« 水道パニック。その2。 | トップページ | 水道パニック。その4。 »

2014年9月20日 (土)

水道パニック。その3。

 おそばんは~~ちゃびデシ。掛かり付けの先生の紹介で、ここしばらく週一くらいの間隔で、神戸医療センター(うろ覚え)に母の人を連れて行ってまして。
 脳のMRIに始まり、CTやら胃カメラやら……色々検査した結果、この度内科の先生から『9割方良性です……』と言ってもらえました。

 母の人が検査を終えてトイレに行っている間に、主治医の先生が出ていらして『家族の方ですか?』と中の人に声をかけた時は、色んな意味で覚悟したのデシが……。
 今後は半年に一回程度、検査に通院すれば良いそうで、本当にホッとしました。これで当分食事の心配をしなくて済みますからね…………ん? 何か問題でも?

 さて、この前の続きデシ。役所の人と連絡が取れ、朝が来れば何とか事態が収拾出来そうだ……と言う事が判り、少し心に余裕が生まれた中の人。
 その前に電話した業者の人の事が、頭の隅っこにチラッと浮かびましたが、そこはソレ、早い者勝ちって事で、断りの電話はその時に決める事にしました。

 で、そこからは雑巾絞りの持久戦デシ。しゃがんで絞るのは足腰の負担が大きいので、収納BOXを引っ張り出してそこに座り、せっせと絞り続けました。
 だいたい1分に1回は絞る感じデシたか……雑巾は3本あったから3回かな?……もうね、一生分はおろか、来世の分、再来世分も絞った感が有りますょ?

 ただ、そのお蔭で我が家の洗面所の床は、我が家で一番綺麗デシ……今なら床を舐めても病気になりませんょ? 試してみる? いあ、ボクぢゃなくてアナタが。
 人間トコトン追い詰められると、こんな間抜けな事を考えて、現実逃避したくなるものなのデシね……。

 雑巾と言っても、バスタオルで作ったかなり大型サイズデシから、絞るのも一苦労デシてね……何度も何度も絞っている内に、爪が指に食い込み出血し出すし……5本程。
 いあ、目一杯絞っている訳ぢゃないデシょ? 握力なんか、最初の1時間程で底を突いてますから…………それはそれで情けない話デシが。

 ただ絞る回数が尋常ぢゃないので……100回や200回では済みませんから。正確な数字を出すのも哀しい話デシから、興味ある人は計算してみて?
 それにしても、深夜の雑巾絞りは孤独との戦いデシね。話し相手がいる訳で無し、BGM、BGVは期待出来ないし……今回の件でつくづく思い知りました。

 そして、眠気との戦いは敢えて避け…………意図的に何度もネオチしました。もっとも、寝ると言っても数十秒の世界デシが。
 てか、状況が状況だし、体勢が体勢だし、雑巾絞りのインターバルに突っ伏して、プツンと意識が途切れたら良し、途切れなかったらその次で……みたいな? 感じ。

 で、そんなこんなの翌朝6時頃、役所の人から連絡がありまして、状況を説明しました。止水栓を閉めてもダメだったので、取り敢えず今すぐ業者に連絡すると言ってくれました。
 でも、日曜だし連休の真ん中だし……連絡取れるかどうか、取れても来てくれるかどうか不安デシたが、午前9時半位に業者の人が来てくれました。

 どちらの人が来てくれたのか……役所に電話する前に、24h営業のところにも電話していたので……確認して、24hの業者には断りの電話を入れました。
 既にこっちに来る準備をしていたら申し訳ないな……と思っていましたが、先方は留守電を確認していず……なので、罪悪感みたいな気持ちは一瞬で消えました。

 さて、水道管を調べた業者の人の説明では、管が経年劣化してジョイントした部分から腐食が進み、少しの刺激で亀裂が走ったようだとの事。
 応急処置としてゴムパッキンを詰めてもらい、ひとまず様子を見る事になりました。本格的な修理は水曜日以降と言う事デシ。

 中の人的には一日……いあ、一分一秒でも早く直して欲しいところなのデシが、連休中なので部品を調達しようにもメーカーが休みなのだそうデシ。
 もうね、心を突き抜けてしまう勢いで、深く刻んだ事。それは……慣れない事は平日の午前中にやる。間違えても、連休初日の真夜中に事は起こすまい……って事。 つづく。

|

« 水道パニック。その2。 | トップページ | 水道パニック。その4。 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水道パニック。その2。 | トップページ | 水道パニック。その4。 »