« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の記事

2009年11月30日 (月)

鉄は熱いうちに、クエは覚えてるうちに……w

 ばんは~~ちゃびデシw この前の土曜日、本屋の友人が手みやげ片手に配達に来てくれまして……♪ 出費は4000円オーバーで、少々痛かったのデシがw
 ま、師走も近付き、出版社も書入れモードになってるのデシかねぇ?w いぱ~~いマンガが読めるのは有りがたいのデシが……。
 
 今月は6冊。こち亀167、クロスゲーム16、月光条例7、のだめ23(完)、スティールボールラン19、ああっ女神さま40、コナン66。
 買いも買ったり……な感が否めませんw スティール……以外はお勧めw ジョジョの最新シリーズなのデシけどね、スティールは……もはや、何が何やら状態w
 
 ぶっちゃけ、最新刊が出る毎に、1巻から読み直さないと付いていけませんw てか、読み直しても…………w
 今のボクに10代の頃の感受性が有れば……そう思う作品デシ。頭の柔らかさに自信が有れば、是非、読んでみて下さいw
 
 
 で、その日の夜はリンバスをチャッチャと終わらせ、過去サンドクエ6『それぞれの死地へ』を手伝ってもらいました♪
 ホントは、続けてアルタナミッソンもクリアする予定だったのデシが、ボクの準備不足のため、こっちはお手伝いのみに……○rz
 
 『それぞれの死地へ』は、過去3回挑戦して、1回は再起不能、2回は時間切れ……要するに3回とも失敗してます……詳しくは過去ログを読め…………weep
 要領よくラスボスに辿り着ければ、ソロでも倒せるクエなだけに、内心、思うところもあったのデシが、そこはソレ、大人の対応w
 
 過去ガルレージュ要塞に飛び、6人PTでごり押しし、あっさり終了。ボク的には表現しがたい空しさが残りつつ、それでもホッと安堵の溜息が……。
 で、クエが終わってイベントムービーを見ている間に、助っ人してくれた人達がヤグを叩き、ボクのために過去ウインクエのアイテムを取ってくれましたnote
 
 んで、今度は現代のジャグナー森林に飛び、小さい方の池近くでNMを倒し、その日の予定は全て終了。
 なお、ボクは日曜の夜に、過去サンドのクエと、アルタナミッソンを進め、他のLSのみなさんに追い付け追い越せ……しました。まだまだ尻尾の先も見えてませんが……w
 
 
 アルタナミッソンは、プロマシアやアトルガンに比べたら、難易度が低く、ジョブと工夫次第でソロでも何とか行けるものが多く、これまで、ボク的にはソロコースを選んでたのデシけどねぇ……。
 でも、失敗が何度も続くと、テンションというか、モチベーションが下がり、結果、どんどん疎遠になってました……。
 
 へ? だって、ソロで行った方が、ブログのネタになるぢゃないデシか? 成功したら自慢出来るし………………失敗したら……ま、それはそれなりにw
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月29日 (日)

タルタル戦士、またもや盾になれ……と?w

 ばんは~~ちゃびデシw 盾として参加する戦士ってのは、存外大変だなぁ……と、この前のPTでは学習したちゃびデシw
 ま、忍者は37まで上げてるので、盾自体には抵抗ありませんし、戦い方も知ってるつもりなのデシが…………忙しいw
 
 で、今日も今日とて準備して、倉庫やポケットを圧縮している雑品を処分しようとサンドの居酒屋に入ったら、『59位でシンクしてPTしませんか?』と、前回誘ってくれた狩人さんからお声が掛かり♪
 今日は『盾で』とは言われなかったので、少しホッとしつつ『あい、喜んでw』と、白門に飛びました。
 
 到着してPTに入れてもらい、構成をみると……忍者、戦士、狩人、黒、白、召喚……おぉ、忍盾がいるよぉ~~♪
 59なら両手斧が上がるな……残念ながら……と、合流する前にコッソリ武器を持ち替えて、素知らぬ振りで集合場所に到着。
 
 この日はワジャーム樹林でプーク戦。忍盾なので、蝉の張り替え中はボクが頑張ってタゲ取って、スムーズに戦えるようにしよう……と、妙に殊勝なボクw
 ま、昨日の今日の事デシからw 少しでも負担を軽くしてあげよう……と思うのは、親心ぢゃないデシか? いあ、赤の他人なのデシけど、忍者さんとは……。
 
 少し準備に戸惑ったのか、忍者さんが遅れて現地に到着し、レベルシンクしてプーク戦の始まりデシ。
 この日は狩人さんが釣って、ボクが迎え挑発して忍盾の所に持って行き、忍者がタゲを固定する……筈なのデシが、てか、それが正攻法なのデシが…………忍者、挑発せず。
 
 ただただ殴るばかりで、後衛陣にプークが向かっても知らん顔の忍者に、『今日もボクが盾?』と、首を傾げながらも、慌てて挑発入れてプークを引き戻すボク。
 忍者がいるので、あまり出しゃばってタゲを不安定にするのも悪い……と、遠慮しながら叩いてたのデシが、一向に挑発する気配はなく……HP削られる一方のボク……。
 
 
 
 
何とかプークを倒して、忍者のサポを見たら……踊り子…………ソロ用かょ……。
 
 
 
 
 リーダーの狩人さんが、テル(=ボクに直接)で『サポ戦士に替えるように言おうか?』と、気を使ってくれましたが、着替えを待つ時間も勿体ないし、断りました。
 前回と同じに思えば良いだけの話デシから……それに、プークは食事やTP消しませんし……後衛の人達は少し大変デシょうがw
 
 で、その後もノタノタとスローペースでプーク狩りは続き……タゲを取るのは良いのデシが、被ダメが凄いのでね、ボク……MP休憩が頻繁にw
 業を煮やしたのか、狩人さんが『サポ戦に着替えてきてくれますか?』と、忍者に尋ねると……『戦士1』と、我が耳を……もとい、我が目を疑う発言w
 
 『よくそれでここまで来られましたね?』と皮肉混じりに狩人さんが言えば、『PLしてもらってましたから^^』デシって……w
 いやぁ、こうまでハッキリ言われると、却って毒気も抜けるようで、黙り込む狩人さんと周囲に漂う諦めと同情の空気……w
 
 でも、踊り子にも挑発に似たアビがある事を思い出したのか、狩人さんが『Aフラリッシュで挑発してもらえません?』と言うと、『タゲれません』と即答w
 
 
 
 
アンタ、今の今まで、何を叩いてたンだ?w
 
 
 
 
 で、その後も『レジられる……』とか『Fムーブ足りないって出る……』とか泣き言を繰り返し、挙げ句『抜けた方が良いっすね』とPT脱退w
 腹に据えかねた狩人さんが『このPTに戦士さんがいなかったら、どうする気だったの?』と聞いても、『当たらないものをとやかく言われても……』と、最後まで見当外れな解答w
 
 
 
 
お見事w
 
 
 
 
 結局、忍者の後にモンクを誘い、ボクがメイン盾でレベル上げは続き……経験値1万は稼げたのかな、こんなグダグダでもw
 ま、ボク的には前回、今回で受け流しスキルが10近く上がり……両手斧も200に到達、新たなWSも覚えられて、収穫有りの感触デシがw
 
 で、PT解散後、ブラックリストにこの忍者を載せようとリストを開けたら……既にそこには彼女の名が……w
 道理で……どこかで見た事ある名前だと思ってたのデシょ……イヤな事は即刻忘れる主義なものデシから、どんな仕打ちを受けて載せたかは、定かではありませんが……w
 
 でも、まぁ、ボクがブラックリストを使うなんて、よっぽどの事が有ったに違いありません……それでなくても友達少ないから、なるべく使わないようにしてるのね……w
 FF11のビスマルク鯖で遊ぶ事があったら、「Picacyu」というミスラには十分気を付けて下さい……w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月28日 (土)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-10

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 港に到着すると、出航間近なフェリーが『ボオォォ~~』と、汽笛を鳴らしていた。
 沢村は乗船場にバスを停めると、事務所に向かい、手際良く申込用紙に書き込むと、バスをフェリーに滑り込ませた。
 五十台以上は積み込めそうな駐車スペースには、数える程も車は留まっていなかった。
 なので、マイクロバスは乗用車のスペースに留めるよう指示された。
 仕事柄、全国をバイクで走り回っている来門は、フェリーを使っての移動もざらで、バスの窓からその様子をボンヤリ見ていた。
 観光シーズンからずれているせいだろうが、それでも少なすぎる気がして、妙な違和感と、船舶会社の懐具合を心配する来門だった。

 
 バスが係員達の手でフェリーに固定されている間に、沢村は子供達に忘れ物が無いよう注意した。
 そして全員、それぞれ自分達の荷物を持つと、騒がしくも楽しげに客室に向かった。
 手の空いていた係員に案内されたのは、三階の二等船室だった。
 そこは畳二十畳以上ある大部屋になっていて、部屋の隅には人数分の布団が山積みされていた。
 子供達は荷物の整理もそこそこに、歓声を上げて布団の山に群がり、部屋一面に敷き詰めると、誰からともなく枕投げを始めた……。
 それを呆然と見ている来門に、諦めた表情で見守る沢村……。
 『祭り』好きな成前は……幸か不幸か、この部屋にはいなかった………恐らく、船内を物見遊山しているのだろう…………。
 
 
 フェリーが一際(ひときわ)大きな汽笛と共に、ゆっくり出航した。
 二万トンを超える大型船なので、振動や波の揺れを感じる事も無く、静静(しずしず)と港を後にした。
 フェリーは夜の海に溶け込むように、次第にその姿を小さく淡く……やがて、完全に闇に飲み込まれて行った……港に重油の燃えた臭いを残して……。
 
「はい! 枕投げはもう終わりーっ! 他にもお客さんは乗ってるんだぞ。静かにする事ー!」
 沢村は両手をパンパン叩きながら、子供達に声を掛けた。
 一暴れして気が済んだのか、子供達は素直に枕を片付け始めた。
「それじゃ、女子はそっちの更衣室で着替えましょう……来門さんも一緒にどうぞ。男子は……ここで良いか、先生と一緒に着替えましょう。」
「は~~い。」
 子供達は手に手にパジャマ……替わりの体操服を持ち、それぞれ着替え始めた。
 
「あれ? タマちゃんは着替えないの?」
「あ~~、タマちゃんパジャマ忘れちゃったんだ?」
 レザースーツの上だけ脱ぎ、Tシャツにレザーパンツで更衣室を出ようとする来門に、茜とあや音が声を掛けた。
「……みんな…頼むから『タマちゃん』は止めないか? 『お姉さん』とか言ってもらえないだろうか……?」
「じゃ、『タマ姉』で手を打つよ、な、みんな?」
「そうだね……ねえちゃんズにタマ姉を足して、『トリオ・ザ・姉ちゃんズ』で。」
 『話は全て、聞かせてもらいましたよ』とばかりに、直正と英幸が割り込むように提案し、他の子供達の笑い声で承認された……。
 
 来門……珠は言いしれぬ敗北感に、もはや反論する気力も失って、ガックリ項垂れ(うなだれ)ながら、入口近くの布団に寝っ転がった。
 その隣には、一姫がチャッカリ陣取り、
「お姉さん、着替えは持って来なかったの? 家にいる時に言ってくれたら、母様のを貸してあげたのに……。」
「……ありがとう……でも、私はこれが良いんだ、一番落ち着くって言うのかな……仕事の時とかはね……。」
 珠はレザーパンツをさすりながら、ボソッと呟いた……その声には万感の思いが込められていた。
 一姫は………既に珠から背を向け、春子と声を殺して、楽しそうにお喋りしていた……。
「…………話し掛けただけかぃ…………。」
 珠は最早ツッ込む気にもなれず、そのまま目を閉じた。
 そして、何時しか、沢村が消灯した事も気付かないまま、静かな寝息を立てていた。
 
     ◇     ◇     ◇
 
 全員が就寝してしばらく後、珠はパチッと目を覚ました。
(…………『裁き』の時とは別に、普段なら朝まで熟睡する質なんだが……。)
 何度となく寝返りを打っていた珠だったが、やがて諦めたように起き出した。
 妙に肌寒く感じるのは、空調のせいではない……一姫達はスヤスヤ眠っている。
(フェリーに乗り込んだ時から感じてる違和感か? この妙な胸騒ぎは一体……?)
 珠は一姫を起こさぬよう、スーツとコート一式を手に取り、静かに部屋を抜け出した。
 腕時計の針は午前二時……夜行塗料がボンヤリ光っていた。
 
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月27日 (金)

タルタル戦士、盾になれ……と?w

 ばんは~~ちゃびデシw 誘われなければ「からくり士」……最近の合い言葉なのデシが……有り難い事に、中々そんな機会はありません♪
 昨夜もPT希望の玉を出し、決意のコメントを書き込んで早々に『54のシンクなんですが……盾になってくれませんか?』とお声が掛かり、『あい、喜んでw』と……。
 
 盾……と言っても、せいぜいタゲ回しせいって事だろ……と、気楽な気持ちで白門に飛んだところ、狩人、シーフ、赤、詩人、戦士、召喚士……と言う布陣。
 
 
 
 
メイン盾デシか……タルなんだけどな……ま、いいやw
 
 
 
 
 獲物はワジャーム樹林のコリブリ……って事で、食事は要らないか?w てか、海串もタコスも全部売っ払っちゃったからな……メイン収入源だものw
 それでも、アピール用にソールスシは食べましたょ、2つか3つ……1匹と持たず消されちゃいましたが……w
 
 装備用の『盾』はどうしようか……と、競売を急いで覗きましたが、みなさん、既に出発していて、待たせるのも悪いのでパス。
 回避を上げて凌ごう……気休めだけど…………と、攻撃重視の装備から回避重視の装備に切り替え、キャンプ地に急行しました。
 
 みなさんと合流して、いよいよメイン盾デビューw ま、コリブリの攻撃を一心に受けよ……って事デシw
 シーフが釣ったのを挑発して殴りかかり、他の人にタゲが向かないようにするのがボクの仕事……なのデシが…………。
 
 「不意打ち」「だまし打ち」を使って良いダメを出すシーフと、バード系モンスタにはめっぽう相性の良い狩人から、急造の盾がタゲを取るなんて……㍉w
 しかもこっちは食事効果消されたり、TP消されたりして踏んだり蹴ったり状態。それでもボクは頑張った! リキャスト毎に挑発を繰り返し、使えるアビは2hアビ以外フルに使い……。
 
 この前のナイトさん……とまでは行きませんが、そこそこ安定してコリブリの注目を浴びましたょ……HPゲージを真っ赤に染めながら……w
 後衛さん達、大変だったろうな……と思いますw でも、一人に(=ボクにw)集中してケアルしてれば良かったので、気分的には楽だった筈。
 
 誰も彼も……と被害が広がると、ケアルする順番とか、残りMPとか……考える事が一杯で、判断ミスすると一気に全滅する事もありますからね。
 白暦(=守護神暦とも言うw)が、ヴァナ生活の6割を占めるボクには良く判りますw なので必死でタゲの固定に努めました。
 
 で、多少タゲがブレる事はありましたが、終始安定して狩りは進み、終わってみれば19000くらいかな? 経験値稼げてましたょ♪
 実働2時間チョイ、指輪1回でこんだけ稼げれば上々の出来では? まぁ、流石に疲れましたけどね……w
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

格闘スキル、大幅アップ♪

 ばんは~~ちゃびデシw この前、格闘スキルがグングン上がった事に味を占め、ナイズルが始まるまでの間、東アルテパ砂漠でFOVしていたボク。
 FOVを始める前に、例によってタンジャナの野草で宝探しをしていたのデシが……悔しいものデシね、眼下にお宝が眠ってると判っていながら、掘り起こせないってのは……。
 
 
 
 
分厚いなぁ、回数制限の壁……
 
 
 
 
 これで2回目デシょ、場所を見付けながら『掘るのを嫌がってる……』とチョコボに拒否られたのは……後1回掘れたら、恐らく宝箱が出現した筈なのに……。
 掠りもせずに終わるのも悔しいデシが、見付けながら掘り起こせず終了……ってぇのは、更に拍車が掛かりますな……もどかしいって言うか……。
 
 その八つ当たりをゴブにしたのデシが……前回いた『楽』のゴブが一気に減ってまして……レベルが1つ上がっただけで……w
 一応の目安として、67までは上がるそうなのデシが……ホントに上がるのかいな?……と、?マークが画面一杯に現れました……勿論、心象風景デシょ?w
 
 ま、スキルが低すぎるため、練習以下のゴブでも上がるっちゃぁ上がるのデシが、どうせ上がるなら経験値も欲しい……ってぇのが人情ってもんデシ?w
 回復担当のフェローさんを引き連れ、アルテパを駆けずり回る事幾星霜……って程の事でもないのデシがw
 
 見付けると同時に殴りかかり、それからリンクしないように人気の無い場所に誘い込む……見境も分別も無い行動に、一緒に戦うフェローさんも呆れ気味……ま、ボクの主観デシがw
 そのフェローさんも、プロシェルくれたりヘイストしてくれるのは有り難いのデシが、二言目には『もう魔力が無いよう……』と…………。
 
 
 
 
だからぁ、もっと、考えて行動しなさいってw
 
 
 
 
 時たま液晶モニター相手にブツブツ呟く自分に気付き、空恐ろしいモノを感じてる中の人はさておき、スキル自体は順調以上に上がりましたnote
 後2匹でFOV終了……って時に、ナイズルのお呼びが掛かり……幾ら捜しても見付からないので泣く泣く切り上げましたが、終わってみれば格闘スキルは56→103へジャンプアップspa
 
 使えないWS(ウェポンスキル)を含め、2つ新たなWSを覚えましたnotes ついでに射撃スキルも115くらいに上がってましたw
 と言いますのも、戦/忍だと自己ケアル出来ないので、ボウガンでHP吸収効果のある矢を撃ち続けたせいかな……フェローさんのケアルはすぐにMP尽きるのでw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

もはや古典的? なレベル上げw

 ばんは~~ちゃびデシw レベルアップまで後少し……とかになると、自分で上げてからPT希望出そうか……とか考えるちゃびデシ。
 て事で、来たるべき「からくり士」に向け、アルテパに眠るアタッチメントを掘り出そうと、今日も今日とてタンジャナの野草を握り締め……w
 
 今回はクリティカルが出て、ギリギリお宝を掘り起こせましたが、希望のブツは出ず……ヒナチョコのエサと、シフォニエとか言う家具が出ましたw
 ま、掘り出せただけでも儲け物……と、そのままアルテパでFOV。楽ゴブ叩いて格闘スキルのアップを……と、オファーを受けた途端、PTに誘われる不思議w
 
 レベルシンク53、コリブリ叩き……を二つ返事で受け、急いで白門に飛び、PTに合流しました。その日の構成はナイト、モンク、戦士(ボク)、詩人、赤、黒。
 レベルシンク……と聞いた瞬間、武器を両手斧に持ち替えたのデシが、実際シンクしてみると両手斧も青キャップで……格闘に変更したら、流石にマズいわなぁw
 
 この構成では、ボクが釣り役かな……と思ってましたら、詩人さんがサポ忍のメリポPT仕様で、さっさとコリブリを釣りに行きましたw
 ま、ボクと黒さん以外は75デシたので、そのレベル帯では、当然と言えば当然な役割分担なのデシが……w
 
Photo  いざ、始まってみると、ナイトさんが優秀でねぇ……気の毒なほど食事を消されてましたわ……w
 殴られてナンボのナイトだけに、食事効果を消されたらそのまま……には行かず、消される先から食べてました、海串を……いあ、それ以上高価なモノは食えませんてw
 
 そんな中、少しでもナイトさんの負担を減らそうと、片手斧装備でガンがるものの、53ではランページも撃てず、火力としてはイマイチなボク……。
 モンクさんもWSは良いダメ出しますが、通常攻撃はボクの半分ほどだし……戦闘が長引くと、ナイトさんの回復に追われて、黒さんの出番……てか、見せ場も無くなる……。
 
 無い知恵絞って考えたのが、オーソドックスな戦法……お互いTPを報告し合い、WS連携からMB(マジックバースト)に繋ぐ……と言うもの。
 ま、こんな戦い方が出来るのも、コリブリの注意を一心に引く、ナイトさんの手腕あったればこそ……コリブリはTPを消す特殊技を持ってるので、普通はTP100溜まるとWSを即撃ちするのね。
 
 で、言葉にするでもなく……TPを報告しますと、モンクさんも返してくれて……で、スピニングアクスから乱撃に繋ぐ核熱連携をしました♪
 コリブリの弱点属性なんて知りません……えぇ、こっちの出せる一番のWSを撃ってるだけ……それが繋がるんだから良いぢゃないデシか? 何か問題でも?w
 
Photo_2 Photo_3 Photo_4  で、前衛陣が阿吽の呼吸で連携し出したのを見て、黒さんもファイア2詠唱してMB狙うようになりました♪
 ボクが初めてFFに来た頃は、連携もMBも当たり前のようにやっていて、てか、出来て当然、出来ない人は練習不足……見たいに見られてましたが……。
 
 時代は流れ、今連携するって言ったら、ミシックやら何やらの潜在消しくらいデシからねぇ……それもフェローさんと組んでw
 なんか非常に懐かしい感じがして、とても楽しゅうございましたw 経験値も2万程稼げましたし……皇帝の指輪2回使いましたがw
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

6周年なんだとかw

 ばんは~~ちゃびデシw タルタル戦士として、日々精進中デシw ここんトコPTに誘われず、少し停滞気味デシが……w
 それでも来たるべき「からくり士」のために、ヘタレ詩人の馴れ合いPTに紛れ込み、格闘スキルを25→56まで上げてみましたw
 
 
 
 
ま、通常のレベラゲPTでは、間違いなくキックされてるデシょうなw
 
 
 
 
 で、先日の日曜がLSの6周年だとかで、記念撮影するためにタブナジアはルフェーゼ野に行って来ました。
 正直なところ、参加するかどうか、ギリギリまで迷ってたのデシがね……このLSに入って、まだ1年も経ってませんからね、ボクってば……。
 
 常日頃、デカいツラして勝手気ままに行動してる……若干自覚有り……ボクデシが、こういう時のケジメは付けたがるタイプw
 「ヘタレ」だの「馴れ合い」だの毒を吐きつつ、『類は友を呼ぶ』とは良く言ったものだ……と実感する瞬間だったりするw
 
 そこで、ナシュモに籠もり、釣果が上がらないことを理由に辞退しよう……と思って釣ってましたら、ヴァナ時間は新月……。
 面白いように入れ食い状態が続き、気付けば持ち込んだペスカトーレの材料が品切れ……出来上がったペスカトーレを倉庫キャラに送り、いよいよ逃げ道無しw
 
 『正装して集合……』って事で、ナシュモから一旦サンドに戻り、モグハウスの奥深くで眠ってた召喚士のAF一式を引っ張り出し……。
 考えてみればこのAF、取った時の記念に……とブログに載せるため着て以来、一度も装備する機会が無く…………w
 
 
 そもそも競売で買えるオステア装備が優秀な事と、LSの人達の好意で手伝ってもらった陰陽師浄衣で、事足りますからなぁ……。
 他のAFが受けられないので……と、召喚士75にして、渋々取りに走った60装備なのデシ……デザインは好きなのデシけどねぇ。
 
 
Photo  んで、ルフェーゼ野に集合しますと、デカ羊のNMが湧いていて……挨拶代わりに戦闘開始…………ボク以外の人達がw
 こちとら一張羅に身を包み、おすまし顔でポーズを取ってた矢先の出来事デシた……で、そのまま済し崩しに戦闘参加……する間もなく、範囲石化で固まるボクw
 
 石化が治るのを待って、召喚獣で反撃開始……する筈が、何度も何度も石化を重ね掛けされて、身動き一つ出来ないまま、他の人達が撃沈していく様を砂被りで観戦w
 漸く……ホントにやっとの事で石化が解け、羊から距離を取ってリヴァイアサンを召喚し、ボクも本格参戦……するも、攻撃・回復の履行技を出してすぐまた石化……。
 
 結局、数人の犠牲者が出して、何とかNMを倒しました……戦利品は…………聞かないで………………。
 それから、全員が回復するのを待って通路を上り、プロマシアミッション・エンディングの丘で記念撮影♪
 
Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5  あれこれポーズ取ったり、時間決めて一斉に踊ってみたり……と、楽しく過ごしました……その時の写真がコレなのデシが……。
 タル目線的に、草が邪魔でね……普段はリアルな描写で良いな…と思うのデシが、こういう時は邪魔デシねぇ……w
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

気付けば少尉殿w

 ばんは~~ちゃびデシw 何故今頃もしくは今更「ラピュタ」なんだ? とか思いつつ、途中から見始め……結局最後まで見てしまったちゃびデシw
 最初の方は昇級試験を受けてたのでw えぇ、遅ればせながら、どうにかこうにか少尉になっちゃいました♪
 
 試験の内容は……攻略系HPで確認して下さいw 丁寧に解説されてまして、丸移しして試験に臨むと良いデシ……もっとも、チョコボ編は結構忙しいデシがw
 で、昇級試験も終わり、丁度良い時間になったので、そのままナイズルに突入……はしたものの、進行の階層を合わせるために、お留守番を買って出るボク。
 
 この辺りから「ラピュタ」時間の始まりデシw 流石に、ただボ~~ッとするのは退屈なので、丁度良い時間潰しになりました♪
 予定では71~、76~(装備NM含む)の2回はお留守番、81~進行を合流してやらせてもらう筈だったのデシが、予定は未定で決定ではなく……w
 
 装備NM戦は時間切れで失敗に終わり、雪辱戦に行く事に……えぇ、言い出しっぺはボク。丁度ラピュタが佳境に入るトコだったのでw
 装備層でもありますし、気を使われる立場のボクが言い出した事でもありますし、誰からも異論は出ず、そのままリベンジに出発。
 
 その間も映画は進み、パズー達と一緒に『ばるす!』と叫び、映画もリベンジ戦も大団円……ただし装備は出ず……ところで、LS内視聴率は80%↑とみたw
 んで、いよいよ秘密兵器(ボクnote)を投入して81~進行に出発♪ 満を持しての突入は、モンスター殲滅2回に、特定モンスター(イカデビル)殲滅1回という超ハードなもの。
 
 手元のタイマーで、残り20秒を切った時に最後のイカデビルが倒れ、慌ててワープ装置に駆け寄り脱出……スパイ映画並に007秒残してのクリアかとw
 この日のナイズルは、ボク的にはこの1回で終了……他の人のチケットが品切れなのでw……たまにはこんな展開もアリかな…と思ったFFデシたw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月22日 (日)

タルタル戦士、すくすくスク水……特に意味無しw

 ばんは~~ちゃびデシw この前、近所のスーパーに買い出しに行ったら、久々に“お爺さんのニオイ”を嗅ぎましたw
 整髪料なのか、コロンなのか……何か別のモノなのか判りませんが、中の人が子供の頃は、お爺さんと言えばこの香水だったような気がしますw
 
 
 さて、日々スクスク成長している……と自分では思ってる……戦士稼業。誘われ待ちしつつナジャ社長のトコに顔を出すと、いきなりイベントが始まり……昇級試験の始まりデシたw
 ここんトコ、LSの人に誘われ、火曜ナイズルの開催が危うい時は、参加者待ちを兼ねてアサルトに出掛けてたのが……それもボクの未クリアなのを中心にw……功を奏してた模様w
 
 アトルガン黄金貨を3枚もぼったくられ、少尉になるための試験が始まりました……てか、これからしばらく、ぼったくられ続ける模様w
 まだこれからアトルガン霊銀貨を6枚ほど貢ぎ、3回イベントをクリアして初めて少尉に昇進デシ。
 
 『ヤレヤレ……霊銀貨を用意するか……』と、皇国軍戦績をアトルガン貨幣に交換してくれるオジさんのトコに向かってると、PTのお誘いがかかり……♪
 試験は後回しにして、二つ返事でPTに参加するボクw この日の構成は忍者、戦士(ボク)、コルセア、踊り子、白、詩人……しかも、オール国産w
 
 で、準備出来次第、ワジャーム樹林のプークを叩きに行きまして……名前は可愛いけど、結構手強い小型の竜だったりします、プーク。
 プーク戦のキャンプ地と言えばココ……な、定番の通路に陣取り、狩りのスタート。この場所って、再ポップするプークが戦闘中の鼻の先に現れたりするのよねぇ……w
 
 ま、その時はその時、詩人さんかコルセアさんが寝かすデシょう……と、歴戦の勇者は歯牙にもかけず、余裕のよっちゃんで戦ってましたw
 でも、プークって“何とかウイング”って技で、派手に飛ばされちゃうのよね……だから、前衛陣は狭い通路の壁を背に戦ってたのデシが……。
 
 折悪しく、再ポップしたプークが後衛に絡み出し、それをボクが挑発して注意を逸らし、その間に寝かす戦法を取ろうとしたら、いきなり何とかウイング……。
 かなり派手に飛ばされた後衛さんが、全く別のプークの前まで行き、当然の如く絡まれ……修羅場タイム開始w
 
 2匹同時は想定内だったので、慌てる事無く、全員がプロフェッショナルな仕事をしていられたのデシが、3匹になると前衛は支えきれません。
 そう判断したリーダーが、躊躇無くレベルシンクを解除……59でシンクしてました……30秒耐えて元のレベルに戻り、70代の人が3人いたので何とか撃破。
 
 
 
 
でも、2チェーンで経験値40w
 
 
 
 
 あわや全滅……と言う展開だっただけに、贅沢っちゃぁ贅沢デシかな?w だからシンク再設定中のプチ反省会も、みんな表情は明るく……でも、無表情なのデシがw
 んで、終わってみれば、稼ぎは2万弱(皇帝の指輪×2回)♪ シンク有りと言う事で両手斧装備だったため、そっちのスキルも急上昇w 言う事無しのレベラゲデシた♪
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月21日 (土)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-09

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 

 一姫の頭を撫で、足早に去って行く沢村を見送りながら、
「何とも清々しい奴じゃ……オッパイ星人のくせに、見所があるわぇ……。」
 いつの間に復活したのか、成前が来門の隣りに立ち、そう呟いた。
「まぁ……なぁ……オッパイ星人にしては、人を見る目はありそうだ……。」
 満更でも無さそうな穏やかな視線で、来門は沢村の後ろ姿を追っていた。
「はい、沢村先生は優しいし、楽しくて大好きな先生です、オッパイ星人でも。」
 巨乳星・美乳星は別にして、いつの間にか、地球人扱いされなくなった沢村だった。

 
 
九章 主役的少女、再度出発する。
 
 
 集合時間の午後九時近くになった。
 一姫がピンクのリュックに着替えを詰めて、神社の境内に上がっていくと、そこにはもう、大勢の人が集まっていた。
 親達は親同士、子供達は子供同士固まって、妙に高いテンションで談笑していた。
 子供達は一姫を見付けるや、我先に駆け寄り、オヤツだのお弁当だのを差し出した。
 一姫は訳が分からず、目を丸くしていると、良が委員長らしくクラスの代表として、
「今、ヒメの父ちゃんも母ちゃんも、大ケガしてて動けないだろ? だから、みんなで相談して、オレ達でヒメの分まで用意しようって事になったんだ。」
「……ま、母さんにそう言えば、必要以上に用意してくれるからね……。」
 英幸が親達に聞かれないように、小声で一姫にバラした……だが、親達は世間話に姦しく(かしましく)、普通に話しても恐らく大丈夫だったろう……。
 
 なるほど、一姫の目の前には、一人では食べ切れない程のオヤツが……コンビニの袋一杯に入っていた……それも三袋。
「タマちゃんや先生達の分もあるんだ……ま、余ればオレが全部片付けるんだけどな。」
 直正が細い眼を一層細め、嬉しそうに呟いた。
「こら、私を『タマちゃん』と呼ぶんじゃない! 私の事は……」
「あ~~それが本当の目的だったのね、ナオッッsign02 率先して連絡網回すと思ったら……。」
「残念でした! 余ったらみんなで食べるのっsign03
 来門の声を掻き消し、茜とあや音が直正に詰め寄った。
 ねえちゃんズ二人に睨まれ、タジタジと後退る(あとずさる)直正を庇う(かばう)ように、真奈が間に割って入った。
「あなた方は何にも判ってらっしゃらないのね。ナオ様は一姫さんが受け取りやすいように、ワザとそう仰ったのですわ。」
「どうだか…………。」
「みんな、ホントにどうもありがとう……。」
 一触即発の茜達を余所に、一姫は嬉しそうにコンビニの袋をギュッと抱き締めた。
「ヒメ、つぶれる、つぶれる!」
 直正が慌て、みんなは笑った。
 
 時計が九時を回る頃、沢村が息急き切って神社の石段を駆け上がって来た。
「すみません、遅くなりましたー。」
 沢村は子供達を呼び集め、そして、親達に挨拶した。
 これまでの経緯、今後の予定を簡単に説明した後、
「……お子さん達は私が責任を持ってお預かりします。では、フェリーの時間もありますので、そろそろ出発したいと思います……。」
 
 沢村を先頭に、子供達、親達の順で石段を下りて駐車場に行くと、見慣れないマイクロバスが停車していた。
「あれ? いつものバスじゃないね?」
「あぁ、学校のは車検に出てて使えないんだ。だから別のバスを借りたんだよ。」
「……ウソだね……きっとタマちゃんに良い所を見せたいからさ。」
「だね。学校のはオンボロだから……。」
 子供達の言葉に『オブラートに包む』と言う慣用句は無い…………親達や来門本人の目の前で、微妙に痛い所を突かれ、
「違うよ、この時期は行事が無いから、本当に車検に出してるんだよ! って言うか、誰がオンボロにしてるのか、判って言ってるのか? お前達? このバスだって、やっとの事で借りられたんだからな、汚すんじゃないぞ……。」
 正当な反論なのに、不覚にも声を裏返してしまい、言い訳がましく聞こえてしまったか……と、人知れず落ち込む沢村だった…………。
 
 沢村は子供達が全員着席したのを確かめると、運転席に座り、バスのエンジンを掛けた。
 一行を乗せたバスは親達に見送られ、静かに夜の神社を後にした。
 バスは国道沿いに西に向かい、夜行フェリーが停泊する、大きな港町にやって来た。
 ただ、その間、来門とデート気分を味わいたい……と、指定席扱いしていた助手席を、子供以上に目を輝かせた成前に座られ、涙目になっていた沢村に気付く者はいなかった……。
 
 港に到着すると、出航間近なフェリーが『ボオォォ~~』と、汽笛を鳴らしていた。
 沢村は乗船場にバスを停めると、事務所に向かい、手際良く申込用紙に書き込むと、バスをフェリーに滑り込ませた。
 五十台以上は積み込めそうな駐車スペースには、数える程も車は留まっていなかった。
 なので、マイクロバスは乗用車のスペースに留めるよう指示された。
 仕事柄、全国をバイクで走り回っている来門は、フェリーを使っての移動もざらで、バスの窓からその様子をボンヤリ見ていた。
 観光シーズンからずれているせいだろうが、それでも少なすぎる気がして、妙な違和感と、船舶会社の懐具合を心配する来門だった。
 
 

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月20日 (金)

デナリボンネット、ゲトしました♪

 ばんは~~ちゃびデシw 月曜、火曜とナシュモで釣り三昧しました♪ からくり部品で散財したお財布が、若干膨らんだかな……でも、元通りではありませんw
 ま、元通り……と言っても、30万ギルほどしか入ってなかったのデシけどw ユニクロ装備とは言え、戦士の武器をレベルに合わせて買ってると、溜まるヒマがありませんw
 
 レベル上げに出掛けると、金策どころでもありませんからねぇw ま、出掛けなくてもしないのデシが、金策……無けりゃ無いなりにやってけますのでw
 釣りスキルとお料理スキルがあるお蔭で、食うには困らず……何かモゴモゴ食ってれば、レベル上げではゴマカシ効くのでw ナイズルもリンバスもw
 
 だから、ナイズルに出掛けるまでの時間、ペスカトーレ以外の魚が釣れると即、店売りして小銭を稼ぎました♪ 案外、良い実入りになるのデシょ?w
 メルジャンバルウは600ギル、プテリゴー“トゥス”……と言っても春日は関係無いw……は780ギル。ボク的には不必要な魚が結構高く売れるの♪
 
 てな訳で、火曜日ナイズルデシょw 金曜日の雪辱を密かに胸に期し、青に着替えて参加したのデシが、PT構成の関係で急遽、白に着替えw
 白から青は、魔法のセットにワタワタ慌てるのデシが、逆は簡単なのw モグハウスに戻ってジョブチェンジ一発、即、変身w
 
 この日は2回とも装備層に行きました……えぇ、チケットと時間の関係で2戦だけw……PTの構成は侍、青(ボクぢゃない人w)、モンク、シーフ、赤、白(ボクw)。
 最初は何処に行ったんだっけ………………装備出なかったので忘れたw んでも、ボクは黒用の両手杖もらっちゃったかな……欲しいのは青用なのに……w
 
 2戦目は頭層に……この度の100層トライは、割と順調に進めましたなぁ♪ 7~8分残してボス層に到着し、テンポラリアイテムでHP、MP強化・補給してスタート。
 相手はキマイラ、ボク守護神……て事で、危なげなく快勝♪ で、期待もしてなかったデナリボンネットがポロッとキマイラの懐から……w
 
 希望者2人、正々堂々ガチンコロット勝負……で、ボクが勝ってデナリン、ゲット♪ 数字は聞かないで?w お互い傷付くから…………w
 
 
 
 
ま、ランダムで『1』出した人に、負ける気は無かったデシけどねw
 
 
 
 
 胸張って、大声で言う事もないのデシが……w てか、『どんだけ低い戦いやねん……』て声が、画面の向こうから聞こえてきそうw
 でも、万が一の事があるから、他の雑品を先にロットし、弾幕張って誤魔化しつつロット……と言う姑息な手を使ったボクは、極悪腹黒タルデシょ、えぇ、えぇw
 
 
 
だって、未だにボクには『三桁の壁』と言うトラウマが……w
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月19日 (木)

タルタルからくり士……への下準備w

 ばんは~~ちゃびデシw 常日頃、アニメキャラに夢中になってる連中には、凍死させるような冷ややかな視線を送ってるボクw
 ボーカロイドとかに現を抜かす連中も、同類と認識して無視するように心掛けているのデシが……そんなボクが「からくり士」を上げる切っ掛けになったのが…………。
 
 
 
 
うん、才能に関しては素直に認める質(たち)なのでw
 
 
 
 
 ボーカロイドの性質を逆手に取った歌詞も秀逸だし、それをオートマトンに見立ててPVに仕上げる才能……てか慧眼(けいがん)振りに、心から敬意を表してますw
 <a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm2817697">【ニコニコ動画】【鏡音リン】ココロ × FFXI【からくり士】</a>
 
 過去ログを漁ってもらうのもアレデシから、も一度貼り付けておくw いあ、別にページ数稼ぎぢゃ無いデシょ…………たぶん。
 でも、この曲に関して、これ以上に出来の良いニコ動には出会えてないのは事実。一つ惜しいのがあったけど、ここまでオリジナリティに溢れてはいませんデシた。
 
 
 さて、今日も今日とて、白門で誘われるのを待ってたのデシが、誘われず……競売でからくり部品をチェックしてたのデシが……入荷待ちのオンパレード……。
 アトルガン発売当初は活気があったのデシょうが、あれからもう、随分経ちますからなぁ……一通り行き渡った感があるのかな……。
 
 
 
 
思えば、あの頃が一番楽しく遊べてたのかなぁ…………(遠い目)
 
 
 
 
 と、ここで業務連絡。Y氏に告ぐ、復帰を促すメールを送るも、宛先不明で返ってくる……メモし間違えたか? と、適当に入力し直すも、ことごとくスパムメール化して戻ってくる……w メルアド変えたのか? 釈明聞くから、FFまで出頭するように。
 
 
 で、競売で買えないなら、直接仕入れに行くか……とナシュモに飛びました。えぇ、この時点でボク的レベル上げタイム終了w
 上着を着替え、一瞬でナシュモに飛ぶと、北出口付近のパーツ屋さんに顔を出し、アレコレお買い物……上記の動画を作った人が、これまた動画で解説してくれてまして♪
 
 必要最小限の初期投資を教えてくれてます。ニコ動で「ff11」「にくまん」とタグ検索すると、1~10まで丁寧に、からくり士の全てを解説してくれてます♪
 解説動画を見ていても、この人のからくり士に対する思い入れ……てか、愛情が感じられ、それであんな素晴らしい動画が出来たんだな……と、素直に納得w
 
 で、買い物を終えた後は、そのまま釣りw 高かったんだもん、からくり部品……お勧め……と紹介されてた分だけでも、それ相当な額を出費しましたょ…………。
 まぁ、からくり部品は魔法と同じで、装備すると75まで使えますからな、場所も取らないし……そう考えると、納得の行く出費ではあります。
 
 さて、納得行こうが行くまいが、出てったお金は戻ってきません……なので釣り! ペスカトーレを作るのデシ!
 新レシピのお蔭で、サンドフィッシュ以外は全てここで釣れますからなぁ♪ エサを取っ換え引っ換えイスタコズ、イスティルディエ、アフポッドを釣りました。
 
 えぇ、カバンの中が、からくり部品で埋まってるのにも気付かずw 部品をマトンに換装するには白門に戻らねばならず、やむを得ず亜空間ポスト作戦発動w
 自分宛に部品を送り、それを受け取り拒否して自分に送り返すと、オート配送待ち状態になりますw 難点は、ポストを開く度、怒濤の如くブツが押し寄せてくる事w
 
 ともかくも、仮初めのスペースを確保して、釣りを堪能しましたw 目的以外の魚は即、店売りし……それだけで結構な額が稼げた事は、ここに報告しておくw
 釣りスキル80超えて、ここで釣りをすると、目的以外の魚で時給1万ギル近く稼げますょ、一度お試しあれw
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

これぞヴァナ流外人部隊!

 ばんは~~ちゃびデシw さっさと戦士を上げきって、次なる「からくり士」を目指さねば……と奮闘中のちゃびデシw
 へ? 戦士の次は「獣使い」だった筈……? いいえ、生まれた時から「からくり士」に決めてました……このやる気、むしろ、生まれる前からかもw
 
 
 
 
からくり用のミシック武器「地獄の爪」もゲット済みデシし……w
 
 
 
 
 てな訳で、白門でウインドショッピングしながら、PTの誘われ待ちしてますと、外人さんから『【経験値いりませんか?】【レベルシンク】63……』とテルが入りまして。
 「【はい、お願いします】」と、定型文で返事を出すと「【バフラウ段丘】G-8【集まってください】10min」と、現地集合を示唆するテルが……流石外人、現地調達かょw
 
 『10min』が10分後なのか、10分以内なのか判断が付かず、尋ねようにも語学スキルが無いボク……取り敢えずアルザビのチョコボ屋さんに行くと、店主は掠われちゅw
 なるほど、それで10分か……と思いつつ、ポケットからホイッスルを取り出し『マグマ大使~~!』ぢゃなく、マイチョコボをお呼び出しw
 
 で、青いのに『ウルトラセブン(UltraⅦ)』とは是如何に(これいかに)……等と独りごちつつ、テッテケ走り現地へ。
 それらしきポイントに到着すると、1PTがコリブリと格闘中……レベルシンク60で戦ってました……この時点で焦臭いニオイが……w
 
 ボクが入ると同時に、後衛が一人抜け……戦士×2、忍者、暗黒騎士、学者、詩人の構成に……ちなみに、国産は戦士2人のみ。
 挨拶もそこそこに……丁寧にと言われても、スキル無いので喋れませんがw……レベル上げ開始……無口なボクは強いんだからw
 
 で、黙々と戦ってたのデシが……前衛はやる事が少ないのねw 後衛は色々あるから無口になると、当社比5割り増しの働きが出来るのデシけどw
 それに、このPTの後衛さん、中々ケアルしてくれないの……HPが半分近くになるまで放置プレイw ガンガろうにも……w
 
 だから、『挑発』持ちは3人いましたが、積極的に挑発する人は誰もいなかったデシw 誰かがタゲ取って、HPがオレンジになったら誰かが挑発……的展開w
 ま、コリブリ戦に忍盾を持ってくる時点で、何かが終わってる気がするのデシけどねw えぇ、ボクがリーダーなら盾はナイトを選びますw
 
 それでも奇跡的に戦闘不能は出ず、リーダーがレベルアップしたところでPT終了。ボク的に1万程稼げたのかな?
 普通にプレイしてれば何の事はないレベル上げも、外人さんが主体になると、一転して修羅場混じりのエキサイティングな展開になり、疲れますな、おもろいけどw
 
 ボクも普段の外人PTなら、スキル上げ主体に好きに動いてるのデシが、今回は早めに倒さないと命の危険が一杯だったので、片手斧のみで戦いましたw
 それと、HP回復のためにブラッドボルトで射撃もw お陰様で、どちらも6~8くらい上がりましたょ♪ 今回はそれで良しとしましたw
 
 
 
えぇ、外人PTに多くを望んぢゃいけませんw 死にますw
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月17日 (火)

祝! オメガ初撃破っっ!

 ばんは~~ちゃびデシw 風が強かった神戸の日曜日、例によって例の如く洗濯で1日が始まったちゃびデシw
 『今日は室内乾しが無難か……?』と洗濯機が稼働中、思い悩んでいたのデシが、ワンピースが始まる頃には少し風の勢いが弱まり、2階のベランダに洗濯物がはためく、日曜恒例の光景が展開されましたw
 
 さて、その前夜、これまた恒例のリンバスに行って来まして……今回はオメガ戦。ボク的には2回目か3回目……覚えてませんが何か?w
 今回も盾組、精霊組、遊撃組に分かれ、作戦はオーソドックスに……盾がオメガを引き付け、精霊でジワジワ削り、途中、オメガが呼び出すポッドは遊撃組が受け持ち、精霊組と連携して瞬殺……な感じで。
 
 ボクは白/召で盾組に所属。ナイト×2、白×2、赤、詩人……の構成デシた。MPヒーラーを2人ももらって良いのかな? と思ったのデシが、結果的に良かったかもw
 精霊組にはコルセアさんが入り、ロールでMP回復してました……よね? えぇ、何しろ大人数で入ったので、精霊組の構成が定かではありません……w
 
 ところで、今回のボクのテーマは『ナイトを死守』する事デシた。白とナイトがコンビを組み、ガチンコで面倒を看る事で、オメガを釘付けに出来れば、精霊組が安定して働けますからね?w
 ま、逆に言えば、精霊組がポッドに掻き回されて戦闘不能が続出しても、基本放置プレイ……って事なのデシがw
 
 まず、ナイトの健康管理、んで、ボクの体調管理……ストンスキンは必須w……その次が遊撃組や精霊組の健康管理……が、ボクの優先順位デシたw
 過去のオメガ戦で、自分より他の人を重点的にケアルしてたら、ポッドが湧いた時に真っ先に目を付けられた記憶があるので……。
 
 
 
 
MP使い切って倒されるなら諦めも付くのデシが……
 
 
 
 
 で、序盤にデヴォージョンをもう一人の白さんにし、中盤、後半と順調にバトルは進み、終盤に差し掛かった頃から乱戦激戦模様に……所謂(いわゆる)修羅場モードw
 オメガの残りHPが1ミリを切ったところで出て来たポッドが、遊撃組を、精霊組を屠り、かなり絶体絶命的展開。
 
 客観的に見て、オメガのHP0.1ミリ位なのに、その0.1ミリが削れなくてね……ソラス+ホーリーで、ボクが英雄になってやろうか……と、密かに野望がムクムクw
 ただ、オメガにホーリー効いたっけ? 吸収される? それはアルテマだっけ? と、不確定要素がパパパ……と浮かび、敢えなく断念。
 
 
 
 
もし効いても、MP100使ってダメ1桁じゃイヤすぎるしw
 
 
 
 
 結局、その間もボクは黙々と、ナイトのケアをしてました……てか、ポッドは一発二発で精霊組を倒してたので、ケアルの詠唱間に合いませんw
 それにナイトまで倒されると、オメガまで自由に暴れ回り、敗北は必至の情勢……なので、なけなしのMPはナイトと自分のケアルに使いました。
 
 もう1人の白さんは、デヴォージョンを担当ナイトにしてましたのでね……MPカツカツw ボクは2回白さんにしたのデシけど……でも、結果的にそれが吉と出たみたい♪
 ボクは最後まで生き延びて、ケアルし続けられましたからね。もう一人の白さんはボクの分までタゲられて、何となく気の毒だった………………でも、代わるのはイヤw
 
 結局、残り時間30秒でオメガを倒し、歓喜の時間到来♪ どうやらボク以外の人は、ポッドが暴れ回った時点で諦めてたみたいw
 ボクは自分の仕事さえしてれば勝てると信じてましたので……『さっさと削り切れょっっっ』とは思ってても、『負けるかも』とは露程も考えてませんデシたょw
 
 
 
 
一か八か、トドメのホーリー用にMP100残してたしw
 
 
 
 
 勝利の余韻もそこそこにBCから放り出され、ロット確定のためレイズしたのデシが……MPが180程しか残っておらず……。
 食事して最大MP1180くらいあったのデシけどねw リフレ、歌、もらい続け……ハイエーテルもタプタプになるほど飲んで……それだけ凄まじい戦いだった訳デシょ。
 
 だからかなぁ……戦利品のロットで、アイテムをゲット出来た人の喜びよう……お手伝い冥利に尽きますな♪ またガンガレますw
 えぇ、オメガ・アルテマは、ボクにしては珍しく希望商品がありません、滅私奉公の心で働いてます………………ウソ吐きました、青装備出たらコッソリ狙ってます……。
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

ナイズル、苦戦…………。

 ばんは~~ちゃびデシw 先日、インコ達のエサを買いにコーナンに行ったのデシが、隣接されてるトイザらスに冷やかしに入ったところ……。
 1/20のラジコンカーが、2000円チョイで売られてまして……ボクが子供の頃はラジコンなんて高嶺の花、一桁くらい高かった気が汁…………。
 
 てか、完成品で、自由に走り回れてこの値段……ボクの作ったプラモは、デカールが所々溶けかかってる上に走りません…………。
 ……何なのデシかね、この敗北感……それも惜敗というより惨敗感が……。来年から……予算調整のため再来年かな?w……こっち買おうかな……w
 
 
 さて、金曜日にナイズルに行って来たのデシけど……今回は苦戦模様。全部で4回突入したのデシが、1勝3敗……成功したのはボクの進行だけデシた……。
 装備を取りに行った3回は、3戦ともNM層に到達出来ないくらい苦戦しました……単に巡り合わせが悪かったのか、何なのか…………謎。
 
 ボク的には今回、MPヒーラーの詩人や赤さんがいなかったのが痛かったデシ。30分という短期決戦のため、盾は置かず、アタッカーばかりの構成デシからね。
 こちらの攻撃力が高いのは良いのだけれど、被ダメも半端ぢゃないので、気付いたら1000あるMPが2桁になってる展開w
 
 前衛4人をボクと召喚士の2人で面倒見るのデシけど、かなりハードデシた。サポ用に学者を上げて、MP回復出来るようにするか……とか思ってみたりして。
 装備とサポ召喚で、オートリフレ+3なボクなのデシけど、全然追い付きませんデシた……デヴォージョンで、誰かにMP上げる事は出来るのだけど、逆は出来ないから……。
 
 仕方がないから、戦いながらヤグドリを作って、即飲むと言う自転車操業w ただ、嵩張る(かさばる)から……と、数本分しか材料を持ってなかったので、全然足りず……。
 ペース配分を考えて飲みましたが……がぶ飲みしても間に合わなかったデシょうね。赤さんや詩人さんにも回復補助をしてもらって初めて、攻守の歯車が噛み合うのかも。
 
 ま、今回は残念な結果に終わってしまいましたが、現有戦力を吟味して、それなりの戦いと結果を出すのがこのゲームの醍醐味デシ。
 『今日はこの辺にしておいてやる……』と、威勢の良い啖呵(たんか)を切りながら、ナイズルを後にしてやりましたともさぁ…………若干、涙目デシたが……w
 
 
 <a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm8609632">【ニコニコ動画】魂のルフランをヴァイオリンで弾いてみた</a>
 
 <a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm6617588">【ニコニコ動画】大切な貴女の為に思い出のfirst loveをヴァイオリンで…</a>
 
 ま、これ聞いて、気分転換して下さい…………って、するのはボク?w 前振りの小芝居と演奏のギャップに驚いて下さいw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

タルタル戦士、空中戦は観戦模様w

 ばんは~~ちゃびデシw 前日のクエも忘れ、『何でこんなトコに……?』と、過去ウインで呆然と立ち竦んでいた健忘症デシ……w
 そうそう……と気を取り直し、召喚士→戦士に着替えてPT参加希望の玉を出し、コメントを書き込もうとした瞬間、誘われまして……♪
 
 『あい、喜んで』と二つ返事で白門に飛び、早速レベル上げに出発♪ この日はバフラウ段丘でコリブリ狩りデシた……お弁当、どうしよ……w
 で、PTの構成デシが……戦士(ボク)、モンク、狩人×2、詩人、赤魔…………えぇっと……ボク盾?w
 
 さて、この日はボクがレベルシンクの対象となり、62でスタートしたのデシが、狩人さんの破壊力に圧倒された1日デシた……。
 ボクがアグレッサー(命中率アップ)、ウォークライ(範囲攻撃力アップ)、バーサク(自身の攻撃力アップ)等々アビ使い倒してランページ(5回攻撃)撃って、せいぜい500止まりなのに対し、狩人さんは平均1200……最高1600強……。
 
 
 
 
強すぎる…………○rz
 
 
 
 
 モンスタとの相性抜群とは言え、この格差……結構凹みました……。その後、狩人さん達は気を使ってか、装備を変えてダメの調節してましたが……w
 ま、こんな与ダメを連発していては、いくらボクが挑発しても、タゲが取れませんからなぁ、ハハハハ…………はぁ。
 
 そんなこんなで狩りは順調に進み……どれほど稼げたのかな……コメント書く前に誘われたから、正確なボクの経験値が分かんないw
 でも、2万くらいは稼げたんぢゃないかな……えぇ、ボク的には大満足w レベルも上がったし、片手斧スキルも順調に上がりましたし♪
 
 
 午後11時半にPTは終了し、お礼を言って解散しました。で、寝る前にレベルに見合った武器を……と、白門に戻りまして……両手斧を1本落札し……。
 片手斧はどうかな……と見てましたら、LSの人から『夜遊びしましょう?』と、MMMの魚釣りバージョンに誘われて……w
 
 若干眠い目を擦りつつ、ジュノまでひとっ飛びするボクw このMMM(モブリンズメイズモモンガーw)は、NPCと釣果を競うもの。
 制限時間以内に、相手より多くの魚を釣り上げ、それをポイント換算して先に目標ポイントに到達した方が勝ちw
 
 これだけだと、腕自慢を集めて来れば、簡単にクリア出来そうなものデシが、マップ内にいるモンスタが、釣り上げた魚を食べようと、虎視眈々と狙ってまして……w
 魚をまとめて渡そうと釣り続けていると、不意に側に寄ってきてパクッッと……w 蹴散らそうにも、こちらからは手も足も出せないの……魚は差し出せても……w
 
 てな感じの説明をLSの人がして、魚釣りのコツをボクが説明して……モンスタと大型魚の見分け方とか……いよいよ突入♪
 1回目は慣れない事もあり、モンスタに結構横取りされたりして、僅差で負けてしまい……悔しさに眠気も飛んで行っちゃって、再戦w
 
 今度は要領もバッチリ判ってるので、みんな迷う事無く釣り場に散り、10分足らずで完勝♪ 勝利の後は3人のNPCから1人選んで、御褒美を釣り上げてもらいますw
 この日釣り上げてくれた宝箱に入ってたのは……煌魚×1、サンドフィッシュ×2……調理せよ……と?w
 
 その時は、『タコスを作れと……?』と、つい口走ってしまいましたが、サンドフィッシュはペスカトーレ用デシた……ここに謹んで訂正させてちょ?w
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月14日 (土)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-08

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
「いきなりで悪いんだけど、あや音のお父さんに連絡してもらえないかな? 宿の手配や道案内の相談に乗ってもらいたいんだ。」
「はいっっっ!」
 あや音は興奮を抑えきれず、嬉しそうに電話を受け取ると、頬を紅潮させながら一気に番号を打ち込んだ。
「……もしもし、あたし…あや音…………。」
 幸せそうに話し込んでいたあや音は、やがて携帯を沢村に返し、
「……お父さんが……お礼を言いたいからって……。」

 
 
「……分かったかな? それと、用意する物は……後で先生がファックスを流します。忘れ物をしないように……午後九時にこの神社に集合です、保護者の方と一緒に来て下さい……。」
 沢村は一通りの説明を終え、この場は解散となった。
「一姫、学校の友達と一緒に行けるようになって良かったな。どうやら私の出番は無さそうだ……今回はここに残って御両親の容態を見ているよ。」
「……はい…………それじゃ、父様と母様の事、よろしくお願いします……。」
 一姫は少し残念そうに、来門に頭を下げた。
「……珠さん……いや、来門さん、出来れば貴女(あなた)にも協力して頂きたいのですが……?」
 緊張からか照れからか、頬を赤らめながら、沢村は来門の手を握り締めた。
「……いえいえ、私は部外者ですし……。」
 来門は驚いたように沢村の手を振り解いた(ほどいた)。
 帰りかけていた子供達は足を止め、『やれやれ……』と言う表情で、事の成り行きを見守っていた……。
「実はその……他の先生方にもお願いしたのですが、スケジュールの調整が付かず……何しろ急に決まったもので……。」
「……そう言われましても……私は教員免許を持ってませんし……お役に立てるとは…………。」
「なんじゃ? お主(タマ)は行かんのかぇ? ま、それも良かろう、後はワシに任せて……。」
「何で爺さんが行くんだ? 爺さんだって部外者だろうにっっっsign02
「えぇ、成前様は別に来て頂かなくても……。」
「何でワシだけ除け者にする? ワシだってフェリーとやらに乗りたいわぇ! そもそも、ワシが行かずして、誰が薬婆ぁの所まで案内出来るのじゃ?」
 呆れ顔の来門と迷惑顔の沢村を前にして、必死で自己アピールする成前……神様なのに…………。
 
「判りました……私も同行します、先生。この爺さんを野放しには出来ませんから。」
「……ちっっっっっっ…………。」
「いやぁ、ありがとうございます! 子供達も貴女には随分懐いていますから、私も心強い。何より、貴女のような美しい人とご一緒出来て……。」
「……何をムキになって告白しておるのじゃ……発情期かぇ?」
「えっとね……ほら、ここに……『再婚願望大あり』って……。」
「どれどれ……ほうほう、なるほどのぉ……じゃが、ここには『オッパイ星人』とも書いてあるが……タマで良いのかぇ? 余程『大あり』」なんじゃな……。」
 子供達は一斉に頷いた。
 ただ、成前が言い終える前に、来門から『お前を倒せと轟き(とどろき)叫ぶっっsign03』ような鉄拳が、成前の顔面深くメリ込んだ……。
 悲鳴を上げる間も無く、白目を剥いて倒れる成前……ピクピク痙攣し、口からはぷくぷく泡も……。
 時を同じくして、山向こうの町を震源地として、震度二弱の地震が観測された……。
 
 それから来門は、子供達を焼き焦がすような視線で睨め(ねめ)付けながら、
「あんまり人が気にしてる事を……あ、いや、私は違うよ。私は違うが、それをからかうのは感心出来ないなっっ。」
「……あの……あのね……たぶん、みんなは……先生が『結婚願望大あり』なのに頷いたんだと思うの……それに、お姉さんのキレイなオッパイを、先生は好きになったのかな……って…………。」
 シンと静まり返る中、一姫が恐る恐る口を開いた……他の子供達も、口裏を合わせるように、ブンブン首を縦に振っている……。
「……あ……あぁ……そうか、そうだったのか……オッパイ星人と言うから、てっきり……ん? 一姫はどこで見たんだ? 私の……その……。」
「はい、病院で。看護婦さんと一緒にお姉さんの体を拭いてた時に……。」
「……あぁ、なるほど…………。」
 来門の全身から、殺気漲る(みなぎる)怒気がプシューッと抜け、憤怒のハイパーモードが解けた。
「……あの…………先生の体面……って言うか、立場はどうなるんだろ……?」
 海戸はスッと沢村に歩み寄り、彼の肩を抱くようにポン……と叩いた……。
 
 
「……では私は子供達を送りがてら、家族の方にも事情を説明して回りますので……。」
 沢村は何もかも吹っ切るように、やけに明るく、子供達と共に社務所を後にした。
「一姫、先生も出来る限り協力するからね。頑張って御両親を元の姿に戻そう、な?」
「はい!」
 一姫の頭を撫で、足早に去って行く沢村を見送りながら、
「何とも清々しい奴じゃ……オッパイ星人のくせに、見所があるわぇ……。」
 いつの間に復活したのか、成前が来門の隣りに立ち、そう呟いた。
「まぁ……なぁ……オッパイ星人にしては、人を見る目はありそうだ……。」
 満更でも無さそうな穏やかな視線で、来門は沢村の後ろ姿を追っていた。
「はい、沢村先生は優しいし、楽しくて大好きな先生です、オッパイ星人でも。」
 巨乳星・美乳星は別にして、いつの間にか、地球人扱いされなくなった沢村だった。
 
 
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月13日 (金)

『コッコちゃんと碧い石』行って来た♪

 ばんは~~急性ニコ動中毒ちゅw のちゃびデシw と言っても、主に見ているのは「FF11」関連なのデシがw
 無駄に長くプレイしてきた……失敬なっっっ!……だけあって色々思い出す事も多く、秋の夜長、感慨深く見られる物に出会えると、嬉しい気分になりますなw
 
 ただ、そうやって見ていますと、動画を作っている人達と、見てコメントを垂れ流す奴等との間の、絶望的なレベル差が目に付きます……いあ、鼻に付くと行った方が良いかw
 何でもかんでも、『w』を並べ立てたら良いってもんぢゃ無かろうに……。それすら気付けない程の馬鹿さ加減に、哀れみを通り越して恐怖すら感じる始末。
 
 
 
 
もう少し、日本語を勉強しようよ……表現力とかさぁ……。
 
 
 
 
 さて、『相棒』を見終わった水曜午後10時。普段ならチョチョッとネットサーフィンして寝るのデシが、前の日見たニコ動に触発され、クエをこなす事にw
 と、その前に一言だけ言っておくと、動画はコメントを消した状態で見て下さい。例によって無責任な憶測が氾濫し、見苦しいだけ……実際クエをやってみると判りますが……。
 
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm6939439
 
 もしくは、<a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm7423624">【ニコニコ動画】FF11 われわれのうた その3</a>
 
 
 
これの2曲目の方w 1曲目とのギャップにご注意をw
 
 
 
 て事で、この動画を見て是非、会ってこよう……と思い立ち、はるばる行って来ました過去ウイン……えぇ、今は過去サンド所属なので、結構遠いのw
 まず、火曜ナイズルで訪れていた白門から、召喚士に着替えてサンドに飛び、そこから徒歩で東ロンフォを抜け、過去サンドに飛びまして……。
 
 シギルをもらって、カンパニエの人に西サルタバルタに飛ばしてもらい……偶然始まっていたカンパニエバトルに、行きがけの駄賃…とばかり顔を出し……2回程倒されw
 終了後、ユニオンのロットでレリック貨幣をゲット♪ 上機嫌でそのままサンドに戻りそうになり……危ういところで目的を思い出し、徒歩で過去ウイン到着w
 
Photo  過去ウイン、水の区の南にいるコッコちゃんと言う子ミスラのお願いで、ブンカールに碧い石を取りに行く事になりました。
 ヴァナ時間の夜中に行ったので、道中にオバケが湧いてたので、スニして回避。オバケだけなら戦っても良いのだけれど、すぐ側に雷エレが2匹いたのでね……戦闘回避w
 
 ヒヤッとしたのはそこだけで、捜し物もすぐに見付かり、ブンカールのカンパニエ係に過去サンドに飛ばしてもらい、また西サルタ経由で過去ウインにw
 コッコちゃんに石を渡し、ヴァナ時間で翌日……になるまで、約1時間程カンパニエバトルで時間を潰し……もう一度コッコちゃんに会ってクエスト終了♪
 
 
 それから、今日はもう一つ、お勧めしておくw ちなみに、こっちもコメント隠して見た方が断然良いデシ。
 
 <a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm2817697">【ニコニコ動画】【鏡音リン】ココロ × FFXI【からくり士】</a>
 
 これを見て、からくり士が無性にやりたくなってきましたw 我ながら、実に単純な思考回路してるなぁ……と、ちょっぴり反省w
 でも、順番で行ったら、戦士、ケモリンの後になるからなぁ……w ま、この動画を毎日見ていれば、少なくとも、ケモリンより先にレベル上げしそうデシがw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月12日 (木)

神獣の加護……カー君大食いに…それは仕様?

 ばんは~~ちゃびデシw 10日にバージョンアップが行われまして、召喚士に新たなアビリティ「神獣の加護」が追加されました。
 それは、このアビを使って召喚獣を出しっ放しにしておくと、戦闘力が下がるものの、召喚獣に応じた効果がPTメンバーに得られる……と言うものデシ。
 
 例えば、カー君なら「リジェネ」が付加されます……最大+12だとか♪ 「最大」というのは、召喚獣を出している時間に応じて段々増えていくのデシ。
 ただ、召喚獣を帰還させると共に効果は切れ、また、別の召喚獣を出すと別の効果が付けられます。
 
 なお、どんな効果が付いてるかは、アイコンを見れば一目瞭然w 召喚獣毎にアイコンも違う……と言う、無駄に手の込んだ仕様w でも、嬉しいw
 しかも、加護を受けてる間、召喚獣の維持費が軽減される……と言うのデシから、これまでみたいにカー君一辺倒にならずに済み、願ったり適ったりw
 
 
 
 
の筈だったのデシが…………。
 
 
 
 
 それはカー君を連れて、いつものように過去サンドを走っていたときの事。どこか、何かがいつもと違う事に気付いたボクが、その原因を探っていたら……。
 MPが徐々に減ってきていたの……カー君なのに……陰陽師浄衣なのに……カーバンクルミトンなのに……光杖HQなのに……勿論、ボク召喚士なのに…………。
 
 この装備だと、MPが増える事はあっても、減る事は無い筈なのに……バージョンアップ前は、3秒毎にMP+1だったのに……。
 ちなみに、召喚士+陰陽師浄衣でリフレシュ+2、カー君ミトンでカー君の維持費半減、光杖HQでカー君の維持費-2……と言う内訳デシ。
 
 て事は……「神獣の加護」が追加されて、3秒毎にMP2減ってるから……カー君の維持費が一気に…………幾ら増えたの?w 3?
 これぢゃ、おちおち海蛇の岩窟で釣りも出来ないょ……。これまではカー君を横に待たせておいて、モンスターも魚も見境無しに釣っていられたのデシが……。
 
 
 
これって不具合? それとも仕様?
 
 
 
 11日に、早くも緊急メンテが入るので、それで元に戻る事を期待してますが……どうなりますやら……。
 こんなブルーな気分になる最中(さなか)、この日の過去サンドには、これまでで最高のデアボロが降臨してましたw
 
 ちなみに、デアボロの加護は「リフレシュ」。MP回復量が最大になると、カー君と維持費が同じになってましたw
 
 
 追伸、カー君維持費の一件は『カーバンクルミトンの不具合』と言う事で、メンテで修正され、無事に解決しました♪
 これで心おきなく魚釣りを楽しめます…………って、そっちかょ……w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

今頃になってハマッてみた……てか?w

 ばんは~~ちゃびデシw 省エネとハイパフォーマンスを両立させた新型Radeonが欲しい今日この頃なちゃびデシw
 ちゃびさん的希望1位指名はHD5770デシ。ホントは上位の5850が良いのデシが1万円以上高いので……手が出しにくい…てか、5770も出せない状況なのデシがw
 
 フラグシップの5870は……プレゼントしてくれるなら、そりゃあもう、大喜びしていただきますが……買うのは……w
 確かに性能はずば抜けてますが、価格も、消費電力もずば抜けてるのでw もっとも、高負荷かけると言っても、今のトコFF11ぐらいしか……なので宝の持ち腐れかとw
 
 
 ところが、そんな現状を打ち破りかねない予感が……w 遅ればせながら、ニコニコ動画に目が離せなくなりまして……w
 FF11のキャラが、これでもかっっっ! と言わんばかりに踊ってるのを見まして……すっかりハマッてしまってると言うか……。
 
 ま、阪神ファンのボク的には痛し痒しなのデシけどねw 「LOVE&JOY」に乗せて、タルタル達が生き生きと踊ってるのデシょw
 ま、百聞は一見にしかず……なので、お気に入りのを幾つか紹介しておきます。FF11の経験者はかなりハマると思うのデシけど……。
 
 <a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm8555454">【ニコニコ動画】【FF11】シャントット卿+αでLOVE&JOY【MMD】</a>
 
 <a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm8636646">【ニコニコ動画】【FF11】博士2人とやらないか?【MMD】</a>
 
 んで、これはウインミッソンをコンプした人には、涙がちょちょ切れる(死語?w)動画かもしれませんょw サンドタルでもジ~~ンと来ましたw
 
 <a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm8683104">【ニコニコ動画】【FF11】星の神子で星間飛行【MMD】</a>
 
 んでこっちの2題は、アトルガンミッソンをクリアしてから見た方が、ある意味感動が大きい……てか、ミッソンのネタバレしてるやつw に、繋がる連続物w
 ボク的にはアフマウの見方が変わった……てか、そのアイデアに脱帽した力作w ちなみに、アフマウが見ているダンスも、実際に投稿されてるものデシw
 
 <a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/nm8214228">【ニコニコ動画】【FF11】五蛇将の踊りを見て暴走するアフマウ【MAD】</a>
 
 <a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/nm7716134">【ニコニコ動画】【FF11】リリ&ブリの踊りを見て落胆しているアフマウ【MAD】</a>
 
 ところで……ボク的には、動画は面白いのだけど、全般的に画面に差し込まれるコメントが……無知で無教養な物が多く、見苦しいと言うか、本当に邪魔デシた。
 中には……100に1つくらいは、的を射た面白いのもあるのだけれど、殆ど見るに堪えないゴミ……画像を蝕むノイズ……と言った印象デシ。
 
 ボクに編集させてもらえば、もっと見やすく、面白く構成してあげるのに……と思いつつ、コメント非表示で楽しんでますw
 この機能がなかったら、ここまでハマらなかったかもw 次から次に垂れ流されるゴミに、ボクと同様の不快感を覚えたら、是非、コメントをカットしてご試聴下さいw
 
 さて、話を戻しますが……動画を見ているうちに、自分でもやってみたくなりましてね……えぇ、ボクも画面狭しと踊ってみたいな……とw
 そうなると、現状のPCでは、性能的に少し厳しい気がして……自作病、再発w ま、その前に、動かすためのソフトを手に入れなければ……と思ってますが…………。
 
 
 
 
ドコの何て言うソフトを使えば……?
 
 
 
 
 恐らく、元になる動きを取り込んで、それを動かしたいキャラに貼り付けて……とかになるのデシょ?
 全然分かんないので、一から調べねば……どなたか、お勧めのソフトがあれば教えて下さい……ド素人が使えるモノ限定でw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月10日 (火)

へたれ詩人とスキル上げw

 ばんは~~ちゃびデシw 一応の終息を見たFFトラブル。実際の所はどうかな……と、カンパニエに行く準備をしていた日曜日、過去サンド地方は平穏で……w
 ブラブラ待つのも何だかなぁ……と思ってましたら、LSの人で56の詩人さんがソロでレベル上げをしてまして……格好の生け贄……もとい、実験台……ぢゃなく……まぁ、そんな感じw
 
 56ならレベルシンクしても、まだ斧の戦闘スキルが上がったな……と、皮算用して『スキル上げしても良いなら』と、声をかけたら、二つ返事でOKしてくれまして……。
 
 
 
 
しめしめ、引っ掛かりやがったナ……とw
 
 
 
 
 で、戦士に着替えてアルテパに飛び、FOVを受けてレベラゲ開始。最初はFOV2ページ目のキリンとアリ退治デシ。
 回復の補助に……とフェローさんを呼び出したかったのデシが、レベルシンクしてると来てくれないのね? 初めて知りましたw
 
 それでも、敵はボクから見て「楽--」ばかりだったので、危なげなく倒せました。なので、そうなると……つい、調子に乗りたくなるのは世の習い……w
 FOV2回目が終わった後だったかな……時間が余ったので、近場の少し強いアリを叩こう……と言う事になり、流砂洞の入口に屯(たむろ)するアリの品定めをしていたら……。
 
 
 
 
向こうから指名が掛かりまして……それも同時に2匹w
 
 
 
 
えぇ、俗に言う『リンク』デシね……w
 
 
 
 
 ガチンコ勝負なら、何とか勝つ自信はありますが、2対1では残念ながら…………タルのHPが恨めしい……w
 ボクが倒され、タゲが詩人さんに向き、詩人さんは袋叩きされながら、HPが100切ってリレイズ唱えるも、間に合う筈も無く全滅……w
 
 リレ覚えたての白さんがよくやるのデシょw 使えるの忘れてて、PT全滅のギリギリになって思い出し、慌てて唱えるんだけど間に合わず……ってw
 それを久々に目の前で見せられ、微かにプリケツが揺れたのは……ボクの気のせい?w で、一旦本拠地に戻ろうか……と話してたら、通りすがりの人がレイズしてくれて、ありがたく仕切り直し♪
 
 それから、もう一度FOV受けにラバオに戻ろうとしたら、LSの人から『赤で混ぜて?』と連絡があり、喜んで来てもらい……FOVも少し難しい3ページ目に挑戦w
 これはカブト10匹にサボテンダー1匹……サボテンの『針千本』は怖いけど、3人で割ればダメは333……詠唱長いしダイジョブだろう……なんて感じでw
 
 で、いざ3人で始めてみますと……殲滅速度の速い事w 5分と経たずクリアしちゃいまして次に受けられるのはヴァナ時間で翌日(=リアル約1時間後)w
 時間有るし、3人いるし……て事で、懲りもせず、また強いアリにちょっかい出す御陽気な人達w 今度はしくじるまいと、慎重に釣り……w
 
 1匹、2匹と順調に倒せ、2チェーンまで伸ばせたところで、詩人さんが釣り損ね3匹の大漁…………で、修羅場モード発動w
 赤と詩人が必死で寝かせるのデシが、「強」クラスのためレジられてばかり……それでも何とか1匹目を撃破し、2匹目も残り3割くらいまで削ったところで、ボク昇天w
 
 盾兼アタッカーがいなくなったPTは脆くも崩れ、次に赤、最後に無駄にHPが多い詩人さんが撃沈……で、修羅場モード終了w
 その後、衰弱が治ってFOVを受け直し、経験値ロスト分を取り戻したところでPT終了。久々に出入りの激しいPTデシたw
 
 お陰様でスキルも上がりましたし……射撃スキルが6か7w……両手斧は、2回の修羅場で1上がったのかな…………?w
 そうそう、肝心のトラブルは1度も起きませんデシた♪ ただ、たまに回線切れしそうになってましたが……それは仕様なのでw
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月 9日 (月)

FF不調……原因不明……おそらくコレ。

 ばんは~~ちゃびデシw 先週の火曜日、何事もなくナイズルを終え、『相棒』が偶々(たまたま)無かった水曜日、FFにインしましたらBGMが針飛び状態……。
 あれ…何か変わった事したっけ?……と、軽い気持ちで考えてましたら、いきなりシャットダウンを喰らいまして……。
 
 訳分かんない内に再起動したのデシが、それから5分と経たず再びシャットダウン……以前、メモリに不具合が出た時も似たような症状になったのデシが、今回はどうも……。
 あの時はメモリに負荷が掛かった時にフリーズしたのデシが、今回は何もしなくてもブルー画面になって強制終了&再起動デシから……。
 
 火曜日、FFを終えた後はすぐに寝ましたので、原因は水曜日に取った行動にあり……と、思い返しても、特に変わった事した覚えないし……。
 強いて挙げれば……セキュリティソフトのコントロールパネルがWindows7に対応するようにバージョンアップしただけ……。
 
 
 
 
でも、XP使用中のボクには、今のトコ関係も影響もない気がするのデシが……。
 
 
 
 
 せっかく真面目にレベラゲする気になったのに、こんな事で水を差されようとは……ま、毎度の事と言えば、毎度の事なのデシがw
 一応「コントロールパネル」から「プログラム削除」に行き、水曜日にインストールしたと思われるソフトを2つ消しました。
 
 どれも大勢(たいせい)に影響するとは思えないようなヤツなのデシけど、ま、やるだけはしましたょ……的な気持ちだけw
 んで、更に念を入れ、セキュリティのコンパネもダウンデート……は出来ないので、一旦削除して、旧バージョンを再インストール。
 
 そして、ワクワクドキドキしながらFFにインすれば……相変わらず、音飛びは止まらず…………。
 それでも懲りずに出掛けた土曜日ナイズルも、ボクの進行をお願いした時、フリーズ&再起動……何とか制限時間内に復帰したものの失敗……。
 
 その後、しばらくは何とかプレイ出来たものの、終了間近のお宝鑑定時にフリーズ……そのまま不貞寝してやろうか……と思いつつ、復帰してお別れの挨拶……えぇ、ボク個人の問題デシから。
 それから更にアレコレ探った結果、サウンドカードの再生モードに問題があったのかも……と言う結論に辿り着き……。
 
 音飛びするんだから、真っ先に疑えょ……なんて言わないでw それほど短絡的な問題ではないので……色々柵(しがらみ)があるのだ、PCソフト内にはw
 で、そこをいぢくった結果、音飛びは直った模様♪ 後はフリーズするかどうかなのデシが……それはこれからカンパニエでw
 


 

| | コメント (0)

2009年11月 8日 (日)

火曜日恒例、ナイズルは……w

 ばんは~~ちゃびデシw ここ最近チラ見して下さってるみなさんは、急に写真が減ってしまった事に『?』を浮かべていたり?
 えぇ、プラモ作りシリーズが特殊なだけで、普段はそれ程写真はありません……文字ばっかりなのデシ、ボクのブログは……。
 
 いあ、載せたいとは思うのデシょ、特にFFで活躍しているボクの姿は、動画でお届けしたいくらい自意識過剰状態なのデシがw
 ただ、いざ戦闘が始まると、一気に精神的に追い詰められ、画面では無表情で戦ってるのデシが……あっぷあっぷしてるのでね、実はw
 
 
 さて、火曜日恒例のナイズルは、クフィムでブラックソール釣りに勤しんでる時にお声が掛かりましてw
 二つ返事でサンドに戻り、召喚士から青魔道士にジョブ替えして、白門に飛んだのデシが……固定メンバーの一人が欠席で、急遽、白に着替え直しw
 
 祝日のせいか、珍しく簡単に6人揃ったのデシけどねぇ……まぁ、ボク的には青でも白でも関係も拘り(こだわり)もなく活躍しますので、全然OKw
 なので、ジョブ替えで謝られたりすると、逆に恐縮しちゃうのデシけどねw 『青でナイズルをクリアしたい!』なんて、ハードル上げる気は更々無いのでw
 
 勝つために手段を選んでいたら、絶対勝てませんて…………スクエニにはw えぇ、モンスタに勝つ前に、仕様に勝たなくてはならないので、選んでられませんw
 で、その日の構成は結局……侍、モンク、青、シーフ、赤、白(ボク)……短期決戦には理想的な構成♪
 
 
 
 
もちろん、3戦3勝♪ 内容的には2勝1敗かな……装備が……。
 
 
 
 
 ボクはチケットが3枚しかなかったので……それと翌朝が早い侍さんが抜け、他の人達はメンバーを追加してラスト1戦を戦った模様w
 えぇ、極悪腹黒タルなので、結果が出るまで待っている筈も無く、早々にログアウトして布団に潜り込みましたさぁw
 
 
 ところで……戦闘内容を大文字1行で誤魔化してるのは、相当あっぷあっぷしてたからだな……と邪推してるアナタ……………………良い勘してますw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月 7日 (土)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-07

              *** はじめに ***
 

 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
「どうした、あや音? おトイ……。」
「違います! 先生、あたし……あたし、岩鬼山の場所を知ってるかも……。」
 全員の視線があや音に集中した。
 いきなり注目の的になり、あや音は次の言葉を飲み込んだまま俯いてしまった。
 沢村は『大丈夫だよ。』と、そんなあや音の肩をポンと叩き、
「先生に教えてくれるかな、あや音の知ってる事を……?」
「……はい……岩鬼山の近くにね、パパとお姉ちゃんが住んでるの……。」

 
 
 あや音の話によると、彼女の父は離婚後、病気がちな彼女の姉を伴い、空気の良い東北地方に移り住んでいた。
 そこは彼女の父の生まれ故郷で、岩鬼山(いわきやま)の麓に広がる微笑平(ほほえみだいら)という場所だった。
 沢村が地図を持ち出して確認してみると、そこから目的地の殿馬峠までは、国道伝いの一本道で行けそうだった。
「ありがとう、一姫のために思い出してくれて。後は私に任せてもらえるかな……薬が足りない原因を作ったのは私だから……。」
……あたしも行きたい……。
 一姫が伏し目がちに、絞り出すような小さな声で呟いた……居ても立っても居られないのだろう……。
「……気持ちは判るよ、一姫。だけどね、私一人で動いた方が……その……仕事が速いと言うか……。」
「あたしも行きたい……ですsign01
 今度はハッキリそう言った。
 来門を縋るように見詰める一姫の瞳には、強い決意が溢れていた。
 
「……判ったよ、一姫。私と一緒に行こう。」
「ありがとう! お姉さん!」
 一姫の顔が、帰宅後初めて明るくなった。
「じゃあ、オレも連れてってね。」
「ぼくも行こうかな。」
「……何でそうなる……?」
 子供達が急に騒ぎ始めた……。
「こらこら、お前達、遊びに行く訳じゃないんだぞ。学校だってあるんだからな。」
 沢村が子供達を見回しながら、少し強い口調でそう諭した(さとした)。
「何でヒメなら良くて、オレ達はダメなの?」
「せっかく本物の竜神様に会えると思ったのに……。」
「……ワシとて本物じゃぞ…………。」
「だって、成前様はスケスケだし……。」
「貧乏クサそうだし……。」
「何となく、ありがた味無さげ~。」
「クックック、子供は正直だなぁ、こうまでハッキリものを言うと、清々(すがすが)しささえ感じるな。」
「…………おのれ…いつか必ずバチを当ててやる…………。」
「はいはい、無駄なおしゃべりは止めましょう……。」
 ブツブツ文句を言ってた子供達は、沢村の毅然とした態度に大人しくなった。
 ダメ元で騒いだ感もあり、諦めるのも早かったようだ。
 だが、そんな子供達の中で一人だけ……あや音だけは、酷く(ひどく)落ち込んでいた。
 両親が離婚して以来、父親と会う機会はおろか、話すのも母に隠れてコッソリ電話する程度だったからだ。
 それが、もう後少しで堂々と会いに行けそうだったので、落胆するのも無理は無かった。
 あや音の様子を見て、彼女の家庭事情を察した沢村は、しばらく考え込んだ後、携帯を取り出して誰かと話し始めた。
 
 
「よし、それじゃ、こうしよう……。」
 沢村は今夜から三泊四日の予定で、微笑平まで林間学校に出掛ける事になった……と、子供達に話した。
 本来なら九月に行く予定だったのだが、沢村は校長に掛け合って、前倒しで行けるように頼み込んだのだ。
「……マイクロバスは先生が手配します。それで夜行フェリーに乗り…………。」
 沢村が話し終えると、子供達から歓声が上がった。
 そして沢村は、あや音に自分の携帯を渡し、
「いきなりで悪いんだけど、あや音のお父さんに連絡してもらえないかな? 宿の手配や道案内の相談に乗ってもらいたいんだ。」
「はいっっっ!」
 あや音は興奮を抑えきれず、嬉しそうに電話を受け取ると、頬を紅潮させながら一気に番号を打ち込んだ。
「……もしもし、あたし…あや音…………。」
 幸せそうに話し込んでいたあや音は、やがて携帯を沢村に返し、
「……お父さんが……お礼を言いたいからって……。」
 
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

真夜中の臨時リンバスw

 ばんは~~ちゃびデシw さてさて、@300でPTを終えたのは、食料調達の必要性に迫られていたからでw 次の日は誘われ待ちながら魚釣りしましたw
 カレーパン・イエローは攻撃力重視、お寿司は命中率重視……中でもソールスシは攻撃力も少し上がるので、ブラックソールを釣ってました。
 
 でも、いくら待っても誘われず、釣果も中々上がらず……飽きちゃったのでw……今度は聖地ジ・タでカレーパン・イエローの材料、クァールの肉をゲットする事に。
 えぇ、FOVでクァールを狩れば、肉も経験値も同時に稼げるので、それで、前日は無理強いしなかったって訳デシw
 
 
 ところで現在FFでは、レッドグリーンイエローブラックの4種類のカレーパンがあります。えぇ、それぞれの色に応じて攻撃力アップや防御力アップするのデシ♪
 ま、この配色にピンと来た人も多いかと思いますが……これにピンクブルーのカレーパンが加わったら戦隊物だな……なんてw
 
 
 
 
ただ、そんな色のカレーは…………ボク的に無理w 
 
 
 
 
 どんなに良い匂いしてて、実際美味しくとも、青色のカレーは……何か妙な薬が天こ盛りで入っていそうでw ピンク色のカレーは更にヤバめ……w
 そんなカレー喰わされるよりは、ここはジャッカー電撃隊方式で手を打つか……と、カレーパン・ホワイトの出現をコッソリ期待してますw
 
 
 さて、綺麗にまとまったところで……まとまったのかsign02……呼び出したフェローさんと共に、FOVを2回戦したくらいに、LSの人が深夜リンバスの募集をかけまして。
 時間は午後11時をかなり回った頃……何をとち狂ったか、気付けば参加表明してる中の人……よっぽど人恋しかったのかしら……?w
 
 で、結局この日は9人集まり、いざ…………ドコに行ったんだっけ? スコンと記憶から抜けておりますw ちなみにボクは召喚士で参加……覚えてるのはそれだけw
 突入前の説明で、2、4、6、7層はカー君ミサイル発射……所謂(いわゆる)召喚釣りだそうデシて、内心ドキドキw
 
 居並ぶモンスタから、カー君をぶつける名前を教わり、ギリギリまで近付いてカー君ミサイル発射……これが上手く行ったり行かなかったり、らぢばんだり。
 ただ、ボクの意志で引き戻すより、カー君が倒れるまで戦わせた方が、モンスタはリンクしなかったみたいデシ。
 
 途中、ボクがモンスタをロックオンする前に相手に気付かれ、かなり修羅場な展開になりましたが、なんとかクリア出来たみたいデシた……w
 ◎ 今日の教訓:中の人の活動限界は午前1時くらいっぽいw それ以降はネオチはしなくとも、かなり反応と記憶は…あやふやになる傾向アリw
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月 5日 (木)

タルタル戦士、目覚める……?w

 ばんは~~ちゃびデシw 60で小休止状態だった戦士の復活デシw AFが揃った事で妙に達成感が湧いちゃって、しばし放置してたデシがw
 この間、貴い犠牲を出して手に入れたアスカル装備が、眠っていたボクの戦士魂を揺り起こし……すぐに二度寝しそうデシが……w
 
 ま、プラモ作りも一段落した事だし、次の注文があるまで……あるのかっっ?!……気分転換がてらFFで遊ぼうかな……とw
 で、11月のある日、誘われるまで聖地ジ・タでFOVしてましたら……てか、1匹目倒したところでお声が掛かり♪
 
 56のレベルシンク。獲物はコリブリ……で、白門に飛び、チョコボに乗って集合場所へ。56だと片手斧は青キャップだろうから……と、武器は両手斧に決定♪
 この日のメンバー構成は、戦士(ボク)、侍、ナイト、狩人、詩人、赤……肉弾戦重視の構成デシw
 
 簡単な挨拶の後、レベラゲが始まったのデシが、サポ忍の侍が戦士顔負けのダブルアタック、トリプルアタックを連発……これがソボロ効果かぁ……と、少しジェラシーw
 ボクも負けじとダブルアタックを出しても、中々当たらず……特に、たまたま2連続でダブルアタック出して、それが全弾空振りだった時……。
 
 
 
 
悲鳴のような嗚咽のような声が画面の外から……w
 
 
 
 
 いあ、泣きたいのは前線で戦ってるボクなのデシけどね……気持ちは良く判ります……。1回の与ダメはボクの方が上なのデシけど……侍は60前後なのに対し、ボクは90~150くらい……当たらなきゃ……ねぇ?
 命中よりも攻撃力重視の食事を取ってたせいかなぁ……カレーパン・イエローを食べたら、与ダメが150~240くらいに上がってました……あくまでも当たれば…の話デシがw
 
 ま、あまり目立ってタゲを取ってしまうと、後衛さんが大変デシからね……そう言い訳して、地味に削ってましたさ……。
 メイン盾1人を回復するだけなら、それほど大変ぢゃないのデシけど……特にナイト盾は楽w……アタッカーにタゲが行くと、HPの減り方も半端ぢゃないので。
 
 アタッカーのタゲを取り戻そうと、メイン盾が頑張って……結果、2人同時に面倒見なきゃならず……そうなると、一気に忙しくなるの。
 FFでの生活の6割は白デシから、メインヒーラー役の赤さんの大変さは、手に取るように判ったりするw
 
 
 
 
それに、コリブリ戦で目立つと、食事効果消されちゃうしw 
 
 
 
 
 侍さんはムキになって食事を取り続けてましたが、ボクは無駄な事はしない主義でw それでも、1時間で4個くらい食べては消される……しましたがw
 食事を取った途端、タゲがボクに来るんだもん……で、ナイトさんがタゲを取り返す前に食事効果を消されちゃって……。
 
 結局、その日は大きなハプニングもなく、5チェの繰り返しで順調に経験値を稼げました♪ 久々の戦士でもボロを出さずに済みました……と思ってるのはボクだけ?w
 終わってみれば62まで後300w 普段のボクなら躊躇(ちゅうちょ)無くおねだりするのデシが、チョとした思惑もあり、黙ってお礼を言って解散しました。
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

タルでも出来るプラモ作り その9:修復、そして完成へ……

 ばんは~~ちゃびデシw 28日の夜、田宮からパーツ発送のメールが届きまして……追加費用は756円なり……。
 内訳は、パーツ代420円、代引き手数料315円、何かの手数料21円……ま、取り敢えず在庫があった事にホッとしてますw
 
 で、到着するまでボォ~~ッとしてるのも勿体ないデシから、痛々しいGT-Rからその元凶を取り外す事に……。
 塗料に浸食されて、恐らく強度が落ちてるボディーから、更に脆く(もろく)なったクリアパーツを外すのデシから、慎重に慎重に……。
 
P901 P902  塗料が癒着している表面はカッターで切り目を入れて……接着剤で止めてる裏側もカッターを差し込み、少しずつこじ開けるようにして外していきます。
 不幸中の幸いだったのは、接着部分が少なかった事。クリアパーツのため、接着剤のシミを極力抑えようとした設計の勝利デシかね?w
 
 それでも少なからぬ時間を費やして、何とか大事に至らず作業は終了。ボディーに付いた塗料の残りかすは、クラフトナイフで丁寧且つ慎重に削り落としました。
 そうそう、フロントガラスにくっついてたワイパーも、クラフトナイフを差し込んで、塗料を切るイメージで刃を進め、外しておきました。
 
P920  それから、ふと思い立ったので、届いたクリアパーツを使った、オーソドックスなマスキングをしようと思います。
 これまでの説明でも判ってもらえてる自信はある……ような無いようなw ま、百聞は一見にしかず的に目で作業の流れを追えるようにしてある……ような無いようなw
 
 
 
 
最終回だし、サービス、サービスw
 
 
 
 
P910  GT-Rのフロントガラスは、裏から黒い縁取りをしてるのね。他の部分を汚さないために、まず縦にマスキングテープを4本貼ります。
 テープの縁の直線部分を活かすように、パーツに刻まれた線に沿わせ、シワ、弛み(たるみ)には十分注意して貼って下さい。
 
P911  次に、四隅の曲線部分に沿うように、クラフトナイフで切っていきます。この時、あまり力を入れすぎるとパーツに傷が付きます。なお、線が見えにくかったら、テープの上でも、貼る前でも結構デシからマジックや鉛筆などで書き込みましょう。
 また、何度も躊躇い(ためらい)ながら刃を運ぶと、その僅かな隙間から塗料が滲む(にじむ)恐れがあります……ので、一筆書きの要領で、ゆっくり慎重に切っていって下さい。
 
P912  で、縦方向が出来たら、同じ要領で横方向にテープを貼ります……ぶっちゃけ、幅広のマスキングテープだと、縦だけで作業が済む事もあります……今回は微妙に……w
 なお、縦と横のテープが重なる所から、塗料が入り込んだりしますので、しっかり密着させて下さい。
 
P913  なお、筆塗りする時は、中が空いてても問題ありませんが、スプレーする場合は全部マスクして下さいね。
 前にも書きましたが、この枠さえしっかり作っておけば、後は簡単なのデシ♪ テープを貼っても良し、ラップでくるんでも良し……w
 
P914  ついでに表のワイパー部分もマスクして、フラットブラック塗って、クリア塗って……えぇ、セミグロスブラックもどきは、カルソニックの修理の時に使い切っちゃったのw
 も1度作るのも手間なんで、手を抜きます!w あ、ブラック塗って、ツヤ消しのクリア塗っても同じ効果が出るので結構デシょ?w
 
 
P9205 P921 P922  さて、予想外のハプニングのお陰で、想定外に長く続いちゃいましたが、『タルでも出来るプラモ作り』はこれにて終了デシ♪
 楽しんでもらえたら幸いなのデシけど……そして、自分でも作ってもらえたら、ボクの偉大さが判って、もっと嬉しいのデシけど……?w
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

タルでも出来るプラモ作り その8:直して? 直せる? 後編w

 ばんは~~ちゃびデシw え~~ここだけの話、これまでの時間的経過を暴露しますと、昨日のブログ:その7を書いた後(10/24)に、一昨日のブログ:番外編を書き(10/27)ました。
 僅かの間に、いつもの脳天気モードに戻ったと思われるのもアレなので……えぇ、えぇ。久々にタイムマシンで過去に遡りたくなったくらいデシからね、相当凹んでます……まだ。
 
 
 
 
で、結論から先に言いますと、クリアパーツだけ注文しました……。
 
 
 
 
 ネットから代引きで注文したので、+1000円程になりますかな……子供達は全て平等に取り扱うのがボクのポリシーなのデシが……やむを得ず……。
 ボクが勝手に企画して、勝手に盛り上がり……勝手に失敗した訳デシから……。甥っ子には何の落ち度も……てか、企画すら知らないのでね。
 
 ま、まだ田宮から連絡が無い(28日現在)ので……注文したばかりなので……、在庫が有るか無いか判らないのデシけど、届いたら修復します。
 そして、黙って渡し、驚かせてやりますヮ。経費はシャレになんない程掛かりましたが、ボク的に子供の無垢な驚き、笑顔はそれだけで最高の報酬なのデシ。
 
 
 
 
たぶん…………。
 
 
 
 
 てか、いつも母親に預けて渡してもらってるので……顔を出すと、『誕生日おめでとう、それじゃまた…。』と言う訳にも行かず……自宅に引き籠もってるのデシょw
 なので今回だけ直接会って渡すってのも、なんだか無粋に思えて……今回だけ土曜日に来てくれたら言い訳も面目も立つのデシけど…………。
 
 
 それはさておき、修理中のカルソニックGT-Rデシが、所々パーツが足りない模様……特に細かいパーツがw
 まさか、そんなパーツまでこちらで用意する訳もなく……見た目が無事っぽく仕上がれば、それでいいか…みたいなw
 
P705 P706 P707  その代わり……と言っては何デシが、デカール類は貼れるだけ貼ってやろう……と思ってます。えぇ、受けてやりますとも、挑戦をw
 幸い、箱には前後左右のイラストが描かれてたので、それを参考にして貼っていけば、それほどイメージが狂わないと思いまして。
 
 で、早速修復作業に取り掛かる……前に、色塗りw 正味、切って貼って組み立てただけなので、どこから見ても安っぽいのw
 せめて黒だけでも塗ってやれば、レーシングカーとして引き締まって見えるかな……と思いまして。…………丁度バラバラで塗りやすそうだしw
 
P801  まず、折れた後輪部分を入念に接着し、それを乾かしつつフロント部分の色塗り。運転席も少し色塗って終了。
 で、それらが乾くまでタイヤのマークを付けてやり、その日の作業は全て終了。次の日(つまり今日、28日)にはパーツを組み立て、デカール貼りへ。
 
 
 
 
このデカールが曲者デシた…………。
 
 
 
 
P802  同じメーカー製のものとは思えない程、薄くてもろいの……台紙から剥がすだけでピリッて裂けちゃうほど……もう、どうしてくれよう…………って感じ。
 ピンセットで摘んだら、摘んだトコだけ破れて付いてくるし、指や爪にくっ付いたら水に濡らしても取れずに破けるし……。
 
 
Tyabijiroのデカールスキルが0.2上がった!
 
 
P803  遠い記憶を繙け(ひもとけ)ば、そうそう、昔のプラモはこうだったなぁ……と、妙に郷愁を覚える今は秋…………w
 いあ、思い出に浸っていても、破れたデカールは戻らない訳でw そこはソレ、ミリ単位のデカールを散々貼らされたボクの事、ジグソーパズルよろしく、息を止めて……。
 
 
Tyabijiroのデカールスキルが0.2上がった!
 
 
P804 P805  吐く息の気流と体の微妙な揺れさえ悪く作用するので……パズルのピースが増えるのでw……集中力を極限まで高めての作業デシ。
 我ながら、何でこんな事にココまで神経を集中させねばならんのか、出来れば3日ほど問い詰めてやりたい気分デシょ……w
 
 
 Tyabijiroのデカールスキルが0.2上がった! Tyabijiroのデカールスキルは97になった!w
 
 
P810 P811 P812  いやぁ、プラモギルドで上級サポ付けた甲斐がありました♪ ……って、無いからw でも、まぁ、そんな事でも考えてないと、正気でいられませんw
 なんかね、落とし穴掘って、掘った場所も掘った事も忘れて落っこちて、穴の底から世間を恨む人の気持ちが判りかけてきました……w
 
P820 P821 P822 P823 P824  で、そんな艱難辛苦(かんなんしんく)を端折って……端折るなょ、をゐ!w……もういい加減、書く事に疲れたし飽きたので完成写真を見てちょw
 そうそう、無くしたパーツはそのままスルーで作業してたのデシが、流石に鏡が無いままドアミラーを付けるのも忍びなく……作っちゃいましたw
 
P813 P814 P815 まず、ゴミ箱から捨てたランナー(メッキ色)を復活w そこの番号が刻まれた板の部分を……と言っても、1センチ四方あるかないかw……使って、ミラーを作ります♪
 ランナーから慎重に平たい所を切り出し、サイズを合わせて切り出し、サイドミラーに填る(はまる)ように厚みを調節して出来上がり♪
 
P830  書くと4行足らず、写真も接写してるので大きく見えますが、作業は結構大変w 1/24のレーシングカーのサイドミラーデシから……w
 リアルサイズ、1.5ミリ×4ミリくらいかな? 指先的に、殆ど活動限界w 所々力業なのでピンセットを使う訳にも行きませんしねw
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

タルでも出来るプラモ作り♪ その7:直して? 直せる?

 ばんは~~ちゃびデシw もうレーシングカーはウンザリなちゃびデシw いあ、自分で選んで買ってきたのデシけどねw
 それを渡す前に、甥っ子から『この前作ってくれたプラモが壊れた……』と、母経由で連絡が入ったのは…………いつだっけ?w
 
 GT-Rに掛かりっきりだったのと、そのせいで『1台作るのも2台作るのも……』との気持ちから、『急げへんなら預かっても良ぇで……』と、安請け合いした中の人。
 どうせタイヤの一つでも外れたくらいだろう……と、高を括っていたのデシが、手元に届いたのは『お客さん、廃車にして新車買った方が安いょ……』的壊れ具合w
 
P701  フロント部分大破に加え、リヤタイヤが1ヶ損傷……特にタイヤは痛い壊れ方してて、元通りにくっ付くかどうかは微妙な感じ。
 まぁ、子供のする事だし、ボクは組み立てただけだし……しかも、やっつけ作業だしw……直せるだけ直すか……みたいな。
 
 
 
 
てか、ディスプレイモデルの筈なのに……走らせたのかっっ?w
 
 
 
 
 ううむ……見て、触って遊ぶのは想定の範囲内なのデシけど、そこいらのオモチャ同様の扱いで走らせたのか……親はどういう……ま、良いけどw
 甥っ子の父親はプラモに興味無いのかしら……? 男は老いも若きもプラモデルは大好きだろう……と言うのは、ボクの思い過ごし?
 
 去年、プラモを組み立てた時も思ったのデシが、作る気もない物を子供に買ってやるのは……何となく納得行かないのね……。
 ま、組み立て作業が好きなボク的には、願ったり適ったりな展開なのデシが、待たされる子供の気持ちを考えると、少々不憫。
 
 
 
 
プラモの箱を眺め続け、祖母ン家行きを指折り数えて待ってたとか……。
 
 
 
 
 そんな経緯もあり、今年はボクから贈ろうとして……激しく後悔したのデシがw……GT-Rを作ったのデシが。
 完璧に仕上がったGT-Rを甥っ子に見せて驚かす筈が、甥っ子から大破したGT-Rを見せられて驚かされようとは……子供って、色んな意味で凄いw
 
 
P702  さて、それで作業の進め方なのデシが……手元にある説明書は、必要な部分だけ破って入れたような、尻切れトンボ……なんちゃって宝の地図?w
 そのくせ、貼って欲しいと言わんばかりに、デカール類は完備してて……w ドコを見て…何を参考に貼れと言うの? ひょっとして、無言の挑戦状?w
 
 ま、挑戦状かどうかはさておき、与えられた時間も限られてる……言い出したのはボクデシがw……ので、早速作業を開始しましょう。
 まずはフロント部分。これは壊れた……と言うよりは、ぶつかった弾みで接着部分が外れた……な感じなので、サクッと修復。
 
P704 P706_2  で、次にリヤタイヤの修理。駆動部分だけに、下手に接着すると動かなくなるのは前回で経験済み……前回は塗装デシたがw
 なので慎重に作業を進めます。具体的には、折れた部分の接着と、その補強のために新たな部分の接着……こちらは設計図上ではフリー(お飾り)なので、問題無しw
 
 
 
 ええっと……予想以上にダラダラ書いてしまったので、後編に続く……w
 
 
 

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »