« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の記事

2011年2月28日 (月)

メイジャン、再起動……。

 ばんは~~ちゃびデシ。先日、ひょんな事から買ったブックカバー(『瓢箪から……』参照w)なのデシが、単行本用のが1袋、使い終えました。
 お世辞にも清潔とは言えない……むしろ、不潔と言っても過言ではない自室の本棚に、埃まみれで放置されてた本なので、1冊1冊綺麗にしてからカバーしてます……。
 
 別に依怙贔屓するつもりはないのデシが、カバーを掛ける優先順位が付いてるような気が汁今日この頃……いかがお過ごしデシょうか?
 どのマンガもボクが選んで買った、大切な宝物なのデシが……。どれも油断してページをめくると、最後まで一気に読み進めてしまいそうなマンガばかりなのデシが……。
 
 ま、現在続刊中のマンガは無理も無いかな……とは思いますの。読者としては嬉しいけど、コレクターとしてはレイアウトを考えねばなりませんからねぇ?
 『こち亀』なんかは一番最後になる模様…………市販の文庫本ラックって、1段に37冊くらい入って、それが4段で150冊前後収納……てのが普通サイズぢゃない?
 
 
 
 
もはやラック1台では収まり切らないのょね……こち亀……。
 
 
 
 
 『ドカベン』だって、高校編、プロ野球編、スーパースターズ編……と入れると150冊近くなってくるし……嬉しい悲鳴というか、何というか……。
 コレクター的には1タイトル37巻で完結してくれたら、レイアウトしやすくって歓迎するのデシが……w
 
 
 
 それはさておき、メイジャンの試練を再開しました。テリガンで一段落して、気付いたら勲章の期限が迫ってて……カンパニエるために過去に渡ってたの。
 先週はサンドエリアが全部獣人に支配されてて、同国内まで獣人が攻め入り……な展開デシた。それだけ侵略される……って事は、人がいない……って事で。
 
 ボク、結構ガンガリました。召喚士でも90になれば、オークの戦闘機械ともタイマン張れる事を、身をもって証明しましたw
 
 
 
 
ま、逆立ちしても倒せはしませんが……w
 
 
 
 
 フェンリル君を鉄砲玉にすれば、足止めは出来ましたょ? 戦闘機械は移動が遅いので、距離を置けば、フェンリル君の再召喚も安全に行えますし。
 なので、雑魚モンスタを他の人達が倒している間、施設に被害が出ないようにボクが一人でガンガリました。
 
 
 
 
てか、雑魚モンスタがどこにいるか分かんなかったので……それで仕方なく……。
 
 
 
 
 フェンリル君の履行技に、味方の命中率と回避率を上げるものと、敵の命中率と回避率を下げるものがありまして……それを時間毎に交互に使うと、そこそこ戦えました。
 維持費の問題も、『ヤマの杖+2』と『神獣の加護』で、サポ白で臨んでも2ずつ回復してましたょ?
 
 
 で、そんな感じでせっせとポイントを稼ぎ、勲章剥奪から現状維持に持ち直したので、メイジャンを再開する事にしました。
 まずは過去パシュハウでリーチ叩きデシ。シヴァさんが例によってコストパフォーマンス抜群のダブルスラップで、ガンガってくれてますw
 
 リーチのように、直接攻撃25%カットのモンスタには、特にコストパフォーマンスの良さが際立ちますょ?
 70履行技の『ラッシュ』は言うに及ばず、メリポ技の『ヘヴンリーストライク』とも肩を並べてますゎ……ここまで来ると、喜んで良いのやら、嘆くべきなのやら……w
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月27日 (日)

『あの頃のように』……久々に聞いたら……。

 ばんは~~ちゃびデシ。『江』と書いて『のだめ』と読む……みたいな。今回の大河ドラマの印象デシが…………なにか?
 歴史を厳格に繙け(ひもとけ)ば、今の江は、まだティーンにも届かないお年頃だそうで……その表現は強ち(あながち)間違ってはいないようにも感じますが……。
 
 でも、一度『のだめ』に見えてしまうと、次女との息のあった掛け合いも、やたらと説得力が出る訳で……もはや、ボクの中で『二の姫様』は『清良』に変換されてますw
 ぢゃあ、『千秋先輩』は誰なんだ?……な展開になるのは無理も無い事で……w 歴史上、バツ2デシたょね? 江姫? なら、3人のお婿さんに期待したい……w
 
 
 さて、ニコ動だけでなく、YouTubeまで手を伸ばしてる今日この頃……えぇ、無駄にBGVだけが増えてますょ……その努力、何故、書く方に向かないっっ自分っっっっsign02
 ま、準備は万端整える主義デシて……何の準備なんだか……気付けば丸2日再生し続けられる分くらい貯まりましたなぁ……。
 
 曲を選ぶ基準は、中の人の琴線を揺さぶる曲……なので、必然的に昭和の曲が多くなりましょうか……中身おっさんだからw
 こんなおっさんでもなぁ、思い出の詰まった曲の20や30…………あるのかな? あるょな、きっと……思い出せないだけだょな……? な?
 
 それはさておき、みなさんは『あの頃のように』という曲をご存知デシ? たぶん、20年くらい前のドラマの主題歌だったのデシが……。
 題名は『それでも家を買いました』だったかな? 水曜か木曜の夜の……でも、あらすじや、登場人物は全く覚えてないのデシが……ただ、歌だけは何故か今も覚えてるのね。
 
 ちなみに、こんな曲=http://www.youtube.com/watch?v=kqOzKOHRiUI&feature=related
 
 この当時、父が余命3ヶ月と宣告され、市民病院への入院を余儀なくされまして、いきなり仕事から何から、全てのお鉢が回ってきまして。
 文字通り朝早くから夜中まで、馬車馬以上に働いても間に合わず……大学卒業したてで、満足に仕事をこなせなかったのね、まだ……。
 
 ただ、このペースで働き続けては、父より先に倒れてしまう……と思い、夜は12時まで、週に1日は9時までにして、無理にでも体を休める……と決めまして。
 その時、食い入るように見ていたのがこのドラマだった訳デシ……とにかく現実から逃避したくって、必死に見てた記憶はありますが……内容は全く入って来ませんデシたゎ。
 
 
 
 
 
 で、そんなこんなで、父が亡くなってから半年くらい過ぎた頃かな? ラジオ聞きながら仕事してますと、偶然この曲が流れてきましてね……気付いたら、涙が溢れてました。
 別に悲しみが込み上げたり、当時の記憶が蘇った訳ではなく、本当に感情の起伏もなく、ただ涙だけが後から後からこぼれ落ちました。
 
 その時初めて、あんなオヤジだったけど、死なれるとやっぱり悲しかったんだ……と判りました。認めたくはなかったんだけど……ね。
 結局、後にも先にも、この曲を聞いたのはこれが最後だったのデシが………………曲漁りをしている時、ふと、魔が差したのか、探してみよう……と。
 
 
 で、今になって聞いてみましたが……流石に20年以上経つと涙は流れてきませんデシたヮ……ホッとしたような、ガッカリしたような……。
 その流れ……と言うか、並びの中に、RUIの『月のしずく』がありまして……えぇ、『黄泉がえり』のテーマ曲だった……。
 
 映画の1シーンと共に流れてくる曲に、迂闊にも泣きそうに……『実の父の思い出よりも、作り物の映画で泣くか……』と、極悪非道な腹黒タルの面目躍如……?
 何か、妙な敗北感……悔しいから、こっちの曲は紹介してやんない。おまいら、聞きたければ、勝手に探して聞け……フンッッッだsign01
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月26日 (土)

ウルト○マンになっちゃった……22

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中、不自然に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 その間も三人組は、彼を威嚇するように、手に持った得物をカラカラ引き摺りながら、ゆっくり近寄る。
「金出せや、死にたくなかったらよぉ……。」
 古口はジリ……ジリ……後退りした。
 喉がヒリつくほど乾き、鼻の奥からツーンと焦臭い(きなくさい)ニオイが降りて来た。
 嫌な緊張感に全身を絡め取られ、胸が痛いくらい心拍数も上がってきた。
(本格的にヤバい。)
 そうは思っても、頭はクラクラして何も考えられず、遠くで潮騒が聞こえる……。
 それが耳鳴りだと気付いた時、いきなり鉄パイプのような物を振り回し、一人が古口に襲い掛かった。
 ブンッ! と音を立てて振り下ろされたのを、彼は仰け反る(のけぞる)ように後ろに飛び退き(のき)、間一髪で身を躱し(かわし)た。
 そして、そのまま逃げ出そうとした瞬間、彼は後ろから強い力で羽交い締めにされた……。
 古口は三人組だと思っていたが、実は四人いたようだ。
 前から躙り(にじり)寄る三人に気を取られ、背後に忍んでいた一人には気付かなかったのだ。
 そのまま古口は、引き摺られながらフェンスの奥、資材置き場の中に連れ込まれた。

(……コイツ等、手慣れ過ぎてる……。)
 そう思ったのも束の間、古口の腹に勢い良く鉄パイプがめり込み、彼は咽せるように胃液を吐き出した。
 激しい痛みに、体を『フ』の字に折り曲げ、地面にへたり込む古口。
 だが、後ろの男はそれを許さず、力任せに彼を引き起こす。
 そこをすかさず、チェーンを手に巻いた男が二発、三発と彼の顔を殴った。
 古口は鼻血がドクドク噴き出し、口の中も血の味と匂いで一杯になる。
 息も絶え絶えになり、何度も意識を失いそうになるが、気絶する事も許されず、やられ放題の古口。
 誰かに助けを求めようにも、こんな深夜の時間帯では、誰が通る訳もなく……。
 もっとも、最近この辺りではオヤジ狩りが頻発していて、周辺の住民達は夜間の外出を控えるようにしていたのだが……。

 暗闇の中、辺りに響くのは……聞くに堪えない、オヤジ狩りの連中の怒鳴り声と、ガスッ! ドガッ! と古口を痛めつける音。
 そして、それと共に零れる彼の呻き声……。
 単に物取りが目的ではなかったのか、古口の財布を奪った後も、連中は執拗に彼をいたぶり続けた。
 意識が遠退いたり、引き戻されたりする中、いつしか古口の中で、恐怖や絶望とは別の感情が込み上がってきた。
 それは理不尽な暴力に対する怒り、手向かい出来ない悔しさ、そして、何より【力】を渇望する激情……。
 【力】さえあれば、この暴力から逃げ出す事も出来ように……否、逆に連中をねじ伏せ、警察に突き出す事だって……。

 だが、現実は……地面に這い蹲る(はいつくばる)古口を、無理矢理抱き起こしては羽交い締めにし、殴る蹴るの繰り返し。
 また、その暴力のリズムを取るかのように、連中は口々に彼を罵倒していた。
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月25日 (金)

メイジャン小休止、アビセアで白上げて……。

 ばんは~~ちゃびデシ。赤上げない、青上げないで白上げて……いあ、◇\(・・)_ゲームぢゃないのだけれどw
 光の印石が15個集まったのでね……スーリヤの杖をバージョンアップしようかと思いまして、白のレベルを90に上げてみました。
 
 いわゆるケアル杖デシ。『+1』から『+2』になる変更点は、D値が+1、ケアル回復量が+2%……こう書くと微々たるものデシがw
 でも、鬼畜呼ばわりされながら、ピクシーを叩き続けたことを思えば、石15個で済むのは御の字だったりw 合計すれば+22%アップデシからねぇ、大きいょ?
 
 
 さてさて、例によって『相棒』終わりに、LSのアビセアツアーに飛び入りし、せっせと回復に努めてましたが……。
 AF狙いでクァールを叩いてたのデシが、相も変わらず出し渋りますなぁ……戦士の足装備を希望してるのデシが、出る気配がとんと無い……。
 
 以前、野良のアビセアツアーで、1度見た事はあるのデシが……その時はロット勝負に競り負けまして……ま、世間様が3桁勝負してるのに、ボクのは2桁仕様だから……。
 システム的に、何度バージョンアップしても、そこントコだけ直らない……てか、帳尻合わせに『虫の羽』とかに【900】とか出されても……って感じは汁。
 
 
 
 
一度くらい、小さいモン勝ちにしてくんないかな……?
 
 
 
 
 さて、最近は召喚士街道まっしぐら……と言うか、孤独にメイジャンをこなしてるだけって感が否めませんが……w
 いあ、何が言いたいか……と言うと、守護神の腕が錆びてきてるなぁ…………と。ポキポキの全盛期を思うと、ちょっと……。
 
 相手がクァールと言う事で、注意するのはマヒと沈黙なのデシが、アビセアのような乱獲戦ではタゲがコロコロ移って、中々大変だったりする。
 複数のクァールを同時に叩いてますしねぇ……結構真剣にガンガっても、後手後手に回ってる感じがしましたなぁ……。
 
 ただ、今更、野良PTで武者修行する……気もありませんが。 いあ、ここだけの話、それでもまだ、自分より凄い白さんには出会った事無いので……。
 てか、アビセアで比べようとするのが、そもそもの間違いかな……?w ヘイトやMP管理とかはアートマがやってくれるし……シビアな展開なんかならないし……。
 
 だからかな、今でも優秀だな……と思うのはR夫人くらいで…………それも引退しちゃってるからなぁ……寂しいけど、ボク最優秀w
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月24日 (木)

残る第4ステージは……。

 ばんは~~ちゃびデシ。暗い夜道を帰宅する途中、不意に犬に吠えられて、ビクッッとしてしまい、何とも言い様のない敗北感に嘖(さいな)まれる……ちゃびデシ……。
 あぁ、一発殴ってやりたい……それもグーで殴ってやりたい……人を驚かせておいて、おそらく【どや顔】してるであろう、どこかの家のその飼い犬を……。
 
 
 それはさておき、召喚杖のステージが着々と進んでいますょ? テリガンに籠もること約……どれくらい? 氷の第4と火の第5を終了させました♪
 風杖も……と思ってたのデシが、ここは人が多すぎるので、次の機会に持ち越す事にしました……ボヤーダ樹で、光杖の第4ステージをこなす時にでも。
 
 そう、お陰様で……もとい、ボクの努力の賜で、残る第4ステージは光杖だけになりました。パチパチ““““““\\(^^)
 ここまで来たら、後はオマケみたいなものデシ。少々モンスタの討伐数が増えたって、全っっっ然平気。手枷足枷が外れて、思う存分暴れられる……って感じw
 
 今回、第4と第5を同時進行したぢゃないデシか。だから、より深く実感出来てますょ? シヴァさんと比べ、イフリートさんの時のノビノビした戦い方……するボクw
 いあホント、杖を持ち替えずに戦えるって、これ程楽ちんだとは……想像はしてたけど、それ以上に楽デシた。
 
 杖を持ち替えない=TP持ち越せるから、スピリットテーカーも撃ち放題で、MP補給出来ますしねぇ……エレメントサイフォンは、時々危険だからw
 ま、自分からコカやラプの密集地帯に潜り込んでいるのデシから、文句は言えないのデシが……モンスタの目を盗んで、召喚獣を出し入れするのは心臓に悪い……w
 
 
 それはそうと、シヴァさんの『ダブルスラップ』デシが、これが案外強力デシたょ? ボクのマクロには、強弱2種類の履行技を入れてるのデシが……。
 『弱』は開幕に使って、モンスタのタゲを召喚獣に向けさせるために、『強』はトドメに使ってるのデシが……『ダブルスラップ』は『弱』のつもりだったのデシが。
 
 よくよく確認したら、レベル50、MPも96必要な履行技なのデシが、この与ダメがハンパぢゃない……ムラは結構あるのデシが、多い時は1200位も出ますw
 ボク的な設定では300前後出たら『御の字』デシから、嬉しい事は嬉しいのデシが、ボクのTPが50%も集まらないうちにバトルが終了して……MPジリ貧にw
 
 ちなみに、トドメ用の70履行の『ラッシュ』は、MP168消費して1500が精一杯だったかな? なので、試練の後半は、ツカミも落としも『ダブルスラップ』にw
 ひょっとしたら制作者側には、何かトラウマでもあるンぢゃないかな……『ダブルスラップ』を日本語に訳せば……往復ビンタ……。
 
 
 
 
そりゃ、強烈かも……公衆の面前で女子に往復ビンタ喰らったら……w
 
 
 
 
喫茶店で、泣いた女子からコップの水をかけられるのと、どっちが被ダメ大きいかな……?
 
 
 
 
ま、どっちも縁は無かったけど……てか、そもそも女子に…………。
 
 
 
 
あれ? 何で最後はいつも、こんなに心が痛くなるんだろ………………○rz
 
 
 
 
 そうだ、こんな時はこの歌聞いて、心穏やかに生きて…………行けるのか? と言う動画? http://www.youtube.com/watch?v=tGbclQY65kI&feature=more_related
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月23日 (水)

今度の新型機は……。

 ばんは~~ちゃびデシ。上野動物園にパンダがやって来るそうで……文字通りの『客寄せパンダ』になりますンかいな……?
 『江戸っ子』って言うのは、【粋(いき)】や【鯔背(いなせ)】を大事にする……と聞いていたのデシが……これって、どう見ても【野暮】としか言いようが無いンだけど?
 
 なんか、これまで頑張って集客してきた、他の動物達が不憫でねぇ……自分達の無策・無能振りを棚上げして、パンダ頼みで客を集めようとする様は、浅ましいとしか……。
 ボク的には、たとえパンダがやって来ても、上野よりは旭山動物園に断然行きたいデシね。動物と真摯に向き合ってる態度は、尊敬に値します。
 
 
 さて、【であごすちーに計画】での最大のウィークポイントは、初期不良が分かんない事……それさえなければ、ポツポツ集まるパーツに、胸躍らせていられるのデシが。
 だからと言って、その都度メイン機に取り付けて、動作確認するのも何だかなぁ……なのデシょ……。それだったら、最初から全部揃えてやりますょ……いあ、無理だけど……無理でも。
 
 今は全てのパーツが順調に動く事をひたすら祈り、私の挨拶に代えさせて……本題に入る前に終わってどうする、自分っっっっsign02
 ま、確認しようにも、まだ手元にあるパーツはビデオカードと、メモリと、スピーカーの3品。スピーカーはインフラ整備しないと置けない状況なので…………。
 
 そう、今回は完全に一から作り上げるつもりデシて……自作のブランクが長い分、走り出したら止まらない……もう、蟲笛程度では止まりませんょ…………誰が王蟲やねん……?
 だから、PCの中身だけでなく、ケースからモニタからスピーカーまで、全てを一新するつもりデシ……生涯原液を目指して……って、どんだけ濃いねんっっっっsign02
 
 それに、考えてみたらスピーカーは一番最初に作った時から、一度も買い換えたりしてませんから……もう二十数年使ってますょ?
 初号機を作った当時のコンセプトは、『DVDをサラウンドで楽しめるPC』……て事で、クリエイティブ社の5.1chスピーカーを買って、現在に至ってます。
 
 今ントコ、ちゃんと音は出てますが、最近、中々電源オフが出来ません……。PCのシャットダウンと同時に電源を切るのデシが、切れるまで1分くらい掛かる模様……。
 
 
 
 
ガンガレ、中の小人達っっ!
 
 
 
 
 電源オンは瞬時に出来るので気になりませんが、これが逆になると……とか思うと、そろそろ寿命と見た方が無難かな……と。
 
 で、新しいスピーカーはパイオニア製のHTP-323。ホームシアターサラウンドには賛否両論がありますが、ボクのはデスクトップシアターなので、問題無しw
 ただ、スピーカーに2万も出して……とは思い、今使ってる分の値段を調べたら、物置の空箱には3万6千8百円の値札が……。
 
 『3千? 安いな……えっ? 3万も出してたのかっっっ?』てのが、現在の心境デシw 当時も予算分配では悩まされましたからねぇ……。
 だから、せいぜい1万円くらいのモノだとばかり……でも、あの当時は、何でもこれくらいしてたのかなぁ……ねぇ?
 
 
 もっとも、スピーカーは欲を出したらキリがありませんからねぇ……いま、自室に置いてる大きいスピーカーも、本当はもう一ランク上のが欲しかったのデシが……。
 それになると、一本10万超えたので、この『S-77 TWIN SD(パイオニア製)』にしたのデシが……今は心底こっちで良かったと思ってますょ? 負け惜しみではなく……。
 
 
 
 
今日現在、一人で持ち運び出来る、ギリギリの重さだから……w
 
 
 
 
 10万超えるヤツは、確か1本50キロオーバーだったような……。と言う事は、このスピーカーは予算と体力の妥協で選んだのか…………?
 あの当時の消極的選択が、今になって生きてこようとは……人生って分からないものデシねぇ……って、大袈裟な。
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月22日 (火)

前略、テリガンにて……。

 ばんは~~ちゃびデシ。テリガンは相変わらずのワンダーランドw 息つく暇もあらばこそ……な連戦連戦に、危機一杯な展開の連続デシ。
 3本分の課題を抱えて乗り込んだのデシが、専ら火と氷杖の試練をこなしてます。FOVの課題がドンピシャで重なるのと、風杖のウサギは、棲息エリアがズレてるので……。
 
 ウサギエリアに移動する時間を考えると……てか、移動する間もあらばこそ…なポップ具合なので……。よくぞMP保ってくれたょ…な展開が毎回……みたいな。
 それよりなにより、課題の杖の持ち替えに四苦八苦してますょ、いやはや何とも……。ラプトゥルもコカトリスもアクティブなので、ボクの事情にお構いなく襲ってきますのね……。
 
 
 
 
こりゃ、絶対に持ち替え失敗でノーカウント……てのが増えそうだ……。
 
 
 
 
 てか、召喚獣を入れ替えてたら、まず、倒されちゃうな……でも、タダで転ぶのもシャクだ……何か打つ手はないものか……と、無い知恵をカラカラになるまで絞りまして。
 まず、タゲを全部召喚獣に向くように調整して、対象外のモンスタを眠らせ、その隙に対象のモンスタを対象の召喚獣で倒す。
 もし眠らなかったら……ブリスト&アクアベールで準備万全しに、一か八かの帰還&再召喚。まだまだ上げ放題デシが、こう見えて召喚スキルは300超えてるので、何とかセーフw
 
 そうそう、どういうシステムかは判りませんが、テイウァッツを2種類カバンに入れていても、マクロで指定すると、同じテイウァッツしか装備しないのね?
 今回……てか今ントコ、シヴァさん用のテイウァッツにしか反応しないので、それが判ってからは、持ち替えの手間がグンと減りました。
 
 最初の頃は、サッチェルに入れてて、必要な時だけカバンに移し、それから装備……みたいにしてたので……文字通りの意味で、死ぬほど忙しかったデシ……w
 こうして、否応なく2本の杖を同時進行してますと、やっぱし上のステージの試練は楽なのね? イフリートさんの時は、最後まで持ち替えなくて良いので、精神的にも手間的にも楽デシ。
 
 なので、美味しいモノは最後まで残し、腐らす……ん?……主義のボク的に、今はシヴァさんコースを優先に進めてますが……氷杖@58匹、火杖@104匹……結構接戦してますなぁw
 まぁ、ラプにもコカにも万遍なく襲われてますので……えぇ、ボクが選んで戦うと言うよりはむしろ、掛かる火の粉を振り払ってる感じ……。
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月21日 (月)

自作……します!

 ばんは~~ちゃびデシ。完全に地デジに移行するまで、もう半年切っちゃってるのね? 世間では……?
 我が家は未だに、ブラウン管TV&S-VHSビデオがガンガッてるのデシが……。画面の上下には、アナログ終了までのカウントダウンが、ひっきりなしに表示されてます。
 
 
 
 
正直、ウザイ。
 
 
 
 
 それは判っていて、そして受け入れてて、敢えて放置しているンだから、その時が来るまでアンタ達も放って置いて欲しいもんデシ……。
 別に映らなくなったからって、クレーム付ける気無いし……。それでなくてもメイン機の調子が下降気味なのに、液晶HDTVだの、ブルーレイレコーダーだの、買ってられないっっっての。
 
 で、ふと思ったの。地デジのキャプチャカード買って、今度作る新型機に搭載したら、それで全て解決しない?……って。
 
 
 
 
てか、まるっと解決しますやんw 
 
 
 
 
 2万円も出せば、ダブルチューナー搭載のカード買えるし……もちろん、地デジデシょ?……今更アナログのダブルチューナー付けても……てか、新型機が完成する頃には、もう……w
 で、そのカード付属のソフトを使えば、タイマー予約だの、DVD&ブルーレイ録画だのに対応してくれますしねぇ……保存用のHDDにしたって、7000円出せば2TBのが買えますし♪
 
 今時、2TBのHDD搭載のブルーレイレコーダーが7000円で買えます? PCだとそれが可能なのデシ。ま、ボクの場合は専ら特撮モノで埋まる訳デシが。
 考え方をそう変えると、少し気が楽になってきまして……えぇ、PCも作らなきゃなんない、TVやレコーダーも買わなきゃ……でも、資金無いし……って、結構深刻な悩みだったりする。
 
 ただ、一気にパーツを買い揃えるのも『どうょ?』なので、【であごすちーに計画】は、そのまま活かす事に。
 
 
 
 
何しろPC作りで一番楽しいのは、パーツを吟味してる時デシから。
 
 
 
 
 あ~でもない、こ~でもない……と、悩みに悩んで厳選し、ネットで調べて、その日の日本最安の値段で買う……ってぇのが、ボク流の自作の醍醐味デシ。
 ま、基本はソフマップに注文するのデシけどね? ここぞとばかりにポイント使って。でも、それ以上に安い値段で売られていれば、迷いつつもそっちを選びます。
 
 

| | コメント (0)

2011年2月20日 (日)

テイウァッツ、テイウァッツ……。

 ばんは~~ちゃびデシ。日々メイジャンの試練をこなし、気付けば残す第4ステージは、氷と光の2本だけ……飽きもせず、懲りもせず、ガンガってますなぁ……自分。
 ま、下がりかけてたモチベーションは、今回のバージョンアップで少し持ち直し……もらえる経験値が増えたことに加え、スキルも上がりやすくなったので、ワクワク感がアップしましたw
 
 
 ま、それはさておき、シヴァさんとカー君を呼び出す以外は、テイウァッツを装備したままの方が、召喚獣の維持費軽減になるようになったのは良いのデシが……。
 今度は逆にそれが原因で、余分にモンスタを叩きそうな伊予柑が……。これから籠もるテリガン岬で……その次に行くボヤーダ樹で……。
 
 テリガンでは氷の第4ステージ、火の第5ステージ、風の第5ステージを行います。このうち、氷の課題:ラプトルと、火の課題:コカトリスは、FOVの課題とも重複するのね?
 だから、気を付けてテイウァッツを交換しないと……だけぢゃないな、対象のモンスタも気を付けないと……かなり間違えて叩きそうな……。
 
 ボストーニュでは、雷杖コースのつもりで、ラムウさんと屍犬を叩いちゃったので……『水杖と雷杖を同時に……』と決めたのは自分なので、恥ずかしくて今まで言えませんデシたが……。
 アレね……モンスタ倒して、どや顔してるのにカウントされないと、かなり狼狽えますなw 慌てて過去ログ読み返したり、装備したテイウァッツが間違ってなかったか調べたり……。
 
 それらが全部正しくて、その時初めて気付くのね、『ボクは一体、何の試練を……?』って。で、慌てて予定表を調べて『あぁ……』と。
 人知れず&性懲りもなく、同じ失敗を何度も繰り返すタルタル……ちゃびじろーと申します。どうぞお見知りおきを……。
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月19日 (土)

ウルト○マンになっちゃった……21

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中、不自然に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 この辺りはベッドタウンになっているせいか、あるいは、時間帯のせいか、人の流れは殆ど無かった。
 心なしか街灯も少なく感じられ、自販機の類も見当たらなかった。
 さっきから悩まされている喉の渇きに、古口はタクシーに乗らなかった事を少し後悔していた。
 かといって、既に駅まで半分ほどの距離を歩いていたので、今更乗る気にもなれず、空車で走り去るタクシーを見ては、恨めしげに睨む(にらむ)のだった。

    ☆    ★    ☆

 それは最初、誰に向かって何を言っているのか、まるで聞き取れない、ボソボソ呟くような声だった。
 高架下の資材置き場から流れて来る声に、古口は気にも留めず、通り過ぎようとした。
 だが、声の主達はバラバラ…と彼の前に回り込み、肩を怒らすように立ちはだかると、今度はハッキリ、
「オヤジィ、小遣いくれよぉ……。」
 中の一人がシンナー臭い息を吐きながら、声変わりして間もないようなガサ付く声で、古口に凄んで見せた。
 どうやら三人組らしい少年達が、一人で歩いて来た彼に狙いを定めたらしい……いわゆるオヤジ狩りだ。

「誰が親父だっっっっ!?」
 古口は過去のトラウマと経験則から、条件反射のように……でも、動揺は悟られまいとしながら、大きく響く声で一喝した。
 中学に上がった頃から、既に彼の老け顔は完熟の域にあり、私服で市場にお使いに行くと、『お父さん、今日はこれが安いよ……』等と声を掛けられる始末。
 美上達と遊びに出掛けても、同級生とは見られず、いつも保護者扱いされ……なんだ? 書くだに募る、この哀切な思いは……。
 そして、笑顔でいると『気味が悪い』、真顔でいると『機嫌悪い?』と友人達から恐れられる強面(こわもて)は、小心者で腕っ節も弱い彼を、無敵の番長にのし上げた……。
 もっとも、ただひたすら相手を睨み続け、向こうが怯むのを待つだけ……という、限りなく消極的な戦法で……だったが。
 それに、自分から決して手を出さなかった事で、相手が『何か武道でも……?』と勝手に誤解し、結果的に丸く収まっただけなのだが……。

 なので先程、暗闇の中、更に凶相に磨きのかかった古口を、表情一つ変えず、診察室まで案内した事務員は、余程肝が据わった大物……と言えよう。

 そんな古口だったから、普段なら最初の一声で、相手は怯んで退散してくれる筈だったのだが……。
 今夜は状況が悪かった……この高架下は暗過ぎた。
 お互いの顔が暗闇に紛れ、よく見えなかったのだ。
 駅前で信号待ちをするよりは……と、予め道路を横切り、街灯が少ない高架側のフェンス沿いを歩いたのが凶と出たようだ。
(せめて満月だったら……。)
 と、残念そうに三日月を見上げる古口だった。
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月18日 (金)

ヤマの杖+2は…………。

 ばんは~~ちゃびデシ。召喚士のレベルを90に上げて、一番先にしたのはフェンリル用の杖のバージョンアップデシた。
 今回は『闇の印石』というアイテムを15個用意して、それを闇杖を装備したままトレードしたら試練完了……実に呆気ないというか、簡単デシた。
 
 これで『ヤマの杖+1』が『+2』になりまして……維持費減はそのままなんだけど、履行技の間隔が-10になりまして……つまり、今まで1分に1回だったのが、50秒に1回に。
 それが、一体全体どれほどのものか……と、LSのアビセアツアーに紛れ込んで実験してみましたが………………あまり体感出来ず……。
 
 LSの召喚士さんと比べてみても……比べようにも、ケアルしたり何したりと、お互い忙しく……それどころぢゃありませなんだヮ…………。
 ぶっちゃけ、『こんなに凄いんだぞ~~!』と自慢したかったのデシが、本人に実感湧かないのに、他人に自慢出来る訳もなく……断念。
 
 
 
 
こんなだったら、引き続き維持費を下げてくれた方が……と思った次第。
 
 
 
 
 もっとも、90に上がってから、それまでよりも召喚獣の維持がし易くなってるので……。『オートリフレ』のアビが強化されて+2になり、神獣の加護とリフレを欠かさないと、±0で行けますの。
 最初、何かのバグか……とドキドキしてましたが、調べてみてホッとしましたw これで微妙に試練が進めやすくなりました……ヵ?
 
 
 さて、火杖の甲虫退治が、殊の外楽勝モードだったので(但し、モンスタがいれば……の話デシが。)今取り組んでる雷杖のリーチには、当初、かなり違和感を覚えましたょ……。
 もっとも、これが本当の召喚士の戦い方だ……と自覚してからは、高望みする事もなく、コツコツ地味に、地道にカウントしていますょ……。
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月17日 (木)

バージョンアップが行われましたょ?

 ばんは~~ちゃびデシ。バージョンアップデシ。今回のは小規模で、レベル上限も90のままデシが、ボク的に嬉しい変更点が2点ほどありました。
 一つは経験値。昨日まで要塞のカブトを倒しても12~6程の経験値しかもらえなかったのが、アップ後は26~入るようになりました♪ コレは何気に嬉しいw
 
Photo  んで、次がマクロ。これまで1行必要だった【/wait=時間待ち】マクロが、その行の最後に組み込めるようになった事。
 これで今まで実質3行しか使えなかった連続行動が、6行全部使えるように♪ 早速……とばかりに、カブトの湧き待ちの時間を使って、今はせっせとマクロを書き換えてます。
 
 これで、あの名作マクロも……初めて見た人には絶賛され、何度も見せるとウザイと敬遠される……ボクのレイズ三部作も磨きがかけられる!……とは行かず…………。
 文章が長すぎましてねぇ……すでにコマンド一杯一杯だったりw このブログにも、かなり以前、載せた事があるのデシが……実写版公開記念に、も一度載せとく?
 
 レイズⅠ
 
/ma レイズ <t>
/p <t>「おっつぁんよぉ、真っ白に燃え尽きちまったぜ……」
/wait 2
/p 「<t>~、情け無ぇ事言うんじゃねぇ、立て、立つんだ<t>~」
 
 レイズⅡ
 
/ma レイズⅡ <t>
/p <t>「おっつぁんよぉ、今度こそ、真っ白に…以下略だぜ……」
/wait 2
/p 「<t>~、何度も情け無ぇ事…中略…立て、立つんだ<t>~」
 
 レイズⅢ
 
/ma レイズⅢ <t>
/p <t>「おっつぁんよぉ、もう泣き言は無しだ。やってやるぜ!」
/wait 2
/p 「<t>~もう十分だ……ゆっくり安め<t>~~」<wait 2>
/p <t>「………………ヲイ! 早く起こせっっ!!」
 
 以上、ちゃび式レイズ三部作『あしたのジョー編』デシた。なお、見てもらって判るように、バージョンアップの恩恵は、殆ど受けてません……w
 1行の制限字数を目一杯使ってますので……w 若かったなぁ……あの頃…………今なら、きっと………………こんなマクロ作んない
 
 ちなみに、コピー&アレンジフリーなので、使いたい……と思った人は、ご自由にw って、今作らないようなマクロを人に勧めるボクって……。
 ところで、サポではレイズⅠ、白メインではレイズⅢと言う風に、魔法が限定されてるせいか、レイズⅡはボク的に、極めてエクレア化している事を付け加えておく。
 
 
 
 
…………だから?
 
 
 
 
いえ、その……スンマセン…………。 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月16日 (水)

あぁ、バレンタイン……。

 ばんは~~ちゃびデシ。男に生まれて幾星霜……この世でもっとも縁の無いイベント、バレンタインが気付く間もなく通り過ぎて行きましたょ……?
 あ~ぁ~だけど、そんなボクぅ~でも、あの子らは……って、なんで今ココで『みなしごのバラード』を、歌うのか、自分ッッッッ!?
 
 もとい、我が麗しのハニーだけは、ちゃんと、しっかり覚えていてくれて……ジュノで行き違いになってしまい、直接手渡して……の、夢の展開にはなりませんデシたが、ありがたく……♪
 その時、『食べられないからねぇ~~w』と、せっかく…せっかく振ってくれたのに、舞い上がっていて、箸にも棒にもかからない台詞しか言えなかったボク…………○rz
 
 
 
 
ダイジョブ、歯は鍛えてますっっsign03
 
 
 
 
 と、今なら言えるのにっっ……せめて、それくらいはボケるべきだったのに……カバカバボクのカバ! 関西タルタルの風下にも置けないヘタレだな…………。
 で、ありがたく頂いた珠玉の品がコレだ……1、2、3! ま、確かに食べるには……蝶々は粉っぽそうだし、ホタルは噛んだらピリピリしそうだ……。
Tya110215104912a Tya110215105106b  
 
 
 
そこっっっ? ポイントそこっっっっsign02
 
 
 
 
 殺風景なボクの部屋が、これで少し華やかな雰囲気になりました♪ 思えば、部屋に置いてる家具の比率が、ハニーブランドのと無印のとで半々くらいになってる気が汁……♪
 華奢なお嬢さんに見えるのに、ハニーってば【匠の技】で大工仕事をこなし、ドンドコ家具を作ってくれてますょ? 隠れガテン系?
 
 ま、それは気付かない事にして……ん?……ホワイトデーに何を返そうか、今、この瞬間から悩んでおりますょ……お返しは『倍返し』とか『3倍返し』とか言うんデシょ?
 どうすっかなぁ……ここは一つ、裏メイン:漁師の腕を活かして、お魚が沢山詰まった生け簀でも作って贈りますか……九つほど?
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月15日 (火)

ここへ来て、火の杖が足踏み状態に……。

 ばんは~~ちゃびデシ。ちょこっとずつ飲んでいた牛乳が、最後になって【とろみ】が付いて来たのを、『丁度良いハンデだ……』と呟く中の人……。
 
 
 
 
おまいはダレと、何を張り合ってンだ……?
 
 
 
 
 えぇ、未だに謎なのデシが……てか、本人にも自覚はない様子……たまに妙な電波を受信して、無意識に喋ってたりするので、おそらくコレもそっち系かと……?
 
 
 さて、土曜日にLSの人達とアビセアに行って来まして……召喚士で。ここんトコ白で行ってたのデシが、このままだと白が先に90になっちゃいそうで……。
 えぇ、あくまでもメインジョブ召喚士なので。そこんトコ、ケジメは付けておかないと……と言う変な拘りがあるような、無いような……?
 
 ま、コッソリどす黒く隠された本音には、これからメイジャンでリーチを400匹ほど退治しなきゃならず、少しでも楽に倒せるよう、レベル差を活かした火力が必要……みたいな?
 で、手っ取り早く90に上げるには、アビセアは都合良いコンテンツ……と、強欲と狡猾に充ち満ちた心をひた隠し……所々、隠しきれず……ま、バレた時はバレた時……と。
 
 そんなアビセアでは、『とてもとても明るい光の癒し』が詰まった宝箱が、時折ドロップする事がありまして……HP、MP、TP&全アビが完全に復活するのね?
 それは2hアビまで復活するので、召喚士的に期待と注目の的になったりします。上手くオデンを呼び出せば、まとめてモンスタを殲滅出来るので。
 
 ただ、この判定がどうにも微妙で……攻略系HPなどの説明では、『前方範囲』となってるのデシが、そう簡単に複数倒せないのね……狙ってはみるのデシが。
 ボクの体験的イメージでは、一直線に並んだモンスタに向かって、最奥のモンスタをタゲってオデンを呼び出した時、まとめて倒しているような……。
 
 なお、この場合、途中から割り込むように入ってきたモンスタには効果が無いっぽい。詠唱中にポップしたり、リンクして入ってきたモンスタには無効デシた……。
 それと、癒しの箱デシが、全能力回復するのデシが、オデンのリキャだけは無効デシた……。箱が複数あって、オデン連発出来たら無茶苦茶になりますからねぇ……ま、仕方ないかと。
 
 そんなこんなでレベルを90に上げ、意気揚々と火杖をこなそうとしたのデシが……甲虫が中々いませんで……チト困ってます。
 気軽に行ける場所はガルレージュ要塞か、クロウラーの巣なのデシが、どちらもレベル上げのメッカデシからねぇ……人がいない時は良いけど、邪魔しちゃ悪いと思っちゃうボクがいる……。
 
 昨夜は要塞に籠もってたのデシが、レベルシンクのPTがやって来たので場所を巣に移し、いざ開始……と思ったら、黒さんが独占状態で……。
 行く前に確認したのデシがねぇ……向こうも泊まり込んでいたのかな? ただ、1匹ずつ狩ってくれれば良いものを、リンクさせてガ系で一気に殲滅するので……。
 
 今度会ったら一応PT誘ってみて、断られてなおかつ、その狩り方を続けるようなら、こっちもディアガ撃ってやります……。
 てか、改めて調べてみれば、巣には7匹ほどしか湧かないので……そっちの方で気持ちが萎えました……要塞の地下なら8か9匹湧くのでね。
 
 ま、どちらも16分置きにしかポップしないので、全然足りないのデシが……本域でケンカして、たった6匹を取り合いするのもなぁ……と、気持ちは要塞に戻ってます。
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月14日 (月)

水杖、第4ステージ終了。

 ばんは~~ちゃびデシ。そろそろアビセアの新エリアに行かなければ……と思いつつ、黙々とメイジャンに打ち込むちゃびデシ……。
 リヴァイアサンと共にボストーニュ監獄に籠もり、屍犬を倒す事200匹+α……ま、今回は納得……てか、自業自得の+αなのでw
 
 MP節約のために、一か八か、ギリギリのタイミングでスピリットテーカー撃ったら、それがトドメになっちゃって……てのが3匹ほど。後は持ち替えのタイミングがズレたのが1匹かな?
 狙った時は出ず、出てくれるな……と祈るタイミングで出るのがクリティカルヒットなのね? 何となく判ってきましたょ?
 
 ただ、まぁ、どこでキャンプしようか……と、始める前は随分悩んだ屍犬狩りデシたが、ボストーニュは大正解デシたヮ♪ 
 落とし穴から落ちて、ロンフォに出る方に向かうと、弱い屍犬が5匹、強い屍犬が6匹いて、それが1セット。ココを何度も往復してカウントを稼ぎました。
 
 もっとも、強いと言っても『楽-』……スピリットテーカー撃ってから召喚獣WSの設定で、MPは殆ど心配なしデシたょ?
 問題は、弱い方の屍犬。88だとスニ無しでも絡まれないので、それ以上のレベルで行くと『練習以下』になっちゃうかもね……。
 
 これで第4ステージも残すところ、@3本? 火と雷と氷か…………あ、光も残ってたw 光は後回しでも良いか……良いんだけれど……何か他の杖のと一緒にやるか……。
 光の第4ステージはマンドラゴラなのデシが、これは風の第6ステージと被るのね。んで、場所的にボヤーダ樹に行くだろうから、雷の第5のクモでも良いのか……ぢゃ、そっちでw
 
 てな感じで、ここに来て、場所や対象が重なってるのもチラホラあるので、出来れば一緒にやりたいかな。同じモンスタばかり叩いてると飽きてくるので。
 なので、今度こそ火の杖の第4を済ませて、テリガンで火の第5、氷の第4、風の第5を一気にしようかな……と考え中。
 
 もっとも、あまりごちゃ混ぜにすると、絶対に杖の持ち替えを間違うので……そこはそれ、全く別のコースを入れるのもアリかな……と。
 要するに……同じ場所で一気に仕上げたいけれど、性格がズボラなので確実に不毛な討伐数が増える……なので、分けた方が無難……と。
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月13日 (日)

苦渋の業務連絡…………?

 ばんは~~ちゃびデシ。予定を変更して、火杖よりも先に、水杖の第4ステージを片付けてるちゃびデシ。
 お陰様で、最近、知恵が付いてきまして……同一エリアで、複数の試練が同時進行出来ると判ると、そちらに目が行くようになりましてね。
 
 ボクの生まれ故郷、サンドリアの王宮地下にあるボストーニュ監獄には、リーチと屍犬がいると判り、それなら雷杖と水杖が同時に出来る……と、乗り込んだ訳デシ……が。
 水杖の課題、屍犬はアクティブなだけデシて……上手く立ち回れば安全に片付けられるのデシが、リーチはアクな上、リンクもしましてね……。
 
 しかも、ここのリーチは4~5匹まとまっていたので、早々に断念しました……リーチは直接攻撃が50%オフ…もとい、25%オフの商品なので……ん?……ボク的には2匹同時で手一杯なのね。
 なので、リーチは例によって過去のパシュハウに行く事にして、今はせっせと屍犬を叩いてます。10匹が1セットになって、近場に固まってるので、結構早く終わりそうデシ。
 
 
 さてさて、マンガにカバーを付けてますと、最近のマンガって、随分ロングランになってるなぁ……と実感します。
 昔は10巻も続けば『結構続いた方だな……』と思ったものデシが、今は50、60当たり前……な印象を受けます……て、ボクが読んでるマンガだけ?
 
 で、長く続けば、それだけマンガが分散して仕舞われてるのが『ちゃび仕様』。歯抜けのように飛び飛びになってても、最後に本棚で綺麗に揃えば、えもいわれぬ快感が……。
 これぞ、正にコレクターの醍醐味、この快感のために、ワザと分散させてるというウワサも…………えぇ、『ど』の付く変態デシ。
 
 それはさておき、その『歯抜け』が中々埋まらないと、それはそれでストレスになります。何気なく……それでいて目は真剣に、自室を見渡して『ココ!』という所を探してはみるのデシが……。
 探すのを止めた時、見付かる事もよくある事で……いあ、どこぞの歌のように、どっしり構えていられない小市民のボクは、それで随分損もしてるのデシが……。
 
 最近で言えば、デビルマンレディーの15~7巻。買いそびれたか……と、アマゾンで古本を注文し、コレクター的にも物語的にもキッチリ完結出来て、一安心していたのデシが……。
 つい先日、『静かなるドン』の並びに混じってましてねぇ……紙カバーだったので分かんなかっただな、これが……サイズが一緒だから、てっきり続きかと思って確認しなかったのね……。
 
 ま、古本だったので3冊で800円ほどの損で済みましたが……それでも痛いょね……8日分のおやつ代がパァーだもの……。
 ただ、事態はそれだけに留まらず……今度は名探偵コナンの64巻が見当たりませんょ? コイツは結構以前から把握してたのデシが。
 
 実家に置いてた時から……本屋の友人は、実家に配達に来てくれるのね……気になっていたのデシが、何かのついでに、自宅に持ち帰ってるに違いない……と、思ってたのデシ。
 ところが、自宅の……主に自室を大掃除した際にも出て来ず、『物置という名のマンガ館』にも運ばれておらず……行方不明? 配達忘れ? さて、どっち?
 
 ただ、63巻と65巻を読んでも、64巻が脳内補完されないので……恐らくは…………でも、確信が持てない自分がいたりする……ほんっっっっっと、片付けないからなぁ……。
 四角い部屋を丸く使うようなヤツデシからねぇ、中の人は……って、既に他人事モードかょ……。
 
 ちゅう事で、業務連絡、本屋の友人に告ぐ、次回の配達時に名探偵コナンの64巻をお願いしたい。
 後々になって、もしどこからか出て来ても、返品しないので安心して配達してくれたまい……ネタ切れの時のブログに書くけど…………。
 
 
 

| | コメント (2)

2011年2月12日 (土)

ウルト○マンになっちゃった……20

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中、不自然に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw

 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
「帰りは【非常口】の案内通り歩けばいいから、迷わずに済みそうだ……。」
 自分を勇気付けるように、ボソボソ呟きながら歩く古口だった……。
 四十を回った男が【暗所恐怖症(くらいよぉ~)】でもなかろう……しかも、友人が勤める病院だぞ……と、理性では判っていても、この暗闇は反則だと思った。
 だから、ワザと声に出して言ってみたのがいけなかった……闇に吸い込まれるようで、却って(かえって)不安感を煽る(あおる)事になった……。
 なので、受付のある玄関ロビーまで辿り着けた時には、心底ホッとした古口だった。

「……申し訳ありません、九時でお会計の処理が終了していますので、後日、ご自宅に請求書が郵送されます……。」
「はぁ……はい、判りました。どうもありがとうございました。」
 古口を診察室まで案内した事務員が、手慣れた感じで説明した。
 古口は適当に相槌を打ちながら、渡された書類にサインをし、それが終わると帰るように促された。
 事務員に頭を下げると、彼は踵(きびす)を返し、玄関に向かった。
 ムン……と、微かなモーター音の共に、自動ドアは静かに開き、彼は表に出た。
 知らず知らず、大きく深呼吸をしながら伸びをする。
 外の空気は病院の中より一、二度低く澄んでいて、心地良く古口の肺に染み渡った。
 彼が何気なく腕時計に目をやると、午後十一時まで後わずか……。
 『昔話に花を咲かせ過ぎたか……』等と独りごちながら、彼は歩き始めた。

 秋とはいえ、昼間はまだまだ残暑に悩まされる初秋の頃。
 頬を掠める夜風は、暑くも寒くもない、爽やかな涼風だった。
 古口は、秋の虫がソロリソロリ鳴き出した病院の敷地を通り抜け、街灯も乏しい道路に出た。
 そこを右に折れ、緩やかな下り坂を道なりに歩く。
 その途中にある信号を左に曲がると上り勾配に変わり、片側二車線の駅前道路に出た。
 この道路に沿うように、南側には地下鉄の高架橋が走っていて、北側にはマンション群が建ち並んでいた。
 古口が目指す地下鉄ミョウガミ駅は、この道路を十分ほど上った先にあった。
「……終電は確か……二十六分発だったか……まぁ、余裕だな……。」
 彼は再度時間を確かめると、三日月頼みの暗い夜道を、軽く息を弾ませながら駅へと急いだ。
 病院前の通りには、今の時間でも客待ちのタクシーが……恐らく仮眠を兼ねているのだろうが……何台か停まっていた。
 しかし、美上から『太った』と指摘され、古口は気紛れに歩く事にしたのだ。
 
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月11日 (金)

久々のペット話。

 ばんは~~ちゃびデシ。我が家の手乗りナナクサインコ……たとえボク以外の人には近寄らなくとも……たとえボクにだけ凶暴な態度を取っても……手には乗るんだから…………たぶん。
 このナナクサのパル君、クチバシが伸びてきまして……上のクチバシが伸びる分には、爪切りやニッパーで切ってやれるので、それほど心配してないのデシが……。
 
 最近、下のクチバシまで伸びてきてる感じがして……こっちは流石に爪切りを口の奥に突っ込む訳にも行かず、脳内対策委員会は連日連夜作戦会議なう……。
 皮付きのエサを与え続けてるので、この手の症状は起きないだろう……と、高を括ってたのデシが、はてさて、どうしたモンかしら……。
 
 直接切るのが無理なら、ヤスリで少しずつ削って……とか考えましたが、それもまた、舌が邪魔になりそうで微妙な感じ……。
 人間様でさえ歯医者に行って、注意して大口を開けていても、『ギュイィィィ~~~ン』に舌が当たっちゃうぢゃない? ましてや相手は人間界の道理が判らないインコ、絶対舌で味見しそう。
 
 取り敢えず、現状を把握しておこう……と、カゴの戸を開けたら、少しの躊躇もなく金網の縁に乗ってきまして……数年放置してたのに、まだ忘れてなかったか……と♪
 恐る恐る指を差し出しますと、しばらく逡巡した後、カプッと噛みながら指に乗ってきました♪ それからは、手に乗ってる時間=噛み付いてる時間な、至福の一時……ん?
 
 でも、この度は本気噛みと言うよりは、甘噛みの方が多かったので……もっとも、甘噛みか本気で噛めなかっただけかは判りませんが……。
 お陰で出血は1箇所で済みました♪ それもたぶん、これは足の爪によるひっかき傷かと思われ……ナナクサの爪も、結構バカにならない武器なのデシょ?
 
 ボクの柔肌-(パルの体重+握力)=無数のミミズ腫れ、ところにより出血するデシょう……と言うのが定番の予言だったりw
 それにパルが本気噛みして出来るキズは、『U』の字型に裂けますので……えぇ、切れると言うよりは裂けると……噛み付いて、歯軋りするように下のクチバシをギリギリしますからねぇ……。
 
 ま、そんなこんなで、しばらくは何かオモチャを噛ませて様子を見ようか……と思いました。薄い木に紙ヤスリでも貼り付けて、それを噛ませてみようかな……とね。
 幸いな事に、ボクが差し出すモノは、指でも何でも、気軽に噛みに来ますからなぁ…………。
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月10日 (木)

土杖、終了。

 ばんは~~ちゃびデシ。実家に置いてあるマンガは、全てカバーを付け終えました(2/9現在)ちゃびデシ。
 こうして付け終えてみると、同じ新書版でも、出版社によって微妙に大きさが違うのね? カバーは汎用サイズなので、大丈夫なんだけど……あまりブカブカなのは……。
 
 願わくは、カバーにピッタリなサイズが嬉しいんだけど。オーダー品ぽくてw てか、ブカブカすると、その隙間にホコリが溜まりやすいのょね……。
 それと、あまり薄い本も何だか……な感じ。いあ、別に同じ値段で薄っぺらなのはセコい……とか、思ってても言いませんょ?
 
 
 
 
本が薄いと、のり付けの部分が直接表紙に届いちゃうのょね……。
 
 
 
 
 別に京極堂シリーズ程の分厚さは求めてないのデシが……てか、逆にあそこまで分厚くなると、カバーが届かないのでアレなのデシがw
 エヴァンゲリオン、ボク的に評価低いょ……小さいし薄いし。隙間が多すぎて、カバー付けるの大変なんだヮ……もう10Pで良いから枚数増やして?
 
 
 
 
『あぁ、女神さま!』アンタ、笑ってらんないょ?
 
 
 
 
 さて、風杖の第4ステージを終えて、指輪ワープでワジャーム樹林に移動し、コリブリ相手に土杖の試練をこなしてきました。
 コリブリ……良いねぇ、チゴー湧かないからw てか、これが普通なんデシけどね? カラクールだけが特別なんデシからね?
 
 で、いざコリブリ戦を始めてみたら、既に@89匹になってました♪ もっとも、その日の開幕2戦は、風杖のテイウァッツを持っていたため、ノーカウントになってましたが………………。
 気持ちと杖を入れ替え、せっせとコリブリを叩いていたのデシが……毎回毎回悩むのは、履行技の発動時期。
 
 開幕に履行技を出すと、コリブリ……てか、モンスタ全般……のゴッソリ削れて、1匹倒す時間はかなり早い反面、MP切れで休憩入れつつ戦わねばなりません。
 
 
 
 
まさに対カラクール戦の戦い方デシね。
 
 
 
 
 反対に最後の方に履行技を繰り出すと、オーバーキルになりやすく、倒すまで長く掛かるのデシが、ボク的にはスピリットテーカー撃ってMP回復が計れ、無制限に戦い続けられます。
 
 結局、コリブリ戦は後者を選びました。何度かタイタンに開幕履行技を撃たせたのデシが……ちょくちょく空振りするのょね……タイタンてば……。
 他の召喚獣達と違い、タイタンだけが一発ワザなのね。だから空振りしたら与ダメは0、MPだけゴッソリ減って……タイタンは何事も無かったかのように…………。
 
 最後なら空振りしても、そのまま殴り続けてすぐ終わるし……極めて消極的な選択デシw その分、戦闘が終わる前に次のコリブリに狙いを定めて、エンドレスな戦いしてましたが。
 やっぱ、召喚士はこっちの戦い方が、性に合ってるかもしれませんねぇ……MPに余裕がないと、不意のアクシデントに反応も対応も出来ませんから……。
 
 
 
例えば……NMを、普通のカラクールと間違えて叩いた時とか…………。
 
 
 
 1敗1逃げ……チゴーさえ出なけりゃなぁ…………あ、いえ、こちらの話デシ……。ともかくも、次はイフリートのターン。
 カブトムシ200匹倒して、第5ステージの試練も受けます。そうすれば、テリガンで氷の第4ステージと同時進行できるので。氷はラプトル、火はコカなの。FOVで一石二鳥作戦w
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

ようやく風杖が完了に……。

 ばんは~~ちゃびデシ。ふと気が向くと、イソイソとマンガにブックカバーを掛けてるちゃびデシw ボク的に至福の一時デシねぇ♪
 ところで、『こち亀』の帯封が、妙に歪んで付いてるのは何故? まるで両さんが片手間にチャチャッとやっつけ仕事してるようで……w
 
 最初のうちは、そんな感じで見逃していたのデシが、あんまり多いとねぇ……ちょいと目に付く、鼻に付く。
 せっかく表紙とシンクロしてても、斜めにズレてちゃ粋ぢゃない……と、ブツブツ零しながら、背中を丸めて作業に没頭するおぢさんは、傍目から見たら………………ホラー?
 
 
 さて、最近は辻ケアルもらうよりも、辻プロシェルもらう方が嬉しかったりするちゃびデシ。FFでは、白歴の方が圧倒的に長く、なので、もらうより上げる方が多かったのデシが。
 今は本職の召喚士街道をソロでまっしぐらデシから、高レベル向けのプロシェルとは縁のない生活を送っているので。
 
 だから今朝、通りすがりの見知らぬ赤さんからプロⅤをもらった時は、非常にありがたかったデシ…………たとえ、ゲームを終えようと座ってた時にもらっても……。
 このタイミングでもらっちゃうと、小心者のお調子者は『ここで止めちゃマズいかしら……?』と、急に不安になるのデシが……リアル用事が詰まってたので、そのまま終わっちゃいました。
 
 で、そんなこんながあって、@15匹まで減りましたょ? フェローのラディールさん的に言えば、『レベルアップが近付いてまいりました♪』状態w
 いあ、このブログがみなさんの目に届く頃には、おそらく……いあ、確実に終わってますな、えぇ、次のタイタン(土)杖に取り掛かってますな。
 
 ごく少数の『ちゃび中毒』の患者さんはお気付きかも知れませんが、最近のブログは発表が1日2日ズレてる感じなので……。
 たま~~~~に、スイッチが入っちゃうと、調子こいてアレコレ書いちゃって…………で、発表するタイミング間違えて、今に至ってると言う……。
 
 
 それはさておき、風杖の後は土杖に行きます。コリブリ叩きます……てか、既に100匹近く叩いてます。そもそも、第4ステージの最初はタイタンだったような……?
 そだそだ、カラクールでカウント出来るか、確かめるためにカダーバ行って、戻るのが面倒臭くなって籠もってたんだ……。
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

VS.カラクール……の、覚え書き?

 ばんは~~ちゃびデシ。AKB48の『会いたかった』をちゃんと知ったのは、確か去年の『笑点』の大喜利…………ちゃびデシ。
 それまで、何となく耳に入った事はあった……と思いますが、まるで記憶に残ってませんで……そもそも、AKBを知った切っ掛けは『仮面ライダーW』デシからね、ボクの場合……w
 
 んで、少し興味を持ってPVなんかを見てみますと……ふせ えりさんが……シリアスなものからコメディーまで幅広くこなす女優さんの……先生役で出てましたょsign02
 
 
 
 
この時点で、驚きのポイントがずれてたり……。
 
 
 
 
で、その事に気付いてなかったり…………w
 
 
 
 
 ふせさんと言えば、ボク的に……『時効警察』と『帰ってきた時効警察』がお勧めデシ。オダギリジョーさん主演のコメディードラマデシ。今すぐレンタル店にGO~~。
 最近は同じ布陣で『南熱海何たら……』というのをやってましたが、アレはボク的にはシュールすぎてパス。面白くなくもなく……でも、パス。みたいな。
 
 
 さてさて、カダーバの浮き沼に引き籠もり状態のちゃびデシ。ここはチゴーの事さえなければ、カラクール(=黒羊)はノンアク・ノンリンクなので、狩りをし易い場所デシ。
 そのチゴーも、黒羊がWSを撃たない限り湧かないので、バトル中以外は、意外と安全な場所だったりしますw
 
 また、チゴー対策……と言うか、チゴーを出さなくする対策を教えてもらってからは、ガルーダさんがWSを失敗しない限り、出会わずに済んでます。
 やり方は至って簡単で……召喚士的には。まず、ガルーダさんを黒羊にぶつけ、開幕に履行技でゴッソリ削ります。
Tya110207104803a Tya110207104804a Tya110207104804b Tya110207104805c   
 しばらくは、そのまま戦わせておいて、黒羊のHPが4割を切るくらいになったら、次の履行技が撃てるまで、ガルーダさんを退避させます。
 んで、履行技が解禁になったら、それでトドメを刺したら終了。ガルーダさんは回避が高いので、黒羊の攻撃をさほど受けず=TP貯まらず=チゴー出る前に撃破出来ます♪
Tya110207104805d Tya110207104806e  
 ボクは開幕もフィニッシュも『プレデタークロー』をオーダーしてます。運良くクリティカル気味に決まれば、それだけで2000以上の与ダメが出て、HPが6割近く削れるので。
 この開幕プレデターに失敗して、与ダメが400とかになると、ちょいとヤバ目の展開になりますが、早めに退避させておけば、チゴーが湧くと同時に攻撃してくれます。
Ra_2 Tya110207104835f Tya110207104837a Tya110207104902a Tya110207104903a  
 ま、こんな感じでカウントを稼いでいるのデシが……仕事が速いのは良いのだけれど、MPの減りも早くってね…………1回164MP必要なんだヮ、プレデタークロー。
 最初は2戦したらMP休憩……それも、【コンバート】や【エレメントサイフォン】をフル活用してそんな感じ……ま、連戦すると、開幕にプレデター撃てなくなるので…………。
 
 でも、今は1戦毎に少し座り、履行解禁時間と相談しながら叩いてます……欲を言えば、ボクもバトルに参加して、スピリットテーカー撃ってMP回復したいのデシけどね……。
 それすると、確実にチゴーが湧くので……却って戦闘時間が長くなって、MPも減っちゃう感じがするので……ぼ~~っとガルーダさんの戦いを見てますw
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月 7日 (月)

LDプレーヤー探索記…外伝。『瓢箪からブックカバー……?』

 ばんは~~ちゃびデシ。基本的に気温が10℃を下回るまでは、丹前と湯たんぽで寒さを凌いでるちゃびデシ。えぇ、寒冷地仕様は、なにもウエポンの専売特許では無いのデシょ?w
 てか、ま、けっこう過酷な環境で仕事をしてましたからなぁ……気候的なモノから立場的なモノまで、全部引っくるめて……w
 
 
 それはさておき、『LDプレーヤー』をネットで検索していると、阿漕(あこぎ)なのは中古品を扱ってる店だけではなく、様々な業者が手ぐすね引いてますな。
 『LDプレーヤー』で、中古のLDソフトに行くのは良い方で、様々な『プレーヤー』を売る店に飛ばされましたょ……?
 
 てか、こう何回も『LD』を連呼してると、そのうちボクのブログにまで飛び火……と言うよりは、迷い込みそうだな……w
 
 
 
 
ようこそいらっしゃいましたnote
 
 
 
 
いあ、そうぢゃなく……w
 
 
 
 
 そんな中、LD用のビニルジャケットを扱ってる店に飛ばされた……と思って下さい。今の若い衆はご存じないかもしれませんが、おぢさんが若い頃はレコードとか言うものがありまして。
 ブツは普通、四角い紙のジャケットに入っているのデシが、直接紙に触れるとレコードが傷むので、薄いビニルで出来た、U字型した袋に入れて保護されてたのデシ。
 
 ま、今のボクには全っっっ然必要ないものなので、サラッとスルーしようと思ったのデシが、そこでふと、気の迷いというか、魔が差したというか……そんな感じに……。
 こういう商品を取り扱ってるなら、ブックカバーも売ってないものかしら……? そう思って、取扱商品を調べてみると、正にドンピシャ!
 
 こっちはLDプレーヤー以上に長きに渡り、探していた一品だったので、即座に新書版用3つ、B6版用2つを注文しました。
 1袋に100枚入りなので、合計500冊分のブックカバーが、比較的安価に確保出来……新書版が630円、B6版が740円……ボク的に大満足。
Imgp0007  
 てか、会社の住所を見ると、大阪の問屋筋にあったので、おそらく卸問屋がやってる店なのかも……ま、別にどっちゃでも良いんだけどw
 翌々日、実家に送り届けられたブツは、正にそんな感じの商品デシたw 業務用のを100枚ずつ袋詰めにして、著作権無視のお手製取説を入れ、四方を熱圧着して終了のシンプルさw
 
 『100枚を一気に使い切れ……』と、言わんばかりの簡素な包装が、却って職人気質を彷彿させ、ボクの心の琴線を奏でまくり♪
 
 ボクも、『望むところだ……』とばかりに、せっせとカバーを付けてますょ? ツルピカフェチのボクには最高の御馳走デシw
 単行本の表紙のツルピカ光沢も大好物だし、新品の透明なカバーも大好き♪ 無心になってカバーを付け、疲れてきたらそのマンガを読んで休憩……みたいな、他人が見たら不毛なルーチンを延々と……w
 
 
 

| | コメント (0)

速報……Intelから、こんなん出ました…てか、出てました。

 ちわっっ、ちゃびデシ。満を持して登場した第2世代Corei7、ここ最近、ソフマップなどのネットショップで見なくなったのは、売れすぎたから……? と思ってたのデシが。
 ま、それも少しはあるかもしれませんが、実は、マザーボードに問題があり、その対応に追われて……ってぇのが、本当らしく……。
 
 http://newsroom.intel.co.jp/community/ja_jp/blog/2011/01/31/
 
 詳しくは↑で見てもらえば、良いと思いますが……簡単に言えば、チップセットに問題が発生し、SATA2.5に繋いだHDDやDVDドライブ等は、将来的に動きが不安定になる……らしいのね。
 ただ、それは2.5だけの話で、SATA3.0に繋ぎ直せば、何の問題もないらしい……そうデシ。ちなみに、SATA3.0は下位互換なので、普通に動きます……速度は2.5相当デシが。
 
 
 
 
慌てて買いに走ったけど買えなかったアナタ、今回は勝ち組ね?w
 
 
 
 
 PC業界では、こういった初期不良? は日常茶飯事なので、メーカーの態度もサバサバしたものデシね。
 てか、『不具合を見付けてやったぞ』的な、上から目線の【どや顔】から察するに、今回は人柱のみなさんからのクレームではなく、本当に自分達で見付けたのかも知れませんねw
 
 
 

| | コメント (0)

LDプレーヤー探索記。

 おっは~~ちゃびデシ。実家の雑巾が、我が家のタオルより丈夫で綺麗なのは……何故? 別に節約家……とかぢゃない筈デシが……。
 『捨て時』が判らない……てのが、真実に近いかもしれませんね……。家電品やPCは、壊れたら動かなくなるから判断付くぢゃない?
 
 茶碗とかコップもヒビが入ったり、割れたら使えなくなるから、流石のボクでも判りやすい……ま、胸張って断言する程の事でも無いけれど……。
 でも、タオルって、薄くなって向こうが透けて見えても、穴が開いて向こうがハッキリ見えても、使えなくはないデシからねぇ……それなりに拭けるし…………。
 
 
 で、壊れた……と言えば、我が家のLDプレーヤーのディスクの出し入れが出来なくなりました……修理に出そうにも、20年以上昔のブツでは…………○rz
 新たに買おうにも、時代はブルーレイ……新製品どころか、中古品を扱ってる店舗も絶滅寸前……てか、それを利用して、阿漕(あこぎ)なまでの値段設定に手が出ず……いあ、出す気にならず。
 
 ビデオと違って、いつまで経っても劣化しないし……と、結構たくさん持ってたりするので、このままにするのも少し寂しい……。
 ここだけの話、DVD同様、買ったまま封も開けずに放置してるブツもあったりする……『999』のLDボックスとか、『ペリーヌ物語』の最終巻以外とか……w
 
 途方に暮れながらも、ネットでアレコレ検索しているうちに、オークションサイトに辿り着きまして……興味津々で見ましたが…………帯に短したすきに長し?
 値段が安いものはパーツ取り用のジャンク品、高いものは手が出ず……w 中々ボクのメガネに適うような、品質と値段が折り合うブツに出会えません。
 
 
 ま、仮に手に入れても、それでLDを鑑賞するかどうかは微妙なのデシが…………ぶっちゃけ、もう20年近くLDなんて見てません……。
 故障が判ったのも、昨年末、例の電気屋さん襲来事件の時デシから……w 部屋を片付けてる最中、例によって例の如く、現実逃避的に電源入れて、それで初めて気付いたくらいデシ。
 
 でも、動かないと判ると、それはそれでイヤで……えぇ、我ながら『なんだかなぁ~……。』と呆れておりますょ?
 でも、ボクの気持ちも判ってもらえますデシょ? いつか、何かの拍子にLDを見たくなる事はあるので……特に、見られなくなった【今】とか……w
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月 6日 (日)

コレは修正……? いあ、改悪…………。

 ばんは~~ちゃびデシ。最近、メイン機のHDDが少し変調気味な今日この頃……そう言えば、RAID組んでた片方のHDDが壊れたのは、確か去年の今頃……。
 その後、生き残ったHDDだけでここまで来たのデシが、2台一緒に買った事を思うと、よくぞここまで保った……と、誉めてやるべき?
 
 ま、大事なデータは、あっちゃこっちゃにバックアップを取ってるので、それほど心配していませんが、『であごすちーに計画』を前倒しにせねばならないかと思うと…………。
 ぶっちゃけ、嬉しいんだけどw いあ、資金面に問題さえなければ……。この際、思い切って全面リニューアルするか…………資金面に問題がなければ……。
 
 
 さて、召喚士の杖第4ステージの幕は、ガルーダさん……【サイクロン】のコースから行こうと思いまして、カダーバに乗り込みました。
 お題が『大羊(シープ)』と言う事だったので……レベルが88にもなりますと、経験値の入る羊を探すのも一苦労デシてね……亜種のカラクールと言う黒羊でもOKか、それを確かめたくて。
 
 カダーバに行ってみますと、珍しく召喚士の先客がいまして……『同じ試練なら一緒にどうデシか?』と、声をかけると二つ返事でOKがもらえまして……ここまでは良かった。
 先客がいた……と言う事は、カラクールでもカウント出来るんだ……そう思って戦い始めますと、ちゃんとカウント出来まして……ここまでも良かった。
 
 カラクールは特殊ワザを使うと、チゴーと言うノミのモンスタを呼び出すのデシが、それもガルーダさんに任せておけば、問題無く倒せ、これも良かった。
 チゴーの対策も、PT組んだ召喚士さんに、チゴーが出させない戦法を教えてもらってからは、ウンと楽になって、とても良かった。
 
 
 
 
問題は……カウントの規定が『ガルーダでトドメを刺す』では無かった事。
 
 
 
 
 二人で別々の黒羊を倒すのは問題無かったのデシが、MP回復で座ってたりすると、たとえ杖を装備していてもカウントされない事が判りました……。
 要するに、ガルーダさんを出したまま、杖を装備してガルーダさんが倒さないと、カウントはされない…………と言う事。
 
 自分のガルーダさんが召喚されていれば、誰のガルーダさんが黒羊を倒してもカウントされるのデシが…………。
 そうでない場合は、たとえ杖を装備していても、誰かのガルーダさんがトドメを刺しても、自分の杖にはカウントされない……事が判りました。
 
 フェンリル君と海蛇の岩窟に籠もってた時は、こんな事は無かった筈デシが……ボクがMPヒーリング中に、別の人が倒しても、確かにカウントされたと記憶してますが……。
 一緒に黒羊を叩いてた人も初耳だったらしく、自分でも確認した後、驚いてました……そして、『修正入ったのかなぁ……』と言うと、サヨナラの挨拶もせず、落ちてしまいました……。
 
 こんな制約を付けられちゃ、せっかくPT組めても、殲滅速度は上げられそうもなく、あまり楽しめないな……と思いました。
 てか、これ以上、召喚士の試練の難度を上げてどうすんだ……とも。他のペットジョブなら、マトンでもケモでも子竜でも、『ペット〆』ならどれが〆てもカウントされるのに……。
 
 てか、そもそも、他のペットジョブは、維持費すらないのに……。なんで召喚士だけここまで冷遇されるの?
 言っておきますが、召喚獣ってあらゆる意味で弱いょ? 攻撃力はマトンほどぢゃないし、打たれ強さもケモには勝てないし……。
 
 
 
 
あれ…………ボク、なんで召喚士やってるの…………?
 
 
 
 
 ともかく、この改悪を何とかしてもらえないものかしら……黒羊だけでなく、試練の根本に関わる問題デシからねぇ……主に、ボクのモチベーションとか……。
 せっかく……てか、ようやく同志を見付けても、満足に協力し合えない……てのは、かなり寂しいし、悔しいょ…………?
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月 5日 (土)

ウルト○マンになっちゃった……19

              *** はじめに ***
 
 この物語に登場します、地名、人名、組織名など、全ての名称は架空のモノであり、それっぽく書いてますが、全部デタラメ……デシw
 
 地名、人名の検索でここに辿り着いてしまったアナタ・・・ご愁傷様デシw お気の毒とは思いますが、我が身の不幸を嘆かず、息抜きにチラ見していって下さいませ♪
 
 なお、文章中、不自然に『・』がある時は、『!!!』とか『?!』とか『あ゛』とかデシ。外字エディタで作った文字の文字化けなのね。
 注意して再変換してるのデシが、チェック漏れがあった場合は、みなさんで脳内変換して下さいw
 
 
 
   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
「そうだね、しこりと共に力も消える。発症した回数に関係なく……ね。」
「そうか……それじゃあ、発症させた方が得か……ある意味……。」
「どういう意味だよ?」
「いや……なんとなく……。」
「ま、どっちでも良いけど。」
「……投げ遣りだな……?」
「無駄に付き合いが長いからな……お前、僕の忠告を聞いた事あったか?」
「…………一、二度は……?」
「無いよ! 一度も無い! どうせ今回も無駄だろうが……それでも、一応言っておく。患者の約八割は、発症後に襲ってくる疲労感に懲りて、二度と発症させないように注意したそうだ。」

「……そんなにキツイのか、その疲労感ってヤツは……?」
「すぐに身をもって体験するさ。それがフルタケ……だろ?」
 美上は意地悪そうにニヤリとして見せた。
 古口はバツが悪そうにしながら、
「……分かったよ、気を付けるから……。」
「これだけは覚えておけ、いきなり倒れて打ち所が悪かったり、動けないところを車に轢かれ(ひかれ)たりして、亡くなった人が何人もいるって事を。」
「あぁ、肝に銘じておくよ……。」
 美上はまだ何か言い足り無さそうだったが、古口が妙に素直に頷くものだから、渋々……と言った表情で口をつぐんだ。

 それからしばらく、世間話に花を咲かせていた二人だったが、
「……色々ありがとう、ミカリン。お蔭で少し、気分が軽くなったよ……悪い病気じゃないかと、内心ドキドキしていたんだ。」
「へぇ、フルタケでもそんな心配するんだ? 意外だなぁ……少しは大人の階段上ったか? ハハハ。」
「どういう意味だよ……まぁ、これでも社長だからな……社員は身内二人なんだが……ギリギリでやってるから、入院なんて出来ないんだ……。」
「……そうか……だったら尚更だ。無茶はするなよ。」

「それにしても、持つべきものは【医者】の友人だな、やっぱり。」
「……フン、まぁ、一応誉め言葉……と受け取っておく。それじゃあ今日は、もう帰って良いよ。『お大事に』だ。」
「『先生』お世話になりました。」
 お互いニヤリと笑い、さり気なく握手すると、古口は診察室を出て行った。
 旧友であり、敏腕医師の美上と話した事で、古口は幾分元気を取り戻したようだ。
 ただ、そんな彼を笑顔で見送った後、美上は自分の胸にそっと手を当て、
「あの疲労感は、本当に酷かった……フルタケも無茶はしないで欲しいんだが……。」
 そう誰に言うでもなく、コッソリ呟くと、美上は黙々とカルテに書き込んでいった。
 
 
 

   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***
 
 
 
 
 
                ………………次週をお楽しみに(毎週土曜、午後6時っぽい時間に更新ちゅ♪)…………(^_^)ノ
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月 4日 (金)

白のAF3、げっと♪

 ばんは~~ちゃびデシ。最近の『相棒』は絶好調デシね。殺人の動機にも説得力があるというか……説得力があるからと言って、殺して良いとは思いませんが……納得してしまう……w
 すでに、DVD-BOXの購入は脳内決定してますが、ブルーレイにも注意を向けるべきなのかしら……再生機材は持ってないのだけれど……。
 
 
 それはさておき、その『相棒』終わりにFFにインしますと、LSのみなさんはアビセア-アットワに集合していて……。
 AF3の足装備を狙って、クァールを叩いてる……との話を聞き、それならば……と、物欲に目が眩んだ(常時)ボクは、仲間に入るべく白に着替えて、現地に急行しました。
 
 アビセアでの乱獲は、相変わらず大雑把な展開で……クァールの特殊ワザは少し厄介デシが……ケアル時々ヘイスト、ところによりパラナかサイレナ……なボク。
 ただ、ボク的にオーバーケアルは美学に反するので、ケアル3メインな通常営業に心掛けてましたょ? ま、『ソラス』+杖効果で、最大350近くまで回復出来るので、間に合うだろう……と。
 
 もちろん、被ダメが集中した時は、迷わずケアル5とか使いましたけど……大概誰かのケアルと重なり、満額回答は出ませんデシたなぁ……。
 てか、乱獲でログが滝のように流れるので、ボクがHPを1000回復しようが、250回復しようが、誰の目にも留まりませんヮ……自分でも判らなかったから間違いない……。
 
 で、そんなこんなしているうちに、ポツ……ポツ……AF3が出まして。ボクも欲しかった白の足が出て、ロットさせてもらいましたが……二桁しか出ませんデシたが……それでもゲット出来まして♪
 どうやら、白を上げてる他の人は、既に持ってたっぽい……そこは少しアレデシが、そのお蔭でボクに順番が回ったと思うと…………痛し痒しw
 
 もっとも、AF3はこれから先が長くて険しいのデシが……型紙集め然り、五行の何たら然り。その道程分、高性能が約束されてるのデシけどね……も少し楽に手に入らんかな……?
 どっちにせよ、ボクがAF3の改造に着手するのは、かなり先になりそうなのデシが……召喚杖が、ようやく軌道に乗りそうな今日この頃、そっちを優先にしたかったりする。
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月 3日 (木)

そして、全ステージは第四幕に……。

 ばんは~~ちゃびデシw 相変わらずの就職氷河期に、大学生達は難民化してるそうデシが……でも、中小企業は相変わらずの求人難なのデシが……。
 ニュースでも、中小企業の合同説明会が話題に出てましたな……学生諸君、何故に大企業に拘るのかね……? 何故に中小企業を避けるのかね……?
 
 
 
 
と、元・零細企業主のおぢさんは思うのだが……?
 
 
 
 
 ま、確かに大企業の方が安定してはいますが……安定しているのは『経営』であって、『雇用環境』では無いのデシが……気付いてます? 簡単に大規模なリストラをするのは大企業だけって事……。
 中小企業はボクの知る限り、結構ギリギリの人員で回してますからねぇ……辞めさせたくても外せない……って内情があったりするょ?
 
 その分、求められるモノも多い訳デシが……それで尻込みするようでは、大企業でも通用しませんょ? てか、真っ先にリストラ候補に挙がるょ?
 また、世間の荒波に揉まれてる分、中小企業の社長さんの方が、人を見る目はありますから……最初から多くは望まず、我慢強く育ててくれますょ、きっと……?
 
 
 それはさておき、ヒミツの場所にカー君と籠もり、1日で120匹トラ退治してきまして……これで、全天候分の第3段階が終了しましたっっ♪
 
 
 
【よくやった!】自分っっっsign03
 
 
 
 これで次からは、単に『召喚獣でトドメを刺す』になり、コレまでのように魔法で倒しきれなかったからと言って、次の履行ワザ発動まで、手持ち無沙汰に待つ事も無くなるのデシ♪
 ま、まだ『維持費-』効果は付いてないので、倒す前に持ち替えする必要はありますが、これまで散々失敗し、マクロに改良を加えた今のボクには、もはや一分の隙もありません……たぶん。
 
 てか、これまでは魔法でトドメを刺し損ねた後、手持ち無沙汰に1分近く待たなきゃならなかったのが、今度からは召喚獣に任せてOKになるので、嬉しかったりする。
 その分、時間も短縮出来るだろうし、少しはペースが上がっていくのかなぁ……とか期待してるンデシが……ま、これで、やっと召喚士専用のスタートラインに立った感じになりましたw
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

カー君杖はボーナスステージ……?

 ばんは~~ちゃびデシ。この厳寒の時期、太陽を『お日様』と呼ぶ意味……てか気持ちが良く判ります。ありがたや、ありがたや。
 それくらい、毎日寒いデシねぇ…………この時期真剣に、冷蔵庫の電源を切ろう……とか、考えてるのはボクだけ? 
 
 さて、昨夜11時後半まで過去パシュハウで、イフリートさんとリーチを叩き、@20くらいまで漕ぎ着けたので、切り上げようとしたら、通りすがりの赤さんに声をかけられまして。
 しばしご一緒したお蔭で、棚ぼた式にクリアしてしまいました♪ いあいあ、魔法を連発出来るってステキw イフリートさんが仕留め損なったら、すかさず『ファイアⅢ』撃ってくれて、ステキw
 
 ボクなんか、いくら時短装備を持ってても……いあ、言うほど大したモンは持ってない……1分近く、手持ち無沙汰に、ぢぃぃ~~~っと待たなきゃなんないので。
 ま、そのお蔭で、獲物には事欠かないのデシが……てか、リーチの『アシッド何たら』喰らって、攻撃力落とされたら、更に余裕……と言うより、順番待ちさせちゃってる感じに…………。
 
 そんな感じで、嫌々ながらもマッタリしたペースでカウントしていたので、久々のハイペース狩りに内心アタフタ……。
 ただ、赤さんはどうやら天候リーチな感じで……その焦燥感は十二分に理解出来るので、天候マークが出た時は、ボクもMP度外視でガンガン履行技を……でも、1分に1回なのょね……。
 
 で、日付が変わってしばらく経って、ボクがクリアするのと同時に、PTもお開きになりまして。『また、よろPく~~w』とお別れしました。
 天候マークが出なくても手伝ってくれたので、ボクも次の天気が来るまで、お手伝いするつもりだったのデシが……気を使ってくれたのか、赤さんからサヨナラしていきました。
 
 
 こんな感じで予想&予定外に終わった、火の杖第3段階。気をよくしたボクは、次の日、久々にFF朝の部を開きまして、残る光杖の様子見に行って来ました。
 場所はもちろん、過去ジャグナー。今回は様子見なので、ヒミツの場所には行かず、川沿いにいるジャイアンツカラーのトラ退治w
 
 リーチより格下&ダメージカット無し……て事で、もらえる経験値は半分ほどになりましたが、気持ちいいペースで狩りが出来ました♪
 てか、カー君、小食でMP減らないの♪ むしろ【神獣の加護】抜きでも増えていくので、久々のカー君が、かなり頼もしく思えましたw サポ赤でリフレしてると更に……。
 
 
 
何の『アートマ』付けてンだ……って感じw
 
 
 
 ま、最近はカンパニエでも、出番をフェンリル君に譲ってますからなぁ……加護&ヤマの杖+1で、出してもMP減らないので……心なしか嬉しそうに見えましたょ?w
 だからかな、ボクも結構新鮮な気分で楽しんでますw それに、省MPで言ったら、やぱしカー君には敵いませんからねぇ……。
 
 維持MPは……素で10なのね、レベル81~90の間は。ちなみにフェンリルは12、他の召喚獣は14必要だったりする。
 これだけでもMPの優等生なのに、カーバンクルミトンがあれば、更に維持費半減だもの。召喚してもMPは増える一方なのデシ。
 
 しかも、カー君の隠し性能は常時リジェネ。だから、少々叩かれても、移動したり何やらしてるうちに、気付いたらカー君のHPは満タンに戻ってるの。
 従って、回復を兼ねた【エレメントサイフォン】要らずで連戦OKなの…………って、ここまで書いてきて、今、ふと思ったんだけど…………光杖、要らなくね?w
 
 属性HQ杖で、何の問題も無いのょ? それでなくても試練は沢山あるのに……気付いちゃダメだsign01 気付いちゃダメだっsign03 気付いちゃダメだっったかsign02
 
 
 

| | コメント (0)

2011年2月 1日 (火)

グラヴォイド戦、いてきた……。

 ばんは~~ちゃびデシ。昨日のネタが祟って、今、無性に新型機を作りたがってるちゃびデシ……予算が@15万円程必要なのデシが…………。
 自作歴20年以上でAMD製CPUしか使ったことのないボクが、IntelのCPUに心が動いてますょ? AMDもはよ出せ、ブルドーザー。
 
 Intelの新型CPUは値段も手頃だし、結構触手がのたうってるのデシが……ただ、モデルナンバーが曲者っぽいデシょね?
 今回のトップモデル『Corei7-2600』って、どう考えても中の上。2ヶ月としないうちに2700とか2800が出そうな気が汁w
 
 3000番台は次世代に持ち越される気がしますが、最悪、ハイエンドとして投入されちゃうかも……自作歴20年以上の勘は、時たま当たっちゃうょ?w
 いあ、それでも今のメイン機から見たら、性能が天地の差以上に開いてるのデシが……だから、気持ちが揺らいでるのデシが……資金調達の目処がなぁ…………。
 
 
 それはさておき、前の土曜日にLSの人達とアビセア-タロンギまでグラヴォイドを叩きに行って来ましたょ? 完膚無きまでに叩きのめされて来ましたょ……?
 最大の敗因は……キャツのHPをせっせと献上した事。キャツはWSの体勢に入ると直接攻撃を吸収し、魔法を詠唱し出すと、こちらの魔法攻撃を吸収してHPに変えちゃうの。
 
 ま、それは事前の調べで判ってたのデシがね、振り上げた拳は中々止められない……てか、止まりませんヮな……。
 なんか、型紙狙いで、初めて芋虫NMに挑戦した時の事を思い出しましたょ? あの時も散々回復しちゃいましたからねぇ……。
 
 それに、火力も……直接攻撃に重点を置いたのが裏目に出た感じ。こちらから攻撃出来るのは、キャツが魔法詠唱中の時に限定されますからねぇ。
 割と頻繁にWS使っていたので、その間に魔法で削れたら……とか思っても、ボクはせっせと味方の回復に努めてました……白で行ってたので。
 
 ボク達の前にやってた人達は3人PTだったので、それでも勝ったので『コイツも3人で勝てるようになったんだ……』と、驚きに近い感想と、自分達の勝利を確信してたのデシが……。
 ところがどっこい、2PT…ダース近い人数で押し寄せたボク達は、@1㍉が削れず敗走する羽目に……。
 
 1匹分のHPは楽に削れていただけに、残念無念。もう少し連絡が徹底出来てたら……例えばベヒモス戦のメテオ詠唱を知らせるような……とか思いました。
 ボク的には結構本気出して、回復に努めたのデシがねぇ……敵の範囲技を避けるために、前衛陣が散らばって、ケアルが届かなかったのが痛かった……。
 
 てか、届かせるためにグラヴォイドの横をすり抜ける時、範囲に巻き込まれて……とか、届くトコでケアル中に、範囲に巻き込まれて……とかで、2回ほど撃沈しましたなぁ……。
 盾を撃沈させるのも、盾より先に昇天するのも、ボクの美学に反するのデシが……。アレがなけりゃ、何とかハイパー化する前に倒せてたかもしれない……と、思いたい。
 
 今回の経験を踏まえ、次こそは綺麗に片付けたい……とか、ガラにもなく真剣になってたりする今日この頃。
 いあ、グラヴォイド戦は色々下準備が大変そうなのょね……トリガー集めが……。せっせと集めてくれた人に、少し気の毒したなぁ……なんて、ドコかで無くした良心回路が……w
 
 
 

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »