« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の記事

2009年12月31日 (木)

これにてお終い。

 ばんは~~ちゃびデシw 冬型の気圧配置……との事で、今日の神戸は寒風吹き荒んでました……体調管理には気を付けたいものデシ、お互いに。
 実家への道すがら、外見無視、機能重視で臨んだ対寒風戦用のマフラー武装も、大自然の脅威の前では為す術が無く……。
 
 実家に到着する頃……中の人の耳は、この世のモノとは思えぬほどの凍え方w せっかくのカシミヤ100%も、強風は素通りする模様w
 それでも、装備しないよりはマシ……と自分を慰め、両耳をマッサージしながら、ようやく人心地つきました。
 
 
 昨日は母の買い物に付き合った後、車を洗おうと思ったのデシが、買い物済んで帰ってきた頃、ポツポツ雨が降ってきまして……断念w
 今日はあまりにも寒いので……断念w 何か、この1年を象徴するかのような自堕落ぶりに、我ながら乾いた笑いが……w
 
 
 この1年、皆様におかれましては、いかがお過ごしデシたか? 楽しい思い出、嬉しい思い出、いっぱい出来ましたか?…………おぉ、それは何よりw
 ボク的には可もなく不可もなく……てか、鳴かず飛ばず…が最適な表現かとw いわゆる伏竜鳳雛モードなわけデシが……自分で言っちゃってますがw
 
 もう、いい加減、伏せってるのにも飽きたのデシがw コレばっかりは世間的な需要がない限り、お呼びが掛からないのでねぇ……。
 ただ、そんなボクのブログに懲りもせず、飽きもせず、こうして付き合って下さった皆様には感謝感激なのデシょ?
 
 ほぼ大多数の一見さん……『迷い込んだ被害者』とも言う?……と、極々少数の常連さん……『抜け出せない遭難者』とも言う?……のお蔭で、気付けば2万突破デシから♪
 この御恩は決して忘れません……えぇ、少なくとも今年中は。そして、いつか必ず、稀代の犯罪者という仇となり返す所存……ならないなれない、そんな度胸無いw
 
 
 
ちゅう事で、今年はコレにてお終い。来年もよろPくお願いいたしますぅ♪
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月30日 (水)

「容疑者Xの献身」を、テレビで見た。

 ばんは~~ちゃびデシw 『今、私は自由だ~~~~!』と、叫べる清々(すがすが)しさを味わうために、年賀状を書いてる気がする今日この頃w
 みなさんの進捗状況はどうデシか? もう投函を終えた人には祝福をw まだ奮闘中の人には…………や~~い、や~~い、藻掻け、焦れ!w
 
 あ~~~、すとしたw 一年の締めくくりの大仕事を終えた満足感と、優越感。家族写真を貼って終わり……な人や、市販品を右から左に使い回してる人には判るまいw
 あれ? 今ボク、作らなくても良い敵を作っちゃいました?w 失敬失敬、ついつい本音が……って、あらあら……w
 
 
 さて、昨夜は「容疑者Xの献身」を見ながら、年賀状のラストスパートをかけてたのデシが、中々良かったデシね、俳優さん達の頑張りは。
 ただ、それでもボクの評価は……映画を見に行かなくて良かったぁ♪ DVD買わなくて、ほんっっっっっと良かったw
 
 相変わらずの脚本と演出に、役者さん達が哀れでならない。殊に脚本家の絶望的なまでの読解力の無さには、心底呆れ返っちゃいます。
 ぶっちゃけ、ボクが脚本書いたら、日本の映画史に残る名作に仕上げられる自信あります……なぁに、実に簡単な事デシょ、原作に忠実に表現すれば良いだけだものw
 
 
 
 
てか、何? 雪山のシーン? いらんぞ、あんなの。
 
 
 
 
 そもそも、石神が得意なのは柔道で、湯川はバドミントン。どこをどう読んだら登山が出て来るんだか? この時点で、脚本家の知能指数の低さが露呈w
 「もう二度と山に登れない……」みたいな事を石神に言わせてるけど、そんな趣味があったら、石神に自殺願望は湧かない。 この時点で……以下略w
 
 
 
 
そんなコトする間に、湯川と石神の心理戦をもっと濃密に……
 
 
 
 
 今だからネタバレ的な説明入れても良いかな……? そもそも、この話の根底にあるのは石神の花岡親子に注がれた無償の愛。
 その切っ掛けは、数学者の夢を、家庭の事情で捨てざるを得なくなった石神が、生きる意味を見失い、自室で首を吊ろうとした時に、花岡親子が引っ越しの挨拶に来て、中断。
 
 その瞳の美しさに心を奪われ、それは数学と自分のスタンスを再認識する切っ掛けになり、生きる意味を見つけ出す。
 花岡親子にはそんなつもりはなくても、石神は一方的に「命の恩人」と感謝して、その恩返しのためには自分の全てを捧げる……そんな背景がありまして。
 
 映画の後半でも、その説明がチラリと出て来ますが……それなのに入れる登山シーン。支離滅裂とはこの事デシねw もはや自分が何を書いてるのか判ってないみたいw
 脚本家も演出家も、もっと原作を熟読すべきデシたね……ボクほどぢゃなくても良いから……ちなみに、ボクは片手では足りないくらい読み返してますゾw
 
 うん、百回には届いてないと思うけど、60~70回は読み返してるw ある意味病的なくらいw これだけ読み返しても、ラストシーンでは胸が締め付けられちゃうのね。
 映画で興味を持たれた人は、是非原作を読んで下さい。どれだけ原作が素晴らしいか良く判ります。逆に、原作しか読んでない人は……そのままでw
 
 
 
 
見ると、不愉快を通り越して不快な気分にw
 
 
 
 
 そういや、その前日にあった「ガリレオφ」。原作を読む前に見た時は、それなりに面白かったけど、原作を読んだ後では……。
 特に「操縦る(あやつる)」パートは、原作のが出色の出来デシ。「ガリレオの苦悩」の第2章にありますんで興味ある人は……てか、興味なくても読めw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月29日 (火)

年賀状狂詩曲……あるいは…………。

 ばんは~~ちゃびデシw 母の分とボクの分……正確には中の人の分デシがw……が、ようやく完成しました♪
 後は宛名を印刷して、お終い。昔に比べたら、格段に楽になったものデシねぇ……。一昔…いあ、二昔前までは、手書きで七転八倒してた気が汁w
 
 特に、この時期だけは京都の友人とは絶交したくなりましたょ……w 漢字まみれの住所なんて大っっっっ嫌いだ!
 ま、かなり見栄張ってますが…………えぇ、えぇ、そんなに友人いません……全国引っくるめても…………えぇ、エェ……。
 
 さてさて、楽になったとは言え、年賀状ソフトは……5月にメイン機をマイナーチェンジして以来、ずっと放置中……てか、インストールもしてませんで……。
 また、住所録のバックアップも見付からず……。メイン機が挙動不審になってから、FFとワープロと年賀状ソフトはバックアップ取ってた筈なのに……見当たらず……。
 
 また最初から打ち直さなきゃなんないのか……と、絶望感に打ち拉(ひし)がれながら筆王2004をインストし直しまして……。
 バックアップ機能を見てみますと、住所録等はフロッピーに保存する仕様……流石は2004年度版、仕様がレトロ……てか、確か当時も『古っっ』と思ったような……w
 
 でも、微かに希望の光が見えた気がして、過去の遺物コーナーをゴソゴソしますと、幼稚園児がくすぐられながら書いたような汚い文字で、「筆王住所録」と書かれたモノが♪
 この際、筆者の文化レベルの低さは置いておいて……をゐ……ドキドキしながら、復元モードを起動しますと……嬉しい事に、住所録復活!
 
 ま、データはその当時のモノらしく、無駄に多いのね、知り合いがw 今は少数精鋭を気取ってます……てか、返事が来ない人には出さなくなった…てのが真相w
 「便りのないのはよい便り」等と言われても……ねぇ? それでなくとも、出した数を上回って来た事無いのに……生まれてこの方…………。
 
 「せぃ、のぉ、で!」でお互い止めれば楽なんだけど……w でも、まぁ、お世話になってる人はいるので、その義理を果たさねば、渡世人の名が泣く……いつから?w
 てか、年賀状1枚で義理が果たせると思ってる事自体、義理を欠いてる気がしないでもない…………。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月28日 (月)

気持ちを切り替えて……

 ばんは~~ちゃびデシw 先週の土曜、ナナちゃんズのママナナが落鳥(=永眠)しまして……前日までは、普通にしていたのデシが……。
 ただ、今にして思えば、先週の頭辺りから、食欲が少し落ちてたような……。でも、それだけでは決定打に欠けると言うか……ペアで飼ってたし……。
 
 一体何が原因だったのか……それが判らないのが悔しいデシ。寿命と言うには短い15~6年? 正確な年齢は日記を遡らないと判りませんが……でも、多分そのくらい。
 前日の昼前は、いつものように中の人の姿を見るや、巣箱の中に逃げ込み、エサが交換されるのを待ってたのデシょ。
 
 で、次の日、エサを交換した時、やけに食が落ちてるので、病気にでもなっちゃったか? と、巣箱を覗いたら、中の踊り場に寄り掛かるように……。
 鳥カゴの天井を外し、巣箱を開けてママナナを取り上げましたが、こんなに大人しく中の人の手に乗るのは初めて……てか、最初で最後。
 
 ナナちゃんズは繁殖用に買ってきた、『荒』と呼ばれる、人に慣れてないインコなの。だから、爪を切ってやる時なんかは、捕まえるだけで一仕事……。
 その暴れっ振りが脳裏に焼き付いてるので、冷たく固く……そして動かないママナナを手の平に乗せると、色んな思いが込み上げまして。
 
 
 
 
今までずっと、やりたくても出来なかったナデナデをしてやりました。
 
 
 
 
 それから庭に出て、いつもより深く大きな穴を掘り、ママナナを埋葬しました……一連の作業の手慣れ感が、何とも言えず…………。
 思えば、この庭には何羽と無くインコ達が眠ってるなぁ……と、別の感慨も出て来たりする……もっとも、その多くは近所の猫共に掘り返されて…………。
 
 
 さて、いよいよ今年も残り僅かデシ。まだ年賀状を書いてない中の人は、これから大忙しモード……丁度いいかも……ね。
 出来れば「喪中」を使いたいのデシけど……ママナナとは血も繋がってなければ、育ててもいないし……世話するだけではタダのペットだからなぁ……。
 
 仕方ない、今回は手抜きで行こう。第一印象そのまま、ヒネらずいぢらず……台詞を一言二言足すだけで…………って、それを世間では『一捻り』等と言うのでは?
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

何かかやで、デナリ足げと♪

 ばんは~~ちゃびデシw 色んな意味と思いが、籠もったり込められたマクロを炸裂させ、ナイズルに行って来た金曜日w
 「箸で茶碗を……」のマクロは、今のところ消すのが惜しく……w 気が向いたら掻き鳴らしてやろうかな……と思ってますw
 
 が、試しに鳴らしたところ、昨日の今日だというのに忘れかけてて……w ドキドキして途中終了させちゃったw
 ま、演奏を聴くには先に準備が必要なため、ナイズルメンバーでそれを聴けたのは若干名……被害は最小限に抑えられた……って感じ?w
 
 少しずつ曲数を増やしていきたい気持ちはありますが、何しろ手間なので……w そもそも、中の人に音楽センスが無いのがネックw
 その上、音合わせ出来るのがブログパーツのピアニカだけ……と言う為体(ていたらく)。誰か、タダで手に入る音源があったら教えて下さい? 出来ればピアノの鍵盤型のやつ。
 
 
 
 
バイオリンやトランペットを紹介されても…………演奏スキルがw
 
 
 
 
 で、ナイズルデシょw この日は全部で4回。最初の1回はボクの進行。残る3回は足、胴、足の装備NM層に行って来ました。
 進行は手伝ってもらうボクがトークンを気前良く出し……せめてゲームの中だけでも羽振りの良いトコ見せたくてw……、ランプ、特逐、ランプ、殲滅、特殲……だったかな。
 
 日頃の行い……てか、クリスマスの奮戦が評価され?w 余裕のヨッちゃんでクリア出来ました♪ みなさん、ありあと~~♪
 それで気を良くして装備取りに出掛けたのデシが……そこからは、いつものように辛口な展開……ま、今回は3回ともNMは退治出来たのデシが……。
 
 装備が出たのは、最後に行った足層だけ。嬉しい事に、ついでに青の武器まで出る大盤振る舞いに、ボク的興奮は最高潮♪
 一瞬、青武器だけロットして、足は譲ろうかな……と思いましたが、先日譲られて何とも複雑な思いになった事を思い出し、正々堂々ロットしてやりました!
 
 まぁ、ぶっちゃけ、ボクのロットスキルは低く……壊滅的に、致命的に低く……勝ち目は無かろう…と踏んでロットしたのデシがw
 ところが、これがクリスマスの奇蹟?w 気付けば両方ともボクのカバンに収まってた……って言う…………明日は真夏日になるかも?
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月26日 (土)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-14

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
「…………やはり……貴方も裁き人でしたか……。」
「……その昔、封じようとした竜に返り討たれ……その無念に縛られ、今尚こうして恥を晒しておる……。」
「それなら……私達を船から降ろしてくれ。貴方のやり残した仕事は、私が必ず引き継ぐから……。」
「笑止! そう言う台詞は、せめて一太刀、某(それがし)に浴びせてから言え。」
「……どうしても聞いてもらえないのか…………ならば、今度は私から……!」
「おう、参れ!」

 
 珠は呼吸を整えながら腰を落とすと、螺旋竜を下段後方……居合抜(いあいぬき)の要領で構え、ゆっくり井中との間合いを詰めていった。
 井中は満足そうに目を細めると、柄(つか)を中段に構えた。
 相対すること数瞬、ヒュゥッと吹く疾風の如く、珠は井中の懐に飛び込み、螺旋竜(らせんりゅう)を一閃させた!
 井中は間一髪で珠の間合いを外し、後退った(あとずさった)……が、螺旋竜はグンッ! と伸びた。
「おおっ! 伸ばせるのかっっsign02
 井中は体(たい)を捻りつつ、柄で切っ先を打ち払い、更に後方に飛び退いた。
 珠は委細構わず、タンッと甲板を軽く蹴るや、体をクルリと回転させ、その遠心力も利用して、怒濤の勢いで剣を井中に打ち込んだ。
 実戦で鍛えたせいか、珠の剣は時に正攻法、時にトリッキーに動き、相手に動きを読ませなかった。
 だが、そのどれもが井中には通用せず、紙一重で躱(かわ)されていた……。
 
「某(それがし)同様、我流とは言え、中々に鍛え上げているようだが……残念な事に、其方(そなた)は竜剣が何たるかを知らぬようだな。」
「……はぁ……はぁ………何だと…………。」
「どうやら其方は、竜剣を使いこなしておらぬようだ……と言ったのだ。まぁ、我流であれば、それも致し方あるまいが……。」
 まるで自分の事のように残念がる井中を見て、珠は悔しそうに唇を噛み締めた。
 けれど、反論しようにも、井中の実力は自分より上……剣を交えた珠には、それが骨身に染みて判っていた……。
 打ち込もうにも隙が無く、攻めなければ、腕が痺れるような重い攻撃が、珠に襲い掛かる……。
(…………勝機が見えない……。)
 それでも珠は、肩で大きく息をしながら、懸命に螺旋竜を構えていた。
 
「……手詰まりのようだな……ならば…篤(とく)と見よ、某の竜剣“水竜刀”を……むんっ!」
 井中が気合を入れると、全身から闘気が溢れ出し、握っていた柄にどんどん流れ込んでいった。
 そして、軽く一振りすると、透き徹る(すきとおる)ような刃が、スルリと伸びてきた。
 それは、先程より一回り長く、大きな長刀で、切っ先からは、水のような液体がポタポタ滴って(したたって)いた。
「某には水竜の血が流れていてな……因って、某が生み出す剣には、水竜の力が宿るのだ。」
 井中はそう言うと、腰を落として水竜刀を中段に構え、
「本来は人に使う剣ではないのだが……後学のため、竜剣の真の威力を、其方自身に刻み込んでやろう。」
 
 井中がずいと前に出て、軽く長刀を突き出しただけで、水飛沫(しぶき)が弾丸のように珠を襲った。
 珠は慌てて螺旋竜で防いだが、その衝撃は、まさに銃弾そのもの……これでは剣を交えるどころか、近付く事すら出来ない……。
「参の太刀“束雨(そくう)”!」
 そこへ、これまでに増して、激しい連続突きが珠を襲った。
 それも一点を狙い澄ましたかのような、正確無比な攻撃の前に、螺旋竜は悲鳴を上げた……。
 
 ピシッ……キシッッ……バキッッ!
 
 あまりに鋭く重い束雨の攻撃に、螺旋竜はとうとう、剣の中程から真っ二つにへし折られてしまった……。
 折れた拍子に、剣先は暗雲渦巻く空の彼方に舞い上がった。
 珠は折られた螺旋竜を握り締めたまま、後方に吹っ飛ばされた。
「……うぅ……うぅ…………。」
 受け身も取れず、頭と背中を強打した珠は、意識が朦朧(もうろう)となりながら、それでもヨロヨロ…と、懸命に立ち上がった。
 
「どうやら、勝負あり……と見たが?」
 目の焦点が合わず、フラフラしている珠を見て、井中は無念さを押し隠すように水竜刀を収めた。
(……この若者でもなかったか…………水竜刀を出させるまでは良かったのだがな……。)
 井中は長い時を彷徨い(さまよい)、自分と対等に渡り合える相手を探していたのだ。
「……まだだ……まだ……私は戦える…………。」
「……ふむ……その意気や良し。されど、其方の体は…もう限界のようだ。」
 井中の言葉を待つまでもなく、吹き荒(すさ)ぶ強風に煽(あお)られ、珠はガクッと膝を着いた。
 その拍子に、束雨と水の弾丸のせいでボロボロに切り裂かれたレザースーツが開け、珠の胸元が顕わ(あらわ)になった……。
「ぬぉ? 其方…………女子であったか……」
 いきなり相好を崩し、珠にフラフラ~~と近寄った井中の額に、プスッと何かが突き刺さった……長い滞空時間を経て、落ちてきた螺旋竜の欠片(かけら)だった……。
「この勝負、タマの勝ち!」
 
 

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

メリークリスマス!

 ばんは~~ちゃびデシw イブに盛り上がり、本番は今日なのに燃え尽き感が漂う、世界でも希有な国、日本……えぇ、誉めてません、むしろ嘲って(あざけって)ますw
 とは言え昨夜、ボクも御多分に洩れず、我が麗しのハニー相手に必死で盛り上がってましたが……若干空回り気味に……。
 
 今年のイブは衝撃の事実が判明し……てか、薄々判ってた事の確認…て表現の方が妥当かな? ま、ボク的にはそんな感じw
 むしろ、その前のザルカバードでNM狩り中、洩れ聞こえた事実の方が衝撃が大きかったりするのデシが……ま、こっちは更にどうでも良い事なのでスルーw
 
 で、肝心の二人っきりで過ごしたクリスマスデシが……内緒!w どうしても聞きたい? どうしよっかなぁ~~w あ、ちょっと、お待ちを!
 
 
 
 
話します! えぇ、話しますからsign01 てか、話させてくだしあsign03
 
 
 
 
 ええっと……今年、ボクが無い知恵捻って絞り出したのは、『ハンドベルで奏でる、魅惑のクリスマス』デシた。
 片手棍の「レディベル」を装備して、「/bell C3」等と入力すると「カラン♪」と音が鳴るのデシ……音階は2オクターブなのデシけど。
 
 コレをマクロに組み込んで、途切れないように連続操作すると、曲を演奏しているように聞こえる……かも知れない……みたいなw
 発想は良かったと思うのデシが、いささかハンデがキツくって……。前にも書きましたが、1つのマクロに組めるのは3音だけ。音階も2オクターブしかない……。
 
 
 
しかも、編曲の音源は、このブログのピアニカ……sign03
 
 
 
 
 
 練習である程度、音が途切れないよう誤魔化せる所まで行きましたが、音階が狭いのは如何ともし難く……「♯」や「♭」には対応してますが……足りないモノは足りない。
 また、選曲も、今風のクリスマスソングを検索してみましたが……たくさん出ていて、それはそれで助かったのデシが……おぢさん的に、全っっっ然知らない曲ばかりw
 
 結局、選んだのはオーソドックスな曲2曲と、昭和のクリソンメドレー……と言っても、3曲で打ち止めなのデシが……みたいなw
 えぇ、『ハンドベルで奏でる、魅惑のクリスマス』……の筈が、箸で茶碗を掻き鳴らす、困惑でクルシミマス……って感じな仕上がり……。
 
 そんな子供騙しな演奏にも拘わらず、我が麗しのハニーは喜んでくれまして……有り難いやら申し訳ないやら……でも、曲名は訊かれませんデシたなぁ……ま、これが「大人の嗜み」ってヤツ?w
 ともかく、ハニーの優しさに、何度救われた事デシょう……少なくとも、毎年のクリスマスには、確実に救われてますなw これからもよろPくね?w
 
 
 でも、もし、ハニーがお水関係の仕事とかしてたら、ボクなんかシリの毛まで引っこ抜かれそう……いあ、むしろ、シリの毛を差し出しそう……え? シリの毛はイラナイ?
 それぢゃぁ、ワキの毛? そ……それとも、もしかしてアノ………………あぁ、『毛』自体イラナイのね? 
 
 
 
ホッとしてガッカリ……w
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月24日 (木)

決戦の木曜日♪

 ばんは~~ちゃびデシw 昨夜、雪ウサ帽の案内を買って出たら、『部屋の大掃除してるので、また今度……』と言われました。
 そう言えばリアル過去でも、何度となく『また今度』と言われ、一度も『また』が来た例(ためし)が無かったなぁ……と、体良く断られてた事を思い出しました……。
 
 
 
 
あれ? 家にいるのに雨が……この雨、しょっぱい……。
 
 
 
 
 近付いてく♪ 近付いてく~♪ てか、間もなく本番なのデシがw ここへ来て、微調整するかどうか迷い始めてますw
 全体の流れとしては、微調整した方がスマートに思えるのデシが、マクロを組み直す時間と練習する時間を考えると、二の足を踏む……って感じ?
 
                                  イマココ
                                             ↓
 色々スキラゲ~何度か合成~色々下準備~色々練習~いよいよ本番

 
 こんなコトになるくらいなら……昨夜、機船航路の漁に出た事が悔やまれる……w いあ、それはそれで意味があるのだけどw
 思い付き、閃きはボクの専売特許なのでw ま、行き当たりばったり…とも言います……か?w 切羽詰まってくる程、アレコレ浮かんでくるのがボクの悪い癖w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月23日 (水)

SBブートキャンプでウサ帽げと♪

 ばんは~~ちゃびデシw モグハウスに籠もってマクロをせっせと組んでると、たまに「ワァ~~~~ッ」と、なっちゃうってありません?w
 なので、息抜きがてら、バタリア丘陵を駆けずり回ってみました……ホンの10周ほどw てか、駆けずり回り過ぎやろw
 
 ホントは2~3回でクリアして、モグハウスで作業を再開する予定だったのデシが……例によって当初の目的を忘れ、ムキになっちゃいましてw
 「スマイルブリンガー・ブートキャンプ」……詳しい仕様は、攻略系のHPを参照して下さいw ボクが選んだのは上級コース&簡単モードのバタリア。
 
 おおよそ円周上に散らばった10のチェックポイントを4分前後で回り、最後に教官に報告して終了なのデシ。
 チェックポイントでヘルパーに話し掛けると、「とんずら」モードにしてもらえ、それが切れない間に(=役30秒)次のチェックポイントに駆け付ける……の繰り返し。
 
 問題は、チェックポイントに着くまでに「とんずら」が切れてしまうと、次のポイントでは「とんずら」をかけてもらえ無くなっちゃう事。
 ちなみに、バタリアコースは1度でも「とんずら」が切れると、「雪ウサ帽子+1」はタイムオーバーでもらえません……。
 
 さらに上級コースでは、ウロチョロ徘徊するヘルパーが2人いまして……ボク的に左回りコースで走りまして、4人目と8人目がウロチョロしてましたw
 この2人、こちらに向かって来てくれる時は助かるのデシが、遠ざかる方に行かれると、追い付くまでに「とんずら」が切れちゃう事も……。
 
 ちなみに、「とんずら」切れると中々追い付けません……もうね、『むきぃ~~~~!』って叫んじゃいます……モニタの外でw
 一応、どんなジョブでもクリア出来ますが、詩人やシーフは有利だと思います……特に詩人の「マズルカ」は良さそう。
 
Tya091223114037a Tya091223114047a Tya091223114049a  シーフの「とんずら」も悪くはないけど、チェックポイントで上書きされちゃうので……アイコンの違う詩人だとダイジョブぢゃないかな……と思ってみたり。
 ま、回数制限とか無いみたいだし、4~5回走れば体がコースを覚えますw それに、続けて受けると、直前の「とんずら」が持ち越せますしw
 
 
 
 
後は移動ヘルパーの向き次第?w
 
 
 
 
 で、帽子がもらえた後は、大人しく作業に戻……らず、カンパニエで『勲章のためのその一』して……剥奪まで@4日……w
 その後、火曜ナイズルは珍しく人数が揃い、頭と胴の装備取りに行って来まして……なんと、2回とも装備が出まして♪
 
 ボク的にデナリジャケットを譲っていただきました。正々堂々ロット勝負の筈が、何故か遠慮されちゃって……せっかく3桁出せて、まともに勝負出来ると思ったのにw
 いあ、別に、弱み握って……とか、泣き落としで……みたいな、姑息な手は使ってませんょ? 得意ではありますが……をゐ!
 
 無意識にそう言う事をやっちゃうのが、無きにしもあらずなボクだから、ログを遡って調べてみましたが…………今回はダイジョブだったw
 嬉しいんだけど、喜びきれない……てか、何となく不完全燃焼な感じ…………贅沢な話ではありますが……w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月22日 (火)

マクロょ……

 都会では♪ 職探す♪ 若者が♪ 増えている♪ だけども♪ 問題は♪ 今日のコレ……ネタが無い…♪
 書かな~くちゃ♪ キミに~読んでもらわなきゃ♪ キミの~事を書かなくちゃ……ネタが無い…♪ 
 
 ばんは~~ちゃびデシw プリストンテール時代、こうした替え歌で一世を風靡した事もある……ような無いようなw
 そこでY氏やラクダさんと知り合った訳デシが……その腐れ縁も今はもう…………いぢめ過ぎたか…………R夫人はいぢめて無いんだけどなぁ。
 
 えぇ、ボクが思い出モードに浸ってる時=ネタが無い時……な訳でw 何せ、毎日クリスマスに向けてのネタ仕込みで手一杯なのデシ。
 まさか、その模様をここで説明する訳にも行きませんしねぇ……ハニーの眼も光ってる事だし……ネタバレして、これ以上ショボくする事は出来ないのだょ!
 
 
 
 
仕込んでる時点で、この自覚……何だかなぁw
 
 
 
 
 一言……どキッパリ言っておく! 悪いのはボクだけぢゃない! 仕様にだって問題大ありだっっっ! …………あ~~ぁ、逆ギレしちゃってるょ?
 せめて、もうちょっとマクロの行数増やしてくんないかなぁ……ま、戦闘では6行あれば十二分デシが、遊び事に使う時は、非常に不便……ボク的に。
 
 FF11のマクロについては、使い方など何度も詳しく……実例入りで……説明してますので、意味が判らない方は過去ログを探して?w
 要するに、6行あっても連続して実行させるためには、「/wait 1」のような待ち時間を設定せねばならず、実質3行分しか命令を実行出来ないのね。
 
 基本的に、ボクのお遊びマクロは手が込んでるので……自分で言っちゃってるょ?w……基本的に足りませんw
 まぁ、FF11が作られて早……何年?w その当時では、斬新なシステムだったのかも知れませんが……これまた、今は昔の物語w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月21日 (月)

悲喜モゴもご

 ばんは~~ちゃびデシw 毎年、この時期になると……てか、この時期のみ、合成スキルが急上昇するちゃびデシw
 無計画に、且つ、一気呵成に上げてるので、いくら資金があっても足りません……てか、いくらも資金が無いので、資金繰りにオタオタする毎日デシw
 
 なので、ちょいと金儲けに色気を出して、現在、競売で高騰中のカレーパン・レッドを作れば、お料理スキルも上がるし、一石二鳥……とばかりに挑戦しました。
 龍の肉(時価10万ギル相当)を2つ、ロストしてしまいました…………こんなコトなら、肉のまま売りに出せば良かった……昔、7万で買った分だから儲かったのに……。
 
 結局、3回料理して1回成功し、カレーパン・レッド6個作れたのデシが、もちろん、激しく赤字デシ……画面の外で涙目になってる中の人が哀れ……。
 からくり部品をもらうためにやってる「チョコボの宝探し」、次から龍の肉を狙ってみますゎ…………確率は限りなく0なのだけど……。
 
 
 それはさておき、クリスマスの足音がヒタヒタと忍び寄る今日この頃、準備の方は如何デシか……ボク的には……。

                   イマココ
                                        ↓
 色々スキラゲ~何度か合成~色々下準備~色々練習~いよいよ本番

 
 
 実のところ、思ってたよりも手間取り、更に、夢に描いてた目眩く(めくるめく)展開とは、程遠そう……って事が判明しまして……。
 例えるなら、60センチ程かな……と高を括って、崖の亀裂を飛び越えようとしたら、実は60インチあって、気付いた時には真っ逆さまに転落中……みたいなw
 
 『今年はコレで……』と、比較的に早い時期に構想は固まってたので、今更変える訳にも行かず……変えようにも思い浮かばず……無理を通して道理を引っ込めちゅw
 何か、毎年クリスマス前はアタフタして、クリスマス後は自己嫌悪に陥ってる気が汁……過去ログ読み返してみるか…………やめとこ……無意味だw
 
 取り敢えずは人事を尽くし、店名を待つ……店は出さない!w 省入力候補で「天命」って出るのに、文節変換したら「店名」になる不思議……ま、どっちゃでも良いけどw
 
 思えば……出会った最初のクリスマスから、こんなコトしてる……最初はコソ~リ、プレゼント交換したのが切っ掛けで、ジャグナ行ったり、部屋に招いたり……(遠い目)。
 我が麗しのハニーは優しいから、何をしても喜んでくれて……仕方ない…悪いけど、今年もその優しさに付け込んで、生ぬるいクリスマスで誤魔化すか…………。
 
 
 
 
ホンッッッット、性根腐っとるな、ボク……。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月20日 (日)

ヴァナ式英会話教室(強制発動)

 ばんは~~ちゃびデシw 一昨夜ニュース(ABCテレビ)を見てましたら、長妻大臣デシか? やっちゃいましたねぇ……『○○さんの汚名を挽回します……』ってw
 一国の大臣ともあろうお人が、会見の場で堂々と発言してましたな……情けない、「相棒」見て無いのかな?…………へ? そうぢゃなく?
 
 
 
 
汚名は返上するモノ、挽回するのは名誉デシw
 
 
 
 
 「相棒」のシーズン……幾つか忘れましたがw 確か『クイズ王』だったかな? その回の時に散々やってたのデシが……。
 思い付くまま気の向くまま、有る事無い事好き勝手に書き綴ってるボクでさえ、怪しいと思った表現は、辞書で調べてますから。
 
 
 
 
「デシ」や「ぢゃ」「よ→ょ」は個性デシょ?w
 
 
 
 
 閑話休題、一昨夜も某国、某ギルドでスキル上げをしてましたら、いきなり外人さんに話し掛けられまして……ランク1、サポ無しシーフ16ミスラ……新手のRMT?w
 てか、そうぢゃなく……必死で解読してみますと、どうやら「ブラスタンク作ってくれないかしら?」と……ミスラさんだたので、女性言葉にアレンジしてみましたw
 
 ボクが「作れるけど材料持ってない」っぽく言うと、「え、ウソ、ホントに作れるの?」と言ってるようだたので「may be(たぶん)」と返しておきましたw
 実際のところ、作った事無いし、鍛冶スキルが必要だったら……とか頭を過ぎった(よぎった)のデシが……えぇ、鍛冶は3しかないモノでw
 
 でも、まぁ、彫金ギルドに来て頼んでるんだから、彫金スキルで作れるんだろう……と高を括り(くくり)…………あ、何かがバレちゃった?w
 まだしばらくは、ここでスキラゲする予定だったので、「材料全部持ってきて? 作って上げるから。」らしい言い方しました。
 
 するとミスラさんが「ill be back(ちょっと待ってて)」と言って、駆け出していきまして……その後ろ姿に「シュワちゃんかょ……」と英語で…ツッ込める筈も無くw
 ところが、待てど暮らせど戻ってこないミスラさんに、「ドコまで買いに行ってるねん……」と、サーチしますとドコにもいませんで……。
 
 サーチ範囲を全ワールドに広げますと、バルクルム砂丘で発見。「あぁ、セルビナの競売まで買いに……?」って、そんなトコにあるか~~ぃっっっっ!
 「what are yu doing ?(何してんの?)」な感じで聞きますと、「あんまりお金持ってないから……」的な答えが……をゐをゐ、一から素材探しかょ……w
 
 時刻は午前0時、「ミスラさんの国はお昼でも、ボクの中の人の国は真夜中なのだ!」とは、思っていても表現出来ず……。
 そんなに材料って高いのか……? と、競売で値段を確かめるとブラスタンクに必要なブラス板は売り切れ、ニカワは1000~2000くらい。
 
 ブラス板が無ければ作ろう……と、ブラスインゴットを調べると1個1000ギル。タンクには3枚必要なので3000ギル。
 で「5000ギル有れば、材料買えるし、それでタンク作れますょ」的なニュアンスで連絡しても、「でも、ブラス板3枚いるし、18000ギルも持ってないの」ぽく言うミスラさん……。
 
 
 
 
てか、アンタ「back」する気あるのか?w
 
 
 
 
 どうやら、根本的な何かを勘違いしている模様……なので「戻って来て。そして、ブラスインゴット3つ、ニカワ1つ買って、そしてボクにトレードして」みたいな?w
 で、バスに戻ったのを確認してPTに誘い、「come here ?(こっち来て?)」と、ボクのいる競売前に来させ……。
 
 「yu buy 3ingot and 1glue. trade me. i make ingot to sheet(インゴ3つニカワ1つ買ってボクに渡したら、インゴからブラス板にして上げるから)」と言いたかったりするw
 ま、英語に精通されてる方は、ツッ込みたくて仕方ないデシょうが、ネット会話なので見て見ぬフリを……w コレで実際、通じちゃったンだしw
 
 んで、言われたとおりに材料をボクに渡したミスラさんの前で、合成ショーの始まりw まず、3回座ってブラスインゴをブラス板に加工し、それとニカワでブラスタンクの出来上がり♪
 喜ぶミスラさんに「good luck(またね)」と別れを告げ、実はミスラさん以上に喜んで帰るボク……やっと寝れるょぉ……w
 
 
 久々に全編英語での会話は疲れましたw ボクが「you」を使わず「y」「yu」を使った事で、ミスラさんがネット会話に慣れてると勘違いして、大変デシたゎw
 ホンのささやかな見栄だったのデシけどねぇ……「新米」を強調するミスラさん的には、余程、心細かったのかも知れませんね……。
 
 
 
 
でも実際は、半分くらいしか理解出来てなかったのデシけどw
 
 
 
 
 ま、やっこさんが砂丘で素材狩りしてる間に、電子辞書を引っ張り出して、言いたい事、判らない言葉を必死で解読してたなんて、ここだけの話デシょ?w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月19日 (土)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-13

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
(…………この激しい突きは……確かどこかで…………。)
「どうした……もう降参か?」
「まだまだ! 勝負はこれからだっ!」
 井中は満足そうに口元をニヤッと歪め、再びスス……と滑るような足取りで珠に近付き、『乱雨!』と、長刀を突き出した。

 
(……! そうだ! この突きに良く似た攻撃は、三本角が……。)
 そう気付いた珠は、無理に打ち合うのは止め、突いてくる刃の切っ先だけを、僅か(わずか)にずらすように弾いた。
 そして、そのまま流れ舞うような足捌き(あしさばき)で、井中の懐に飛び込んだ。
「もらったっっ!」
「むんっっ!」
 珠が切り込んだ瞬間、井中は体を僅かに捻り(ひねり)、長刀(なぎなた)の柄で珠の足下(あしもと)を払った。
 足を掬われ(すくわれ)、珠はステンッと甲板に倒れた。
 そして、そのままゴロゴロッと転がり、井中の追撃を躱した(かわした)。
「……よくぞ乱雨(らんう)を凌いだ。このまま死なせるには惜しい気がしてきたぞ。」
「……はぁ……はぁ……だったら…今すぐ、この船から降ろしてくれ……。」
「おぉ、降ろしてやろうぞ、某(それがし)に一太刀浴びせられたらな。では、今度はこれでどうだ、弐の太刀“曲雨(きょくう)”!」
 井中は長刀を下段に構え、乱雨と同じように、無数の突きを繰り出した。
 珠もさっき同様、突き出してくる刃の切っ先を弾こうとした……が、その瞬間、刃と刃が迫り(せり)合おうとした瞬間、井中の太刀筋がグニャリと歪み、珠の竜剣に絡み付くや、ピシッと弾き飛ばした……手に持っていれば……。
 幸い、竜剣は珠の腕に輝く、竜宝珠から伸びており、手放す事は無かった。
 その代わり、珠は無理矢理バンザイをさせられた体勢になり……その無防備な腹目掛け、井中の長刀が胴を払おうと一閃した。
 珠は間一髪、バック転をしてそれを逃れる。
 井中は引き攣って(つって)見える微苦笑を浮かべ、長刀を下段に構え、スタスタ…と珠に近寄る。
 
 珠は両腕を前に出し、竜剣を交差するように伸ばすと、ジリ…ジリ……間合いを測った。
「曲雨!」
 井中は手首と肘を柔らかく使い、刃も柄もグニャグニャに見える動きで突いてきた。
 珠は二本の竜剣で、真正面から長刀を挟み込み、その動きを封じた。
「おお、よくぞ凌いだ(しのいだ)! だが、これからどうする? 力競べと行くか?」
 嬉しそうにそう言いながら、井中は珠の返事も待たず、体重を掛けてグイッと押してきた。
 珠も腰を落とし、それに応じた。
 互いの剣がギシ…ギシ…と、悲鳴にも似た軋み音を出している。
 そのうち、体格で劣る珠は、じわりじわり押され始めた……必死で押し返そうにも、力勝負では僅かに及ばない……。
(……く……これしかないか……sign02
「螺旋竜(らせんりゅう)っっsign03
 珠が叫ぶと、両腕の竜宝珠が『カッッ!』と光った。
 途端に二本の竜剣は、長刀に絡み付くように伸び、バキッバキッとその刃を砕きながら一本の長剣になった。
 そして、勢いもそのままに、珠は井中に斬り掛かった。
 井中は柄だけになった長刀で珠の斬撃をいなし、ヒョイと跳び下がった。
 
「素晴らしい、実に素晴らしい機転であった! それが其方(そなた)の真の剣か?」
「……そうだ……もう貴方の得物は使えない。勝負あり……と思うのだが?」
「いやいや、今のは軽い肩慣らし、これからが本当の勝負。」
 井中は柄を手放すと、不敵な笑みを浮かべ、腰に右手を当てた。
 すると、袴越しにその部分がポゥッと光り、するする……と柄が伸びてきた。
「まさかこの剣を使えようとは……夢のようだ。礼を申す、来門殿。」
「…………やはり……貴方も裁き人でしたか……。」
「……その昔、封じようとした竜に返り討たれ……その無念に縛られ、今尚こうして恥を晒しておる……。」
「それなら……私達を船から降ろしてくれ。貴方のやり残した仕事は、私が必ず引き継ぐから……。」
「笑止! そう言う台詞は、せめて一太刀、某に浴びせてから言え。」
「……どうしても聞いてもらえないのか…………ならば、今度は私から……!」
「おう、参れ!」
 
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月18日 (金)

あ~~忙し忙し……inヴァナw

 ばんは~~ちゃびデシw FF13が発売されまして、昨夜のFF11ワールドは、若干過疎になったような……w
 何やかや…と用事を済ませ、11時前にヒョコッとLSに顔を出しますと……何やら懐かしいような感じが……人数少なくてw
 
 ま、郷愁を感じてるヒマなど、今のボクには無かったりするのデシがw 何を今更……てか、この期に及んで……的なスキル上げ中なのでw
 よい子のみんなは、冬休みの宿題は年内に仕上げろょ? さもないと、おぢさんのような、切羽詰まるまで何もやらない、ダメダメ人間になっちゃうゾ。
 
 何のスキルを上げ、何を作りたいのか……それは国家機密のため公表出来ませんが、何を上げるにせよ、お金がかかりますなぁ……。
 平時ならスキル上げで作った中間素材を競売で売り、それを資金源にして、また次の段階に進む……と言う自転車操業も可能なのデシが。
 
 緊急時の今は、そんな悠長な事はしてられませんw カバンも倉庫もすぐにパンパンになっちゃうので、出来たブツは赤字必至の即店売り。
 1万ギルで作ったブツを、5千ギルで叩き売ってる……と言えば、イメージしてもらいやすいかも……あぁ、心が痛い…リアルでの投資信託がチラつくょ……。
 
 それでも作りたいモノがあるのデシょ……漢(おとこ)の見栄とエゴと…少しの純情をかけてw
 今回は、そこから更に展開していく作戦なので、あまりスキル上げに手間取っていられないのデシが、中々思ったような上がり方してくれませんなぁ……。
 
 
 色々スキラゲ~何度か合成~色々下準備~色々練習~いよいよ本番
      ↑
       
イマココ

 
 
 全然進んでないように見えて、微妙に前進中……と言ったトコデシかね?w 手持ちの資金が尽きる前に、スキルアップ完了を祈るのみデシw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月17日 (木)

臨時ナイズルは…………。

 ばんは~~ちゃびデシw 「相棒」のスペシャルディスクが欲しい、ただそれだけのために、スピンオフDVD買っちゃったバカ者デシ……w
 「相棒シーズン7」Ⅰ&Ⅱ、「鑑識・米沢守の事件簿」に封入されてる応募券を3枚、専用葉書に貼って送るのデシ。
 
 スピンオフDVDはアマゾンで買って、2ン%オフの3651円……ま、痛い出費デシがそれは必要経費で落とすとして……落とせない落とせないw
 カチンと来たのは、「相棒」のDVD-BOXが40%オフで叩き売られてるのを発見した事……何だかなぁ……今買えば良かったょ…………あ、買えないな、今は……w
 
 それに、シーズン3~5の購入特典、右京さんと薫ちゃんの目覚まし時計はもらえませんしね、今じゃ……ザマミロw
 ま、大事にし過ぎて、押し入れの肥やし状態ではあるのデシがw えぇ、勿体なくて使えません……ドコに行ったか、探すのも面倒だし……をゐ!
 
 
 さて、その「相棒」終わりにFFに行って、クリスマス間近の今頃になって、スキル上げに必死こいてますと、ナイズルに装備取りに行かないか……と言う話になりまして。
 ボク的に、尻に火が付いた状態だったので、遠慮しようかな……とも思ったのデシが、火曜日にシャポーをもらっちゃった事もあり、お手伝い参戦する事に。
 
 
 
 
てか、単に材料が品切れて、スキラゲ終了と言う……w
 
 
 
 
 このLSの特徴なのか、それとも大所帯LSの宿命なのか、あれゃこれゃと無駄に相談が長く、物事が中々決まらない……てか、決めようとしないw
 ポキポキは少数精鋭だったので、即断即決を信条に……単に行き当たりばったりとも言うw……迷う間もなく決定してましたからねぇw
 
 そのお蔭で、スキル上げ修行も恙無く(つつがなく)終了し……逃げる言い訳が出来なくなったとも言うw……サンドに戻って、青に着替えました。
 そして、白門に飛び、PTに加わっても相談は続いていて……w この日はロットで勝った人がトークン出す代わりに、行き先が決められる……って事に落ち着きました。
 
 そこでまず出向いたのは胴装備。道中、「ヘッドの駆逐」で戦車に当たり、犠牲者が1人出てオタオタしたものの、時間的には余裕でNM層到着。
 と思ったら、相手はケルベロスで……厄介な相手。全員のHP・MPを万全にしてから突撃開始……思い出したように使うストンスキンに手こずりながら、撃破!
 
 続いて2戦目は脚層に決定…………へ? 胴層の成果?……無言が全てを語ってる…てか、推して知るべし…………。
 こちらも順調に進み、10分以上残してNM層に到着しました。またも全員のHP・MPを全回復してから突撃開始。
 
 相手はアダマン何たら……大亀デシw 尋常ぢゃない防御力を誇る亀を、チマチマせっせと削っていくボク達w
 亀の大技で、強化魔法を綺麗サッパリ洗い流されつつ、思い出したように強化し直しつつ……また消されつつ……ジワジワと土俵際に押し出し、撃破!
 
 午後11時過ぎに集まった事もあり、ボク的に……てか、ボク以外にも活動限界を迎えた人がいて、この日はこの2戦で終了デシた。
 
 
 
 
へ? 脚層の成果?……無言が(略)
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月16日 (水)

ゴリアードシャポー、げと♪

 ばんは~~ちゃびデシw 文書ファイルはUSBメモリに入れて持ち運ぶ中の人。それで自宅のメイン機と実家の秘密基地との間を行き来してるのデシが……。
 最近、PCにメモリを差し込む時、無意識に『サイクロン!』とか『ジョーカー!』とか叫んでる様は……不気味?w
 
 
 
 
ま、判る人だけ判ってもらえればw 
 
 
 
 
 火曜日のナイズルデー、例によって人が揃わず、この日は白門でシャウトして人数を集める事になりまして。
 装備層なら、募集すれば揃えられますの。ま、LSの仲間だけで行くみたいな、和気藹々とした雰囲気にはなりにくいのデシがねw
 
 で、胴装備を狙うことにし、『それぢゃ……』とボクがシャウトしようと思ったら、『自分がします』と、LSの人に止められ、お任せしました。
 『ナイズル胴層行きます……。』とシャウトして、数秒と立たず『締め切りました……』の再シャウトw ヒマ人ばっかりかょ……w
 
 LSのメンバー4人……モンク、シーフ、白、青(ボク)に、侍、赤の2人を加えいざ出陣……の前に、簡単な進行説明w
 ま、野良で参加してくれた人デシから、恐らく場慣れしてる筈……質問らしい質問も無く、いそいそと突入w
 
 途中、青魔道士の成れの果て(=ボクぢゃないデシょ、ボクの未来形?w)に、モンクが倒されるハプニングはありましたが、8分ほど残してNM層に到着。
 相手はキマイラデシた。それもあってHP・MPを整えてから、突撃開始になりました……ところが、コイツが柄にもなく強くって……w
 
 侍さんやボクが倒され、あわや……と思いましたが、スリップが効いて、何となく勝てちゃいまして……残り30秒ほどでw
 慌ててロット…………するまでもなく、装備は出ませんデシたゎ……キマイラのいけず。せめて鑑定品だけでも……と、一縷の望みを掛けたブツもガラクタで……w
 
 
 
 
俗に言う、骨折り損のくたびれもうけw
 
 
 
 
 ここで一旦PTはお開きになり、参加してくれた人にお礼を言って別れ、LSの希望者を募って再度ナイズルへ……ここら辺、大所帯LSの強みが出ますなぁw
 ポキポキでは常に野良PTみたいなものデシたからね……アトルガンの頃は最多で4人だからw そのお蔭で八方美人的な……もとい、臨機応変な立ち回りが出来る訳デシがw
 
 で、メンバー構成は胴装備の時と同じで(但し、持ってるジョブの関係上、白さんが赤に着替えましたが)、今度は頭装備を狙いに行きました。
 この赤さん、胴装備の時(=白の時)、犠牲者が数人出た事で、かなり凹んでまして……野良PTはそれが普通なので、そんなに責任感じなくても良いのデシが……。
 
 装備が出なかった事で、終了後はそそくさと解散しましたが、決して雰囲気は悪くなかったし……忍/踊がいたレベラゲPTの雰囲気を思えば……天と地w
 手を抜いて修羅場ったのなら責めもしましょうが、必死で頑張った結果の犠牲なら、そして、収穫はどうあれNMも倒せたんだし、誰も文句は言いません。
 
 
 それはさておき、頭装備w この度も……胴装備よりも順調に進み、10分ちょい残したところでNM層到着……相手はまたもキマイラ。
 NMの中では与し(くみし)易い敵デシが、前回の反省もあり、コンディション万全で突撃開始……今度は定評通りの弱さを発揮してくれ、難無く……でも無いけど撃破♪
 
 100層……って事で、武器2種を落とし、ついでにゴリアードシャポーも落とし……うひょ! 希望者3人によるロット勝負(ボク含む)。
 もっとも、期待してなかった分、アタフタして自分が希望してたのを忘れ、他の人に希望確認取ったのは内緒……いあ、バレバレだからw
 
 
 
 
えぇ、自分のサチコメにちゃんと書いてありましたw 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月15日 (火)

ボールペンの替えインクが欲しくって……。

 ばんは~~ちゃびデシw 右肘や筋から痛みが抜けない今日この頃、軽~~い腱鞘炎っぽいちゃびデシw
 ま、腱鞘炎が本気モードの時は、こうしてキーボードを打つどころか、コップも持てないし、水道の蛇口もひねれませんから、良しとしてますw
 
 それだけ小説が順調に書き進められてる……のかな? それにしては次回作の下書きが、第2章に辿り着いたばかりなのデシが……。
 『一姫クエスト』の連載が終わったら、『ウルト○マンになっちゃった』をお届けするつもりなのデシが、間に合うのかしら……?w
 
 
 さて、下書きの際に愛用してるのは、三菱のピュアモルト……ボールペンデシょ、念のためw……非常に気に入ってますの♪
 ゲルインクなので水性インクのように滑らか、でも、水性インクほどは滲まない……ボクの筆圧的に……ところがお気に入りw
 
 ゴム製、ラバー製のグリップも良いのデシが、数が出回りすぎて食傷気味な時に、出会った木の感触が新鮮で……さらに同じ模様のが無い…ってのも高ポイント。
 それに、ノックする感じもボク好み♪ カチッ! としっかりしたのぢゃなく、カチャリ……と、柔らかい感じが『どストライク』w
 
 ちなみに、ボクが使ってるのは一番安い、グリップ部分だけが木製のヤツ。それでも1本500円程するのね……。
 全体が木製の高級品もあるのデシが……値段が倍以上する上、インクが油性なので、あまり触手が動きません……いあ、触手は付いてませんがw
 
 
 
 
極軽く、負け惜しみ入ってますw
 
 
 
 
 で、好きで使い込んでいると……すぐに無くなっちゃうのがインク。ボールペンを買ったホームセンターでは、該当する替えインクが売って無くてねぇ……困っちゃう。
 ボクの徒歩圏内には、置いていそうな文具屋さんは無さそうだし……電車、バスを乗り継いで三ノ宮まで行けば、知ってる店はありますが……ねぇ?w
 
 垂水にもあるのかな……駅周辺は年に1~2回行くか行かないかデシから、さぱ~~り分かんない……三ノ宮はそれ以上行ってないのデシが、大きな店なので多分ある筈w
 と言う訳で、引き籠もりは引き籠もりらしく、ネットで検索……してみると、ありましたありました♪
 
 1本からでも買えるし、10本まとめて……って店もありました♪ 送料も400円までで収まりそうだし……って、それぢゃ、ホームセンターで新品買うのと変わんないw
 ま、インクのまとめ買いは、良さそうだけど今イチ躊躇するのょね……保管の仕方によっては、インクが固まって書けなくなりそうで……。
 
 百均で3本とか5本セットのボールペン買っても、殆ど使い物にならないぢゃないデシか? それと同じ懸念がありますw
 ただ、ブルーブラックのインクは使ってみたいかな……等と思案しながら、取り敢えず新品を1本買っちゃった……手元に使えるのを2本は置いておきたいのでw
 
 ただ、ピュアモルト以外で、順番待ちしてるボールペンが有ったりして、それも使ってやりたいのょね……そう、宇宙でも書けるってアレw
 3000hPaのスゴイヤツw 何度か試し書きしてみたけど、別段、違和感感じないの……ごく普通のボールペンて感じ…………ま、ここ、宇宙空間ぢゃないしな……。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月14日 (月)

年賀状の準備は…………?

 ばんは~~ちゃびデシw 毎朝食は食パン(6枚切り)+ピザソース+チーズな中の人。チーズはイオンブランドの『トップバリューとろけるナチュラルチーズ』なのデシが。
 昨日、いつものようにパンの上にばらまこうとしたら、青く変色したモノが……カビてるのが出て来まして……。
 
 賞味期限は来年の1月22日、開封後は……てか、購入してからずっと冷蔵庫に入れっ放しなので、最初からカビてたんぢゃないか……と勘繰ってますが、確証が無いので……。
 一応、開封してから3~4日経ってるのでねぇ……たぶん……なので、強く抗議する事も憚られ(はばかられ)……泣き寝入りかな……?
 
 ま、目に付いた分はこまめに捨てて、良いトコ取りでパンに乗せてトーストしてますw 焼き時間を20秒ほど長くしてますし……ブルーチーズだと思う事にしてますw
 朝食のスタイルをコレにして数年、こんな事は初めてデシ。梅雨時でも夏場でも、カビた事なんか無かったので、少々驚いてます。
 
 
 
 
でも、ブログネタに出来たので、元は取れたかな……とw
 
 
 
 
 それはさておき、みなさんは年賀状、もう準備しました? ボクは、細かいデザインまでは煮詰めてませんが、大雑把な全体像は決まりましたw
 毎年、苦労してアイデアを捻り出してるのデシけど、反応が無いのが辛いところ……お世辞でも誉めてくれたら、「来年もガンガろ♪」と思うのデシが……w
 
 ボクは年賀状を書く前に、フラッと立ち寄った本屋で(友人の店ではない)平積みされたデザイン集を立ち読みし、ピンと来たモノを買って帰る……スタイル。
 基本、何の先入観も持たず、アンテナだけ張り巡らせて、何冊もある本をパラパラ見て、その場でデザインを組み立てていきます。
 
 しばらく店内をウロウロして頭をクールダウンさせ、も一度そのデザインを見直し、脳内OKが出たら、上から4冊目辺りを持って……えぇ、小市民なモノでw……レジへ。
 我ながら、あまり良い客には思えず、それで友人の店ではなく……友情に亀裂が入っちゃいそうでw……フラッと入った本屋で買ってますw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月13日 (日)

ナイズル苦戦…………。

 ばんは~~ちゃびデシw この前の火曜は人数が集まらず、急遽、予定を変更して錬成クエをこなして来ましたが……。
 金曜ナイズルは……たまに土曜ナイズルになったりしますが……そこそこ人が集まり、無事に開催されました。
 
 1回目は誰かの進行を兼ねた胴装備。これは無事クリア……ただし、装備は出ませんデシたが……まぁ、良しとしておくw
 2回目はボクの進行。86から90まで行く予定デシたが……89階をクリアした時点で残り時間3分弱…………行こか戻ろか、一か八か、突入したら……。
 
 
 
 
特定のモンスターの殲滅……○rz
 
 
 
 
 『特定のモンスターの駆逐』なら、良かったのデシけどねぇ……スクエニのバカ。モンスタを探し出し、ケンカ売ったところで時間切れ、排泄……もとい、排出。
 ま、こんな日もありますワナ……てか、「こんな日」が日常茶飯事なFFの事、凹んでなんていられません、えぇ、次は勝ってやりますとも!
 
 などと負け惜しみ……をゐ!……新たな闘志を胸に秘めておりましたら、途中参加したい……とLSの人から連絡があり、その人の進行がボクと同じだったため、即『次』が来ちゃいましたw
 その3回目は……前回よりは時間的余裕がありながらも、残り時間5分程で『モンスターの殲滅』せねばならないと言う…………無理。
 
 そして、ラスト4回目はボクは抜けて、20層の足装備狙いに行ってました……が、ラスボスは倒せたものの、装備品は落とさず終了。
 結局、進行は1回成功したものの、ボク的に今回は、何も良いトコ無しで終わっちゃいました、ナイズル……。
 
 その上、途中参加の人が来るまで、みんなから『腹ン中アンコック』だの『性格…闇属性』だの崇め奉られ……もとい、いぢめられるし…………。
 自分で言うのはどうって事ないのデシが、寄って集って(たかって)攻められますと、妙に気分が高揚して……ぢゃない!……ホントは慎ましくも思慮深く、心優しいタルなのに……。
 
 
 
 
ま、自ら『慎ましく』と言ってる時点で、慎ましくないのデシがw
 
 
 
 
 キャラ的に、『ここはオレに任せて、お前達は先に進め……』なんて、ボクが言っても似合わないぢゃない? てか、言ったら立っちゃうぢゃない? 死亡フラグが……w
 だからワザと、敢えて、イヤイヤながら『お前達の分までウハウハするから、迷わず犬死にせい、我が下僕よ! げへぐへへ♪』と、悪ぶってるのに……。
 
 
 
 
ん? これだと違う意味で死亡フラグが……?
 
 
 
 
 へ? 『死亡フラグ』なんて聞いたことないデシって……? ふむ……そんなアナタにはコレ↓w
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm6615961 全てはここにw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月12日 (土)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-12

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
「ふむ……この場にて姿を留めていられると言う事は……其方(そなた)、本当に生者だったのか……何の因果で乗り合わせたかは知らぬが、不憫な事よ……。」
「判ってもらえましたか? 私以外にも、小さな子供が一緒に乗ってしまってるのです。今すぐこの船を止めるなり、行き先を変えるなりして、元の世界に返して下さい。」
「…………無理だな。某(それがし)はただの番人。そして、何人たりとも船長には会えぬ…………だが、一つだけ方法が有るにはあるのだが……。」

「どんな方法ですか? 何でもやります……。」
「其方(そなた)、何か武芸の心得があるか?」
「…………は? それはどう言う……?」
 男は薄い唇を微かに引きつらせ……どうやら笑みを浮かべているようだ……。
「某(それがし)も、とある事情から、この船の番人の真似事をしておるのだが……退屈でのぅ。」
「……はぁ?」
「某と手合わせを願いたい。もし、一太刀でも某に掠る(かする)事が出来たなら、某から船長に話を付けてやろう。どうじゃ?」
 エントランスで、男はどこから持ち出したのか、長刀(なぎなた)のような武器を片手に、珠の前に立ちはだかった。
 どうやら、珠に拒否権は無いらしい……もっとも、珠も拒否するつもりは無いらしいが。
 
「……判った。その勝負受けよう。」
 そう答える珠の目の前に、大小、様々な剣や槍が現れた。
「得物は好きに選べ。」
「いや、結構。私にはこれがある。」
 そう言うと、珠は両腕から竜剣を伸ばした。
「おおぉ、其方……裁きの一族であったかsign02 これは驚喜! 我が宿願、これにて果たせるや?」
「ん? どうしてその事を?」
「問答無用! いざ、尋常に…勝負っっsign03
 そう言うなり、男はヒラリ…と飛んで、珠との距離を一瞬で詰めた。
 
 ガキンッッ!
 
 男の一撃を、珠は飛び下がりながら、竜剣で打ち払った。
 だが、剣を弾かれたのは珠の方だった……手首が痺れて、感覚が戻らない……。
(何だ、この強さは……? 半端じゃないぞ…………。)
「ほう、良い動きだ、中々見込みがありそうだ……それでこそ、裁きの一族。」
 戸惑う珠には少しも構わず、男は嬉しそうに呟く(つぶやく)と、長刀(なぎなた)をクルッと回して中段に構え、
「そうそう、まだ互いに名乗り合うておらなんだな。某、井中 毅一郎(いなか きいちろう)と申す。故有って、死せる後もこの船の番人をしている。其方の尊名(そんめい)を賜り(たまわり)たい。」
「……私は…来門 珠……だ。」
「では来門殿、正々堂々参ろうぞ。」
 
 井中はスタスタ……と、あっさり珠に歩み寄り、無造作に長刀を突き入れてきた。
 珠はそれを竜剣で受けるのみで、自分からは仕掛けられずにいた。
 「ほれ、ほれ、この程度で音を上げられては困るのだがな……。」
 井中は愉快そうに笑いながら、その表情とは裏腹に、長刀を正確に繰り出していた。
「………………。」
「……仕掛けて来ぬなら、某から参るぞ? 我伝五月雨流 壱の太刀“乱雨(らんう)”!」
 そう叫ぶと、井中は目にも留まらぬ早業(はやわざ)で、無数に長刀を突き出した。
 珠は両手の竜剣で必死に捌いた(さばいた)が、とても追い付かず、ジリ…ジリ……と追い詰められ、間合いを外そうと、大きく飛び退いた。
 
 早くも息が上がり始め、肩で息をする珠に対し、井中はあれだけの突きを繰り出しながら、息一つ乱してなかった……もっとも、死人なので息をしてるかどうかは……。
 目の前の強敵に対し、珠はしかし、この時別の事を考えていた……いや、思いを巡らせていた。
(…………この激しい突きは……確かどこかで…………。)
「どうした……もう降参か?」
「まだまだ! 勝負はこれからだっ!」
 井中は満足そうに口元をニヤッと歪め、再びスス……と滑るような足取りで珠に近付き、『乱雨!』と、長刀を突き出した。
 
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

ゼオルム火山でレベル上げ。

 ばんは~~ちゃびデシw 格闘や両手槍と言った戦闘スキルを、低すぎるから……と1日で50や70上げる生活をしてますと、錬成の0.1が果てしなく遠く感じて……w
 それに、燃料費を湯水のように垂れ流さねばならず、ボク的に、お大尽の道楽系にしか思えない今日この頃……それでも、PT誘われ待ち中に性懲りもせず……w
 
 で、何となく判ったコツを披露しますと……最初に3回ほど連続して燃料を投入したら、圧力と安全レバーを数値の高い方から2回連続ずつ操作して、安定させます。
 んで、1回燃料投入してまた調整……内圧と不純物の数値が、どちらか50を超えると爆発の危険性が出ます……そこで「たたく」と、たまに回避出来ます……?w
 
 もし、爆発してしまったら、自分の状態異常をすぐ治して「燃えがら掃除」、その後、燃料を再投入して調整して完成に近付ける……みたいな流れになります。
 錬成は、失敗しても材料が無くなることはありません。でも、高価な燃料は戻ってきませんし、灰ももらえないのでなるべく成功しましょうw
 
 
 
 
たとえスキル上げ重視の「素人」レベルでもw
 
 
 
 
 で、妖精のリンゴ2ダース分をリンゴジュースにしたところで、外人リーダーからお声が掛かり、白門に嬉々として飛びました。
 この日の構成は、ナイト、戦士、暗黒、コルセア、シーフ、赤魔道士……『赤さん大変だぁ……』的肉弾PTw
 
Tya091210233927a  リーダーが外人だと、尻込みする国産が多いと見え、構成も偏っちゃうのよね……その気持ちは判らなくもないけど……w
 確かに、ワガママ気まま、国産から見たら自分勝手に思える外人は多いデシが、ボク個人の見解では、今までPT組んで一番酷かった人は、残念ながら国産デシたょ……。
 
 
Tya091210233934a  さてさて、ゼオルム火山に飛び、狩り場に移動する最中、リーダーからボクに釣りをするように言われた気がしたのデシが……意味不明の定型文だったので敢えて無視w
 てか、PTにシーフやコルセアがいるのに、それを差し置いて、戦士が釣りに出ねばならない理由が判りませんw
 
 
 
 
ま、それが外人クオリティなのデシがw
 
 
 
 
Tya091210233944a  さて、ボクがキャンプ地に到着すると、いきなり芋虫相手に始まってまして……いつモンスタが湧くか分からない所でキャンプするのも、外人クオリティw
 65のレベルシンク……と言う事で、白門を出る前から、両手斧に持ち替えてたボクデシたが……片手斧でも上がりました、まだまだ……てへ(*^_^*)
 
Tya091210234029b  しばらくはそこで狩りをしていたのデシが、「こっちの方が良いよ……」と、メンバーの誰かがリーダーに英語で進言し、定番の狩り場に移動しました。
 で、そこからはメリポPT顔負けの連戦モード。戦ってる芋虫のHPが半分切ったら、シーフさんが次の芋虫を引っ張ってきて、コルセアさんと赤さんが寝かせ、ボクが挑発を入れる寸法。
 
Tya091210233945a Tya091210233946b Tya091210233946c Tya091210233947a  ナイトさんや赤さんが大変だな……と思いつつ、負担を少しでも減らそうと、ガンガン削るボクとアンコック……えぇ、かなり良いダメ出してましたょ、ボクw
 アンコックのギロティンからボクのレイジングラッシュに繋げ、勝手に連携してました……流石に赤さんは回復に忙しくで、MB狙うどころぢゃ無かったけどw
 
Tya091210234136a Tya091210234150a  芋虫中心に、時には魚を交え、狩りは順調に進み……インシナレート(=火の息)で多少ドキドキする事はありましたがw……リーダーがレベルアップした所で時間切れ終了w
 ボク的には13000程の稼ぎになったデシょうか? それよりも、両手斧スキルが210まで上がった事が嬉しかったりw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月10日 (木)

錬成始まるw

 ばんは~~ちゃびデシw 火曜日はナイズルの日なのデシが、時は師走……不景気の中でも忙しいトコは忙しい時期。
 て事で、開始予定になっても人が集まらず……ぢゃあ! と誘われ、導入ほやほやの『錬成』なるモノに挑戦しましょ…と言う事なりましてw
 
 錬成に手を染めるには、まずバストークの大工房に行き、クエをこなして「錬成ユニット」を手に入れる事から始めます。
 この時、パルブロ鉱山にキーアイテムを掘りに行くのデシが……つるはしは壊れやすいので、複数持ってって下さい……ボク、掘り出すのに2本壊しました……w
 
 んで、土クリ、ブラスタンク、火打ち石、キーアイテムを渡すとクリア。ボクは有り難い事に誘ってくれた人が、ブラスタンクと火打ち石を用意してくれてて♪
 土クリと交換してくれましたw ま、それだけぢゃ流石に申し訳ないので、食べかけのメロンパイを差し入れしときましたw
 
Tya091209002405a  それで、いよいよ錬成開始……なのデシが、何しろ右も左も判らぬ者ばかり……導入初日なので、攻略系HPにも詳しい情報はまだ載って無くて……。
 で、オレンジジュースはレシピにある……と言う情報を頼りにウインに行き、サルタオレンジを買い込んで水の区のモグ前にある錬成釜に集合。
 
Tya091209002719a  お題はオレンジジュースにパインジュース……錬成には料理スキルはあまり関係ない…との前評判から、かなりブルーだったボク的には大歓迎w
 武器や防具は作れなくとも、そこに至るスキル上げには使えるんだ……と、取り敢えず一安心した次第w
 
 
 
 
ボクの合成スキルは魚料理に特化してますからねぇ……w
 
 
 
 
Tya091209002720a  で、錬成釜を取り囲み、順番に操作してオレンジジュースを作っていったの……ちなみに、レシピにはヤグドリもありました……スキル高すぎて作れなかったけどw……デシが、燃料費が高い……
 燃料を1充填するのに100ギル掛かるのね……オレンジジュース3回、ヤグドリ3回挑戦して約3万ギルの出費デシた……これなら調理した方が……w
 
Tya091209003009a Tya091209003404a  錬成スキルが上がって、要領も判ってくれば、もう少し安価に出来るかも知れませんが……飽きるw それまでに飽きるw
 
 なお、これまでに分かった事デシが、錬成窯への燃料投入や操作は、PTの誰でも出来ますが、窯を占有してる人しか出せません。
 すなわち、自分の燃料ゲージが満タンでも、占有してる人のゲージが0なら、それ以上燃料は投入出来ません……。
 
 なので、切れそうになったら、クリスタルかフュエルを窯に直接投入する必要があります……占有者は、近くのNPCに話し掛けて燃料を充填して(有料)もらえます。
 ちなみに、クリスタルは1、フュエルは50充填出来ます。フュエルは連金スキルが有れば自作出来るそうな。
 
 フュエルは「炎のフュエル」「光のフュエル」……のように属性毎にあり、スライムオイル、各色石、ヨクモエール(=大工房G-7:Noggaより購入)で、合成出来ます。
 そうそう、錬成に失敗した時、爆発に巻き込まれて結構なHPを削られたり、毒にやられたりしましたので、「バファイラ」「バポイゾラ」をかけてやった方が良いかもw
 
 おそらく業者対策なのデシょうが、ホントに結構痛いのでw 毒状態だと、窯を操作出来なくなったりしましたからね……。
 なんにせよ、これでしばらくバストークが賑わう事は間違いなさそうw 「ヨクモエール」も「赤石」「黄石」のような色石もバスの彫金ギルドで買えますからw
 
 ただ、石の値段が問題なのデシが……彫金ギルドは6000ちょい、競売でも既に1000→6000に跳ね上がってますからなぁ……。
 マウラまで足を伸ばしてみましたが、闇と水のフュエル用の石は5000オーバーしてましたし……6000で買うくらいなら、NPCに支払って補充してもらった方が得。
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月 9日 (水)

スキル上げ、スキル上げw

 ばんは~~ちゃびデシw 誘われませなんだw 希望出しながらアルタナミッソンを進めてましたが、結局誘われませんデシた……。
 なので、一縷の望みをかけてアルテパに飛び、今回は両手やりのスキルを上げながら、PTの誘いを待つ事に。
 
 レベルシンクが当たり前になり、白門出てすぐに戦える、コリブリ戦に駆り出される事も多くなりまして……。
 キャツらには、斧で叩くよりも槍で突いた方がダメが出るので、遅ればせながら「ペンタスラスト」覚えようとw
 
 とは言え、現在の槍スキルは21……ペンタは150必要で……遠い、遠いょお……。ま、泣き言言ってもスキルは上がんないのでw
 東アルテパで、練習以下のゴブリン相手に、ひたすらツンツン突き続けてましたw えぇ、経験値の入る「楽-」クラスのゴブを叩いても、21では当たらないのでw
 
 
 さて、練習以下のゴブリンでも、3回に1回は空振りしますし、攻撃が当たっても、20とか30位のダメしか出せません。
 なので、1匹のゴブでそれはもう、たっぷり楽しめますw 攻撃さえ当たればスキルも鰻上り……いあ、ロケット上りくらい上がりますの♪
 
 なので、例によって調子に乗り、片っ端からゴブを叩いてましたら、妙に空振りばかりしてしまうゴブに当たりまして……えぇ、経験値の入る「楽クラス」ゴブデシた。
 ボクの攻撃は、ゴブの半分くらいしか当たらず、HPがジワジワ削られて……Bボルト撃って吸収しようにも、射撃も当たらず……一応スキル130はあるのデシが……。
 
 ピンチかな……と思っていると、どこから嗅ぎ付けたのか、別のゴブが1匹2匹寄って来て……3対1の虐められモード発動……まさか、こんなトコで昇天?
 こんな事で呼びたくはなかったのデシが、HP回復の術(すべ)が無いボクには、それ以外の方法はなく……フェローさんに登場を願いました。
 
 「お待たせ~~頑張るからね……」と、場違いな明るさで登場したラディールさん(=フェローの名前)は、いきなりの修羅場モードにも眉一つ動かさず、ボクにケアルくれましてw
 ボクもソールスシ食べて命中率と攻撃力アップを図り、反撃開始。1匹ずつ片付けていき、最後のゴブをダブルスラストでトドメを……刺し損ねたところ、ラディールさんが陣風。
 
 『キュウウゥゥ!』っと、聞き慣れた音(フェローさんのダメやエフェクトを出させるフィルター知らないので音だけw)と共に、ゴブリン撃沈……フェローに「湾曲」〆されるとは……恐るべしw
 で、その後は、せっかくラディールさん呼んだのだから……と、経験値の入るゴブを探し回り、地味に経験値稼いでましたw
 
 終わってみれば、1時間チョイで両手槍のスキルは21→91にw デタラメな上がり具合に笑いが止まりません……ま、それでも、低すぎる事に変わりないのデシがw
 ただ、こんだけスキルが有れば、今度は西アルテパ行って、FOV絡めてスキルも経験値も稼げそう♪ なんちゅうか……めでたしめでたし?w
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月 8日 (火)

アポリオンNE行って……。

 ばんは~~ちゃびデシw なるべくカウントのかさ上げしないよう、自分のブログは見ないようにしてるちゃびデシw ズルしてるように思えましてね……自重してますw
 が、LSの人が「であぼろ戦」に行く……と言うので、アドバイス出来れば……と思い、過去ログを漁って表示してみると……。
 
 
 
 
頼んでも、設定してもいないのに、短縮表示……。
 
 
 
しかも、解除の仕方が分かんない……w
 
 
 
 
 そりゃ、毎日毎日、だらだら書き綴ってますが、「続きを読む……」で隠されちゃぁ……てか、『ばんは~~ちゃびデシw……続きを読む……』になっちゃうのは……w
 すぐに本題に入る事も多いデシが、ある時期のは無い知恵を捻って、ツカミ、本題、〆……と、それなりの仕様になってるのにw
 
 あっ、そうそう、ちなみに当時、最短記録を打ち立てた「であぼろ戦」は、2008年6月1日のブログにアップしてましたw ボク的に魂が慟哭する報告になってますw
 我ながら結構、必死になって取り組んでいたんだな……って事は、それを遡ると脳内シミュレーションをやったり、青ソロ特攻で実地検証してみたり……で判りますw
 
 
 
 
ま、その挙げ句がアレデシから……慟哭もしますゎなぁw
 
 
 
 
 それはさておき、アポリオンNEデシょw 何故今回は「NE」まで覚えてるか……と言いますと、突入してバトルしてる最中、見知らぬ人から『今どこでやってます?』と質問されたから……。
 白1人体制で、前衛陣のケアルやら状態異常やらを治してる真っ只中に質問され、人の……タルの良いボクは、放置すれば良いものの律儀に……w
 
 それが原因……ではありませんが、ガル忍者さんを昇天させてしまう事故はありましたが……あ、黒さんも一人……こっちは不可抗力っぽい(=他の誰かに魔法かけてた)のでスルーw
 前衛さん達は、こまめに着替えて(=装備変更)、最大限の攻撃や防御をするので、タゲれなくなるのよね……Fキー操作すると、動作自体に支障が出る仕様だし……。
 
 上手い前衛さんほど、マクロ組んで一撃毎にパパッと着替えたりするので、ボク的にしょっちゅう『きいぃ~~~~っ!』と、なってたりするw
 ま、それでもキチンと回復する辺り、『守護神』の看板は伊達ぢゃないな……と自画自賛w ウン、ボクって案外スゴイょ?w
 
 で、ラスボスのマンティまで倒し、ボク的に獣人古銭6枚、白とからくり士のパーツゲット♪ の大盤振る舞いw
 その後、みなさんにおねだりしてジャグナーに来てもらい、先日、死に物狂いで植えたNMの球根……が育った大木を倒してもらい、アルタナミッソンもクリア♪
 
 これでまた、「みなさんに追い付け追い越せ計画」に弾みがつきました♪ えぇ、後は抜け駆けして一気に出し抜いて……あ、いえ、こっちの話……w
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月 7日 (月)

師走デシなぁ…………。

 ばんは~~ちゃびデシw 今年も後僅か……の台詞を、毎年この時期に使ってる芸の無さ……毎年この時期に自己嫌悪に陥ってます……w
 クリスマスに年賀状にお年玉……収入が無くなってからデシょ、厄介の極みに思ってしまうのは……8人いる甥や姪には罪は無いのデシけど……。
 
 投資信託が上手く運用されてれば、もう少し心に余裕も生まれましょうが、評価額は下がったまま、「特別配当」の名の下に、元本削って「配当だ」と言われても……ねぇ?
 これぢゃ、評価額が倍近く跳ね上がらない限り、損した分は取り戻せません…………あぁ、タイムマシンさえあれば、あの日に戻って止めさせるのに……。
 
 また、世間では不景気の煽りを喰らって、ボーナス0の企業も多いとか……ま、そもそもボーナス…ってのは、会社が儲かって初めてもらえるものだから、仕方ないデシけどね。
 仕事してる時は、ボーナスはおろか、残業代も休日出勤等々の諸手当すら、1度ももらったことの無い身からすれば、何の感情も湧きませんが……ま、お気の毒…とだけw
 
 朝8時過ぎから夜12時近く……土曜は半ドンで午後6時くらいw……まで働いて、平均月給25万弱(但し、年2回ほどある閑散期に、無報酬の月が有ったりする)。
 ちなみに妻子持ちの弟は月収36万強、閑散期にも当たり前のように給料持っていきました……ボクがかつて『弟のために結婚を諦めた……』と言った意味が判ってもらえましたかな?
 
 
 何を今更、こんな事を書いてるか……と言うと、世の中、下には下があるんだゾ……とw 給料を毎月当たり前のようにもらえるのは、実はとても有り難く、幸せな事なんだゾ……とw
 「当たり前」って、無くして初めて気付くのよね……「当たり前=幸せ」って事に。みなさんが「当たり前」を失う前に気付かせてあげるのが、一足早いボクからのプレゼントかな……と。
 
 
 
 
気付けたら、努力する張り合いも生まれますやろ?w
 
 
 
 
 あんな過酷な労働環境でも、『収入がある分、まだマシだったのかな……』と、思わなく無い中の人が言ってるので、説得力はあるかと……w
 いあ、だからって、3年前に戻って仕事をやり直したいかって言われると、絶対イヤデシが……w えぇ、もう、流石に弟の犠牲になるのは飽きたw
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月 6日 (日)

タルタル戦士、真っ当に扱われるw

 ばんは~~ちゃびデシw スキル上げでも何でも、ソロで行動してますとモノでカバンが圧迫されまして……てか、若干溢れていたりするw
 なので、身軽になるべく、必要か否か…迷ったら叩き売り、少し空いたので、ここぞとばかり、材料のかさむカレーパンを作りました♪
 
 カレー粉とサンドリア小麦はスタック出来ないので、カバンの空きを見ながらでないと、材料が持ちきれなくなるのねw
 で、倉庫に預けてたカレー粉を引き取り、4回合成……いあ、料理しますと、HQ2回でカレーパン・イエローが20個、カレーパン・イエローEXが8個w
 
 
 
 
でたらめデシ、「EX」ぢゃなく「+1」w
 
 
 
 
 12個出来てくれたら、競売で叩き売るのデシけどねぇw 仕方がないので次の料理の時間まで保管します……食っちゃうかもしれないけどw
 で、そんなこんなで時間を潰しつつ、PTの参加希望を出しましたら、その日は運良く声が掛かりまして……いそいそと白門へw
 
 シンクPTと言う事デシたので、さっさと両手斧に持ち替え、スキル上げに備えるボクw でも、50でシンクするって事で、ボクの野望は始まる事無く終了w
 お陰様で、片手斧は212、両手斧も202まで上がり、60超のシンクでもないと、両手斧も上がらない予感……格闘上げる訳にも行きませんしねぇw
 
 さて、この日のメンバー構成は……と言いますと、忍者、戦士、コルセア、詩人、黒、白……忍盾さんは、ちゃんとサポ戦で来てくれてましたょw
 で、50シンクだからコリブリかな……と思ってたら、クフタルでカニを叩く事になりまして……お弁当消されずに済む♪
 
Tya091204223206a  最初は広場で戦ってたのデシが、すぐにカニが枯れる…との事で、奥に行く事になりました……実際、それ程殲滅速度が早いとは思わなかったのデシがw
 テリガンに出る坂道にキャンプ地を置き、気合いを入れ直して再スタート。カニは防御が高い……と言うよりは、こっちの攻撃力を落とされる方が大きく、思ったほどダメを出せません。
 
Tya091204223209a  なので、この日も連携してMB(=マジックバースト)を活用する事に……もちろん、ボクの提案w
 カニの弱点属性の「湾曲」を出したくて、あれこれ試行錯誤の末……誰も知らなかったのでw……忍者さんの「地」→ボクの「スピニングアクス」で出せると判りましてw
 
Tya091204230204a  それからは、少し殲滅速度が上がりまして、4チェーンくらいまで行くように♪ そうなると、今度はカニが目減りしまして……w
 さらに悪い事に、ボク達の近所にソロでフェローさんとカニを叩く人も現れ、ますますカニが………………貴重品にw
 
Tya091204230206a  釣り役のコルセアさんが、かなり遠くまで探しに行くのデシが、それでも見付からず……帰り道にポップしたカニを釣ったのは良いのデシが、すぐ近くでも湧き……。
 迎え挑発に出ていたボクの機転で、別のカニに見付からぬようキャンプ手前で叩く事にしてたら、更に別のカニが目の前に現れ、修羅場モード発動w
 
 詩人さんやコルセアさんが必死で寝かせ、ボクがそれに挑発を入れてタゲを取り、目下の敵を叩きました。
 忍者さんもタゲの固定に必死デシたが、前衛2人の「挑発」リキャストの間に詩人さんが倒され……シンク解除、総力戦に。
 
 ま、元のレベルに戻った……と言っても、白さんが72の次はボクの66、残りは50前後だったので……えぇ、1人で面倒見ましたw
 TP溜まる毎にランページを撃ち続け、万遍なく挑発入れて、ボクにタゲが集中するようにして……幸か不幸か、ここんトコ、盾で扱われてた成果が出ましたw
 
 結局、犠牲者は詩人さんだけに留まり、せめてもの……と、最後のカニを倒す前にレイズするように言い、全員揃ったところでトドメを…………3チェで経験値22w
 ボクから見て「同じくらいの強さ」だったから、100くらい入っても良いのに……と、白さんのレベルを失念してたボク。
 
 終了時間間際の修羅場……そのまま終了……でも、雰囲気は良くて一安心しました。この日の経験値は9000程(皇帝の指輪含む)。
 ま、そこそこ……って感じデシが、和気藹々とした楽しいPTで言う事無しデシた♪ 忍者さんも、ちゃんと挑発入れてくれましたし……ね?w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-11

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 全員が就寝してしばらく後、珠はパチッと目を覚ました。
(…………『裁き』の時は別にして、普段なら朝まで熟睡する質なんだが……。)
 何度となく寝返りを打っていた珠だったが、やがて諦めたように起き出した。
 妙に肌寒く感じるのは、空調のせいではない……一姫達はスヤスヤ眠っている。
(フェリーに乗り込んだ時から感じてる違和感か? この妙な胸騒ぎは一体……?)
 珠は一姫を起こさぬよう、スーツとコート一式を手に取り、静かに部屋を抜け出した。
 腕時計の針は午前二時……夜行塗料がボンヤリ光っていた。

 
 珠は階下にある、オープンカフェにやって来た。
 もちろん、営業時間はとっくに終わっている。
 カフェの一角には自販機コーナーがあり、珠はそこで何か暖かい物を買おうとしていたのだ。
 外洋を航行しているせいか、波と風は強いようで、水滴混じりの潮風が、容赦なく珠の頬を叩いた。
 ゴトン……と出て来た缶コーヒーを手に取り、珠が何気なく振り返ると、そこには何人もの客が言葉少なに佇んでいた。
 珠は声を上げそうになるのを必死で堪え、慌てて缶コーヒーを飲み干した。
(…………最初からいたか? 暗くて見えなかっただけか……?)
 コーヒーが体の芯から温め、人心地ついた珠は、改めて辺りを見回した。
 営業を終え、非常灯がポツンポツン点って(ともって)いるだけの薄暗いテーブルスペースに、気配どころか、生気すら感じられない人々が蹲る(うずくまる)ように座っている……。
 不審に思った珠は、近くにいた高校生と思しき(おぼしき)集団に近寄ると、
「こんばんは。少し肌寒くなってきましたね? こんな夜更けに明かりも付けず……どうかしたのですか?」
「…………僕達は……先日、地区予選の帰り道、バスが転落して……その時死んだ野球部の部員です…………。」
 
 
 珠は緊張した面持ちで……と言っても、例のマスクで表情は窺え(うかがえ)なかったが……階段を駆け上がっていた。
「…………どうしてこんな事に……?」
 最上階にある操舵室……そのドアに、珠が手を伸ばそうとした瞬間、
「待て。」
 背後から静かな声で呼び止められた。だが、尋常ではない殺気を感じ、珠は思わず立ち竦んでしまった。
「ここは一般人が立ち入って良い場所ではない。目的地に到着するまで、大人しく自分の部屋に戻られよ。」
「……いや、私は船長と話がしたいのです。」
「それは適わぬ。船長は誰とも話さぬ。」
「……貴方(あなた)は一体……?」
「某(それがし)はこの船の運航を守りし者。其方(そなた)……ほお、生者がこの船に乗り込むとは珍しい。未だ死に切れずにいるのか……。」
 
「……と言う事は……やはり、この船は…………?」
「うむ、死者をあの世に運ぶ船である。」
「ちょっと待ってくれ、何かの間違いだsign01 私…私達は生きているsign01 今すぐ下船させて下さいsign03
「自分の死を受け入れられぬ者は、みなそう言う。気の毒だが、それは出来ぬ相談だ。死んだ者が二度と生き返れぬのと同様、この船も目的地に着くまでは止まれぬ。」
「……貴方では話にならない。やはり、船長に直接頼む!」
 そう言うや、珠はドアノブに手を掛けた……その瞬間、足下の床が消え去り、珠は悲鳴諸共、奈落の底に飲み込まれていった……。
 
 何処をどう運ばれたのか、珠が腰をさすりながら立ち上がると、そこはフェリーの甲板だった。
 この世とあの世の狭間を運航しているせいか、夜空は暗雲が垂れ籠め、潮風は激しく吹き荒び、波は幾重にもうねって船体を叩いていた。
 珠が操舵室に戻ろうと歩き出すと、エントランスから、時代劇の侍……と言うよりは浪人を思わせる、着古した胴着に袴姿の男が現れた。
 先程、珠に鋭い殺気を浴びせた男だ。
 
「ふむ……この場にて姿を留めていられると言う事は……其方、本当に生者だったのか……何の因果で乗り合わせたかは知らぬが、不憫な事よ……。」
「判ってもらえましたか? 私以外にも、小さな子供が一緒に乗ってしまってるのです。今すぐこの船を止めるなり、行き先を変えるなりして、元の世界に返して下さい。」
「…………無理だな。某はただの番人。そして、何人(なんぴと)たりとも船長には会えぬ…………だが、一つだけ方法が有るにはあるのだが……。」
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月 4日 (金)

タルタルからくり士? フライング発進w

 ばんは~~ちゃびデシw ここんトコ、お誘いが来ない日が出て来まして……そんな時は、アルテパでスキル上げ三昧しているのデシ。
 で、今日も今日とて、フェローさんと一緒に格闘スキルを上げてますと、対サボテンダー戦で、キャツが「針千本」の構えに入った瞬間、フェローさんの鎌峰(=スタンWS)がっっ!
 
 そのドンピシャのタイミングに、中の人がモニターの前で『惚れてしまうやろっっっ!』と、叫んだ…………かどうかは定かではありませんw
 お蔭で、スタンWS用に貯めておいたボクのTPは、有り難くトドメ用のWSに使わせてもらいました♪
 
 その後も順調にカブトを叩いてますと、LSの人からお声が掛かり、低レベルジョブの底上げをする事になりました。
 レベル10くらいのジョブで……と提案しましたが、該当するのが無く、レベル7で落ち着きまして……『だったらぁ~♪』と、満を持して「からくり士」にw
 
 とは言え、突然の事で装備が無く……からくり士ってレザー装備使えないのよね……コックさん装備に釣り用ゴム長w んで、その他は初期装備で誤魔化す仕様。
 チョコボサーキットに集合し、テレポホラ経由でラテーヌ高原に飛ばしてもらい、FOVを受けて早速スタート…………そして、初戦全滅……w
 
 竜騎士、戦士、からくり士の3人PTで、とてとて+のモンスタに挑んだのデシが、見事返り討ちに遭いましたw
 その、手も足も出ない圧倒的なパワー差に、すごすごとお題を変更する3人w ま、ラテーヌはレベル10になってから来る所デシからねw
 
 ボク以外の人達は、雑魚モンスタを倒しながらサンド方面に移動、ボクは…………支援を間違えてデジョンしちゃって、サンドから合流すべく涙目走り……w
 「迷子のチョコボクエ」で駆けずり回ってるだけあって、一直線に西ロンフォを駆け抜け……まず、東ロンフォに出て、過去に行きそうになったのは内緒……ラテーヌで合流。
 
 それからは順調にFOVをこなし、終了する頃にはレベルが2つ上がってました♪ からくり士の……てか、我が相棒「ちょび」の優秀さに脱帽した一時デシたw
 以前「ココロ」を紹介しましたが、その動画主さんは、からくり士のノウハウを全て動画で説明してくれてるの。
 
 
 
 
通信教育? って感じw
 
 
 
 
 で、慣れないながらも、マニューバを回してますと、低レベルではほぼ無敵なのw レベル7でブリスト&リフレするの♪
 闇マニューバはリフレ、土マニューバはストンスキン、風マニューバがブリンク。10秒毎にマニューバを入れると、最高3つ同時に使える仕様。
 
 
 
 
ま、有効時間は1分だけなのデシけど……ねw
 
 
 
 
 いや、もう、からくり士本番が楽しみになってきました……早く戦士を75まで上げなければ……そして、魔神の斧を振り回さなきゃw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月 3日 (木)

過去ジャグナでプリケツ……

 ばんは~~ちゃびデシw いあ、だから、その豆乳では味が濃すぎるから…………それでココア作ると、味が変わっちゃうんだってば!
 あ……いえ、こっちの話w 中の人は牛乳の替わりに豆乳入れて、ココアを飲む習慣なのデシけど……えぇ、健康のために♪
 
 で、母が気を利かせて、時折、豆乳を差し入れてくれたりするのデシけど、その豆乳が製法なのか上等なのか、みょ~~に味が濃いw
 豆乳として飲むなら言う事ないのデシが、何かに混ぜて飲んでも豆乳の風味が勝っちゃって……もちろん、成分無調整の物なのデシがね……。
 
 ボクが好きなのは『豆乳入りのココア』であって、『ココア風味の豆乳』では断じてないsign01 あってはならないsign03
 
 
 
 
てか、もはやプロテイン化してるょ? コレ?w
 
 
 
 
 それはさておき、前日過去ジャグナを彷徨い、ケルヌンノスの球根を手に入れたボクは、現代サンドでイベントを見た後、その球根を植えるために、再び過去ジャグナに。
 球根を植えるのは、ジャグナの北にある小さい方の湖デシ……現代ジャグナのギルド桟橋に入る……あそこデシ。
 
 過去ジャグナは基本、インビジ(=視覚遮断)だけで進めるので移動は楽……デシが、あんなにノールがウジャウジャしてたとは…………。
 えぇ、湖周辺は「とて強」クラスのノールが、所狭しと闊歩(かっぽ)していて……とてもとても怖い……。
 
 でも、まぁ、インビジで姿を隠していれば、ダイジョブ。ポイントに辿り着きさえすれば、後は隙を見て球根を植えるのみ……と思ってたら……。
 いきなりノールに襲われ、カー君レーダーが反応して応戦。『え? なんで?』と、ぷちパニクりながら逃げ惑ってると、別のノールも絡み出して袋叩き&昇天……。
 
 後でLSの人達に質問したのデシけど、ノールは4本足歩行の時はインビジだけでOK、夜間、2本足で彷徨いてる時はスニーク(=聴覚遮断)も必要なんだとか……。
 そう言えば、「アルタナ……」実装当時、ポキポキのみんなと、そんな事調べてたよなぁ……と、プリケツで地面に突っ伏しながら、物思いに耽るタルが1尾…………w
 
 ただ、転んでもタダでは起きないのがボクの真骨頂……ま、単にカンパニエ用のリレが残ってただけ…とも言いますが……w
 ノールが離れた隙に起き上がり、壁に貼り付くようにしてインスニ。近くに生体感知のモンスタがいたら、確実にトドメを刺されるHP赤……30のままミッソン続行w
 
 湖に到着し……ウロウロしてるノールの一瞬の隙を突き、姿を現して球根を地面に埋め、ドキドキしながらテレポホラ熱唱……ぢゃなく、詠唱w
 ノールがクルリと輪を描いて……描かない書かないw……こっち向いて迫るなか、ギリギリのタイミングでテレポホラ発動、脱出成功note
 
 このまま現代ジャグナに行って、NMにソロ特攻仕掛けようか……とも思いましたが、全く準備してなかったので後日に回し、続いてウインの過去クエに移行。
 先日紹介したニコ動、どうやらウインミッソンではなく、ウインの過去クエに関連しているような感じデシて……それで急遽進める事にしましたw
 
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8683104
 ↑ コレデシね。
 
 で、この前取ってもらったアイテムを過去ソロムグのジュノ門にトレードし、イベント見て過去クエ3終了♪
 カンパニエ経由で過去サンドに戻ると、イベント始まらず……w 仕方なく徒歩で一旦外に出て、もう一度徒歩で入り直すとウイン過去クエ4の始まり始まりw
 
 その後、カルゴナルゴ砦に飛んでイベント。オズトロヤ城に入ってイベント。カルゴナルゴ砦に戻ってイベント……んで、BC行きのカギゲットで本日終了w
 ↑ えぇ、移動に疲れて、感想も何も……w ともかくも、バトル無しで進められる所はここまでデシ。
 
 今後の展開は、ソロ特攻かけるか応援要請するか……取り敢えず、ソロで様子見行ってくるかな?w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

タルタル戦士、誘われない時は……。

 ばんは~~ちゃびデシw PTの参加希望を出してても、誘われない日もあります。そんな時は、自分がリーダーになってメンバーを捜すか、あるいは諦めて不貞寝するか……。
 いあ、寝ませんけどねw やりたい事……てか、やっとくべき事が一杯有りますので、そっちの消化に努めておりますw
 
 で、その日は誘われるのを待ちながら、西アルテパで経験値も入るスキル上げ♪ えぇ、東アルテパでは対象モンスタが、見付け辛くなったのでw
 OPデジョンを使って東アルテパに飛び、西に移動した後、まずは「チョコボの宝探し」……無料で安全に目的地に移動出来、あわよくばお宝までも……な、欲張り指向w
 
 一番の目的は「からくりパーツ」だったのデシが、今回は見付からず……でも、運良く宝は探し出せたので、良しとしとこう♪
 アルテパは掘れる回数が少ないのでね……お宝を掘り出せる確率が低いのデシょ。ちなみに今回掘り出せたお宝は、ゴゼビの野草にPワーム、蘇生珊瑚……だったかな?
 
 その後はカブト山でFOVを受け、カブト虫10匹にサボテンダー1匹倒しました。サボテンダーの「針千本」が怖かったので、いつでもスタンWS撃てるようにして。
 ちなみに「針千本」とは、防御無視で1000ダメ喰らう危険な技デシて……ま、ダメは人数割りされるので、サボテンダー叩く時は、後衛もバトルに参加します。
 
 今回、ドキドキしながらサボテンダー叩きましたが、結局「針千本」は撃ってこず、ボクもフェローさんもホッとしましたw
 一番難儀なモンスタを最初に倒した事で、気分的に楽になり、後のカブト退治は順調順調……ただ、調べもせず殴りかかったので、練習以下を延々殴り続ける事もしばしばw
 
 結局、カブト10匹で良いところを13匹殴り、FOVは無事終了♪ もう1ターンくらいしようか……と思ったところで、本来の目的を忘れている事に気付き……w
 PT誘われないなら、過去クエとアルタナミッソン進めるか……と、フェローさんに別れを告げてサンド帰還。格闘スキルは20くらい上がり、「乱撃」を覚えました♪
 
 
 
 
当分使えないけど……w
 
 
 
 
 さて、サンドで召喚士に着替え、過去に向かうとロンフォでカンパニエバトル勃発。行きがけの駄賃に……と参加し、戦利品2品ゲットw
 で、過去サンドに戻り、今度は過去ジャグナーに飛び、過去ミッソン進行。イベントを見た後、次のイベントで必要になるアイテムを求めて、過去ジャグナの球根を叩くボク。
 
 過去ジャグナを駆けずり回り、3匹目の球根を倒したところで念願のブツをゲット。それを持って現代サンドに飛び、そこで衝撃の真実を知るボク……。
 
 
 
 
スプリングでなく、サプリングだったとは……
 
 
 
 
 FF歴およそ6年……今日の今日まで球根モンスタの事を、ず~~~~~っと「何たらスプリング」と読んでました……○rz
 イベントの会話で『サプリングは……』と言うのを聞き、初めて自分の思い込みに気付いた次第…………思い込みと言うよりは読み間違い?w
 
 
 
 
英語弱いねん…………
 
 
 
 

| | コメント (0)

2009年12月 1日 (火)

早くも来年のプレゼント……?w

 ばんは~~ちゃびデシw いよいよ12月……寒くなってきたせいか、我が家の亀の食欲が無くなりました……。
 いよいよ冬眠モードか……などと思いながら、様子を見てます。ま、生まれたての子亀でもありませんから、それ程心配してませんが。
 
 
 さて、甥っ子へのプレゼントが一段落し、その投資額の多さに相当動揺している今日この頃、その反省を含め、来年のプレゼントを早くも決定した模様w
 クリアパーツを買い直した件は棚上げしても、スプレーやら何やら……リアル支出もそうだし、組み立てに要した時間もかなり……。
 
 て事で、来年はミニ4駆を贈ることに決定w これなら実売価格700円程(モーター別)だしw 何より、走らせてナンボのオモチャだから……。
 実は昔、ラジコンに填った(はまった)後、何故かミニ4駆に目覚めまして……パーツは色々持ってたりするw
 
 
 
 
なんだ、ミニ4かょ……と侮る事なかれsign01
 
 
 
 
 子供のオモチャに見えて、そこに大人の技術と資本が加わったらアナタ、結構な破壊力をもたらすのデシょ…………グシャッッッ! ってくらいw
 普通のミニ4駆はコースアウトしても、『パキッ』とか『カシャッ』とパーツが外れて終わりなのデシけど、ボクが改造したら『ドゴォッッ!』とか『バキャッッ!』とかw
 
 
 
 
原型留めず粉砕されてます……w
 
 
 
 
 とにかくスピードを出すために、パーツをギリギリまで肉抜きして軽量化を図り、とっておきは反則モーターw
 田宮の公式レースでは、色々レギュレーションが決まっていて、モーターも指定以外の物は禁止されてるのデシが……。
 
 いくら童心に満ち溢れた中の人でも、リアル童と競う訳には行きますまい? なのでマイマシンは、勢いに任せて買ったコースを自宅に広げ、そこで夜な夜な……w
 今思い出しても『何やってんだ、自分っっっっ!』『何か危ないゾ、自分っっっっ!』と、我ながらツッ込み所満載なのデシがw
 
 で、何が反則かと言いますと……田宮のモーターはせいぜい2万rpm(revolutions per minute=毎分回転数)なのに対し、ボクが使ってるのは5万rpm前後……飛びますw
 きちんとセッティングしないと、コーナーやレーンチェンジの時、羽ばたきますw そして、文字通り昇天しますw
 
 そんなモンスターマシンを、来年はプレゼントしようかな……とw ま、一から用意したらGT-Rに負けないくらい費用はかかりましょうが、全部手元にあるのでw
 オプションパーツを惜しみなく使い、高性能モーターをきちんとシェークダウンし、最高の性能が出せるようにセッティングして……。
 
 閑話休題、ここだけの話、高性能モーターほどシェークダウン(=慣らし運転)しないと、本来の性能が引き出せません。
 5万とか6万とか派手な宣伝文句も、それ前提の話デシからね? それに、耐久性も格段に上がりますし……ま、多少時間は掛かりますが、得しても損はありませんょw
 
 やり方は至って簡単、無負荷のモーターに単3電池1本接続して、電池切れになるまで回すだけ……それを前後1回ずつ回します。
 次に本体に組み込んで、タイヤを付けた状態で……ただし、台に固定して、タイヤが空回りする状態で同じく前後1回、電池1本を電池切れするまで回して完了。
 
 こうしておくと、カーボンブラシ等の角が均等に削れ、モーターの寿命が格段に延びます……クラッシュした際は関知しませんが……w
 
 
 

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »