« 海底神殿その2を、第三本拠地(本採用)にするか……。 | トップページ | そうだ、海底牧場を作ろう。 »

2018年4月10日 (火)

第三本拠地の整備は続くょ、どこまでも……?

 ばんは~~ちゃびデシ。4月10日は裏の小学校の入学式? お昼に実家へ向かう時、一張羅を着た親子が帰宅するのに遭遇しました。
 無駄にはしゃぐ子供を見て、これから始まる新生活への緊張の裏返しかな? とか、単純に平日の昼間に親と出歩けて嬉しいのかな? とか、思ってみたり。

 てか、平日なのに仕事を休んで、お父さんが子供の入学式に参加出来る時代なんだ……と、そこに衝撃を受ける中の人。
 過酷な環境で労働を強いられてきた中の人には、夢また夢の話デシて…………うらまやしい限り。暖かな日差しの中、楽しそうな親子を見つつ、一人心が凍える中の人。

 ま、それはさておき、海底神殿その2の海底を整地しました。マイニングと違って、ただただツルハシが減っていくだけの作業で、何となく勿体ない気分デシた。
 が、山に埋もれている部分を掘り返していると、時たま石炭や鉄鉱石が出て来て、多少の赤字は補填されました。でも、赤字は赤字デシが。

 で、綺麗に整地出来たところで、海底神殿その1から建材を運び込み、豪華な屋根と迷路な屋根裏部屋の下に、シンプルな本拠地を作ろうとしたのデシ。
 が、部屋のイメージが湧いてこず……仕方ないから、先にブラマイに行く準備をする事にしました。ま、イメージが固まるまでに、素材を集めようか…って話デシ。

 海底神殿の四隅から東西南北に通路を延ばし、なるべく重ならないよう掘り進める事にしました。これで4ヶ所ブラマイ出来る場所が確保出来ました。
 また、海底と言う事で、天井が抜けて水が流れ込む……ような展開は想定していましたが、マグマが頭上から降り注ごうとは…………。

 マグマが地下水並みの速さで流れてきたら、2回死んでいましたな……ポコポコと、マグマが沸き立つ音が聞こえてきたら、足元を警戒するようにしていたのデシが。
 えぇ、マグマって地の底から吹き出すってイメージがあったので……てか、足元を掘った時に湧き出る事が多かったので、逃げるタイミングが遅れちゃうのょね。

 さて、第三本拠地には秘密の宝物庫を作ってみました。ソロプレイだし、ピースフルなのでモンスタも出て来ず、お宝を隠す必要は無いのデシが……ま、男のロマン?
 レッドストーンやダイヤをブロックに加工して、ある場所に隠しました。見付けた方に差し上げますょ? って、言ってて虚しい……w

 一人でコツコツやっているとね、たまに悪戯心が湧いてくるのょ……って、仕掛けても、誰にも気付かれないのデシが。
 ま、将来、自分が驚くためにやっている……と言って良いかも。何をどこに隠したか、完全に忘れちゃった頃の自分に……って、その頃にはマイクラ辞めてる気も汁。

|

« 海底神殿その2を、第三本拠地(本採用)にするか……。 | トップページ | そうだ、海底牧場を作ろう。 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海底神殿その2を、第三本拠地(本採用)にするか……。 | トップページ | そうだ、海底牧場を作ろう。 »