« 一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-09 | トップページ | 気付けば少尉殿w »

2009年11月22日 (日)

タルタル戦士、すくすくスク水……特に意味無しw

 ばんは~~ちゃびデシw この前、近所のスーパーに買い出しに行ったら、久々に“お爺さんのニオイ”を嗅ぎましたw
 整髪料なのか、コロンなのか……何か別のモノなのか判りませんが、中の人が子供の頃は、お爺さんと言えばこの香水だったような気がしますw
 
 
 さて、日々スクスク成長している……と自分では思ってる……戦士稼業。誘われ待ちしつつナジャ社長のトコに顔を出すと、いきなりイベントが始まり……昇級試験の始まりデシたw
 ここんトコ、LSの人に誘われ、火曜ナイズルの開催が危うい時は、参加者待ちを兼ねてアサルトに出掛けてたのが……それもボクの未クリアなのを中心にw……功を奏してた模様w
 
 アトルガン黄金貨を3枚もぼったくられ、少尉になるための試験が始まりました……てか、これからしばらく、ぼったくられ続ける模様w
 まだこれからアトルガン霊銀貨を6枚ほど貢ぎ、3回イベントをクリアして初めて少尉に昇進デシ。
 
 『ヤレヤレ……霊銀貨を用意するか……』と、皇国軍戦績をアトルガン貨幣に交換してくれるオジさんのトコに向かってると、PTのお誘いがかかり……♪
 試験は後回しにして、二つ返事でPTに参加するボクw この日の構成は忍者、戦士(ボク)、コルセア、踊り子、白、詩人……しかも、オール国産w
 
 で、準備出来次第、ワジャーム樹林のプークを叩きに行きまして……名前は可愛いけど、結構手強い小型の竜だったりします、プーク。
 プーク戦のキャンプ地と言えばココ……な、定番の通路に陣取り、狩りのスタート。この場所って、再ポップするプークが戦闘中の鼻の先に現れたりするのよねぇ……w
 
 ま、その時はその時、詩人さんかコルセアさんが寝かすデシょう……と、歴戦の勇者は歯牙にもかけず、余裕のよっちゃんで戦ってましたw
 でも、プークって“何とかウイング”って技で、派手に飛ばされちゃうのよね……だから、前衛陣は狭い通路の壁を背に戦ってたのデシが……。
 
 折悪しく、再ポップしたプークが後衛に絡み出し、それをボクが挑発して注意を逸らし、その間に寝かす戦法を取ろうとしたら、いきなり何とかウイング……。
 かなり派手に飛ばされた後衛さんが、全く別のプークの前まで行き、当然の如く絡まれ……修羅場タイム開始w
 
 2匹同時は想定内だったので、慌てる事無く、全員がプロフェッショナルな仕事をしていられたのデシが、3匹になると前衛は支えきれません。
 そう判断したリーダーが、躊躇無くレベルシンクを解除……59でシンクしてました……30秒耐えて元のレベルに戻り、70代の人が3人いたので何とか撃破。
 
 
 
 
でも、2チェーンで経験値40w
 
 
 
 
 あわや全滅……と言う展開だっただけに、贅沢っちゃぁ贅沢デシかな?w だからシンク再設定中のプチ反省会も、みんな表情は明るく……でも、無表情なのデシがw
 んで、終わってみれば、稼ぎは2万弱(皇帝の指輪×2回)♪ シンク有りと言う事で両手斧装備だったため、そっちのスキルも急上昇w 言う事無しのレベラゲデシた♪
 
 
 

|

« 一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-09 | トップページ | 気付けば少尉殿w »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファイナルファンタジーXI」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-09 | トップページ | 気付けば少尉殿w »