« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の記事

2009年1月31日 (土)

今更、召喚AFの旅 in ウガレピ寺院

 『相棒』……最近は誰と誰が相棒なんだ……と、困惑…までは言いませんが、何となく物足りないような、寂しいような…………。
 28日放送のは、右京さんと米沢さんが『相棒』なのか、米沢さんと超能力少年が『相棒』なのか……判りませんw
 
 
 
 もっとも、そう視聴者を考えさせるのが、番組的に『してやったり』……?w
 
 
 
 ただ、番組の最中、CMで薫ちゃんがコーヒーの宣伝に出て来ると、『お願いだから、復帰してくんない?』……と、切実に訴えてるボクが……w
 まぁ、相当の決意でもって降板したのデシから、そう簡単にコンビ復活……とは行かないのでしょうが……それでも、ねぇ……?w
 
 
 ま、それはそれとして……『相棒』を見終わった後、FFに行きまして……何を始めようという気にもならず、ならば……AFの宝箱でも探しに行こか……みたいなw
 残る召喚AFは2つ。一つはAF3のBCを戦う頭装備。もう一つはウガレピ寺院にある宝箱を開けて手に入れる胴装備デシ。
 
Tya090128221620a  時間的にもお手軽な、宝探しに決定し、OPテレポで高地エルシモに飛び、そこから徒歩でウガレピ寺院に入る事に……♪
 毎度毎度、走ること走ること……十二分に飽きちゃってるのデシけどね……走らなきゃ、いつまで経っても目的地に着かないので……w
 
 
 
 FF-XIって、プレイ時間の大半を、走り続けてるンぢゃないかな?w 
 
 
 
Tya090128222901a  ぶちぶち文句を言いながら走ってますと……案の定、道に迷いまして……w 人様の倍近い時間をかけて、ウガレピ寺院に到着しましたさぁw
 今日も今日とて、宝の地図を片手に……攻略本の事デシw……手前から、配置されてる部屋を一つ一つ、虱潰し(しらみつぶし)に当たっていきましたが、どうにも見付からず……。
 
 より奥の方へと進み……モンスタが門番として立ち塞がってる部屋の前に到着……今日はバトルしないつもりだったのだけど……強化魔法かけ、臨戦態勢に……。
 ところが、ボクがブリストしてる最中……怨念洞へ向かうのでしょう、通りすがりの忍者さんが、いきなり殴りかかり……ボク、応援w
 
 
 
 ま、召喚獣ぶつけるか、忍者ぶつけるか……の違いデシょw って、悪魔だな、ボク……w
 
 
 
 その忍者さんにプロシェルし、ケアルし、あっと言う間に倒してもらいましたw お互いにお礼を言い合い、忍者さんは怨念洞に、ボクは部屋の中をウロウロと探索。
 けれど、肝心の宝箱は見付からず……天網恢々(てんもうかいかい)、疎にして漏らさず……とは良く言ったもの……と、感心しました……w
 
 えぇ、自分で道を切り開け……って事デシょw んで、ここでも見付からなかった……って事は、もう一方……『ウガレピのカギ』が必要な部屋か……と言う事で。
 トンベリカッターと言うモンスタとバトルを……w やぱし、そう簡単には手に入らんか……スクエニのいぢわる…………。
 
Tya090128230320a  要らない時には捨てるほど出るのに、要る時は出ないのがスクエニクォリティー……トンベリを何匹も倒し、怨みをいぱ~い買い続け……w
 ま、そのはけ口は、カー君に向かうのデシけどねw だいたい、ボクの3倍強の攻撃力デシからw 最初に『神獣の攻撃』で開幕し、『契約の履行:幻術』すれば、タゲが外れる事ありませんw
 
 
 
 ただ、そのせいか、ボクがトドメを刺せず……カギがいつまで経っても手に入りません……w
 
 
 
 そうこうしてるうちに、時刻が11時を回り、今日はここで野宿するか……と、キャンプ地を探して戦ってましたら、最後の最後にボクのWSでモンスタが倒れ、カギゲット♪
 いそいそとカギを使って部屋に入ると、真ん中辺りに宝箱が……♪ 喜び勇んで駆け寄り、宝箱を開けますと……中からAF胴が♪
 
Tya090128233313a  そして、いそいそと部屋を出てから気付きました……『宝箱、発見!』の決定的瞬間が撮れてない事に……………………○rz
 今更、次の宝箱が湧くのを待つ気力も枯れ果て……嬉しいのか悲しいのか分かんないまま、家路に着きました…………。
 
 
 
 

| | コメント (2)

2009年1月30日 (金)

エェお客さんやなぁ~~w

 大決戦! 超ウルトラ8兄弟を見てから、久々にウルトラマンティガを、ナイトキャップ代わりに(=この場合は『寝酒』って意味でw)している中の人……分かり易いというか単純というかw
 
 
 
 まさにバンダイ、あるいは円谷の思うツボw
 
 
 
 えぇ、我ながら良いお客さんだな……と思いますw もっとも、映画に出ていた平成3部作やメビウスのDVDは既に持ってますし、Aとセブンのもバッタ化してますがw
 ウルトラマンと新マンが無いのが…………デシかねぇ?w これもレンタルしてきてバッタもんDVD作るかなぁ……。
 
 
 
 堂々と違法……てか、触法行為を宣言するのもどうかしら……w
 
 
 
 まぁ、全部を見終わるまで、この気持ちが維持出来るかどうかは……?w 何しろ枚数が多いデシからねぇ……それに、1話か2話見たら寝ちゃってるしw
 それにしても、今更ながらティガの完成度の高さは素晴らしいデシね♪ と言いますか、コレがコケてたら後には続かなかったろうから、良くて当然……なのかな?w
 
 ダイゴ役の長野博さんも若々しいし、何よりレナの吉本多香美さん! 若い! てか、ショートヘアが眩しくて、初々しいw
 一干支以上(放送は96年デシから撮影はそれより更に……)昔の作品なので、それは当然デシけどw それでも、若いw
 
 また、ストーリーも子供向け番組にしては、しっかりした土台が作られていて、ブレない視点も好ましく、マニアならずとも、受け入れられて当然……と思いました♪
 流石は『ウルトラマン誕生30周年作品』デシね♪ いい歳したおぢさんでも、スッと物語に入っていけますw
 
 
 
 てか、心と財布は、いつも小学生気分な中の人だったりw
 
 
 
 何となく自画自賛して、照れちゃってますが…………ホントに誉め言葉なのか? 何となく心のどこかが痛いのは、気のせい?w
 今はDVDの発売で、品薄かもしれませんが、まだ、ティガ・ダイナ・ガイアを見たこと無い人は、これを機にレンタル店で探してみては?w
 
 大人も十分に楽しめる娯楽作品デシょ……もっとも、子供と一緒に見て、グッズをお強請り(おねだり)されても……そして、見付からなくても、当局は一切関知しませんがw
 そうそう、映画でダイゴ(長野さん)が変身するときに使った『スパークレンス』だけは、新規に発売されてるそうデシ……確か定価3800円だったかw
 
 パカッと開いて、ピカッと光って、シュワッと効果音が出るそうなw…………いえいえ、持ってませんょ、流石に……欲しいのは山々だけど……w 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月29日 (木)

取り敢えず、怒っとく

 一昨夜だったかな? ニュースで見て、今日は新聞に載ってましたが……えぇ、地上げ屋の脱税事件の事デシけど……酷いね、銀行。
 国から税金を投入させて、中小企業への貸し渋りを止めるよう言われながら無視し、ヤクザな地上げ屋に荷担して……。
 
 
 
 職業に貴賎は無いけれど……それに携わる人の心が腐っていては……。
 
 
 
 三菱東京UFJを筆頭に200億以上の融資を受け、ヤクザが地上げに奔走し、その上前をはねる……銀行マンの……と言うよりは、人間としての誇りも無くした感じデシね。
 今回の経済不況は、エコノミストが引き起こし、メガバンクが加速させた……と言っても過言ではありませんな……。
 
 こんな銀行、潰してしまえばいいのに……そして、あくどい手法で掻き集めた金を、貸し渋られてる会社に回してやればいいのに。
 誰も困りませんよ、三菱東京UFJが潰れても……てか、後釜を狙ってる銀行は数多あるんだからw……そうすれば、景気も経済も回復し、八方丸く収まるのに。
 
 
 
 弱きを挫き、悪しきを助ける銀行が、日本最大のメガバンク……だなんて、日本の恥だと思いますが……?
 
 
 
 これが時代劇ならば、そろそろ正義の鉄槌が振り下ろされるのデシけどね……誰か『成敗』してくんないかな……?w
 暴れん坊な将軍様でも、鬼と呼ばれた、火付け盗賊改役のお頭でも、桜の刺青がチャーミングなお奉行様でも……とにかく、誰でも良いから早急にお願いw
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月28日 (水)

今更、召喚AFの旅 in フェ・イン♪

 何となく、中途半端な時間帯にインすると、何をして良いやら迷っちゃいますが……そんな時のため、残してたAFの旅…………ウソウソw
 『そのうち……』『気が向いたら……』『欲しくなったら……』てな感じで、いつしか忘れ去ってましたが……必要に迫られそう……って感じになりw
 
 
 で、行って来たのが『フェ・イン』デシ♪ ここの凍結の回廊で球根モンスタ6匹と同時バトル……勝つと『エボカースパッツ(=両脚装備)』がもらえますw
 今回は相手が多いので……それに召喚AFなので、ジョブは召喚士に決定w 召喚獣にタゲを取らせ、1匹ずつ退治する作戦w
 
 また、モンスタが6匹……なので、こちらもそれ相当の準備が必要……と、薬品類をしこたま調達し、OPテレポでフォルガンディーに。
 
 
 
 フォルガンディーからフェ・インまでは徒歩5~6分……ホントにもう…無駄に広いぞ! スクエニッッッッ!w 
 
 
 
Tya090124225514a  飽きるほど歩いて、フェ・インに到着……ここで既に一仕事終えた気分になってるボクと中の人……だって遠いんだもんw
 誰にともなく愚痴をこぼし、攻略本の地図を頼りに、迷路のようなフェ・インをズンズン進んでいくボクw
 
 
 
Tya090124225252a  程なくして到着したのは、巨大なクリスタルが鎮座する凍結の…………あれ? クリが無い……どこ? ココ? ク・ビアの闘技場?……えっっ?!
 
 
 
 なんで…………?w
 
 
 
 えぇ、まぁ……単に間違っただけ……みたいなw
Tya090124230048a 
 
 
 まぁ、どちらもBCの入口ではあるのデシけど……w 八つ当たりしようにも、ぶつけどころが無い寂しさょ……w
 苦笑いと溜息が入り乱れる中、本当の目的地、凍結の回廊に辿り着けたのは、それから約5分後……今度こそ、本当に巨大なクリスタル発見w
 
Tya090124230557a プロシェルかけて、念のためにリレイズもして、MP回復後、いざ、突撃!w イベントムービーを見た後、球根達の待つ広場へ……。
 球根が確認出来るほど近付いたら、フェンリルを召喚。1匹の球根目掛けて攻撃開始! フェンリルにエクリプスバイトを撃たせ、タゲを召喚獣に固定。
 
 フェンリルが袋叩きになりつつ、1匹ずつ確実に倒していく作戦…………の筈が、脇目もふらず、ボクに駆け寄る球根達……そして、袋叩きに遭うボク……w
Tya090124230837a フェンリルが1匹目を倒して、ボクの元に駆け戻る頃、ボク瀕死……このままでは復活も出来ないので、出口付近まで移動しつつ昇天…………w
 
 球根達がゆっくり元の場所に移動するのを見定め、リレで復活。んで、すぐに蘇生の髪飾りでリレイズ2した後、フェンリルを呼び出し、ポツンと帰り遅れた球根にアタック!
 それに気付いた球根達が、猛然と駆け戻り、フェンリル……を無視してボクに総攻撃……そして、程なく敢えなく2度目の昇天をするボク……w
 
Tya090124235047a 敗因は……寝かせる術(すべ)を持ってなかった事……かな?w 1匹の攻撃はそれほど強くないけど、5,6匹まとまって叩かれると……w
 それに、タゲが召喚獣ではなく、ボクに来たのも想定外デシたゎ……w 普通は攻撃している召喚獣に、敵の攻撃が集中するのデシけどね……。
 
 
 て事で、ボルグヘルツに続き、再度青タルに変身! こんな事なら、最初から青タルで行けば良かったょ……w 青魔法のセットは面倒なのに……w
Tya090124235637a 今回は『シープソング(=白系範囲睡眠)』と『サペリフィック(=黒系範囲睡眠)』をセットしました♪ 属性を逆にすると、レジストされ難いのねw
 
 そして、再びボスディン氷原に飛び、そこからフェ・イン、んで凍結の回廊……へのロングラン……えぇ、挫折しそうになるほど走り続けましたさw
 それから、下準備を済ませた後、リベンジ開始! 今回は売り物の(=収入源とも言うw)タブナジア風タコスを食べ、防御力を大幅にアップしました♪
 
 
Imgp0001 Tya090124235641a さて、バトル開始後、球根達がなるべくまとまるのを見計らって、シープソング発動! 『羊が一匹、羊が二匹……』と、歌ってるかどうかは別にして?w
 気持ち良く眠ってる球根達を尻目に、眼下の敵をたたくボク。てか、1匹洩れて2対1の戦いになってましたか……w
 
 でも、それくらいだったら何とかなる……くらいの強さデシ。簡単に1匹目を倒し、隣で殴りかかってくる球根にタゲを移す……筈が、何故か眠ってる球根を叩きに行くボクw
Tya090125002136a そうこうしているうちに、全部の球根が起き出してきて……今度はサペリフィック発動! 今度も1匹範囲から洩れ、2対1続行w
 
 ただ、その頃にはボクのTPも100を超え、一人連携で瞬殺&やや瞬殺w それからは青魔法を撃ちまくり、残る球根達も次々に撃破……終わってみれば6分4秒でリベンジ達成♪
 ベストタイムが6人PTでの2分38秒だから、まぁ、こんなモノかしら……?w それからTya090125002328aウインに戻り、コルモル博士の家に報告&AFゲット♪
 
 これで残るはAF3クエと、ウガレピ寺院での宝箱探し……こっちのカギは、もう、何年も前から持っているので……錆び付いてないか心配w
 どっちを先に済ませますかな……ちなみに、クエは2戦しないともらえず、場所もそれぞれ違うので、早くも気持ちが萎えてますが……何か?w
Tya090125001813a 
 
 

 

| | コメント (0)

2009年1月27日 (火)

今更、召喚AFの旅 in ボルグヘルツの魔手

 先日、F氏から借りた獣人ミスリル貨。それを使って手に入れた『だいじなもの:古びた小手(召喚士)』……それだけでは使い物にならず……w
Tya090124213712a  それにしても、FF-XIって攻略本とか、攻略系HPありきで作られてる感アリアリ……何の予備知識無く、ゲーム内の登場人物の話だけを頼りにクエを進めても、途端に行き詰まってしまいます……。
 
 この『だいじなもの』から、エボカー何たらって言う装備品に仕上げるために、ジュノの街を彷徨い(さまよい)、情報&イベントを見て、『だいじなもの:闇の炎』を取ってこいと言われ、下準備完了w
 後は、ザルカバードに飛び、ズヴァール城外郭にあるトーチを調べ、NMTya090124214131aボムを呼び出して倒しますの。
 
 初めて……白のAF小手を取りに行った時は、Y氏達に頼み、遠足がてら倒しに行ったものデシ……(遠い目)w
 その後、プレーヤーのレベル上限が65→70→75と引き上げられるにつれ、ソロ(=一人)でも倒せるようになり、今回、ボクも青タル最強伝説の一環で……w
 
Tya090124214617a  て事で青/忍になり、魔法セットして忍具用意して、OPテレポ経由でザルカバードに向かい、一路ズヴァール城へ……。
 ココへは迷わず辿り着けますのw 闇クリ欲しさに出掛けたりしますのでw ただ、ウンザリするほど駆けずり回らねばなりませんが……w
 
 テッテケ走り、ズヴァール城に到着し、そのまま中に入り、目的地に直行デシ。ここまでは一本道……ぽい造りになってるので、地図の確認だけで迷わずに……えぇw
 で、ボムを呼び出す前に、色々用意を済ませ、内心ドキドキしながらバトル開始! 今回Tya090124214724a はボムの弱点が『炎』と言う事で、一人連携の『核熱』が出せるようにしました♪
 
 
 
 『核熱』の結果は…………ショボかったw
 
 
Tya090124214800a 
 連携のダメより、ディセバーメント一発の方が大きかった気がする……のは気のせい?w いあ、まぁ、それはボクの装備が貧相なせい……w
 それから、肉弾戦……なので、『カウンター』を出せるように魔法をセットしましたら、2回発動してました♪ これは嬉しかったデシw
 
Tya090124214821a  んで、ボムの詠唱するバイオ3に悩まされながらも、何とか撃破する事が出来まして……『闇の炎』を無事ゲット♪
 しかし、戦闘終了後、帰る術(すべ)を持ってない事に気付き……てへw……またもやトットコ走り、OPデジョンをお願いしました……良かった、サンド支配でw
 
 
 OP(アウトポスト)デジョンするにもテレポするにも、費用がかかるのデシょ……ちなみに、自分の所属国が支配してる地域と、それ以外の地域では費用が3倍かかります……。
 
 
Tya090124222110a  さて、サンドに戻った後は、すぐさま船に乗ってジュノに向かい……中々船が来なくて、5,6分時間を潰したのは内緒…………w
 ジュノ港の倉庫に行き、ボルグヘルツ……の亡霊……を呼び出し、無事に小手を入手出来ました♪ 装備して見せてあげたいけど、タルなので、見え辛く……w
 
 
 
 AFが全部揃ったら、写真にとって発表します…………いつか、そのうち……w
 
 
 
 性能はともかく、デザインは中々気に入ってます♪ まぁ、タルは何着ても可愛いから……ねぇ?w
 いあ、ボクの意見ではなく、世間一般の意見デシょw 格好良さでは他のキャラに一歩及びませんが、その代わり、何着ても可愛い……てか、許される……ものw
 
 例えば……男性キャラで、白のAF着ても許されるのって、タルくらいだし……ガルやヒゲ男が着たら拷問だもの……見せられる方は……w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月26日 (月)

久々のサルベージは…………

 先日、コルセアAF3のお手伝いに行き、そのついでにサルベージにも参加してしまった……ちゃびデシw
 久々のサルベージは、リレイズだけは持ち込めて、少し違和感があったのデシけど、まぁ、何とか無事に終了できましたw
 
 新しいLSの人達と行ってきたのデシけど、殆どの人が初めて……って事で、バフラウの1,2層NMと対面するのが目的デシた。
 みんな初めてのせいか、『楽しんでいこう』とか、『慣れるまで様子見がてらで……』とか、気楽な遠足気分が漂う中、一人、冷や水をかける発言を続けるボク……w
 
 
 
 『サルベージ』には……苦しかった事、辛かった事がトラウマのように駆け巡り……w
 
 
 
 えぇ、走馬燈のように駆け巡りたくても、良い思い出が無いので……w
 
 
 
 とは言え、今回は大人数で行けそうなので、多少、勝率は上がりましょう……但し、アイテムのドロップ率は含まず…………w
 ボクが毎週参加させられてた頃は……ん?w……多くても8人くらいの少数精鋭……てか、人材不足デシたからなぁ……。
 
 最初はY氏夫妻のお手伝いで行ってたのデシけど、そのうち忙しくて参加出来なくなり……その夫婦揃って引退したのが切っ掛けで、解散となり……。
 ボク的には、Y氏達が参加しなくなった時点で、参加理由が消滅してたのデシけどね……リーダーシップを取ってた人が頑張りやさんだったので……。
 
 
 
 そう言う人を応援するのは吝か(やぶさか)ではなく……ずるずる手伝う羽目に……w
 
 
 
 今回のサルベージ班は、和気藹々と進めていくような感じで、どうやらボクがいなくてもダイジョブそう……正直、ホッとしてますw
 ぶっちゃけ、サルベージの装備一つ取るのと、アサルトで10万点貯めて装備一式揃えるのとでは、10万点貯める方が断然『楽』デシからw
 
 ソレが判っていながら、なまじっか手元に15装備なんかがあると、ついつい出掛けていくのよね……無駄と知りつつ……w
 仕様が幾分緩やかになったと言っても、どれだけブツを落とすかは運次第……必死で作戦立てて、完璧に役割分担をこなし、何とかラスボスを倒せても、ブツを落とすかどうかは運次第……これを楽しめと言われても……ねぇ?w
 
 
 だから、これが初戦で夢や希望に満ちた人達の前では言えませんデシたょw 『この道はイバラだらけデシょ』とは……えぇ……w
 そして、参加しない以上、アレコレ口出しをする気もありません。そのPT、そのアライアンスで作戦を立てて、楽しく攻略してもらえれば良いデシ……。
 
 
 
 『楽しく』……攻略出来れば……良いけどねぇ………………w
 
 
 
 深入りするなょ、泣くだけだゾ……w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第2部-03

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ・・・デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
  
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 その竜……どうやら人間達の間では、『一角』と恐れられているようだが……は、背中から翼を取り出し、伸びをするように大きく広げると、ファサァ……と、音も無く飛び上がった。
 そして、グルッと辺りを見渡し、人の気配のする方へと飛んで行った……。

 
 
 五章 主役的少女、実は看病中
 
 消毒薬を中心に、様々な臭いが入り混じる病院……その二階の角部屋に、来門は運び込まれていた。
 ベッドの傍らには、一姫とその祖父が立っていた。
 一姫の祖父は、ガッシリした体格で、髪もスキンヘッドに剃り上げているので、実年齢よりはかなり若く見えた。
 
 心配そうに様子を見ている一姫を余所に、来門は静かに眠り続けていた。
 有りっ丈(ありったけ)の薬を来門に使った後、成前は何も言わず、プイッと姿を消してしまい、それが一姫の心配を大きくしていた。
 
 「大丈夫だよ、一姫。お医者さんも言ってただろう? 『傷口はほぼ塞がっているし、CTでもMRIでも異常は見られませんでした。後は目覚めるのを待つだけです。』って。」
 「……はい……でも、お爺様、お姉さんはいつ起きてくれるの?」
 「……さぁ……いつだろうね……大分、血色も良くなって来たし、もうすぐ起きてくれるかもしれんね。」
 「そうだと良いなぁ……。」
 似たような会話を、日に何度となく繰り返す二人だった……。
 
 
 この日、この時まで、一角は人も獣も見境無しに、空腹が満たされるまで喰らい続けてきた。
 ただ、人間を喰らう度に、その人間の感情までもが、自分の中に押し寄せてくるのを嫌い、徐々にその回数は減っていた。
 
 その日、一角が縄張りにしていた森に、山里に住む親子が入り込んでしまった。
 木の実を探し、山を歩いている間に、どうやら迷い込んでしまったらしい。
 ここは竜の森……その事に気付いた母親は、慌てて森から出ようとした……。
 しかし、子供は木の実拾いに夢中で、中々言う事を聞かなかった。
 
 奥へ奥へ行きたがる子供を、母親がようやく引き留めた時、空からいきなり竜が降って来た……一角だった。
 縄張り荒らしが親子だと判ると、一角は子供に狙いを定めた……余り腹が減ってなかったからだ。
 肉の柔らかい子供だけ喰らって、母親の方は逃がす気でいた……それが見せしめになって、人間が近寄らなければ……と思ったからだ。
 
 だが、子供を襲おうとした一角に、母親は敢然と立ち向かい、紙一重の差で子供を逃がした。
 そして、子供に父親を呼んでくるように言うと、自分は腰に差していた鎌を引き抜き、決死の覚悟で一角と対峙した……。
 
 一角は戸惑いを感じながらも、それならば……と、母親の方に狙いを変え、無造作に襲い掛かった。
 ところが、いざとなると母親は、クルッと踵(きびす)を返し、戦おうともせずに逃げ出した……無理もない……と言うか、相手は小山程もある大きな竜である、当然の話……ではある……。
 そして母親は、子供が走り去ったのとは別の道で、山を駆け下りた。
 自分が竜の縄張りから抜け出す事で、一角が追うのを諦めてくれないか……と必死に祈りつつ……。
 
 だが、追っ手を気にしながら走れる程、山道は易しくはなかった……。
 もう少しで抜け出せる……と言う時、母親は地面を這う蔦に足を取られ、派手に転んでしまった。
 急いで起き上がったものの、地響きを立てながら迫り来る一角に、母親は頭が真っ白になり、悲鳴を上げながら鎌を振り回した。
 
 闇雲に鎌を振ってるうちに、母親の手からスポンッ! と抜け、鎌は一角の左足にサクッと突き刺さった……。
 次の瞬間、一角の目に狂気が走り、激しい雄叫びを上げながら、辺り構わず暴れ始めた。
 不幸な偶然にも、鎌が刺さったのは、一角の逆鱗(さかうろこ)が生えている場所だった……。
 
 
 「父さん、止めて! お願いっ! 正気に戻って!!」
 
 
 来門の必死の叫びも空しく、一角は本能のまま、辺りの木々を打ち倒していった……。
 
 やがて、少しずつ落ち着きを取り戻し、焦点が定まってきた目に飛び込んできた光景に、一角は愕然(がくぜん)となった。
 長い年月を掛け、手塩に掛けて育ててきた自慢の森が、見る影もない程、無惨に荒れ果てているのだ……それも誰あろう、自らの手によって……。
 
 一角が呆然と辺りを見ていると、一人の人間が、倒れた木の下敷きとなり、抜け出そうと必死で藻掻いて(もがいて)いた。
 (……この女は確か……そうか……そうだ、この女だ……この女のせいで……!)
 一角は自分の足に刺さった鎌を引き抜いた……逆鱗も一緒に剥がれ、そして、二つに割れ落ちた……。
 
 もう二度と、そこに鱗は生えて来ない……だから、傷も塞がらない……竜が逆鱗(げきりん)に触れられると怒り狂うのは、それが原因だった……。
 
 逆鱗を剥がされ、森を荒らされ……暴れたのは一角自身なのだが……怒り心頭の一角は、ズンズン……と、母親に歩み寄った。
 母親は狂ったように、木から抜け出そうと、爪も剥がれんばかりに地面を掻いていた。
 その身動き出来ない母親を、一角は乱暴に木から引き摺り出した。
 そして、有無を言わさず、鋭い爪でズバァッッ! と、袈裟懸けに切り裂いた……。
 
 母親は悲鳴も上げられず、恐怖で目を見開いたまま、絶命した………………。
 
 
 「いや──────────────っ!」                                     
 
 自分の目の前で行われた惨劇に、来門は悲痛な叫びを上げた……。
 自分の父親が、これほど残虐な振舞をしていたなんて……。
 たった今、この目で見たばかりなのに、信じられなかった……いや、信じたくなかった……。
 来門はパニックから過呼吸気味になり、全身の震えが止まらなくなった……。
 こんな非道な事をした父が許せない……。
 こんな酷い光景を見せた成前が許せない……。
 来門の目から、涙が溢れて止まらなくなった……。

   
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                      ・・・・・・・・次週をお楽しみに(毎週日曜、午後6時に更新ちゅ♪)・・・(^_^)ノ
 
 
 

 

| | コメント (0)

2009年1月24日 (土)

大決戦! 超ウルトラ8兄弟(DVD)来た♪

 胸~ぇに♪ 付け~てる♪ マークは汁製ぃ~~♪ って、食べこぼしかよっっっ!?w 注文した事すら忘れてた、限定BOXが届きました♪
 最近、方向が定まらない系の仮面ライダーに比べ、王道を突っ走ってますなぁ、ウルトラマンは……良い意味でも悪い意味でもw
 
 早速DVDを鑑賞しましたが、コレが中々の力作♪ 昭和のファンから平成のファンまで……ま、大人も子供も楽しめる、出色の出来…と、誉めておきましょうか?w
 最初はメビウスの続編的な位置付けかな?……と、思っていましたが、全然別個の映画デシたわ……うん、その意気や良しw
 
 時々、過去の映像を差し込んでいて、ついつい、そっちのウルトラマンも見たくなったりして……一度倒産して、円谷プロも骨身に染みたのでしょう、『夢だけでなく、DVDも売らなきゃ生活出来ない……』とw
 ま、それならそれでも良いのデシけどね、良質の子供番組は減る一方デシから……気持ち良いくらい判りやすく、正義の味方のお手本的な存在デシからね、ウルトラマンってw
 
 映画の見所は……数多くあるので、自分のお気に入りを探してもらえば良いとして、ボクがツボにハマッたのは……ミライ君がダンディー4の方々と再会するシーンw
 特に、郷秀樹(帰ってきたウルトラマン)との再会シーンは爆笑モノデシたょw 昭和のファンは是非モノで見ていただきたいな……とw
 
 ま、欲を言えば、せっかく『藤宮クン』が出てたのデシから、アグルも登場して欲しかった……あ、でも、ヒカリに流用されちゃってるから無理か……w
 ところで、この藤宮夫妻、リアルでも結婚されてるのデシけど……ご存じ?w ちなみに、映画の中で玲子さんが抱っこしている赤ちゃんは、二人のリアルベィビーだそうなw
 
 
 それから、そのダンディー4、映画ではその当時のヒロインだった人と、夫婦役で出てるのデシけど、ハヤタ夫妻は実の父子競演、郷夫妻と北斗夫妻は実の母子競演……となっておりますw
 ハヤタ役の黒部進さんと、レナ役の吉本多香美さんが実の親子だって事は有名デシが、後の母子は……全く知りませんデシた……w
 
 
 
 でも、物凄く良く似てたので、ひょっとしたら……と、ネット検索しましたら、果たしてビンゴ……てか、単にボクがモノ知らずなだけデシかね……w
 
 
 
 これ以外にも、本当にマニアックな情報がコッソリ……そして、ギュッと凝縮された映画デシた♪ まだ見てない人は、レンタル店にダッシュw
 もちろん、DVD買ってみても後悔しませんょ、きっとw ただ、DVDの限定版BOX買うなら、ブルーレイのを買った方が良いかもw
 
 CGとか、映像も凝りに凝ってますからなぁw フルハイビジョンとか、ブルーレイに対応してるなら、そっちで見た方が素晴らしいかも。
 ブラウン管&普通のDVDで見てると、アクションゲームしてるような錯覚に陥りそうで……良い意味でも悪い意味でも……w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月23日 (金)

アンテナ完成♪

 母のワンセグDVD、アンテナ改造計画の終局がコレ……w 結局、全て手作業で分解しましたゎ、はいw
 グラインダーの投入を予定してたのデシけど、思ったより繊細なハンドワークを要求されそうだったので、それはあっさり諦めましたw
 
 
 
 所詮は素人の日曜大工デシからね、変に意地張ったら元も子もなくなりますw
 
 
 
Imgp0002  取り付け金具のジョイントを、金ノコでゴリゴリ切り離し、後は気持ちホコリを落とし……気持ちとか言わず、しっかり落とせよ、ボク!?w……母の部屋に運び込み……。
 DVD付属のアンテナ線をこっちのアンテナに巻き直し、壁に掛けたら出来上がり♪ ちなみに、費用は一切かかってません♪ これぞ貧乏人の真骨頂w
 
 
 
 欲しがりません、作れるうちは……みたいな?w
 
 
 
 お陰で、受信出来るチャンネル数が7局に増えました♪……見られる見られないは別にして………………w
 前のアンテナの時も、5局中2局しか視聴に耐えられなかったそうで……普段はアレコレ五月蝿いほど文句、注文の多い母は、肝心な時に我慢する質(たち)デシて……。
 
 長らく親子関係を続けてますのでね、その辺の事は察しが付くのデシけど……黙って辛抱されると、不憫というか、切なくなりますな。
 もっとも、母にしても、ボクがアレコレ調整してるのを見てますもので、『それでも無理なんだから仕方ない……』と、諦める……と言うより、割り切ってたみたいデシ……。
 
 まぁ、何にせよ、アンテナの構造も判った事だし、今度は自作してみようかな……と、新たな野望が芽生えています……と言っても、『気が向いたら……』の注釈が付きますが……ね?w
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

工作の時間…………デシ?w

 昨日、珍しく庭の草を焼きましたら、その直後から雨が降り出し、今日も雨の神戸デシ……車、洗わなくて良かったぁ……w
 さて、母のワンセグ事情は……あまり大きく改善されず……てか、あれ以来触ってないのでねぇ……変わろうにも……ねぇ?w
 
 鉄の棒ではなく、TVアンテナ(屋外用)を取り付ければどうょ……と、思い立ったが吉日、物置の奥から、古いアンテナを持ち出し……w
 外せる物は外し、本体のみを使うつもりだったのデシけど、ネジというネジが全て錆び切って、ビクとも動きません……。
 
 えぇ、いっそ新品のを買った方が仕事が速いのデシけど……使えるかどうかも判らないモノに、お金は使えませんて……ねぇ?w
 で、外せないなら仕方ない……と、中の人お得意の力業(ちからわざ)系……ん?……解体作業開始……w
 
 手始めに、本体後部の『くの字』部分の切断……本体は金属パイプを塩ビで防水坊錆してるのかな……と思って、金ノコでゴリゴリやってましたら、最後まで塩ビパイプデシたわw
 TVアンテナって、案外シンプル……てか、チープな作りになってるのね……?w 塩ビ管にアルミパイプをプスプス刺して、魚の骨みたいにして出来上がり……みたいなw
 
 これなら家にある物で、適当に作れそう♪……てか、自宅に塩ビ管やアルミパイプを常備してる……ってのも、どうょ……って話しデシけど……w
 
 
 
 だって、あるんだから仕方ないぢゃない?w 
 
 
 
 さて、それから本体と支柱を止めてる金具を、引っぺがそうと金ノコを引いてみたのデシけど、全然歯が立たず……w
 疲れたので、今日の作業はここで終了……って事にw 明日はグラインダーでも引っ張り出してきて、一気に勝負を決めようか……と思ってますw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月21日 (水)

もう、そんな時期……?

 庭先では、早くも盛りのついた猫共が、う~~や~~た~~と、五月蝿く騒ぎ、『死滅してしまえば良いのに!』と願う、ちゃびデシ…………。
 誤解の無いように、予めお断りしておきますが、全ての猫に対して悪感情を持ってるわけではありませんからね?
 
 
 
 我が家の庭やベランダ、屋根まで這い上がり、気ままに騒ぎ立てる猫限定デシからね?
 
 
 
 とは言え、猫には良い感情を持ってないのは事実……子供の頃は、飼ってた金魚や錦鯉を、遊び半分で殺され、今は今で、インコの墓を荒らしたり、庭全面をトイレにし、ベランダや屋根の上で騒いで、インコの繁殖を邪魔したり……数え上げれば、枚挙に暇がありません……。
 無味無臭の農薬でも手に入ったら、エサに混ぜて喰わせてやるのデシけれど……現実は難しく……てか、面倒臭く…………w
 
 あんなヤツらでも、『一個の命』……デシからね、人間様が自由にして良い物でもありません……と言いますか、殺した後の処理を考えると億劫…………優しいのか残酷なのか、どっちなんだ、ボクッッッ!?w
 
 
 
 ま、このズボラな性格のお陰で、家の近所の猫共は、今日も今日とて大きな顔して闊歩してます……。
 
 
 
 それはさておき、猫が発情を見て思うのは、我が家のインコ達も発情して欲しい……って事。セキセイは年齢的にもう無理だし、オカメもオスだけになったので不可能。
 ナナクサだけは、まだ辛うじて産卵に耐えうるのでは……と思って、毎年、今の時期から準備してるのデシけどね……成功したのは買ってきた次の年だけ……。
 
 あの時は、ナナクサも案外簡単に繁殖するんだ……と、ナナクサに囲まれた生活を夢見たものデシが、現実は厳しく…………w
 何がダメだったのかなぁ……アレコレ手を変え品を変え、試してはいるのデシけど……一向に実を結びませんなぁ……。
 
 ナナクサはオカメやセキセイと違い、年1回(=春先)しか発情しないので、失敗すると翌年まで待たねばなりません……。
 従って、出産準備はもうそろそろ初めても良い頃なのデシけどね。巣箱は去年の秋から入れっ放しだし……エサをソレ用に変えますか……。
 
 発情しやすいよう、カロリーの高いヒマワリの種や麻の実をメインに与え、栄養のバランスを取るために、別の容器にペレットを入れて対応してます、我が家では。
 それで、何度か卵を産むところまでは持って行けたのデシけど、そこから先がねぇ……孵らなかったり、抱卵を放棄したり……。
 
 抱卵の放棄は、前述の猫が騒いで驚いた事が原因デシ……。身の危険を感じるような所で、子育てなんか出来ませんからねぇ……人も、インコも……。
 ナナクサの年齢から言って、そろそろ限界に来てるはずなのデシけど、今年はどうかなぁ……今年こそ、ヒナを拝ませてくれないかなぁ…………。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

タルタル召喚士、AF探しの旅 in 海蛇の岩窟♪

 さて、バージョンアップにより、各地での宝箱探しが楽になった……と言うウワサは聞こえてこず……ならば、自分の目で確かめよう……そう思い立った中の人w
 手始めに、『海蛇の岩窟』に出掛けよう……と、脳内実行委員会が採決し……色々あるなぁ、中の人の脳内何たら……w
 
 
 
 唯一足りないのは、脳みそ本体だとか………………ほっといてっっっっ!
 
 
 
 中の人の脳コンディションはさておき、岩窟にある宝箱ゾーンに入るためには、『獣人ミスリル貨』と言うアイテムが必要デシて……。
 各地の競売を調べてみたら、昨夜に限ってどこも1500ギル近くに値上がりちゅ……普段は1000ギル程度なのね……。
 
 人の……もとい、タルの足下を見て値段を釣り上げるなんて……と、腹が出て来まして……もとい、立って来まして……。
 出た腹のヘソを曲げ、怒りをサチコメに書いて、岩窟で釣りしてましたら、同じくセルビナ~マウラ間で釣りしていたF氏から、『持ってるよ』と、声をかけてもらいまして……♪
 
 せっかくだから……と、一瞬で機嫌を直し、F氏からありがたくミスリル貨をお借りしまして、扉を開けて、岩窟の奥深くに入って行きました♪
 えぇ、文字通り『カギ』なのデシ、ミスリル貨がw 他にも獣人金貨やサハギンのカギとか使って入る所もありますw
 
 で、宝箱はどこデシかぁ~~? と、攻略本に書かれた出現地点を、片っ端から尋ね歩くこと数分……岩窟の最奥の奥、これ以上進めません…て所に、チョコンと……w
 まぁ、確かに、行ったその日に見付けられて、ラッキーと言えばラッキーデシが……もっと簡単に見付かってくれた方が、バージョンアップの恩恵を実感出来たかも……w
 
 
 
 とは言え、そもそも、ライバルが大勢いる時のための仕様なので……他に誰も探さないと、リポップしようにも動けない……かw
 
 
 
 さて、宝箱から『古びた小手』を手に入れて、『この後、どうするんだっけ……?』と、すっかり忘れちゃってる中の人……w
 無理も無い、AFは2種類しか持ってませんからなぁw しかも、その内の1つ、青魔道士のAF小手は、材料を競売で買って、係の人に渡せば済む……簡単なものデシたからw
 
 そんなこと考えながら岩窟を走ってますと、案の定、迷子になってしまいまして……w えぇ、いつでも、どこでも迷えるのが、ボクの得意技…………なんでやねんっっっっ!
 F氏から『地図持ってないの?』と、心配半分、呆れ半分にツッ込まれ、『地図は随分前に取りました』と、意味もなく自慢げに話すボク……w
 
 
 
 まぁ、地図があっても迷うのが、真の方向音痴なのさっっっっ! とは、恥ずかしくて言い出せませんワナ、流石に……w
 
 
 
 F氏の指示通り、ようやく出口に辿り着き、その時になって初めて、写真撮るの忘れてた事に気付き……もう一度戻るのも面倒なので、そのまま魚釣りを再開w
 
 何はともあれ、これでジュノ行って話聞いて、ザルカバード飛んでボム退治すれば、AF小手が手に入ります♪
 ザルカに飛んだら、ついでにフォルガンディに向かい、AF2のBCにも行ってこようかな……とも思ってます。
 
 何くれるのか忘れましたが…………をゐ!w…………確か……敵は球根6体デシたかな? それ等とバトルがあった筈w
 青で行こうか召で行こうか、迷うところではありますが……魔法のセットが面倒臭いので、召喚士で行くかな?w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月19日 (月)

リンバス行った、オメガと戦った……そして全滅へ……w

 母のTVデシけれど、鉄パイプに細い磁石を押し込んだら、現在5局、見られるようになりました♪ 
 中学時代に習った技術家庭の知識……かなりうろ覚えデシけどw……それを駆使した次第デシ……『三つ子の魂百まで』とは、良く言ったものデシねw
 
 
 
 スンマセン、明らかに諺(ことわざ)の使いどころが違ってますw
 
 
 
Rinbas090117230408a  さて、ツッ込まれる前に自己申告して、事無きを得たところで……得たのか、ボク?!……ちょ~~久々のリンバスに行ったのデシょ、この前の土曜日w
 総勢12人(精霊班6人と直接攻撃班6人の2PT)でアライアンスを組み、テレポでデムに飛んで、そこからアルタユに渡り、キーアイテムを落とすモンスタ叩いて準備完了♪
 
 ボク的には随分昔…………思い出すのも億劫なほど昔、2度ほど行った記憶がありますが……『何をどうしたか……』とは聞かないで?w
Rinbas090117233451a 今回は2人の『初めてさん』と一緒に、金魚のフンモードで付き従いました……えぇ、このモードは常時作動してますょ、この時ばかりでは無く…………。
 
 入念な打ち合わせの上、突入したのデシけど、中々作戦通りには展開してくれませんワナw 途中までは順調に見えたのデシけどね……w
 プロトオメガが呼び出す玉モンスタが、こちらの間隙を突いて、一人……二人と倒していきまして……そこからガタガタッと崩れちゃった……みたいなw
 
Rinbas090117233455a ま、ギリギリの戦力で突入してますからなぁw 一度崩れ始めると、踏み止まれない……て か、敵が嵩に(かさに)かかって攻めてくる……みたいなw
 気付けば、あちらこちらに散らばる屍…………w 残り時間を考えて、復活したところで倒せない……と判断して、全員そのまま排出されました……w
 
 終了後、反省会のような座談会のような……そんな感じでアレコレ意見交換し……まぁ、活かせるかどうかは、覚えてられるかどうかにかかってる……みたいなボクw
Rinbas090117233702a てか、ボク的には、意見交換している人達の、名前と愛称を一致させるのに必死で、話は二の次、三の後……みたいなw
 
 
 
 

| | コメント (2)

2009年1月18日 (日)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第2部-02

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ・・・デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
  
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 

 
 
 
 
 だが、彼女の予想に反して、その青年は強かった。
 まるで手品のように、青年は胸元から長い槍を取り出し、あっと言う間に竜を倒してしまったのだ。
 一仕事済ませ、彼女の気配に気付いた青年は、彼女の方に振り返った。
 青年の右胸には、彼女のよりも一回りは大きな竜の痣があった……。
 そんな青年を睨むように……それでいて、縋るような目付きで立ち尽くしていた彼女に、青年は優しげに微笑んだ……。

 
 
 「……タマよ、お主はどうして死に急ぐような戦い方をする……?」
 「…………急いでなどいない……生きている実感と、生きた証を残したかった……それだけだ……。
 私が死んでも、誰も悲しまない……親の愛も知らない出来損ないでも、この世にいたという証があれば、いつか、誰かに……だが、それも、どうでも良くなった……今はもう、静かに逝かせてくれ……。」
 来門の呟きは、この闇よりもなお、暗く、重く響いた……。
 
 「……タマや、少なくとも嬢ちゃんは、お主を心配しておるぞ。お主を助けたい一心で、今も懸命に看病しておるぞぃ……。」
 さっきから自分の頭の中に、直接話し掛けて来るような成前の声に、来門は戸惑いを隠せなかった。
 「……こんな所まで追って来るとは……余程ヒマなのか? それとも物好きなのか……? 私の事より、美山一姫の心配をしてやれ……それはそうと、言い忘れていたが……私の名をカタカナで呼ぶなっっっ!」
 
 「……やれやれ……過剰な追加サービスは、ワシの性に合わんのじゃが……このまま放っておくのも気が咎める……タマは知らなすぎる……。」
 「……何の話だ……?」
 来門の返事も待たず、いきなり目の眩むような、凄まじい光の濁流が来門を呑み込んだ……。
 真っ黒から真っ白な世界へ……どちらにせよ、何も見えない世界なのだが……。
 目が焼き尽くされそうな大光量にも拘わらず、目の痛みはおろか、全身の感覚が全く戻らないまま、来門は呆然と宙を彷徨い続けた……。
 
 ようやく光に目が慣れてくると、来門は自分が空高く……地球の丸さが実感出来る程の上空に、ポツン……と浮かんでいる事に気付いた。
 「……準備は良いか? それでは行ってみるか……と言っても、行くのはお主だけじゃが……その目で見、その耳で聞いた事を、しっかり心に刻んでおくのじゃぞ……では、勝手に願いを聞き届けたり!!」
 「な……何だ? 何がどう……これは……ぅわああぁぁ………………。」
 成前の脳天気な掛け声と共に、来門を包んでいた光が重力を取り戻し、凄まじい速さ……まさしく火の玉の勢いで、地上に落ちて……降りて行った……。
 
 来門の悲鳴を掻き消し、幾つもの雲を突き破り、光の玉はグングン速度を上げた。
 最初は、巨大な地球儀のように見えていた景色が、次第に世界地図に替わった。
 地図はどこかの大陸、どこかの国に見え始め、どこかの地方地図になり……グー○ル顔負けの滑らかで、きめ細かいズームインを見せていた……。
 やがて、どこかの山が見え、そこにポツンとそびえる赤茶けた岩が見えて来た……。
 「そこの竜! どけっっっ! どいてくれ~~~~っっっっ」
 その岩が竜だと判った瞬間、来門珠が入った光の玉は、激しく竜と激突した……。

 
 来門が恐る恐る目を開けると、竜は何事も無かったかのように、ズン、ズン……と地響きを立てながら、森の方へ歩いていった。
 ホッとしたのも束の間、来門はどう言った訳か、自分がその竜の中に閉じ込められた事に気付いた……。
 
 「……これは一体……何がどうなってるんだ? お~い、爺さ~ん、どこだ~~?」
 呼べど叫べど、成前からの返事は無かった……だが、別の声が頭の中に響いてきた。
 
 
 「……む……どこからか人間の気配がする……こんな山の中に何用だ? 我の縄張りを荒らしに来たか……?」
 
 
 来門はハッとした。どこかで聞いた事のある声だったからだ……。
 「……この声は……まさか、三本角? いや、それにしては邪気が無い……角も大きなものが一本だけだ……そうか、若い頃の三本角か……」
 「……お主の父親じゃよ……話の流れからしてそうじゃろうが……人間になる前のお主の父じゃよ。」
 
 「……私の父が人喰い竜……? そんな……まさか……。」
 「生きて行くためには必要だったようじゃの……仕方あるまい……と言うか、当たり前の事じゃよ、竜ならば……の。」
 「……理屈では判るが……だが、自分の父親ならば、話は別だ……こんなに大きな角を生やして……一体、何人殺してきたんだ……。」
 受け入れがたい事実を突き付けられ、来門の声が悲痛に沈む……。
 「お主はこれまでに、何回牛肉を食ってきたか覚えておるか? 別に、豚でも羊でも鶏でも魚でも構わんが……どうじゃ?」
 少し改まった口調で、成前は静かに尋ねた。
 「………………。」
 「別にお主を責めるつもりはないが、人は駄目で、牛や豚なら良い……と言うのは、誠に人間の身勝手……と言うか、思い上がりじゃよ、ワシから見れば……な。
 そんな事よりも、せっかく苦労してここまで連れて来てやったのじゃ、今はこれから起こる事を、しっかり見ておくように……の?」
 成前の諭すような口調に、来門は黙って頷いた。
 

 
 その竜……どうやら人間達の間では、『一角』と恐れられているようだが……は、背中から翼を取り出し、伸びをするように大きく広げると、ファサァ……と、音も無く飛び上がった。
 そして、グルッと辺りを見渡し、人の気配のする方へと飛んで行った……。
 
 

  
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                      ・・・・・・・・次週をお楽しみに(毎週日曜、午後6時に更新ちゅ♪)・・・(^_^)ノ
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

親の気持ちと、子の気持ちと……

 阪神大震災でタンスの下敷きになって以来、母はリビングで寝起きしてたのデシけれど、寄る年波に布団の上げ下ろしが負担となりまして。
 最近、元いた四畳半の部屋にベッドを買い入れ、そこで寝起きし始めたのデシけれど、その部屋にはテレビが無く、風呂から上がって部屋に戻ると寝るのみ……w
 
 
 
 午後7時過ぎには、中の人が風呂入って家に帰るので、母も8時には風呂から上がってますの……長い夜だこと…………。
 
 
 
 で、母がおずおずと中の人に、今流行りの……でも無いかw……ワンセグのテレビを欲しい…と、相談したそうなw
 家電店やホームセンターに出てる、液晶DVDプレーヤー(ワンセグ付)が欲しいと言われ、中の人が探す事になりましたw
 
 ま、中の人的には得意分野でもあり、ネットでその筋のジャンルを検索してみますと、選ぶに困るほど一杯ありましたわw
 で、最初は名の通ったブランドのを……と思ってみていたのデシけど、年寄りなので、少しでも画面が大きくて見やすい物を。
 そして、年金暮らし……と言う事もあり、少しでも安い物を……と探してみましたら……大手メーカーの商品では該当するモノが無くて……w
 
 んで、ベストゲートやら、価格comやらで調べた結果、10型ワイドのAVOX製のにしよう……と決めました♪
 値段は35000円ちょい……の店を発見w 画面の割には安いのデシけど、そこそこ良い値段なのは否めない…………でも、まぁ、いいや……と、注文しちゃった中の人w
 
 
 母を驚かすために、注文した事は内緒のまま、DVDプレーヤーの話をしてましたら、微妙な温度差を感じ始めまして……w
 母は画面の大きさにこだわりは無く……携帯の画面より大きければ『可』だそうで……入院中に貸していた、中の人のプレーヤーのサイズ(7型)で全然OKみたいな……w
 
 
 
 言ってる事が昨日までと違う……ちと早まったか……パーソナルより、ポータブル重視か?……と、後悔するもアフターカーニボーw
 
 
 
 気に入らなければ、自分で使うかぁ…………と、腹を括る(くくる)羽目になった中の人w さらに、『やっぱり高そうだから要らない……』とも言い出し……w
 どうしたものか……と、中の人が思案してますと、玄関に宅配業者が……満を持して登場…………追い返してやろうかしらw
 
 ま、追い返そうが何しようが、カード決済は終わってるのでw 取り敢えず、母に現物を見てもらいました……w
 
 
 
 母は値段を聞くと、笑顔で一言『ありがとう』と、中の人に支払ってました……。
 
 
 
 何とも微妙な空気…………こうなったら、是が非でも気に入ってもらわねば……と、説明書を読み、設定をこなしていったのデシけど……肝心のワンセグが映らない…………。
 ま、こんな事もあろうかと、この機種にはロッドアンテナだけでなく、延長コードの様なアンテナも標準装備されてまして、それに付け替えました。
 
 
 映りません……。
 
 
 テレビのついでにDVDを見る……の筈が、DVDしか見られないのはちょっと……趣旨から外れてます………。
 母の部屋に運び込み、そこでもう一度設定をやり直し……結果、NHK(教育)とサンテレビ(地元ローカル)2局だけデシが、何とか受信成功♪
 
 
 
 って、ド田舎仕様やんっっっっっっw
 
 
 
 そこから無い知恵をかき集め……あるいは振り絞り……細い鉄パイプにアンテナ線を巻き付け、天井近くに取り付けましたら……受信可能が5局に増えました!!
 
 
 でも、実際に視聴に耐えうるのは3局だけデシたが…………w
 
 
 しばらくは、これで様子を見てもらい、物足りなくなったら、その時は家のアンテナ線を分配して繋ごうか……と思ってます…………。
 


 

| | コメント (0)

2009年1月16日 (金)

リボンクエ、そして、メリポ。

 1日遅れでどんど焼きし、1日中そこはかとなく煙たかった中の人、それを『薫製の出来損ないかっっw』と、あざ笑うボク……w
 えぇ、同一人物デシけれど、人格は別物……他にも色々人格は取り揃えておりまして、一人でも退屈しませんw
 
 
 って、多重人格かょっっっw
 
 
 さて、昨夜、NMのような頻度でしか現れないY氏と遭遇し、これ幸い……とばかりに、『エルディーム古墳の奥地に放置してくれ』と頼みました♪
 そこにパープルリボンを収め、骨NMをポップさせ、それを退治する……ってクエがあるのデシけどね、そのためにw
 
 今更リボンクエでも無いのデシけど、まぁ、せっかくクエを受けてる訳デシから……それに、後に続くクエ用のアイテムも、既に手元にある訳で……w
 先日、AFついでに、トライマライで手伝ってもらったカブトの甲殻……それを納品するクエを起こすため、先にクリアせねばならないクエストなのデシ。
 
 ずっと以前、R夫人のお手伝いで、Y氏と共に戦ったことがあるのデシけど、かなり楽勝で……一人連携で『光』を出せる青で行けば、ソロでも勝てるな……と言う程度の強さデシw
 ……そう言えば、R夫人はHNMクラスの出現頻度になっちゃったなw……FF以外で息抜き出来てるなら、それでも良いのデシけど……お元気デシか、R夫人?note
 
 さてさて、奥地に行くには鍵の掛かった扉を開けねばならず……鍵を解除する場所と、扉のある場所は離れてるので、一人行くのは不可能なのね。
 だから、『放置してくれ』と言ったのデシが、流石はY氏、人の話を聞かない事にかけては天下一品……『なら、モに着替えるかな……』と、叩く気満々w
 
 『いあ、鍵さえ開けてもらえれば……』と訂正するのも、もはや面倒臭く……w 予定を急遽変更し、ボクは召喚士に着替えていく事にしましたw
 で、Y氏と現地へはどう行くかを相談してますと、我が麗しのハニーが、この凸凹コンビを見兼ね、一緒に行くと言いだし……ハニーの愛を感じる一時デシたゎheart01
 
 んで、過去バタリアから現代バタリアに飛び、そこからエルディーム古墳へ……と言うコースを取り、骨NMを退治してきました♪
 えぇ、もう、楽勝w てか、1分も戦ってない気がしますw まぁ、レベル解放が、まだ60くらいの頃……かなり昔のクエデシから、75で行けば一瞬で片付きますワナw
 
 
 その後、新LSでまったりメリポ稼ぎしに行きました♪ トロールがウジャッといるゼオルム火山まで……w
 そこには何やかやとLSの人達が集まり、総勢11人……デシたか? LS内でアラ組めるなんてステキ♪ てか、初めてw
 
 みなさん、それぞれ好きなジョブで寄せ集まり、セオリー無視……てか、自由行動的な戦い方で……ちょくちょく《エキサイト》な展開が……w
 昨夜は盾がいなかった? から、タゲが黒に移る事も度々あり、前衛組が『黒でタゲを回してどうする?w』と、ツッ込んでましたゎw
 
 ボクはカー君出しっぱで、メインヒーラーしてましたが、黒さんには中々ケアルが回らず……てか、黒の被ダメは平均300~400。
 ボクのケアル3で200の回復デシから、追い付きませんw しかも黒だからHP低いし……2,3発殴られたら終わり……えぇ、間に合いませんw
 
 
 
 まぁ、リポップ、リンクに関係なく、ガ系を気前良く打ちっ放してましたからなぁ……自己責任……って事でw
 

 
 
 ところで、召喚士のヒーラーは、カー君を上手く使えば一気に全体を回復出来まして、何度か前衛陣を立て直してくれました……もちろん、ハニーの大車輪の活躍も忘れちゃいませんょ……♪
 
 
 
 えぇ、ちょくちょく見てくれてますのでね、このブログ……愛のゴマすりは必須なのデシ……heart04
 
 
 
 ボクがケアル詠唱中に、カー君への命令は出来無いのデシけど、逆に、カー君に指示を出した後は、カー君が実行中でも、ボクは自由に行動出来るのデシ。
 
 だから、カー君に『ルビーの癒しⅡ』を実行させ、その間にケアル3でも詠唱すれば、一気に500以上HPが回復出来ますの…………カー君の範囲は狭いけど……w
 ちなみに『ルビーの癒しⅡ』は、1分に1度デシけど、ケアルガ3クラス=350くらいHPを回復してくれます……その範囲は狭いけど……w
 
 
 とまぁ、そんなこんなで時間は流れ、ゆるゆるなPTは12時で終了、解散となりましたw ボク的にはメリポを一つ稼げ、ありがたかったデシ♪
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

青タルは…………要、リハビリw

 先日……だけでなく、実はチビチビ減っていた青魔道士の経験値。このまま減るに任せ、ボク的には放置してても別に問題は無いのデシが、レベルダウンは避けたい中の人w
 て事で、昨夜は『相棒』終わりにFFに行き……時間も中途半端だし……経験値を補充するため、青タルでカンパニエに行ってきましたw
 
 青忍の時に組み込んだ、自己強化の魔法をセットから外し、キャノンボールとシードスプレーを組み入れまして、いざ、出陣♪
 ところで、こうして青魔法を組み込む度に思うのは、魔法のベストセットって何だろう?……って事デシかねぇ……。
 
 まぁ、アビを付ける上で、必須の組み合わせがあるので、自由に組み込める魔法は……それほど多くは無いのだけれど……w
 その限られた枠の中で、魔法の効果重視で行くか、組み合わせのアビ重視で行くか……悩みは尽きません……お気楽な悩みだことw
 
 それともう一つ、せっかく組んだ魔法もジョブチェンジするとリセットされちゃうのよね……アレ何とかなんないかな……。
 装備なんかはチェンジし直しても、ずっとポケットに入れてれば、前装着していた装備を、そのまま着けていられるのだけど……。
 
 
 そんな不毛な事を考えながら、カンパニエに出ますと、久々の直接対決に、血湧き肉躍る……てか、肉切られて骨も断たれそう……どこかで書いた気がw……な展開w
 であぼろを手に入れて以来、前線で戦ってたのは主にカー君デシたからなぁw 飼い主のボクは遠く離れてカー君の指示だけしてましたからw
 
 こんなに忙しく魔法撃ったり回復したり……倒されたりしたのは、いつ以来デシかねぇ…………? まぁ、新鮮な気分で戦えましたがネw
 ただ、右往左往した割に、もらえた経験値は少なかったデシねぇ……手を抜いた訳ぢゃ無いンだけど……。
 
 召喚士で出掛けた時は、毎回1500前後……時には2000オーバーもあったのデシけど、青で行ったら1000前後デシたわ……。
 まぁ、11時過ぎまでがんがって、絶対防衛ラインの14000に、経験値は回復しましたが……もう少し、青やって、勘を取り戻さないと……とも思いました…とさw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月14日 (水)

『それぞれの死地へ』……青タル特攻編……そして玉砕へw

 昨夜から始まった『メリーちゃんの執事』? カブトと電王……の中の人が出てる……ってんで、チラ見してましたら、妙にツボ入りましたw
 えぇ、仮面ライダー繋がりで……w ただ、この二人だけぢゃなく、女の子を終始抱っこしていたお兄さん、彼もキバで見掛けたような……?w
 
 そんな些細な興味から見始めたのデシけど、始まって5分と経たずに『なんだ、コレッッ?』……と言っても、ストーリー展開ではなくw
 
 
 その潔い(いさぎよい)までのパクリっぷりに拍手w
 
 
 ポッキーのCMに出てる女の子には、ポッキー咥えさせ、『正義の味方』デシたか? で主役を怪演したあの女優さんと、ダンナ役の人が、今度はお嬢と執事に……w
 
 あまりテレビを見ないボクですら、これくらい判るのデシから、みなさんはもっと細かいパクリまで見つけ出せてるのかなぁ?w
 ま、物語的には、まだ始まったばかりデシから、評価は差し控えますが……ただ、一言だけ言わせてもらうなら『ありきたり』?w
 
 でも、まぁ、これで続編を『~リターンズ』、劇場版を『~ファイナル』とでもしてくれたら、『天晴れ!』と、評価しますが……ど?w
 とにかく、思いもかけないところから、目が離せないドラマに出会えた気がしてます……内容は全く頭に入って無いのデシけど……w
 
 
 それはさておき、昨夜はアルタナミッソンに向け、それを受けるためのクエに挑戦してきました♪ クエスト名『それぞれの死地へ』……デシ。
 勝っても負けてもブログネタ……って事で、攻略系HPを参考に、取り敢えずソロでガチンコ勝負を挑んだ訳デシが…………w
 
 青タル最強伝説に、新たな1ページを書き加えるつもりデシたが……表題の通り『玉砕』しちゃいましたw それも2回ほど……w
 1回目はモンスタの配置や、ラスボスの場所なんかの様子見がてら……大雑把な流れを掴むべく突撃しましたが……w
 
 途中、何度も絡まれ、MP尽きたときにリンクされ……敢えなく撃沈…………えぇ、MPあっての青タル最強……デシからw
 ここのモンスタは寝ない……と書いてあったのに、まんまと読み飛ばし、あまつさえ青魔法の長い詠唱時間中に叩き殺されるという……w
 
 リレかけてたので、すぐにでも起き上がりたかったのデシけど、目の前をゴブが行ったり来たり……w モンスタの徘徊するど真ん中だったので断念。
 仕方なく時間切れまで待ち、『ペッッ』とばかりにレイヤーエリアから吐き出され……起き上がろうと思えば……リレまで消されてて……。
 
 
 
 泣く泣くホームポイントまで戻りましたさ…………。
 
 
 
 多大な経験値損失と引き替えに、HPMP全開で復活し……FF-XIでは、倒されてレイズやリレイズで復活しない限り、ホームポイントに飛ばされての復活になります。
 んで、レイズやリレで復活すると、衰弱時間がありますが、その場で復活出来、経験値ロストもかなり抑えられます……ま、こちらが断然お得w
 
Tya090113233104a  さて、このまま泣き寝入っては青タルが廃る(すたる)……ダジャレってる訳でも場合でも無いデシょ……w
 も一度挑戦……とばかりに、サンドから過去に飛び、過去サンドから過去ソロムグに飛び、そこから過去ガルレージュ要塞に。
 ま、ダラダラ走り続けましたが、トリガーもらえるのはヴァナ時間で1日1回……なので、丁度良い時間潰しになりました……どこまでも前向きなボクw
 
Tya090113233212a  今度こそ……の思いを胸に、いざ、突入(2回目w)! 今度は絡まれないように、見付からないように……と、慎重に歩を進め……でも、見付かりw
 ラスボスまでに3回ほど戦いましたか……んで、ラスボス近くにいるオークを5匹ばかり倒し……倒され……w
 
 残り時間5分、強衰弱中にガチンコ開始……MPは底を突いてるゎ、殴ってもヘナチョコだゎ……どうにもパワー不足は否めず、時間切れ……敗退……。
Tya090113233417a  途中、絡まれすぎましたか……如何に絡まれずにラスボスに辿り着くか……これが勝負の分かれ目と見たw
 
 ラスボス近くを徘徊する、オーク5匹との戦闘は必須な感じがしますが、その他のモンスタとは関わり合いたくないデシねぇw ソロで特攻かける時には……w
 逆に、それさえクリア出来れば、ソロでも十分勝てます……初期配置の妙デシかねぇ……上手く分散してくれたら……。
 
 今回は青/忍で行って来たのデシが……手数を多くしようと思いましてね……でも、ユニクロ装備では、攻略HPに書かれてるようなダメは出ず……w
 MPもすぐに無くなっちゃったので、青タルらしく、次回は青/白で……少しMPに余裕を持たせ、攻撃青魔法を多くセットして行こうかな……と思ってますw
 
 
 
 その前に、盛大に散財した経験値を取り戻すのが先か…………w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

小鳥達にも光を…………

 先日、耳掃除をしてましたら、想定外に大きなブツが、カポッと出て来まして……どうやって出てきたんだ……と思うほどのw 耳の穴って、伸び縮みするのかな?w
 記念に取っておこうか……とも思いましたが、誰に喜ばれるわけも無し……w 名残惜しみながら、キッパリ捨て去りました……そんなに決意が必要なのか?w
 
 さて、今日の神戸は快晴……気温は低く、風も冷たいデシけど、陽射しの暖かさに助けられ、自宅の南側の窓を開け、庭に向かってヒマワリの選別をしている中の人……w
 
 
 いあ、老後の一人遊びではなくて……w
 
 
 最近のペットブームも何のその、小鳥達の肩身の狭さは変わりませんなぁ…………。ワンニャンのグッズは溢れんばかりに激増してますのに……。
 小鳥向けのアイテムは、良くて現状維持……どんどん選択の余地が無くなっているのが現状デシよね……。
 
 そんな中、ヒマワリの種は小鳥以外にも需要があり……ハムスターやら何やら……微妙に選べるのデシけど、これがまた曲者で……。
 これまで買っていたNPF(ナチュラルペットフーズ)のヒマワリは、ゴミが多く混じってた事に加え、最近、容量が減って単価が上がったので購入中止。
 
 その替わりに買い始めたペッズイシバシのヒマワリは……ゴミは相変わらずだけど、虫食いが多く……それで、庭先でせっせと選別してたのデシw
 ヒマワリはね、オカメ……ではなく、ナナクサ用に配合してます♪ オカメはYMペットフーズ……だったかな? そのベーシック何たらをそのまま与えてますw
 
 
 我が家のインコ達の食事情は、割と単純w セキセイは変にいじると、すぐ太るので店売りの一番安い皮付きエサに、カルシウムとグリーンフードを、ひとつまみずつ加えただけ。
 オカメは前述のペットフード。ナナクサはそれにヒマワリを加えたものを、それぞれ与えてます。
 
 ただ、個体によって好き嫌いがありまして……w
 
Imgp0009  オカメのチビちゃんはセキセイ寄りで、ヒマワリもサフラワーも殆ど食べません。せいぜい麻の実を食べる程度。
 カメちゃんは好き嫌い無く食べてますが、サフラワーは残し気味……アレ、殻が固くてツルツルしてますからねぇ……食い気はあっても、不器用なので……w
 
Imgp0013  ナナクサのパルは、逆に殆どセキセイ食(ヒエ・粟・キビ等)には見向きもせず、ヒマワリや麻の実……高カロリー系ばっかり食べてますw
 まぁ、そんな偏食を中の人が許すはずもなく、一日の摂取量はだいたい決められてますが……えぇ、好きな物を食べきった後は、渋々粗食してますゎw
 
Imgp0010  また、自宅にいるカメパパは、カメちゃんの父親だけあって、食の傾向も同じ。ナナちゃんズも、特に好き嫌いはなく、何でも残さず……エサ入れからこぼしまくってます……w
 
 
 
 ぶっちゃけ、ナナちゃんズは何食って、何残してんだか分かりません……w
 
 
 
 まぁ、インコって生き物は、エサ入れからお行儀よく食べる……タイプではありませんからなぁw
 地面に落ちてるエサを、拾って食べるのが本性デシから……だから、手乗りヒナが育っていく過程で、一人餌を練習させるため、カゴの底にエサをまいて食べさせる……ってのは、自然の理に適ってるのデシょw
 
 
 さて……何の話をしてましたっけ……? あ、そうそう、ヒマワリの種デシたw ナナクサはオカメインコよりも、一回り体格が立派なので、ヒマワリを余分に与えるようにしてます。
 中の人的配合は、ヒマワリ:混合飼料が約3:7の割合になるようにしてます。真冬の寒さが厳しい時期は5:5くらいになってるかな。
 
 工夫……とは言えない簡単な作業……てか、ほぼ手抜きの世話で、インコ達は今日も元気に生きてますw 健気と言うか、タフと言うかw
 これだけ気軽に飼えるのだから……そして、ワンニャンより長生きしてくれるのだから、もう少し小鳥達に光を当てて欲しい……と、切に願ってるのデシ。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月12日 (月)

誰がために戦う……?

 三連休の最終日、みなさんはいかがお過ごしデシか? ボクは寒風吹きすさぶ神戸をトボトボ歩き、冷凍マグロの境地に至りましたゎ……w
 冬はいよいよ本番……みなさんも体調には十分気を付け、明るく元気に過ごせますよう祈っております……♪
 
 さて、先日の甥っ子のプラモデル作りで、変なプライドを傷付けられた中の人……いい加減いい歳なんだから、ムキになるなよ……w
 で、今年の甥っ子の誕生日には、中の人的スペシャルを作ってやろう……と考え、オモチャ屋巡りしたりして……ホントに子供のためかっっ?
 
 様々な脳内ツッコミを振り切り、選んだプラモは……やはりGT-R……ただし、現役バリバリの'08モデル……2割引が主流な値引きの中、何故かこれだけ25%引きだったので……w
 レーサータイプのため、ドアとかボンネットとか開かなくて、子供にはちょっと物足りないかな……と、買った後、少し後悔してるのは内緒ね?……w
 
 
 
 まぁ、その分、世界に1台だけのオリジナルカラーで仕上げてやろう……と思ってますw
 
 
 
 自分のテリトリーに抵触してるから……だけでなく、ここらでガツンと大人の威厳を見せておかねば……と思いましてねw
 ボクの経験上、子供ってば、ちょっとした事が切っ掛けで、大人を尊敬のまなざしで見るようになるのデシょ。
 
 子供の年齢が上がってくるにつけ、自分で出来る事も増えていきますが……それだけに、今のうちにハードルの高い物を見せ付けておく事で、『尊敬のまなざし』効果を長続きさせよう……作戦w
 自分が作れるようになったからと言って、最初から完璧に出来る事……なんてありませんから、自分のプラモと比べる度に、尊敬や羨望の的になる訳で……w
 
 
 
 一粒で何度も美味しい思い作戦……とも言うw
 
 
 
 まぁ、この作戦は、基本的に男の子限定なのデシけどね……w 女の子には……お料理でも一緒にして、包丁捌きの妙を見せて上げて下さい……w
 えぇ、ボクの得意ジャンルの中に、女の子を喜ばすようなワザは無いので……アドバイスしようにも、思い付きません……w
 
 
 実は、甥っ子の誕生日は中の人と同じ、11月デシて……今から買って、どうするっっっ?!……って声も聞こえてきそうな無さそうな……w
 時間はたっぷりあるので、そのうち『ちゃび流プラモ組み立て講座』でもやりますかw ネタ切れした時にでも……w
 
 
 
 ……時間有るなら、小説書けょ、オマエ…………仰るとおりで……。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月11日 (日)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第2部-01

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ・・・デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
  
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 

 
 
 
 
 第1部 これまでのお話…………
 
 この物語は、人、竜、竜人(=人間に憧れた竜が、ある手段を使って、人間になった人)が、当たり前のように存在・生活している世界が舞台になってます。
 主人公は、両親が竜人の、小学三年生の少女、一姫です。「いちひめ」でなく、「かずき」です。
 一姫はある日、父親に頼まれ、山向こうの町にある祠に、手紙を届けに向かいます。
 もちろん、それは口実で、実は、一姫を狙う、黒い竜から彼女を遠ざけるための、父親の作戦だったのです……が、若干の手違い、勘違いがあり……。
 
 物語は一姫を中心に、ひょんな事から知り合い、その気もないのに一緒に行動する羽目になる、悪い竜を裁く「裁き人」。
 それから、祠の地下に住み付き、人々の願いを叶えてやりつつ、自分のステータスアップを目論む竜神「成前」……。
 この三人が、ドタバタコメディーを基本に活躍していきます。
 
 第2部では、裁き人、来門 珠「らいもん たま」にスポットを当ててみました。
 彼女と両親との間に何があったのか……何故、彼女は裁き人になったのか……そんな事が書いてあるような無いような……。
 
 それを、あなたの目で確認してください。
 

 

    ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 

 

 
 第二部 四章……の続き 主役的少女、休憩中
 
 来門は何度となく、声にならない声で呟いていた……。
 「……ここはどこだ……私はどこに……? あれからどうなった……私は……私は、死んだのか……?」
 
 目が開いているのか、閉じているのか…すら判らない……。
 音さえも呑み込まれる闇の深淵を、来門は身動き一つ出来ず、漂い続けていた……。
 夢とも現とも付かない闇の中、来門は身動きは出来ないものの、体のどこにも痛みは感じていなかった……。
 もっとも、体が存在するかどうかも判らなかったのだが……。
 
 「死んだら三途の川を渡ったり、花畑があったり、死んだ身内から『来るな』とか、言われるそうだが……それすらないのか、私には……まぁ、私らしい最期と言えば私らしいな……。」
 
 そんな来門の脳裏に、ふと、これまでの思い出がポツリ、ポツリ……浮かんでは、パチンッと弾けた……。
 それは、決して楽しい思い出ではなかった。
 そのどれもこれも、辛く悲しい思い出ばかりだった……。
 
 
 物心がつく前から、彼女は孤独だった……。
 両腕の痣(あざ)が原因で、小学生の頃は『ミミズ女』と囃され(はやされ)、苛め(いじめ)られた。
 中学生になってからは、『ヘビ女』と気味悪がられ、仲間外れにされ、話しかけても無視され続けた……。
 
 だから、痣を隠すために、夏でも長袖を着るようになった……しかし、噂は噂を呼び、誰も彼女を受け入れず、いつも独りぼっちだった。
 親に何度も相談したが、父は無表情で『そうか……』と言うだけ。
 母は娘には関心が無く、父の顔色ばかり窺い、何もしてくれなかった。
 
 高校時代になると、『呪い』だの『祟り』だの…陰に隠れて、謂れ(いわれ)無き誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)を受け続け、とうとう我慢の限界を超えてしまった……。
 そこで、今度は逆に……腕も露わにし、わざと痣が目立つような格好をして、校内を闊歩(かっぽ)し始めた。
 その頃には腕の痣も、刺青(いれずみ)顔負けの立派な竜に育ち、宝珠で出来た瞳は、まるで生きているかのように、ギロッと睨みを利かせていたからだ。
 
 だが、グレてみたものの、最初は面白がっていた不良達から、次第に腫物に触るような疎外感を受けるようになり、そう言った連中からも仲間外れにされた……。
 
 また、いつからか彼女は、父の機嫌が悪いのは、自分の竜宝珠がこれだから……出来損ないで生まれて来たから……と思うようになっていた……。
 
 卒業式を前にして、進路が決まった同級生の中では、仲良しグループで記念旅行に出掛ける話、出掛けた話が、そこここで聞かれるようになった。
 もちろん……誰も彼女を誘う訳も無く、彼女は冷めた目でそれを見ていた……。
 やがて彼女は、高校を卒業すると同時に、絶望一つを携えて(たずさえて)、ふらっと宛てのない旅に出た。
 彼女は独りぼっちで、この世からの卒業……死出の旅に出掛けた……。
 
 誰にも相手にされず、誰からも必要とされない世の中ならば、潔く、自分から消えてやる……十八才の少女にしては、悲愴すぎる決意を秘めて……。
 
 
 そんな彼女に転機が訪れたのは、死を決意して登った山での出会いからだった。
 彼女はそこで偶然にも、黒い斑のある竜と対峙している青年を見掛けた。
 彼は裁き人だった。
 
 もちろん、その当時の彼女に、裁き人に関する知識など有ろう筈無かった。
 現在ですら……と言っても、出会ってから、四、五年しか経っていないのだが……あまり知られていない職業だったからだ。
 彼女はただ、青年が殺されたら、次は自分の番だ……そう漠然と考えていた。
 それでも良い……そう考えていた……。
 
 だが、彼女の予想に反して、その青年は強かった。
 まるで手品のように、青年は胸元から長い槍を取り出し、あっと言う間に竜を倒してしまったのだ。
 一仕事済ませ、彼女の気配に気付いた青年は、彼女の方に振り返った。
 青年の右胸には、彼女のよりも一回りは大きな竜の痣があった……。
 そんな青年を睨む(にらむ)ように……それでいて、縋る(すがる)ような目付きで立ち尽くしていた彼女に、青年は優しげに微笑んだ……。
 
 
  
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 

 
 
 
 
                      ・・・・・・・・次週をお楽しみに(毎週日曜、午後6時に更新ちゅ♪)・・・(^_^)ノ
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月10日 (土)

一人脳内反省会……お題は南海の魔神……。

 今年初めて雪が降った神戸デシ。インコ達は今日も今日とて、ガレージで元気にさえずってます♪
 流石に寒かろう……と、防寒用のビニールシートで、カゴ全体を覆ってやりましたが……その程度の風よけで、冬は越せるものなのデシょ、インコってw
 
 さて、昨夜、新しいLSの人達と、以前行ったことのある60BCに行って来まして…………散々な目に遭って帰ってきましたw
 えぇ、完全に敵(=タコ)をなめてかかってたので、返り討ちも良いところデシたわ……一緒に戦ったみなさん、足を引っ張って申し訳ない…………。
 
 我が麗しのハニーも一緒だったのデシけどね、残念ながら守りきれず……はかなく散らせてしまいました……ゴメンね、ハニー……。
 ただ、流石はハニー、散り方も可憐で、映画の1シーンを切り取ったみたいな……って、誉めてどうする、守り抜けよ、ボクッッッ!w
 
 
 何が敗因なのデシかねぇ……? 確かに、前行った時は、気心を知り尽くした仲間だったので、阿吽の呼吸……てなモノはありました。
 今回のBCでは、その代わりに新鮮な緊張感……って言うのかな、新たなメンバーと親睦を深めつつ、一緒にがんがろ~みたいな、良い雰囲気だったのデシけど……。
 
 
 
 それにハニーに良いトコ見せよう……って、コッソリ意気込んでたのに……であぼろの悪夢を思い出したょ……w
 
 
 
 黒で行った人達は自分のINTを気にしていましたが、そんな問題ぢゃないな……と思えるほど、今回のタコは強かった……w
 正直に言って、前回の感想は『黒がリポーズ使えれば、ソロでも十分勝てそうだな……』デシたモン……w
 
 ただ、タコの強さ以外に、一つだけ気になった事があったのデシけどね……それは黒さん達のMPの減り方……いあ、早いンぢゃなく、遅かった気が……。
 前回の黒はF氏とR夫人だったのデシけど、黒エルのF氏は論外として……?w……黒タルのR夫人でさえ、すぐにMP切らせてヒーリングしてた気がしますので……。
 
 それで思い出したのデシけど、ひょっとして、前回は古代魔法しか撃ってなかったンぢゃないか……と…………。
 BCの途中でも、その事がチラッと脳裏をかすめたのデシけど、確信には至らず……提案しようにも人見知りの上、引っ込み思案なもので……w
 
 BCが終了して解散した後、ブログを延々遡って(さかのぼって)調べてみましたら……楽勝に浮かれていて、肝心な事が……w
 でも、まぁ、今度行く時は、そしてボクがオーブを出す順番になったら、それを提案しようと思いますw
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月 9日 (金)

祝、召喚士 75 ♪

 長い長い……デタラメに長い紆余曲折を経て、とうとう召喚士のレベルが75になりましたsign03note
 

 思えばFF-XIのデビューは赤魔道士デシた。その後、すぐに拡張ディスク:ジラートの幻影が発売され、召喚士が実装されまして……。
 当時のLSのメンバーにおねだりして、すぐにキーアイテムを入手して、召喚士への道は開けたのデシけど……。
 
 PT(パーティー)組んでレベル上げに行こうにも、サポ割れしていてはヒンシュクもの……と、白をせっせと上げる事、幾星霜……で、白は75w
 そして、いよいよ本腰を入れて召喚士の道を歩み出そうとした矢先、召喚獣:であぼろ(ディアブロ)が実装され……ゲットせねば召喚士の名が廃る(すたる)……w
 
 んで、であぼろのナイトメア対策のため、スタンを連発出来る青魔道士を上げ始め、幾星霜2……で、またもや青は75w
 サポートジョブは、メインジョブの半分で良いので、37まで上げりゃ卒業しても良かったのデシけどね、白も青も……つい……w
 
 
 
 ただ、であぼろにはヘッドバットもフライパン、テールスラップも通用しませんゼ、ご愁傷様……w
 

 
 
 召喚獣を全て揃え、サポも完璧に備え、いざ、鎌倉……ぢゃなく、レベル上げへ♪ 
 
 
 
 これが予想以上の艱難辛苦(かんなんしんく)……えぇ、これ程邪険に扱われようとは、思ってもみませんデシたわ…………ホント、良くがんがったょ、ボク……。
 
 
 召喚士≒白魔道士? 
 
 
 近似値……と言うより、ほぼ『=(イコール)』化してますなw PT的には『白がいない……仕方ない、召喚士で…』が合い言葉……みたいなw
 自分のジョブに見合った仕事して、叱られるのは召喚士くらいぢゃ……?w そう思えるほど、露骨に嫌がられることもありましたなぁ……w
 
 何でそうまでしてPTに入るのか…………理由は簡単、誘ってもらえないからデシw PTには必須のジョブと、そうでないジョブがありまして……召喚士は後者なのでw
 なので、PTに誘われると、他のメンバーの顔色を窺い(うかがい)つつ、コソコソ……ッと召喚獣を出す……みたいなw
 
 それでも、誘ってもらえた時は良い方で、レベル60前後からは、全然声が掛からなくなり……そんな時始まったのが、カンパニエバトル♪
 もうね、好き放題やってますw てか、それでみんなが喜んでくれるので、ますます図に乗って……w
 
 普通、範囲魔法というのは、PT組んだ仲間だけ……それも術者、もしくは対象者の範囲内にいる人だけ掛かる魔法なのデシ。
 それが、カンパニエに限っては、そして、召喚魔法に関しては、召喚獣の周りにいる人全員、魔法の効果を得られるのデシ♪
 
 しかも、召喚士的に言えば、効果を与えた人数分、経験値が入ってくる仕組みになってますの!w まぁ、上限はあるのデシけどねw
 だから、レベル上げだけに関して言えば、カンパニエバトルは召喚士にとって天国なの♪ 問題もあるのだけどね……ソコは見なかった事にして?w
 
 
 えぇ、レベルは上がっても、スキルは変わらないので……カンパニエでは……中身スカスカの75デシ…………w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月 8日 (木)

致命的なミスを発見…………。

 プリントアウトした原稿を読み返しているうちに、何カ所か誤字があるのを発見しましてね……『一姫クエスト』……致命的なミスデシ……。
 出版社に原稿を送る前に、何度も読み返してチェックしたのデシけどね……このザマデシ…………一番やっちゃいけないミスを……。
 
 それも最初から最後まで、万遍なく誤字っちゃってるので、ひょっとしたら、最初のを見付けた時点で審査終了されちゃったンぢゃ……と思うと、全身から力が抜けていくような……。
 痛い……あまりにも痛すぎるミス……こんな事なら、読み返すンぢゃなかった…………いあ、そう言う問題ではなくて……。
 
 こうなったら仕方ない、早々に第3部まで完結させて、別の出版社に応募するしかないデシねぇ……こっちはもう絶望的だから……。
 合否の判定を待たずに……てか、心配をせずに同じ原稿を投稿出来るのが、不幸中の幸い……と言ったところ……?
 
 
 
 いやぁ、参りました……何だかんだ言いながら、密かに期待してたもので……。
 
 
 
 ブログ版もコピペしただけデシから、興味ある方は探してみて下さい、『一姫』……修正しようにも、簡単に検索出来ないものでね……。
 最新の記事から順番に遡らなくちゃ行けないのデシよ……その点、読むだけならジャンルで検索出来ますので……。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月 7日 (水)

どうにも、まとまらない……

 いあ、『どうにもとまらないっ♪』ぢゃなくてw それならどれだけ幸せか……えぇ、只今、滞り(とどこおり)切っております……『一姫クエスト』がw
 前にも言いましたが、要所要所は既にまとまり、完結場面まで下書き出来てます……問題は、それらを繋ぐ(つなぐ)部分……場面の転換部分であったり……。
 
 中の人の書き方は、資料を集め、緻密な計算の上、登場人物を動かす……と言うスタイルではありません……えぇ、計算は苦手デシw
 頭の中に閃いたシーンを、幾つも書き留めて、それを物語として成立するよう組み立てていく……と言うスタイルデシ。
 
 だから、中の人が『ターボゾーン』と呼んでる、『閃きブロック』を文章にする時は、スルスル筆が進むのデシょ。
 ただ、そうではない繋ぎの場面……ある意味どうでも良いような場面を書くのが苦手で……閃きブロックの前後を滑らかに繋がらなきゃならない……てのが……。
 
 そう言う部分が出て来た時には、極力短めにまとめるようにしてます……一姫の第1部で言えば、3人が祠で出会う場面と、戦闘開始の場面……アレが『閃きブロック』。
 来門が祠を後にし、一姫と成前が後を追うのが『繋ぎの場面』デシ。自分の中での温度差が、文章に滲み出ないように誤魔化したつもりデシけど……どうデシたかね?w
 
 
 まぁ、あの場面は幸運にも、『葉っぱのオートロック』と言う『閃きブロック』を組み込めた事で、それほど違和感なく読み進められたように思うのデシけど……。
 
 
 今、思い悩んでるのは、第3部の『出発のシーンに向けて……』の繋ぎなのデシけど、ここは次への展開の説明部分を差し込まなければならず、それがどうにも、まとまらない……。
 そこで、もう一度原点に立ち返ろう……と、これまでの『一姫クエスト』をプリントアウトして、最初から読み直してます……w
 
 ま、第3部までを含めた完全版に向けて、体裁を整える……と言うのが隠しコマンドだったりするのデシけど……w
 自分でも冗長すぎるなぁ……と、思いながら書いてる時があったので、ソコをバッサリ切っちゃおう……みたいなw
 
 伸びきったパンツのゴムでもあるまいし、ビロ~~ン、ダラ~~ンな文章は読んでいても興醒めするデシょ…………?w
 でも……その『ビロ~~ン、ダラ~~ン』なまま、出版社に投稿している訳で……w いあ、『ビロ~~ン』もボクの持ち味! 自覚は無いけど、たぶんそう!w
 
 
 ま、様々な葛藤を胸に秘め、それでも書き進めていかねばならない訳デシが……へ? あぁ、そう言えば、一姫の第2部をまだ発表してませんデシたねぇ……w
 ブログネタに事欠かなかったので、後回しにしてました……w ぢゃぁ、今度の日曜辺りから、ボチボチ発表していこうかな……ネタに困ったら……w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月 6日 (火)

こちらも明けオメ、ことよろw

 何度も見ている筈なのに……昨夜もしっかり見てしまった『悪魔の手毬唄』……w 原作が良いのか、俳優が達者なのか……ま、両方デシね……、大変面白く拝見出来ました♪
 ただ、ミステリー物の焼き直しは、『そう来たか……』と思うことはあっても、『そうだったのか……』と言う謎解きの醍醐味はありませんな、流石にw
 
 
 
 ボクが金田一なら、事件を未然に防げたのにぃ~~w
 
 
 
 そう身悶えしつつ、楽しく拝見出来ましたょ?w
 
 
 
 
 まぁ、開始早々、犯人を逮捕して事件を解決しちゃったら、30分番組で終わっちゃう訳で……w それはそれで面白い展開になりそうな気もするのデシけど……ねw
 そう言う劇中劇……みたいな展開を入れたパロディー物でもあれば…………横溝正史ファンに袋叩きされちゃうかな……?w
 
 
 それはさておき、どうも今シーズンは暖冬気味で、いまだにカバーも掛けてもらえず、健気に頑張ってる我が子達から、新年のご挨拶デシ♪
Inko  我がブログの、コアな訪問者の方ならお気付きかも知れませんが……そうでなくても判るかもしれませんが……どっちなんだ、ボクッッッ!?w
 
 小鳥の数が減ってるデシ? えぇ、1カゴに1羽になっちゃいました…………。パットさんは別にして、他のインコ達は寿命かと…………。
 セキセイインコは『元祖ピーチ』を除き、全員10年以上一緒に暮らしているインコ達なので、そろそろなのデシよ……。
 
 だから、パットさん以外は悲しみよりも、感謝が先に立ちましたなぁ……『長生きしてくれてありがとう……』って……。
 寿命を全うしたインコは、ホントにちょっとした隙に、コトリ……と昇天します。昼過ぎまで普通にさえずっていたのに、夕方、カゴを片付けに行くと、底で冷たくなってる……みたいに。
 
 
 
 野生の本能デシかねぇ……弱みを絶対に見せない……。
 
 
 
 飼い主にくらい、辛いところや苦しいところを見せてもいいのに…………。
 
 
 
 熱いくらい温かく、柔らかな体が……硬く、冷たくなる様は、何度経験しても慣れる……て事は無いデシねぇ……。
 
 
 ま、正月早々、しんみりするのも何デシから、話題をガラッと変えて、我が家のインコの長寿の秘訣……をお教えしましょか?w 
 と言っても、特別な秘密があるか……と言えば、無いのが真実w えぇ、ごく普通に世話していれば、ごく普通に長生きします、インコってw
 
 
 
 まぁ、我が家は若干、スパルタ入ってるかもしれませんが……w
 
 
 
 セキセイやオカメの原産地はオーストラリアや東南アジア……日本より少し温暖な気候帯デシよね……?
 考えてみれば、オーストラリアでは雀の替わりにセキセイが……鳩の替わりにオカメが野鳥として普通に飛び回ってるのか……贅沢だなw
 
 なので、飼育書によっては、温度管理に注意するよう書かれてる物もありますが……東北や北海道のように、特に寒さが厳しい地域を除いて、それほど神経質になる必要は無いのデシ。
 今、日本にいるセキセイやオカメは、殆ど日本で生まれてますからねぇ、もはや日本原産……地子は強いデシから……w
 
 ま、注意すべきは、生後1年に満たないインコ……それ相応の温度管理は必要デシ。夏は風通しの良い日陰で……、冬は人間が寒くない程度の温度で……。
 ただし、冷房や暖房を入れすぎると、体質的に弱くなってしまうので、注意が必要デシ……我が家のスパルタは、そう言うトコから来てますw
 
 インコが生まれて、最初の1年が勝負なのデシ……てか、春夏秋冬……季節の流れを体感させたら、後はインコ自身の適応力で、勝手に対応していきますのでw
 それからエサも、特に気を配る必要はありません。『夏用』『冬用』を考える必要はありません……そう書いてる飼育書があったら、無視しましょうw
 
 基本的にセキセイもオカメも粗食が一番デシw 変にアレコレ入った高級そうなエサを与えると…………太りますw
 鳥類にとって、太る事は致命的な事デシから、飼い主は十二分に注意しましょう。胸骨(=捕まえてお腹の辺りを触ると、縦に1本走ってる骨があります)が触れないほどプニプニしていたら末期的デシ……。
 
 手乗りなら……遊ぶ時間を増やして、運動をさせましょう。手乗りぢゃないなら……エサをセーブして、大きめのカゴに入れて、運動させるよう工夫しましょう。
 ガリガリも困りますが、プニプニは命に関わってきますので……食が細いよりは、旺盛の方が良いのデシけどねぇ……上手くコントロールして上げて下さいw
 
 
 それから、生活のリズムは、あまり狂わせないように……人もインコもw インコに人間の事情は通用しません。
 なので、人間がインコの都合に合わせるようにしましょうw と言っても、難しい事をしろ……と言ってるのでは無いデシょw
 
 朝起きて夜寝る……一定のリズムを守ってやれば、それだけで十分デシ。日によって起きる時間や寝る時間が目まぐるしく変わるのはNGデシ。
 我が家では、インコが生活する部屋と、人間様が生活する部屋は別なので、全然問題ありませんが……てか、問題が起こり得ませんw
 
 手乗りとかで、どうしても側に置きたいなら……夜9時以降は、カゴに風呂敷被せて暗くし、TVラジオの音は極力小さく……みたいな工夫をw
 
 
 とまぁ、ここら辺の事は、何度か書いた事あると思いますが、それを探すのも面倒かと思われ……読者サービス…………てか、困った時の飼育ネタ……みたいなw
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月 5日 (月)

再会したものの……w

 いよいよ2009年が始動したわけデシが……学校は、も少し後なのかな……? コレと言った正月準備をしたわけでなく……したがって、コレと言った正月気分を味わうこともなく……でも、何故か正月ボケしてる中の人……w
 そんな中の人も、重い腰を上げ、銀行に振り込みに行きまして、厳しい現実に直面する……みたいなw
 
 
 
 いあ、笑い事ぢゃないのだけれど……。
 
 
 
 預金残高の目減りが激しくてねぇ……どこか穴が開いてるンぢゃ……と、通帳を透かしてみる始末……w
 これにカードの引き落としが加わると…………想像するだけで凍り付きますなぁ……投資信託を切り崩そうにも、手が出せないくらい下がってるしねぇ……。
 
 
 
 こうなったら最後の手段………………見なかったことにしよう…………。
 
 
 
 ま、見ようが見まいが、状況が変わる訳無いデシからw 厳しい現実を見てオタオタしても、状況が変わる訳無いデシからw
 ここまで世の中に不況が定着しちゃったら、ボク一人声高に叫んだところで、何も変わりませんからなぁ……じっくり行く末を見せてもらいますゎw
 
 
 さて、この2日に再会を果たしたちゃびさん的には、サッサとパールを渡して、後は勝手に馴染んでもらおう……F氏みたいにw……そう思ってたのデシけど、それ以後、姿を現さないY氏夫妻。
 別れ間際『風邪気味だから……』と言ってたY氏を『バカは風邪ひかないのに……』と心の中で呟き、見送った中の人。
 
 
 ひょっとして、風邪は風邪でも…………夏風邪?w
 
 
 脳筋は脳筋らしく、体だけは丈夫でないと、取り柄も救いようも無いゾw それとも……計画? R夫人の深謀遠慮な計画…………?w
 水くさいなぁ、一言相談してくれたら、良いクスリを用意しますのに……w それとも、であぼろ貸そか?w アレにナイトメアさせれば、文字通り、眠ったまんま……w
 
 ま、本気混じりの冗談はさておき……ん?w……いつまでもハニーの手を煩わせる訳にはいかないので、パールはボクが預かったw
 返して欲しくば、警察には知らせず、使用済みの札束で100万ギル用意せよ……『ギル札』って…………ある意味見たいゾw
 
 えぇっと……要するに、パールはボクが持ってるから、いつでも声をかけておくれ……と言いたかった模様w
 そして、別に二人同時でなくても良いからね、インした人から順に渡しますからね……と、言いたかった模様w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月 4日 (日)

その夜のこと……旧友再会♪

 さて、楽しくも疲れた一日を憤慨で締めくくり……ン?w……自宅に戻りまして、イソイソとFFにインしますと……誰もいず……w
 まぁ、約束は午後9時だったので、『まだ30分ほどあるワイ……』と、クフィムでイカ釣ってましたw
 
 満月の夜だったこともあり……FFが…デシょw……釣果も順調、スキルも0.1上がったりなんかして、上機嫌だった頃、突然テルが……。
 相手は言わずとしれたY氏……えぇ、恥も外聞もなく復活してきましたゎw 別れのシーンで、あれだけ盛り上がった……でもないか……w
 
 引退……と言うよりは、復帰前提の一時離脱……と、解釈してましたので……ボク的には……w まぁ、予定通り、戻って来やがったか……みたいな感じw
 『せっかく良い感じで釣れだしたところなのに……』との不満を内に秘め……この時点で、本日の目的を完全に忘れ去ってるボクw
 
 白門に飛んで、Y氏と再会し、その開口一番、『今度のビデオカードはGTX260だ』と、自慢されまして……『大人気ない……』と独りごちる中の人w
 加齢臭漂う、不惑世代のおっさんが、再会の挨拶もそこそこに、自らのパソコン自慢を始める図は『厨房(中坊)か……』とw
 
 なので、こんなおっさんと、その製造元たる両親との同居を始めた、R夫人の痛ましいこと……w 二世帯住宅とは言え…………不憫……w
 Y氏に少し遅れて再会したR夫人は、リアルでの疲れが滲み出てか、小さなタル体が一回り小さく見えました……えぇ、錯覚デシともっっっ!
 
 
 リエさん、同居生活は最初が肝心デシからね? ムリをせず、ありのままのリエさんで良いのデシからね?
 リエさんが頑張り屋さんなのは、一緒に遊んでいて重々承知デシけど、敢えて言っておきます、『手を抜け』……とw
 
 遠慮したり、頑張り過ぎて生じるお互いの歪み(ひずみ)は、早い内に解消しておかないと、そのうち手の施しようのない亀裂になり、最悪の事態を招きかねませんょ。
 …………あ、でも、別れて困るのはY氏だから……リエさんはノビノビ自由を取り戻せる訳だから……それはそれで良いのか……?w
 
 
 そんなこんなで、話題はLSのことになり、人数は多いけれども、自由度はポキポキと変わらないことを説明して、二人とも新しいLSに移籍することになりました♪
 で、その事と正月休暇中のハニーに、新年の挨拶と共にメッセージを送り、パールの手配をお願いしました♪
 
 その後、Y氏の復帰を知らせつつも駆け付けず、新LSの面々と60BCに出かけた、F氏のF氏らしさを誉めつつ……へ?w……次の再会を約束して解散……となりましたw
 さて、これでボクも本調子を取り戻せそうデシw どういう状況が本調子なのか……それはボクにも謎なのデシけど……w
 
 旧友との再会を果たし、新たな仲間達とも少しずつ馴染み(予定w)、このマンネリをどうにか打破したい昨日、今日明日デシw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月 3日 (土)

ちゃび家の新年会♪

 毎年1月2日は、中の人の実家に妹夫婦が集まり、お年玉を強奪していく日デシ……去年の今頃も、こんな事を書いてた記憶が……w
 今年は対姪っ子怪獣共に、秘密兵器で対応してやるっっっっと、意気込んで会場に乗り込みますたw
 
Imgp0005  えぇ、この日のために密かに特訓したマジックの数々…………実力はショボいデシけど……バレそうになったら力業(ちからわざ)でねじ伏せて……の心意気w
 さらに、この日のために、普段練習用に使っている赤や青のノーマルデックでは無く、ブラックタイガーのレッドピップを投入する思い切りの良さw
 
 値段もさることながら、何とも妖しげなムード漂うカードなのデシょw 某カネボウのCMで、有名女性歌手が持ってた事もあるそうなw
 そう、ハッキリ言っておきましょう。実力不足はカードの神秘性で補え!……とw 子供達にも『このカードは魔法のカードやねん♪』と、ハッタリかましておきましたw
 
 
Imgp0002  まぁ、百聞は一見にしかず……写真をアップしておきますw ちなみに、子供達はアッサリと信じてくれましたw
 
 
 
 …………魔法のカードがあるなら、ホントはボクが一番欲しいのデシけど……w
 
 
 
 『手品見たかったら、ちゃんとご飯食べなさい!』と、宴会の最初に言いますたら、みんな真剣に食べる食べるw
 普段はジッとしてない子供達も、鼻先にエサをぶら下げたら、こんなに素直に従うかぁ…………単細胞ってか、単純……てか、親の顔が見たいょ……まぁ、妹なのだけどw
 
 大人共は酒をくらい……と言っても、飲めるのはボクと上の義弟だけデシけど……ほろ酔い……若干酩酊気味の……良い気分になり、そのまま寝てしまいたくなった頃、甥っ子が………………。
 先日作りかけたまんまのプラモデルを差し出し……『作って?』と……『パパは?』と聞くと『作ってくれなかった……』と寂しそうに……。
 
 
 仕方ない……作らざるを得まい……それからはプラモ片手に、カードを配り~の、マジック見せ~の、クラリ~ノw
 
 
 子供相手なだけに、ネタを厳選したのが奏功し、全て成功のうちに終わりました……マジックは……w
 プラモは……マジック以上に得意分野なのデシけど、時間に追われ、子供達に追われ、酒で手元がふらつき……w
 
 
 
 今年の誕生プレゼントは、お小遣いではなく、本気出して組み上げたプラモデルだな……と、心に固く決めましたさ…………。
 
 
 
 マジックを見せ終わった後は、そのままトランプ大会に突入しまして、せっかくの一張羅が……カードのことデシょ……ぐちょぐちょに…………。
 こんな事なら、最初からノーマルデックでするんだった……と、心の中で嘆き悲しんだ中の人デシた…………。
 
 そして、つつがなく新年会は終わり、子供達は三々五々、帰宅の途に着き、中の人も大きな満足感と小さな悲しみと共に、帰宅しました。
 帰宅すると、案の定……てか、毎年恒例の、隣人の、隣人による、隣人の親戚の車が、我が家の門ギリギリに止まっていて……。
 
 家の中に入るのにも一苦労…………お互い様のこと、盆と正月だけのこと……と、大目に見てますが、一度、ハッキリ言っておかないと……と、思った一瞬デシた。
 
 
 えぇ、毎年そう思いつつ、すぐに忘れちゃってる中の人デシ…………w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

今更……の、召喚士AFの旅、inトライマライw

 あらためまして、新年、あけましておめでとうございます……何回あらためれば気が済むんだろ……w
 昨夜の『相棒』を見て、今後の展開が非常に興味津々なちゃびデシw 薫ちゃんが抜けた後を誰が穴埋めするのか……てか、穴埋め出来るのか? 非常に興味がありますw
 
 さて、先日もお話ししましたが、リンバスに参加する……と決めた以上、AFが必要な訳で……別に無くても、何の問題も無いのデシけど、モチベーションは下がりますゎなぁw
 て事で、どれから取りに行こうか……えぇ、これまた前にも話しましたが、召喚士AFは両手棍しか持ってないのでね、選びたい放題w
 
 ところで、一ヶ所だけ取りに行けない場所がありましてね、それがトライマライ水路なのデシょ……入るための『だいじなもの』を持ってないもので……w
 ウイン在籍なら、ミッソンを進めていくと、自然に手に入るのデシが……たぶん……、サンドから移籍したことのないボクには無縁の話w
 
 
 もう一つ、手近なところから入る方法もあるのデシけど、そっちのクエも、その前段階のクエを途中で放り出したまんま、かれこれ4年は経った頃かと……w
 
 
 なので、トライマライは最後にするか……と思っていたら、F氏がそこでスキル上げをやっていて…………♪
 これ幸いに、『連れてって』とお願いして、水路の扉を開けてもらいました♪ そして、F氏とはそこで別れ、カー君を相棒に鍵取りの開始。
 
 74のボクから見て、経験値の入るモンスタなら、何でも良かろう……と、それらしい魚を叩いてたのデシけど、一向にその兆しが見えず……。
 調べてみたら、60~のモンスタが鍵を落とすそうな……で、叩いてた魚のレベル上限は58…………何百…いあ何年叩いても、鍵は出ない計算…………w
 
 そのアバウトな性格、何とかしてょ! と、中の人に抗議の視線を送りつつ、奥へ奥へと移動しましたさ……。
 そして、攻略本に書かれたレベルのモンスタがいる場所まで移動して、そこのカニを叩き始めました。
 
 で、そこで1時間ほど叩いてましたら、F氏から『宝箱は見付かった?』と言われ、『鍵を探してますw』

 『鍵、持ってなかったんだ?w』『えぇ、入れませんから、取りにも行けませんワナw』等と…………。
 そうこうしてるうち、以前であぼろ戦でお世話になったGさんが『手伝いましょう』と、わざわざ水路に来てくれまして……♪
 
Photo  更にその後、2人駆け付けてくれまして……微妙なスキル上げ風PTになりまして……w ちなみにPT構成は、タルナイトのJさんにエル召喚のGさん、黒猫のH嬢にボクw
 えぇっと、鍵は4人目のJさん登場と同時に見付かりまして……w ま、世の中そんなものデシw
 
 その後は宝箱探し……その最中にカエルNM見付けて、宝箱開けた後、倒しに行きました♪ かなり強敵デシたが、ギリギリ倒せまして……落としたのが『不死の皮』w
 画面上に沈黙の嵐が吹き荒びました……とさw そのNMどんなブツを落とすのか、ボクは知りませんデシたが、『不死の皮』がハズレだと言うことは、よ~く分かりましたw
 
 それからは、クエ用のアイテム取りに付き合ってもらいまして……てか、せっかく取ってもらっても、今後行くことあるのかなぁ……と、ふと、頭をよぎったことは内緒デシけどw
 どのLSを付けても、ボクのドロップ運の無さは変わらないなぁ……的な展開でモンスタを叩き続け、ようやく3コ取り終えたのは、午前1時を30分ほど回った頃デシた。
 
 夜遅くまで辛抱強く手伝ってくれたみなさんに、心から感謝して、幸せな気分でPTを解散しました♪
 ただ、頭のどこかで、これからこのブログで『F氏』とか『Y氏』を使うと、混乱しちゃうかもなぁ……と、心配になりましたw
 
 
 
 だって、それほど人数多いんだもん……w
 

 
 
 

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます♪

 え~、あらためまして、新年、明けましておめでとうございます! 昨年は思い付くがまま、ダラダラと書き綴って参りました。

 今年は……それに輪を掛けて、ダラダラ書き殴っていこうと思ってますw えぇ、今更ライフスタイルを変えよう……たって、そう簡単にはいきませんワナw

 

 こんなボクデシけれど、見放してくれても結構デシが、ごくたまに、チラ見しに寄って下さいませw まぁ、無理にとは言いませんが…………w

 そんなこんなで、今年もどうか、中の人共々、なにとぞ生暖かく見守って下さいませ……………………w

 

 

 なお、年賀状の画像をアップしてるのデシけど、かなり小さく表示されてるみたいデシねぇ…………ファイル的には、制限一杯近い大画面で載せてるのデシけど……ボクのだけかな?

 みなさんのパソコンではどう見えてます? やぱし小さい? 

 

 

 

| | コメント (0)

1月1日

Photo_2 明けましておめでとうございますぅ。

今年もよろPくお願いしますぅ♪

| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »