« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の記事

2010年10月31日 (日)

しっかりしろょ、日本政府……てか、管総理。

 ちわゎ~~ちゃびデシ。中国の相変わらずの横暴、下劣さには反吐が出ますな。流石は亜人、性根が腐った出来損ないは、この世に存在する価値も意味もありません。
 まずは今年度中に天災を二つ三つ起こして、それを【中国の終わり】の始まりにしたいと思っています。えぇ、『一念岩をも通す』デシ……みなさんも【一緒にやりませんか?】
 
 それにしても、日本の弱腰には辟易しますな。売られたケンカは全部買え……とは言いませんが、話が通じないキチガイ相手には、毅然とした態度で接しないと。
 管総理も、ヘラヘラした薄っぺらい笑いを浮かべてる場合ぢゃないんだけど。質問する記者達にイライラ・ピリピリしてる場合?
 
 
 
 
一国の総理がそんな内弁慶な態度でどうする?
 
 
 
 
 言っておくけど、今、キチンと対処しないと、日本もそうだし、アンタの政権や党の存続も危うくなるょ?
 てか、アンタぢゃダメだ……と、思い始めてるょ? 起死回生の一手を打つ事キボン。さもないと……次の選挙は、またもや『歴史的大敗』の文字が躍るょ?
 
 中国との関係がこじれて、経済活動も支障が出るかもしれません……? もう、とっくに出てるょ? この不景気、ハンパぢゃないょ?
 現地にいる日本人の安否? まぁ、確かに1万社以上の企業が進出してますなぁ……だから、ナニ? 自分が好きで行ってるンぢゃない、危機回避も自己責任デシ。
 
 今まで散々甘い汁吸ってきたんだから、もう十分デシょ。ボクの会社を含め、日本の子会社が何十万、何百万と倒産・廃業させられてるんだから、同情の余地は無いデシ。
 ま、若干の私怨はありますょ?……w ただ、これは現実に起きた事であり、今も続いてる事実デシからねぇ……中小・零細企業の倒産は。
 
 大企業は自分の利益優先で、中国に拠点を移したのだから、反日デモで被害を受けても同情する気にはなりませんな、バカな中国人には腹が立ちますが。
 怖かったら、サッサとそんな国から帰ってきなさいな。これから起こす天災に巻き込まれても知りませんょ? 警告はしましたからね?
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月30日 (土)

ウルト○マンになっちゃった……06

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中、不自然に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 こうして少年は、涙ぐましい努力と不屈の闘志で目覚ましい活躍を見せ、あれよあれよという間に、監視団の中でも一目を置かれる存在となった。
 それから十年、学年も一つ進級した少年は、体も少し大きく逞しくなった……悠久を生きるギガント人の感覚では、彼等の一年はチキュー人の一ヶ月程度にしか過ぎない……。
 また、所属する第七隕石監視団では飛び級(スキップ)を繰り返し、異例の早さで一級操縦士に合格。
 ちなみに、一級になると衛星軌道上から隕石雨を監視し、ギガントに落下する前に迎撃する事が出来た。

「やった! 受かった! 合格したよ、父さん、母さん!」
 喜色満面の笑顔で、少年は自宅の扉を開けた。
「これでやっと、森のみなさんに恩返しが出来るよ……今度はボクがピーを……そして、みなさんを守るんだ!」
 この十年間で、十の都市と二つの転生の森が、壊滅的な被害を受けていた。
「ほほぉ、それは頼もしい。で、いつ出発するんだ? 宇宙に出ると、しばらく戻れないそうだな……?」
「あら……そうなの……寂しくなるわねぇ……。」
「うん、でも……しばらくって言っても、初めての任務だし、実地研修みたいなものだから、一年もすれば戻れるみたいだよ。」
「まぁ、それは良かったわ。だったらピジェラィの誕生儀式にも間に合うわね。」
「そうだな……いよいよ葉を落とし始めたから、後五、六年もすれば、お前もお兄ちゃんだな。」
「うん! 早く会いたいよ。ピーのためにも、ボク頑張るからね!」

 表向きの理由は確かに、転生の森を守るため……だったが、いつの間にか少年の一番の理由は、ピジェラィの存在になっていた。
 と言うのも、ピジェラィ誕生のニュースは惑星規模で……何しろ七千年振りなのだ、無理も無い……広まって、監視団の中でも事ある毎に話題に上り、少年は羨ましがられた。
 危機的な意味で、【一人っ子】さえ珍しくなって来ているギガントで、弟か妹かはまだ分からないが、【お兄ちゃん】と呼ばれる存在になれるのだ。
 ピジェラィを守りたい、頼れる兄と呼ばれたい、とにかく良いところを見せたい……張り切らない訳がない。

 一週間後、少年を乗せた定期シャトルは、天を貫くように聳(そび)える発射誘導レールの最下部に固定されていた。
 シャトルの窓から両親の姿を見た時、少年は微かな不安と寂寥(せきりょう)感を覚えた。
 これまでにも、何度となく親元を離れ、惑星ギガントのあちこちで隕石を撃ち砕いてきたが、こんな気持ちになるのは初めてだった。
「これが『星を出る』って事なのかな……。」
 誰に言うでもなく、そう呟いた少年は、弱音を吐きそうになる自分の頬をペシペシ叩いた。

 やがて、出発の時間が来た。
 無機質で規則正しいカウントダウンが始まり、『ゼロ』と発生されると同時に、シャトルは轟音と白煙を残し、空の彼方……衛星軌道にある監視ステーションへと、一直線に飛び立った。
 少年を見送る父親は、誇らしい笑顔で大きくゆったり手を振り、母親はハンカチで涙を拭いながら、泣いたり笑ったり……忙しなく手を振っていた。

「……とうとう行ってしまいましたね……。」
「あぁ、行ってしまった……でも、大丈夫、私達の息子だ。どこに行っても元気にやっていけるさ。」
「……そうね…………そうよね……。」
「さ、ピジェラィの御機嫌伺いにでも行こうか。ここからだと、乗り換え無しで行けるから……。」
「えぇ、少しでも側にいてあげたいわ……こんな時だから……。」
「……そうだな…………じゃ、行こうか……。」

 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月29日 (金)

完成まで、@トカゲ149匹。

 ばんは~~ちゃびデシ。召喚士で配達したら、戦士用の型紙ばかりくれるので、逆に戦士で配達すれば、召喚士の型紙もらえるかも……と思い、チャレンジしましたが……。
 十数回、クルオしかもらえない骨折り損が続き、ようやくもらえたのは……戦士用。なんだかなぁ~~と、色んなトコが消耗中。
 
 その八つ当たりも込めて、メイジャンは鬼気迫る勢いでこなしております……?w 昨夜遅くにやって来た【火曜日】にイフ釜に行き、ボム戦終了♪
 @45匹で楽勝か……と思いきや、制限時間ギリギリの展開に……。原因はもちろん…………道案内がいなかったからw
 
 この度のメンバーは、みなさんリーダーに遠慮して、あまりPTを引っ張ってくれなかったりw リーダーが頼りないからお願いしてるのに……ねぇ?w
 それでも火力だけは有り余ってますので、辺りをウロウロしてボムが湧く先から倒して、ようやっとクリアに漕ぎ着けました。
 
 んで今朝、舞台をテリガン岬に移し……てか、戻し?w……トカゲ300匹コース。オートリーダー発揮するか……とサーチかけると、見知った顔がチラホラとw
 あれね、格闘武器の【火曜日】コースは、両手斧と内容は全く同じなのね……。早速……とばかりに声をかけますと『ぜひぜひw』と二つ返事で仲間に加わってくれました。
 
 で、その後も声をかけたりかけられたり……で、6人PTになってテリガンを駆けずり回り、狩りも狩ったり151匹♪
 戦法としては、モンクさん達がトカゲを何匹もまとめて釣ってきて、戦士が適当に挑発を入れ、TP溜まり次第【フェルクリーヴ】撃ち放題w
 
 いあ、もう、本来の目的を忘れそうなくらい、和気藹々で楽しいデシょ?w と言いますのも、前衛は装備の差が数値で如実に表れますからねぇ、迷惑かけないように……と、案外必死なのょw
 なので、両手斧が終わったら、青用に片手剣を鍛え、そして1本追加するつもりデシ、魔法命中+の剣を。
 
 まあ、実は既に試作段階に入っていたりするw 【火曜日】が終わり、PT解散した後ジュノに飛んでサイドソードを手に入れ、ソウルセイバーに加工しましたw
 昔と違って、今は10匹で終了出来るのがありがたいょね?♪ 過去パシュハウに飛んだらすぐに雨が降り出し、あっと言う間に終わっちゃいました♪
 
 そうそう、アビ【二刀流】が青魔法の組み合わせで付けられるようになり、今日のボクはキカイダー仕様(=サポ赤)デシた。
 MP切れたら【コンバート】して、【P.エンブレイス】で回復すれば、かなりな無双モードを発揮出来ますょ? 雑魚相手には……w
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月28日 (木)

イフリートの釜にて……。

 ばんは~~ちゃびデシ。ヴァナの暦で7~9月は夏の設定……にもかかわらず、熱波がやって来ないのは…………。
 イフ釜に行った初日こそゲリラ熱波が来て、3匹(=15匹分)ほど倒せまして、今後の展開に、大いなる期待を抱いたのデシが……それっきりデシゎ。
 
 でも、まぁ、ここは2人以上いたら、1日で60匹くらいは倒せるので、熱波が来るのをボォ~~ッと待つよりは、【火曜日】が来る少し前にイフ釜に行くようにしてます。
 もちろん? 向かう最中には、【潜在能力:オートリーダー】を発動させて。(発動条件=目的曜日、目的地に同目的の人がいる事w)
 
 前衛の武器は良いょね、大人数で一気に仕上げられるから……召喚杖なんて、全行程の6割以上は召喚獣〆。孤独との戦いだもん……。
 いあ、別に自分の召喚獣でトドメを刺さなくても良いんだけどね、同じお題の人と、殆ど巡り会わないの…………。
 
 
 それはさておき、イフ釜は地図の上では通り抜けられそうでも、実際は段差があって一方通行化してる道も多くって、中々に迷い甲斐のあるトコだったりw
 なので、ボクは人を集めるだけ集めると、後はメンバーの人に案内を任せてますw いわゆる適材適所?w
 
 ま、そう言う裏事情もあって、オートリーダーをやらざるを得ないのデシがw でも、誰も文句や抗議しませんしねw てか、そんな時間あったら、ボムを叩かねばw
 ここのボムは、点々と配置されていて、まとめてガバッと……叩く訳にも行かず、せいぜい、少し離れた所にいるのを引っ張ってきて、一緒に倒すのが関の山。
 
 広場にバグのようにウジャウジャいてくれたら、メイジャンも捗る(はかどる)のデシが……ま、メイジャン以外で訪れたら困るか……w
 なので、イフ釜のボム叩きは、1/3は移動に時間が費やされてますね、きっと。それでも@45匹まで来たので、少しワクワクしてます♪
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月27日 (水)

メイジャンに行った筈が、WSげっと……しかも2つ♪

 ばんは~~ちゃびデシ。昨夜、珍しく声をかけられ、タルタル青魔道士でアビセア-タロンギまで、レベル上げに行って来ました。
 ホントは【死闘】エリアに行こうと思ってたのデシが……AF落としますし……なので、どう返事を返そうか考え中に、そっちの募集が締め切られ、消極的選択でタロンギにw
 
 青タル最強伝説も今は昔……それに相応しい武器を装備せねば……と思いましたょ。両手斧が終わったら、片手剣を鍛え直さねば……。
 そして、もう1本、魔法命中アップの剣も作っておいた方が良いかな……と思った次第。多弾系物理魔法は、全弾当たってナンボ……の世界デシからw
 
 
 それはさておき、両手斧のメイジャンでは、闇曜日が来たら早めにイフリートの釜に行き、『熱波来い!』と念じつつ、同じ目的の人をPTに誘っているのデシが……。
 今朝もイソイソと到着しますと、モンクさんがサチコメに『一人で【レトリビューション】のNMに勝てるかな……』とか書いてるのを発見。
 
 時間は闇曜日の14:00くらい……数瞬迷って、『一緒にやりましょうか?』と声をかけると、非常に喜んでくれまして。
 若干道に迷いながら、目的地に辿り着きますと、『じゃあ、早速……』と、スケルトンのNMを呼び出すモンクさん。
 
 いやぁ、骨とモンクは相性が良いのは知ってましたが、これ程の差を付けられようとは……ってくらい、モンクさんの手数が多かったデシねぇw
 ボクが1回殴る間(ヘイスト付き)に、3回か4回殴ってましたゎ……なので、ボクがWS1回撃つまでに、2回は【夢想阿修羅拳】を繰り出してたかな?w
 
 結局、モンクさんの一人舞台で、ボクは出る幕無かったようデシが、やぱし、一人ぢゃ心細かったと見え、何度もお礼を言ってくれました。
 えぇ、ボクも負けず劣らず感謝しましたょ? なにしろ、骨を殴ってる最中にスキルが上がり、とうとう300に到達! 【フェルクリーヴ】げっと!
 
 【レトリビューション】のクエをこなしながら、そっちより先に別のWSを覚える辺り、ボクらしいっちゃボクらしい……?w
 いあ、もう、299から中々スキルが上がりませんで……自分の中でもヤキモキしてたのデシが、長いトンネルをようやく抜け出せました♪
 
 
 で、この【フェルクリーヴ】なんデシが、雑魚を乱獲する時には重宝しそうw NM戦の後、ボクはイフ釜に残り、ボムを乱獲したのデシが、かなり使えました♪
 このWSは範囲攻撃なのデシが、TP貯めると攻撃力は上がらず、巻き込む範囲が広がるそうな……一歩使い方を間違えると、殲滅戦が全滅戦にw
 
 ただ、それでも平均1000↑ダメ出てましたから、便利っちゃあ便利。今日はからくり士さんと2人PTだったのデシが、そこそこ倒せましたしw
 からくり士さんが、何匹かまとめて釣ってきたボムを、ボクが【フェルクリーヴ】で一網打尽……とは行かず、タゲを集中させ、弱ったボムを片っ端から倒していくの。
 
 
 
 
弱ったボクは、マトン君がケアル6してくれたりw
 
 
 
 
 そんなこんなで、2人デシたが60匹ほど倒したかな? 250匹スタートが@114匹。熱波さえ来れば、もう終わってるのに……ねぇ?
 ホント、何故かボクが炎系メイジャンの時に限って、熱波が来ないのょね…………これって仕様? 関係ない時はちょくちょく見るんだけど。
 
 でも、まぁ、新しいWSを2つ同時に覚えられたし……もちろん、火曜日が終わった後にウイン行って、クエを終わらせたのは言うまでもありませんw
 まぁ、【フェルクリーヴ】と違い、【レトリビューション】は殆ど使う機会が無いだろうけど……w それでも嬉しいょ?♪
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月26日 (火)

算数のお時間デシ……w

 ばんは~~ちゃびデシ。新型機が作りたい……だの、パーツを買い揃えたい……だの、現(うつつ)を抜かしてきましたが、目の前に厳しい現実が…………。
 つい先日、愛車を車検に出した時の請求書が届きまして……えぇ、古い車でもありますし、税金やら強賠やら引っくるめて11万円あまり……。
 
 いやはや、溜息も出ませんなぁ……こんだけあれば、そこそこのパーツが買えて、そこそこのパソコンが作れましょうに…………って、そうぢゃなくw
 なんか、頭から冷水をかけられたみたいに、『こんな事をしてて良いのか……?』と、自問自答してます……いや、とっくに答えは出てるのだけど。
 
 
 さて、『答え』と言えば、新型ビデオカードのスペックが、チラリホラリと入ってきまして……Radeon6870の。
 プロセスルールは5870と同じ40nmなのデシが、心臓部のStreaming Processorが1600→1120と3割ほど減ってます。
 プロセッサが減った分、消費電力も若干下がってまして、188w→151wの省エネ化に成功してます……w
 
 んで、メモリクロックも4800MHz→4200MHzに下げられ、でも、処理能力は落とさないように、コアクロックは850MHz→900MHzに上げられてますな。
 ま、これらのスペックから想像出来る事は、型番上、5870の後継機種に思えても、実際は準ハイエンド。
 
 
 
 
真の後継機種はこれから……みたいな?
 
 
 
 
 それはさておき、FFの攻略本を久々に買い、アビセアに滞在するためのトラバーサー石。そのマジックを体験してみました。
 この石1個でアビセアに30分滞在出来るのデシが、石をもらうのにリアル20時間かかりまして……全く何もしなければ。
 
 でも、アビセアでクエをしたり、モンスタを倒したりして【迅速の○○ジェイド】を手に入れると、1つに付き4時間短縮されるのね。
 んで、それは現在持ってる石に対しても有効だそうで、ジェイドを取る度に計算し直されるらしいの。
 
 つまり、何もジェイドがない時に、石を100個持ってるとすると、それは20時間かけて100個だから2000時間掛かってる……事になるぢゃない?
 それがジェイドを手に入れて4時間短縮されると、16時間に1個の計算になるから、2000÷16=125個……が、手元にある事になり、そう修正されるの♪
 
 今、アビセアで【迅速のジェイド】は2種類あり、両方取ると12時間に1個の計算になり……ボクのトラバーサー石は、95個→159個に(小数点以下は切り上げ?)♪
 毎日のようにアビセアに入り浸り、石の在庫が少ない人には恩恵が少ないデシが……てか、そんな人は、とっくに2つともジェイド手に入れてるか……w
 
 ちなみに、迅速のジェイドは……1つはアビセア-コンシュのトンベリが、もう1つはブンカールのクエをクリアしたらもらえます。
 ジェイドは最初にヘイトが乗った人に行く……かもしれないそうで、ボクは召喚士ソロで取りに行きましたが、2匹目で運良くゲット出来ました♪
 
 
 
 
おそらく1匹目のは、フェンリル君がゲットしたか……とw
 
 
 
 
 少人数のPTが先客でやってたので、【ツヨ】のトンベリばかりで、どうしましょかねぇ……と思いながらも、戦ってみたら結構何とかなるものでw
 要は、フェンリル君を再召喚する時に、トンベリから十分に距離を取っていれば、どうにか生きていられますw
 
 んで、2個目はブンカールでの名声が必要なのデシが……配達クエを何度もやってれば、直に受けられるようになりますょ……。
 そうそう、配達クエと言えば、昨夜から今朝にかけて8回ほどやりましたが、踊り子用の型紙が1枚出たっきり…………今のボクの残念度を計算せょ……。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月25日 (月)

リンバス→黒蹄アートマ→接着粘液。

 ばんは~~ちゃびデシ。この週末は忙しくも充実したFF生活を送りましたょ? LSのみなさんと行ったリンバスでは、思いの外、AF打ち直しのブツが出まして……♪
 攻略も随分楽になりましたしねぇ……まぁ、ほとんどレベル85のPT構成デシから、手間取ったら逆に問題アリ……かとw
 
 そう、もうレベル85なのょね、時代は……AF打ち直したところで、AF3の性能に目を惹かれる今日この頃では、正直…………。
 ま、実際そう思って、【火曜日】到来に後ろ髪引かれながら、ボクはリンバスに参加したのデシが……両手斧のメイジャンは、粛々と進んでおりますょ?w
 
 今日からは【イフリートの釜】に籠もってボム退治……なのはさておき、リンバスはテメナスに行ってきましたが、ボク的には召喚士と青魔道士のブツがもらえて大満足!
 えぇ、現金なものデシw 戦士のブツも出たのデシが、さすがに3つは……と遠慮しましたが、それにしても今回はホントに良く出ました♪
 
 例えば…………忘れました。自分に必要なブツの名前さえ危ういのに、自分に縁の無いブツの事を、覚えていられる訳がありません(どキッパリ)。
 まぁ、総括すると……お宝の箱も時間延長の箱も順調に出て、気分的にも楽に進められましたし……30分は時間を余らせて終了した模様w
 
 
 で、勢いもそのままに、アビセア-ラテーヌに飛び、先日ゲットし損ねたアートマ取りに挑みました。
 今回、NMを呼び出すトリガーは、かなりの人が持ってましたので、TP貯めに近所の羊を掃除がてら狩り、すぐにNM戦突入。
 
 今回は2人目か3人目にWS撃った人が、見事にNMの弱点を突き、その後、一気呵成に倒しにかかり、これまたあれよ……と言う間に終了&黒蹄のアートマゲット♪
 このアートマは、アビセア内でセットすると、HPが大幅に増えるそうな。盾ジョブ必須なアートマ……デシね?
 
 
 んで、翌日の日曜日。急遽LSの予定表に滑り込ませたのデシが、みなさん快く参加して下さり、ありがたい限り。
 この接着粘液は、アビセア-ブンカールの雑魚クモが落とすアイテムで、これを2個~13個用意して橋を修繕すると、AF3の型紙がもらえる……かもしれない。
 
 そんなクエなのデシが、この粘液は競売で売り買い出来ないのデシょ。多くのジョブは、一人でもこなせるクエの報酬で型紙がもらえるのデシ。
 ところが、中にはモンスタを倒して、クエアイテムを手に入れないとクリア出来ないジョブもありまして……。
 
 競売で買えるブツならまだしも、自分しか持てないブツは、自分で手に入れるしかなく……でも、アビセアのモンスタは強者揃い……。
 野良PTに紛れ込んでも良いのデシが、それだと、主催者のグループが独占しちゃう事も多く……それならば、どうせ持って行かれちゃうなら、同じLSの人に……と言う、実に消極的な動機で企画してみましたw
 
 一応、ボクが主催で初回……と言う事で、箱開け役になりまして、せっせと開けていきましたが……50個近く宝箱が出てホッとしたものの、AF装備は出ませんデシた……。
 ま、当初の目的は接着粘液なので……うっかり忘れてましたがw……ボクのポッケには4ヶ入ってましたょ♪
 
 今後も『アビセアの死闘』エリアを順に回り、ブツとAF両狙いでいきたいな……と思ってます。
 その合間に集めた『だいじなもの』でNMの退治もし、AF3の第2段階用の五行のナンタラも狙っていければ……とかも考えていたり。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月24日 (日)

アビセア行ったり、メイジャンしたり……。

 ばんは~~ちゃびデシ。ボクの予想通り、ATIから新柄Radeonが発売されまして……ど派手なヒョウ柄の……ちゃうちゃうw ソフマップでは即日完売になってましたなw
 5870→6870になり、値段も半分近くに下がってますが……詳しいスペックが判らないので、評価しがたい……てのが、正直な感想デシ。
 
 これで値段が同じくらいなら、『早まったかなぁ……』と思わなくもないのデシが、価格の低さに少しホッとしてますw
 メモリクロックを4800→4100に下げたくらいで、こんなに安く出来ないと思うので……中のトランジスタの数とか減らしてるんぢゃ? なんて想像してます。
 
 もっとも、製造プロセスを更に縮小して、中身はそのままに、全体的に小型化出来たのなら話は別デシが……。
 でも、まぁ、ボクが今回買ったのはハイエンド品なので……しかも、ポイント使って安く買ったので……全然気になりません。
 
 もしこれが、新型と同価格帯のビデオカードを買っていたら、ここまで穏やかにはいられなかったデシょうが……良かった、ポイント残してて本当に良かったw
 
 
 さぁて、ここんトコ、アビセアへは配達クエのためだけに通ってる感のあるちゃびデシ……未だに召喚士用の型紙が1枚ももらえないのは……仕様?
 幸いな事に、予期も意図もせず戦士用の型紙が4枚集まり、それはそれで結果オーライかな……とも思うのデシが……やっぱ、召喚士のが欲しい。
 
 
 
 
てか、ドコのでも良いから、毎回クリアする度に出して欲しい……。
 
 
 
 
 だいたい3回に1回くらいしか型紙もらえません……仕様? などとブツブツ零しながら配達してます……。
 この日は、配達途中で一番緊張する猿のエリアで、NMの姿が見えず、『今日の徘徊コースは、人目に付かない奥の方なのかな……?』なんて思い……。
 
 だったら、大きい荷物を配達して、大・中・小…全種類クリアすれば、少しは型紙の確率上がるかも……と、思い切って運んでみました。
 もうね、【ヘビー】状態というのか【グラビデ】状態というのか、正にそんな感じ。ソロの色付き魔道士に狩られる、モンスタの気持ちが少し判ったような判らないようなw
 
 また、タルタルなので、歩き始めの赤ちゃんみたいにヨチヨチして見えるのがご愛敬w ノンアクのアメーバンやミュレクスのゾーンを通る時は良いのデシが……。
 それを無事に通過して、オポオポゾーンに差し掛かった時、ここまで4回ほど通過した時にはいなかった猿のNMが、通路近くに…………。
 
 まぁ、ボクが大きな荷物を選んだ時点で、こういうフラグが立っていた事は簡単に想像出来たのデシが……まさか、忠実に実行してくるとは……w
 コイツには過去2回、配達中に瞬殺された悲しい思いで……てか、トラウマがあり、『いつかきっと、ヌッ殺してやる』リスト最上位に位置してたりw
 
 でも今は、歩くので一杯一杯のボク……しばらくNMと睨み合い(ボクが一方的にネ)、後ろを向いた瞬間にヨチヨチ、よたよた通り過ぎてやりました。
 このNM、爆速なほど、移動速度が速いのデシが、一旦立ち止まると、しばらくの間動かなくなるの。だから、その間に通り抜けるのがコツ。
 
 なるべく見付からないように……見付かっても、なるべくエリアから離れて倒されるように……とガタガタブルブルしながら何とか無事に移動しまして♪
 後はアクティブなタコエリアは魔法を使わず薬で対処。オイル使ったら、基地にたどり着くまで効果が切れませんデシた♪
 
 で、そんな寿命を何年も縮めるような思いをしながら配達を終え、依頼人に報告に行きますと、もらえたのはクルオと戦績のみ…………。
 これもまた、そういうオヤクソクになると予想はしてましたが、実際にやられると、ポッカリ穴が空いちゃいますね……色んなトコに……。
 
 
 コノ怨ミハラサデオクモノカ……と、配達に見切りを付け、メイジャンの試練に憂さ晴らしに行きまして……inテリガン岬。
 てか、大きい荷物の配達が、思いの他時間を取られましてね、メイジャンの時間が来ちゃっただけなのデシが……。
 
 ボクはビースト類なら何でもOKだったのデシが、人数集めるなら……とマンティコア狩りを選び、シャウトすると同時に、希望出してる人に声かけてフルアラ結成。
 【火曜日】になる少し前からスタートして、オニのように乱獲……曜日が終わる頃には、105匹カウントされてました♪
 
 これでボク的にも『今日はこの辺にしといてやる……』な上機嫌になれまして……w 明日への活力が湧いたような……そうでもないような……w
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月23日 (土)

ウルト○マンになっちゃった……05

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中、不自然に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 

 近年、ギガントの大地から、徐々に活力が失われている事が判ってきた。
 それは、転生タイプの減少……と言う明確な数字になって現れていた。
 かつては数百年に一人は、転生の森から子供が生まれていたのだが、次第に数が減り始め……ある時を境に、全く生まれなくなってしまった。
 惑星全体が巨大な植木鉢とも言われているギガントは、長年の転生活動の影響からか、大地が痩せ衰え始めていたのだ。
 もちろん、ギガント人達にとって、何よりも大切な場所である転生の森は、太古の頃より手厚く、きめ細やかに管理されていた。
 だが、それだけでは得られない、決定的な何かが減り続けていたようだ。
 後れ馳せ(おくればせ)ながら、その事に気付いたギガント人達は、直ちに対策を講じた。

 まず、幾つかの研究チームに分かれ、多方面からの調査が開始された。
 その調査の結果、何種類かの鉱物資源が、ギガントから失われつつある……と言う事が判明した。
 そこで、あるものは……主に出生タイプを中心に……宇宙各地に探査船を飛ばし、あるものは……こちらは転生タイプが陣頭指揮を執り、更なる原因解明の調査を続けた。
 また、数か所の転生の森を『再生特区』とし、探査船が持ち帰った鉱物資源を元に、様々な土壌改良剤が開発され、実験撒布されたりした。

 こうした長年の努力が実り、約七千年振りに誕生しようとしているのが『ピジェラィ』だった。
 再生特区で育ちつつある新しい命は、ギガントの未来に希望の火を灯すものだった。
 だが、それも楽観視出来るものではなかった……何しろ、宇宙目録に掲載されるほど、巨大な惑星なのだ。
 ギガント全土に活力を蘇らせるには、どれだけ鉱物資源を運んでも足りなかった。
 その間にも、惑星ギガントの人口は減り続け、その総数は全盛期の半分以下にまで減っていた。
 更に、この度の隕石雨災害である……年端の行かない少年が、自分なりに思い悩むのも無理の無い事だった。

 それまで妻と息子のやり取りを、満足そうに聞いていた父親が、
「……倅よ、お前の気持ちも分かるが、母さんの心配も尤もな事だ。それなら間を取って、まずは隕石監視団に入る……と言うのはどうだ?」
「父さん……オレはどうしても…今すぐにでも、探査船に乗りたいんだ!」
「お前は肝心な事を忘れているようだな……船に乗るには、厳密な資格審査があるんだぞ……例えば、年齢制限とか……。」
「あ…………!」
「探査船関係では、一番制限が緩い『部品製造部』でも、応募出来るのは百五十一才からだぞ……?」
「………………。」
「だが、隕石監視団なら、今のお前でも入れるだろう? そこで訓練を積んで三級操縦士に合格すれば、パイロット補佐として隕石迎撃機にも搭乗出来る。」
「…………うん。」
「そうして腕を磨いた方が、結果的に探査船への近道になるんじゃないか?」
「……判ったよ、父さん……。」
 それだけ言って席を立った息子の背中を、父親は目を細めて見送った。

「……良いんですか、あんな事言って……あの子ったら、きっと本当に監視団に入ってしまいますよ?」
「良いじゃないか、今のあいつには何を言っても無駄だろうから……現実というものを、一度じっくり自分の目で見て、肌で感じればいい……ま、すぐに音を上げるさ。」
「だと良いですけど……。」
 若干トゲのある口調でそう言うと、妻は台所に行った。
 しばらくは夫に当て付けるように、いつも以上に騒々しく食器を洗う音が聞こえたが、やがて、それも静かになり、替わって鼻歌が聞こえてくる、いつもの日常に戻った。

 結論から先に言うと……父親の予想は外れ、母親の不安は現実のものとなった。
 翌日、監視団に出向いた少年は、その日のうちに申請書を提出すると、すぐに入団が許可された……もちろん、契約金も年俸も発生しないが……。

 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月22日 (金)

やっと、型紙もらえた♪

 ばんは~~ちゃびデシ。せっせと前線基地に荷物を運んでおりますw 時間制限が無いのは気楽で良いのデシが、滞在時間に制限があるので……痛し痒しw
 んでも、荷物を運んだ後、バスティオンが始まってたら参加して、抵抗軍戦績もらっていたりするw まぁ、最近のブンカールは連戦連敗で……参加賞も出ないけど。
 
 バスティオンとカンパニエ、似て非なるところは……敵モンスタを倒さない限り、どれだけ活躍しても、経験値もクルオも戦績も入らないってトコ。
 でも、誰かが(NPC含む)が倒せば、自分は何もしなくても恩恵に与れる……と言うのは少し嬉しい。ウソ、かなり嬉しいw
 
 例えば、配達の途中で猿のNMに襲われ、倒され、リレで起き上がって何とか基地に辿り着いた時、バスティオンが始まりそうなら、そのままペナント受けてヒーリング。
 運が良ければ、何もしないで……ま、ヒーリングしてますからなw……ロストした経験値が、クルオと戦績連れて戻ってきますw
 
 で、バスティオンが終了したら、そのまま拠点に戻れば、配達の報酬受け取れます。この日、何度目かの配達の後、ようやく……てか、初めて型紙をもらう事が出来ました♪
 この型紙を8枚集め、AF3と一緒にジュノに持って行くと第1段階終了になります。ちなみに、ボクがもらったのは、戦士の型紙……。
 
 
 
 
この格好で、カー君連れてるのに、戦士に見えるのかぃっっっsign02
 
 
 
 
 ようやっと、このセリフが言えた……w なお、LSの人の話によると、希望ジョブの型紙が揃うまでに、他の全てのジョブが集まってしまったとか……。
 この担当者、よっぽど目が悪いのか、ズボラなのか……あるいは字が読めないのか……戦士の型紙が3枚、踊り子のが1枚集まったところで、その日は終了。
 
 【火曜日】が迫っていたので、戦士に着替えて白門からゼオルム火山に飛び、ワモーラを叩いてきました。両手斧のメイジャンデシ。
 召喚獣クエ終わったので、別に良いか……と思うのデシが、85に相応しい武器を1本くらいは用意しとこうか……とね?w
 
 アートマ持ってないので、アビセア内ではそれでなくても肩身が狭いので……無印PTに潜り込んでも、ハッキリ数字の差が出るのデシょ……。
 だから、ヘッポコはヘッポコなりにやる……くらいの意気込みは見せておかないとね? たとえそれが見かけ倒しでも…………ぅをゐ!
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月21日 (木)

『相棒』再開♪ アビ-ラテでは羊狩り

 ばんは~~ちゃびデシ。いよいよ待ちに待った(ボク的に♪)『相棒』の新シーズンが始まりましたね♪
 いつもより遅い時期に始まった事と、初回が1時間だったのとで、少し心配していましたが、なんの何の、『劇場版かっっ?』と思うようなスリリングな展開に大満足♪
 
 この冬には劇場版第2弾も公開される事だし、まだまだ『相棒』は楽しめるな……と一安心しました。
 昨今のTVドラマで、これ程の良作を連続して作り続けられるのは、素晴らしいの一言に尽きますね……ま、唯一悩みの種は、DVD-BOXの値段くらい……w
 
 ただ、それも今から集める人には朗報な、スリム版BOXが安価で出てますので、そちらを買われる事をお勧めします。
 値段も半額近く下がってますし、何よりシリーズ共通の『入れ物』に入ってるのでw 『相棒』のDVD-BOXって、シリーズ毎に違ってるので……。
 
 
 
安っぽくなったり、変に凝ってみたり……w
 
 
 
 その時その時のナニかを反映させてるのかもしれませんが…………統一感はあっても良いかな……と思ってしまう程、出来に格差がありますw
 ま、それを散々に指摘されてのスリム版登場……なのデシょうけどw ボクも資金に余裕があれば買うんだけどなぁ……無いから買いません(どキッパリ!)。
 
 
 さて、最近のアビセア募集シャウトでは、ジョブやレベルの他に、『アートマ』も参加条件に含まれていたりして…………。
 聞く度に『ちっっっっっ』とか『けっっっっっっ』とか思うのは、アートマ持ってないタルタルのひがみ?
 
 まぁ、持ってる人からすれば、『色々ありますょ……』とさり気なく、(でも、内心では優越感に浸りながら)誘われているに違いない…………。
 『そんなPT、こっちから願い下げだっっ』とばかり、ボクはジョブ不問の早い者勝ち系PTに入れてもらってますが……何か?
 
 アートマは、あればあったで非常に便利で有効なので、欲しくないと言えばウソになりますが、無くてもそれなりに楽しめてるので……。
 それに、ボクのFF生活を鑑みれば、主要ジョブがほとんど85に上がった今、そんなにアビセアに入り浸る事もないかな……と思ってますので。
 
 それに、入り浸るような事になっても、それはバトルの絡まない、クエスト関係だと思うので……えぇ、AF3関連のお使い系?w
 ただ、このお使い系も、なかなかブツが手に入らないので……おそらくクレーム受けて、修正が入るであろう次回バージョンアップまで、放置するかもしれませんねぇ……。
 
 
 それはさておき、『相棒』終わりの午後10時、FFにインしてアビ-ラテに行ってきましたょ? LSで『黒蹄のアートマ』を取りに行くとかで。
 その進行具合によっては、ブンカールにでも行って、お使い系のクエストしよう……と思っていると、我が麗しのハニーが『今始まったトコだから……』と声をかけてきて……。
 
 
 
 
ううむ、読まれてる……w
 
 
 
 
 と言う事で、タルタル召喚士に着替え、押っ取り刀でアビ-ラテに向かいました。そこでトリガー取りの雑魚羊をせっせと狩り、全員に行き渡った頃、NM羊戦スタート。
 アートマ取るためには、属性WSでダメージを与え、弱点を突かなければならないそうな……で、TP貯まった人から順に、WSを撃っていったのデシが………………。
 
 
 
ま、今回はトリガーが集まった事で『良し』としてやる……決戦は次回以降だ……。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月20日 (水)

新型機への思い、捨てがたく……。

 ばんは~~ちゃびデシ。1週間以内に組み込んで、不具合がないか調べないと、無料で交換してもらえないのデシが……えぇ、初期不良として。
 それでもなお、化粧箱を見てはニヤニヤ、中身を取り出してはニヤニヤしてるちゃびさん的中の人……良いsign01 とても良いsign03
 
 PCに組み込んぢゃうと、なかなか見る機会がありませんからねぇ……悦に入れないぢゃ無いデシかw 久々のお宝なので、もっとじっくり味わいたい……みたいな?w
 ま、発売からかなり時間が経ってますし、初ロット品でも無かろうから、ビデオカード的に初期不良とか、相性は心配はしてないのデシけどね?
 
 でも、こうして毎日眺めてますと、沸々と自作熱が上がってきますなぁ……今のメイン機を作ったのって何年前だろ……?
 6~7年は作ってないような……メイン機が不調になっても、部品交換して済ませてましたからねぇ……PCも、自作熱も……。
 
 てか、投資信託さえ順調だったら……順調でなくても、あそこまで元値を割らなければ、日々のやりくりでパーツを買い集めていたかも。
 ソコが一番腹が立って、悔しかった事……かな。唯一と言って良い趣味であり楽しみを我慢して、爪に火も灯さず生活した挙げ句が、あのザマデシから。
 
 
 なのでこれからは、パーツの価格状況をマメにチェックして、特売品で欲しいブツが出て来たら、少しずつ買い足していこうかな……と。
 PCのケースやら、電源には流行り廃りはあまりないのでねぇ。それで、1年とか2年かけて集めたパーツで新型機を作ろうかな……と。
 
 
 
 
題して『でぃあごすちーに』大作戦!
 
 
 
 
 CPUと基盤を最後に買えば、基本的にその時点での、最高性能が手に入りますからねぇ……てか、今の6コアCPUでも、ボク的には既にオーバースペックなのデシがw
 かのFF14でさえ、4コアあれば十分なので……4コアと6コアではスコア変わらないの……ましてや、FF11においておや、なのデシw
 
 でも、やっぱり、買うのは次期発表される新型CPUを見てからデシか。だって、今のハイエンドCPUが値崩れするのは自明の理……てか、業界の常識?w
 だから、これからPCを買おうとしているみなさんも、今のPCが正常な間は、資料集めだけに留めて置いて下さいw
 
 あ、でも、メーカー製はそう下がらんか……今でさえ、自作市場の数年遅れのパーツ構成だからなぁ……あんなの、あんな値段で買うヤツの気がしれ……ゴホゴホ。
 デザインは良いょね? ネーミングもステキかもね? メーカー品は。どんなに?????なPCでも、ボクが初めて買った20年前に比べたら、性能は何百倍スゴイしね?
 
 
 
 
これくらいで良い? フォローは……。
 
 
 
 
 さぁて、来週のちゃびじさんは……タルタル召喚士デシ。時間延長アビセアで、ギリギリ85になりました♪ ギリギリと言ってもリレしてれば3回は死ねますょ?w
 取ったばかりのオーディンやアレキサンダーもお披露目できて、とっても優越感に浸れましたw
 
 さぁて、来週は…………
 
   重い荷物を運んでも、クルオと戦績しかもらえませんょ?
 
   何回運んだら、型紙もらえますか?
 
   日頃の行いは良くても、運が悪いタルタルは型紙もらえませんか?
 

                   の、3本デシ………………。
 
 
 

| | コメント (0)

タルタル召喚士、かなり悩む(現在進行形w)……

 ちゎわ~~ちゃびデシ。まさかこんなに早く、召喚士のAF3シリーズを揃えられようとは……正直、思ってもみませんで……。
 ボクの予想では、希望者全般に行き渡り、誰も欲しがらなくなった頃、さり気なく手に入ればいいや……くらいに考えてたので。
 
 て言うか、自分のドロップ運、ロット運を鑑みると、足装備は諦めた方が良いかも……とすら思ってたりして。
 我ながら卑屈だな……とは思いますが、それが事実であり真実であり現実であり……ま、高望みはしない主義w
 
 
 
 
で、ここで突然、降って湧いたような悩みが発生した模様……。
 
 
 
 
えぇ、この先のメイジャンをどうこなしていくか……と言う難問が……。
 
 
 
 
 ん? どこからともなく、鼻先で『フン』とか笑われましたょ……? それも、そこココから一斉に……?
 いあ、まぁ、ほら、現実逃避したい今日この頃ぢゃないデシか? だから、別にえぇやん、ほっといてちょ!(何故かヤサグレ気味……。)
 
 
 これまでの予定では、適当にレベルを85に上げたら、火曜日は両手斧、それ以外は召喚杖のメイジャンをするつもりだったのデシが。
 期せずして手に入ったAFを、このまま放置するのも勿体ない話なので……どうしたものか……と考え中。
 
 当分はアビセア乱獲PTに紛れ込んで時間を稼ぎ、終了後にクエスト三昧で改造用の型紙集めようかな……?
 武器はこれまでずっとやって来て、若干食傷気味だったりして……召喚杖作りは、孤独との戦いでもありますし……?

| | コメント (0)

2010年10月19日 (火)

続・タルタル白魔道士で……。

 ばんは~~ちゃびデシ。午前中にふと気が向いて、タルタル戦士に着替え白門で火曜日にワモーラを叩かないか? とシャウトしてたのデシが……。
 あまりに反応が無いため、ひょっとして……とリージョン情報を見てみると、現地にワープ出来ない事態になってました……ヤレヤレ残念。
 
 
 さて、昨夜も白魔道士になりまして、アビセアに潜り込んできました。今回行ったのは、アビセア-ブンカール。
 白門であれこれシャウトしてるのを吟味し、滑り込みで仲間に入れてもらったら、そこは12人PTデシた……そして、この日も白はボクだけデシた……。
 
 そう言えば、アビセアPTで白を見掛けるのって少ない気が汁……タルタル戦士で行ってた時も、あまり見なかったような……?
 その分、赤や黒が一杯いて、回復してもらえない……事はありませんデシたが、プロシェルもらえない事は結構……w
 
 
 前日、18人の面倒を見たのに比べたら、12人はまだマシか……と始まる前は思ってたのデシが、いざ始まるとコレがまた……。
 前衛のみなさんが、我先にモンスタに向かっていくもんデシから……全方位的に……ケアルが追い付きません……てか、届きません。
 
 フルアラより6人少ない……って事は、モンスタ1匹に対する戦力も減ってる訳で……それなのに、フルアラの時の戦い方すると……。
 えぇ、何人か昇天してましたな……。ターゲッター決めて、もう少し集団で戦ってくれたらなぁ……と何度思った事か……それがたとえ、範囲魔法を連発するモンスタでも。
 
 大勢で一気に寄り切れば、詠唱を中断させる事も、詠唱終わる前に倒す事も出来るのにねぇ……全く脳筋な連中のする事は……w
 まぁ、殆どの人は85だったし、何度死んでもアビセアなら一瞬で取り戻せるし、別に良いか……と、半ば達観してレイズしてましたょ。
 
 んで、ボクはと言えば、オシッコ休憩に行ってる間に85に上がり、お礼も『ただいま』も言う事無く戦列に復帰。黙々とケアルしたりレイズしたり……。
 乱獲の宴も酣(たけなわ)になった頃、この日、最初で最後のAF3、召喚士:足が出まして……『これはフリーロット?』と訊くと『【流し】だからダメ』デシって……。
 
 そう言われちゃうと、最後にPTに入れてもらった手前、手も足も出せなくなるボク……ただ、そのやり取りを見ていた他の人が、『要らない人に流れるのはアレだね……』とか言ってくれ……。
 次々とパスする人が出て、最終的には3人くらいの消極的な勝負の末、ボクの手元に【流れて】きましたっっっっ!!
 
 この日、初めて『ココに来て良かったぁ!』とか思った現金なボクw 途中まで『リアル急用』とか言って、さっさと戦線離脱してやろう……と思ってばかりいたのでw
 いあ、好き勝手に死ぬのは自由だけど、守護神的にケアルが間に合わないのはプライド傷付くのょね……モチベーションも下がっちゃうし……。
 
 
 
 
だから、85に上がった後は、惰性と慣性でケアルしてましたの……。
 
 
 
 
 それだけに喜びも一入(ひとしお)♪ て言うか、全く期待してなかっただけに『おめでとう』と言われてもピンと来ず、ボクも誰かに『おめでとう』って……w
 その後、ボクのカバンにブツが入ってるのが判り、数拍遅れて『ありがと~~』ってw さっきから流れてた妙な空気の原因はコレか……とw
 
 それから程なく予定時間が来まして、いつも以上に気合いを入れてお礼を言ったのは言うまでもありません……か?w
 まぁ、12人……と言う事で、また、ちょくちょく戦闘不能者も出た事で、経験値的にはあまり延びませんデシたが、色んなブツは流れてきてました♪
 
 その後、せっかく足装備を手に入れたのだから……と、初バスティオン参戦。ここで抵抗軍戦績を1000点集め、召喚士の脚装備をゲット♪
 その頃になって、ようやく本来の目的を思い出し……w 急いで眠い目を擦りながらジュノに向かい、ケアル杖を完成させました……とさw
 
 
 

| | コメント (0)

タルタル白魔道士で……。

 ちゎわ~~ちゃびデシ。一応、これからも出動の機会があるかもしれず、火曜日/天候の時だけタルタル戦士になって、両手斧を鍛えていこう……と決めました。
 やっぱり、前衛は楽デシからね……モンスタの挙動だけに、神経を集中してれば良いんだから……アビセアで白やると、痛切に感じますなw
 
 ケアル杖を完了させたい事もあって、そして、いまだ行った事無かったフィールド……と言う事もあり、白魔道士でアビセア-ミザレオに。
 行ってみて判ったのデシが…………ココ、ボク的に縁が薄いゎw ミザレオで手に入る……事もあるAF3は、ボクの対応ジョブを全て足しても75にも届かない模様w
 
 そして恐らく、今後も届かない模様w ま、リンバス的に第6希望のケモリンが出るのが、唯一の希望の光?w
 ただ、そこに辿り着くまでゲームをやり続ける自信は…………あるような無いような?w 今後もレベル解放は続くし、それに伴ってメイジャンも増えるだろうし……。
 
 まぁ、それでも、ケモリンの装備が出たら、コッソリロットしようと思ってたのデシが……この日はケモリンだけ出ず……流石、ボクの薄運……。
 もっとも、この日の第1目標はレベルを80→85に上げる事デシたから、84まで上がったので機嫌は良かったデシょ?
 
 それに、時間延長を繰り返し、最終は300分くらいになってたかな? そのお蔭で悠々自適にミザレオを散策出来ましたし……w
 えぇ、『石』を一つも使う事無く、全てのゲートを開放してやりました♪ 二度と行かないかもしれないけれど……w
 
 タルタル戦士でアビセアに通い始めてから、PT終了後に、未開通のゲートを開拓するのが日課になってます。
 いくら延長時間を一杯持っていても、繰り越せるのは120分だけなので……。それだたら、有効に使わなきゃ損だな……と思いましてね。
 
 @はラテーヌとタロンギの乱獲PTに潜り込めば……えぇ、順序は逆になっちゃいましたがw……全域終了。
 なので、ここんトコ、石を消費せずアビセアに入り浸っていますw クルオも貯まる一方だし……月のジェイド2個目を10万クルオで交換して、カギを50個もらっても、まだ9万弱あったりするw
 
 

| | コメント (0)

2010年10月18日 (月)

買ってしもた!!

 ばんは~~ちゃびデシ。少し前、『ビデオカードが安売りされていた……』みたいな事を書きましたが、ひょっとして……と、先週末のソフマップHPを見たら……。
 嬉しい事に、またもや【週末特価】と題してあのビデオカードが売り出されてまして…………気が付いたら注文してましたw
 
 
 
 
いあ、流石に1枚だけデシがw
 
 
 
 
 えぇ、ヘビーゲーマーぢゃ無いので、1枚ありゃ十分デシw FF14も今の所、やる気も買う気無いので……。
 そうそう、FF14と言えば、OSによっても快適度が違ってくるってご存知デシた? 【XP】と【7】ではベンチマークのスコアが200くらい違うそうデシょ?
 
 先月号だか今月号だかのDOS/Vパワーリポートに掲載されてましたょ。全く同スペックのPCで、OSだけ替えて比べてるの。だから、確実な情報かと……。
 新しいPCを買う金も作る金もないのに、専門誌だけは買ってたりする…………使い道のない知識ばかりが増えてますゎw
 
 
 さて、この度買ったビデオカード、ギガバイト社のGV-R5870OC-1GDは、オーバークロック品なのデシが、コアクロックが850→870に上がっただけの『なんちゃって』仕様w
 中には900とか950までコアクロックを引き上げたものもありますので……てか、同社製で、メモリクロックまで引き上げた、本気度満点のもあったりする。
 
 ただ、そう言う製品は【本気出せ】すると、爆音出して、電気をバカ食いするので今イチ触手が動かない……みたいな?
 20MHz上がったくらいなら、そんなに騒音出したり、消費電力の心配もしないだろうから……それに何より安かったから、コレに決めました♪
 
 週末特価で32800円の所を、これまでコツコツ稼いだポイント全部使って13000円程でゲット出来ました♪
 おそらく5年後くらいの中古品価格ではないかとw ま、ここまで出費を抑えられたので、【人として終わり……】度も半分くらいで抑えられてると思います……。
 
 いあ、ホント、本気で新型PC作ったら、20万くらいすぐに飛んで行っちゃいそうで……冗談抜きで人間として終わっちゃう……ぐらいの理性はありますょ? たぶん……。
 てか、この年末から来年にかけて、0から設計された新型CPUが、AMD、Intel両陣営から発表されるぢゃないデシか。
 
 
 
人として終わるのはそれを確認してからでも…………。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月17日 (日)

タルタル戦士、ぽつねん…………。

 ばんは~~ちゃびデシ。10月、怒濤の2週間を締めくくるべく、召喚獣戦を制覇してきたのデシが、ホッとすると同時に燃え尽き感が……w
 対戦日に間に合うようにレベルやスキルを上げ、暗記するほど攻略系HPを見、ジョブに応じた食事を用意する念の入れようデシたからねぇ。
 
 ただ、その努力に見合った収穫はありましたょ?アレキサンダー戦後のサプライズは、十分過ぎる収穫デシた♪ アレキゲットが霞んぢゃったょ……?w
 たぶん、アトルガンミッソン終了させて、時間を置かずにに挑戦してたら、もっと凄く感動したかもw
 
 ところで今回、前衛陣には奮発してカレーパン・レッド、後衛陣には白の主食として食べてるコーヒーマフィン、お手伝いの人にはクリムゾンゼリーを差し入れしました。
 詩人にはパママで良いか……とも思ったのデシが、手抜きに思われるのもアレだし、オポオポ王の王冠を持ってるかどうか知らないし……で、ヒーラー食を渡しときました。
 
 王冠を装備した状態でパママを食べると、STR-3に下がりますが、INT+1、CHR+14、HP・MP+50……と言う脅威の性能になりますw
 なお、コーヒーマフィンはMND+2か3、MP+80かそこら。キノコの塩焼きとスノールジェラートを同時に食べるような、ありがたいヒーラー食になってます。
 
 お手伝いの人にクリムゾンゼリーを差し入れたのは、彼女も召喚士だったから。メイジャンで召喚杖作る時、INTとMPが上がる食事は必須になってくるので。
 もっとも、ここだけの話、そんな気配りや、お手伝いの感謝やお礼……の意味の他に、『受け取った以上、勝つまで手伝えょ?』という【闇】の圧力も含まれていたり……w
 
 
 さて、タルタル戦士でアビセア行っていると、メイジャンを進めて武器を作らなきゃ……とか、アートマ持ってないから取りに行かなきゃ……とか思うのデシが……。
 アレキサンダーとオーディンを手に入れた今、戦士を続ける意味……と言うか、必要が無くなったような気になっていたりする……w
 
 そもそもの目標設定は、【戦士のレベルを上げる事】ではなく、【召喚獣戦に両手武器の前衛が必要だから】デシから。
 それが例によって例の如く、目的の軌道があちこちに逸れ、今は火曜日毎に(inヴァナ)ソワソワしてる始末w
 
 どうしようかなぁ……タルタル戦士的には、1本はレベルに応じた武器を持っていたいのょね……でも、戦士の出番を考えると……。
 どうしたモンかなぁ……と考えつつ、一人ナシュモで釣り糸を垂れてます……少しでも攻撃力を稼ごうと、直前に高い指輪を買っちゃったので……結構貧乏なう。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月16日 (土)

ウルト○マンになっちゃった……04

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中、不自然に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
「……随分酷い(ひどい)な……いや、あの隕石雨に対してこの被害なら、まだマシと言うべきなのか……。」
言葉とは裏腹に、樹木医である父親は沈痛な面持ちで、動かぬ同胞(どうほう)を手当てしていた。
 その息子も、目に一杯の涙を溜めながら、黙々と父の手伝いをしていた。
「……悔しいなぁ……ボクにもっと力があれば、みんなを守ってあげられるのに……。」
「………………。」

 そんな中、ピジェラィの樹は奇跡的に無傷だった。
 いや、そうではない。
 ピジェラィの樹を十重二十重に取り囲み、周囲の樹木達が身を挺して守っていたのだ。
 もうすぐ生まれる新たな生命のために、どの樹も致命傷に近い深い傷を負いながら、我が身の防御も省みず、全精力を注いで守っていた。
 ある樹は葉を巨大な盾と化し、またある樹は枝を網のように張り巡らせ、隕石の直撃に備えた。
 別の樹木達は火災に備え、葉を貯水タンク化したり枝をホース状にしていた。
 ピジェラィを取り巻く樹木達は、自らの寿命を縮めるのを承知の上で、体組織を劇的な速さで変化させ守っていたのだ。

「……今日はこの辺にしようか……。」
「…………うん……。」
 とっぷりと日も暮れた頃、応急処置を終えた父親が、黙々と作業を手伝っていた息子に声をかけた。
 普段、ともすれば『その元気を、もっと実のなる事に……』と言われる事も多い少年が、この惨状の前では一言も発せず、何か考え込むような表情で手伝ってる様子が、父親には新鮮に見えた。
 後始末を終えると、二人はピジェラィの樹の前に立ち、父親は愛しそうに、息子は優しくその実を撫でた。
 それは丁度、臨月間近な妊婦の腹に触れるような、慎重さと待ち遠しさが入り混じった撫で方だった。
 しばらくの間、ポコッと幹から突き出たピジェラィの実を、二人は語りかけるように撫で回していたが、やがて夜の闇に急かされるようにして、転生の森を後にした。

    ☆    ★    ☆

「……決めた、ボク…じゃないや、オレ、やっぱり行く事にする。」
「そうか……良かろう、その目でこの星に、今何が起こっているのか、確かめてくると良い……。」
「あなた! この子はまだ百三十才なのよ? せめて義務教育の終わる二百才までは、学校で……。」
「母さん、隕石雨の事だけを言ってるんじゃないんだ。この星には、もうそんなに時間が残されてない気がするんだ……。」
「……それは……。」

 転生の森から、路線ジェットで一時間ほどの距離のところに、少年の住む町があった。
 少年の家はログハウス調の大きな家で、単純に惑星チキューサイズのマンションに換算すれば、高さだけでも二十階以上はあるだろう。
 ただ、ギガント人達の体格で考えると、それはごく標準的な大きさで、この町でも当たり前のように建ち並んでいた。
「……母さん、ボ…オレのような出生タイプだけなんだよ、宇宙に飛び出せるのは……だったら、生まれて来るピジェラィのためにも、自分にしか出来ない事をオレはやりたいんだ!」
「……でも、それでもあなたは若過ぎます。普段『ボクちん』とか言ってるのに、こういう時だけ『オレ』と言い換えるなんて、幼過ぎると言っても良いくらいよ。」
「……いや、『ボクちん』なんて、一度も言った事無いから…………。」

 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月15日 (金)

勝ってしもた!!

 ばんは~~ちゃびデシ♪ ま、当然デシがw 勝つ事前提に作戦を練り、実戦に臨んだわけデシから……でも、素直にうれPよぉ~~~♪
 多少のドタバタ、ギクシャク……もなく、言う事無し! 完勝! レベル75上限の時のクエデシたから、85まで鍛えて行って正解デシたゎw
 
 そうそう、アレキサンダー戦、レベル制限ありませなんだw 強化魔法はナイズル同様消されちゃいますが、レベルは85のまま戦えました♪
 だからかなぁ……文字通り瞬殺出来まして。正味のバトル時間は1分も掛かってないと思う……開幕と同時にマイティストライクしたら、効果が消える前に終わってたような……。
 
 だから、アレキやオデンの子分も出番無しw アストラルフロウも食わず終いw 被ダメは結構高かったけど、セミを張る間も惜しんで叩いてましたw
 ま、そんな戦い方したので…………写真は撮ってません……w 撮る気は満々だったのデシけどねぇ……段取り説明して、BCに突入する頃にはスコ~ンと抜け落ちてましたw
 
 だから、せめてアレキとオデンのお披露目を……と思ったのデシが…………2hアビ使っちゃってるので召喚出来ずw
 そのうち……てか、ごく近い将来、アビセアに召喚士で行った時とかに呼び出して、そこで写真撮って見せびらかします……もとい、見ていただきますょ……。
 
 

| | コメント (0)

タルタル戦士、いざ、召喚獣戦へ!

 ばんは~~ちゃびデシ。いよいよ今夜、アレキサンダーとオーディン……FFファンなら、誰でもご存知の召喚獣をお迎えに行ってきます。
 この日のために鍛えた戦士……スキルは真っ白なんデシけど……タルタルの維持と埃をかけて…………字が違うとるゾ。
 
 最初の予定では、アレキサンダー→オーディンの順に攻略して、アレキの時は2hアビ封印で……と思ってたのデシ。
 でも、LSでお手伝いしてくれる人から『どっちも2hアビ全開で行った方が……』と言うアドバイスと、『コルセアでワイルドカードしますよ……』の言葉に甘える事に♪
 
 アレコレ脳内作戦会議を続けてましたが、良い意味で不要になりましたw 今は、誰から2hアビ使ったら、より効果的か……悩みはそれくらいかな?w
 前衛は侍、竜騎士、戦士、青……の予定デシて、戦士のマイティストライクと青のアジュールローは連続系、侍の明鏡止水と竜騎士の竜剣はどちらかと言えば瞬発系?
 
 で、脳内作戦会議を開いた結果、以下の流れで行く事に……てか、行けたら良いなぁ……みたいなw
 もっとも、これがみなさんの目に付く頃には(LSの人達含む)全て終了しているような気もしますが……w
 
 
 まず、アレキは75制限かもしれないので、青魔法の組み替えも(初期設定は85仕様でお願いするつもり)視野に入れ、ペナルティータイムを利用してオポ昏でTP貯め。
 んで、開幕直前に歌ってもらい、特攻開始は竜剣で敵の防御力をダウンさせ、その後、明鏡止水+黙想+石火之機で連続一人連携(アレキは闇、オデンは光)。
 
 その間、ボクは開幕と同時にマイティストライクでひたすら殴り、侍の連携終了を見計らってWS。青は開幕に範囲ヘイストしてもらい、誰かと被らないように一人連携。
 脳内予想では、だいたいこの辺でバトル終了なのデシがw これで倒せなかったら、後は各自TPが貯まり次第WS撃つ……の繰り返しかな?
 
 後衛の人は敵と味方のHPを見比べつつ、ケアル連打。誰か一人でも生き残れば、勝ちは勝ちなので、ギリギリまで女神の祝福は封印。
 ワイルドカードしてもらうには、一人PTから抜けないとダメなのでね、青か白は2hアビを使わずに済めば……と思ってます。
 
 んで、これで勝てればしめたもの……てか、勝つンデシが。それしか考えてませんが。勝ったらそのまま、この作戦でオデン戦に臨む……と。
 
 
 
 
と言うか、アレキサンダーで予行演習して、オーディンで本番……みたいな?w
 
 
 
 
 てな感じで、両方勝ったら、このブログで速報出すかも………………ま、気が向いたら…………ね?w
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月14日 (木)

タルタル戦士……これで良いのか……?

 ばんは~~ちゃびデシ。メイジャンの両手斧を少しでも進めたくて、インして早々、【熱波】が来る可能性のある地域へ飛び回りました。
 なのに、こういうときに限って、望む天候にはならず……テリガンなんか、他の試練をこなしている時には、しょっちゅう熱波到来だったのに……いぢわる……。
 
 曜日と天候に縛りがあるメイジャンは、天候さえ巡り会えば、倒すモンスタの実数が1/5まで減るので、そこに一縷の望みを掛けてたのデシが……。
 運さえ良ければ、試練コンプリート……とは行かなくても、完成度の高い武器に仕上がるかも……と思ってたのデシが……。
 
 
 
 
えぇ、自分の運の無さを忘れてましたょ…………。
 
 
 
 
てか、考えたくもないsign03
 
 
 
 
 そんな訳で、昨夜もどこぞのアビセアに紛れ込んできましたさ……。アビセアブンカールで、プークを叩いてきました。
 ま、相変わらず、WSダメの低さには涙がちょちょ切れておりましたが……。普通殴りの与ダメは、それほど遜色ないのデシがねぇ……。
 
 そうそう、この日は初のターゲッターしてきましたょ? 盾ジョブの人が誰も立候補しなかったから……話し合って決める時間が勿体なくて、つい……w
 ゲームしない人向けに説明しますと、釣り役の人が連れてくるモンスタ達の中で、どれから叩くか決める(=ターゲットする)人の事デシ。
 
 つまり、ボクが叩き出したモンスタから順に、他のみなさんが一斉に殴り始める……って感じ? 各自が好き勝手に殴ってると、殲滅速度が落ちて効率が悪くなるのでね。
 結構大変ではありますが、自分がPTを引っ張ってる……かと思うと、少し嬉しくなったりしてw 
 
 
 
 
ま、実際は足引っ張ってたンデシけどね……与ダメとか、与ダメとか、与ダメで……。
 
 
 
 
 で、この日は……そうそうに経験値がキャップになり、メリポもあれよあれよという間にキャップになり……。
 これ以上PTにいてもなぁ……な感じになりつつ、スキル上げに専念する事でモチベーションを保ってましたw クルオも貯まりますしね……。
 
 只今、両手斧スキル297……かな? たぶん。後で調べてみたら、武器スキルは攻撃力ではなく、命中率に関係してるのね?
 非力さを何とかしたいボクとしては、ワラにも縋る気持ちで斧を振り回してたのデシが……どうやら違うワラを掴んでた模様w
 
 

| | コメント (0)

2010年10月13日 (水)

タルタル戦士、火力差に泣く……。

 ばんは~~ちゃびデシ。悲惨な出来事が原因ではありますが、懐が暖かい今日この頃、新型PC作るか……とか、ビデオカードでも買うか……とか、ヤケ買いの衝動に駆られてます……。
 この連休まで特売セールしてたソフマップで、ギガバイト社のRadeon5870OCが3万円台半ばで出てたんだもん……買うょね? 普通……。
 
 こんな状態でなけりゃ、ボク的に絶対飛び付いてたと思う……下手したら2枚買って、CrossFireXしてるかも……。
 今はそんな事で憂さ晴らしして、この悔しさや腹立たしさが消えてしまったら、人間的に終わってしまうと思うから、自重してますが……それでも欲しい……。
 
 今はセールが終わって、元の4万円台半ばに戻ってますが、もし、また週末セールとかで、そんな値段で出ていたら、みなさんはボクに遠慮せず購入して……ん?w
 もっとも、ハイエンドのビデオカードがそこまで値下げして売られてる……って事は、そろそろ新商品が発売される……と言う事の裏返しかも……なのデシがw
 
 ただ、ブツとしては超一級品である事に間違いはないので……超高性能な分、電気も沢山喰いやがりますがw……、FF14も快適に遊べますぉw
 あぁ……書いてるだけで、また欲しくなってきた……もう何年も作ってないからなぁ……禁断症状もキツイゃ……。
 
 
 それはさておき、予定通り戦士85になったちゃびさんデシ。まさか85に上げるジョブの一番最初が『戦士』になるなんて……考えてもみませんデシたゎ……。
 ま、それもこれもアレキ&オデンのためなのデシが。召喚獣をコレクションするためなら、これくらいの努力、屁でもありません。
 
 なにしろ、白を75に上げたのだって、召喚士のサポは白が定番だから……と言う理由からだし、青を75まで上げたのだって、デアボロ戦でスタン君するためだし……w
 もっとも、デアボロ戦は寝てる間に終わったので、スタンも何もあったもんぢゃないのデシが……てか、一人で予行演習して、効かなかったのは実証済みなのデシが……w
 
 今度の2つも、トリガーが消えなければ、何回かソロ特攻かけて下調べするのデシが……、なかなかトリガー準備にてこずったのでねぇ……それに、突入毎に消えちゃうし。
 なので、ぶっつけ本番。なので、『両手武器の前衛揃えて、瞬殺する勢いで……』とあれば、その通り実践するべく戦士を上げた次第。
 
 今回は既に73まで戦士のレベルが上がってたので、そして、アビセアがあったので実に簡単にレベルは上がりました……。
 問題は火力……。これまではレベルのせいだと自分を納得させてましたが、85に上がっても、他の前衛さん達とその差は縮まらず……今は『アートマ』のせいだと自分を慰めてます……。
 
 どう頑張っても1000ダメなんて、滅多に出ないのょね……だいたい5~600をウロウロしてますゎ……ボクの『キングズジャスティス』って、実はまだ『レイジングラッシュ』だったり?
 前衛さんの中には2000ダメをポンポン出してる人もいるのに……後衛さんでも1000チョイのダメを出してる人も……黒さん狙われて、『挑発』入れてもタゲ切れない……。
 
 乱獲モードで何匹も同時に叩いてるせいか、ボクの非力さは目立ちませんが、それでも非常に情けない気分で叩いてます…………。
 今、必死でメイジャンの両手斧を鍛えてますが、いかんせん付け焼き刃は否めず……て言うか、まだ刃も付いてない状態かな……?
 
 戦士、サポ白の『なんちゃってナイト』の気分で、火曜日/天候を求め、全世界各地を飛び回ってます……文字通りの意味でw
 85だとサポは42でテレポヨトとルテが使えるの♪ だから、テリガン飛んで、天気調べてダメだったらルテ、ヨト……と飛び、それでもダメなら過去ロラ、過去メリファ。
 
 今の試練は、何でも良いから50匹……なので、めぼしい所は全部実地に飛んでいるのデシが……思ったほど熱波が来ません……@2匹なのに……。
 金曜日まで@僅か……メイジャンをするか、アビセアでスキル上げとメリポ稼ぎするか、大いに悩むところデシ。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月12日 (火)

一生後悔し続けるほど、激しく損した話……。

 ばんは~~ちゃびデシ。3年前、『退職金』という形で、持ち慣れない大金を手にしたボクのソウルサイドは、元本を減らさず光熱費が出れば……との思いで、投資信託したのデシが……。
 一応、危機回避……ではありませんが、一つにまとめるのではなく、株に投資するタイプと、国債とかに投資するタイプに分けて始めたのデシが……。
 
 ちなみに、株に投資する『世界の豆の木』には500万円、もう一つの『グローバル・ソブリン』には800万円の合計1300万円……。
 それが、あれよあれよという間に減り続け、今月の頭に解約したら……『豆の木』は206万円、『ソブリン』は565万円、合計771万円に……。
 
 銀行の担当曰く、『配当が出てるので、実質346万円の損……』などと軽口を叩いてましたが、そんな詭弁、聞く気になれません。
 ボクにしてみたら、通帳の数字が全て。それが現実であり、事実であり、真理であり……529万円減ってるのは紛れもない真実なのデシ。
 
 毎月4万足らずの配当をもらうのに、支払った手数料は毎月20万弱……ドコの闇金やねん!? てか、合法的な分、闇金よりも質が悪いやん……。
 爪に火を灯す事もなく、地味に質素に生活しているのに、数字だけで見れば毎月15万ほど使ってる計算に………………。
 
 これ程までに目減りするなら、最初から自分で管理すれば良かったょ……今までの生活を省みたら、まだ1000万以上は残っている筈だから。
 もう本当に、悔しいやら悲しいやら腹立たしいやら……今日はやけに言葉がスラスラ出て来るな……タイムマシンで、あの日あの時に戻って、命懸けでも止めさせたい……。
 
 別にコレで儲けようとか、遊んで暮らしたいとか、そんな考えは全く無かったのデシが……小説専念したくって、生活費や光熱費の足しに出来れば……くらいにしか思ってなかったのに……。
 二度と危ない橋は渡るまい……残金は定期に入れて、手堅く……と心に誓った途端、ゼロ金利が発表されて………………そう来たか……。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月11日 (月)

タルタル戦士、すくすく成長ちゅw

 ばんは~~ちゃびデシ。連休明けに、愛車を車検に出す……と言う事態になり、急いで車を洗ったボクのソウルサイド……今年初?w
 何でもかんでも叔母のせいにしては罰が当たりますが、まぁ、当たらずしも遠からず……な感じはします。
 
 従兄弟(弟)の逆襲モドキ事件以降、キチガイ共はともかく、従兄弟(兄)からも連絡がありませんで……叔母の遺骨も我が実家で預かったまま……。
 多額の保険金も入り、悠々自適モードにでも入っちゃったか……とか思ってますが。それは別に構わないんだけど、納骨して、永代供養を済ませてからフラフラして欲しい。
 
 ボクとしては、こうなる事は十分予想していたので、母にも自分達で納骨し、従兄弟(兄)には事後承諾で……と薦めたのデシが…………。
 まぁ、母にしたら実の妹デシから、甥っ子には立ち入れない領域もある訳で……今日に至ってます。
 
 すると、9月末に従兄弟(兄)からメールが届きまして……『10月後半に帰国する』そうな……嫁さん同伴で。
 そんな事は『勝手にやっとくれ』デシて……遺骨の事をどうするのか、お寺さんと相談して決めとくれ……と、返事しておきました。
 
 
 
 
その後、連絡はありません……。
 
 
 
 
 さて、2回ほどアビセアに通い、只今戦士82。普通のレベラゲPTに比べ、かなり味気ない雰囲気の中、黙々と同じモンスタを叩き続けてますw
 お陰様で、両手斧のミシックWS『キングズジャスティス』も、無事(こっそり)覚える事が出来ました♪ まだ、期待していた与ダメの数字は出てませんがw
 
 これからは、レベラゲとメリポのバランスを取りつつ、スキラゲメインにアビセア通い(予定)。一度に20万くらい経験値稼げるのでねぇ、アビセア……。
 レベルを上げきってからメリポに切り替えると、結構損する事も有り得るか……とか、また、要らぬ皮算用してみたりw
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月 9日 (土)

ウルト○マンになっちゃった……03

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中、不自然に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
    ☆    ★    ☆

 さて、今この親子がいるのは、惑星ギガントの各地に点在する『転生の森』……ギガント人達の眠る墓地であり、聖地でもあるところだ。
 改めて説明するまでもないが、ギガント人は樹魂系(キッポイド)の人間である。
 蛇足的に付け加えるなら、『樹魂系』とは、樹木が独自進化……あるいは突然変異して生まれた人間の総称である。

 ところで、ギガント人には、二つの『生命』……とも言うべき形態があった。
 その一つは、この親子のような【動態】。
 もう一つは樹木として生きる【静態】。
 動態ギガント人が約千年とされる寿命を終えると、各地の『転生の森』に埋葬された。
 転生の森……それは、惑星ギガントの中でも、大地・水・大気の活力が最高に高まってる所にあり、それ故『惑星ギガントの聖地』とも呼ばれる神聖な場所だ。
 そこに埋葬され、しばらく経つと……芽が生え、樹木…静態ギガント人として、新たな生命が始まるのだ。

 もっとも、樹木化(静態)すると、話す事も動く事も出来なくなる。
 そして、意識レベルも極端に下がり、普通の植物と同じようになってしまうのだが、完全に自我が消え去る訳では無い。
 ギガント人特有のテレパシー能力は、樹木になってからも残り、微かに残った自我をサポートし、人々(動態)が望む物……木の実や果実、葉や樹皮、樹液等々を提供した。
 それ故、人々は深い感謝と共に森を丹誠(たんせい)込めて、慈(いつく)しみ育てた。

 こうして樹木として大地に根差し、五千年とも言われる悠久の時を過ごし、静態ギガント人は、その寿命を全うする。
 その終わりの時、樹木は一つの大きな実を結ぶ。
 それは【誕生の実】呼ばれる特別な実で、枝ではなく、幹の根元が膨らんで出来る実だった。
 この実は成熟するにつれ、微弱なテレパシーを発するようになる。
 そして、それを受け取った者が、その実の所有者……と言うか、その子の親になれた。
 そう、【誕生の実】とは、惑星ギガントでは赤ん坊を意味し、これこそが【転生の森】の真骨頂なのだ。

 巨大人種……それも知的水準が高い種族にとって、共通の宿命とも言える悩み…生殖率の低さを、惑星ギガントでは、この生命輪廻で補っていた。
 もちろん、低いとは言え、ギガント人の夫婦間でも子供は生まれる。
 なので、その区別をするために、【誕生の実】から生まれたギガント人を【転生タイプ】、夫婦間で生まれたギガント人を【出生タイプ】と呼んだ。
 と言うのも、転生タイプのギガント人は出生タイプと違い、惑星ギガントから離れると寿命は半分以下になり、転生も出来なくなるので、こうして登録しておく必要があるのだ。

    ☆    ★    ☆

 さて、親子は一時間近く歩いて、『ピジェラィ』と呼んでいた木の根元に辿り着いた。
 森の遥か上空では雲の切れ間を縫うように、無数の戦闘機が三機ないし五機編隊で警戒飛行していた。
 ちなみに、その機体の全ては……ネジ一本に至るまで……木で作られていた。
 燃料は当然、樹液を精製し濃縮した物が使われていた。
 その姿を遠目に見れば、木の香りがプンと漂う、工芸品のような優雅なデザインをしていて、大空を流麗に舞う鳥のような印象も受けたりする。

 だが、その内部には、凄まじいばかりの攻撃力が秘められていた。
 それは決して好戦的ではない……むしろ、闘争本能があるのかどうか疑わしい、穏やかな気質のギガント人には不釣り合いな代物だった。
 とは言え、惑星ギガントの衛星軌道上に展開する、監視防衛システムで破壊し損ねた、隕石群の排除には有効だったし必要だった。
 ただ、残念な事に、防衛システムにせよ戦闘機にせよ、どちらも急場凌ぎで作られた感は拭えず、被害が減る事は無かった。
 そう、惑星ギガントは、今まさに未曾有の危機に見舞われていたのだ。

 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月 8日 (金)

タルタル戦士、アビセアに行く(初)

 ばんは~~ちゃびデシ。もっと他に必死こく事もあるだろうに……と思いつつ、FFってる今日この頃。
 『戦士』を何とか75まで上げたので、レベルだけ上げるなら、ここから先は楽な筈……アビセア行けば、一瞬で上がる筈……と、甘く考えて行ってみましたら……。
 
 
 
 
甘かったw 思いの外、甘かったw
 
 
 
 
 中身スカスカながら、只今戦士レベル80note アビセア:コンシュでブガート乱獲PTに紛れ込みましたら、解散する頃には81まで@4000位な稼ぎっ振りw
 途中、飛竜のNMに襲われて壊滅状態にならなければ、間違いなく81……間違えば82に上がってたかもw
 
 1匹当たりの経験値は、最終的に610まで上がってましたからねぇ……最初は6とか7だったのにw ま、85の人が混じるとそんな感じになりますワナ。
 ただ、ボク的には思うところもありまして……攻撃が全然当たらなくってねぇ……カレーパン・イエロー食べて、攻撃力重視で望んだのデシが……。
 
 下手すると、2匹倒す間に1回当たるかどうか……ミシッククエどころの騒ぎぢゃありません…………てか、何しに行ってるねんっっっ?! 自分っっっっ!?
 えっと…………レベル上げとミシックWS覚える旅に……。まぁ、流石にこのままぢゃイカン……と、食事効果が切れると同時に、ソールスシに替えましたが。
 
 これでようやく前衛としての働きが出来るようになりました……が…………。今度はダメージがね……出ないのデシょ……。
 両手斧なのに、忍者さんの片手刀とどっこいどっこい。WSなんか完全に負けちゃってて……悔しいやら恥ずかしいやら。
 
 そう、これはきっとレベル差があるからなんだ。75と82の間には、深くて広い裂け目があるんだ……ま、その裂け目は80と85になっても狭まる気配すら有りませんデシたがw
 急造前衛のほころびが、こういう形で出ようとは……そう思いつつも、今更どうこう出来ませんしねぇ……ま、なるようになれ…………みたいな。
 
 
 取り敢えずレベルを85に上げて、その間に両手斧スキルとミシックWSをこなし、武器は……手が回らないかなぁ……。
 競売に出されてる武器では、あまり役立つと思えないし、さりとて今からメイジャンするには時間が無さ過ぎ……メイジャンの厳しさは、誰よりも知ってますから……。
 
 アレキ・オデン戦には間に合わないけど、この先の事も考え、召喚杖よりも両手斧を1本、優先して作ろうかな……。
 『何たらの何とか:50個』コースはムリだから、無難にコツコツ仕上げるタイプのを……はぁ、もっと簡単に作れたらなぁ……。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月 7日 (木)

タルタル戦士、75は終点ぢゃなく、通過点……

 ばんは~~ちゃびデシ。昨夜も運良く、レベル上げに誘われまして……まぁ、フェローさんを呼び出した直後に声かけられて、微妙に迷ったのは内緒w
 後ろ髪を若干引かれつつ、縋るような目付きのラディールさんに別れを告げて、サンド→白門→ジュノへと飛びまして、MMM4連戦。
 
 63のレベルシンクで、忍者・戦士・竜騎士・踊り子・詩人・黒魔の6人デシた。MMMは数回行った事がある程度で、マップのオーダーとか、未だに謎だったりw
 なので、リーダーの順番決めもボクはパスして、専ら叩く事に集中しました……バード類のモンスタなので、叩くより突く(つつく)感じ?w
 
 両手槍のスキルは真っ白なのデシが、ペンタスラスト……の次までは覚えてるので、特に怪しまれる事もなく? せっせと突っついてましたw
 30分制限なので、時間が迫ってきたら、両手斧に持ち替えてましたけどね……斧はスキルキャップなので、攻撃も良く当たるのw
 
 いあ、スキル上げのために槍持ってたンぢゃ無いデシょ? ま、確かにスキルは4か5上がったけど……w 鳥と槍はセット物なのでw
 んで、毎回突入の際には指輪を使い、4連戦を終わる頃には75まで@4000になってました♪ 恐るべし、アライドリングにアニバーサリリングw
 
 超上がりたて(経験値900ほど)が、2時間弱で38000ちょいデシから……いくら稼いだ計算?♪
 ま、ここまで引っ張り上げてもらえば、@はどうにでもなるゎいな……と、上機嫌でテリガン行き、ラディールさんの機嫌を取りつつ、75に上がったのは今朝の事w
 
 この時は制限時間いっぱい……てか、制限数一杯のモンスタ30匹倒し、どこかに帰ってもらいましたw
 そして、75の保険2000程稼いだボクは、ピアスでジュノに飛び、両手斧のミシックWSクエを発注……夜の部では、アビセア行くかミシックするか悩みそうw
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月 6日 (水)

突然、タルタル戦士覚醒……。

 ばんは~~ちゃびデシ。LSの予定表に、アレキサンダーとオーディンクエの日程を書き込みまして……尻に火が付いた状況になってたりする……w
 出来れば1度でクリアしたいのょね……トリガー集めが面倒だからw なので脳内作戦会議は連日連夜開かれているのデシが……最後はゴリ押しで行っちゃうような気も……w
 
 てか、アレキって75制限なの? そもそも、そこから判ってないボク……。そんな縛りがあるなら、アレキは青で参加した方が良いのかな? ボクの場合……。
 制限時間15分という短期決戦モードなので、PT構成上、前衛が多い方が良いような感じがしてます。
 
 攻略系HP見ても、両手武器の前衛が多い方が良い……ともあり、今ンとこ希望者のジョブ状況から、ボクは前衛で行くべきだろうな……と言う結論に。
 取り敢えず……てか、唯一? 15日の対戦日までに、何とかなりそうなのは『戦士73』くらい……なので、急遽、戦士に着替えて白門に。
 
 アビセアに紛れ込めたら、1日で5つや6つ、レベル上げられるので……と甘い期待で行ったのデシが……前衛は最低でも75必須……。
 自分でオートリーダー発動するか……と、サーチしてもジョブが偏ってて、チョイと微妙な感じ……。なので仕方がないから、参加希望だけ出して、テリガンでFOVする事に。
 
 フェローさん呼んで、地道にコツコツが一番の近道だな……と、ウサギとトカゲを叩いてましたら、ラディールさんのMP切れを待ってたかのように、スケルトンが……。
 トカゲを何とか倒し、骨の相手する頃にはボクのHPは真っ赤っか……ところが、連戦しようと戦う向きを調整してたにも拘わらず…………。
 
 『そのコマンドは、時間を置いてもう一度試してください』……のログが出続け、一発も殴る事無く骨に倒されるボク……。
 『稼ぎに来たんだか、吐き出しに来たんだか……』とボヤキながらOPで回復してますと、生体感知の骨は、執拗なまでに襲ってきまして…………。
 
 ボクも完全にキレまして……でも、冷静さは忘れず、ラディールさんを呼び戻し、HP200弱でバトル開始。
 衰弱中という事で、通常攻撃もWSもかなり精彩を欠いてましたが、ラディールさんの懸命なケアルに助けられて、何とか撃破しましたょ。
 
 それからは、ラディールさんの『もう魔力がないよぉ……』の声に、素直に耳を傾け、休憩を多めに挟みつつ、FOVしました。
 2回目のFOV受けた直後に、幸運にもレベラゲに誘われ、午後10時過ぎという、少し遅めの時間から、カダーバの浮き沼でインプ退治に♪
 
 インプの【アビ禁止何タラ】に手を焼きながら、@7000程だった74に無事到達♪ さぁ、保険を……と思った矢先に、メインヒーラーの赤さんが寝落ち……w
 あぁ、言い忘れてましたが、この日の構成はシフ・ナイト・侍・青・戦・赤。その赤さんがリアルスリプルⅡの間に、ナイトさん、続いて青さんが倒れ……。
 
 【挑発】入れて、タゲを分散させようにも、ずっとアビ禁止状態ではねぇ……挑発どころか、WSも撃てやしない…………。
 生き残ったメンバーの残りHPが2割を切る頃、ようやくアビが使えるようになり、WSの連発で辛うじてインプは撃破しましたが、その日はそこまでとなりました。
 
 何度か効果音を鳴らして、赤さんのスリプルを解除出来ないかと思ったのデシが……ナイトメア並みの強烈さで……w
 ボクとしましては、ギリギリ74になれたし、アニバーサリリングの専心も切れたし、戦士復活初日の出来としては及第点かと……w
 
 これからは、なるべく早く75にして、アビセアで一気に85近くまで上げたいのデシが……間に合うかな……いあ、間に合え!
 の前に、ミシックWSもやらんとイカンか……ま、これはコッソリ武器を持ち込んで……アビセア中にでも……w

| | コメント (0)

2010年10月 5日 (火)

タイタン杖の旅は……。

 ばんは~~ちゃびデシ。昨夜から、リ・テロア地方のボヤーダ樹に住み込んでるっぽいちゃびさんデシw タイタン杖の第3段階(no.860)デシて。
 曜日や天気には左右されないものの、プラントイド類を、50以上の土ダメ〆だそうで……150匹ほど。
 
 この『50以上の土属性ダメージ』というのが曲者デシて……。手っ取り早いのは、全部タイタンに任せちゃう……ってぇのデシが……そうするとMPがねぇ。
 最初はフェンリル君にギリギリまで削ってもらって、ボクのストーン2でトドメを刺していたのデシが、如何せん効率が悪く……てか、ストーン2が……。
 
 サポ赤で行ってるので、属性魔法は全種類撃てるのデシが、威力にムラが有りすぎて……ちなみにストーン2は、与ダメ19~180位を行ったり来たり……主に低い方をw
 MPの消費を惜しんでストーン2(=MP43)撃ってるのに、3~4回撃たないと倒せないんだもん……素直にタイタンの履行技でトドメを刺した方がマシ……。
 
 てか、トドメを刺しきれない時に、ストーン2撃っても19とかだから……ストレス溜まりまくりw
 更に、謎の仕様でカウントされなかったりもして……履行技の準備中にも殴ったりしてね、どうやらそれで倒したと判定されると…………。
 
 
 タイタンはキノコにストーンⅣを唱えた……。
 キノコの攻撃、タイタンにミス
 キノコ以下同文……w
 タイタンの攻撃、キノコに130のダメージを与えた
 タイタンのストーンⅣ、キノコに680のダメージを与えた
 
 タイタンはキノコを倒した……。

 
 
 これで、普通ならストーン(土属性ダメ)でトドメを刺した……って思うぢゃない? でも、その上の【普通殴り】でトドメを刺したと判断されちゃって…………。
 昨夜は32匹倒した……とカウントされましたが、総数で言うと40匹ほど倒してます……ま、大半は持ち替え忘れだったり、タイミングが遅かったりなのだけどw
 
 単純に『タイタンでトドメ』の方が、まだ遥かにマシだな……と、思っているのデシが…………まぁ、どっちにせよ、PT組んで乱獲……とは行きにくいのデシが……。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月 4日 (月)

『月のジェイド』をもらっちゃったょ?w

 ばんは~~ちゃびデシ。メイジャンの試練に明け暮れる今日この頃のFF……天候待ちは退屈デシが、一度に5匹分減るかと思うと、そう無下にも出来ず……w
 取り敢えず、光属性コースを@3本、それで第1段階が全て終了……てか、いよいよ無間地獄の始まり……みたいなw
 
 ま、メイジャンはそんな感じなのデシが、その合間を縫って、ナイズルやらにも顔出してます……絡められるなら、メイジャン絡めてw
 『モンスターの殲滅』が有れば、これ幸いに……且つコッソリw……テイウァッツを装備し、タイタン杖の第1段階クリア♪ ついでに? デナリん装備もコンプリート♪
 
 
 そして先週の土曜日は、アビセアにお出かけ……以前取ったトリガーで巨人NMを呼び出し、それを退治する旅に……。
 アビセアの巨人NM退治は……最初は参加するかどうか、極めて微妙だったのデシが……えぇ、メイジャンに追われてて……。
 
 ただ、召喚士が多いと有利……とか言われると、ムクムクと『その気』が……w 普通のPT……に限らず、滅多に必要とされませんからねぇ…………。
 迷いながらも過去パシュハウで、リヴァイアさん杖コースをしてましたら、迷いを断ち切るような雨が降り出し……スーパーチャージャー&ターボモード発動。
 
 水曜日に雨が降りますと、一度に6匹分カウントされまして……@40ほどだったノルマが、あれよあれよと言う間に終了し……♪
 非常に気分がハイになったボクのソウルサイドが、『ジュノで次の試練受けてからなら……』と、参加の意思表示などをw
 
 そのアビセアでは、ラスボスを引っ張り出すために、靴下とか猿股とか使ってセミラスNMを呼び出し、トリガー集め。
 滞在出来る時間に制限があり、どんだけトリガーが集まったか謎デシがw 適当なところで切り上げ、いよいよラスボス戦。
 
 流石にラスボスなだけあって、かなりの強敵。『絶対防御』は無いけれど、タイタンのダメージカットの新技を使うべく、前衛組に回されたボクデシたが……。
 バトルが始まると、ポジション取りの関係で、履行範囲から外れる人も多く……てか、タイタン君は気ままにNM目掛けて近付いていくので……。
 
 んでも、タイタン君の『大地の鎧』でも、あまり効果がなかったような…………死人がバタバタ出てましたしぃ……。
 てか、被ダメが大きすぎますた……ょね?w でも、ま、勝てたし……最終的には……それでOKって事で……?
 
 ちなみに、このラスボスNMを倒してもらえる何じゃらヘルム? それを50個集めないと、武器が鍛えられない試練もあるので……大変ね……。
 ま、今のトコ、他人事モードなボクw えぇ、もらっても倉庫を圧迫するだけなので……スタック出来ないのがなぁ……早々にパスしましたw
 
 ボク的には、思いがけず『月のジェイド』がもらえた事で十分……何が目的かも判らず、適当に調子合わせて知ったかぶりし、後で内心『ほえぇ~~』と感心するのが、ボクの真髄w
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月 2日 (土)

ウルト○マンになっちゃった……02

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中、不自然に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
エピソード ① 惑星ギガントからの旅立ち

 無責任に広……もとい、無限に広がる大宇宙。
 生まれたばかりの星もあれば、今まさに終焉の時を迎えようとする星もある。
 その無数の星の中を……たぶん、ああ行って、こう来て、そう曲がった辺りに浮かぶ銀河にある、惑星ギガント。
 直径が惑星チキューの五十倍を優に超える、その巨大な星は、『全宇宙何でも目録 約十三兆八千億年度版』の中で、『特集、超巨大惑星ベスト一億』にも選ばれている惑星だった。
 そのため、付近を航行する宇宙船舶や銀河鉄道、はたまた、星間タクシー等からは、
「この先の惑星ギガントを、右斜め上に曲がって……。」
 のように、格好の目標(めじるし)にされていた……。

 惑星ギガントの表面は、常に薄い被膜のような雲に覆われていて、この銀河での太陽に当たる、恒星トプカンスからの強い陽射しを防いでいた。
 緑豊かな大地には、大木……と呼ぶには、遥かに巨大な樹木が、所狭しと生えていた。
 この星に住む人々は、古(いにしえ)より木々と共に生まれ、木々と共に育ち、やがて、木々の元に還る……と言われていた。

 そのギガント人の性質は……穏やかにして大らか、少し頑固な面はあったが争いは好まなかった。
 また、巨大種特有の包容力から、訪れる異星人達の受けも良く、その居心地の良さを評して『森林浴の星』とも呼ばれていた。

 その惑星ギガントが、今、未曾有の危機に見舞われていた……のだが、それはまた、別の話…………いやいや、そうぢゃなく!

 惑星ギガントには、巨大な樹木が立ち並ぶ、広大な森があった。
 それは見渡す限り、天を貫かんばかりに聳える(そびえる)巨大樹の森で、同じ種類の樹なのに一本一本形状が違っていた。
 直径十メートル、樹高百メートル以上ある巨木が、まるで測ったかのように規則正しく並んでいる様は、神々しさすら感じられた。

 ……いや、実は、ギガント人達の手で規則正しく植えられていたのだが……。

 ただ、今の森は、地面を抉る(wぐる)クレーターのような穴が大小、無数に開いていて、その周りの樹木は折れたり焼けたりしていた。

《倅(せがれ)よ、向こうはどんな具合だ?》
《父ちゃん、かなり酷いや……モリノさんとキバヤシさんが全焼してる……ハヤシさんやキザキさん達も、幹に亀裂が……。》

 父親の遥か頭上……もはや上空と言って良い高さから、子供の声が降ってきた……いや、声なき声と言った方が良いか。
 今、この親子がしている会話は、惑星チキューで言う【テレパシー】のようなものだ。 惑星ギガントは、その広大な面積に対し、総人口は十億人にも満たなかったので、昔からの通信手段として、このような能力を持っていた。
 一度(ひとたび)心のチャンネルを開けば、いつでも、どこにいても会話する事が出来た……もちろん、必要ない時はオフに出来るが、会った事もない人とは話せない。

 さて、この親子……子供と言っても、その身長は十メートル近くあり、年齢も百才は超えていた……。
 ただ、ギガント人の平均身長、寿命を鑑(かんが)みれば、まだまだ子供と呼べるサイズであり、年頃だった。
 ちなみに、少年の父親は働き盛りの六百才強。身長は……ギガント人にしては小柄で十八メートル程しかなかったが……。

《……そうか……気の毒に…………で、ピジェラィは無事か? そこから様子は分かるか?》
《えぇっと…………あ、ピーは大丈夫。モリさん達が葉を強装甲化して、覆い被さるように守ってくれてる……でも、キバさんは身代わりに……。》
《……ふむ、みんなして……ピジェラィを守って下さってるのか……ありがたい……。トゥルーファ、大体状況は掴めた、もう降りてきて良いぞ。》
《分かった……。》

 フシュッ! フシュッ! フシュッ!……

 断続的に、何かの噴射音が聞こえる……と思ったら、上空から大型のランドセル……のようなモノを背負った少年が降りてきた。
「……早いな……って、何だ、また新しい発明ごっこか?」
 辺りの惨状に、沈痛な面持ちをしていた父親は、一転して呆れ顔になった。
「いや……これは……物置にあったコンプレッサーを改造しただけだよ…………。」
「お前というヤツは……それくらい熱心に、学校の勉強もしてくれれば……。」
 少年はバツが悪そうに頬を掻いた。
 いつの時代も、どんな宇宙の、どんな異星人も、親子関係というのは、一定の類似性……というか共通性があるようだ……。
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

運動会、迫る……?

 ばんは~~ちゃびデシ。今の季節、今の時期、我が家の裏の小学校では、運動会の練習がいよいよヒートアップ。
 連日、先生と子供達が大騒音のな……もとい、大声援の中、練習に勤しんでいます。毎年の事ながら、ケガ無く盛況に開催されれば……と願っています。
 
 そんな練習風景の『オヤクソク』というのかな……? 先生の『○○の用意……』の後の子供達の『やー!』とか『おー!』&『声が小さい! もう一度!』『やーー!!』
 毎年毎年、毎回毎回、聞かされてるこっちが、いい加減飽きたり学んだりしても良かろうに……と思うほど、同じ事を繰り返してますなw
 
 
 
 
それが運動会の日常なのかな……?w
 
 
 
 
 ま、絶望的に運動音痴なボクのソウルサイドからすれば、何が楽しくて運動会なんかするんだろ?……って感じなのではありますがw
 子供の頃は、それはもう憂鬱で憂鬱で、毎日『雨降れ~!』と祈ってましたょ……? いあ、雨だと順延だから、『天変地異来い~~!』だったかな……?w
 
 ま、そんな一部の虚弱児達の願いも空しく、ほとんどの場合、運動会はつつがなく開催されるのデシがw
 そして、毎年、人生を諦めきったような顔で参加する、幼き日の、ボクのソウルサイドがいるのデシが……w
 
 
 それにしても、今時の小学校の運動会なのに、使うBGMは『忍者ハットリ君』だったり、『Drスランプ』だったり『タッチ』だったりするのな……。
 ボクのソウルサイドが『懐かしいナァ……』と思うくらいデシから、今の子供達はもちろん生まれてないだろうし、先生の中にも……w
 
 
 
 

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »