« タルでも出来るプラモ作り その8:直して? 直せる? 後編w | トップページ | タルタル戦士、目覚める……?w »

2009年11月 4日 (水)

タルでも出来るプラモ作り その9:修復、そして完成へ……

 ばんは~~ちゃびデシw 28日の夜、田宮からパーツ発送のメールが届きまして……追加費用は756円なり……。
 内訳は、パーツ代420円、代引き手数料315円、何かの手数料21円……ま、取り敢えず在庫があった事にホッとしてますw
 
 で、到着するまでボォ~~ッとしてるのも勿体ないデシから、痛々しいGT-Rからその元凶を取り外す事に……。
 塗料に浸食されて、恐らく強度が落ちてるボディーから、更に脆く(もろく)なったクリアパーツを外すのデシから、慎重に慎重に……。
 
P901 P902  塗料が癒着している表面はカッターで切り目を入れて……接着剤で止めてる裏側もカッターを差し込み、少しずつこじ開けるようにして外していきます。
 不幸中の幸いだったのは、接着部分が少なかった事。クリアパーツのため、接着剤のシミを極力抑えようとした設計の勝利デシかね?w
 
 それでも少なからぬ時間を費やして、何とか大事に至らず作業は終了。ボディーに付いた塗料の残りかすは、クラフトナイフで丁寧且つ慎重に削り落としました。
 そうそう、フロントガラスにくっついてたワイパーも、クラフトナイフを差し込んで、塗料を切るイメージで刃を進め、外しておきました。
 
P920  それから、ふと思い立ったので、届いたクリアパーツを使った、オーソドックスなマスキングをしようと思います。
 これまでの説明でも判ってもらえてる自信はある……ような無いようなw ま、百聞は一見にしかず的に目で作業の流れを追えるようにしてある……ような無いようなw
 
 
 
 
最終回だし、サービス、サービスw
 
 
 
 
P910  GT-Rのフロントガラスは、裏から黒い縁取りをしてるのね。他の部分を汚さないために、まず縦にマスキングテープを4本貼ります。
 テープの縁の直線部分を活かすように、パーツに刻まれた線に沿わせ、シワ、弛み(たるみ)には十分注意して貼って下さい。
 
P911  次に、四隅の曲線部分に沿うように、クラフトナイフで切っていきます。この時、あまり力を入れすぎるとパーツに傷が付きます。なお、線が見えにくかったら、テープの上でも、貼る前でも結構デシからマジックや鉛筆などで書き込みましょう。
 また、何度も躊躇い(ためらい)ながら刃を運ぶと、その僅かな隙間から塗料が滲む(にじむ)恐れがあります……ので、一筆書きの要領で、ゆっくり慎重に切っていって下さい。
 
P912  で、縦方向が出来たら、同じ要領で横方向にテープを貼ります……ぶっちゃけ、幅広のマスキングテープだと、縦だけで作業が済む事もあります……今回は微妙に……w
 なお、縦と横のテープが重なる所から、塗料が入り込んだりしますので、しっかり密着させて下さい。
 
P913  なお、筆塗りする時は、中が空いてても問題ありませんが、スプレーする場合は全部マスクして下さいね。
 前にも書きましたが、この枠さえしっかり作っておけば、後は簡単なのデシ♪ テープを貼っても良し、ラップでくるんでも良し……w
 
P914  ついでに表のワイパー部分もマスクして、フラットブラック塗って、クリア塗って……えぇ、セミグロスブラックもどきは、カルソニックの修理の時に使い切っちゃったのw
 も1度作るのも手間なんで、手を抜きます!w あ、ブラック塗って、ツヤ消しのクリア塗っても同じ効果が出るので結構デシょ?w
 
 
P9205 P921 P922  さて、予想外のハプニングのお陰で、想定外に長く続いちゃいましたが、『タルでも出来るプラモ作り』はこれにて終了デシ♪
 楽しんでもらえたら幸いなのデシけど……そして、自分でも作ってもらえたら、ボクの偉大さが判って、もっと嬉しいのデシけど……?w
 
 
 

|

« タルでも出来るプラモ作り その8:直して? 直せる? 後編w | トップページ | タルタル戦士、目覚める……?w »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タルでも出来るプラモ作り その8:直して? 直せる? 後編w | トップページ | タルタル戦士、目覚める……?w »