« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の記事

2010年2月28日 (日)

たっだいま~~♪

 ばんは~~ちゃびデシ。漸くここまで辿り着きました……ふぅ…………って、ドコまで
なんだ、自分っっっ!
 FF以外は、あらかた……長かったょ、今回は……。結局、常時ビジーなHDDはデータ保存用にし、パーテーションの認識をしなかったHDDを、SATA差し替えて使うことで解決しました。
 
 RAIDの恩恵は無くなりましたが、出費は最小限に抑えられました……2台とも使えなかった時用に、5000円出して500GBのHDD買っただけで済みました。
 RAIDぢゃなくなった事で、インストール作業は体感出来るほど遅くなりましたが、流行りのスローライフだと思えば……ボクのはスローダウンライフか……。
 
 ま、PHS握り締め、ジリジリ身を捩らせながらメールで送る事を思えば、格段にストレスフリーで文字を打ち込めるので……♪
 明日から従兄弟(兄)が帰国して忙しくなるので、タイミング的にも良かったデシ。今度の帰国は、支払いと転院の手続きだけなので、すぐ対に戻ると思いますが……。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月27日 (土)

買え……と?

 ちわぁ〜ちゃびデシ。今日も朝からメイン機をいぢっていたのデシが、常時【ビジー】状態…………。
 月末なので、友人の本屋さんからメールが……と思っても、そこまでたどり着けない状態……。
 
 仕方なく、断腸の思いで、もう片方のHDDにインストし直そうとしたら、今度は【パーテーションが有りません】……と。
 モニタには、しっかり『Cパーテーション』と有るのデシが……どゆ事? ひょっとして、全ての元凶はコレ?
 
 HDDを差し換えて試そうか……と思ったところで、タイムアップ……実家に赴く時間が来まして…。
 続きは夜、帰宅してからじっくり、腰を落ち着けてやりますわ……。
 
 
 
 それにしても、叔母の見舞いに追われ、心身とも疲れている所にこの仕打……ま、良い気分転換にはなります。
 なりますが、違うストレスが溜りつつあるような……気のせい? ボクの気のせい?
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月26日 (金)

ハズレのHDDにインストールしちゃった?

 ばんわ〜〜ちゃびデシ。ただ今メイン機を復旧してるのデシが、どうやら悪い方のHDDにインストールしちゃったぽい……。
 作業の途中に、何度と無く空白の時間が生まれてますの……。
 
 午後9時前から始めて、もう3時間以上作業してるのデシが、一向に終わる気配がありません。
 何か、無性にチクショウな気分……もう、諦めて寝ます……。
 
 
 

| | コメント (0)

久々に携帯から……

 ちわぁ〜ちゃびデシ。メイン機の復旧に、どれだけ時間がかかるか判らないので、とりあえず携帯から送って、お茶を濁そうかな……みたいな。
 ちなみに、この直前のも携帯からなのデシが……この際、『お前のはPHSぢゃないか…』……なツッコミは、スルーしちゃいますので……w
 
 さて、サブ機を自宅に持ち帰り、それでリカバリーすれば良いのデシが、生憎神戸は本振りの雨。
 まぁ、雨ぢゃなくても、一式持ち帰る気力は……恐らく無いもよう。
 
 てか、今はメイン機を如何に安く直すかに、意識が集中してるので、他の事に神経を割けません……。
 RAIDが動かないだけで、個々のHDDはまだ使える…と思うのね。
 
 最悪、1台でも使えたら……と、祈りにも似た気持でいます。
 んぢゃ、打ち込みに疲れてきたので……またに。
 
 
 

| | コメント (0)

メイン機、沈黙……

 ちわぁーちゃびデシ。突然メイン機が動かなくなってしまいました……。
 血の涙がほとばしるような思いに駆られながら、OSを再インストール……。
 
 ところが、その途中でも動かなくなり……どうやら、原因はHDDにありそうな予感。
 で、今後の予定なのデシが……RAIDを諦め、既存のHDDを1台ずつ試して、正常な方を使うつもり。
 
 両方ヤバめだったら、号泣しながら新品買います。HDDの……。
 
 

| | コメント (0)

2010年2月25日 (木)

転院が決まりました。

 ばんは~~ちゃびデシ。叔母の容態が落ち着いてきたので、3月2日に中央市民病院から別の病院に移されることになりました。
 今度の病院は兵庫区にあるそうで、距離的には近くなるものの、時間的には……どうなのかな……?
 
 ボク的な希望は、もう少し近場にして欲しかったのデシが、受け入れてくれる病院があるだけマシ……贅沢は言ってられません……。
 叔父の存命中は、受け入れてくれる病院が中々見付からず、叔母が探すのに随分苦労してましたから……。
 
 ま、願わくは、車でスイ~~ッと乗り付けられたら有り難いのデシが……。駐車場も広いと有り難いのデシが……。
 ネットで場所調べて、地図片手にウロウロ探さねば……。この時ばかりはカーナビが欲しくなりますな……。
 
 では、地球(ほし)の本棚に入って、調べ物してきますゎ……検索ワードは【兵庫区】【湊川】【小原病院】そして……【地図】。
 
 

| | コメント (0)

2010年2月24日 (水)

FFの予定は……。

 ばんは~~ちゃびデシ。気分転換のために、FFへ顔を出したり出さなかったり。出してもレベル上げには行けず、もっぱらカンパニエってる今日この頃。
 お陰様で……否、ボクの努力で、連合国戦績も順調に集まり、勲章の賞味期限を20日以上残し、現状維持のお許しをいただきました♪
 
 
 
まだ、確定させてませんがw
 
 
 
 と言いますのも、今までずっと、上から2番目の勲章だと思ってたのが、最上位のを既に貰ってたという事実が判明したので……ギリギリまで放置しようかな……と。
 ま、ゲットした当初は覚えてたのだろうけど…………すぐ忘れちゃった模様w 【最上位】とは言え、普通に遊んでたら、誰でも勝手に上がっちゃいますのでねぇw
 
 て事で、これからは両手斧WSを覚えるべく、フェローさんと共に、ちまちま潜在消しをするつもり…なのデシ。
 と言っても、今日は【相棒の日】なので、FFに顔を出す気になるかどうかは微妙なのデシが……ま、多分出しませんが……w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月23日 (火)

WのDVDが来たので……。

 ばんは~~ちゃびデシ。叔母が倒れてからもうすぐ1ヶ月。入院当初のことを思うと、良く頑張ってくれてます。
 病状も短期決戦から長期戦に様相を変え、ボク達も今は週3回……月水金、病院に行ってます……『達』ってのは、ボクと母ってことデシよ?
 
 ただ、長期戦とは言え、叔母の容態がいつ、どう急変するか判らないのは、あの時も今も同じデシが……。
 今の叔母は、穏やかに眠ってるように見えますが、体がむくんだり、戻ったり……を繰り返してるような感じで、楽観視は出来ません。
 
 お見舞いに行くたび、『目を開けて?』とか『頑張って?』とか声をかけ続けてますが、依然として反応はなく……。
 叔母にしてみたら十分頑張ってるのだろうけど、更に煽るような声のかけ方をして良いものか……とは思ってるのデシけどね、他に声のかけようもなく。
 
 変わり映えのしない面会に、ボクの中では回数を週2回か1回にしても良いかな……と思ったりもするのデシ……。
 高速を使っても、1回の見舞いは2時間仕事になり、かなりハードなのデシ。それでむくんだり、コンディションの落ちてる叔母の様子を見た日には、疲労感はいや増しになりますし……。
 
 でも、叔母の様子を心配する母の気持ちも判りますし……これ以上面会を減らすのは酷かなぁ……とも思ったりして…………。
 『とにかく、後悔しないために……』と、毎日のように自分に言い聞かせ、ハッパかけてます。
 
 
 
 で、仮面ライダーWのDVDが届いたので、気分転換に見てみました、BenQのモニタの力試しに……。
 細部まで綺麗に映り、中々の好感触。でも、正直、フルHDってこんな感じなの? って感じ……。
 
 ま、サブマシンはGeForce7600だしなぁ……再生環境の割には奮闘してるんぢゃないかな? てか、根本がアレなら頑張りようがない……かな?
 でも、自宅のメイン機で再生してみたら、【気持ち】BenQの方が美しく映ってるような気がしてる……と、思いたいw
 
 ちなみに、メイン機のモニタは三菱製22インチワイド。まだフルHDが普及する前だった筈デシ、販売されてた頃は……。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月21日 (日)

結局……。

 ばんは~~ちゃびデシ。昨夜……てか、今日の午前1時20分、眠い目を擦ってTVを見ていたちゃびデシ……。
 デシが、10分ほどで【オートスリプル】が発動。いそいそとベッドに潜り込みました……w その間、写真もチラッと見ましたが、自分を確認する前に…………。
 
 
 
ま、案の定……と言えば案の定デシね。
 
 
 
 最後まで見続けてれば、@何枚か出て来たかも知れませんが、眠かったのと、関西弁のマズさにTVの電源をオフってました。
 他府県の訛りは気になりませんが、地元の言葉を変に真似られると、若干、虫酸が走りますなぁ……大人気ないっちゃぁ、大人気ないことデシが。
 
 ま、方言の再現ってのは、結局、妥協と譲歩の産物デシからね、期待する方が間違ってるのかも知れませんが……それでも……ねぇ?
 舞台が神戸なんだから、せめて【神戸語】を話して欲しかったなぁ……。同じ関西弁でも、【大阪訛り】【神戸語】は微妙に違うのデシ。
 
 ちなみに、『何してるの?』を標準的関西弁で言いますと『何してんの?』とか、『何してんねん?』と言いますが、神戸語では『何しとん?』になります。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月20日 (土)

子供の頃の写真が出るらしい……ょ?

 ばんは~~ちゃびデシ。前にも話したかも知れませんが……子供の頃の写真がTVで晒されるかもって話……それが今日……てか、21日の午前1時20分くらいからオンエアされるそうな。
 実はボク、俳優の古田新太くんとは同級生デシて……小・中学の。年齢バレるのがイヤで、今まで黙ってましたが……この前、口滑らしちゃったから、もういいかな……みたいなw
 
 ぶっちゃけ、自分の中でも違和感ありますの、『デシデシ』言ってるのはw ただ、今更止められない……なら、年齢不詳でいくしかない……とw
 ATOKの辞書も、律儀に学習してくれてますしね。再変換するのも面倒臭いし、辞書の変換するがまま、今日に至ってます。
 
 
 て事で、午前1時20分、NHK総合で子供時代のボクとお会いしましょう……等と、宣伝しつつ、実は一瞬で終わりそうな予感も。
 それならそれで構わないのデシけどね……ボクも起きてる自信ありませんし……w 日曜の朝はゴセイジャーから始まる特撮番組見るために、早寝モードなのでw
 
 
 
 

| | コメント (0)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-21

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
「……分かった、分かった……それじゃぁ、これからみんなで迎えに行こう……。」
 沢村は腕時計に目をやり、溜息混じりにそう言った。
 時刻は午後四時を半分くらい回ったところ……一姫達が別行動を取ってから一時間以上経っていた。
 今から出発しても、薬屋に到着する頃には一姫達の用事も済んでいて、とんぼ返りする事になるだろう……。
 いや、それどころか、向かう途中で行き違うかもしれない……沢村はそう説明したのだが、子供達は聞き入れなかった。
 結局、父親を手伝って夕食の準備をする……と言うあや音を残し、沢村は他の子供達をマイクロバスに乗せて、まおりの店へと出発した。
 
     ◇     ◇     ◇
 
「……どうです……見付かりましたか? 良かったら、私も手伝いましょうか?」
 まおりが店の奥に引っ込んでから十分余り、時折ドサドサ……と荷崩れするような音や、ガチャガチャ…パリンッッ! と、ガラスらしきモノが割れる音がしたり……と、騒々しくなっていた。
 更にまおりの『う゛~~』とか『あ゛ぁっっ!?』とかが聞こえ出すと、居ても立っても居られなくなり、珠がそう声をかけたのだが……。
 
「……いや……今、人間はこっちに入らない方が良いかも……てか、店の外に出てた方が良いかも……命は惜しいだろ?」
 全身埃塗れ(ほこりまみれ)、そして、カラフルな液体で染み塗れの姿で、まおりが戸口に現れた。
 戸にもたれ掛かるように立っているのは、ナニかを奥の部屋から出さないようにするためか……?
 が、答えはすぐに出た……まおりの後を追って、きな臭さ満点の、ショッキングピンクの煙が戸の隙間から、ゆっくりネットリ絡み付くように溢れ出てきたのだ。
 瞬間、珠は一姫を抱き抱え(だきかかえ)、一目散に小屋から飛び出した。
「一人にせんでくれぇ……。」
 と、成前も慌てた様子で珠の後に続いた。
 そして、恐ろしい勢いで引き戸を閉め、手品のように懐から何本もの支え棒を取り出すと、煙が漏れ出ないように封印した……。
 店の中からは『親不孝者ぉぉ!』とか、『裏切り者ぉっっ!』等と叫ぶ声が、激しい笑い声で切れ切れになりながら聞こえてくる。
 どうやら、あのピンクの煙は笑気ガスの類だったらしい…………。
 
「……頼みの綱が、あんな際どい(きわどい)人物だったとは…………。」
「いや、腕は確かなんじゃょ……ただ、ズボラなだけで……さもなくば、齢ン千年を越える竜を、あそこまで爆笑させられんわな……。」
「……………………。」
 今もまだ、店の中からは、まおりの笑い声が断続的に聞こえてくる。
 しばらくは戸をガタガタ揺すっていたが、諦めたようだ……声が移動して聞こえるのは、笑いながらも片付けているからだろう……。
 
     ◇     ◇     ◇
 
「……先生、あの車、アヤネェの父ちゃんのじゃ?」
 助手席の良が、前方の道端で停まっている車を指差した。
「えっ? あぁ…本当だ。」
 マイクロバスはパジェロミニの後ろに停まり、子供達がバラバラと降りてきた。
 
「……店なんて、ドコにも見えないけど……?」
「そりゃぁ竜の薬屋さんなんだから……どこかでひっそり営業してるんだよ……。」
「へぇ……そうなんだ?」
「……たぶんね……。」
「なんだ、ハカセなのに知らないのかょ……。」
「……自分の傷は自分で治すからね、竜って動物は……薬屋がいるなんて初耳だよ……。」
 子供達がワイワイ辺りを見回しているうちに、沢村は立て札のある、例の獣道を見付けた。
「……他に脇道らしい脇道は無いし……たぶん、一姫達はこの道を上って行ったんだな……よし、みんな、一列に並んで、先生の後に付いて来て。」
「「は~~い。」」
 夕闇が静かに迫る中、子供達は沢村に続いて獣道を上り始めた。
 
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月19日 (金)

小説が捗らない件……

 ばんは~~ちゃびデシ。下書きの進み方が芳しくないので、今書けている分だけでも……と、ワープロで打ち込み始めたのデシけど…………。
 面白い、面白くない以前に、興味が持てなくなってることに驚愕中……。自分が好きで書いてる小説なのに……。
 
 ボク基準で【興味が無い】と言えば、【嫌い】の最低最悪モード。もはやそこに一切の感情は無く、存在しなくても困らない……てか、それにすら興味が無い状態。
 例えるなら………………思い浮かびません。興味の対象外のモノを、頭や心に留め置く余裕がありませんので……。
 
 今、猛烈に焦ってます。ぇえ、流石に【興味が無い】では済まされませんからね、人生掛かってるんで……大袈裟でなくw
 なので、なんとか自分を振り向かせようと、アレコレ書き直してます……具体的には読みやすく、分かり易く……と。
 
 どうも、ボクの性分なのデシょうか、舞台背景とか人物設定とかを、まとめて説明してる傾向があるのデシ。
 それがどうもハッキリ出すぎてて、読みにくい……てか、面白くない。でも、そこさえ読んで貰えば、後は物語に集中して貰える……と言う狙いがあるのデシ……が。
 
 
 今、無い知恵振り絞って、必死で分かり易くなるよう小細工してます……。話の大筋は決して悪くない筈なので、工夫して丁寧に書き切れば、必ず良い作品に……なる?
 うん、なって欲しい。結構長い間温めてきたアイデアなので、なんとか仕上げて、みなさんに発表したいデシ。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月18日 (木)

従兄弟(兄)来る……2回目

 ばんは~~ちゃびデシ。バッテリーを新品に交換し、外装も脱皮して新品ぽく使い始めた矢先、WILLCOMが、WILLCOMがぁ…………。
 機種変更しなくて、本っっ当に良かったぁっっっ! TVのニュースを見た瞬間、世界の中心でそう叫んでたちゃびデシ……w
 
 
 
てか、PHSが使えなくなれば、バッテリー交換しても仕方ないのデシが……。
 
 
 
 さて、今朝、従兄弟(兄)からメールが届きまして。28日の深夜便が取れそう(=飛行機のチケット)とのこと。
 確定したら、また連絡するとのことで、今はその連絡待ち中デシ……と書いてる最中にメールが届き、1日の早朝、日本に帰ってくることが決定。
 
 常夏のタイから極寒の日本に帰ってきた前回、寒い寒いと言いながら、シャツ1枚でストーブの前に鎮座していた従兄弟デシが……今度はどうなる事やら……。
 そんなに寒けりゃ、重ね着したらいいのに……と思うのに、そう言ったのに、何だかんだと屁理屈を捏ねて、薄着を徹して(とおして)ましたが……今回は……?
 
 暦の上では早春なのデシが、ここ最近の冷え込み具合を見てると、果たして「春」が感じられるかどうか……ま、ボク的にはどっちでも良いけど……。
 風邪をひこうが肺炎になろうが、自己責任でやってくれれば良いのデシが、我が母的には、そうも言ってられない様子で……。
 
 叔母の手前、自分の家で体調を崩させるわけにはいかぬ……と、アレコレ世話を焼いてましたな、前回は……。
 ただ、ボクの勝手な想像デシが、今回は前回ほど長く滞在しないと思うので……えぇ、支払いとか転院の話が済めば、とっとと帰ると思ってます……仕事もあるだろうし。
 
 

| | コメント (0)

2010年2月17日 (水)

請求書の額は……。

 ばんは~~ちゃびデシ。従兄弟(兄)が月末辺りに帰国する……と、メールが入りました。病院の支払いなどをする……と書いてありました。
 そう言う常識だけは持っているので、ボク達も一安心……まぁ、金の出所は従兄弟の自腹ではなく、叔母の財布なのデシが……。
 
 それでも、叔母の世話の一切を放棄して連絡を絶ち、ひたすら遺産が入るのを待ってる従兄弟(弟)夫婦に比べたら、遥かにマシデシが。
 今日も病院に見舞いに行き、それとなく聞いてみましたが、弟夫婦が病院を訪れた様子はありませんで……怒るのがバカバカしくなるほど、ハッキリしてますな。
 
 ちなみに、1月分の請求額は合計で2万円弱……正確には17万ほどなのデシが、低所得者何たらのお蔭もありまして、有り難いやら、申し訳ないやらな金額デシた。
 脳の手術と言うことで、内心ドキドキしてたのデシ。TVや映画ではトンでもない額が請求されたりするぢゃないデシか……?
 
 だから、正直ホッとしました。この額なら、万一ボク達が支払わされる羽目になっても、なんとか対応出来ますからね。
 ま、弟夫婦の手前、兄が同じような事をするとは思いませんが、さりとて、信用に足るかというと…………タイは遠すぎますゎ……。
 
 
 さて、今日、病院に行きますと、叔母の体が少し、むくんでまして……全体的に……少し心配しています。
 話が聞けるかも……と、しばらく病室で看護師さんか主治医の先生が来るのを待ちましたが、この日はタイミング悪く会えませんで……。
 
 ま、本当に状態が悪いのだったら、こまめに様子を見に来てくれるだろうし、連絡もあるだろうから……と、帰宅しました。
 病室にいたとき、会計の人は、どこからともなく現れて、支払い用の書類を手渡したくらいデシからね、たぶん、ダイジョブ…………。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月16日 (火)

病院から見る景色

 ばんは~~ちゃびデシ。中央市民病院9階の面接室から見る景色は、何もかもミニチュアサイズ。怪獣、もしくは巨大宇宙人の出現を、今や遅しと待ってるような……。
 赤い鉄橋を行き交う車の群れ、その下を時折通過する大小の船を見てると、『なんで自分はココにいるんだろ……』等と、考えなくていい事を考えてしまいます。
 
 今のボクは、代わり映えせぬ毎日、仕事に追われる毎日に憧れてます。そんな風に思う、叔母が倒れてからは、筆の進みが極端に遅くなってる今日この頃デシ。
 ま、このような状況下で、くすぐり系の文章を書くのは至難の業……だからこそ、普段通りの生活を渇望してるのかも知れません。
 
 
 悪いながらも容態が安定して、転院の話も出て来た矢先、今日、お見舞いに行きましたら、主治医の先生から『昨日、何度も下痢や嘔吐を繰り返した……』と言われ……。
 先生の話では、脳室の影響はあるのかも知れないけど、今回はそっちよりも、バイ菌が体の中で暴れてるのだろう……とのことデシた。
 
 激しい下痢のせいで脱水症状になり、血圧も下がってしまった……とも言われましたが、先だっての話し合いの通り、薬を使って無理に血圧を上げるのではなく、出来る範囲で治療している……と、説明を受けました。
 一応、今は容態も落ち着いていて、ボク達が病院にいる間は、叔母はいつものように眠ったまま……変化はありませんデシた。
 
 その後、看護士さんから足りなくなってきた物を訊き、次の見舞いで持って来ることにしました。
 お礼を言ってくれる看護士さんに恐縮し、ボク達もお礼を言いました。親身に、真摯に看護してくれる姿に心から感謝すると共に、その爪の垢を煎じて飲ませてやりたくなりました、叔母の息子達に……。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月15日 (月)

脱皮……→見た目、新品にw

 ばんは~~ちゃびデシ。ニコ動の影響か、日曜の朝早くから『シンケンジャー』を見るようになったちゃびデシ……ま、見たのは最終4話ほどデシが。
 
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6936421 と http://www.nicovideo.jp/watch/sm8783419
 
 その流れで、『ゴセイジャー』も【つい出来心で】見てしまいましたが……今時の流れなのデシかねぇ、みなさんスリム……線が細いと言うか、ひ弱と言うか……。
 
 この先、続けて見るかどうかは、朝、目が覚めるかどうかに任せますゎ。特撮物は大好物デシが、例外的に、戦隊物は嫌いなので……。
 いくら強敵相手でも、大勢で襲い掛かるのは、ボクの正義感に反しますので。やはり、ヒーローたるもの、一人孤独に戦って欲しい……みたいな?
 
 
Imgp0001 Imgp0002  それはさておき、『何個入ってるねんっっっっっ?』とツッ込みたくなるほどの箱に入れられ、バッテリーが到着しました。
 で、早速交換しようと本体の裏カバーを……外せません。防護シールに覆われてて、アクセス不能……w
 
Imgp0008  なので、断腸の思いをしながら……ンな大袈裟な……シワ・弛み一つ無く、まるで最初からこのデザイン…のようなシールをペリペリ剥がしまして……。
 あんまり残念なので、記念に写真を撮ってみましたょ……えぇ、ガンダムデシ。シャアとの最終決戦のシーンデシ……。
 
 我ながら感心するほど丁寧な仕事してましたゎw だから、シールが中々剥がせなくて往生しました……。
 で、ようやく剥がし終えて現れたのは……新品と見紛うばかりのボディ。但し、ヒンジ部分は除く……二つ折り出来なくなりますからね、ここをシールで覆うとw
 
Imgp0010 Imgp0013  どうして、ここまでピカピカなの?……でか、それもそのはず、機種変更したとき、一緒に防護シールも買って、その日のうちにコーティングしたのデシょ。
 もっとも、その時はまさか、10年以上使い続けるとは思っても見ませんデシたが……このPHSも、そして、防護シールも……w
 
 飽きたら別のに張り替えるつもりデシたが、飽きたけど面倒臭くなり……そのうち、対応するシールが店頭から消え、今日に至る……みたいな。
 最初の頃は『ガンダム携帯』なんて珍しかったのか、注目を浴びましたが、最近は、違う(=痛い)意味で注目を浴びたような感じが……。
 
 見た目、新品になったお蔭で、あれだけ高まっていたスマートフォンへの物欲が、潮が引いたように薄れていきまして。
 『当分、コレでいいや……』と、素直に……負け惜しみモードではなく……思えるようになりました。えぇ、ホント、新品の輝きなので♪
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月14日 (日)

心の闇がジワジワと……

 ばんは~~ちゃびデシ。8日に、脳に溜まった水を抜くチューブを取り外した叔母デシが、その後、心配されてた脳への圧迫も無く。
 意識は依然回復しないものの、微かデシが自力呼吸の兆しも見られ始め……このままの状態が続けば、リハビリを含めた次の段階に移行できそうで……。
 
 なので、今月一杯を目処に、別の病院に転院するかも。手術前、先生から『成功しても、この10日間が山……』と言われたことを思えば、叔母は良く頑張ってくれてます。
 それに引き替え、2人の息子は…………。従兄弟(弟)夫婦は、あれ以来見舞いに来てない感じだし、兄もボクに任せっぱなしで、タイで普通に暮らしてるし……。
 
 
 
海外生活を『錦の御旗』に使うなっっっっ! と言いたい。
 
 
 
 『信頼してる』と言えば聞こえは良いけど、結局、ボクに押し付けてる訳デシからね……。従兄弟二人が協力し合い、その手助けをボクが……なら、喜んで頑張れるのデシが……。
 ボクにだって、生活があるのデシがねぇ……。叔母が天涯孤独だったら……と、最近、切に思います……それなら、ボクも腹を括って看護出来るのデシが。
 
 ボクが身を削って看護し続けて、従兄弟達がのうのうと暮らす……って言うのは、間違ってると思うし、許されるべきで無いとも思うのデシが……どうなんだろ?
 今はその問題から目を背けて、『自分の気が済むまで……』とお見舞いに通い続けてますが……ボクが『もう、十分看護した……』と思ったら、どうなっちゃうんだろ?
 
 今、ボクの心の奥底で、少しずつだ静かに……けれど、確実に闇が生まれて来ています……いつか、何かの拍子に爆発したら……と思うと、怖いけど楽しみだったりします……。
 ただ、それで一番困ったり悲しんだりするのは叔母だし、我が母だと思うので、納得しないけど、我が身の不幸には気付かないフリをし続けねば……とも思ってます…………。
 
 
 

| | コメント (0)

妙な意地を見せられても……

 ちわゎ~~ちゃびデシ。新しいバッテリーを注文して、ひとまずホッとしていたところ、廃棄予定のバッテリーが変に頑張り始めまして……。
 メール打ったり、操作しているときは、みるみる残量が減っていくのデシが、作業を終えてしばらくすると、バッテリー量が復活してる……みたいな。
 
 『バッテリー充電が必要です』と警告が出ても、しばらく使わないでおくと、残量が元に戻ってるのデシょ……。
 まぁ、警告が出た後は流石に不安なので、戻ってても充電してますが……何なんデシかね……憑喪神にでも変化(へんげ)したのかしら……?
 
 
 
いあ、そんなに早く妖怪にゃなれないから……w
 
 
 
 このPHSを買った当初こそ、アレコレいぢり倒してましたが、それも数ヶ月のこと。それ以降は殆ど出番らしい出番もなく……。
 バッテリー切れても放置され放題で……それでも、何ら困らないのがボクの哀しいところ……出番らしい出番がやって来たのは、NTT回線を休止してから。
 
 更に、携帯らしく、こまめに充電するようになったのは、叔母が倒れてから……デシから、今頃になって、本調子になったのかしら?
 ま、今更本調子になったところで、経年劣化は避けられないのデシが……。増えたり減ったりを頻繁に続けられては、おちおち使ってられませんしw
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月13日 (土)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-20

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 興味津々のまおりに迫られ、珠はその後の経緯を掻い摘んで話した。
「そうかい……飲む前に死んじゃったのかい……そりゃぁ残念だったねぇ……中々面白い実験だったのに……。でも、まぁ、違う意味で興味深いデータが取れたし、良しとするか。」
 何気に怖い事を言いながら、まおりは古びたノートを引っ張り出し、嬉々とした表情で、今聞いた事を書き込んだ。
「……で、何の話だっけ?」
 成前がまおりを避ける理由(ワケ)……そして、成前とまおりは確かに親子だ……と言う事を、同時に思い知った珠だった……。

 
 そしてもう一度、珠が手短に説明すると、
「あぁ、そうそう、副作用は無いんだけどね……元の形には戻らないよ? 宝珠は?」
「「はぁ?」」
「だからさ、お嬢ちゃんが首からぶら下げてるような、綺麗な宝珠には戻らないよ……色はくすむし、形は歪(いびつ)だし……大きさも、野球のボールくらいになっちゃうよ?」
 珠は思いっ切り脱力しながらも、
「二人が元の姿に……人間に戻れるなら、どんな形になっても構いません、な、一姫?」
 一姫はガクンガクン首を縦に振った。
「そうかい? アンタ達がそれで良いって言うなら、別に良いけどね……地竜用は在庫あるけど、水竜用のはあったかしらねぇ……しかもガ○ラ型かぃ……。」
 まおりはブツブツ独りごちながら、店の棚を順々に見渡した。
「「……あります?」」
 珠と一姫が同時に声をかけた。
「う~~ん……そもそも水竜ってのは、マイペースと言うか、人間と距離を置いて暮らしているからねぇ……竜人になる機会自体、少ないんだよ……。」
 一姫は母の行動パターンを思い出し、人知れず、甚く(いたく)納得していた……。
「……だからぁ、ここにも滅多に買いに来ないのよねぇ……奥を見てくるから、ちょっと待ってておくれ……。」
 『確か、どこかで見たんだよ……』等とブツブツ呟きながら、まおりは店の奥に姿を消した。
 
「良かったな、一姫。これで御両親も元の姿に戻れるな。」
「はい!」
「……喜ぶのはまだ早い……問題は婆ぁがどれだけ吹っ掛けるかじゃ……。」
「……そんなに高価な薬なのか?」
「……ちゅうか、金にはあまり執着しないのじゃが……巨額の請求書を目にして、相手が慌てふためく様を見るのが好き何じゃょ……。」
「…………何と言う……。」
「阿漕(あこぎ)じゃろ? ワシに薬を飲ませるのも、開発と言うよりはイタズラ目的じゃからのぉ……暇つぶしの。それで、ここには近寄らんのじゃょ……。」
「…………何と言うか……ご愁傷様……。」
 珠は成前の肩をポンと叩いた……髭を仕込んでないので、スカッと通り抜けた……。
 
     ◇     ◇     ◇
 
 一方、沢村に連れられた子供達は、森の散策を楽しんだ後、それぞれ好きな場所に散らばって、風景画……らしき絵を描いていた。
 土井垣は沢村と共に、そんな子供達の元を見て回り、一人一人適当なアドバイスを送っていた。
 現役イラストレーターの的を射た助言は、散漫になりがちな子供達の注意を見事なまでに引き留め、絵を描く楽しさを教えていった。
 やがて、一通り指導し終えると、我が娘……あや音が見える場所にイーゼルを置き、土井垣もまた子供達と共に絵を描き始めた……もっとも、彼の選んだ題材は、人物画のようだったが。
 
 森の中の時間は静かに流れ、いち早く描き上げた数人の子供は手持ち無沙汰になり、他の子にちょっかいを出したり、辺りを駆け回ったり……と、ザワザワし始めた。
 子供の興味、集中力と言うものは、突然、途切れるものなのだ……。
 
「……分かった、分かった……それじゃぁ、これからみんなで迎えに行こう……。」
 沢村は腕時計に目をやり、溜息混じりにそう言った。
 時刻は午後四時を半分くらい回ったところ……一姫達が別行動を取ってから一時間以上経っていた。
 今から出発しても、薬屋に到着する頃には一姫達の用事も済んでいて、とんぼ返りする事になるだろう……。
 いや、それどころか、向かう途中で行き違うかもしれない……沢村はそう説明したのだが、子供達は聞き入れなかった。
 結局、父親を手伝って夕食の準備をする……と言うあや音を残し、沢村は他の子供達をマイクロバスに乗せて、まおりの店へと出発した。
 
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月12日 (金)

思いがけなく……。

 ばんは~~ちゃびデシ。替えバッテリーを注文しまして、到着次第、交換しようと思ってるのデシが……。
 一応、念のために、PHSの住所録から知り合いの電話番号を書き出してましたら……えぇ、人数少ないお蔭で、すぐ済みましたサ………………。
 
 すると、Y氏のメルアドが出て来まして……ダメ元でメールを打ってみましたら、返事が来まして! PCでは何度試してもエラーだったのデシが……。
 ヘソクリ帳に書き写してたのは、間違ってたのかしら……? ま、別にどうでも良いんだけれど……w
 
 キャツは14が出たら遊びにいくかも……と言ってましたが、ボクは11がある間は、そっちにいる予定……てか、11が終わると同時に卒業しちゃう公算大……。
 良い気分転換にはなるのデシけどね、FFは。特に、心を空っぽにしたい時なんかは、ゲームキャラに成り切って走り回ることで、現実から逃避出来ますし……ん?
 
 ただ、あまりにも長く遊びすぎて、全てがマンネリ化してきて……感動が湧いてこないと言うか、何というか……。
 と言うわけで、14と言わず、11に戻ってこい、Y氏。ボクが燃え尽きないうちに……ま、そう言い続けては、しつこく燃え続けてるな、ボク…………。
 
 
 
 

| | コメント (0)

もう10年、使えそう……w

 ちわゎ~~ちゃびデシ。スマートフォンを買うかどうか、ウィルコムのオンラインショップをチラ見してたら、「機種で選ぶ何たら」で、我がPHSの名前がありまして。
 恐る恐るそのページに飛びますと、何と、まだ替えバッテリーがありまして……! 後ろ髪を凄まじく引っ張られつつも……えぇ、気分は既にスマートフォン・ユーザーw……注文!
 
 購入決定の決め手は、サポートコイン・システムとか言うので、タダで手に入るから(送料は別途)デシ……結果、500円で替えバッテリーが買えたのね♪
 これで、@10年は今のPHSで頑張れそう♪ 機種変更に未練たらたらなのデシが、少数ながらもアドレス帳には友人・知人の情報があり、それを引っ越しさせるのが……。
 
 正直、ホッとしたような、ガッカリしたような、半々な気分なのデシが、今回は縁がなかった……と諦めます。
 また今度……そうデシね、サポートコインが10枚集まる頃、もう1度検討したいと思います、機種変更の。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月11日 (木)

機種変更すべきか否か……。

 ばんは~~ちゃびデシ。まず最初に、この7日に、LSの人のお母様が亡くなられたそうで……この場を借りて、心よりお悔やみ申し上げます。
 同じく看病する身であり、密かに&勝手に同志……と思っていたので、ホント残念でなりません…………。
 
 
 さて、ボクの携帯(PHSなのデシが)のバッテリーが、少々心許ない件について……。どうやら10年以上、今のを使ってるみたいなのね……。
 だから、バッテリーの持ちも、携帯の黎明期並みの短さになってたりする……。なので、今は気が付いたら充電してるのデシが……。
 
 滅多に使わないこれまでなら、さほど気にならなかったのデシが、今は状況が状況なだけに、確実に連絡を取れるようにしておきたく……。
 ただ、叔母の一件が片付いたら、また使わなくなるのは明白で……バッテリーの残量だけ注意して、このまま使い続けるのもアリかなぁ……とも思うし。
 
 もし機種変更するなら、今度はスマートフォンにしたいのデシけどね……従兄弟(兄)への連絡を、携帯メールでしてるのデシけど、慣れない……。
 「あ」は1回なのに、「お」を出すのに5回連打するのは、不平等すぎるっっっっ!! 更に、その反応速度の遅さに、つい、1回余分に打って「あ」が出た日にゃぁ……。
 
 
 
サイコフレームくらい搭載しとけっっっ!
 
 
 
 いあ、ソレが無理ならマグネットコーティングでも可。とにかく、キーボードを打ち慣れてるおぢさんには、まどろっこしくて……。
 だから、小さいながらもキーボード付きのが、ボク的にはお好みなのデシ……値段がお好みぢゃないのが玉に瑕デシが……。
 
 まぁ、遅かれ早かれ、バッテリーの寿命が尽きたら、否応なしに買い換えざるを得ないのデシが……。
 えぇ、携帯の賞味期限は遥か昔に切れてるらしく、バッテリーだけ買い換える……って訳にもいかない模様。ホント、無駄に物持ちがいいのな、ボク……w
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月10日 (水)

入院手続きしてきた…………今更。

 ばんは~~ちゃびデシ。病院からの電話は、何回受けても慣れませんなぁ……昨日の夕方もそうデシた……。
 三ノ宮方面と思しき番号表示に、妙な胸騒ぎを覚え、イヤイヤ(ん?)出ますと……やぱし中央市民病院デシた。
 
 
 
『入院手続きがまだなので、早めにお願いします……』とのこと……。
 
 
 
次の瞬間、『なぬっ?』と、今時マンガでも言わないような台詞を吐いてたボク……。
 
 
 
 叔母が倒れた当初は、まだ化けの皮が剥がれてなかった筈なのデシが……従兄弟(弟)夫婦(特に嫁)。
 だから、ボクも従兄弟(兄)も、てっきり入院手続きは済んでると思ってまして……それで、マンションの件を優先して片付けてたのデシが……。
 
 電話の後、大慌てで預かってた叔母の書類を探してみたら、保険証が出て来て一安心。重要そうな物は、全て従兄弟(兄)が持って行ってたのでね。
 そして今日、午後から母を連れて病院に行き、受付で遅ればせながら叔母の入院手続きを済ませました。ヤレヤレ……なのデシ。
 
 
 

| | コメント (0)

秘密基地、再稼働

 ちわゎ~~ちゃびデシ。昨夜、息抜きモードでFFってますと、LSの人から『BenQのモニタはどう?』と声をかけられ、ビックリ。
 『何で我が秘密基地の最新・最高機密を知ってるんだっっ? さては、某国の諜報部員? はたまた、嫁の尻に敷かれてる女装マニア?』そう思ったのも無理からぬ事……。
 
 で、その時ふと気付いたのは、その前日、FF欠席の理由をアレコレ説明するのが面倒で、サチコメにブログの存在をカミングアウトした事……。
 いあ、内緒にする気は無かったのデシが、だからと言って、自慢げに宣伝する気にもなれず……えぇ、大した事書いてないのは自覚してますからw……今日に至ってる……みたいな。
 
 さて、【謎は全て解けたっっっ!】とばかりに、『中々良い感じデシょぉ~~』などと、返事したものの、実際はワープロと、BGVのニコ動を映したのみ……。
 画面が横長になって、ニコ動が少し大きく再生出来るようになり、ボク的には満足なのデシが……LSの人はきっと、フルHDの恩恵とか、画質を尋ねてるんだろうな……と。
 
 
 
スンマセン、判りません……
 
 
 
 持ち腐れた宝が1つ増えただけ……みたいなw 何しろ、秘密基地は重要機密に満ち溢れてますからね、オフライン仕様なのデシ!
 更にスンマセン、見栄張ってました……何しろ貧乏なので、ネット環境の構築・維持が出来ません……。
 
 
 
 
いいぢゃないかっっっっっ! そんなモン無くったって、生きていけるモンッッッ!
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月 9日 (火)

気が抜けた……。

 ばんは~~ちゃびデシ。従兄弟(兄)がタイに戻り、ホゥッと一息吐いたような、少し寂しいような……複雑な気分デシ。
 10日と滞在してないのに、その間、ずっと一緒だったからデシかねぇ……やぱし、少し気が抜けたか……。
 
 とにかく、従兄弟が日本にいる間は、いつでも病院に連れて行けるよう、彼の元で待機し続けてましたから……。
 あ、だからと言って、気まずい時間……てのは無かったデシょ? 何しろ、生まれた時から兄弟同然に育ってきた間柄なのでね。
 
 なので、お互い、大概な年になりながら、未だに「ちゃん」付けで呼び合ってますから……てか、一生このまま行くのデシょうね……w
 今更、呼び捨てにしたり、別の呼び方するのも変な感じがしますし……それくらい馴染んでいたりする。
 
 
 さて、彼の滞在中は、専ら(もっぱら)タイでの生活や、日本人とタイ人の性質の違いなんかが話題に上ってました。
 彼曰く、タイ人はバカみたいに単純で、自分のことしか考えてないんだとか……だから、彼には合ってるのかも知れませんね……w
 
 叔母のことは勿論心配で、話題にはなりますが、こればっかりはボク達が思い悩んでも好転しませんから……現実逃避の傾向デシたかな。
 だから、みなさんがこのブログを読んで、感じているよりはずっと明るく、平常心を保ててたと思います、表面上は……。
 
 普通に冗談も飛ばし合いましたし……てか、我が母的に、ボクと従兄弟の会話は、漫才をしてるようにしか聞こえないそうデシょ。
 
 
ボク:○○ちゃん、ボクは1度も乗ったこと無いから知らないんだけど、飛行機って、乗る時はタラップで靴を脱がなきゃダメなんだって?
○○:うん、そうそう。それでスチュワーデスがニオイを嗅ぎに来て、靴下が臭かったら搭乗を拒否されるらしいょ。
 
 
この後、久々に母が鼻から茶を吹き出しました……。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月 8日 (月)

閑話休題…モニタ買った……。

 ばんは~~ちゃびデシ。従兄弟(兄)の訪問&滞在と前後して、秘密基地のモニタが映らなくなった……て事は、ここでお話ししました……ょね?
 で、このままでは余りにも使い勝手が悪い……てか、機能停止状態なので、従兄弟の気晴らしも兼ねて、近場にある「みどり館」へ修理を頼みに行ったのデシが……。
 
 
 
そこに広がるのは新装開店セール初日で、半ばカオスと化した凄まじい人混み……。
 
 
 
 垂水の全人口が集中したのでは……? と、疑いたくもなる繁盛振りに、早々に修理を諦め、店を後にしました。
 修理コーナーの店員がいなかったのと、モニタの修理が一律13000円だったのが原因だったりする……ボクの希望は1万円以内だたので……。
 
 そして、次に向かった「PC工房」では、店員は対応してくれたものの、保証期間が切れてることを知ると、『メーカーに直接問い合わせた方が、安くて早いですょ?』
 そう言って、ガサゴソと資料を調べ、メーカー(三菱)の連絡先と営業時間を書いたメモを渡してくれて、それで終了。
 
 商売っ気が有るのか無いのか、釈然としない思いを抱きつつも、予定通りの用事を済ませ、実家に帰ってメーカーに電話してみました。
 すると……親切丁寧な応対ながら、法外な……もとい、想定外な金額を見積もるお姉さんの声。『バックライトの交換が必要なので、最低でも21000円かかります……』
 
 ふむぅ……PC工房の店員と話してたとき、『1万までに収まるなら、修理したいのデシが……』とボクが言ったので、それで……?
 結局、修理は諦め、自宅に帰った後、メイン機で価格比較サイト「ベストゲート」を調べ、12000円程のモニタを注文しました。
 
 ちなみに、買ったのはこちら……BenQ 19型ワイド液晶ディスプレイ G920WL(箱擦れアウトレット品)【送料無料】
 19ワイド液晶にフルHD。スペック的には必要十二分……てか、無駄に高い気がしないでもない……のは気のせい? ウン、多分そう。
 
 
 
 

| | コメント (0)

従兄弟(兄)、帰国? す……。

 ちわゎ~~ちゃびデシ。日本に戻ってから息つく暇無く、動き回った従兄弟(兄)は、日曜の夕方、タイに帰国(?)しました……。
 厳密に言えば……言わなくても……彼は日本人なのデシが…………w でも、戸籍は有っても住民票は無いのでねぇ……タイに骨を埋めるつもりだそうデシ。
 
 30日の早朝に来日(?)してから、マンションの事、病院の事、その他諸々……忙しくも精力的に動き、一つずつ片付けてくれました。
 その真摯な態度に、ボクも全面協力せざるを得ず……w てか、ここで手を貸さないと、将来的に後悔しそうだったので……。
 
 
 えぇ、叔母のためでなく、もちろん従兄弟(兄)のためでもなく、己自身の自己満足のため、頑張りました。
 スンマセン、これまでアレコレ綺麗事を書き連ねてきましたが、本当の本音はこれ、『自分が後悔しないため』コレに尽きます。
 
 
 さて、次に従兄弟が戻ってくるのは……叔母が転院を迫られた時か、叔母の容態が急変した時になりそうデシ。
 ボク的には……転院を迫られるほど、叔母には出来るだけ頑張ってもらいたいのデシが、こればっかりは……………………。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月 7日 (日)

金曜日、呼び出されて……

 ばんは~~ちゃびデシ。木曜の夕刻、病院から連絡があり、「すわっっっ一大事かっっっ?!」と思いました……ら……。
 主治医から話があるので、金曜の夕方、病院まで家族の方に来て欲しい……とのことデシた……。
 
 ホッとするような、ハッとするような、そんな気分になりまして……金曜は昼食後、PC工房にサブ機のモニタの修理を頼みに行き、その後、病院へ。
 ところが、PC工房では『メーカーに直接問い合わせた方が、安くて早いですょ……。』と勧められ、メーカーの電話番号を教わるだけに…………。
 
 ボク的には不完全燃焼な感は拭えませんデシたが、時間もあり、次の目的地である病院に向かいました。
 高速をスイスイ走ったお蔭で、午後3時前には病院に到着してしまい……併設されてるコンビニで従兄弟(兄)と時間潰し。
 
 日本の寒さと叔母への心労で、疲れが取れない……と、ユンケルを買い一気飲み。その味の不味さにジュースを買い、これまた一気飲みした従兄弟……。
 ボクは携帯灰皿を買い、遅まきながら従兄弟にプレゼント。みなさんもタバコのポイ捨ては止めましょうね?
 
 その後、病院に向かい、叔母の病室で待ってますと……程なく、主治医の先生がやって来て、ナースセンターの奥まで案内されました。
 そこで叔母の現状と、今後の治療方針が話し合われました。現状と言っても、これまでと変わりなく、自発呼吸も出来なければ、意識も戻らない……とのこと。
 
 今、叔母の脳には水が溜まっていて、それをチューブで直接体の外に排出してるのデシが、それでは色んな菌が入りやすく、危険なんだそうデシ。
 それで、チューブを外すか、体内に埋め込み中に流す手術をするかどうかを決めてもらいたい……と言われました。
 
 チューブを埋め込む手術をしても、叔母の容態は多分変わらない。でも、それをせずにチューブを外すと、場合によっては脳に水が溜まりすぎて、危険な状態になるかもしれない……とのことデシた。
 従兄弟は、『これ以上、母の体にメスは入れたくない……』との趣旨のことを言い、チューブを外すだけに留めることにしました。
 
 叔母にとっても、従兄弟にとっても悲しく辛い選択デシた。チューブを体内に埋め、治療を続ければ意識が戻る……と言うのであれば、迷わず手術に踏み切るのデシが……。
 その間、ボクはただ黙ってメモを取り続けるのみデシた。何を言っても上滑りそうで、ウソに聞こえそうで、何も言えませんデシた。
 
 今はただ、チューブを抜くと同時に、水も止まってくれれば……と、ひたすら祈るのみデシ。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月 6日 (土)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-19

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
「まおり様の店まではどれくらい掛かる?」
「そうじゃのぉ……嬢ちゃんの足でも、四半時もあれば着くじゃろうて。」
「ふむ……往復で一時間くらいか……夕食には少し遅れるかもしれないな……。」
「お腹空いたのなら、チョコがありますよ。」
 一姫はポケットから、キラキラしたチョコを二粒三粒、珠に差し出した。
「……いやいや、そう言う意味じゃなくて。遅れるなら先生達に連絡した方が良いかな……と思っただけだよ。」
 とは言いつつも、珠はもらったチョコを一粒、口に放り込んだ。

 
 獣道はしばらく行くと、獣も通らないような雑草と雑木が生い茂る、道無き道へと変わった。
 雑木は一姫の背を超え、珠の胸元近くあった。
 けれど、どういう術を使っているのか、先頭を行く成前が通ると、木々がサッと二手に分かれ、人一人が通れるくらいの道が出来た。
「……爺さんにしては、中々粋な技を使うじゃないか。」
「……ふん、元はワシの縄張りだった場所じゃからの……昔の主が戻ったので、気を利かせてるのじゃろうて……。」
「へぇ……竜は縄張りを持ったら、死ぬまでその場所を守り続ける……と聞いていたがなぁ……?」
「……天敵が現れればのぉ……逃げ出さざるを得まい……。」
「古竜に天敵なんていたのかっっっsign02
「…………今から会いに行く訳じゃが…………。」
「……………………。」
 
 更に黙々と歩く事しばし……いきなり視界が開けた。
「……ここじゃょ、薬婆ぁの店は……。」
 山肌に沿って、細長く広がった畑の向こうに、掘建て(ほったて)小屋のような粗末な造りの……吹かなくても飛びそうな……小さな家が建っていた。
 畑には、見るのも初めての野草が数多く植えられ、嗅いだ事もない匂いを漂わせていた。
 成前を先頭に、一体と二人は薬草畑を横目に、真っ直ぐまおりの店に向かった。
 立て付けの悪い引き戸を、珠が力任せに引くと、ガタンガタンと敷居から外れんばかりの音を立てながら開いた。
 中は……二畳足らずの三和土(たたき)と、それを囲むようなカウンター、その奥には壁一面に薬棚が填め込まれていた。
 カウンターと言っても、かなり年季が入った……と言うか、それを差し引いても粗雑な造りで、迂闊(うかつ)に手を置いたら、削げ(そげ)が刺さりそうな代物だ。
 そのカウンターに頬杖をついて、物珍しそうに二人と一体を見ている…………少女
 
 珠は激しく混乱していた。
 確かに見覚えのある顔だった……だが、かつて成前に垣間(かいま)見せてもらった時より、明らかに若返っている……。
 ブレザーやセーラー服を着せたら問題無く……いや、ランドセルを背負わせてもギリギリ小学生で通るかもしれない……って事は無いか…………。
(これがまおり様……? どう見ても私より若い……?)
「何ブツブツ言ってるんだい? そうだよ、アタシがまおりさ。『マオリン』て呼んでくれても良いんだよ?」
 一姫は混乱を通り越して、キョトン……としていたが、
「ねぇ、マオリン、ここは薬婆ぁさんのお店でしょ? あたし、婆ぁさんにお願いがあって来たの……。」
「ここはアタシの店だよ。お嬢ちゃん、アタシが婆さんに見えるかい?」
「……いいえ、お姉さんに見えます……。」
「あら、正直な子だねぇ♪ アタシゃお嬢ちゃんのような素直な子は大好きだよ……それに引替え……ドコの唐変木が、そんな根も葉もない噂を流してるんだろうねぇ?」
「ここの……。」
 まおりは能面のように無表情になり、スッと目を細めて成前を睨んだ。
 一姫と珠は、同時にゴクッと生唾を飲んだ。
「ホント、この子は何度言い聞かせてもコレだから……物覚えの良くなる薬を処方してやろうか、家族割増で……?」
「割増してどうするっっっ ……どうせ実験台じゃろうに……ま、ワシのことは良いから、この嬢ちゃんの話を聞いてやってくれぃ……。」
 成前は、まおりからの凍える視線を巧みに躱し(かわし)ながら、ボソッと呟いた。
 
 一姫の説明を珠が補足し、まおりは『ウンウン』頷きながら聞いていたが、やがて、
「……要するに、竜のエキスを宝珠に戻したい……って言うんだね? 出来ない事は無いけどね……でも……。」
「何か問題でも? ……副作用とか?」
「う~~~ん、副作用って言うか…………。」
「あ……もしかして、代金の事ですか? 今はこれくらいしか持ち合わせてませんが、どんなに高価な薬でも、私が必ず支払います! ですから……。」
 そう言って、珠は薄くはない財布をそのまま差し出した。
 出発前、近くのATMで貯金を全額降ろしていたのだ。
「うふふ。アンタ、どこか懐かしい匂いがすると思ってたけど……あの地竜の子だね? あの時も同じような事言ってたっけ……て事は、助かったのかい? 人間の娘は?」
「……いえ、それは……。」
「気にはなっていたんだけどね、この子ったら、あれっきり姿を見せないもんだからさぁ……確かめようにも……ねぇ?」
 
 興味津々のまおりに迫られ、珠はその後の経緯を掻い摘んで話した。
「そうかい……飲む前に死んじゃったのかい……そりゃぁ残念だったねぇ……中々面白い実験だったのに……。でも、まぁ、違う意味で興味深いデータが取れたし、良しとするか。」
 何気に怖い事を言いながら、まおりは古びたノートを引っ張り出し、嬉々とした表情で、今聞いた事を書き込んだ。
「……で、何の話だっけ?」
 成前がまおりを避ける理由(ワケ)……そして、成前とまおりは確かに親子だ……と言う事を、同時に思い知った珠だった……。
 
 
  
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月 5日 (金)

気晴らしに……

 ばんは~~ちゃびデシ。今日は亡き叔父の親戚が3人、わざわざ福井から叔母のお見舞いに来てくれました。
 従兄弟(兄)曰く、『まとも』だとか、『話が判る』人なんだとか。従兄弟の話を総合すると、叔父の親戚の多くは……叔母の財布を当てにする、救いようのないヤカラだそうで……。
 
 叔母が福井に遊びに行くと、叔母のお金で吐くほど飲み食いし、また、「神戸に行く」と連絡入れれば、叔母が全て顎足(あごあし)を持つという…………。
 だから、従兄弟も『福井にだけは知らせるな……』と、タイにいる時からボクに連絡入れてたのデシが……救急隊の人が、叔母の携帯で片っ端から連絡を入れたために……。
 
 で、従兄弟がアバウトに説明し、金目当ての人達は来なかったのデシが、叔母がホントの姉妹のように仲が良かった、義理の妹2人が『それでも……』と、義理の母(=叔父の母)を連れて来てくれました。
 午後1時の約束で、12時半頃にボク達が病院に到着すると、既に3人は到着していて『まだか~~?』との電話が従兄弟の携帯にw
 
 すぐに合流すると病室まで案内し、叔母と面会してもらいました。従兄弟があれこれ説明している間、ボクは持ってきたマジックで、叔母のタオルに名前を書き込んでました。
 3人は目頭を押さえながら、何度も何度も叔母の名を呼び、手をさすったり足をさすったりしてました。
 
 そして、小一時間ほど話した後別れ、ボク達は垂水に戻り、気晴らしに……でもないけど……駅前の宝飾店を巡りました。
 タイにいる従兄弟の嫁(未入籍)が、彼が帰国する前に『金の指輪が欲しい、出来ればペアの指輪が……(≒マリッジリング)』のリクエストに応えるためデシ。
 
 3軒ほどハシゴして、ああでもない、こうでもない……と、品定めしましたが、どの店もボク達に声をかけるどころか、近寄っても来てくれません。
 まぁ、その気持ち、判らなくもないデシが……別に、目を合わせたからと言って、強盗に早変わり…とかしないのデシけどねぇ…………。
 
 結局、ふりだしに……もとい、最初の店に戻り、そこのクリアランスセールを利用して、ン万円相当のを2個、ン万円で買いました。
 帰国直後から、休む間もなく走り回ってきたので、少しは息抜きが出来たかな? 出来たなら良いのだけど……。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月 4日 (木)

マンション諸事完了。

 ばんは~~ちゃびデシ。昨日は朝10時に、知り合いの大工さんと待ち合わせて、叔母の部屋の荷物を全部、キレイに運び出しました。
 叔母の荷物のうち、冷蔵庫とトースター、テーブルは我が家で使わせてもらうことに。どうやら叔母と母が前々から約束してたみたい。
 
 叔母が倒れなければ、今月中に賃貸マンションから公団に引っ越す予定だったらしく、その際、荷物の処分の話が出たとき、母が欲しいと言ったそうデシ。
 従兄弟(兄)はそれ以外の、部屋の荷物全てを捨てるよう、大工さん達に頼んでました。ボクはそれに若干ストップをかけつつ、洗濯ハンガーやカーテンを取り外し、持って帰るようにしました。
 
 従兄弟は『大事に取って置くより、捨て去った方が良い。そうしたら怒って目を覚ます……。』等と、冗談交じりに話してましたが……。
 『怒り狂ってタイに電話してくれたら、喜んで怒られに帰るけど……』と言う言葉に、彼の背負っているものの重さを感じました。
 
 作業の方は、前日、大きなゴミ袋6個詰めて、持って帰ってた事もあり、正午を回る頃には全て終了しました。
 その後マンションを出て、帰宅途中にある不動産屋にカギを返す予定だったのデシが、その直前にカギを1本、実家に置いてきてしまった事に気付き、急遽日を改める事に。
 
 
 それから、一旦実家に戻り、昼食を食べた後ホームセンターで介護用のオムツやティッシュを買い込み、叔母が待つ病院に向かいました。
 その日は午後3時から気管切開の手術をする予定だったのデシ。口にチューブを入れっ放しだと、口の雑菌が肺に入ったりするそうで、それを防止するためだそうデシ。
 
 とは言え、事前の説明では30分ほどで終わる……との事デシたので、4時前に病院に着き、叔母に会いに行くと既に戻ってました。
 「説明通りだったね……」と従兄弟と話してますと、看護婦さんが『緊急手術が入りまして……まだ呼び出しがかからないんですぅ……』デシって。
 
 中央市民病院の緊急手術って言えば……数時間とか十数時間とか、当たり前にかかっちゃいますから……従兄弟はボクに気を遣い、早々に帰宅する事になりました。
 ま、叔母の手術も緊急手術だった訳で……8時間かかってる訳で……従兄弟には悪いと思いつつ、これ幸いに帰宅の途に着きました。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月 3日 (水)

マンションへ……

 ちわゎ~~ちゃびデシ。昨日は朝から従兄弟と叔母のマンションに行き、引き払う準備をしました。
 持って行ったポリ袋に衣料品を詰め、空の段ボールに書類を詰め、狭いFTOの後部座席と、微妙な広さのトランクに載せられるだけ載せましたw
 
 その後、徒歩7分ほどの所にあった不動産屋に挨拶に行き、今月一杯で部屋を解約することを話しに行きました。
 事情が事情だけに、向こうも好意的に対処してくれました。これで懸念が一つ減りました……ヤレヤレ…とは、まだ行きませんが。
 
 
 さて、荷物の詰め込み作業が終わったのが正午だったので、「丁度いい時間……」と、そのまま病院に行きました、えぇ、叔母のお見舞いに。
すると、叔母がICUから一般病棟に移る事に……と聞かされ、昼食を病院の地下街で取って待つことに。
 
 予定の時間、午後1時半を過ぎても中々叔母のベッドは出て来ず、2時前くらいにようやく出て来た……と思ったら、9階の一般病棟でまたしばらく待つことに……。
 結局、全部終わって、病院を出たのは3時チョイ過ぎ。悪いながらも容態が安定してるから、一般に移れたのかと思いましたが……。
 
 
 
 
病室は個室で、準ICUみたいな感じが……。
 
 
 
 
 ま、それでも、お医者さん的に急激な悪化はない……と踏んでの移動だと自分に言い聞かせ、病院を後にしました。
 いくらICUが一杯だからって、状態のよくない患者を一般病棟には移さないデシから……ね? そう思うことにしました。
 
 
 さてさて、最近は……と言っても『今週は』なのデシが……FFに行くこともなく、早寝早起きをしてるちゃびデシ。
 実家の秘密基地が機能停止に近い状態で、ブログも自宅で打ち込むようになり、ますますゲームから遠ざかってる感が……。
 
 でも、僅かでも自分の時間を持つように心掛けてます。今のボクのオアシスはニコ動デシかね……朝食の時や、ブログ書いてる時のBGMやBGVにしてます。
 最近よく見てるのはコレかな……みなさんも良ければどうぞ。
 
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4582647
 
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6253723 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年2月 2日 (火)

不幸中の幸い。

 ばんは~~ちゃびデシ。昨日は従兄弟(兄)と一緒に病院に行き、主治医の先生2人から叔母の現状、今後の治療方針などを話してきました。
 容態は悪いながらも安定していて……搬送時、非常に悪かった血糖値とイオンバランスは正常値に戻り……また、何か不測の事態が起きたときの延命治療は、行わないことになりました。
 
 それから、叔母のマンションに行き、中の様子を覗いてきました。その結果、懸念していた従兄弟(弟)夫婦の侵入は無かったようで……ホント、不幸中の幸い。
 どうやら入口のオートロックが開けられなかった模様……? マンションには管理人室みたいなのは無く、不動産会社への連絡先も書かれておらず……が幸いしたのかも。
 
 ちなみに従兄弟は叔母の携帯から、これは……と思わしい番号をかけ、不動産会社を探り当て、部屋の入り方を聞き出しました。
 カギを弟夫婦に渡す際、『暗証番号みたいなものが必要らしいで……』とボクが言ったのデシが、実は無くても入れるらしく、それも結果的に良い方に転んだかも♪
 
 て事は……どうやらマンションに入れなかった事が原因で、わざわざタイにいる兄まで、以前話したようなクレームを付けたのかな……と、二人で顔を見合わせましたょ。
 え? 何故「入らなかった」と断言出来るのかって? そりゃ、アナタ、叔母の通帳やら印鑑が、そのまま残ってたからデシ。
 
 かの嫁は、叔母がまだ一緒に暮らしてた頃、叔母の留守を狙って叔母の部屋を家捜しし、タンスの裏に隠しておいた保険証券を見つけ出した強者デシから……。
 恐らく、タンスの中の物を全て取り出し、タンスを動かして見つけたのデシょう。その後、叔母の部屋には……と言うか、家中……監視カメラと盗聴器が設置されたそうデシ。
 
 いあ、別に誇張して話してませんょ? ブツの正体に気付かず、叔母が『何かしら……?』と見ていたら、嫁が鬼の形相で『ジロジロ見るなっっ』と飛び出してきて……。
 そう言うことが続いたので、叔母は『このままだと殺される……』と、叔父の位牌だけを持って、自分の家から逃げ出したのデシ……。
 
 ボクも従兄弟も、そう言う経緯を全て知ってるので、通帳と印鑑を見付けた時、『やっぱり入れなかったんだ』と、胸を撫で下ろしました。

 

  
 

| | コメント (0)

2010年2月 1日 (月)

困った、困った……。

 ばんは~~ちゃびデシ。泣き面に蜂……とはよく言ったもので、実家の秘密基地に置いてるサブマシン、そのモニターが映らなくなった件……。
 電源を入れると、1秒くらい表示した後、真っ黒の画面になってそれっきり……こういう精神状態では、修理に出す気力も湧いてこず……。
 
 小説はルーズリーフに下書きしてれば問題無いのデシが、ブログがねぇ……それでなくても隙を見て書いてる状況なので……。
 従兄弟(兄)が実家に泊まり始めて3日。生活のペースが掴めてきたので、これからは自宅に帰宅後、書くようにしますか……。
 
 
 その従兄弟は、7日に一旦タイに戻ることになりまして……。悪いながらも、叔母の容態は安定してるので、仕事の兼ね合いもあり、戻ることになりましたの。
 従兄弟の勤める職場には、タイ語を話せる日本人は彼のみだそうで、そうそう休んでもいられないそうなのね……。
 
 ま、タイに戻っても、今度はすぐに帰国出来るよう準備してる……とのことデシから、その間はボク達がこれまで通り、叔母の見舞いに通うつもりデシ。
 
 
 
 

| | コメント (0)

日曜日、家族揃って……。

 ちわゎ~~ちゃびデシ。日曜の神戸は朝から時折冷たい雨が降りました。ボクは母の入院騒動以来……と言う早起きをして、実家に向かいました。
 叔母が倒れてから、初めての日曜日……なので、ちゃびさん家の家族が全員集合。叔母のお見舞いに行くことになったのデシ。
 
 車は……ボクのFTOではとても乗れませんので、上の妹が車を出すことになり、ボクの運転でポートアイランドの中央市民病院まで。
 日曜なので、さぞかし見舞客で駐車場は満杯だろう……と思って到着したら、かなり空きスペースが目立ち……。
 
 満車だったときのために、ボクが運転していたのデシが……駐車場に入れなかったら、ボクだけ車に残って、先に降ろすつもりだったのデシ……嬉しい拍子抜け。
 面会時間になって、叔母に会いに行きますと、床擦れ防止のためか、体を少し横向きにしてもらってました。
 
 それは良いのデシが、発熱が続いているらしく、両脇の下に氷枕を入れられてました。手足もむくんでパンパンになってきており、あまり良い印象は持てませんデシた。
 看護士さんから、月曜日に主治医から話がしたい……と言われ、『いよいよか……』と従兄弟共々、腹を括る準備に入りました……。
 
 
 
 

| | コメント (2)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »