« 水道パニック。その4。 | トップページ | 水道パニック。その6。 »

2014年9月27日 (土)

水道パニック。その5。

 ばんは~~ちゃびデシ。水道工事の業者から届いた請求書と新たな見積もりに、違う意味でパニクっている中の人。
 それもそのはず、総額で15万を超える金額になっていました……。当初の希望的憶測では10万円前後という話だったので…………何とも複雑な心境……。

 ともあれ、なけなしの定期を解約して、12万程下ろしてきたのデシが、更にもう一口、解約せねばなりますまい…………。
 納得はしているのデシがね……役所の紹介だからボッタクリ価格では無いデシょうし、見積もりも明確でケチを付ける気はサラサラ無いのデシが……。

 なにかね、こう、『定価』なのょね……。“定価感”満載なのょね……。別にそれが悪いとは言わないけれど、なんだかなぁ……って気になっちゃう。
 てか、普段なら知り合いの大工さんに、見積もりを見せて相談するのデシが、今回は緊急事態であり、誠実な業者さんなのでそのままお願いしたのデシが。

 これが知り合いの大工さんなら、見積もりをもらうにしても、もう少し話を煮詰めて削れるところは削って、極力安くお願いするのデシ。
 でも今回は中の人が口を挟む隙が無い……と言うか、納得して明確なんだけど、何処か言いなりになってる感が…………。ま、仕方ないっちゃ仕方ないのデシが。

 で、時間は今から二週間程遡りまして。14日の午後3時過ぎに2度目の仮止め工事をしてもらい、それからは平穏な時間が戻ってきまして。
 てか、それでも、何時間か置きに洗面所の様子を見に行っていましたが……夕食時には実家に行き、事の次第を母の人に説明したりする暇はありました。

 翌日……連休の最終日も、特に問題無く時間が過ぎ、中の人的にようやく一段落付いた気分になれました。
 なので、今度は業者の人がいつ来ても良いように……請求書持って来ても良いように……連休明けの火曜日中に銀行に行って、修理費用を捻出してこようと思いました。

 業者の人の話しぶりから、次に修理に来てくれるのは水曜日か金曜日以降……木曜は母の人を病院に連れて行く日だったので、避けてもらいました。
 そして、その火曜の早朝……6時前くらいデシたか? 玄関のチャイムが鳴る音に起こされ、数瞬ぼぉ~っとなっていたのデシが、すぐにハッとなり階下に降りると……。

Imgp0001


 目の前に広がっていたのは、床上浸水したダイニングデシた……洗面所からは水が凄い勢いで噴出し、それがダイニングを水浸しにし、廊下を経て玄関から家の外に……。
 それを、おそらくゴミ捨てに出て来た、ご近所の奥さん達が見付け、チャイムを鳴らして中の人に知らせてくれたようデシ……。

 着の身着のままのパジャマ姿で表に飛び出し、心配そうにこちらを見ていた奥さん方に取り敢えずのお礼を言いつつ、止水栓を締める中の人。
 で、締め終わった後、改めて事情を説明しつつお礼を言って、家の中に戻りました。こうなる事態は絶対に避けたかったのデシが…………もはや溜息も出ません……。

 こうなる事を予想して……て言うか、こうならないようにするため、業者の人がやってくれた事は全て水の泡………………○rz
 余程水圧が高かったのか、管に取り付けていたホースは、風呂場に飛ばされていました……水に押し流されたのかも知れませんが……ま、どっちゃにせよ、状況は変わらず。

 で、もう、何を何処から手を付けて良いのやら状態だったデシ……物理的にも精神的にも……が、呆然と立ち竦んでいても、事態は好転しません。
 なので三度、かの雑巾を取り出し床拭きを始めました。ただ、今回はその範囲が非常に広く、且つ、アレコレ物を置いていたので、筆舌に尽くしがたい作業に追われました。

 そんな中で、まずしたのは業者の人への電話デシ。一応遠慮して7時くらいまで待ち……やるべき作業は山積みされていたので、それはそれでOKだったのデシが。
 すると、部品を揃えてすぐに向かう……具体的には8時くらいに……と、返事をもらう事が出来ました。『昼前……』と言うのを覆した、中の人の粘り勝ちデシw

 それからは、溢れる水をタライで受けつつ、一杯になるまでの間は床拭きをしていました。拭くと言うよりは、雑巾絞りに専念する感じデシた……。
 雑巾を床にポンと置いただけで、すぐに水が滴る程になってましたので、拭くところまで行かなかったのデシ。

 それでも、心を空っぽにして機械的に何度も雑巾を絞ってますと、そのうち終わりが見えてくるもので……見えたところで何に感慨も無いのデシが……空っぽだから、ココロ。
 作業が一段落する頃、業者の人がやって来まして、今回は修理用の部品を持って来ていて、ようやっと正式に直してもらえました。

 修理を終えて、業者の人が帰る時、今回の件で一応確認のために尋ねたのデシ。水道を長く使わない時は、止水栓を締めるべきだったかどうか。
 中の人は締めない方が水圧が一定になって、安定するンぢゃないか……と思って訊いてみたら、実は逆で、締めた方が良かった……と言われました。

 なんでも、水道は使わないでいると水圧は上がる一方だそうで、仮止め状態では水圧に堪えきれなくなり、壊れやすくなるのだとか。
 なので正解は、寝る時や外出時は止水栓を締めて、水圧を落とすべきだったそうデシ。みなさんも同じような災難に遭った時は、この事を覚えておくと良いかも……。

    つづく?

|

« 水道パニック。その4。 | トップページ | 水道パニック。その6。 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水道パニック。その4。 | トップページ | 水道パニック。その6。 »