« 実質1日でWindows7に逆戻り……。 | トップページ | やっちまったな、三菱…………。 »

2016年4月18日 (月)

お見舞いならびにお悔やみ申し上げます。

 ばんは~~ちゃびデシ。この度は九州で発生した大地震で亡くなられた方々、被災された方々に、心からお見舞いならびにお悔やみ申し上げます。
 地震の怖さは本震だけで無く、繰り返される余震にあると思います。最低でも今後2週間……いあ、1ヶ月は余震に御注意下さい。

 ただ、余震と言っても、震度5とか6を超える地震は、もはや余震の域を超えた『本震』と言っても過言では無いのでは? と中の人は常々思っています。
 本震の震度が大きければ大きい程、その後に揺れるそれ以下の地震は『余震』としてカウントされますが、震度5の余震って一体……と、不思議な気持ちになります。

 それは『余震』と言う単語の印象が、地震の規模を過小評価するイメージをもたらしているからでは……と思っているのは中の人だけ?
 普通に考えて、震度5の地震って立ってられないような大地震だと思うのに、地震が起こる順番次第で余震とされるには抵抗があります。

 もうそろそろ余震だとか本震だとか言う言い方は替えられないものかしら? 替えられないなら昔ながらの激震や烈震と言う単語を併用して欲しい。
 どんな言い方をしても被害の酷さ深刻さは変わりませんが、政治屋と言う名の傍観者達に対するインパクトは大きくなるかもしれません。

 そうでもしないと、例によって『喉元過ぎれば……』で忘れられて、いつまで経っても復旧、復興が進まない可能性があるので……。
 ともかくも、今はただ、一日も早く地震が収まって、次の一歩が踏み出せる事を心から願っています。

|

« 実質1日でWindows7に逆戻り……。 | トップページ | やっちまったな、三菱…………。 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実質1日でWindows7に逆戻り……。 | トップページ | やっちまったな、三菱…………。 »