« 様子見1回、お試し1回……の中身。 | トップページ | 何故、今、ここにフェイスが……? »

2015年9月 8日 (火)

腹立たしい事ばかり……。リアルバージョン。

 ばんは~~ちゃびデシ。中国のスパイに洗脳&煽動された馬鹿な人達が、改正反対とデモってますが、売国奴のように見えて嘆かわしい。
 全国200ヶ所、同時デモだとか……これぞ正に中国スパイの常套手段。法が改正されなくても、既に中国の侵略は始まっているのだから……いい加減気付けよ。

 てか、政府も言える範囲で良い……戦略的な事もありましょうし……から、中国の汚い遣り口を発表してやれ……と思いますょ。
 それでも尚、反対する連中がいたら、それが正真正銘の中国スパイだし、売国奴だろうから厳正に処分すれば良い。てかすべき。

 そしてまた、和歌山の太地町ではイルカ猟をを巡って“エセ動物愛護”の連中が押し掛け、性懲りもなく非常識な行動をしてますな。
 グリンピースやシーシェパードのような“ビジネス自然保護”団体って、やってる事はテロリストと同じなんだから、法治国家の日本は厳正に対処してもらいたい。

 何度も言うけれど、“可愛いからイルカは保護”は人間のエゴでしかないデシ。それならば、生後数ヶ月で殺される動物はどうなの? って話になる。
 ニオイが無いから、肉が柔らかいから……と言うだけの理由で殺され続けている、仔羊や子牛は可愛くないから殺しても平気なの? 

 ABCテレビで、馬鹿な解説者が『個人的にはイルカは可愛いので、漁は止めて欲しい……』とかとち狂って喋っていました。
 すぐにメインキャスターが『では、可愛くなければ殺しても良い……との極論も出てきますし……』と、やんわりクギを刺していましたが。

 てか、こんな馬鹿が国の官僚になれる事自体が、情けない話デシが……ここで大切なのは“極論”てワード。
 可愛くなければ殺して良い…が極論なら、その正反対の、可愛いから保護すべき…ってぇのも極論なのデシ。

 それでもイルカを保護したいなら、太地町の漁師さん達の収入を保証してやりなさいょ。あの人達は伊達や酔狂でイルカ猟をしている訳では無いのだから。生活のためなのだから。
 漁師さん達も遠慮せず、威力業務妨害だと警察に訴えれば良い。観光ついでに妨害している害人なんか、蜘蛛の子を散らすように逃げて行きますよ、絶対に。

 ニュースでは世界と日本の常識の違いを示唆し、科学的なデータを元に理路整然とした説明で説得するよう言われてますが……。
 それは、話して判り合える正常な人間に対してであって、“可愛いは正義”を振りかざすキチガイ相手には通用しません。聞く耳を持ってません。

 世界に有るのは常識では無く利己主義だけデシ。世界は敵に塩は送りません。送り込むのはスパイやテロリストだけデシ。
 だから、相手の顔色を窺わず、ダメなものはダメとハッキリ言いましょう。日本と世界は対等デシ。遠慮する必要は有りません。

 さて、いよいよ本題……ン? ボクが常日頃からお世話になってる……ような、なってないような動画サイト、デイリーモーション。
 そこで動画を見ていると、突然&とんでもないタイミングでカットインしてくるCMに、非常に辟易してる話……。

 投稿型の無料動画サイトなのデシが、“無料”だけにCMが入ってくるのは仕方が無い事で、それは重々承知してます。
 でも、30分程の動画に1分のCMが4~5回入ってくるとなれば、話は変わってきましょ?

 YouTubeのように、途中でカット出来るものも有りますが、旅行比較サイトのCMだけは最後まで長々と垂れ流し続けやがります……。
 しかも質の悪い事に、このCM、腹が立って別のサイトに飛ぼうとしても、宣伝が終わるまで移動出来なくしてまして……最低最悪。

 勿論、中の人がそんな非常識な事を許す筈も無く、即、HPを閉じて新たなページを開いてますが……不愉快な事に変わりは有りません。
 なので、デイリーモーションはダウンロードしてから見る事にしていたのデシが……最近、仕様の変更でそれが出来なくなりまして……悶々、鬱々する羽目に。

 2ヶ月くらいかな? そんな状況が続いたのデシが、クレイビングエクスプローラーがようやっと対応出来るようアップデートしてくれまして♪ 本当にやれやれデシ。
 ただ、どれだけ損をしようとも、この旅行サイトだけは使ってやるもんか…と、心に刻みつけました。

ま、金も無いし、究極のインドア派でもあるから、そもそも旅行しないのデシが……。

|

« 様子見1回、お試し1回……の中身。 | トップページ | 何故、今、ここにフェイスが……? »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 様子見1回、お試し1回……の中身。 | トップページ | 何故、今、ここにフェイスが……? »