えぇ、あんまりゴミが多いので、ヒマワリの種を買った時は、ゴミだけ別の袋に入れて調べたことが何度かありますのw
 
 
 まったくもって、阿漕な商売してくれますゎ…………。
 
 
 さて、話はコロッと変わりますが……てか、本題に入りますか?w …………って、尋ねてどうする、ボクッッッ!w
 それはまぁ、ボクのちょっとした失敗……てか、うっかり置き忘れてた事が原因だったのデシけどね…………。
 
 
 手品のタネを、食べてどうするっっ! 母よっっっっっっ!!
 
 
 って、話デシょ……。
 
 
 カードに書かれた絵をピンッと弾くと、実物がポンッと出て来る……みたいなマジックがあるぢゃないデシか?
 それを少しでもバレにくく演じよう……と、実家への行き来を利用して、練習していたのデシよ、ブツを上手く隠せるようにw
 
 それが昨夜、風呂に入る時に、つい、横に置いて……そのまま回収し忘れて帰宅してしまい……次の日ってか今日、実家に着いて探しても見付からず……。
 秘密練習ちゅの身、母に尋ねる訳にもいかず……そんなこんなで出た昼食、探していたブツは、変わり果てた姿で食卓に上ってました……w
 
 
 「何で風呂場に落ちてたのか、判らないンやけどねぇ……。」
 
 
 そう言いながらも母は、1ヶしかないブツでは流石に物足りないので、ピーナツを加え、一緒にゴリゴリ砕いたそうな…………。
 ほうれん草のお浸しの上にパラパラ……と振り掛けられたソレは、いつもと違った脱力系の味に思え……沈み凹む中の人……。
 
 
 「落ちてたんぢゃなく、置いてたんだょっっっ!」
 
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月13日 (木)

ふと感じる郷愁……

 ここ何日か、初心に戻ったか……のように、セルビナ-マウラ間を往復しつつ、釣りに興じているちゃびデシ……。
 別にこれと言った他意は無いのデシけどね……ゲーム始めた当初を思い出して……的な気分ぢゃないのデシょ……懐具合は当初レベルに落ちちゃってますがw
 
 えぇ、寿司握ろうにも、わさび買うお金に事欠く始末の今日この頃、資本投入が全く無く作れるのが「ミスラ風味の串焼き」だった……ただそれだけの理由w
 時間は掛かりますが、これと言って目的の無い今、それはそれで良かろう……みたいなw
 
Tya081113101744a  思えば、生まれて初めての航海では海賊に襲われ、レベルが低かった事もあり、船倉でジッとしていたなぁ……とか、その次か、そのまた次に乗った時は、シーホラーに瞬殺されたっけ……みたいな、愉快な?思い出が蘇りましたw
 
Tya081113101748a  ゲームのバージョンが上がるにつれ、そして、ボクのレベルも上がって、ゲーム世界の移動が格段に楽になりましたから、ホント、何年振りだろう……って感じの船旅デシた♪
 のんびりと船上のBGMに耳を傾けながら、釣り糸を垂れていると、POKIPOKIのみんなとイベントした事も思い出されて、さながら思い出散歩している気分w
 
Tya081113102107a  船上に関するクエをこなしたり、釣り大会したり、海賊退治をしたり……ラジバンダリ。積年の恨みを晴らすべく、シーホラーを退治した時は、自分達の成長ぶりに感慨深いものがありましたなぁ♪
 シーホラーをPOKIPOKIだけで退治出来て、一番喜んでたのは……ボクデシかねぇ、やぱしw
 
 
 おそらく、POKIPOKIではダントツの餌食率でしょうからねぇw
 
 
Tya081113103002a  瞬殺……と言う言葉は知っていても、実際に体感出来た……てか、させられたのは、シーホラーデシたから…………w
 釣りの最中、『シュッ』と誰かにタゲられた……と思ったら、次の瞬間は倒された時のレクイエムが流れてましたもんw
 
 『あぁ、これをして「瞬殺」と言うんだ……』と、甲板に突っ伏しながら……ケツだけ浮き上がらせてw……しみじみ思った記憶がありますw
 どうでも良いけど、タルタルが倒された時の姿勢、何とかなんないものかしら……倒されて、なおあの格好……って言うのは、滑稽故に悲しすぎるw
 
 だから、レイズもらって復活する時も、ケツをUFOキャッチャーで釣り上げられて……みたいな絵だし……w
 
 えっと…………何が話したかったんだっけ、ボク……。
 
 そうそう、お金が無いから海釣りしてる……って話? うん、船の上でネビムナイトって貝釣って、砂丘ではイワシとシャル貝釣って、クフィムでイカ釣りがてらに釣り上げたブリをチャチャッと焼けば出来るの、海串♪
 幸いな事に、火クリは少し前のレベラゲで10ダースほど倉庫に預けてあるし、完全に元手要らずで出来ちゃうのw
 
 それに、砂丘は天気によって、火クリと土クリが手に入るから、終わり無き0円加工が続けられるって寸法なのデシ♪
 これなら、トコトン価格破壊に対抗出来ますワナw もちろん、ボクから破壊する事はありませんが……w
 
 
 へ? 何故、急にお金儲けに目覚めたかって……? 今、競売ではスコピオハーネス+1が、50万ギルを着る勢いで値下がってるのょw
 この機会に買っちゃおうかな……みたいな?w 「ベヒモスの毛皮」がようやく売れて、バミクロも54万で買っちゃったしw
 
 
 ま、ゲームやった事無い人には……もしくは、最近FF始めた人には判らないでしょうが、かなり破滅的な価格破壊なのデシょw
 それが証拠に、ホラ、このブログを読んでるY氏なんか、涙目になっちゃって……w ま、かく言うボクも、ブレスド装備一式が買った時の1/10くらい……の値段になっちゃったのを見た時には、そんな目になっちゃいました……が……ねw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月12日 (水)

買っちゃったょ……♪

 朝の冷え込みが少しずつ強くなってきましたねぇ……こんな日は、右手人差し指の動きがシブくなって……と言っても、格好良くなるンぢゃなくて、動かし辛くなるって意味デシょw
 よい子のみなさんは、骨折したら、治る前にお医者さんに診てもらいましょうねぇ……治ってから診せに行っても、笑われるだけデシょ…………w
 
Gaff_deck  さて、写真にあるのがボクが言ってたカード(トランプ)デシ♪ 同じ物が2個ずつ……に見えますか?w 実は下の2つは「ギャフ」とか「ガフ」とか呼ばれるトリックデックなのデシw
 正式なスペル(=つづり)は「GAFF」……ちなみに、正式な発音は……中学で習ったデシょ? 「え」の発音で口を横に開き、「あ」と言う……みたいなw
 
 
 で、カードに囲まれるように写っているのが、ギャフデックを使ってパフォーマンス&レクチャー……平たく言うと、実演、そして講義してるDVDデシw
 外人のお兄さんがフランク……気さくな語り口で、簡単そうに実演して見せてくれてるけど、難しいデシね………………英語って………………。
 
 
 
 …………そっちかょw
 
 
 
 あぁ、そっちデシよ! 何言ってるかチンプンカンプンなのデシよ! とは言え、ゆっくりお手本を見せてくれてるので、何度か見れば、見様見真似で……出来るかいっっっw
 
 
 手順は覚えられても、あのスピードでカードを操作出来るかいな!
 
 
 てか、あの人ら、指先に目ぇ付いてまっせ、みなさんw 「カードを持った瞬間、小指の先で下から2枚のカードを数え、それを密かに確保して……」って言われてもw
 それを「カードをシャッフルするスピードでしなさい」と言われてもw そんなん出来たら、それだけでメシ食って行けますがなw
 
 
 ……って、食ってるか、メシw
 
 
 それだけぢゃないのデシよ、スロー再生のように説明されてても、ボクの稼働限界を遥かに超えるような指使いが……w
 ボクは以前、マジックは魔法とか神秘的なものではなく、科学的な、数学的な動作の積み重ね……みたいに言ったことがありますが、撤回します。
 
 
 あの人ら、絶対に魔法使って、指動かしてるっっっ!w
 
 
 ま、その領域にいつかは辿り着けるのか、それとも、永遠に無理なのか……それは今後の努力次第と言ったところでしょうかw
 今は、そう……イケてる頃のお気に入りの洋服を壁に掛け、ダイエットに励んでるご婦人……の心境デシw
 
 だから、それまでは開封せずに、大事にとって置くの♪ んで、それとは別に、コレクションしていくの、カードをw
 もっとも、今から集めるのだから、ホントにお気に入りのデザインのカードだけ……デシけどねw ビンテージ物とか、有名マジシャン御用達とかは気にしません。
 
 てか、いくらお手軽な値段とは言え、アレコレ買い漁ってちゃ、お金がいくらあっても足りません……てか、お金はいくらもありませんw
 なので、完全に自分本位で、「格好いい♪」カードのみ、ぼちぼち買い集めていこうかな……と思っていますw
 
 えぇ、所詮は紙製品デシからね、値が張る……と言っても、1000円も出せば買える物が殆どなのデシ……ただ、ギャフデックは別デシょ、アレはトリック専用のカードだからそこそこ値が張ります……4000円くらいするw
 
 取り敢えず、もう一つずつ写真のデックを買って、練習用に使おうかなw んで、使いこなせるようになったら、ギャフデックを開封して…………子供達を震え上がらせてくれるっっっw
 ただし、ギャフデック使うと、あまりにもインパクトが大きすぎて、余程間隔を置かないと、「あぁ、この前見たゎ」で終わっちゃいますw
 

 

 

 

| | コメント (0)

2008年11月11日 (火)

これまた初めて…………♪

 もう、ストーブに火を入れても良いのかなぁ……と、思い悩む今日この頃、早々に寒さにくじけてパッチを履いてる中の人……おっさんの特権だからw
 順番で言えば、パッチの前にタイツありき……なのだけど…………どういう基準なんだ?!w……正直に言って、あの肌にピッタリしすぎる感が、どうにも馴染めなくて……w
 
 
 てか、パッチ談義をしたいのではなくってw
 
 
 まぁ、コレも今シーズン初めての事ではありますが……w
 
 
 さて、昨夜も釣りに行くため、クフィムに渡りましたら、漁場に辿り着く前にす~さんからお誘いが掛かりまして♪
 なんて、タイミング良く声をかけてくるんだろう……てか、何で釣りしてるボクがフリーだと知ってるんだろう……?
 
 
 あぁ、そうデシ、ボクが話したのデシたw 「釣りしてる時は、大抵ヒマしてる時だから、用があればいつでも声かけて?」みたいにw
 
 
 半分お愛想、半分本音なのデシけど……誰にでも言ってるのデシけど……律儀に声をかけてくれますなぁw ありがたい限り♪
 
 
 それはさておき、初めて……と言えば、昨夜、レベラゲPTで初めて、レベル制限の玉を付けて遊んできました♪
 一番上の人が75で、一番下が67だったかな。ボクは71の召喚士で……白魔してましたわ………………w
 
 す~さんの仲良しPTに入れてもらったのは良かったのだけど、戦・忍・モ・シ・詩・ボクのPTなんだもの…………召喚獣出す間も無いくらいの忙しさ……w
 相手はカダーバの浮き沼のインプ……範囲静寂やら、アビ禁止、ガ系魔法も多発する厄介な相手デシた……。
 コイツ相手の時は、忍者よりナイトの方が後衛としてありがたいのだけど……えぇ、思っても口には出せませんワナw
 
 開幕してしばらくは、PTの感覚を取り戻すのに必死デシたが、レベル制限されてても、まるで関係ありませんデシたなぁ……お役目、白だからw
 せいぜい、バトル開始直後に召喚獣が出せるかどうか……それ以外はずっと、ケアルタンクだたり、サイレナマシンだたり……w
 
 なんか、守護神時代を彷彿させるような活躍ぶりデシたわ……でも、忍さんを2回死なせちゃったけどネ…………(^_^;)
 タル忍はなぁ……蝉剥がされると一気だから……ボクも経験ありますが……37までの経験だけデシけど……w 
 
 
 でも、仲良しPTなだけに、終始和やかな雰囲気の中、レベラゲを楽しめましたょ♪ アニバーサリリングと、皇帝の指輪効果で、2時間弱で2万ちょい稼げましたかな?w
 ただ、召喚スキルは1上がっただけデシたが……意地でもスキラゲしてやるっっ…と、密かに決意して、みなさんの隙を突くように、召喚獣を攻撃に参加させてましたw
 
 
 ま、その分、ゲロ吐く忙しさデシたけどね………………w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月10日 (月)

ナイズル踏破、初めて行て来た……♪

 いやぁ、急に冷え込んできた今日この頃、みなさん体調管理は万全デシか? 風邪は自分が苦しいだけではなく、周りの人にも迷惑かけちゃうので、お互い注意したいものデシ。
 仕事を辞めて以来、「絶対にケガも病気もなっちゃいけない」的精神バリアが弱まり、人並みに風邪をひくようになった中の人……なので、かなり厚着モードになってますw
 
 さて、昨夜、ふとした気の迷いで、アダマンキリジ(片手剣)を45万ギルで落札しちゃったちゃびデシ…………w
 えぇ、青魔道士専用の武器なのデシけどね……何で買っちゃったのかなぁ……今更、青魔道士でも無いでしょうに……ねぇ?w
 
 
 いあいあ、実は昨夜、友人のす~さんに誘われて、初めてナイズル踏破に行って来たものだから……つい…………調子に乗っちゃいまして……。
 と言っても、戦闘は無かったのデシけどね、お題は「ランプの点灯」だったのでw 順番に点灯させなくてはならず、間違えると、再度順番を組み直し……w
 
 トライ&エラーの繰り返しで、気付けば時間切れで終了……みたいなw
 
 いや、ギリギリ成功したのだけど、でも、時間切れで放り出されちゃいましたw えぇ、今回もボクがしっかり足を引っ張っちゃって……申し訳ない♪
 
 
 反省しろよ、ボクッッ!w
 
 
 地図もなければ、自分の立ち位置すら確認出来ない場所を右往左往……てか、同じ場所を行ったり来たり……例によって例の如く彷徨い続けるボク……。
 他の人達が順調にランプを見付ける中、ただ一人……一タル、無駄にインスニを繰り返し、駆けずり回ってましたw
 
 導入直後は、いつでも行けるように下調べしてたのデシけどね、結局LSのみんなの都合が合わず、そのまま有耶無耶になり今日に至る……みたいなw
 だから、ホントに何の予備知識もなく、言われるがまま、みなさんに付き従ってた訳デシが……みなさん、各々ランプを見付けたら、そこで待機するぢゃない?w
 
 
 今まで付いて来たボクは、どうすれば……?…………みたいなw
 
 
 まぁ、青で誘われて、魔法の組み合わせを完全に忘れ去っていたくらいデシからね、無理も無い…………す~さん、ゴメンよぉ~~w
 もちろん、終了後には真っ先に謝りました……デシが、みなさんもボクに謝ってくれましてねぇ……にしても、点灯させる順番の組み合わせが、こんなに難しいとはw
 
 でも、まぁ、これに懲りず、また誘って欲しい……と、心から願いつつ、クフィムに釣り行脚しようと思うのデシ……w
 軽い自慢になりますが、所持金3万切ってまんねん、剣買っちゃったからw また、今日からイカ臭い毎日なのデシw 
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月 9日 (日)

愛は燃え尽きぬ~改訂版~01

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ・・・デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
愛は燃え尽きぬ~改訂版~ 
 

                                             茶尾 二郎

 

 
 
 序章 日曜の夜のこと
 
 月曜の時間割通りに、ボクはランドセルに教科書とノートを入れて、ベッドに潜り込んだ。
 頼み込んでもらった一人部屋は、自分だけの世界……って感じで、少し大人になったような気がした。
 でも、電気を消して、眠りにつくまでの間だけは、何となく寂しい気分になった……。 ……決して怖いんじゃないから……独りぼっちで寝るのが寂しいだけだから……。
 
 だから、枕元にはマンガを用意して、眠くなるまでそれを読むことにしていた。
 母さんは『目が悪くなる……』と、いい顔をしないけど、寝る前のおまじないみたいなモノだから……これで、良いのだ。
 
 そうして寝ると、後は朝まで目が覚めないのだけど、この日に限って、夜中に目が覚めた……様な気がした……。
 誰かに揺すり起こされたような気がして、ボクはうっすら目が覚めたのだけど、すぐにまた激しい眠気がやってきて、そのまま寝ちゃってた。
 
 それから見たボクの夢ときたら……かなりの力作……って言うか、何と言うか……。
 父さんと母さん、それに弟や妹までが、ナベやヤカン、タライやバケツを手に手に持ち、ガンガン叩きながら、寝ているボクの回りを、変な格好で盆踊りしてるんだ……。
 ボクはその光景に、腹を抱えて笑っていた。
 息も出来ないほど笑い、声も嗄れるくらい笑った後、ボクも一緒に……と思ったところで、目が覚めた……。
 
 一章 月曜のこと
 
 それは、いつもと同じ朝だった。
 ただ、目が覚めた時、風邪でもひいたのか、喉の奥が少しヒリヒリしていたことを除けば……。
 そしてその日に限って、母さんは起こしに来てくれなかった。
 少し寝過ごしてしまったボクは、着替えもそこそこに一階のリビングに下りて行った。
 「どうして起こしてくれなかったの? 遅刻しちゃうじゃないか……。」
 ブツブツ文句を言いながら、ボクはリビングの扉を開けた。
 
 中では父さんが自分の席で新聞を広げていた。
 (やべ……怒られる…………。)
 父さんからは、いつも『自分の事は自分でするように!』と言われていた。
 だから、母さんに起こしてもらってる事は、父さんには内緒の事だった。
 
  ボクは恐る恐るテーブルに着いた。
 けれど、父さんは何も聞こえてなかったのか、それとも、朝一で怒るのも忍びない……と思ってくれたのか、黙って新聞を読み続けていた。
 だけど、テレビも付けず、新聞を読み続ける父さんからは、無言のプレッシャーが感じられ、ボクはいつ怒られるか、ビクビクしていた。
 それにしても、この時間なら父さんはいつも、内職をお願いしてる人の所に配達に出掛けてる筈なのに……。
 
 けれど、そんな重々しい沈黙の時間はすぐに終わった。
 母さんが台所からボクの朝食を運んで来てくれたからだ。
 「リョウタもユウコも、もう出掛けたわよ。ケントも早く食べて、学校行きなさい。」
 リョウタは小二の弟で、ユウコは幼稚園に通うボクの妹だ。
 ボクは二人の面倒をよく見ていた……半強制的に……ではあったけど……。
 
 と言うのもボクん家は、家の中に作業場があって、そこで父さんや母さん、パートさん達が働いていたからだ。
 そこには大きな機械や商品が、所狭しと置かれていて、小さな子供が入ると危険だったり、商品を汚されても困るので、ボクが監視役になっていた。
 
 もっとも、仕事場に行くと、父さんから叱られる……って事は、幼い二人にも判っていた事なので、その分、何をするにもボクに付いて来たがった。
 家にいる間は良いのだけれど、ボクが自分の友達と遊ぶ時は、かなりうっとおしかった。
 それでも仕方なく、ボクは二人を連れて行ってた……そうしないと、ボクが父さんから叱られるから……。
 ただ、公園で野球やサッカーする時なんかは、球拾いを頼むと喜んでするので、まぁ、ボクの可愛い家来みたいなものだ。
 
 それに、二人の面倒を見ていると、得する事もあった。
 母さんがたまに用意してくれるオヤツは、忙しい母さんに代わって、大体ボクが分けていた。
 そこでボクは、二人の見てない所で先に半分ほど取り、残りをリョウタとユウコに半分ずつ分けていた。
 これは面倒見る兄としての、ささやかな楽しみ……と言うか特権だった。
 もっとも、ユウコはまだ判ってないみたいだし、リョウタはそんなユウコから少し分けてもらったりしていたので、今のところ丸く収まっていた。
 
 そんな事よりも、料理を運んでくれた母さんの様子を見て、ボクは悲鳴を上げそうになった。
 「か……母さん、どうしたの? 顔も手も真っ赤に腫れてるよ! 火傷したの? 冷やさなきゃ!」
 ボクは自分でも驚くほど、泣きそうな声を上げてしまった。
 でも、母さんはボクの心配など何処吹く風で、ボクの目の前に朝食を並べると、
 「あぁ、これねぇ、ちょっと火傷しただけ。今はもう、熱い事も痛い事も無いから……。あんたはそんな事よりも、早く食べて学校行きなさい。」
 そう言われて、ボクは渋々トーストを手に取った。何だかジメッとしている……。
 よく見ると、真っ黒に焦げたトーストと目玉焼きが、びしょ濡れで置いてあった……。
 急に笑いが込み上げてきた。慌てん坊の母さんの火傷の原因は、きっとこれだ。
 でも、それにしては、火傷が酷いように思えるのだけど……。
 
 「ケント、さっさと食べて行かなきゃ、学校遅刻するぞ。」
 ガサガサと音と立てて、父さんが読み終えた新聞を畳みながら言った。
 ボクは父さんの顔を見て、再び悲鳴を上げそうになった。
 「父さん、凄い血が流れてる! 頭割れてるんじゃないの 医者行かなきゃ!」
 新聞に隠れて今まで気付かなかったけど、父さんの頭はザックリ割れ、顔が血で染まっていた。
 そして、父さんの着ていた服も、かなりの出血で汚れていた……。
 「あぁ、商品の整理してたら、棚が落ちて来てなぁ、頭でナイスキャッチ。」
 呑気そうにそう言うと、父さんは豪快にガハハ……と笑った。
 
 普段と変わらない素振りに、ボクは少しはホッとしたけれど、
 「でも、放ってたらバイ菌入るんじゃ……? 消毒くらいしないと……。」
 「そんなに大袈裟にしなくても良いよ。頭の傷は小さくても、血は溢れる程流れたりするからな、これもそんなモンさ。」
 「でも…………。」
 「それにもう、血は止まってるし、痛い事も何とも無いし……な。」
 そう言われても、ボクはやはり心配で、薬箱から消毒薬とガーゼ、包帯を取り出して、
 「少し染みるかもしれないよ。」
 と断るより先に、ザバッと消毒薬を振り掛け、ガーゼと包帯で応急措置をした。
 父さんは傷口が染みるのか、それとも照れているのか、神妙な顔付きでボクにされるがままになっていた。
 
 両親共働きで、小さな弟や妹の面倒を見ていると、これくらいの事は日常茶飯事で、包帯を巻くのも手慣れたものだった。
 母さんはその様子を羨ましそうに見ていたので、ついでに消毒し、火傷用の軟膏を顔と言わず手と言わず、塗りたくっておいた。
 
 さて、壁の時計を見ると、そろそろ八時半になろうとしていた。
 ボクは慌ててランドセルを掴むと、玄関に駆け出した。
 「行ってきまーす。」
 クツをケンケンして履きながら、ボクは玄関から飛び出した。
 「行ってらっしゃーい。」
 母さんも大きな声で、いつものように送り出してくれた。

  
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                      ・・・・・・・・次週をお楽しみに(毎週日曜、午後6時に更新ちゅ♪)・・・(^_^)ノ
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月 8日 (土)

スッキリ爽やか♪

 昨夜からの雨が止みきらず、時折しとしと降ってる神戸デシ。雨のせいか、急に寒くなってたりする中、散髪に出掛けた中の人。
 いつ降っても良いように、傘は持っていきましたょ♪ 転ばぬ先の……では無いけれど、隙を見せないように、常日頃から気を配ってますw
 
 
 って、誰がどの隙を突くんだ、このボクの…………?w
 
 
 てか、虐待系「出来て当たり前」的放任主義で育てられると、用心深くなりますのw
 
 
 降りそうなのに傘も持たずに出歩いて、ずぶ濡れで帰ろうものなら、顔の形が変わるくらい殴られましたからなぁ……w
 だから、カバンの中には、常に折り畳み傘が2~3本は入ってましたかな、学生時代は……w
 
 さて、随分間隔を開けて散髪に出掛けたのデシけど……いあ、別に他意はありません、ただ、無頓着なだけデシて…………w
 基本的に、髪型や着こなし……外見には、あまりこだわったり構ったりしてません……土台がアレデシから、何をどう着ても似合わない………………。
 
 
 えぇ、えぇ、悪かったょ、ブサイクで! ゴメンね! 生まれてきて!!
 
 
 
 たまにはキャラチェンしてみようかな……と思ったのデシけど…………どすか?w
 
 
 
 ま、そんなこんなで……バッサリ髪を切ってもらい、無精髭もサッパリ剃ってもらい、久々に頭が軽くなったような感じが……w
 その後は、サービスのコーヒーを頂きながら、店長夫妻と、しばし談笑してたのデシけど……ペット談義とか……w
 急にお腹が差し込むように痛くなり、『こりゃアカン』とばかりに会計を済ませて、足早に帰路に着く中の人……w
 
 ところが、半分くらい歩いた時、妙に手元が寂しい事に気付き……何か足りないな……何だっけかな…………と……。
 でも、考えながらも足を止めない中の人……その時には既に、お腹の警戒レベルが『3』に引き上げられてたので、じっとしてらんない……って感じ?w
 
 
 傘が無い……!
 
 
 そう気付くと同時に、一か八か……回れ右する中の人…………これが警戒レベル『4』だったら、迷わず家に帰るのデシけどね……w
 競歩の選手も真っ青……並の足運びで散髪屋に戻り、傘を引っ掴むや、再び回れ右する中の人……警戒レベルは『4』に突入w
 
 昼食った物に地雷があったか? 急な冷え込みに対応出来なかったか? アレコレ考えようにも……てか、それ以前に神経は一刻も早く帰宅する方に向いてたりw
 それなのに、「今、知り合いと出会って、立ち話したら危険だよな」とか、「今、ヤンキーに絡まれて、腹でも殴られたら危険だよな」とか、微妙に現実味を帯びた妄想に取り付かれてる中の人w
 
 
 …………平和だ……w
 
 
 警戒レベルが『5』になる寸前、何とか実家に辿り着き、事無きを得た中の人。晴れ晴れとした表情で、
 
 「あぁ、スッキリ爽やか♪」
 
 
 ……そっちかょ…………
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月 7日 (金)

気付くともなく過ぎゆく……

 今年も残り僅かになってきましたねぇ……気付けば、一昨日誕生日を迎えてた中の人……今更、大々的に発表する歳でもないので……w
 そう言えば、その日は母が取って付けたように赤飯を……レンジでチンしてくれました……3パック298円の赤飯……w
 
 去年の今頃は……日記に寄りますと、秘密基地のノートパソコンが体調不良を起こし、液晶モニターを奮発しましたなぁ……w
 
 
 ほら、モニター買った直後に直った……って話、しませんデシたっけ?w
 
 
 結果的に……てか、強制的に、アレが誕生プレゼントになっちゃった訳デシが……今年は、注文していたマジックのDVDやトリックデックが届き、ソレがアレにw
 実際、手にしてみると、考え抜かれて作られてますなぁ、トリックデック♪ 上手く使えばプロ顔負けの演技も出来そうデシね。
 
 ただ、マジック毎にデックを入れ替えるのは、ちょっと……と言う気に、ならなくもないのデシけれど……w
 
 理想としては、普通のデックでアレやコレやと、演じてみせるのがスマートなのでしょうが、そこに到達するには………………。
 膨大な量のトリックと、それらを組み立てる頭脳、そして、弾き出されたプログラム通り、精密機械のように演じるテクニックが必要なのね…………。
 
 
 姪っ子達相手の御機嫌伺いに演じるには、ハイリスク・ノーリターン……w
 
 
 ま、このブログに書いてるだけで、まだ誰にも話してないので、このまま闇に葬り去るのも一つの手かも……w
 
 
 人を驚かせたり、笑わせたりするのは大好きなのデシけど……ハードル高いデシね、マジックは……話芸や文芸ほど得意ぢゃ無い事に、ようやく気付きましたわw
 でも、辞めませんけどねw 熱しやすく冷めにくいのがボクの真骨頂デシからw 来年の正月は無理……もしくは初級編でお茶を濁して、再来年辺りでもドカンと……w
 
 てか、前にも話しましたが、格好いいデックがあるのデシよ♪ ソレを使った飛びっきりのマジックがあるのデシよ♪
 練習し始めた以上は、取り敢えず、人並みのテクニックを覚え、そのデックで格好良く演じてみたい訳デシよ♪
 
 
 てか、何より、ソレを買う口実が欲しい訳デシよw
 
 
 えぇ、結局オチはそう言う事デシ…………w
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月 6日 (木)

ふと見た光景に……

 いつものように実家に向かってますと、通りすがりに宅配を受け取ってるおぢさんを見掛けましてね……もちろん、見ず知らずのw
 そのおぢさん、当たり前のように宅配の人をぞんざいに扱ってまして……木で鼻をくくるような扱い……と言いましょうか……。
 
 このおぢさん、何様なんだろう……とね、見ていて思ったの。外見上はどこにでもいそうなみすぼらしい『おやぢ』なんだけど……w
 宅配の人も、そんな言動には慣れているのか、これまた当たり前のように顔色一つ変えず、事務的に品物の受け渡しをしてましたが……。
 
 
 ボク的には少し違和感を抱いたのデシけど……これって、世界基準なの……?
 
 
 確かにボクも、ネクタイ屋さんだった頃には、運送屋さんに何度か横柄……を通り越して、怒鳴り散らした事がありました……。
 でも、それは品物の到着があまりにも遅かった時だけで……えぇ、こっちの納期が間に合わなくなるのでね……それ以外は、極々友好的に接してきたのデシけどね……勿論、今もデシょw
 
 
 今は、品物の到着が遅すぎても、全然平気になりましたし……納期に追われる事が無くなったのでねぇw
 
 
 仕事柄、毎日のように運送屋さんと顔を合わすぢゃないデシか、仕事してた時は。だから、自然と話す機会が増えれば、仲良くなって来る訳デシ。
 人見知りが激しい分、その反動で人懐っこくもあるボクなので、一旦打ち解けると、身内感覚で親しく……時に馴れ馴れしくw……冗談を言い合ったりしてました。
 
 そうして気さくに話していると、運送屋さんも配達ルートを優先的に早めてくれたりしてね、仕事も順調に進められるようになったりしてw
 「ありがとう」とか「(早めの配達)助かります」とか、言ってあげると、相手も気持ち良く動いてくれますしねw
 
 
 中でも、一番喜んでくれるのは、顔を覚えて名前で呼んであげる事……デシかね。まず、ビックリして、次いで信頼関係がいや増しに増しますw
 更に、配達時間も早まったりして、良い事ずくめデシたわw 誰だって「おい」とか呼ばれるより「○○君」と呼んだ方が気持ち良いモンねぇ?w
 
 
 
 だから、不在通知を入れられたりした時なんか、何回謝った事か……w 電話かけて謝り、持って来てもらって謝り…………w
 
 
 
 相手が恐縮するほど謝ってましたかなぁ……w だって、忙しい最中に二度手間を取らせてしまったのデシから、当然でしょ?
 それは無職の今も続いてるので……体に染みついちゃってる習慣って言うのかな?w……なおさら衝撃が強くて……おぢさんの対応に…………。
 
 
 ま、その一方で、心の扉全開モードのボクの対応が、少し世間様と隔たりがあるのかな…………とも思ってみたり……。
 
 
 思ったところで、今更、無愛想になるのも無粋……てか、不自然だしなぁw
 
 
 取り敢えず、自分の気持ちが良い方に動きますか、これまで通り……w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月 5日 (水)

秘密基地かよっっっ?!

 昨日は愛車の名義を会社からボクに戻すため、書類を揃えるべく、区役所と法務局に行ってきました……法務局は、三ノ宮の本局ではなく須磨出張所に……。
 愛車の購入資金は、ボクが全額出したのデシけど、経費とかの関係で事務用にした方が良かろう……との天の声を受け……w
 
 法務局へは……会社設立当初……デシから17年ほど前? 1~2回行った事があるような無いような……そんな感じw
 司法書士さんやら不動産屋さんやら……ぢゃあるまいし、あまり一般人が行くところではありませんワナw
 
 さて、その須磨出張所の場所がねぇ……『秘密基地かょっっっっ?!』ってくらい分かり難い場所にあったりする……w
 17年前の微かな記憶を頼りに、道路地図片手に走る事走る事……カーナビみたいなハイカラ装備…………誰か貢いで?
 
 
 出張所近くをウロウロと……まるで不審車両のように、低速で徘徊する我が愛車……w 
 
 いっそ警察に尋問されたら、道案内してもらえるのに……と、思わないでもない程の迷いっ振りは、単にボクの方向音痴のせい……だけではない筈w
 それだけに、片側2車線の道路沿いの街路樹に、隠れるようにして掲げられた「法務局」の看板を見付けた時の嬉しさたるや……。
 
 
 「……ボクにはまだ、帰れる場所があるんだ……ララァなら判ってくれるよね……………………w」
 
 
 えぇ、なまじ記憶が残ってただけに、その周辺を、あてどなく彷徨い続けてましたからなぁ……高いガソリンを使って…………w
 車1台通れるかどうか……みたいな細い路地道を走る事30秒w……尋常ぢゃない狭さの駐車場に車を停めて、ようやく到着w
 
 
 駐車場って、こんなに狭かったっけ……? と、昔の記憶を辿りますと…………当時はバイクで来てました…………あたしってばw
 
 
 んで、後はスイスイ……でもないけどw……教わりながら書類を書き、無事に証明書をゲット出来ました…♪
 終わり良ければ全て良し……で、まとめるには少々納得いかない展開なのだけど……もう少し大きな看板かけてちょ……これで二度と行く事はあるまい……って事で、めでたしめでたしw
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月 4日 (火)

楽しますぉ…………

 もう十分、楽な生活してるのデシけどね……万年金欠病に罹っている以外は……w ま、一病息災とも言いますし…………明らかに違ってますナ、使い方……。
 いあ、人様の倍以上働いてたネクタイ屋さん時代でも、日曜日だけは休んでたのね……精神的にも肉体的にも回復するために……。
 
 それが、仕事を辞めた途端、毎日が日曜状態♪……と思っていたのデシけど、最近になって、体は楽になったけど、精神的には以前よりキツくなってることに気付き……w
 起きてる間は、ほぼ小説の事考えてるか、書いてるか……その二択デシからねw カードマジックに行っちゃったのも、現実逃避からデシからw
 
 このブログも案外負担になってまして……てか、これは自分で決めた『願掛け』……みたいなものデシから、今更辞めるつもりも休むつもりもないのだけど。
 でも、やぱし、日曜はボク的には極めて特別な日……てか、絶対防衛ラインデシて……過労死せずに済んだのも、精神を病まずに済んだのも、日曜あっての事デシからね。
 
 なので、日曜のブログは原則お休みしますw ネタさえ思い付けば、いくらでも書きますが、そうそう落ちてませんからね、ネタw
 その替わり、日曜恒例の『言葉の玉手箱』を再開します。どうせ読まされるなら、おざなりの文章よりは、真剣勝負の方が良いでしょ?
 
 
 話の中身は別にして……w
 
 
 本人は面白くなれ……と、知恵を絞って書いてますので……アレでも……。
 
 
 そこで、再開第一弾は、『改訂版・愛は燃え尽きぬ』で行きたいと思います。締め切りも過ぎた事だし、みなさんにも読んで判断していただこうかな……と。
 前作よりは読み進めやすくなってます……たぶん。エンディングは換えました……なんと言いますか…………サクッと終わらせましたw
 
 前作も削除せず残しておきますので、読み比べてもらうと、色んな意味で面白いかも知れませんね……根拠はありませんが……。
 で、それが済んだら、『一姫クエスト~第2部~』を連載していきます……おそらく。第3部の進み具合、ならびに、新作の進行状況によって、変更があるかも知れませんが。
 
 
 ぶっちゃけ、今月2日のブログを反省してるのデシよ……笑いどころのない文章書いちゃって……そのお詫びを込めて、小説を掲載する気になりました。
 長編だけでなく、ショートショートなんかも、思いつき次第、載せていこうかな……とも思っています……もちろん、今のボクが思い付いた話で……デシょw
 
 
 学生時代は星新一さんに触発され、そっち系を目指してたので、探せば古いネタもあるのだけど……流石にソレは恥ずかしいw
 そのネタを曝す(さらす)くらいなら、咽せて(むせて)鼻からウドン垂らしてる写真を曝しますワナ……あ、いあ、やっぱ、それもイヤかな…………w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月 3日 (月)

文化の日……

 何か文化人らしいことしてますか? ボクは文化人らしく、マジックの練習を……w どこが文化やねん……と、思わなくもないデシけどねw
 マジックって、「神秘的」とか「魔術」とか代名詞を付けられてますが……観客として見る分にはそうデシけど、いざ練習してみると……。
 
 
 理論的……てか、数学的?w
 
 
 ネタを仕込むにせよ、テクニックで魅せるにせよ、理路整然とした手順を踏まないと、成立しない芸なのね…………。
 「タネも仕掛けもありません……」とか言いながら、スタートするでしょ? ま、確かに、そう言った時のカードには何もなかったりするの。
 
 
 実は、観客の目の前で、堂々とタネや仕掛けを一から組み込んでたりするw
 
 
 巧みな話術で観客の気を引きながら、頭の中では「このカードをこっちに移して、2枚を1枚に見えるように持って……」と、精密機械のように、『驚き』と言う名の商品を組み立ててるの。
 今から始める人は、DVDとかで動く映像を教科書に出来るから、かなり恵まれてるなぁ……と思いながら、その精密作業を魅入るボクw
 
 
 実際、真似しようと思っても、ボクが「い~~ち」と練習してる間に、先生は「1,2,3,4,5」くらい進んでますが…………w
 
 
 ホント、プロがお手本を示すと、初心者向けの中の初級編でも、普通にお金取れますからね……鮮やかと言うか、お見事と言うか……感嘆、感心しきりデシよw
 で、ボクが見様見真似でやると、まさに『THE 初心者向けの初級編』なのデシよw 指が動かないわ、目線がカードから離れないわ……THEと言うか、ど・素人w
 
 ま、それが当たり前……てか、最初は誰でもそうなので、別に焦る気はありません。昨日より少しでも滑らかに出来たら嬉しい……今はそれで十分かなw
 
 
 

| | コメント (0)

2008年11月 2日 (日)

3連休の中日なのに

 何をするでもなく、一日、のんべんだらりと過ごしているちゃびデシ。マジックの練習も、だいぶペースダウンしてきてますw
 一朝一夕には上達しないデシからね……まだ飽きてはいませんが、ややそれに近い状態に……パソコンの事もあるし……。
 
 そっちに興味が行ってしまうと、ボク的に本来のテリトリーデシから…………修理よりはパーツ選びに気持ちが動く今日この頃w
 えぇ、不調の原因は、最初の見立て通り、電源系か……と。立ち上がりに難こそあれ、それ以外は安定して動作してますのでw
 
 パーツの買い換え、並びに新型機導入は、もう少し様子を見てからにしようと思ってます。
 

| | コメント (0)

2008年11月 1日 (土)

パソコンが不調のため……

 思ってても、口に出しちゃダメデシねぇ…………って話デシょw 昨日から、本格的にパソコンの調子が悪くなっちゃいまして……。
 起動させてから……かれこれ10分近く、スイッチノイズも無しにシャットダウン&再起動の繰り返し……原因は、昨夜のブログかな……?
 
 ほら、少々熱っぽくても、体がダルくても、学校とか仕事とか普通に来るのに、何かの拍子に体温測って、37度もあろうものなら、途端にクニャクニャ……と、へこたれちゃうタイプの人……っているぢゃない?w
 
 
 
 アレ…………ボク……w
 
 
 
 まさかパソコンまで、ボクのDNAを受け継いでいたとは……w ま、ボクがパーツを選び、一から組み立てたパソコンデシからねぇ……w
 だから自作パソコンは、ボクの分身みたいなもの……ブログに書いたばっかりに、パソコンに気付かれちゃったのかもw
 
 
 てか、真面目な話、立ち上がりに不安があって、しばらく経つと安定動作する……って事は、電源に問題があるのかも……もしくはコンデンサ系。
 省エネのため、パソコンを使わない時は、完全に電源をオフにしてますのでね……半日くらい放置してると、コンデンサの劣化に伴い、完全に放電されちゃってるのかも。
 
 携帯でも何でも、長い間使ってると、バッテリーの持ちが悪くなるぢゃないデシか。充電しても、すぐ使えなくなったり……。
 ボクのパソコンもそんな状態なのかもしれませんね……なんて、知った風な口を利いてますが……間違ってたら、どうしましょ?w
 
 
 もちろん、そんな時は黙って修理しますワナw 誰にもバレないようにw
 
 
 んで、みなさんが忘れた頃に『新型作りました。コレで一安心デシ♪』って、発表して誤魔化す…………みたいな?w
 いあ、実際、作りたいのは作りたいのよね……今、パーツ激安だし……。ただ、インテルから新型CPUの発売がそろそろ始まるので、それを待つのも一つの手かと……。
 
 今度作るパソコンは、随分久し振りになるので、手頃な値段でも、性能は驚くほどアップしてるんだろうなぁ……そう思うと、ワクワクしてきますw
 
 
 
 あぁ、作りたいなぁ~~w
 
 
 
 てな事を書いて、自宅のパソコンに危機感を持たせ、やる気を出させて不調から脱却を謀るのも一つの手…………w
 
 
 

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »