« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の記事

2010年3月31日 (水)

脱力……!

 ばんは~~ちゃびデシ。甥っ子を自宅に送り届けてから、ボク的レイズⅠマクロ発動モード中なのデシが……えぇ、『おっっつぁんよぉ……真っ白に燃え尽きちまったぜ』みたいなw
 そう言えば、随分FFに行ってませんなぁ……そろそろ勲章も剥奪された頃ぢゃ? なんて思う今日この頃なのデシが……何か行きそびれちゃうのょね。
 
 まだ、バージョンアップもしてないし……ちょこっと、気分転換に顔出してみるかな……レリックやら、ミシック武器が微妙に手に入りやすくなったようだし……風の噂デシが……。
 まぁ、レベルが段階的に99まで上がるのだから、75の武器を出し惜しみする意味が無くなる……って感じなのかな? スクエニ的に。
 
 
 
 それはさておき、諸事情により……日曜に見そびれた『W』を、今日になって、ゆっくり鑑賞することが出来ました♪
 いよいよ面白くなってきましたな♪ アクセルには『ようこそ、三の線へw』と言ってあげたい……てか、翔太郎の仲間になるって事は、二の線からの脱落を意味するのな?w
 
 ま、あのエンディングは、オヤクソク中のオヤクソクw 劇中にも散々フラグが立ってましたからなぁ……判っちゃいるけど止められない?w
 それと、Weatherドーパントの強さとしぶとさを見せ付けたことで、Wの最終フォームのフラグも立ったし……あの謎の女性も何か匂わせていましたしねぇ?
 
 てか、フィリップ君を一目で【ライト】と言い当てたところから推察するに、彼女はお母さんなのかな? 多分そうデシね……園崎家には父親しかいなかったし……。
 て事は、何? これってある意味、風都を舞台にした壮大な夫婦ゲンカ? ま、そんな事はどうでも良いんだけどw
 
 とにかく、極めて面白い展開になってきました。ただ、大人がのめり込めるのは良いのだけれど『子供さん的に、理解できてるの?』とか、思わなく無いのデシけど……w
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月30日 (火)

撃退!

 ばんは~~ちゃびデシ。日曜の夜、ボクが帰宅した後に甥っ子の母親(=ボク的に妹)から電話で、『火曜に亭主の母の家に行くので、月曜に帰って来なさい』と連絡があり……すかさずボクは『無事に返して欲しくば、一千万円用意しろ……こども銀行券で』と言ってやりましたが……何か問題でも?
 てか、ボク的には、甥っ子から解放される安堵感と、予定を切り上げて、プラモを完成させねばならない焦燥感が鬩ぎ(せめぎ)合う、非常に表現しにくい状態に……w
 
 
 
ボクの脳内工程表では、完成の最短が月曜の夜くらいだったので……
 
 
 
 で、月曜日。朝8時には目を覚まし……若干、涙目だったのは言うまでもない……9時過ぎには実家に到着。一人黙々と組み立て作業に……。
 甥っ子の見守るなか、端折れるところは全て端折り……具体的にはデカールであったり、色塗りだったり……組み上がるフェラーリ。
 
 『インディゴの夜』をタイマー代わりに、午後2時目前にフェラーリ完成♪ 何やかや問題点はあれど、とにかく完成! 完成だったら、完成っっっっ!!
 その出来映えは……自己採点で67点くらい? こういう物は、もっとこう……心にゆとりを持って、完成品を想像しつつ、余韻を楽しみながら作らないと……ねぇ?
 
 ケツの青いガキぢゃないんだから、そんなにガツガツせずに、時間掛けて丁寧に作った方が綺麗に仕上がる…………って、ケツの青いガキデシたゎ、甥っ子は。
 そう言えば、一緒にお風呂に入ったとき、確かにまだ、キャツのケツには蒙古斑がありました…………へ? そう言う意味ぢゃなく?
 
 何はともあれ、実質2日でフェラーリを組み立てるのは……無理! ロクに休憩も取れず、追い立てられるように作り続けるのは辛すぎる……。
 もうね、精も根も尽き果てて、当分プラモデルなんか見たくもない……久々だゎ、こんな心境になったの……その昔、1週間ほど徹夜してラジコン組み立てて以来かも……w
 
 
 で、その後、ナニかの抜け殻状態になったボクは、意識朦朧となりながら後片付けを済ませ、叔母の待つ病院へ行く準備を……。
 当初は甥っ子も一緒に見舞いに行くはずだったのデシが、諸事情を鑑み、先に家に送り届けてから、病院に行くことになりました……どんな事情なんだか……w
 
 
 今回、ボク的にはこれくらいガンガッた気分なのデシが……と言うニコ動w
                    ↓
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm8216221
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月29日 (月)

迎撃!

 ばんは~~ちゃびデシ。親が子供を虐待死させたら、傷害致死でなく、殺人罪で裁いて欲しいと切に願うちゃびデシ。
 何処ぞに閉じ込めて窒息死させたり、食事を与えず餓死させたり……鬼畜にも劣る行状は万死に値する…と思ってます。
 
 そんなに嫌うのなら……それほど疎ましいなら、初めから生まなけりゃ良いのに。欲望に溺れ、後先考えずに行動するから、馬鹿な親と不幸な子供が生まれるンだ……。
 
 
 昨夜、甥っ子と夕飯(ちらし寿司)を食べていて、つくづくそう思いました。子供が無心に、美味しそうに食べてる様を見られるのは、親の特権だろうに……。
 我が子でなくても、小さな子供が嬉しそうに食べてるのを見てるだけで、こっちまで幸せな気分になりますもん♪
 
 さて、プラモ作りは土曜の夕方から始まり、夕食を挟んで午後7時過ぎに一旦終了……と言うことになりました。
 その後は甥っ子を風呂に入れ、全身泡まみれにして洗ってやり、ようやく解放される…………みたいな。
 
 そして日曜は、イヤイヤ&渋々ながら、朝10時には実家に赴きプラモ三昧……自分のペースで作らせてもらえず、かなりヘビーな展開に……。
 作業に集中したくとも、せっせと話し掛ける甥っ子に気を取られ、ペースを乱されながら組み立ててました……。
 
 甥っ子にしてみれば、見るパーツ見るパーツが珍しく、何に使うのか、どう動くのか……等と、質問してくるのデシが、ボクだってフェラーリの実物、見たこと無い訳で……w
 適当に誤魔化しながら、話を合わせましたが……たった2日、相手をしただけでも、ボクのHP・MP両方ともゴッソリ削られました……てか、MPって…………w
 
 『で、いつまでおるん? 月曜か?』『ううん、水曜日に帰る♪』…………どうやら、この状況は水曜日まで続くそうな……保つのか、ボクのHP・MP?!
 
 
 
だから、MPって…………。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月28日 (日)

襲来!

 ばんは~~ちゃびデシ。土曜日、下の妹から電話が掛かり、待てど暮らせど出ぬ母の代わりに、渋々ボクが出ましたら……。
 『今日、泊まりに行って良い?』と、子供の声が聞こえてきまして……誰? 子供は4人いるのだけれど……と思ってますと、『プラモデル買ったから……』とか何とか……。
 
 
 
それで『あぁ、長男坊か……』と判明。
 
 
 
 おおかた春休みに入ったのを利用して、遊びに来たがってるのデシょうが、こちらとしても、日曜日は心の安息日なので、ゆっくりしたいと言うか、邪魔されたくないと言うか……。
 プラモデルくらい、父親に作ってもらえょ……と思いつつ、『父親はガンダム系以外、興味ないとか言ってたっけ……』と思い出し……『えぇよ、おいで』と、つい……。
 
 今度は何を持ってくるのやら……てか、完璧に作ろうと思ったら、土日だけでは絶対無理な気がするのはボクの気のせい?
 チャチャッと色も塗らず、おざなりに作って良いのなら、間に合わないこともないのだけれど……色塗りするなら、1日1色が限界…てか、基本だからなぁ……。
 
 子供の目の前で、匠の技を見せてやるのは【望むところだっっ!】なのデシが、時間が掛かるのよね、何せ……。
 まぁ、ニッパなどは自宅に置いてるので、どの道、道具を取りに戻らねばならず……ついでだから、塗料も持って来とこか……と。
 
 母が駅まで迎えに行く間に、ボクも自宅まで道具を取りに帰りました。で、実家に戻り、待つこと30分……くらい? 甥っ子が嬉しそうに到着。ボク的修羅場の始まり始まり……。
 ちなみに今回の演目は、田宮の【エンツォ フェラーリ】。色はイエロー。デカールは無いけど、ドアもエンジンルームも開きまくり……エンジンも細部に渡って見えまくり…………。
 
 

【計り知れない強さデシ】w

 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月27日 (土)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-25

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 

 
 次の瞬間、裂帛(れっぱく)の気合いと共に、珠は凄まじい連続突きを繰り出した!
「我伝五月雨流、乱雨改め、乱竜」
 その無数の突きは、切っ先から無数の炎の弾丸を生み、それらが火竜の如く、三本角に向かって一斉に襲い掛かった。
「うぉ? ぐおおぉぉぉ……。」
 これにはさしもの三本角も堪え切れず、両翼をズタズタに食い破られ、ゆるゆると地面に落ちてきた。
 
 ズドドォン……。

 
 地響きを立てて三本角が降り立つと、珠はすかさず駆け寄ろうとした。
「図に乗るなっっ!」
 三本角は両翼を珠目掛けて羽ばたかせた……が、穴だらけの翼では突風は起こせなかった。
 だが、怪我の功名か……翼の薄く鋭い鱗が漆黒のナイフとなって、唸り(うなり)を上げて珠に迫った。
 珠は咄嗟(とっさ)に円を描くように真・螺旋竜を振るい、襲い来るナイフを叩き落とした。
 しかし、数で圧倒するナイフの群れは、徐々に珠を追い詰めていく。
 
 珠はミステリーサークルを出て、雑草木の生い茂る荒れ地に身を隠そうと、そちらを見た。
 するとそこに、草むらを掻き分けて近寄ってくる何かを見付けた…………。
「危ないっっ! こっちに来るなっっっ!!」
 気付けば珠は叫びながら、庇う(かばう)ように草むら目掛け、横っ飛びに飛んでいた。
 その隙を突いて、漆黒のナイフが珠を襲う!
 三本角の口元が引きつるように耳元まで切れ上がり、
「手応え有り……。」
 凶悪な牙の間を擦り抜け、喜悦の声が零れ落ちた。
 
     ◇     ◇     ◇
 
 沢村が広場に出ると、彼を押し退けて子供達が駆け出した……その瞬間、
「動くなっっっ!!」
 巨大な癇癪玉(かんしゃくだま)が破裂したような声が、辺りに鳴り響いた。
 子供達はギクッとなって立ち止まり、声の主の方を恐る恐る見ると……鍬(くわ)を片手に、年端の行かぬ少女が畑の真ん中で仁王立ちしていた。
「これ以上アタシの畑を荒らしたら、みんな薬の材料にするよっっ!」
 冗談とも思えない厳しい口調に、子供達は沢村の背後に逃げ込んだ。
「……あの……突然大勢で押し掛けて申し訳ありません……この辺りに薬婆ぁさんが開いておられるお店があると聞いて来たのですが……?」
 沢村が恐る恐る少女に尋ねた。
「……ったく、どいつもこいつも『婆ぁ』『婆ぁ』と……全部あの子の仕業だね……真剣(マジ)で躾け(しつけ)直すか…………アタシに何か用かい?」
「……へ? あ、いえ、あなたではなく……確か『まおり様』とか言うお婆さんが……。」
「だからぁ、アタシがその『まおり様』さ。アンタ達、薬を買いにわざわざこんな所まで来たのかい?」
 
 店の外で、まおりと沢村達が談笑していた。
「なんだいなんだい、あの子の知り合いなら知り合いと、最初に言ってくれれば良いのに。」
「……だってマオリン、いきなり怒鳴るんだもん…なぁ?」
「そうだよ~、それに成前の爺さんが『婆ぁ』『婆ぁ』って言ってたし……こんなに若いお姉さんがマオリンだなんて、誰も思わないよ、なぁ?」
 子供達だけでなく、沢村まで素直に頷いた。
「良い子達だねぇ~。そうかい、アタシって、そんなに若くてお淑(しと)やかで綺麗かい?」
 誰もそこまでは言ってないのだが……敢えて訂正する勇者も居らず……従って、まおりは上機嫌で、
「子供の足じゃ、ここまでの道程(みちのり)は大変だったろう? 食べるかい? 腹が膨れるし、疲れも取れるょ?」
 そう言って、懐から紙の小袋を取り出し、中から透き通るように美しい、エメラルドグリーンの豆粒を取り出した。
「「「あっっ仙○だっ!」」」
 子供達が歓声を上げる中、まおりは妖しげな笑みを浮かべながら、一粒ずつ配ってやった。
 子供達は手の平の豆をしげしげと見詰めながら、口々に『かわいぃ~~♪』だの『キレイ~~』だのハシャいでいた……豆から足が生えて動き出すまでは。
 
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月26日 (金)

やっと晴れましたなぁ。

 ばんは~~ちゃびデシ。今日の神戸は久々の晴れ模様。それまでの雨に洗われたのか、空の青も澄んで見えて、雲とのコントラストも綺麗デシた。
 信号待ちしつつ、雲の流れをボォ~~ッと見ていたら、急に『あの雲に乗って、どこか遠くに旅出したい……』等と思ってみたりして……。
 
 でも、高所恐怖症だしなぁ……雲の上に登るまでに、局所的なにわか雨が観測されそうだなぁ……ボクの下半身を発生源にして……。
 てなことをボンヤリ考えていて、ふと我に返ると、目の前の信号は青から赤に……ハハのんきだねぇ~~♪
 
 遠い目をしながら雲を見て、信号が青に変わってもその場に佇んでたボクを、車で信号待ちしてた人は、どう思ったデシょ……?
 てか、『プ』とか『ピ』とクラクション鳴らしてくれればいいのに……。照れ臭そうに顔を赤らめながら、お辞儀して渡るのに……。
 
 
 
中々見られないょ? はにかむ中年男って……?
 
 
 
 え? むしろ見たくない? ふむぅ…………そう断言されちゃうと、こちらとしては無理強い出来ませんが……ある種のマニアには受けそうなのだけど……。
 『照れるおやぢを愛でる会』の人とか……知りません? ボクは知りません(どキッパリ!)たった今、思い付いただけなので……。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月25日 (木)

今日は……何の日?

 ばんは~~ちゃびデシ。いつものように昼過ぎ、実家に向かってますと、学生服着た子供達がちらりほらりと歩いてまして。
 あれ? 土曜日でもないのに半ドン? ってか、最近は週休二日制なのね、学校って……? ついつい自分の幼少期を基準にしちゃってますなぁw
 
 んで、話を戻しますと……世間様では、今日は終業式? 卒業式? そんな時期? ここんトコ、普段にも増して季節の行事に疎くなってます……。
 昨日も叔母のお見舞いに行きましたら、偶然、主治医の一人と会えまして、状況を説明してもらえましたが……。
 
 叔母の両肺には水が一杯溜まってて、それが体を圧迫したりして、発熱の原因になっているんだとか。
 で、それを抜くために大量の利尿剤を投与したのだとか。今は1/3程水は抜けていて、様子を見つつ、引き続き利尿剤を使って行くんだとか。
 
 外見上は穏やかに眠っているように見えて、容態は安定してたんぢゃなかったようで、医者と叔母の頑張りには頭が下がるばかり……なのデシ。
 従兄弟(兄)にもその事を伝え、いつでも帰国できる準備をさせつつ、今月末は無理に帰国しなくても良い……とも伝えました。
 
 ぶっちゃけ、彼が帰国して実家に滞在してる間は、彼の面倒はボクが見ることになってしまってるので、『そりゃあもう、大騒ぎさ』……的展開になるのデシょ……。
 だから、叔母の容態が安定さえしてれば、別にマメに帰って来なくても良い……てか、帰るな…………とか思ってみたり。
 
 かと言って、向こうが帰りたいのを阻止する気はありませんのょ? 『後悔しないように行動せよ』とは、常々口を酸っぱくして言ってるので。
 メールに『質問等が無かったら、特に返事は必要なし』と書いてやれば、案の定、音沙汰無し……互いの利害関係が一致してる……のか、何て言ったらいいか……。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月24日 (水)

敵も然る者……?

 ばんは~~ちゃびデシ。この前の日曜に『W』の2巻が届き、早速バッタモンに取り掛かろうと、【DVD Shrink 3.2】を起動して、ディスクを入れたらソフトが強制的に終了する事態に……。
 んで、何度試しても、DVDがドライブに入ってる間は、Shrinkが立ち上がりもしませんで……どうやら、新手のコピーガードが掛かってるっぽいデシかねぇ……?
 
 それならば……と、今度は【DVD Decrypter 3.5.4.0】で試してみたら……これまた同じように強制終了……ううむ…………。
 これは……コピーガード更新の歴史的瞬間を目撃したかっっっ!? と、感傷に浸る……訳もなく……w もうね、ムキになってアレコレ試しましたさ~。
 
 そうしたら、Decrypterを起動した後、ディスクを入れたら上手く動き始めまして……偶々かも知れませんが……。
 一度作業が始まると、後は滞り(とどこおり)なく、普通にリッピング出来ましたが、実際にちゃんとコピー出来てるかどうかは……。
 
 

えぇ、手元に片面2層の空ディスクが無いものでw
 

 て事で、本屋の友人に業務連絡。もし、アレをナニして欲しければ、配達してくれるときにブツを持って喜多米。その場で……のでw
 いあ、ここでハッキリ書くと、法に触れちゃうぢゃない? だから、二人だけに通じる隠語で…………って、ドコがっっっっ?!
 
 
 
 さて、今日は『W』繋がりで、アップされて間もないニコ動を紹介しますぅ。風邪気味、花粉症の人は、鼻水噴き出さないようにご注意を……w
 【腕自慢】とか【腕試し】ぽい動画が多い【演奏してみた】シリーズで、【スクリーム】さんはエンターティメントに重点を置いてるので、非常に好感が持てますな♪
 
 腕前もさることながら、見る人を笑わせよう、楽しませようとする姿勢は素晴らしい。そして何より、ご自身が一番楽しんでるように見えて、それが良い♪
 
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm10115163
 
 
 
 

| | コメント (2)

2010年3月23日 (火)

FFがバージョンアップされたそうで……。

 ばんは~~ちゃびデシ。タルタル召喚士としては、新たな召喚獣が2体も増えて嬉しい反面、2hアビでしか使えない(=2時間に1度しか呼び出せない)のは……どぉなの?
 オーディンとアレキサンダーだっけ? 別に【超】強力でなくても良いんだけどなぁ……気軽に召喚出来て、自己満足に浸れれば弱くても別に……w
 
 
 
てか、闊歩(かっぽ)するアレキを見てみたいw
 
 
 
 フェンリルなんて良い例ぢゃないデシか。BCでは戦力を整え、作戦練っても、【幸運】がなけりゃ絶対勝てないくらい強いのに、いざ呼び出したら…………。
 でも、召喚出来る……ってだけで、結構、嬉しかったし……レベラゲのサチコメに『召喚獣:全て○』と書ける優越感?w
 
 

ま、それも今は昔……的な【遠い目】をして語るだけなのデシが……。
 

 何か、最近のスクエニの動きを見てますと、必死でFF11の延命を図ってますなw レベルを段階的に99まで解放するって言ったり……。
 そんなにFF14に自信持てないのかな……? それとも……今のうちに11で実験して、14にフィードバックするつもり……とか?
 
 ま、14をする予定のないボク的には、11で遊べることが増えるのは、歓迎することはあっても、不満を漏らす気は無いのデシけど。
 ただ……住民の反対を受け、伊丹空港廃止のために関空を作りながら、いざ出来たら、住民が手の平を返し、両方存続させて赤字を垂れ流してる……って構図に、どことなく……w
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月22日 (月)

名前は年齢順に……。

 ばんは~~ちゃびデシ。姪っ子達から一月遅れでもらったチョコレート。それをようやく片付けて、無駄に血糖値が上がってるちゃびデシ……w
 甘いモン苦手系のボクにしてみれば、チョコは普通に食べられる、数少ないオヤツデシて……それを妹達も知ってるので、バレンタインにくれるのは有り難いのデシが……。
 
 
 さて、日曜日、夕食を食べに、実家のガレージ開けて中に入ろうとすると、偶々(たまたま)下の妹夫婦の乗った車が通り掛かり、母にイカナゴのクギ煮を差し入れに来まして。
 車から降りて、実家に入ろうとする妹の後に付いて、サイズ的に3番目の次男坊が一緒に降りてきまして…………ん?
 
 下の妹ン家は、上から男、女、男、女の4人兄妹なのデシ。で、『誰だっけ?』と、ボクがその子に声をかけようとして脳内検索をしたところ……ヒットせず…………。
 顔は知ってるし、向こうも人懐っこい笑顔で話し掛けてくれますが、地球の本棚(ほしのほんだな)に入ってるボクは、検索ワードで絞りきれず……。
 
 
 
愛想笑いを浮かべ、頭を撫でつつ、脳内ぷちパニック&フリーズ……。
 
 
 
 下の妹のトコは、無駄に難しい名前付けてるからなぁ……と、1番上の子から名前を順々に唱えていきますと、呆気なく3番目のも出て来て……。
 そうそう、この子は漢字こそ違え、妹と同じ読みをしたっけ……と、関係ないことまで思い出し、一件落着……する頃には、既に連中は帰ってました……。
 
 
 てな感じで、普段と全く変わり映えのしない3連休だったボクに比べ、みなさんは有意義にこの連休を楽しめましたか?
 ボクは今日も、行楽帰りの渋滞を縫うように、紙おむつ片手に、叔母の病院にお見舞いに行って来ましたが……。
 
 きっと、みなさんは家族や気の置けない友人達と一緒に、心に残るような楽しい思い出を一杯作ったことデシょうね? それは何より。
 えぇ、ボクの分まで楽しんでくれたことを心より期待してます……………………地球なんか、砕け散っちゃえば良いのに…………。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月20日 (土)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-24

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 珠は咄嗟(とっさ)に竜剣で爪を切り払った……が、次の瞬間、足元で火裂弾が爆発し、後ろに吹っ飛ばされた。
 不幸中の幸いか、飛ばされた先のミステリーサークル内は火が回っておらず、刈り揃えられた雑草がクッションになり、背中から落ちた珠を柔らかく受け止めた。
 珠はすぐさま起き上がり、竜剣を交差して『螺旋竜!』と叫んだ。
 そこに『逃すかぁっ!』と、三本角が紅蓮の炎を浴びせ掛けた。
 避ける間も無く、一瞬で炎に包まれる珠…………遠く離れた場所で、一姫の悲鳴が上がった……。

 
 燃え上がった珠の様子を見、三本角は凶悪な牙を覗かせながら、満足そうにほくそ笑んでいた。
 しかし、炎に飲み込まれた珠が倒れるでもなく、燃え尽きるでもなく……それどころか、火の勢いが少しずつ増しつつある事に、三本角は妙な胸騒ぎを覚えた。
 それはすぐに確信になった。
 珠を押し包んでいた紅蓮の炎が、一瞬、大きく煌(きら)めくと青白い火柱に変わり、そうかと思うと、みるみる縮んで一本の大きな剣となって、珠の手に収まっていた。
「真・螺旋竜、見参!」
 刀身が二メートル以上はありそうな長い剣を、珠は頭上で軽々と一旋し、左足を一歩踏み出し、右手は右肩の高さ、左手は右胸の位置で剣を立て……所謂(いわゆる)、右八双に構えた。
 レザースーツの上からでもソレと判るほど、珠の両腕の竜宝珠が煌々(こうこう)と輝いていた。
「本当の勝負はこれからだ! 行くぞっっ三本角!!」
「おぉよ、細切れに切り刻んでくれるわぃ!」
 
 珠と三本角は真正面から打ち合っていた。
 剣の数で言えば、三本角の方が圧倒的に有利だったが、珠の剣は一振りする毎に切っ先から炎の竜が矢のように飛び出し、三本角に食らい付いていた。
 また、真・螺旋竜は切れ味も鋭く、三本角の剣(=爪)は二、三回も刃を交えるとパキンッッ! と打ち砕かれてしまった。
 だが、三本角はその巨体と、有り余る体力にものを言わせ、折られる先から爪を伸ばし、珠に襲い掛かっていた。
 
     ◇     ◇     ◇
 
「……先生、ホントにこの道で合ってるの? さっきから道がヤケに細いんだけど……?」
 列の最後尾を歩く良がボソッと呟いた。
 辺りは夕闇が濃くなり、足元も覚束(おぼつか)無くなってきた。
 獣道を上り始めた頃こそ、子供達もピクニック気分でワイワイ騒がしかったのだが、今は全員無口だった。
 無理もない、かれこれ二十分以上歩いても、それらしい店に出会(でくわ)さないのだ……それどころか、道は段々細く険しくなるばかり……。
「大丈夫、もう少しで見えてくるさ、みんなも後少しだけ頑張って!」
 沢村は子供達が不安にならないよう、努めて明るく励ました……いや、子供達だけでなく、自分自身を奮い立たせるためでもあった。
 何しろ、さっきから急に鬱蒼(うっそう)としてきた雑草木を、先頭を歩きながら掻き分け掻き分け進んでいて、かなり疲れているのだ。
 ただ、そのお陰で、子供達は大人の沢村の足に付いて歩く事が出来た。
 沢村はふと立ち止まり、子供達に振り返ると、
「……取り敢えず、この道が開(ひら)けて休めそうな場所があったら、店が見付からなくても休憩しようか……。」
「「は~~~い。」」
 そう言って前を向き、数える程も歩かないうちに、沢村の視界がいきなり開けた。
「おぉ!? 着いたみたいだぞ、みんな!」
 
     ◇     ◇     ◇
 
 珠の真・螺旋竜で全身を燻(くすぶ)らせながら、それでも三本角は悠然と宙に浮かんでいた。
 肩で軽く息をしながら、珠はそれを睨んでいた。
 何度となく剣で打ち合っているが、お互い決め手に欠けていた……。
(……何かこの状況を打開する手はないのか……三本角を地面に引き摺り下ろさない限り、私に勝機は無い……。)
 珠の剣の切れ味を警戒して、三本角は珠との距離を置いて、爪を槍のように突き出す攻撃を繰り返し、珠の体力を奪う事に専念していた。
 珠は息を整えながら、構えを八双から正眼に変えた。
(……付け焼き刃だが……これしか思い浮かばん…………。)
 次の瞬間、裂帛(れっぱく)の気合いと共に、珠は凄まじい連続突きを繰り出した!
「我伝五月雨流、乱雨改め、乱竜sign03
 その無数の突きは、切っ先から無数の竜を生み、それらが三本角に向かって一斉に襲い掛かった。
「うぉ? ぐおおぉぉぉ……。」
 これにはさしもの三本角も堪え切れず、両翼をズタズタに食い破られ、ゆるゆると地面に落ちてきた。
 
 ズドドォン……。
 
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月19日 (金)

有り難いような…………。

 ばんは~~ちゃびデシ。今日も今日とて、叔母を見舞いに病院に行って来ました。状態は相変わらず……良くもなく悪くもなく。
 ただ、その基準値はかなり低いところにあるので、穏やかに眠っているからと言って、安心出来ないのが辛いトコ。
 
 さて、叔母の社交スキルは【青キャップ】と言っていいほど高く、面倒見も良いことから、友人には事欠きませんで。
 叔母の家の内情を知ってる人も多く……てか、家にいると針のムシロ状態なので、友人宅を点々と避難して回って、愚痴こぼして…ってのが真相に近いのデシが……。
 
 その中でも、一番の親友……と言う人の通勤途中に、今、叔母が入院してる病院はありまして……毎日のように見舞ってくれるのは有り難いのデシが……。
 その度に、『体をさすったら反応した……』とか、『話し掛けたら笑った……』とか、電話で報告してくれまして……有り難いやら、ありがた迷惑やら……。
 
 『それは気のせいデシ』とは、思っても口には出せず……ボク達を励ましてくれてるのだろう……と言うのは分かるだけに、無下に断るわけにも行かず、往生してます。
 そもそも、自発呼吸もままならぬ状態なので…………。弁護士という職業柄か、やたら律儀に報告してくれるので、『それは自分の胸にしまっておいて……』とは言えなかったりする。
 
 こっちは来たるべき日に備え、心の準備をしてる最中なのデシょ……医者からはとっくに引導を渡されているのデシょ……。
 過度の励ましは、負担にしかならないのデシが……ボク達に声をかけつつ、実は自分を奮い立たせてるのでは? とも思えるので、なるべく聞き流してます。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月18日 (木)

タイ……と言えば。

 ばんは~~ちゃびデシ。この前ニュースを見てましたら、タイで焦臭い(きなくさい)ことをやってるのを知り……何か微妙に引っ掛かるモノを感じてましたら……。
 我が従兄弟(兄)が移住してる地ぢゃないか……とw ま、彼の住む町は首都から少し離れた地方都市だそうデシし、彼の周りの人達は、ああ言った知識人層ではないそうデシし……あまり心配してません。
 
 彼曰く、『タイ人は人は良いけど短気、基本、自己中。そしてオバカ』だそうデシ。自己中というのは、ワガママ勝手、自分のことしか考えてない……と言うよりは、他人を気遣う習慣がないと言うか、余裕がない……て感じ?
 大学を出て、そこそこの学識と常識を持った人は、ある程度、周りの人と協調出来るそうデシが、それ以下の人は…………だそうな。
 
 まぁ、命の値段が安い国……と言うのは、だいたいそんな感じなのかな……? 日本円で3万も出せば、平気で人を殺したりするそうな……。
 てか、それくらいのお金を出せば、正規のルートで拳銃が買える国デシから、無理も無いっちゃぁ無理ない話なのかも……。
 
 
 さて、従兄弟の話では、タイの警官は裁判所も兼ねているそうで……以前、彼がスピード違反で捕まったとき、
 
 警官:○キロオーバーね。罰金300バーツ(約1000円)で、免許は明日どこそこの警察署に取りに来るように。
 従兄弟:今、出張でこっち来てる、明日には戻るですよ。何とかして欲しいね……?(たどたどしい英語で)
 警官:ううむ……じゃあ、500バーツ(約1500円)。
 従兄弟:はい、ありがとうございます。
 
 で、全て終了……w 免許証に傷が付くこともなく、解放されたそうデシ。成功のコツは……もちろん、たどたどしい英語w
 彼は日常会話ならタイ語をペラペラ話せるのデシが、そう言うときは、話せないフリをして(英語も微妙なフリをして)誤魔化すそうな。
 
 すると、相手が段々焦れてきて、話が付きやすくなるそうデシ。でも、裁判所の虫の居所が悪いと金額はウナギ登りにw
 なお、この裁判所の最高刑は、勿論、死刑(しかも即決)なので…………あまり軽々しい態度は取らない方が身のため……だそうデシょ。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月17日 (水)

墓参りいてきた。そして、私信。

 ばんは~~ちゃびデシ。日に日に春めいてきまして。今のトコ、花粉症には縁のないボクのこと。思いっ切り深呼吸してやりましたさぁ……うらまやしい?w
 今日は叔母の見舞いに行った後、墓参りにも行って来ました。もうすぐ春分デシし……と言うか、今日は父の月命日なのデシ。
 
 そう言えば、我が母は父が亡くなってから、半年以上も毎日毎日泣いてましたなぁ……あれだけボロクソに怒られてたのに……毎晩のように。
 かく言うボクは、父から仕事の代替わりをしたばかり……のこともあり、必死で感情を押し殺し、仕事に明け暮れてましたっけ……。
 
 そのせいで、それから3ヶ月ほどの間、感情表現出来なくなっちゃいまして……喜怒哀楽が出せなくなって、能面のように表情を変えられなくなって……。
 笑うときはこうやって……声のトーンはこれくらいで……と、いちいち頭で考えてから、ぎこちなく表情を作ってたことを思い出します。
 
 だから、悲しいときは悲しんで良いし、泣けるときは泣いてあげれば良いのデシょ、P嬢。それが一番の供養になるのだから。
 たっぷり悲しんでから、ゆっくり立ち直ればいい。今は無理して我慢することないのデシょ、わんわん声上げて泣いて……別にブヒブヒでも……ガス抜きしましょうょ。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

XPにしがみつくか、7に乗り換えるか……。

 ばんは~~ちゃびデシ。今更デシが……ウインダスの各院の制服…っていうのかな、アレを見る度、昔々のTV番組『キャプテンウルトラ』に出て来た宇宙人を思い出す、ちゃびデシ。
 流石のボクも幼すぎて、記憶が曖昧なのデシが……名前も出て来ませんヮ……ご存知の方は、コッソリ勝ち誇って下さいw
 
 『○○星人だょ』と、教えて貰っても……『あぁ!』とも『そうそう!』とも言えないだろうから……『へぇ……』くらいで終わっちゃいそうな気が……。
 感心出来るほど記憶に残ってないのよね……そのためだけにググるってのも癪だし……てか、今、知ったところで何の使い道も無いしw
 
 
 さて、XPのsp2がサービス終了になりまして……ジワジワと7包囲網に狭められてる感があるのデシが……。
 別にXPと運命共同体になる気はありませんが、さりとて、人体実験中の7に乗り換える気にもなれず……せめてsp1が出るまでは……。
 
 それに、今乗り換えると、OS以外にも、買い換えなきゃいけないソフトが出て来ますし……てか、手持ちのソフトは殆ど7に対応してない気が汁……。
 特に一太郎……ボクの使ってる【2005】は、7では動かないそうな……。そして、それを見越してか、ひっきりなしに届くメールやらダイレクトメール……。
 
 一太郎誕生25周年だそうで……ボクのユーザーIDが96から始まるところを見ると、14年ほど代替わりしながら使い続けてる……のかな?
 ただ、バージョンが上がり、便利な機能が増えても……使わないからなぁ…………スンマセン、見栄張りました、『使えないからなぁ』……デシた。
 
 今度の【2010】は、かなり文章の変換効率が良いそうで、それにはそそられますが……ボクの辞書もかなり学習させてますからなぁ……。
 しかも、ボク専用にカスタマイズされてるので……いくら進化したとは言え、そう簡単に「です」を「デシ」には変換できまい……ムフ( ´ー`)
 
 
 
てか、辞書をそのまま受け継がせたら、問題は解決しちゃうのデシがw 
 
 
 
 そんなこんなで、7の導入準備のためにも、まずワープロソフトが欲しい訳デシが……おねだりしたら、誰か貢いでくれます?
 ま、誰もくんないだろうなぁ……週末辺り、みどり館にでも行くかなぁ? 決算セールでスポーツタオルもらえるそうだし…………。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月15日 (月)

結局、ゲームパッドは……。

 ばんは~~ちゃびデシ。病院からの帰り道、母に頼まれスーパーに立ち寄り、カートに買い物カゴ乗せて、母の後を付いて歩いてましたら……。
 自分用のブツをカゴに入れ、母に追い付くと『聞こえた? 聞こえた?』と、大きな声で問い掛ける母………………。
 
 出物腫れ物所嫌わず…………母よ、屁をこくのは勝手だが、わざわざ確認しないでくれまいか? てか、聞こえて無くても、その一言で判るっっっちゅうねん!
 それ以前に、話し掛けないでくれまいか……知り合いと思われたらアレなので。ボクが他人のフリをしている時は、どうぞ近付かないでくだしあ……。
 
 
 それはさておき、ゲームパッドの設定をこれまで通りに戻しました……。右のアナログスティックを【移動】に割り振ると、色々支障が出る模様……ボク的に。
 例えば、移動中、ドアや門に差し掛かった時、これまでなら走りながらドアをタゲり、決定ボタン押してドアを開き、そのまま通過出来たものが、出来無くなっちゃったの。
 
 決定やキャンセルボタンは右側にあるのでね……スティックとボタンの同時操作は、右手の構造上、難しい気がします……w
 それに、カメラ目線についてもそう。右スティックで操作してた時は、基本のポジションみたいのがあって、スティックがニュートラルに戻ると、カメラも戻ったのデシが、左だと固定されちゃって、スティックを逆に操作しないと戻らないの。
 
 ま、ボクのゲームパッドだけかも知れませんが……ロジクールの何とかってヤツ。型番は……長年のボクの汗と涙と鼻水と涎で、印刷された部分が消えちゃってて……。
 ジラートかプロマシアの頃に買ったヤツだと思う……それ以前に使ってたサンワサプライのは、どれを買っても、すぐにボタン部分がイカレちゃって…………。
 
 それでメーカーを変えたら……ロジクールのにした途端、バッチリになった……てか、正常に動くようになった記憶があります。
 買った初日に、ボタンの戻りが悪くなったサンワサプライに比べ、ロジクールのは今でも故障一つせず、現役街道まっしぐら、ありがたやありがたや♪
 
 
 
で……何の話デシたっけ? 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月14日 (日)

そう言えば、今日は……。

 ばんは~~ちゃびデシ。今日はホワイトデーだったのね……知ってました? 昨日、妹の子供達から、1ヶ月遅れで結構なチョコをもらい、ボクはそれで……w
 とは言え、コイツらにはホワイトデー以前に、色々と出費してますので……えぇ、もらいっ放しデシ……誰がっっっっっっ!!
 
 ま、それでもスルーするわけには行かない人もいるわけで。我が麗しのハニーには、キッチリ仕返し……もとい、お返ししましたがね。
 いやぁ、自分で作って、初めて判る事も色々ありますなぁ……って感じになりました、今回。えぇ、愛されてますょ、ワタクシ♪
 
 
 
いあ、素面デシょ、今はw
 
 
 
 そんなハニーに1曲贈っておく……と言っても、ボクが演奏してるわけではありませんが……演奏以前に、楽譜読めません……。
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm6617588
 たぶん、まだ紹介してないと思うのデシが……をゐ、過去ログ漁ルナ……最近はDLしたのを、ヘビーローテーションで聞いてるのでね、新作は……。
 
 
 
 

| | コメント (0)

子供の無駄パワーに振り回される……。

 ちわゎ~~ちゃびデシ。この土曜日、予想外&予定外に上の妹が子供達を引き連れてやって来まして……母の誕生日が13日だったためらしい……。
 妹は母にどこかの商品券を渡してました。ボクは最近母がハマってるサボテンを2鉢、プレゼントしました……ところで、サボテンの花言葉って、ご存知?
 
 さて、子供達が遊んでもらいたげにソワソワする中、大人達は相棒の再放送に見入ってました…………やっぱ、薫ちゃんがいると、伊丹刑事が生き生きしてますなw
 やぱし、子供達を相手にするには、それなりの気力・体力に加え、それ相応の覚悟も必要デシね……空元気をひり出そうにもプゥもスゥも出ず、曖昧な作り笑顔で事を済ませましたヮ……。
 
 まぁ、今は一番下の子も今度小1と言うことで、こっちが相手しなくても子供達だけで遊んでいるので、騒がしいけど楽っちゃぁ楽になりましたが……ね。
 ただ、『騒がしさ』は時に凶器になるな……と、思わなく無いデシけどねw 雷落とすのも忍びないので、極力スルーしてますが。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月13日 (土)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-23

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 珠と三本角は大声で笑い合いながら、お互いの間合いを計っていた。
 それをミステリーサークルの外れで、微笑ましく見詰めている一姫と成前。
 一姫は胸元まである雑草を掻き分け、珠の様子を見ていた。
 可愛らしい笑顔とは裏腹に、珠の身を案じ、胸が締め付けられる思いで一杯だった。

 
 
十一章 主役的少女、応援する
 
 
「……ふぉっふぉふぉ、まったく薬婆ぁめ、毎度毎度くだらん事ばかりしおって……じゃが、今回だけは珠に“吉”と出たか、ふぉふぉ……。」
 散々笑って体の緊張が解れた(ほぐれた)のか、それまで硬かった珠の動きが滑らかに、流れるようになった。
 一方、三本角は巨体をフワリと浮かせ、両手足の爪をギラリと伸ばし、珠に覆い(おおい)被さらんばかりに迫って来た。
「グッフッフ、今日は逃さんぞ。丁度小腹が空いたところだ、一まとめに喰らってやる。」
 三本角は十メートル近くある巨体で、壁の如く立ちはだかり、珠の動きを封じようとした。
 改めて間近で見ると、首を痛める程見上げねばならないくらい、三本角は大きかった。
 珠は戦慄とも武者震いとも取れる全身の震えを懸命に堪え(こらえ)、
「フン、私とてこの前の様には行かないぞ、お前を倒すため、必死で修行した成果を見せてやる!」
 珠も両腕から竜剣を伸ばし、左は中段、右は上段の二刀流の構えで、三本角に対峙した。
「ほほぉ、それは楽しみだ……。」
「…………ちゅうか、入門コースの初日を終えただけじゃろうに……。」
 どういう術を使ったのか、ミステリーサークルの反対側にいる筈の、成前の微かな呟きが珠の耳に届いた……。
 
 珠と三本角は互いを牽制しながら、相手の出方を窺って(うかがって)いた。
 中々手を出さないのは、先日の戦いで、お互いの実力、手の内を知り尽くしていたからだ。
 そして睨み合うこと数瞬、まず、三本角が仕掛ける……火球を吐くと同時に、一気に距離を詰めた。
 珠も素早く反応し、敢えて火球を避けようともせず前に駆け出し、竜剣でそれらを弾いた。
 だが、火球の衝撃は以前受けた時より重く、何とか払い落としたものの、地面に落ちるとバチッッ! と破裂したのだ。
 珠は不意の爆風に煽られ、右に左に蹌踉めいた(よろめいた)。
「驚いたか、我が火裂弾の威力に……。重く固めた空気の核を炎で包んだ火球だ。風と炎を同時に扱える我のみが生み出せる技だ。」
 そう言うと三本角は矢継ぎ早に火裂弾を撃ち出し、ドォンッ! ドォンッ! と、周囲を炎で焼き尽くしながら、爆発音が響き渡った……。
 
 迂闊に触れると爆発するので、珠は竜剣で受け流す事を諦め、懸命に避け続けた。
 だが、その間隙を縫うように、三本角の爪が鞭のようにしなり、珠に襲い掛かった。
「くっっ!」
 珠は咄嗟に竜剣で爪を切り払った……が、次の瞬間、足元で火裂弾が爆発し、後ろに吹っ飛ばされた。
 不幸中の幸いか、飛ばされた先のミステリーサークル内は火が回っておらず、刈り揃えられた雑草がクッションになり、背中から落ちた珠を柔らかく受け止めた。
 珠はすぐさま起き上がり、竜剣を交差して『螺旋竜(らせんりゅう)!』と叫んだ。
 そこに『逃すかぁっ!』と、三本角が紅蓮の炎を浴びせ掛けた。
 避ける間も無く、一瞬で炎に包まれる珠…………遠く離れた場所で、一姫の悲鳴が上がった……。
 
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月12日 (金)

『一姫……』の次は……。

 ばんは~~ちゃびデシ。叔母の病院が今のに移って、往復1時間ほどで済むようになったのデシが……どうにも疲れが抜けない不思議……。
 こういうストレスって、溜まる一方なのかしら……? まぁ、いつ叔母の容態が一変して、病院から呼び出しが掛かるか判らない現状では、無理も無いのかも知れませんが……。
 
 叔母の件が無ければ、今頃ボクはどんな気持ちで今日を過ごしてるだろう……と思うと、妙な感慨を覚えたりします。
 もう、いい加減勘弁して欲しい……と願う自分と、今、キチンと対応しておかないと、絶対後悔する……と思う自分が、せめぎ合ってるところデシ……。
 
 
 それはさておき、『一姫……』はいよいよ佳境には入って参りまして、そろそろ次回作の用意をせねば……と思ってるのデシが…………。
 リアル生活がアレなので、筆が全然進んでません……作品作りに没頭出来る日常が欲しい………………。
 
 次回作を予定してます『ウルト○マン……』なのデシが、作品の形態としては短編を幾つか用意して、その一つ一つは独立した話なんだけど、全部読むと一つの長編になってる……って感じに仕上げようと思ってます。
 デシが、これが中々一筋縄では行かず……例によって、無駄に無尽蔵に広がっていく世界観……誰か、止めてっっっ!?
 
 いっそ、バラバラの短編小説にしてやろうかしら……と、自虐プレイに走りそうな今日この頃、いかがお過ごしデシか?
 今日の神戸は寒の戻りも一段落して…………って、時節の挨拶をしてて良いの? 現実逃避したい気は、激しく理解出来るけど……逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げてもダメか……。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月11日 (木)

ゲームパッドが……。

 ばんは~~ちゃびデシ。昨夜の『相棒』は久々に相棒らしい相棒だったな……と、一人悦に入ってたちゃびデシ……でも、最終回なのよね……。
 新番組の『臨場』が始まるまでの1ヶ月、特番ばかりなのか……と思うと正直イヤになりますが、タダで見ている手前、口出しは出来ませんわなぁ……。
 
 
 
えぇ、『口を出すなら金も出せ』と言うのが、ボクの基本ポリシーなのでw 
 
 
 
 それはさておき、HDDの不調から、RAIDを解消して片肺で再出発した我がメイン機。スローライフ……てか、スローダウンライフにも慣れてきた今日この頃。
 FFも再インストールして、復帰可能になったのは良いのデシが、ゲームパッドの設定をチョイと変更したために、かなり戸惑う羽目になってます……まぁ、自業自得なのデシがw
 
 ここ数年来、アナログスティックの左を移動、右をカメラに設定してたのデシが、ボクの勘違いから左右逆に設定したところ、スティック操作で歩けるようになりまして。
 左スティックでは、いきなりダッシュしてたのが、右では徐々に走り出すようになったのね……これまではテンキーの『/』を押さなきゃ歩けなかったのね。
 
 コレは便利……と、リハビリがてらカンパニエバトルに参戦しましたら…………長年の慣れというのは恐ろしいもので、不自由極まりなしw
 いつものクセで、呪文の詠唱中に辺りをクルリと見回したつもりが、グルリと体がターンして詠唱中断……w
 
 操作に慣れるまで、しばらくカンパニエって体に覚え込ませるか、それとも諦めて、元の設定に戻すか真剣に悩んで…………ますか?
 悩むのも面倒で、FFに行ってないのが正直なところw 呪文だけでなく、モンスタを殴りに行っても、『モンスタが見えません』って出て、相対するのに一苦労だし……。
 
 さりとて、元の設定に戻すのも、何か負けた気がして釈然としないし……何に負けるんだか…………てか、その負けん気を、役立つことに使えょ、自分っっっっっ!
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月10日 (水)

BIOSアップデートしてみた。

 ばんは~~ちゃびデシ。昨日、PCの買い時……みたいな話をしたものだから、ムラムラッと自作熱が湧いてきまして……。
 先立つ資本があれば、アレとアレとそれとコレを買って、如何にもオーバーパワーなPCを作るのデシが……現実はキビシーーッッッッ!(財津一郎風に……w)
 
 でも、この気分のまま放置してると、とち狂ってバカ買いしそうになるのがボクのクオリティ……誰か止めてぇっっ!
 てな訳で、荒ぶる自作熱と厳しい現実との妥協点……として目を付けたのが、BIOSのアップデート。
 
 BIOSを最新のにしておくと、基盤の寿命も延び、末永く使えますからね。次にメイン機をバージョンアップするときの下準備と思えば、気分的に納得出来るかな……とw
 それにしても、昔に比べて、格段に易しくなってますな……アップデート。FDDが過去の遺物となってから、ホント楽に……そして安全に書き換えられるようになりました。
 
 昔はメーカーのサイトからDLした新BIOSを、予め起動ディスクとして用意したフロッピーにコピーして、DOSの画面から更新してましたからねぇ……。
 書き換えに失敗したら2度と起動しなくなるから、細心の注意を払って更新したものデシた…………(遠い目)
 
 それが今では、全てWindowsモードで更新出来るので、有り難いやら拍子抜けするやら……有り難いンデシけど。
 コレで我がメイン機も、最新のCPUに対応出来るようになり、その分、長く活躍出来るようになりました♪
 
 
 更新後、早速BIOS画面に行き、各設定をし直してますと、初期にはなかった項目が幾つか増えてまして……『おぉ、流石は最新バージョン♪』等とw
 もっとも、全編英語で表示されてますので、意味が判らないものは基本『Disable(=無効)』にしてますが……w
 
 えぇ、元々無かったものデシから、別に困らないかな……とね。あれば便利なのかも知れませんが、現状に不満も不便も無いので。
 何か不満に感じたら変更出来ますよ……、最新のパーツ組み込めますよ……、と言う性能的な余裕があるだけで、今は十分なのでw
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月 9日 (火)

2010年、PCの買い時は……?

 ばんは~~ちゃびデシ。今日の神戸は1日中冷たい雨が降り続き、一足早く咲いた、庭の桜のボヤキが聞こえてきそうな冷え込み具合……w
 暦の上では春なのに、虫も這い出る季節なのに……等と、桜に負けず劣らずボヤキながら、実家を往復したちゃびデシ……。
 
 さて、最近、我がブログに迷い込んでくれる愚かな……もとい、奇特な方の検索ワードは『インコの繁殖』だったり『PCの買い時』だったり。
 確かに、春は繁殖させるにはベストなシーズン。セキセイは50センチ角以上のカゴに巣箱を入れてやれば、自然に発情しますし……。
 
 オカメやナナクサは、50×100位のカゴにそれ用の巣箱を入れ、ヒマワリと麻の実を多めに配合したエサを与えていれば、発情してくれます。
 と言っても、仲の良いペア限定デシが。基本、ペアリングの準備は早めに、巣箱入れるのは今頃から……が、成功率アップのコツ。
 
 一度でも出産経験のあるペアなら、今から巣箱を入れたら、春の出産シーズンに2~3回、ヒナを取るのは可能デシ。
 但し、里子に出す準備をしてからでないと、結構修羅場になる可能性アリw 多数飼いはインコ同士で仲良くなって、人は怖がらないけど懐かない……になる可能性大なのね。
 
 
 
 んで、次に、PCの買い時なのデシが……ずばり、欲しくなった時! もしくはイヤな予感がよぎった時…………壊れる前に買え……とw
 PCは年4回はモデルチェンジしますからね、購入を迷ってる間に更なる新型が導入されることも当たり前だったりする。
 
 それに、今はローエンド機と言っても、一昔前のスパコン並みの性能持ってますからねぇ……何を選んでもダイジョブな気がします。
 但し、ボクはメーカー製のPCは買いません。基本自作なので……ギリギリの妥協は、PC専門店のオリジナルPCかな、買うなら。
 
 無駄なソフトは付いてこないし、使われてるパーツは比較的新しいし、何より安い。汎用パーツで構成されてるので、パーツ取りも出来るし♪
 ま、メーカー製ほどスタイリッシュではありませんが、昔ほど野暮ったくもないデシし……何より、故障した際の修理費が安い!
 
 
 
 
自分でパーツ買ってきて組み込む必要はありますが……w
 
 
 
 それでも、壊れた当日、最新のパーツで修理出来ますし、その値段たるやメーカー製の1割ほどの出費で済むことも。
 今、メーカーにHDDの交換を頼むとどれくらい掛かるのかな? ボクのメイン機は500GBなら5000円切るのだけれど?
 
 1TBでも1万円切りますけど? えぇ、神戸の片田舎に住んでますが、近所にPC工房あるので、そこでHDD買えばそれくらいの出費で済みます。
 この値段に惹かれたら、次回の購入は、ショップブランドのを強くお勧めします。いあ、別にPC工房で買え……とは言ってませんょ? 最寄りの専門店でどじょ。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月 8日 (月)

今日からは母と……。

 ばんは~~ちゃびデシ。従兄弟(兄)がタイに戻り、今日は母と二人で病院に行って来ました。叔母は相変わらず眠ったままデシた。
 転院したときの話では、肝臓の数値と血糖値が悪い……と言われ、一番怖いのは感染症だとも言われました。
 
 @呼吸器系にも問題が有るような無いようなことを言われました……間質性肺炎の痕があったり、肺気腫もあったりするそうデシ。
 ようするに、静かに眠っているように見えて、いつ、容態が急変するか判らない……そして、その時は延命措置は執らないので覚悟が必要……とのことデシ。
 
 ま、「その時の覚悟」は、市民病院で手術して貰った直後からしてます……でも、いざ、その時が来たら動揺するかも知れませんが……。
 ただ、その時の執刀医の言葉では、暗に十日持たないような感じデシたので、ここまで頑張ってる叔母には感心してます。
 
 ただ、叔母の気持ちを考えると、かなり複雑で……。叔母が一番嫌がってた……てか、恐れていた状況になってるわけデシから。
 まぁ、40代後半で事故に遭った叔父に比べたら、叔母は年齢的にも体力的にも劣るので、叔父のように20年近く頑張れるとは思いませんが。
 
 それでも、叔母が長く頑張れば頑張るほど、受け入れてくれる病院が少なくなるのでねぇ……今も昔も、お金にならない患者さんは、中々受け入れてもらえないのデシ。
 叔母も、叔父の病院探しには非常に困ってました。最後の方は、兵庫県では見付からず、岡山の病院まで転院したこともありましたから。
 
 

| | コメント (0)

何度目なんだか…………。

 ちわゎ~~ちゃびデシ。土曜日に『一姫……』をアップしようとしてビックリ。ところどころ「・」が鏤め(ちりばめ)られてまして……。
 イヤな予感がして外字エディタを開きますと……ボクの珠玉の外字達が、綺麗さっぱり消えてまして……うそんっっっっ?!
 
 
 
ま、フォーマットしてOSから何から、全て入れ直したわけで……
 
 
 
 半ベソ……いあ、八分ベソかきながら、作り直しましたさ…………何回目だ? この1年の間に4回? 5回? それも、追加制作ぢゃなく、全く同じのを……。
 普通の小説には必要ないけど、コミカル系には有った方が便利な「あ゛」とか「ん゛」を、夜遅くまで作ってる涙目の男の図は…………見たくないし、見せたくもない……。
 
 外字エディタのフォルダって、ドコにあるのデシかね? 秘密基地に置いてるサブ機の中を捜してみましたが、それらしい項目が見付かりません……。
 それさえ判れば、コピー取って万一の時に備えられるのデシが……判らないので、同じ手間を何度も繰り返してます…………。
 
 まぁ、これだけ度重なると、肝になる部分はメモってて、作業自体は最初の頃に比べ、時間短縮できるようになりましたが……。
 Imgp0002 ちなみに、コレが現在の所のボクの作った外字達デシ。将来的に「ま゜」とかも作りたいのデシが、若干、躊躇してます……えぇ、作り直しの手間を考えると……。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

さいた咲いた、桜が咲いた♪

 ちわゎ~~ちゃびデシw 小雨そぼ降る、肌寒い神戸なのデシが……我が家の庭に植えられてる桜の木に、満開の花が咲きまして……♪
 これが標準木だったら、神戸の開花は今日なのデシが……ま、ソメイヨシノかどうかも分かんないし……標準木でもないので。
 
 とりあえず、ビックリしたのと驚いたので……一緒か……写真撮って載せてみました。
Imgp0003 Imgp0004  
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

やっぱ、戦隊モノは…………

 ちわゎ~~ちゃびデシ。今朝も見るともなく見てしまったゴセイジャー……。見続けてたら、面白くなるのかな……? ←正直な感想w
 何しろ変身シーンの口上と見栄が長い……昔は『アカレンジャー!』の一言で終わってたのが、今では『トラぶるコスメティックパワー、ゴセイベージュ!』だっけ?
 
 
 
いあ、そんな中間色のヒーローはいない…………。
 
 
 
 
それに、エセ美容師の化粧品みたいなパワー使われたくないし……って、長いょっっ!
 
 
 
 
にしても、既に茶化せるほど口上覚えてる自分って…………。
 
 
 
 
 とにかく長いっっっっっ! 無駄に長いっっっっ! 一人一人、自己紹介しなきゃいけないのだろうけど、長い……。
 合体ロボが出て来るシーンも長いし……但し、後々の追加合体のことを考えてか、今のトコ、造形自体は妙~にシンプルw
 
 て事で、そろそろ卒業しますかな……てか、中退? もしくは、ニコ動でバイオリン弾いてくれる日が来るまで……休学?
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月 6日 (土)

一姫クエスト、ドタンバタン(仮) 第3部-22

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 子供達がワイワイ辺りを見回しているうちに、沢村は立て札のある、例の獣道を見付けた。
「……他に脇道らしい脇道は無いし……たぶん、一姫達はこの道を上って行ったんだな……よし、みんな、一列に並んで、先生の後に付いて来て。」
「「は~~い。」」
 夕闇が静かに迫る中、子供達は沢村に続いて獣道を上り始めた。

 
     ◇     ◇     ◇
 
 小屋の中が静かになった……どうやら片付けが終わったらしい。
 中からまおりが『もう大丈夫だよ……。』と、にこやかな声をかけた。
 珠と一姫が手分けして、支え棒を外していると、不意に辺りの夕闇が濃くなった。
 夕立でも来るのか……と、何気なく空を見上げた珠が固まった……。
 どこかで見た事のある黒雲が、すぐ頭上まで迫っていた。
 
「おばば~~~おるか~~?」
 ドスを利かせようと、精一杯凄んでいるのだが、地声の可愛さを隠しきれない……どこかで聞いたことのある声が、辺りに響いた……。
「…………おい、二度と人里には出て来ない……とか言ってなかったか?」
「ここは人里では無いじゃろ……どう見ても山奥の一軒家じゃゾ……。」
「そう言うことを言ってるんじゃないっっ!」
 珠は一姫を隠すように一歩前に出、マスクを被り戦闘態勢に入った。
 珠の両腕から音も無く竜剣が伸び、更にもう一歩前に出た。
 
 黒雲がモコモコと蠢き(うごめき)、やがて、中から三本の角を生やした漆黒の竜が現れた。
「……ほぉ、見た顔が並んでおるわぃ……せっかく見逃してやったものを…わざわざ喰われに来たか、人間よ……。」
 そう言うや否や、三本角はグァゴオォォ……と、火炎の息を吐いた。
 珠は二本の竜剣を巧みに操り、炎を斜め後方……まおりの店の裏手に受け流した。
 
 ズズゥゥ……ン……。
 
 その間に三本角は地面に降り、珠達と対峙した。
 そして、ズシンズシンと地響きを立てながら近寄りつつ、無造作に炎をまき散らした。
「相変わらず、火を吐くばかりで芸の無いヤツめ……。」
 珠は舌打ちしつつ、螺旋竜で迫り来る炎を打ち払っていたが、内心では焦っていた……出会い頭のように戦闘が始まり、精神が上手く集中出来ないのだ。
 
 と、その時、小屋の戸がガラガラ……と開き、中から満面の笑みを浮かべたまおりが出て来た。
 そして、あちこちから火の手が上がってる薬草畑を見るや、
「なんだい、何だい? 妙に表が騒がしいと思ったら……あ゛ぁっっ?! アタシの畑がぁぁ……っっ!!」
 まおりは烈火の如く怒って……いるようなのだが、その表情はにこやかな笑みを浮かべたまま……。
 どうやら笑気ガスは抜けたものの、笑い過ぎで、まだ表情が元に戻らないようだ……。
 まおりは懐(ふところ)から畳一畳はありそうな? 大団扇(おおうちわ)を取り出し、
「何年かけて、あれを育てて来たと思ってるんだぃっっっ!? アンタ達! ケンカするなら余所(よそ)でやっとくれっっっ!!」
 と、腹立ち紛れに大きく振りかぶり、『フンッッ!』と鼻息も荒く一扇ぎ(あおぎ)した。
 その途端、ショッキングピンクの突風が巻き起こり……どうやら妖しげな原液が団扇に染み付いていたようだ……二人と一体と一頭を、岩鬼山の隣の山田山まで吹き飛ばした。
 
 
 山田山……それは、岩鬼山と並び立つ山だが、それより一回り小さく、ずんぐりむっくりして見える山だった。
 その頂上近くまで二人と一体と一頭は飛ばされ、バラバラ……と落とされた。
 飛ばされた瞬間、真っ先に舞い上がった一姫を抱き寄せ、珠は身を挺して落下の衝撃から一姫を守った。
 そして、着地すると同時に、一姫に避難するように言い、自分は両手から竜剣を伸ばして、三本角を誘うように反対側に走り出した。
 
 全長五十メートル程の楕円状に開けたその場所は、雑草や雑木が珠の膝辺りの高さに切り揃えられていた。
 まるで、ミステリーサークルに入り込んだような、不自然に整地された足元に戸惑いながら、珠は三本角と笑顔で対峙した。
「クックック、今日こそ裁き人として、お前を滅してやる! いくぞ! 三本角、アッハハハ!!」
「グハハハ……笑止、その台詞、そっくりそのまま返してやる! ウヮハハハァ!」
 
 …………今日は笑い合戦?
 
 珠と三本角は大声で笑い合いながら、お互いの間合いを計っていた。
 それをミステリーサークルの外れで、微笑ましく見詰めている一姫と成前。
 一姫は胸元まである雑草を掻き分け、珠の様子を見ていた。
 可愛らしい笑顔とは裏腹に、珠の身を案じ、胸が締め付けられる思いで一杯だった。
 
 
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

 「相棒」スペシャルディスクは良いのだけれど……。

 ちわゎ~~ちゃびデシ。3月早々にディスクは届いていたのデシけど、従兄弟(兄)が来ていたこともあり、放置プレイちゅ…デシたが、やっと時間と気持ちに余裕が出来まして。
 ワクワクしながら再生しますと……シーズン8のメイキングwith右京さんと神戸君のコメンタリー……みたいな。
 ボク的には『サヨナラ薫ちゃんスペシャル』を期待してたのデシが……『ようこそ神戸君スペシャル』だった感じ。
 
 
 
 
ううむ……早まったか…………『米沢守の事件簿』買ったの……。
 
 
 
 
 今の『相棒』も随分頑張ってて、ボク的にはかなり馴染んできたのデシが……それでも、まだ、どこかで右京さんと薫ちゃんの絡みを期待してる自分がいます。
 ただ、完全無欠のコンビが解消されて、他のレギュラー陣に、今まで以上にスポットが当たるようになったのは、良い感じがしますが……。
 
 さて、個人的には叔母の入院があり、今シーズンの『相棒』は気付けば次回が最終回……なんか、あっと言う間に最終回……。
 気分転換を兼ねて見ていた気がしますが、今イチ記憶に残ってないような……でも、お涙頂戴系が多かったような…………DVDどうするかな……どうしましょ?
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月 5日 (金)

ようやく解放……。

 ばんは~~ちゃびデシ。良く言えば「秘書」とか「執事」、メェエエエ…。悪く言えば「召使い」とか「下僕」な生活から、ようやく解放されました。
 今度、従兄弟(兄)が日本に帰ってくるのは……正確に言えば、まだ、日本にいるのデシが……明日朝6時半に実家を出て、MKの乗り合いタクシーで関空に……今月末か来月末。
 
 仕事に支障が起きない程度に、帰ってくるのは良いのデシが、出来ればホテルとかに泊まって、そこを拠点にソロで冒険して欲しいのがボクの本音。
 車の運転って、存外疲れるのよね……ま、こんな弱音を吐くと、一日中運転してる人はどうなんだ……とかツッ込まれそうデシが……。
 
 その人の中でボク同様、無職・無収入で、その上無報酬で運転を買って出てる人にだけ、敬意を表します…………『お人好しのおバカさん』と。
 自分でも判っていながら拒否出来ないジレンマ。治った筈のヘルペスの痕がピリピリ痺れるほど、ストレスは相当掛かってるっぽい……。
 
 
 なので、従兄弟がタイに戻り、これまでの生活が戻ってくるのは大歓迎。1日置きの見舞いは大変デシが、従兄弟の御機嫌を伺いながら、あちこち案内することを思えば……。
 しばらく英気を養って、次の来訪に備えますゎ。なるべく間隔が空けば良いのだけれど……こればかりは、叔母の容態次第デシから……。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月 4日 (木)

何か、疲れる……。

 ばんは~~ちゃびデシ。従兄弟(兄)がやって来て、もう4日。土曜日にタイに戻るまで@1日……えぇ、土曜日は早朝に出発するので、ボクが見送るのは金曜の夜。
 流石に朝6時に見送るのは無理。起きる自信ありませんゎ……。これが最後……と言うわけでもありませんしねぇ。
 
 今回は前回ほどドタバタしませんデシたが、それでも、ほぼ1日中、従兄弟の相手をしてました。疲れました。
 いあ、気のおけないヤツなので、一緒にいて苦にならないのデシが、自分の時間が全く持てないのが辛いのデシ。
 
 ま、従兄弟も遠慮しぃしぃ頼んでくるので……てか、断る理由もありませんし、別に構わないのデシが、ふと我に返ると、ボクだけ置き去りにされてる……感が。
 少し出来た空き時間は、ブログを書いてる間に潰れていきますし……小説書く暇が無くて、困ってると言うか、焦ってると言うか……。
 
 まぁ、今の心境では時間があっても、納得出来るような文章は書けないと思いますが……それが無いと、心のバロメーターが……。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月 3日 (水)

今日から別コース……。

 ばんは~~ちゃびデシ。今日は午前中、従兄弟(兄)を案内して、明石駅近くの近畿労金に連れて行きまして……。
 垂水近辺には無かったので、そこの通帳だけが記帳出来ず、探していたのデシ。昨夜ネットで検索して、んで、場所が判明して……。
 
 これで全ての通帳が記帳出来、また、おかしな金の動きも無くてホッとしました。もっとも、従兄弟(弟)夫婦が入金してる筈の光熱費は、入ってませんデシた。
 叔母を追い出し、そのまま居座ってる従兄弟(弟)達に、叔母が『光熱費くらい自分達で払って欲しい』と言い、それが引き落とされる叔母の通帳に、毎月入金することになってたのデシが……。
 
 去年の5月から9月までは入金してましたが……額は足りてませんが……それ以降はプッツリ途絶え、1月に思い出したように入金した後は梨の礫……。
 ま、それが判ったところで、何がどうなる訳ではないのデシが。ボク的に何の関係も興味もありませんし……。
 
 
 そして、昼からは叔母の病院へ。母も連れて3人で行って来ました。初めてのコース……と言うことで、若干、緊張しつつ。
 プリントアウトした地図の余白に、「~~の信号の次、○○の信号を左折。」等と書きまして……えぇ、見落とすこと前提にしないと……w
 
 その作戦が功を奏して、迷うこともなく、順調に病院に到着しました。叔母は相変わらず眠ったままで、愛想も何もありませんデシたが。
 ただ、叔母が一番避けたがっていた状態に、今なってるという現実が哀れでねぇ……。ホント、ボクの心も行ったり来たり、複雑に揺れてます。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月 2日 (火)

転院しました……。

 ばんは~~ちゃびデシ。今朝、7時に目覚ましをかけまして、起きまして……従兄弟(兄)を連れて、中央市民病院に行って来ました。
 朝一番……と言うこともあり、駐車場も余裕で停められ、9時前に叔母が待つ病室に到着し、それから支払いや退院の手続きで、上に行ったり下に行ったりラヂバンダリ。
 
 これから診察が始まる時間に支払いをする……と言うのは、非常に待ち時間が少なくて助かりました。
 で、叔母の搬送準備が終わる頃には、こちらの手続きも完了し、待つことなく、待たせることなく中央市民病院を後に出来ました。
 
 従兄弟は叔母の乗る介護タクシーに同乗、ボクはそれを愛車FTOで追走……の筈が、何故かボクの後ろを走ってる介護タクシー…………。
 昨日、下見したものの、その時は信号を一つ間違えて右往左往したのは、ココだけの内緒デシが、それを知ってか知らずか、無言のプレッシャーかかりまくり……。
 
 いつもより余分な汗を、いつもとは違う場所から掻きつつ、それでも、昨日のデータを元に修正した脳内ロードマップを読み込み、無事に小原病院に到着。
 介護タクシーは病院前に横付けして、叔母を搬入。ボクは目星を付けてた駐車場に車を停め、紙おむつやら何やらを両手に抱え、てくてくと。
 
 ボクが病院に入ると、叔母の友人がお見舞いに来てくれていて、叔母の病室まで案内してくれました。
 今度の病室は6階で、ナースステーションの目の前にありました。民間の病院だけあって、少し……ま、受け入れて貰えただけ有り難く思い、全てのことは大目に見ることにしました。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年3月 1日 (月)

メイン機のドタバタは、HDDでFA……多分。

 ばんは~~ちゃびデシ。今朝、早めに準備を済ませ、叔母の待つ中央市民病院に行きまして……えぇ、従兄弟(兄)との待ち合わせは午前10時だったので。
 ところが、待てど暮らせど従兄弟は現れず……携帯は通じないし、メールはPC用しか知らないし……病院内を不審者のように彷徨(うろつ)いてましたら、従兄弟から電話が……。
 
 搭乗した飛行機の出発が遅れに遅れ、今、三ノ宮に着いた……とのこと。入れ違いとか行き違いになってないことが判って、ボク的には一安心。
 その後、支払いしに行ったら『請求書がまだ出来てません……』と言われ、一悶着。明日は朝一で転院するので、今日中に支払えるように準備しておく……と言われて、それで従兄弟にもメールで知らせましたのに……ねぇ?
 
 夕方なら大丈夫……と言われましたが、それまで病院に滞在する気にも、もう一度訪れる気にもならず、明日、支払うことにして病院を後にしました。
 それから、転院先の病院の下見に出掛け、駐車場の場所を確認し、その後、須磨区役所の北須磨支所に向かいました。
 
 叔母は一応『低所得者』なので、食事代が下がるかも……と教わり、その手続きをするためデシ。
 お役所仕事……と言うのは、融通が利かず、堅苦しいイメージがありますが、こちらが準備万全で行けば、呆れるほどアッサリ事が運びますなw
 
 
 
 さて、我が家のメイン機。ビジーなHDDは、データ保存に使ってもビジーする事が判明……寿命なのか故障なのか判りませんが、詮索するとお金が掛かるので却下w
 仕方ないから接続を全て外し、置く場所がないから、メイン機内に放置することでFAとしました……フリーエージェントぢゃ無いデシょ?
 
 ま、HDD容量だけで言えばサブ機に負けちゃいましたが、そこはガシャポンで補うことにして……FFベンチは9200ほど出ましたしね♪
 メイン機で一番負担が掛かりそうなFFさえ、スムーズに動いてくれたら問題無いので……って、もっと使いこなせょ、自分っっっ!
 
 
 

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »