« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月の記事

2015年12月31日 (木)

ようやく年賀状が完成。

 ばんは~~ちゃびデシ。滑り込みで年賀状が完成しました。毎年毎年飽きもせず、よくもまぁギリギリになるまで準備しないな……と、我ながら感心してしまいます……。
 てか、追い詰められないとアイデアが出て来ない……ってのもあるのデシが。ともかくも、今年も間に合い、やれやれデシ。

 それはさておき、プリンターの調子が上がりませんで……結構難儀しました。最近は年賀状の印刷くらいしか使わないので、ノズルの汚れが取れにくい感じデシ。
 ノズルのクリーニングには、ビックリする程インクを消費するので……見る間にインクゲージが下がっていくのょね……。

 新品を使っても、5~6回クリーニングしたら、空っぽになるンぢゃないかな? それくらいの勢いで減っていきますな……。
 だもんで、これからは特に必要で無くても、月に1回は何か印刷した方が良いかな……と思いました。

| | コメント (0)

2015年12月21日 (月)

なるほど、そう来たか………………。

 ばんは~~ちゃびデシ。11月の頭に誕生日を迎え、中の人はめでたく大台に……四捨五入したら100才デシ……って、ドコの位を四捨五入?
 ともあれ、ネクタイ屋だった頃は、50までに過労死する予定だったのデシが、仕事を奪われて? 寿命が延び……結構戸惑っています。

 で、このまま平穏に過ぎていくのかな……と思いきや、日興證券から届いた配当の額が5万から3万円弱に下がってまして…………そう来たか……と。
 健康面での死亡フラグが消えたと思ったら、経済面で切実な死亡フラグが立とうとは……薄々予感は有りましたが、実際立つと、いよいよか……と。

 でも、ショックの大きさから言うと、前回……8→5万に下がった時……よりは小さかったデシ、あらゆる意味で。
 てか、その時に既に覚悟…と言うか、諦めはしていましたから……どうせまた下がるンだろうな……と。ただ、こんなに早く“その時”が来るとは思っていませんデシたが。

 ともあれ、死亡フラグデシ。死ぬ事はイヤだったり怖かったりする……気持ちはありますが、それ以上に、死んだらどうなるのか? って言う事に興味がありまして。
 死に急ぐ訳ぢゃないデシが、さりとて、生に執着があるかと言えば皆無デシて……てか、苦しまずに死ねるなら、今すぐにでも……てのが正直なところ。

 この世に未練なんて、何も無い…………とは言いません。優先順位を付けようにも沢山ありすぎて、何が何やら状態デシ。
 だから、いっそ全てをリセットして、0からやり直したい……生まれ変わるなら何でも可……別に人間には固執してないので。

 とは言え、今はまだ死ねないのょね……母の人を面倒見なきゃ……って使命感があるので、出来るだけ『先立つ不孝』は避けたかったり。
 母の人的には、中の人の他にまだ3人子供はいるのデシが、中の人の代わりが務まるかと言えば、おそらく無理なので……。

 母の人の状態を長らく見てきた中の人と、悪くなってから世話をする兄弟達とでは、対応の差が出るのは当たり前デシょうし。
 中の人はもう、『出来たらありがたい……』な境地に至っているので、母の人が同じ事を何度尋ねても平気デシが、兄弟達はイライラしてます…………。

 母の人が弟達から邪険にされて萎縮する事を思うと、哀れに思えて、母の人よりは長く生きなければ……と思う次第デシ。

| | コメント (0)

2015年12月 9日 (水)

喪中の葉書に思う事。

 ばんは~~ちゃびデシ。実家への行き来で、この季節初めて汗をかかずに済んだ日の事デシた。季節はいよいよ冬本番……とか何とか思ったり。
 そして、そろそろ年賀状を考えなきゃ……とも思う今日この頃に、喪中の葉書が届きまして……ハガキ代が浮いたな……と。

 でも、自宅に届いたにしては見慣れない名前だったので、昔の仕事関係の人かしら? と、文面をしっかり読み返すと、それは大学の後輩の御両親からデシた。
 息子が肺癌で亡くなった……享年46才……との知らせに、『ウソやろ……』としか言葉が出ず、しばらくその場に立ち竦みました。

 学年で言えば4つ下の後輩で、中の人が5年の時に入部してきたのが彼デシたが……中の人が留年したのではなく、神大の夜学部は5年制なのデシ。悪しからずw
 で、ほぼ交流が無い……と言っても過言では無いくらいなのデシが、それでも思い出はそれなりにあり、ショックは大きかったデシ。

 彼の第一印象は……見るからに怪しい……てか、危ない……挙動をするヤツデシた。出来るだけ距離を取りたいタイプ?
 危ないと言っても、ヤンキー的な事では無く、オタク系の危なさね? 悪いヤツでは無いのデシが、何考えているのか判らない怪しい雰囲気のヤツデシた。

 卓球の腕は、中卒レベルの中の人から見ても下手で……基本の素振りを教えました。基本の型を体に覚え込ませたら、取り敢えず楽しく遊べるので……。
 我等が卓球部は体育会系とは名ばかりの、実にゆるゆるな部活デシたから……夜間だもんで、厳しくしていたら部員なんて入らないのデシ。

 中の人の卒業後は、年賀状のやり取りだけの付き合いになりました……って、彼だけぢゃ無いデシょ? ほぼほぼ全員デシ。
 そんな中で、彼の年賀状だけは特に目立っていました。ある意味、悪目立ちすると言っても過言では無いデシょう。

 印刷技術が発達し……てか、PCやプリンターが手軽に手に入るようになった昨今でも、彼はボールペン、もしくは鉛筆の手書きで送ってくるのデシ。
 文字のみ……あるいは、得体の知れない動物のイラスト……おそらくは干支……だけの、実に簡素な年賀状が毎年送られていました。

 特に嬉しい事はありませんデシたが、良い意味でも悪い意味でも印象に残り……もう、この年賀状が届く事は無いのか……と思うと、なんだか寂しい気分デシ。
 てか、中の人が身内とも思っている人の中で、自分より年下の人が亡くなったのは初めての事で、それがとてもとても儚いデシ。

 いあ、こっちは母の人の事を筆頭に、悩む事、煩わしい問題が山積みで苦労してるのに、さっさと死んでくれるなょ……順番が違うだろ…………。

 故人の冥福を心から祈ります。

| | コメント (0)

2015年12月 2日 (水)

わかさ生活って、阿漕な事をする会社だった……。

 ばんは~~ちゃびデシ。母の人の物忘れが激しいので、色々なモノが余り気味。中の人も目を光らせるようにはしているのデシが、何気に増えていくのが悩みの種。
 なので、少しでも在庫を減らそうと、通販で定期的に買っている分は断りの電話を入れたのデシが、『わかさ生活』の対応が駄目駄目デシて……。

 10月くらいに、3社に断りの電話を入れたのデシが、『わかさ生活』だけ今月になって商品を送ってきまして……。
 どうなっているのか確認の電話を入れたら、何も手続きされてない……との事。流石に頭にきたので『今度こそ送らないように』と、クギを刺しましたが……。

 二度ある事は三度ある……これでまた、しれっと送ってきたら、消費者センターに連絡入れたり、弁護士さんに相談したりせねば……と思っています。
 幸いな事に、亡くなった叔母の友人の一人が弁護士さんなので、こんな時には頼りになります。お中元やお歳暮を贈り続けて良かったょ……w

 これから健康食品を買おうと考えている皆さん、業者は星の数程あるので、『わかさ生活』は止めた方が良いかも。
 とてもとても嫌な気分になりますょ? 

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »